車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月17日 イイね!
尾籠な話シリア問題、北朝鮮問題、森友学園問題、豊洲市場移転問題・・・と、それぞれ書きたいことはあるのだが、本日はどーでもいい小生の体調問題についてひと言。

2か月前に3度目の成人式を迎えて以来、どうも右耳の聴こえが悪くなった気がする。

耳鼻咽喉科で診てもらったのだが、特に異常は見当たらないという。しかし本人がそう言うのだからまず間違いない。
例えば、下宿のオバサンが食後の皿洗いをしていて、水道の水をジャージャーと出しっ放しにされてしまうと、もうテレビの音はほとんど聴こえない。

小生がテレビを観るときは、ほとんどがプロ野球か邦画なのだが、野球は音声が聴こえなくても全く問題がない。それどころか、むしろ音を消して観戦したいほど今の実況放送は酷いありさまである。

NHKはまだましなほうで、日テレもテレ朝もTBSもフジも、よくもまぁこんな低レベルな放送をして恥ずかしくないもんだと感心してしまう。
それもこれも、アナウンサーの勉強不足が原因だ。

大声を上げなければスポーツ実況にあらず・・・とでも思っているのか、どう見てもフツーのプレイなのについ悪い癖が出て絶叫してしまう日テレのE原アナ。

なおこのE原アナには、解説者の山本浩二を必ず「ヤマモトコージさん」と実況中ずっとフルネームで呼ぶ習性がある。
山本昌と二人で解説しているのなら、山本姓の識別のためということで理解できるのだが、江川と二人で解説している時も「ヤマモトコージさん」なのである。
かと言って、江川のことは決して「エガワスグルさん」とは呼ばないのだ。
こういつもいつも「ヤマモトコージさん」を連発されると、ひょっとして自民党から参議院に立候補するのかなと勘繰りたくもなる。

もう一人は、解説者の話をうまく引き出すのがアナウンサーの本来の役目なのにもかかわらず、解説者を差し置き、自分が仕入れてきたどうでもよい情報をとうとうと述べ、自らの実況に酔っているとしか思えない日テレのK村アナ。
俺の実況は日本一だろう・・・というオーラに満ち満ちていて、鼻持ちならぬことこの上ない。

リオ五輪の際は女子レスリングの実況を担当していて、とてもイヤな予感がしていたのだが、案の定吉田沙保里のお父さんがどーのこーの言い出した途端、逆転されてしまった。実況がK村じゃなかったら、吉田選手は金メダルを取っていたといまだに確信している。

この二人以外にも、肝心なところで致命的な間違いを犯す常習犯のTBSのH田。

放送の最後の最後で「今日の解説は関根潤三さんでした」と言わなければならないところを、「今日の解説は関根勤さんでした」と言って笑わせてくれたフジのK田。

昨年、阪神の藤波投手が送りバントを失敗した際、
「WBCで藤波がエースとして活躍するためにも送りバントは大切ですよね!」と発言し、「WBCはDH制なんだから、そんなもん関係なし」と解説の水野に呆れられた日テレのT岡。

こう見てみると、プロ野球を舐めているアナウンサーのいかに多いことか。
ただし、この現象は放送局だけでなく現場の解説者にも責任の一端があると思う。
今の解説者たちは、おしなべてアナウンサーに優し過ぎる。

落合が現役を引退してすぐに解説者になった時、テレ朝の実況アナから「松井は何を考えてますかね?」と尋ねられ、
「ボクは松井じゃないんだからわかるわけないでしょ」と不愛想に答えたことがあった。

このような、解説者とアナウンサーとのある種の緊張関係はとても大切だ。落合はこう答えることによって、「お前なぁ、実況アナウンサーだったらもう少し野球のことを勉強して来いよな!」と言いたかったに違いない。

アナウンサーと解説者は決してナァナァになってはいけない。その意味では子どもの頃に聴いていた青田昇の解説は、説得力も迫力も群を抜いていたし、今のH松やS々木のような結果論に終始するのとは真逆の、それこそ予知能力の塊みたいな人だった。

