• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

幸助のブログ一覧

2014年09月30日 イイね!

長靴ランドナー

長靴ランドナー 本日は七六キロ程走つて來ました。
相変はらず何處でも歩ける樣に長靴で自転車も漕いでます。

 して、今回は市ノ堀用水の先、松川界隈と鬼怒川を中心に見て、藤原町の高徳迄行つて來たのであります。

 併し参りましたのは、行きは軽く向ひ風、帰りは手荒く向ひ風と、相変はらず何の嫌がらせだらうと云ふ風向きに辟易して走つたのでありますが、其でも帰りは大體毎時二三キロ程度では踏めてゐましたので、随分と脚力回復して來たのかなと一寸嬉しく成りました。


 して、距離を計つたり速度を計つたりするのにアンドロイドのアプリを三種類程使用してゐるのでありますが、最近に成り、何が自分に合つてゐるか煮詰まつて來ましたので、一寸覚書程度に書いて措かうかと思ひます。

 IpBike
 時速や距離、標高等を記録して呉れるが再生機能は無い。筈。
最高速度に關しては、結構厳し目に出して呉れる。

 CyclingTracker
 ううん、今迄何種類か試した中では、之が自転車關係のアプリでは一番使ひ勝手が良いでせうか。
サイクルコンピューターとしての基本的な履歴は取つて呉れますし、走行履歴の再生機能が面白いであります。
地圖上では何處で何れ位の速度を出してゐたのか分りますし、GPSの捕捉もほぼ問題無い水準だと思ひます。

 但し、電波が拾へ無い時は、其處で記録が止まつて仕舞つてエラー状態に成る時が有りますので、其の點だけが悔やまれます。

 ハイタッチドライブ
 いやあ、御世辞では無く、實は之が一番GPSの捕捉能力高いのであります。
走行距離と時間程度しか分りませんが、休憩も含めての平均時速は分りますので、之で十分と云へば十分共云へます。

 唯、拙にはハイタッチとかチェックポイントとかはどうでも良い、と云ふのが本音であります。
見てゐると面白いでありますがね。


 結論としまして、今の處此の三つを併用してゐるのでありますが、何れか一つに絞ると云ふのは中々難しいであります。
距離をきちんと記録し度いと云ふのであればハイタッチドライブでせうし、速度を知り度いとしますればCyclingTrackerでせうか。
但し電波如何で落ちますので、念の爲にIpBikeも起動させる、と云ふ使ひ方にどうしても成つて仕舞ひます。

 まあ所詮ロハで使用させて戴いてゐるアプリでありますので、是だと云ふ決定打も無ければ、欠點も別段見當らないので、併用するのが一番と云ふのは仕方が無い處でせうか。


 併し、長靴でトウクリップと云ふのも凄い画像だなと、思はず自分で笑つて仕舞ひました。
之でランドナー乘つてゐますと、走つてゐる人には到底見え無い樣であります。

 まあ、其はさうでありますか、ね。
普通はどう見ても地元のをぢさんにしか見え無いでせうから。




 本日も拙の日記を讀んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2014/09/30 23:25:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月19日 イイね!

カウントダウン

 よく皆卅年経た無いと症状云々と言ふのでありますが、だつたらもう残り廿七年に減つてゐ無ければ駄目だらう。
色々な意味で逃げ無いで、もつとちやんと現實を見た方が良いと思ふ。

 何が言ひ度いかと云ふと、何處で採つて來たのか言は無いで、初茸、我が家に持つて來んぢやねえよ叔父さんよ、と。

 惡氣は無い、と云ふか何も考へてゐ無いのだらうが、嫌がらせとしか思へんわ、實際。




 本日も拙の日記を讀んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2014/09/20 00:08:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 小噺 | 日記
2014年09月16日 イイね!

魔力

魔力 やつと修理する目處が立ちましたので、本日おぢいを運び易い場所へ自走で移動させました。


 さう、蓄電池の端子を外してゐたとは云へ、約四箇月間放置してゐたにも關はらず、元氣良く卅秒程クランキング致しまして、まるでエンヂンに潤滑油が行渡つた頃合を見計らう樣に、素直に掛つたのであります。


 幾ら蓄電池にUSO800を貼つてゐたとは云へ、斯う云ふ事つて有るのでせうか。
JAFを呼んだ時には完全に發電機がわやに成り、其の後セルはウンともスンとも一切云はず自走不可能でありましたのに。

 勿論、充電何ぞ一切してゐません。
其なのにセルの回りに一切の不安は有りませんでしたし、充電不良の場合警告燈が點く筈でありますのに、當然の如く點きませんでした。



 思へば警察學校の時におぢいに出会ひ、其後まるで拙を探し出すかの樣に廿年近く経つてから遣つて來て、何もしてゐ無いにも關はらず調子を取戻し度り、何かを警告するかの樣に色々と不可解な現象を起こす車でありました。

