• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月23日

アポロ13号

アポロ13号

アポロ1号の失敗から3年後の1969年、

アームストロング船長が初めて月面着陸に成功。

その後からアメリカ国民の関心が薄れ

メディアも興味を無くしていた。




その同じ年、アポロ13号で月面着陸計画が進められていた。


アメリカのメディアの興味はアポロ13の不吉な数字に興味を持つ。


尚更に発射予定時刻が13時13分。


発射当日までに予期せぬ事が起きる。


通常ではありえない搭乗員の交替。


当初、司令船の操縦士にはケン・マッティングリー が予定されていたが、着陸船操縦士のチャールズ・デューク が血液検査の結果、風疹に感染している可能性があり、風疹に免疫がないマッティングリーに伝染する可能性が高かったため、

予備員のスワイガート司令船操縦士と交替になった。





1970年4月11日、米中部時間13時13分

ジェームズ船長、スワイガート司令船操縦士、フレッド月着陸船操縦士を乗せた

サターンV 型ロケットは、第3番目の有人月面飛行を目指して、ケネディ宇宙センター第39発射施設から発射された。



不吉な13が現実に



事故発生


地球から321,860km離れたとき

(アメリカ東部標準時で1970年4月13日)、機械船の2基ある酸素タンクのうちの一つが突然爆発した。


飛行士が第2タンクの攪拌機のスイッチを入れたとき、タンク内部の、テフロン製皮膜が損傷していた電線が短絡し放電したのである。


これは後になってから事故調査委員会の分析によって明らかになった。



この爆発により、1番タンクも損傷した。

計器盤の残量表示はゆっくりと下がりつつあり、数時間後には機械船の酸素は完全に空になってしまうと考えられた。

管制センターは飛行士がメーターの表示を読み上げるのを中断させ、内容物を維持することを最優先にさせた。


もし機械船の酸素がなくなってしまったら、司令船に搭載されている分を使わざるを得なくなる。


そのためジョンソン宇宙センター

コールサイン「ヒューストン」は、司令船の機能を完全に停止し月着陸船に避難するよう飛行士たちに指示した。



この事故により月面着陸は不可能になり、3人の宇宙飛行士を速やかに地球に帰還させなければならなくなった。


採り得る選択肢として、


1案

宇宙船全体を反転させ、機械船のエンジンを噴射して減速しさらに帰還方向に加速して引き返す、(直接中止)



2案

月の裏側を回って自動的に地球に帰還することができる自由帰還軌道を利用する方法(月周回中止)



直接中止には機械船のエンジンが完全な状態で使用できることが前提であるが、

13号の場合は爆発により機械船のエンジンが損傷を受けている可能性が大きく、エンジン噴射と同時に爆発する恐れが有り、

この方法による帰還は避けるべきと判断された。





一方の月周回中止については、13号は当初はこの軌道に乗って月を目指していたが、月面着陸地「フラ・マウロ)へ向かうため打ち上げの翌日に機械船のエンジンを噴射して自由帰還軌道から離脱しており、そのまま放置すると月の裏側を回って地球の方向には戻るが、

しかし地球を大きく外れてしまう長大な楕円軌道に乗っていた。


そのため、事故発生からおよそ5時間半が経過した時点で、


宇宙船を自由帰還軌道に戻すために月着陸船の降下用エンジンを噴射して軌道修正が実行された。


その後、再度の軌道修正と帰還までの所要時間を短縮するための両方の目的で、月面に最接近2時間後に着陸船の降下用エンジンを噴射して宇宙船を加速する噴射が実行された。


alt


↑着陸船アクエリアス。

地球に帰還する直前まで、救命ボートとして使用された

軌道修正の噴射も終えた後司令船から切り離された。



司令船は無事に地球の大気圏に突入無事に帰還出来た。






alt


↑損傷した13号の機械船


大気圏再突入直前、切り離した直後に撮影




↑記事と画像:ウィキペディアより





アポロ13号 奇跡の生還 1/2



アポロ13号 奇跡の生還 2/2



この危機対応の鮮やかさにより、


この一件は「最も成功した失敗」


「栄光ある失敗」などと称えられた。



ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/04/23 16:48:25

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

「成功した失敗(Successfu ...
yu660さん

アポロ13
くろまめたろうさん

アポロ13
くろまめたろうさん

コスモアイル羽咋
janさん

アラン・ビーンさん(86)死去...
きゃのん@2008さん

アポロは本当に月に行ったのでしょう ...
カエル好きさん

この記事へのコメント

2018/04/23 17:57:22
こんばんは

小学生の頃、アポロキャップやアポロチョコ何かが一時流行ってました。
コメントへの返答
2018/04/23 18:10:09
いらっしゃいませ♪

そう言えば
アポロキャップ流行りましたね(^^♪

アポロチョコは知りません・・・汗)

アポロ13号のTVニュースは憶えています(^^♪

コメントありがとうございます。


現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ハロウィン http://cvw.jp/b/970744/42065972/
何シテル?   10/15 10:54
主な趣味。 【オーディオ】 スピーカー:ALTEC-A7、JBL4312A、ALTEC「DIG」  アンプ:パワーアンプ:マッキントッシュMC7300  ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

お友達の募集はしておりません。

お断りしています。
25 人のお友達がいます
鷹@セレナ鷹@セレナ * ritsukiyoritsukiyo *
しろにいさんしろにいさん * 元峠師元峠師 *
髭爺ちゃん髭爺ちゃん * cc_buttercc_butter *

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー 酒パワー号 (スズキ ジムニー)
ランクルBJ70を諸事情で手放したものの、再び四駆が欲しくなりJB23を購入。 ジムニ ...
マツダ ファミリアS-ワゴン 愛妻号 (マツダ ファミリアS-ワゴン)
愛妻用の「愛妻号」マツダファミリアSワゴン・スポルト20(AT) (某電気メーカーの洗濯 ...
マツダ ロードスター 白い貴婦人 (マツダ ロードスター)
ダットサンロードスター、フェアレディ2000「白い貴婦人」から マツダロードスター「白い ...
トヨタ ランドクルーザー70 巡洋艦 (トヨタ ランドクルーザー70)
頑丈な車です。 流石!世界のランクル、 21年間、大した故障も無く(約34万キロ)走りま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.