え~と、そうそう右耳が聴こえづらくなった話の途中でしたな。
どういうわけか好きな邦画の、それも大事な場面の大事な台詞の時に限って下宿のオバサンが皿洗いを始めたり、米を砥いだりするものだから、いつも不穏な雰囲気になる。

ならば、テレビのボリュームを上げればよかろうということになるのだが、昔の邦画を観賞するには適正な音量というものがあって、ある範囲の音量を超えるとその映画が持つ本来の物語性が損なわれる恐れが生ずるため、その辺の塩梅が難しいのである。

聴こえづらくなった原因は勿論加齢に違いないのだが、もう一つは昨夏より13年ぶりに再開したカラオケにもあるのかもしれない・・・と考えるようになった。

某カラオケサークルに加入し、週2回発声練習にいそしんでいるのだが、どうも耳にはあまり良くないような気がする。

かと言って辞める気持ちはさらさらないし、レパートリーは50曲を超え、歌うことの楽しさがようやく実感できるようになった。
20代の頃は職場の先輩に勧められ、スナックに行っては半ば義理で歌っていたようなものだからエラい違いである。

というわけで唐突なれど耳は遠くなったが、逆に小水は近くなった
以下は尾籠な話のオンパレードになるので、読み飛ばして頂ければ幸いである。

小生は膀胱が小さくできているのか、もともと小水は近かった。それが加齢に伴い年々近くなってきているようだ。
男女の中は近いほうがいいのだろうが、小水の近いのは非常に困る。日常生活に大いに支障をきたすからである。

それなのに、泌尿器科で診てもらうにはどうも抵抗がある。
いい薬もあるらしいのだが、今一つ踏ん切りがつかないのだ。
なので、その手の本をいくつか読んでみて、自分に合いそうなものを試してみることにした。

ちなみに遠藤周作流の小水の我慢の方法は、「エッサエッサエサホイサッサ、お猿の駕籠屋はホイサッサ」という童謡を声高らかに歌うと、不思議と尿意が遠のくというもの。

小生の場合、遠藤流はその効果がはかばかしくなかったため、別の方法にトライしてみた。

まず、できるだけ尿をためトイレに行く。
次に、尿を3分の1程度排出する。
次に、肛門を締めたり緩めたりして残りの尿を我慢する。
肛門を締めたり緩めたりを10~15回ほど繰り返すと、尿意が遠のく。
尿意が完全に遠のいた段階で、残りの3分の2の尿を排出する。

で、ただ今この方法を実践中だが、効果はまずまずといったところだ。
1日2回トライしてみると、まぁその日によってもバラつきはあるのだが、以前のような切迫した尿意は少なくなったように思う。

ポイントは何といっても肛門の締め方である。オナラを我慢する要領で肛門を締めるのだが、これが慣れるようになるまでは結構難しい。
時間としては、3秒締めたら3秒緩めるといった感じで、慣れてくると小水を我慢するのがちょっとした快感になるから不思議だ。

尾籠ついでに、肛門で思い出すのが30年以上前に読んだ開高健の本。
アマゾンには妙な魚がいるらしく、種類はナマズだが形はドジョウにそっくりで、色はといえば赤紫。これがとんでもないヤツで、相手が魚だろうが獣だろうが人間だろうが、穴という穴に入りこんでは肉を喰らい体液を吸い尽くすというとんでもない手合い。

そこで、インディオのおばさんたちは一計を案じ、川でしゃがんで洗濯する際には、天狗のお面の小型のような物を土器で作り、それぞれ前と後ろの穴に差し込んで心置きなくジャブジャブ洗っているのだとか。

