• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブルーゼットンのブログ一覧

2012年10月31日 イイね!

カマロ的「RS」☆

カマロ的「RS」☆懲りずに、今日もまた「世界のRS」ネタで(^_^;)・・・



この「世界のRS」、DR30スカイラインRSやシルビアRS、ポルシェ911カレラ/GT3 RS、ルノーのRS勢、アウディのRS勢、フォードのRS勢、などなど日欧のスポーツ感がダイレクトに伝わってくるようなRSたちが載っています☆










そして、このようなRSも載っています(*^_^*)



・・・カマロの「RS」☆


カマロでもよくこの「RS」ってグレードを耳にします(*^_^*) そしてこの、カマロの「RS」の意味は?




・・・ズバリ「Rally Sport」!









・・・「カマロって、ラリーに出ていたの?」って疑問、湧いてきますよね(^_^;)




カマロがデビューした1960年代後半、当時のアメリカでは「ラリー」のニュアンスが少々違っていました・・・単純にスポーティで何となく走りを意識したイメージがあれば充分に「ラリー」、だったのです☆ 「スポーツグレード=ラリー・スポーツ」ってトコですかね(*^_^*)






スポーティなイメージのカマロ、がカマロRS・・・という事で、標準グレードとの差は、クルマの性能を左右するメカニズム的な要素ではなく、ひたすらルックスの面で表していました☆

・・・初代カマロのヒドゥン・ヘッドライト(コンシールド・ヘッドライト)や二代目の通称「サメカマ」のラジエターグリル、二代目後期の2トーンカラー、エアロ装着の三代目、そして現行五代目にはリング式LEDライト、20インチホイール等の「RSアピアランスパッケージ」。



DR30やポルシェ911のRSたちが専用エンジンや足回り強化で「RS」を名乗っているのとはまた別のアプローチで、カマロは「RS」を名乗っているのですね(*^_^*)






ちなみに三代目カマロRS、日本にも正規輸入されていましたが、日本ではRSを名乗れず、「カマロスポーツクーペ/カマロスポーツコンバーチブル」と名乗っていました(^_^;)

・・・「RS」エンブレムが付いているのにも関わらずに(@_@;)







何でも某日本メーカーとの問題が原因かもしれないとの事ですが・・・何でしょうね(^_^;)






・・・80年代終盤、レガシィRSを擁していたスバルか、ギャランVR-4 RSを擁していたミツビシか? はたまた日産か? 既に当時は絶版でしたが、やはりスカイラインRSのイメージは大きいので(^_^;)
2012年10月30日 イイね!

大胆なRS(^_^;)

大胆なRS(^_^;)おとといのブログに続き、今日もまた「世界のRS」から(*^_^*)・・・






コチラのRS・・・ルノールーテシア・ルノースポールV6☆



「サンクターボの最後の末裔」と言われているこのRS-V6(ルノースポールV6)、1998年に登場☆ コンパクトカーのクリオ(日本では当時、ホンダクリオ店があった関係で「ルーテシア」名で販売されてましたね)に、当時のルノーの最大排気量だったラグナの3リッターV6を230馬力にアップして搭載・・・ミッドシップで(*^_^*)



・・・今の感覚だと、例えば、先日出たばかりの新型ノートに、Z34のVQ37をミッドシップ搭載するようなものでしょうね(^_^;) まさに、ありえないマシンです、このRS-V6ってヤツは(^_^;)







RS-V6の御先祖たるサンクターボには、世界ラリー選手権用のホモロゲモデルという、役割がありました。

・・・しかし、このRS-V6には、"世界制覇のためのホモロゲモデル"という役割は課せられてないのです(*^_^*)











ホモロゲモデルでもないのに、ココまでやるとは・・・ルノーもやることが大胆ですね(^_^;)
2012年10月28日 イイね!

