• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ドラヨスのブログ一覧

2015年04月23日 イイね!

新型ヴェルファイア・アルファードに試乗したり見積もりしたり。

新型ヴェルファイア・アルファードに試乗したり見積もりしたり。みんカラ久しく放置していましたが、別のブログでいつも見ていただいている方からお友達申請などもいただいているので、たまには書かなくてはと思いつつ。



最近もいろいろ試乗したりインプレ書いたりしていますが、最近で気になっている車をみんカラでもレビューしてみたいと思います。


最近試乗した中で個人的に気になっているのが、新型アルファード&ヴェルファイア





デビュー直後でそれぞれ2万台以上も売れたというくらい、販売も絶好調みたいですね。

ヴェルファイアには、3.5Lのガソリンモデルとハイブリッドに試乗しましたが、どちらもさすがに良く仕上がっていました。

先代のアル・ヴェルでは、ヴェルファイアのほうが顔つきが好きでしたが、今回のフルモデルチェンジでは、販売店からの要望もあってか、アルファードの顔つきはかなりアクの強いものになりました。



でも、この顔つき、賛否両論ですが私は好きです(笑)


今まではヴェルファイアのほうが好きでしたが、今回に関してはアルファードの顔つきのほうが好みになりました。

先代と逆転して、ヴェルファイアのほうがシンプルに見えるほど。



でも、ヴェルファイアの顔つきも好きですけどね。




人によっては、このわかりやすい高級感の演出が過剰と感じて嫌いという方もいるみたいですが、私は大いにアリです。

そう思っているのは私だけではないみたいで、今までアルファード・ヴェルファイアに興味なかった人も、結構気になってるみたいですね。

そういえば、先日のカーグラフィックTVでも、松任谷さんはじめ皆さんからも大好評でした。

さすがトヨタが気合入れて作った車だけに、商品力高いなぁと。



それにしても最近はトヨタ車がだんだん良くなっているのを感じます。
今まではフニャ足の80点主義、みたいな印象がありましたが、最近では乗り心地だけでなくボディ剛性やそれ以外の質感の部分でも好感が持てるトヨタ車が増えました。

アルファード&ヴェルファイア、食わず嫌いしてる人、これを機に見に行ってみたら印象変わるかもしれませんよ?^^






私が試乗や見積もりした新型アルファード&新型ヴェルファイアの試乗インプレ記事も良かったら見てみてくださいまし^^
中でも人気のアル・ヴェル関連記事はコチラ↓

2015トヨタ新型ヴェルファイア試乗しました!内装はレクサスを超えるか!?


2015トヨタ新型ヴェルファイア試乗しました!2列目3列目の評価は?納車は5ヶ月以上待ち?!


2015トヨタ新型ヴェルファイア試乗しました!走りの評価は?「どや!!ダブルウィッシュボォォォーンwww」


トヨタ2015新型ヴェルファイアハイブリッド試乗しました。静か!快適!やはりハイブリッドは良いね!


トヨタ2015新型ヴェルファイアハイブリッド エグゼクティブラウンジ試乗しました!



エグゼクティブラウンジは、ある意味男のロマン的なものを感じますね(笑)
法人用として、うちの会社に薦めてみようかな(笑)





これ以外にも新型アルファード・ヴェルファイアの記事はたくさんありますので、ご興味ある方は他の記事もどうぞ^^



たまにはみんカラでも、ブログ記事のはみ出し記事でも書いてみようかと思います。

今後ともほそぼそとよろしくお願いいたします(笑)




Posted at 2015/04/23 00:43:14 | コメント(6) | トラックバック(0) | 試乗・代車 | クルマ
2013年09月26日 イイね!