そして、このとんでもない魚の名前が現地の発音でカンジロというウソのようなホントの話・・・決して「感じろ!」ではありませんぞ。

世迷言の書き散らかしはこの位にし、1週間前の10日にターンパイクに行ってみた。

8時45分、自宅を出発。
ホンダステップワゴン スパーダの背後に迫る不気味な影・・・


東北道から


圏央道へ


法定速度遵守


圏央道の厚木PAで水分補給


覆面ワールドリーグ戦開催中の厚木小田原道路


11時、ターンパイクにトウチャコ
いくらトイレに行きたいからって、この停め方はないでしょ
























薄曇りにもかかわらず富士山を見ることができたのは僥倖




偶然にも、主治医(5Xさん)を同じくする湘南ナンバーTTコンバーチブルの先輩から、大観山で声を掛けていただき楽しく歓談する


大観山の気温は7.5℃


帰途につく





行きつけのGSで給油及びシャンプーをお願いする


15時20分、帰宅。いつの間にか小生より年上になったらしい警備隊長が出迎えてくれる
Posted at 2017/04/18 00:17:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年03月11日 イイね!
特別な日以下は3月11日付の毎日新聞の記事より。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2万1000人以上が犠牲になった東日本大震災は、11日で発生から6年を迎えた。岩手、宮城、福島の東北3県を中心に襲った津波や東京電力福島第1原発事故で、今も約12万3000人が全都道府県に散らばって避難し、被災3県の仮設住宅に約3万4000人が暮らす。災害公営住宅(復興住宅)の建設や宅地造成の遅れ、原発事故の影響などで避難生活は更に長期化する見通しだ。

10日現在の警察庁のまとめでは、死者1万5893人、行方不明者2553人で戦後最悪の自然災害になった。避難中の体調悪化などが原因の震災関連死は2016年9月末現在、全国で3523人で前年比116人増加した。このうち福島は2086人で直接死を上回っている。

復興庁がまとめる避難者数は、ピークだった12年6月の約34万7000人から3分の1に減ったが、17年2月現在12万3168人。福島県民の避難者数は7万9226人を占める。

共同通信の集計(1月1日現在)によると、3県の復興住宅入居者数は3万9664人で、仮設住宅と逆転した。高齢化率は4割を超え、孤独死は少なくとも17市町村で22人に上る。

国が福島の11市町村に出した避難指示は、帰還困難区域を除き、9市町村で解除・解除予定で、当初より面積で約3割に縮小するが、帰還するのは解除対象者の8%前後とみられる。大熊、双葉両町は全域避難が続いている。避難指示区域外から避難した「自主避難者」について福島県は3月末で住宅無償提供を打ち切る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は特別な日です。

昨年に引き続き、アクアマリンふくしまに行ってみました。
















































































賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。
byモンテーニュ
Posted at 2017/03/12 08:40:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年02月21日 イイね!
バレンタインデーだから毒針殺法!?バレンタインデーに金正男が毒殺された。

当初は毒針で刺されたらしい・・・と報道されたので、バレンタインデー→金髪のジェット機ジョニー・バレンタイン→毒針殺法という、昭和プロレス親爺が陥りやすい連想ゲームにまんまと嵌ってしまった


ちなみに、どうでもいいことだが
「ワタシが今ハマっているのはですねぇ~・・・」
などとうら若い女性が平気な顔して使っているこの表現は、結構恥ずかしい日本語であることを知っておくべきだろう。
なお、還暦過ぎたむさくるしい小生が使うのはヨロシイ。


以下は、2月20付の毎日新聞の記事より。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件はマレーシア警察の捜査で、北朝鮮国籍の男たちが2人の外国人の女を雇い、実行した可能性が強まっている。現場の防犯カメラの映像は、女2人が正男氏とみられる男性に近づき襲いかかる様子を捉えていた。

逮捕されたリ・ジョンチョル容疑者(46)のほか、警察は北朝鮮国籍の男4人を手配。また、重要参考人として行方を追う3人のうち1人が北朝鮮国籍だ。実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)は「悪ふざけの映像を撮影するためだった」と供述。事件前に「日本のテレビ局に雇われた」と家族に話した。ベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)も誘われたと供述したとされ、北朝鮮グループが女2人を実行役として雇った構図だ。

