• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブルーゼットンのブログ一覧

2017年08月15日 イイね!

カタログ整理中に、引っ張り出してみました(^^;)

夏休みですのでたまには連投デス(^^;




暇つぶしで始めたカタログ整理、その時に目についたカタログたちをピックアップしてみますね(^◇^)


















今のZ32の前はS14シルビアに乗ってました・・・よって14の色々なカタログも☆


まずはエボモデル、250PSのオーテックバージョンMF-T☆







14発売時に配布されていた、コンセプトカタログと、激レアなスパルタングレード・・・K's K1☆






14の輸出版たち・・・左からドイツ仕様ツリ目200SX、北米仕様前期240SX、北米仕様後期ツリ目240SX☆















N15パルサーVZ-Rの、N1仕様☆ テンロクで200PS!







トヨタの、第28回東京モーターショーのカタログが2部、と思いきや・・・






実は左側は、地元で当時やったオールトヨタモーターショーというイベントのカタログ(^^;)

東京モーターショーの後に行ったこのイベント、カタログ内容は東京モーターショーと同じ。当時出たての10セルシオやSW20 MR2らが展示されていて、SWに座った私は興奮しましたね(#^^#)











昔ウチで乗っていた、ターセルの取説も(^^;)

表紙にはリトラが書いてありますがウチで乗っていたのはコチラではなく、3ドアのジョイナスというグレードでしたね☆










キャバリエにヴォルツ・・・トヨタの、対米ご機嫌取りモデルでしたね(^^;)

・・・両車ともレア車となってしまいましたが(^^;)






先代レクサスISのホットモデル、IS-F。その北米仕様カタログ☆








先代プリウスα☆






・・・ではなく、ダイハツ版のメビウス(^^;)












2代目bB☆







・・・ではなく、スバル版のデックス(^^;)













ビッグホーンです(#^^#)
























・・・スバルの方、です(#^^#)



ちなみに、実車はおそらく見たことありません(-_-;)















FD3S RX-7の輸出仕様・・・英語表記で左ハンドル(エアバッグ付き)だから北米仕様かな(^^;)










幻となってしまった、スズキのWRC参戦のガイドブック☆










チョロQモータースに、オートッバックスプロデュースのスポーツカー・・・ガライヤ。こういったクルマもありましたよね(#^^#)












1988年版の、ロータスエスプリ・・・イギリス本国仕様ですね☆

・・・パンチ穴が付いちゃっているのが残念(*_*;










E46 M3☆








R129 メルセデス・ベンツSL・・・V8の500SLとV12の600SLが載っています☆








マレーシアのメーカー、プロトンのスポーツハッチ、サトリア・ネオ・・・実は当時、正規で入っていたんですよね(#^.^#)





















最後にZのカタログたちを・・・












Z34の北米仕様☆ 写真だけでなく、絵も多く用いて構成されています(#^^#)











Z32の輸出仕様たち・・・上はドイツ、下はオランダ仕様☆


本当は北米仕様のカタログが欲しいのですが・・・なかなか巡り合えませんね(*_*)







ラストはチューンドZ32、トミーカイラM30Z☆








カタログ、だいぶ貯まってしまいましたがコレクションはなかなかやめられませんね(^^;) これからも積極的に収集していきますか(#^^#)
2017年08月15日 イイね!

Back to The 32nd T.M.S.☆

夏休み真っ只中・・・ですが、コチラは昨日からシミジミしない天気(*_*) 今日はほぼ雨模様(*_*;


お盆の事々も終わりフリータイムとなりましたが、洗車も芝刈りも出来ず(*_*)







・・・よって、いきなりですが、久々にカタログ整理です(^^;



















・・・というのも、しばらく前に部屋の奥からこの袋が出てきましたので(^^;


第32回(1997年・・・平成9年開催)東京モーターショーのカタログ袋です。



私もカタログコレクションが好きで、多くのコレクションをメーカー/車種、年式に並べて収納しています。モーターショーやオートサロン等のイベントカタログも同様にまとめています。