羊狼たち・・・

羊狼たち・・・最近、読み浸っている、「世界のRS」☆

・・・今日は雨でしたのでまさに読書の秋にはうってつけでした(*^_^*) 先日購入した「GT80's」と共に、コチラも今日は私にお付き合いしてくれました☆






その「世界のRS」に載っていた、コチラのRS・・・



・・・フォードエスコートRS1600☆


785kgの車重に対するエンジンパワーは120馬力・・・パワーウェイトレシオ的にはフェイズ1のロータスエリーゼに近い☆


この、マークⅠというタイプのエスコートは、ポジション的にはカローラみたいなもの。そのベーシックカー、エスコートに、コスワースが設計、製作した"BDA"というツインカム4バルブエンジンを搭載したのがRS1600なのです(*^_^*)

・・・まだベーシックカーのエンジンの標準がOHV2バルブだった時代に、純レーシングエンジンと同じツインカム4バルブですからね、まさに「RS」です☆



エスコートRS1600のエンジン、コスワースBDA。この前身はコスワースFVAというエンジン・・・このFVAを2基、90度の位相でつなげたのが、F1で155勝を挙げた銘機コスワースDFV☆

・・・つまり、RS1600に搭載された"BDA"は、F1由来のエンジンなんです(*^_^*)


















・・・レース由来のツインカムエンジンの"ハコ車"、と言って思い浮かぶクルマ、ありますよね♪



















・・・PGC10 & KPGC10、通称"ハコスカGT-R"☆



・・・"S20"がレーシングカーR380のエンジン"GR8"をベースに誕生したのは有名な話(*^_^*)














ハコスカGT-Rが誕生したのが1969年。その翌年、エスコートRS1600が誕生。ホント、「モータースポーツの勝利をなりふり構わず追い求めていた時代」の残り香、ってヤツですね☆
2012年10月27日 イイね!

私も「GT80's」(^_^;)

私も「GT80's」(^_^;)素晴らしい本が出たじゃありませんか(*^_^*)


・・・1980年代の国産車とあなたの青春がプレイバック!! 「GT80's」♪




・・・昨夜、飲みに行く途中に本屋ハシゴして購入しました(*^_^*)





ざっと目を通しましたが・・・嬉しいですね、素晴らしいですね☆

・・・我が茨城在住の取材車両が多く載っています(*^_^*) 茨城、ネオヒストリックカーが多いのかな♪ 同じ地元の同士たちの記事を見ていて、ウキウキしちゃいます(*^_^*)


このままこの80~90年代のネオヒスブームが膨らみ、いつか茨城でミーティングでもやれたら最高ですね^m^












・・・せっかくなので、ライバルと2ショット(^_^;)



・・・同じ80~90年代クルマ本、「ハチマルヒーロー」と^m^


「GT80's」と「ハチマルヒーロー」、これからライバル誌関係になるのかな(*^_^*) これから競い合って、どんどん面白い記事を組んでもらいたいですね♪ 定期購入出来る本が発刊されて嬉しいです(*^_^*)









今回のGT80's、「スカイライン熱狂挽歌」のタイトル通り、メインの特集はスカイライン♪

・・・スカイラインと言えば、今話題沸騰のアレ、缶コーヒーWONDAのGT-Rミニカーシリーズ☆





やはりせっかくなので、現在まで揃っているGT-Rたちとの、コラボ(^_^;)

・・・KPGC10とR35しかないので、まぁ80年代とは無縁なんですがね(@_@;) それ以前に、まだ2種類しかないのも少ないし(*_*)










そんなWONDAのGT-Rミニカーに付いている、コチラのリーフレット・・・



・・・ちょっとした発見をしちゃいました(^_^;)












このR33って、実車デビューよりはるか前に東京モーターショーで展示された、あのR33 GT-Rプロトタイプですよね(^_^;) このクルマ、よーく覚えていますよ(*^_^*)・・・当時高校3年だった私、やはりこのプロトタイプを見て友達らと「あれはねぇべよ!」と驚きましたもの(*_*)

・・・この失望感タップリのプロトタイプを味わったからこそ、後にデビューしたR33 GT-Rに凄みやカッコよさを感じ、好きになりました(*^_^*)






・・・で、何で今回、このプロトの写真なんだ? ミスプリ?
2012年10月24日 イイね!