韓国では、北朝鮮工作員による暗殺未遂事件がたびたび摘発されてきた。2010年、捜査当局は北朝鮮から韓国に亡命した故黄長※(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記の暗殺未遂事件を2件摘発。逮捕された3人はいずれも北朝鮮の工作機関所属だった。だが、11年に摘発された脱北者団体代表を狙った事件では工作員でなく脱北者が逮捕された。日本のある公安関係者は今回の事件を「脱北者を利用した韓国の事件の変形」と指摘する。

韓国紙「中央サンデー」は「北朝鮮は10年ぐらいから工作員に代わり、現地人を活用する手法を取っている」との韓国当局者の声を伝えた。北朝鮮は米国によってテロ支援国家に指定されていたが08年に解除されており、再指定を免れるためにテロ手法を変えたとの見方だ。同紙は当局者の話として、北朝鮮がベトナムやアンゴラなどの外国人に「暗殺教育」を行っているとも伝えた。

韓国紙「朝鮮日報」は情報筋の話として、北朝鮮国籍の4容疑者が複数の特殊機関の所属だと伝えた。北朝鮮関係筋によると、海外で活動する工作員は工作活動と外貨稼ぎビジネスとを並行して行うケースが少なくない。今回唯一逮捕されたリ容疑者は労働ビザを持ち、クアラルンプールの会社の社員だったが、同社社長(64)は、実際は勤務しておらず「給料も払っていない」と明かした。北朝鮮の知人に便宜を図るよう頼まれたという。リ容疑者が会社員を「偽装」したことについて、日本のある捜査関係者は「スパイが使う典型的な手法だ」と言う。

※「火」偏に「華」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新聞記事といえば、2月17日付の読売と産経の意見が真っ二つに分かれていたのは興味深かった。

読売は、2人の女が20代以下の女性だけで構成された「牡丹の花小隊」のメンバーではないかと推測。
牡丹の花小隊とは、4年にわたり教育や軍事訓練を受けて暗殺工作などを担当するいわゆるスパイ養成所
出身階級や容姿、歌や踊りが一定以上の女性が工作員として選ばれるという。

一方産経によると、2人の女は実行犯ではなくあくまでかく乱要員。実行犯であるプロは別に存在し、金正男が薬液を洗い流そうとして入ったトイレで襲われた可能性もあるとの意見であった。

またまたどうでもいい話で恐縮だが、下宿のオバサンの感想たるや物凄く、
➀「LOL」のTシャツを着ていた女は、最初マリアンかと思った
②北朝鮮の幹部は、皆宍戸錠野呂圭介のファン
③将軍様の手はまるで赤ん坊のよう。一切家事はしていないはず
とのこと。全くこの人と一緒にいると退屈せずに済む。

まぁ、殺害方法に興味がないと言えば嘘になるが、それよりも小生は中国の今後の出方のほうが気になる。

習近平政権誕生以来、中朝関係は冷え切っているようにみえる。
金正男を支えていたといわれている叔父の張成沢が公開処刑された直後から、中朝の友好関係は終わっているのではないだろうか。
張成沢は中朝友好を重んじた人物で、北朝鮮でも改革開放を進めるべきだという考え方を持っていたから、彼の処刑は、中国にとってパイプを断たれたという意味で痛手だったに違いない。

中朝の友好関係が終わっている証拠に、習近平政権ができてから、中朝首脳会談が行われていないことがあげられる。
すでに「日中、中韓」首脳会談が行われているのに・・・である。
だから、北の将軍様が駄々っ子のように中国の言うことを聞かず、核ミサイル開発で暴走を加速させるなら、いざとなれば中国が北朝鮮に武力介入し、政権を転覆させる可能性まであると思っている。

2月18日、中国は北朝鮮からの石炭の輸入を年末まで暫定的に停止すると発表した。
もし中国が本気になれば、北朝鮮の経済状況を一気に破綻させることだってできるはずだ。

中国が中朝同盟を破棄して、北朝鮮への一切の支援を断ったとき、北朝鮮がいかなる自滅の道をたどるのか。
あるいは、自暴自棄になって暴走した結果、行きつくところまで行くことになるのか。