・・・が、どういうワケか、この32回東京モーターショーのカタログ群だけは変な所にしまってしまったようで(^^; それが先日、出てきたのです(^^;










・・・いっぱい入っていましたねぇ(^^; コイツらをメーカーごとに分けて収納です。



そしてせっかくなので、これらカタログをサッと見ていきますか(*^^*)

















お山でよく見かけるNBロド、この時がお披露目でした☆





ホンダのコンセプトカーJ-VX・・・これがCR-Zに結びついていったのでしょうね(*^^*)





スバルのコンセプトカー、ELTEN・・・名車360のリバイバル版ですね。これは市販したら売れたんじゃないですか(*^^*)





日産トレイルランナー・・・正直、「???」的なクルマでした(^^; 金城武が初々しい(*^^*)





2代目ロータスエラン、ではなく・・・韓国の起亜の、ヴィガート☆


いすゞエンジンを積んだ、二代目FFエランの製造/販売権を起亜が買い取り、ヴィガートと名前を変えて販売していたんですよね☆




コチラも韓国の、大宇のセダンのポスター☆

・・・あまり興味がありませんが、もらっていたんですね(^^;






ポスターカタログその2・・・プリムスプラウラー☆ ホットロッドマシンですね(*^^*) 何度か実車を見たことありますが、迫力ありますよ!





ポスターカタログその3・・・当時出たての、996型ポルシェ911カレラ☆






コイツもポスターになりますね(*^^*) ランボルギーニディアブロSV☆


A4サイズの一枚モノですが、かのランボルギーニですからね(^^; この頃はポルシェもランボも、気前よくカタログ配布をしてくれました(^^;










こういうメーカーも。


イギリスのコアなスポーツカーメーカー・・・TVRですよ☆


一枚二つ折りのシンプルなカタログですが、かのTVRもこうして配布していたのですね!




TVR、活動停止してしばらく経ちます。そして今年、マクラーレンに在籍していた名デザイナー、G.マーレー氏のデザインで復活すると以前聞いたのですが・・・どうなるんでしょうか。今後のTVRの動向、気になります。







第32回東京モーターショー・・・1997年開催でしたので、もう20年も前になるんですよね。









そして今年はモーターショーイヤー☆ 最近、続々とモーターショー情報が流れてきています。 クルマに興味あるなし関係ナシに、誰もが魅力を感じるイベントになれればと、思っていますよ(*^^*)
2015年08月23日 イイね!

今どきのクルマのカタログレビュー☆

今どきのクルマのカタログレビュー☆ここ最近、縁あって新車のカタログをチョコチョコと入手していました(*^_^*)


こうして新車のカタログをもらい続けるなんて、久しぶりです☆




よってここらでざっと軽く、カタログレビューといきます♪ 現代のクルマ事情に疎い私が驚いた、各カタログの内容をピックアップです(*^_^*)














ルノーカングー☆

現在とても人気のある、遊び心溢れるオシャレな一台♪


・・・ディーラーで実車を見ましたが、車幅があり意外にも大きく見えました(^^;) ”デカングー”ですからね(*^_^*)





そんな”デカングー”、ゼンというターボモデルに6MTを設定☆ スポーティな一面もあるんです♪ こういう日本車にはない魅力があるから、多くの人気を集めているのですね(*^_^*)










ルノーメガーヌRS☆

RSを名乗るスポーツカーは多くありますが、ルノーのRSは"Renault Sport"を意味しています☆ ベースのメガーヌ3ドアHB、他に似ているものがない独特のカッコよさがありますね(*^_^*)





そのメガーヌRS、多くのオプションパーツがラインナップ♪ オプションのマフラーはチタン製で、あのフジツボが手掛けているんです☆

フジツボのオプションマフラーなんて、一昔前の国産スポーツカーを思い起こされます(*^_^*)