アウディ 新型A3 試乗してきました。

アウディ 新型A3 試乗してきました。ちょっと前になりますが、話題のアウディ新型A3に試乗してきました。

8月末の一般発表前の内覧会で見せてもらっていたんですが、その時に試乗までさせてもらいました。

同じプラットフォームを使っている、ゴルフ7がものすごく良かったので、新型A3にも大いに期待していました。

エクステリアの質感は、さすがゴルフをさらに上質にしたような仕立てとなっており、スキマ感、ドアを閉めた音などは、最近試乗した車の中では抜群に良かったです。







すでに、ワンダー速報のほうで、大量の写真とともにいくつもブログエントリーしていますのでご興味ある方はそちらの記事もご参照くださいませ。



新型アウディA3 試乗してきました。 エクステリアインプレッション



同じプラットフォームを使うゴルフ7との比較なんかも書いてます。





Audi 新型A3とゴルフ7との比較 エクステリア編








インテリアは、ゴルフ7が凝りに凝ったパーツ構成でクラスを超えた質感を作り上げていたので、A3では逆にシンプルに感じてしまうほどでした。

デザインのセンス、パーツの配置などはA3のほうがオシャレでスッキリしているのですが、A4との差別化を感じてしまう部分もありました。

インテリアも詳細なレポートは以下にまとめてあります。


新型アウディA3 試乗してきました。 インテリアインプレッション1

新型アウディA3 試乗してきました。 インテリアインプレッション2



インテリアもゴルフ7と比較してみました。




Audi 新型A3とゴルフ7との比較 インテリア編









試乗して実際に走らせてみた印象としましては、ゴルフ7がとても軽いテイストになっていたのと対照的に、A3は従来のドイツ車が持つ硬質感は残しつつも、不快な振動や音は上手くカットしていてゴルフ7よりも好印象でした。


アウディ 新型A3 試乗してきました! ドライブフィールはどう?






こういった記事をシコシコ買いておりますので、ご興味ある方は見てやってくださいまし^^



Posted at 2013/09/26 00:48:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗・代車 | クルマ
2013年06月23日 イイね!

フォルクスワーゲン ゴルフ7 内覧会行ってきました。

フォルクスワーゲン ゴルフ7 内覧会行ってきました。1週間ぶりのブログです。

昨日土曜日の22日にフォルクスワーゲンの新型ゴルフ7が内覧会を開催していたので見て来ました。

フォルクスワーゲンのことなんで、雑誌の評判通りきっとすごいイイ車なんだろうなぁと思っていましたが、まさかここまでとは。

詳細なレポートはいつものところで連載予定ですが、ちょっとこちらでもインプレッションなどを書いてみたいと思います。









近所のディーラーに置いてあったのは、今回のゴルフ7の広報用のカラーであるパシフィックブルー(D5)のハイラインと、同じくハイラインのタングステンシルバーメタリック(K5)の二台。








ぱっと見あまり変化のないようなエクステリアデザインですが、細部のクオリティが半端ないです。








フロントドアとボディパネルの隙間が3mm!



営業さんが胸を張ってアピールしていました。
ここを狭めると、ボディ剛性が低いとボディがたわんだ時に干渉してしまうとのこと。
それで3mm幅を実現しているとは、250万円からの車とは思えない組み付け精度とボディ剛性ですね…






ハイラインはバイキセノンヘッドライト。



チューブ型に光るアイラインがカッコいい。





ハイラインはウェルカムライトもLED。



マジか…
ハイラインは299万円から。
やるなぁフォルクスワーゲン。





BMWでもそうでしたが、ドアのヒンジは鋳造。



いかにもボディ剛性が高そうに見えます。
こういうところにコストかけてますよね。






全車速対応のACCは全車標準!