 若しかしましたら、五月に止まつた時にも、暫くは自転車で移動した方が安全で良いと云ふ事を言ひ度かつたのでせうか。

 まさか其んな事は無いのでせうが、何か、ね、余りにも不可解な事ばかり起こる車でありますから、若しかしたらおぢいは手放してはいけないのかも知れ無いと、改めて考へ直して仕舞ひました。


 だつたら御願ひだよ、せめて自転車運べる手段位は、ねえ。




 さうさう、本日の地震でありますが、丁度USO800を施工してあるSAIに乘つてゐた時なのでありますが、揺れは全く、本當に一切感じませんでした。


 嗚呼、画像でありますが、氣附いたら軽く白黴が発生してゐましたので、拭掃除の後に乾燥させてゐる處であります。

 人間が触れる所は、矢張りビニルでも黴る樣であります。呵呵




  本日も拙の日記を讀んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2014/09/17 00:41:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | おぢい | 日記
2014年09月15日 イイね!

自転車遊戯

自転車遊戯 本日ハ自転車ヲ色々ト整備シ度リ戯レ乍過シ候


 チエンを洗ふと云ふ事を今迄遣つた事が有りませんでした。
其が今度は皇帝さんに乘る樣に成つた爲、色々な事を調べて浦島太郎状態を脱却しようとしてゐるのでありますが、昨今はこまめにチエンを洗ひ、専用の油を注す樣に成つてゐるのでありますね。

 まあ別段未だ大丈夫だらうと思ひつつも確認致しますと、結構汚れてゐる事に氣附きまして、本日或る程度道具を揃へましたので、早速遣つて見ました。
取敢へず人柱的に折畳み自転車で試す事にしまして、今迄乘り放しの儘なのがどう変はるのか見物であります。


 して、結果なのでありますが、うん、氣持ちの問題の方が大きいのかなと云ふ感想でありました。
其でもまあ、綺麗な事は氣持ち良いでありますから、愛着も益々涌くと云ふ事が重要と云ふ事でせうか。

 唯、勢ひついついBBのグリイスアップ迄手を出したのでありますが、全く整備してゐ無かつた事でBB右側が固着してゐ度り、軸が傷附いてゐ度りと致命的な發見をして仕舞ひ、自転車に惡い事をして仕舞つてゐたなと反省しきりであります。

 固着した右側が外せれば、今時のBBに交換して延命させようかな共思つて居ります。


 扨、皇帝さんもチエンを洗ひまして、後ろの変速器も交換致しました。
此方に元々附いてゐた油脂は結構頑固でありまして、未だ完全には落し切れてゐ無いのでありますが、まあ其の内完全に入替はるだらうと或る程度は諦て作業致しました。

 併し参りましたのは、元々の変速器が固着してゐる状態に近く、中々螺旋が外れ無かつたのであります。
さうして、外れた時に弾く樣に外れた所爲か、少しエンド部分の塗装が落ちて仕舞ひました。
変速器の位置調整の螺旋が引掛る樣に外れたのでせうね。
取敢へず下塗りの塗料を塗つて措きましたが、早急に何か似た色を塗り度いと思ひます。

 まあ、自業自得なので仕方が無いであります。


 して、一寸旧い型のシマノ105の変速器を附け度のでありますが、見た目は恰好良く成りましたが、一寸チエンが長いでありますね。
之はチエンカッターを買つて調整し度いと思ひます。


 併し皇帝さん、ホリゾンタルだと思つてゐたのでありますが、どうやら拙が乘つてゐる大きさ510の型は微妙にスローピングしてゐる樣であります。
何か一寸がつかりなのでありますが、まあ、仕方が無いでありますから、之は之で愛でて行かうと思ひます。

 でも今一番の悩みは、チエンを適正に詰めれば28T-30Tでもプーリーがスプロケットに當ら無いで行けるのか、であります。

 駄目でありましたらスプロケットを11-30Tから11-28Tに交換する積もりでありますがね。




 本日も拙の日記を讀んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2014/09/16 00:13:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月10日 イイね!