ルノールーテシアRS☆

200馬力の1.6リッター4気筒を搭載している、ホットハッチ☆





メガーヌRS同様、ルーテシアRSにもフジツボマフラーのオプションが♪ しかもステンレスとチタンと、2種類☆



さらにはコチラ・・・女性向けの”ドライビングパンプス”☆ やることが洒落てますね(*^_^*)











フィアット500☆

フィアットを復活させた現代のチンクですね♪ 今や普通に見かける、ポピュラーなクルマです(*^_^*)







そのフィアット500のカタログの、オプションコーナーを開くと・・・あの"MOPAR"のロゴが。


MOPARといえば、チャレンジャーをはじめとする、クライスラーのオプションパーツブランドですね☆



そのクライスラー、リーマンショックを機にフィアット傘下に入りました・・・そして現在、MOPARはフィアット500のオプションパーツも手掛けているんです(*^_^*)



・・・MOPARというとやはり昔の、マッスルカーをまずイメージしてしまいますがね(^^;)

















アルファロメオ4C☆



アルファのカッコいいMRスポーツ(*^_^*) 最近発表された新型ジュリアといい、今のアルファはいいですね♪ 








その4C、ブレーキキャリパーの色はレッドが標準・・・オプションでブラック/イエローが選べるんです(*^_^*)

・・・レッドが標準で、ブラックがオプションだなんて日本車じゃありえませんね(^^;)












ND型マツダロードスター☆



路上で見かける機会が多くなってきたNDロド、走っている姿を見ると存在感があるんですよね(*^_^*) 特にリアスタイルがインパクトが強く、従来のロードスターとは違う一面を放っています☆







先代NCから100kgの軽量化を果たしたND。軽量化のためにFD3S RX-7でも行った、ゼロ戦の”肉抜き”を敢行☆ これぞマツダの真骨頂ですよね(*^_^*)

















いつもは旧いクルマをメインに見ていますが、たまにはこうして最新のクルマを知ることも大切なんですよね☆ 魅力をアップさせる意外なオプション類や、驚きの技術、開発話がありますから(*^_^*)

















先日ダイハツから届いた、今度出る新型車の案内・・・これがスズキのハスラー対抗車ってヤツですよね(*^_^*)
2013年04月28日 イイね!

日本GT-R☆

日本GT-R☆2月に、横浜の日産グローバル本社ギャラリーに行った際に入手した、R35 GT-Rカタログ☆


R35、デビュー時はウェブカタログがメインで、冊子カタログは薄い簡素なものしかなくて、カタログマニアとしては拍子抜けした覚えがあります(*_*)

・・・しかしやはりしっかりとした冊子カタログは必要だったのですね♪ 後にしっかりとしたカタログが出てきました(*^_^*)






世界の強豪に挑む日本代表のスーパーカーだけあって、カタログも読み応えがありますよ(*^_^*)







カタログ34~5ページから・・・




「英語のクラフトマンシップと、日本語の匠=Takumiは同義語ではない。匠とは、人を想うことである。使う人の顔を、心を、暮らしまで、何十年も先まで想うことである。飾ることではなく、研ぎ澄ますことである。そして、その道を極め尽くすことである。GT-Rには、日本が永い歴史の中で育み続けてきた心がある。」


そしてその前の、33ページから・・・



「GT-Rは、ロングツアラーとしての才能もある。剛性感にあふれた上質な乗り心地はフラットで、極めて疲労が少ない。『ハコで速い』と言われたかつてのGT-Rの良き伝統に従った室内空間は、二人で乗るには広々としているし、リヤシートには気軽にジャケットなどを放りこめる空間がある。トランクルームは二人分の旅支度には充分な空間が用意されている。ゴルフバッグも2セットは入る。もちろん、トランクリッドには軽く開くダンパーを採用した。最後にドライバーに一言。ル・マンで24時間走り抜いた後、最も元気なのは、最も速く走った勝者であるという事実。最も速いマシンは、最も速いクルマでもある。同じことが、GT-Rにも当てはまるのだ。」