ぶっ飛びポルシェ(^_^;)

ぶっ飛びポルシェ(^_^;)国内外問わず、色んな「RS」を特集している本、「世界のRS」☆










・・・コチラは、ポルシェ911(996)GT3RSのページ☆



996のGT3RSというと、2003年に発表された996GT3をベースにした、あの73カレラRS風のサイドデカールが施されたモデルをまず思い浮かべますが、実はそれ以前にも、GT3RSってあったのです☆


・・・1999年のデイトナ24時間、セブリンブ12時間、ル・マン24時間、ニュルブルクリンク24時間でクラス優勝を遂げたGT3Rをベースに作られたレーシングカーの名前が"GT3RS"・・・2001年から03年までに50台が生産されました。

この純レーシングカーのGT3RSの存在が先にあるので、後の、73カレラRS風のモデルは、正確には「ロードゴーイング・スポーツカーとしてのGT3RS」という注釈が必要になってきます(*^_^*)









そしてこの、ロードゴーイング・スポーツカーGT3RSのすごいトコ・・・



・・・「ボディの局面に合わせたRを持つ、カーボン製の翼端板が付いた角度調整式カーボン製アッパーウィングは、ボディ全幅に対するウィングの幅の関係から日本の法規上、公道走行はNGだという。0-100km/h加速4.4秒、最高速306km/hの動力性能を持つ。」



・・・そうですものね、日本ではリアウィングがボディからはみ出ちゃダメなんですよね(*_*) 「ロードゴーイング・スポーツカー」なのに日本の道路を走れないとは(@_@;) こういうぶっ飛び具合も、ポルシェらしいのかな(^_^;)


















ポルシェ911GT3RSといえば、先日行った茨城県潮来市の祭り「商い創造祭」の、スーパーカー展示エリアにもありました☆






展示してあったのは、996の後継車の、997GT3RS♪





こういったイベントで展示されるスーパーカーは、キズ一つないほど綺麗であるのが常ですが、コチラのGT3RSはフロントバンパー下部に擦った跡や、やはりバンパーに小石等がぶつかって出来た小キズがありました・・・サーキット等で走り込んでいる感じ(*^_^*) 小キズ達が戦いの勲章に見えて、カッコよかったですね☆


・・・スポーツカーは、走ってナンボですからね(*^_^*)















ポルシェのRSは、「Racing Sport」。一方、ポルシェ911でおなじみのグレード名「カレラ」は、スペイン語で「レース」の意味。




・・・よって、「カレラRSR」って、「レース、レース、レース!」って感じなのかな(*^_^*) さすがポルシェ、ネーミングもぶっ飛んでます(*^_^*)

プロフィール

「毎年海の日にはお山に行ってるので今朝も雨が止んでから登山しました・・・が、ウェット&落ち葉で快走不可(>_<) 今年の梅雨、ホントに手強い(>_<)」
何シテル?   07/15 17:57
茨城在住のブルーゼットンです。初期型どノーマルZ32とともに暮らしています。コミュニケーションを(特にリアルな)大切に、お付き合いさせていただければと思っていま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
初期型(第Ⅰ型ってヤツ)Z32です。初期型しか設定がなかったブルーボディ&ブルーインテリ ...
ダイハツ アトレー ダイハツ アトレー
平成11年(1999年)式の、アトレーカスタム・・・90年代の雰囲気残る、メッキパーツ多 ...
日産 シルビア 日産 シルビア
98~03年まで所有、非力でしたが楽しいクルマでした。憧れていたZ32購入のため、車検時 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
父が所有していたDR30 RS-Xターボ4ドア、ATでした。シートにはっつくような、ドッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.