物見遊山

物見遊山 昨日は皇帝さんを初回點検に持つて行く序でに、一寸寄道をして數本程橋巡りを致しました。

 して、約五十キロ程走つたのでありますが、何かもう五十キロ程度は當り前の距離でありまして、別段書く程でも無く成つたなあと云ふのが實感であります。
其と、體力の有る時に少し追込んで漕いでゐまして、少しづつではありますが、ロードレーサーに乘つてゐた時の筋力を取戻す樣にしてゐます。

 でも未だダンシングで坂を登るのはぎこちないでありますかねえ。
以前ならハンドルステム周りからバキバキと音を立ててゐたものでありますが。

 其と、本當は遣つてはいけない事でせうが、手放しも未だ不安であります。
平衡感覚が鈍つてゐるのは確實でありますね。


 扨、相変はらず宇都宮市内は自動車も自転車も、と云ふか道路上の動く物全てミサイル状態で何度も肝を冷やしたのでありますが、矢張り此處、と云ふ依り人口過密市街地全般は、出來る限り走り度く無いものであります。

 其に今回、ロード乘りの人を後ろから見たのでありますが、もうね、堂々と信號無視して行くのには開いた口が塞がりませんでした。
幾ら閑散とした道とは云へ、アレは無いわあ。
自分も學生の頃は何度もしてゐましたし、今でも決して褒められる乘り方ではありませんが、誰が見ても大人と分る人では、ねえ。
何事にも遣り方と云ふ物が有るでせう、アレでは嫌はれるの當然でありますよ。
少しは人目氣にしませうよ。

 其とね、クロスに乘つてゐた女子、最初は普通に左側の歩道走つてゐたのでありますが、車道に出る時に後方確認はし無いわ其の儘復後方確認もせずに右側へ移動して逆走状態に成つた後に右折するわで、矢張り開いた口が塞がら無い光景を目の當りにしました。
せめて後方確認位はしませうよ。


 ううん、何て云ふかね、自動車も自転車も、何で我先にとか自分さへ良ければと云ふ樣な運転しかし無いのでせう。
アレできつと何か有つたらモンスターと化すのでせうから、最大の自己防衛は外出し無い事つて事態に成つて仕舞ひますよ。

 其とね、拙は車道を走つてゐる場合、信號で止まる時には抜いて行つた自動車の前には出無い樣に止まるのであります。
何故なら、二度手間掛けさせるには忍び無いでありますし、其が交通の妨げに成つては惡い氣を生むだけでせう。
其が自分の立場だつたら、先づ間違ひ無く自転車邪魔だと思ひますもの。
なのに其の拙をママチャリに乘つた人が右側から抜いて行つた、と思つたら、自動車も右側から抜いて右折して行くと云ふ人も居ましてねえ、本當、今の日本にはルールやマナー等是つぽつちも無いのだなあと愕然と致しました。



 して、ふと思ひ出しましたのは、拙がロードレーサーに乘るのを止めた時の事であります。

 拙がロードレーサーを降りたのは、第一回のジャパンカップが開催された頃であります。
きつと市内とかで練習走行してゐるのだらうなと見に行つたのでありますが、其のプロの走り方、右も左も信號も何も彼も關係無しの外國のプロ集団の走り方を見て、嗚呼、斯う云ふ連中とは一緒に見られ度くは無いなあと思つて降りたのであります。
其の直後に、恰好と自転車は一流の初心者が溢れ返つたのも醒めた理由の一つでありますかね。

 まあ別にね、今はどうでも良く成つてゐたのでありますが、ふとさう云ふ事を思ひ出して仕舞ひました。


 と云ふ事で、拙は斯う云ふ田舎道を地元の人と挨拶し乍のんびり氣樂に走つてゐる方が大好きであります。



 昨日は熱中症大丈夫だらうと思ひ、早々にピスタチオを肴に麦酒を呑み、大蒜の揚物二切れ食べて昼寝を致しました處、目覚めたら頭痛と吐氣が酷く、夕飯もアレで風呂入つてもアレでありましたので、早々に、2000には就寝致しました。
流石に十一時間も寝ましたら、何とか體調も戻りました。

 矢張り寝るのが一番の薬でありますね。




 本日も拙の日記を讀んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2014/09/10 23:48:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 今の日記 | 日記

プロフィール

「OS上げ度らログイン出來無く成るつて何の冗談だ。
でありますので再インストオル中orz」
何シテル?   07/20 21:44
七生報國の誓ひ通り戻つて來ましたが紆餘曲折在り、今は自分に正直に生きてゐます。 日記は自分に取つての有觸た日常を書いて居ります。 何か聯絡等御坐いますれ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

GSI HOME PAGE - 国土地理院 
カテゴリ:御役立ち
2014/05/08 21:47:55
 
今昔マップ on the web 
カテゴリ:御役立ち
2014/05/06 00:19:21
 
国立公文書館アジア歴史資料センター 
カテゴリ:御役立ち
2011/11/24 02:23:23
 

愛車一覧

三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
或る意味自動車趣味の終着點、侘寂の極致であります。
その他 自転車 皇帝さん (その他 自転車)
丸石 エンペラー ツーリングコンダクター 2013年型、所謂ランドナーであります。 距 ...
その他 自転車 折車 (その他 自転車)
何處でも行きます。
その他 その他 SAI (その他 その他)
終の車の予定であります。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.