V40でもオプション設定だったのに、標準装備にしてきたところはすごいと思います。
ちなみにV40は今は無料でオプションサービスらしいです。






エクステリアでも驚きはいろいろありましたが、内装もびっくり。



ハイラインではインパネのパネルがクリアブラックに塗装されています。
コンフォートラインとトレンドラインではシルバーっぽいマテリアルですが、こっちのほうがさすがに上等に見えます。

惜しいのが、日本製のナビが間に合わなかったとのことで、オンダッシュのタイプが付いていること。
これは8月以降の発注からは、ちゃんと内蔵ナビがつくそうです。

これによって見送っている人が結構いそうな予感…。









デザイン的にはオーソドックスな感じですが、ボタンやエアコン吹き出し部などの質感は高い。



ボタンを押した時の反力も、良い感じ。
シルバーの加飾もシックで良いです。





パーキングブレーキは電気式。



ドリンクホルダーもリッド付きでした。





ハンドル周りの質感の高さには唸りましたね。



デザインもさることながら、ロゴ部も立体的でパーツ構成も多く、シルバー加飾やクリアブラックの塗り分けされたパーツなど、コストかけてるなぁという印象。

ワイパーやウインカーレバーも、クリアブラックのパーツも使われていて、そこまでやるか!という凝りよう^^;

プレミアムの民主化を謳っただけのことはあります。






気になるところがないわけでもありません。

メーター周りは質感は高いですが、マルチインフォメーションディスプレイがモノクロ。





本国では高精細液晶もあるみたいなんで、こちらはバージョンアップして欲しいですね。







あと、アクセルペダルがオルガン式から吊り下げ式に変更になりました。
オルガンタイプが好きなのでちょっと残念。


クリアブラックのパネルは、質感は高く見えるかもしれませんが、ちょっとペカペカしすぎている気もします。

でも気になる点と言えばコノくらいかも^^;


内外装の質感の高さにも驚きましたが、きっと乗り心地も良いんだろうなぁ。
試乗は今回はまだ出来ませんでしたが、近いうちにしてきたいと思います。

このハイラインが299万円から…


うーん、考えさせられますね(笑)





…つづく?
Posted at 2013/06/23 20:26:51 | コメント(10) | トラックバック(0) | 試乗・代車 | クルマ
2013年03月02日 イイね!

ボルボ V40 これもらいました。

ボルボ V40 これもらいました。あ、そうそう。

先日のボルボディーラー訪問の目的であった、これをアップするの忘れてました。

メルマガに登録したら、来場プレゼントでノベルティがもらえるというDMをいただいたんでした。

で、もらってきたのがコレ。




















KOSTA BODAというブランドのスノーボール型キャンドルホルダーです。



スウェーデンのガラス製品のメーカーみたいですね。

ボルボのネームなどは入っておらず、普通に売っているものみたいです。

ちなみにAmazonで調べたら、$26.49でした(笑)

今の為替レートだと2500円くらい。
なかなかのノベルティじゃないですか。






我が家ではアロマキャンドルを焚く習慣はないので、だれか欲しい方がいましたら、リバーサイドの中盛をクリアされた方の中から先着で1名様にプレゼントいたします!(笑)
Posted at 2013/03/02 00:46:01 | コメント(8) | トラックバック(0) | 試乗・代車 | クルマ
2013年02月26日 イイね!

VOLVO New V40 試乗しました

VOLVO New V40 試乗しましたさて、前回からの続きです。

VOLVOの新しくデビューしたV40を見に行ってきましたが、営業さんに勧められて試乗もしてみることに。
VOLVOは初めてなだけに、VOLVOらしい乗り味みたいなのは全く知りませんが予備知識無しで乗ってみることにしました。














追記:

レビューブログを始めました。

ボルボV40関連の記事は以下にも転載加筆しています。

併せてご覧いただけると幸いです^^

ボルボ V40 試乗インプレッション1

ボルボ V40 試乗インプレッション2

ボルボV40、試乗インプレのオマケ

ボルボV40 VS レクサスCT200h エクステリア編

ボルボV40 VS レクサスCT200h インテリア編

ボルボV40 VS CT200h 価格比較編


では、本編へ戻ります。







試乗車はVOLVO V40 T4 SEの赤。



レッドはソリッドとメタリックで価格が違うみたいですが、日も暮れかかってたのでどっちだったか不明。





ライトの光り方はこんな感じ。



って眩しすぎてよくわからないですね^^;