R35 GT-R、スカイラインから独立したとはいえかつてのハコスカからの伝統を貫き、そしておもてなしの心を持って作られているのですね☆ これはさすがに、海外の強豪スーパーカーたちにはマネの出来ないこと・・・まさにONLY ONEです(*^_^*)







そしてR35 GT-Rといえば、先月、開発チーフの水野和敏さんが日産を退職されました。






5年前、R35がデビューした時、私もR35本を何冊か購入して、水野さんのインタビュー記事等を読みました☆



水野さん、レース監督の経験を生かして思い切ったGT-R開発体制を敷きましたよね(*^_^*)

・・・当時テレビでやっていた「一か月一万円生活」感覚で、人員と予算を当初の半分。開発車両の部品は直して再利用。



少ない人員で行うことにより誤情報が伝わるリスクが減り、お互い確認し合うようになるのでミスも減る。

少ない予算で開発することにより、価格を安く出来る。




そして水野さんが開発時に掲げた3つの言葉が「仕事の目的は感動」「正直にやれ」「基本以外の仕事はするな」・・・妥協、ブレのないクルマを作り、感動を提供する姿勢なんですね(*^_^*)











「『日本GT-R』と言ってもいいくらいだ」と、水野さんは言ってました。


匠の精神、GT-Rの「速いハコ」の継承、世界トップクラスの圧倒的な性能・・・そしてデビューから時間が経ち築き上げたブランド力と名声、やはり「日本GT-R」なんですね(*^_^*)



このような素晴らしいクルマが日本にある事を誇りに思いますよ☆





2012年12月25日 イイね!

キューブ、発見!

キューブ、発見!昨日、ディーラーでいただいた、キューブのカタログ☆

・・・そしてカタログに挟まっている、オプションパーツカタログ(*^_^*)


















・・・この毛むくじゃらなヤツは、キューブのオプションの、ダッシュボードマット☆ 



・・・ま、名前の通り、ダッシュボードにのせるアイテムなんでしょうね(^_^;)
















そしてコチラが、ダッシュボードにのせている図☆


カタログには、「クルマの外からも見える、ユニークでお洒落な雑貨感覚溢れるダッシュボードマット。シャギーカーペット同様に毛足が長く、独特の触感があります。ポップなイメージを表現するアイテムとしてもオススメです。」



・・・まぁ一種の、新感覚のお洒落系アイテムなんでしょうが、どうにも盆栽というか、箱庭というか、そういった系統のモノに見えてしまって(^_^;) 今って、こういうアイテム、アリなんですかね(*^_^*)
















そしてキューブの本カタログ・・・



コチラの矢印のトコにある、キリンの模様にまぎれている隠れキューブ☆

・・・も一つ、隠れキューブを見つけました(*^_^*)












・・・コチラの、バッグに隠れてました(*^_^*)

プロフィール

「毎年海の日にはお山に行ってるので今朝も雨が止んでから登山しました・・・が、ウェット&落ち葉で快走不可(>_<) 今年の梅雨、ホントに手強い(>_<)」
何シテル?   07/15 17:57
茨城在住のブルーゼットンです。初期型どノーマルZ32とともに暮らしています。コミュニケーションを(特にリアルな)大切に、お付き合いさせていただければと思っていま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
初期型(第Ⅰ型ってヤツ)Z32です。初期型しか設定がなかったブルーボディ&ブルーインテリ ...
ダイハツ アトレー ダイハツ アトレー
平成11年(1999年)式の、アトレーカスタム・・・90年代の雰囲気残る、メッキパーツ多 ...
日産 シルビア 日産 シルビア
98~03年まで所有、非力でしたが楽しいクルマでした。憧れていたZ32購入のため、車検時 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
父が所有していたDR30 RS-Xターボ4ドア、ATでした。シートにはっつくような、ドッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.