露出を調整してこんな感じ。



アイラインのような処理なのか?
自分で撮っておきながらよくわかりません^^;







とりあえず営業マンさんに案内されるがままに搭乗。

シートは当たり前のように電動。
ポジションメモリーもあるみたいですね。
助手席の電動シートも同様な可動域で、国産車みたいにリフト機能がない、なんてこともありませんでした。
CT200hは助手席が低いと嫁から不評なので、シートのリフト機能は必須です^^;
腿のあたりも電動で動き、何Wayかは確認しませんでしたがかなり良い感じでシートポジションは決められます。
V40にはランバーサポートはついてませんでしたが、シートはかなり良かったです。






ハンドルの感じも良好。



CT200hで、小径のハンドルに慣れていますが、それと同様くらいのサイズ感で握った感じもかなり良かったです。
ナビの操作はハンドルに付いているクルクル回るジョグダイヤルを押し込んで決定するタイプ。
慣れれば問題ないんでしょうが…





気分が高まるのは、フル液晶のメーターですね。



デザインテーマもエレガンスやスポーティなどいろいろ選べるみたいです。
また、室内照明も何種類かあるみたいでダウンライトの色が変わるとか。
かなり遊び心ありますね。






さて、実際に走り出します。



独特な形状のシフトノブをPからDへ。

スポーツモードが選べると、どこかの記事で読みましたが、シフトで選ぶんじゃなかったのかな?
だとすると、どこでドライブモードセレクトするのだろう…。誰か教えてください(笑)

シーケンシャルで+-にシフトを選べるみたいですが、パドルシフトは無し。






Dレンジに入れてアクセルをジワリと踏んでみます。

ギアトロニックと呼ばれる6速湿式デュアルクラッチトランスミッションは、フォルクスワーゲンのDSGで感じた出足のギクシャク感などもなく、滑らかにつながるなぁという印象。
乾式と湿式の差もあるのだろうか?
トルクが伝わる感じはDSG同様とても力強い。

ウインカー作動時のクリック音は、CTと同レベル。
細かいところだけど、「カチカチ」と言う作動音より「コッチッコッチッ」という音のほうが嬉しいんだけどな。
このへんはゴルフとかのほうが好印象なんですけどね。





右折をして、ちょっと加速。
少々荒れた市街地の道路を走ります。

エンジン音は直噴ならではの少々ガラゴロとした音色。
以前乗ってたゴルフのFSIを思い出して懐かしくなります(笑)
でもボリューム自体はそれほど気にならないくらいにしっかり抑えこまれてます。

試乗車のT4 SEは17インチを履いてますが、乗り心地は結構硬め。
硬いといってもガタガタブルブルするような硬さではなく、コツコツとした心地よさを感じる硬さです。
そうそう、これぞ欧州車の乗り心地って感じ。

ボディ剛性の高さによって路面の嫌な振動はカットして、ある程度のギャップのみロードインフォメーションとしてドライバーに伝えているという感じですね。
後席に乗ってた嫁も「CTより乗り心地良い」と言ってたほど。
「硬いから疲れにくい」んだそうで、なるほどよくわかってるじゃないか(笑)


CTも納車当時はこのくらいの剛性感があったような気がしてたんですが…。
今となっては嫁でも分かる差となっている模様orz

やっぱりボディ剛性では欧州車には一歩劣るのかなぁ。
パフォーマンスダンパー締め直したのがいけなかったのかなぁ。
やはりうちのCTにはボディ剛性補強が必要か…(意味深)





それにしてもアクセルに対するトルクが厚い。
1.6リッター直列4気筒直噴ターボで180psを発揮するV40のエンジン。
24.5kgmの最大トルクを1,600rpmから発生させるとのこと。
たしかに2000回転オーバーくらいまでかなり気持よくトルクが出てる感がありました。

180psというと、同じプレミアムCセグメントの中ではかなりパワーがある部類ですね。
それでいて燃費は16.2km/Lと欧州車のなかでは結構頑張ったほうではないでしょうか。
ゴルフのようにもう少しパワーを絞って(140ps/25.5kgm)、リッター20kmくらいの燃費を重視するか、いろいろな選択肢がありますね。





ブレーキは踏力に対してかなりガツンと効く印象でした。
止まり際の抜き加減が難しかったですが、慣れれば問題ないでしょうし頼り甲斐がありそうです。

車が停止するとアイドリングストップがかかります。
このへんは最近の車って感じですね。
エンジンの停止と始動もかなりスムーズで振動も少なく、いい仕上がりを感じました。
友人のBMW3シリーズに乗せてもらったことがありますが、3シリーズのアイドリングストップよりも振動面では良い躾がされている気がしました(記憶が曖昧なので確証はありません^^;)。






限られた距離での市街地走行のみだったので、あまり大したことは言えませんが、V40の乗り心地はかなり好ましい印象でした。
パワー感とボディ剛性のバランスがかなり気持ちいいです。
ハンドリングは試せる道ではなかったですが、山道とかは楽しそうなイメージです。
久しく忘れていたダイレクト感のある運転の楽しさ、を思い出した感じです。

CT200hもハイブリッドという唯一無二の楽しさがありますが、欧州車ならではの運転の楽しさというものも再確認しました。





通常の運転をひとしきり楽しんだ後は、最新鋭の安全技術を試してみることに。
自動ブレーキはかなりガツンと来るらしくオススメできないと営業さんに言われたので、代わりにACCと呼ばれる機能を試してみました。
こちらは、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール」と言い、レーダー・センサーによって先行車を認識し、ドライバーが設定した車間距離を維持するというもの。

実際にオンにしてみると…これはこれは!超感動!!

レーダークルーズコントロールの進化版、混雑する街中でも右足をアクセルやブレーキから離していても勝手に加速減速をしてくれます!
うおっスゲー!
全車速というのは伊達ではなく、ノロノロの道路状況でも、ちょうど良い感じに前車を追従してくれて、「怖い」とかそういう印象はまったくありませんでした。
これは便利すぎる…
完全に停車するまで追従してくれるのでかなり安心です。
一度完全に停車してからは、ハンドルにある復帰ボタンを押せば、再追従を開始してくれます。
完全に足を使わないまま、渋滞を抜けることもできます。

さらにV40にはLKA(レーン・キーピング・エイド)という機能もあり、車速がたしか60km/h以上という条件付きだったと思いますが、居眠りなどで車線を逸脱しそうになると自動で操舵して中央に戻してくれたり、それでも車線を逸脱しそうになるとハンドルが振動して警告したりしてくれるそうです。
こういった先進の安全装備は、燃費や運動性能などと同様に、十分に購買の魅力となるなぁと、実際に体験して思いました。











かっこいいスタイリングに高いボディ剛性と高出力、燃費のバランスも良く、先進の安全装備…
V40、これは売れるかもしれませんね。
Posted at 2013/02/26 00:35:58 | コメント(10) | トラックバック(1) | 試乗・代車 | クルマ

プロフィール

「レクサスUX250h契約しましたwwww http://cvw.jp/b/977065/42039941/
何シテル?   10/08 10:39
ゴルフV→CT200h→IS300h&NX200t→デミオ&RX450h→C-HR&RX450H。 よろしくお願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

本日の出来事 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/31 22:42:29
蔵の街に鯉のぼり泳ぐ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/13 08:24:14
連番 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/12 16:21:31

愛車一覧

ボルボ XC40 ボルボ XC40
カーオブザイヤーとっただけのことはある! 人気も高い! ボルボ地獄も昔のこと! さいたま ...
アウディ Q2 アウディ Q2
いいよアウディQ2。
レクサス RX レクサス RX
2回目のレクサスRX。 今回はRX300 F sportです。
トヨタ RAV4 トヨタ RAV4
HDMI端子をオプションで付けられるのは良いですね。 走りはゆったり。機能は充実。広さも ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.