少なくとも同盟国の間では、これらのシミュレーションの共有が必要になるわけだが、いずれにせよこのままでは、北の将軍様はさらなる恐怖政治を加速させていくに違いない。
たとえ国民が餓死してでも、核・ミサイル開発には大枚をはたくという信念のもとに・・・。

さて、世迷言の書き散らかしはこのくらいに。
2月16日、確定申告のために地元のK税務署に行ってみた。
11時10分、輸送機エスクァイア号にて自宅を出発。

申告初日ということもあり、満員御礼の垂れ幕が下がるほどの大賑わい。


ゴルフ専門店の臨時駐車場にトウチャコ


駐車場待ちで25分、パソコン待ちで65分耐えて忍んだ。

今年のパソコンはNO.54。去年は確かNO.44で大田泰司が日ハムにトレードだったから、今年は高木勇人がトレードされる番か・・・。


正午の段階で小生の受付番号が568番だったから、一日で、恐らく千人近い人が訪れたのではないだろうか。
で、興味深かった出来事をふたつご紹介・・・。

➀電動車いすに乗っていたからだと思うが、いきなりパソコン入力が難しい人のグループの列に並ばされた。なので周囲は「人生の大先輩」ばかり。
そこで職員に、「えーとですね、私パソコン入力ができるんですが・・・」と紳士的に説明し、納得してもらう。

②入力中にトイレに行きたくなり、身障者用を利用しようとしたところ「ただ今使用中」と鍵が掛かっていた。
まぁこれだけ高齢者が多いのだから当然だよな・・・と思ってトイレの前で5分ほど待っていると、首から名札を下げた40歳くらいの男性職員が堂々と身障者用トイレから出てきた。
来場者を誘導したり、入力の仕方を教えたりする職員は、必ず緑か赤のジャンバーを着用しているが(どうやら緑が常勤、赤が非常勤らしい)、この職員はYシャツ姿なので、いわゆる兵隊さんではなく管理職、それもキャリア組では・・・と勝手に妄想した次第。

いや妄想というより、あの自信に満ち満ちた態度は誰がどう見てもキャリア組だって。10万円賭けてもいい。

どちらにしても出物腫れ物ところ嫌わずだし、来場者で混雑しているトイレを使うより、広々とした個室で心置きなく用を足そうと思うのもまた人情というものだろう。なので、

『このトイレは納税した身障者のみが使用するトイレだ!』

と主張するつもりなどさらさらない。

が、敢えて率直な感想を言わしていただくならば、
「エラクなる人は何かが違う・・・」

という訳で、1時間半程で入力が無事終了した。

みんカラの会員の皆様に比べれば、雀の涙程度の納税額だが、今年もまた税務署を訪れることができ幸せである。

しかし、所詮ケチな小博打を生業としている浮き草稼業の身。
来年も税務署に来られるかどうかは、神仏のみがご存じなのである。

Posted at 2017/02/21 23:38:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月16日 イイね!
Audiみなとみらいに行ってみる♪もっと器用に生きれたら 楽な暮らしもできたのに♪
というのは、増位山太志郎の新曲「白雪草」の2番の一節。

昨年の夏から13年ぶりにカラオケを再開した小生は、J:COMの「歌謡ポップスチャンネル」に加入し、「時代劇専門チャンネル」の次に多く視聴しているのだが、この曲のこの一節を聴くたびに「アレ・・・?」と考え込んでしまうのである。

文化庁が発表した2015年度「国語に関する世論調査」によれば、ら抜き言葉を使用する人が多数派になったという。

どうでもいい話だが、保守派を自称する小生にとって、ら抜き言葉は結構不愉快だ。
まぁ若者が使うのは仕方ないとしても、年配者が何のためらいもなく「見れる」や「食べれる」などを連発する姿に遭遇するにつけ、暗澹たる気分になる。

1月13日付の毎日新聞『論点』のページでは、そのら抜き言葉を特集していた。
国語学者の金田一秀穂氏、劇作家の永井愛氏、フリーアナウンサーの梶原しげる氏がそれぞれの持論を展開。

金田一氏曰く、日本語は常に変化の過程にあり、正しい日本語について学者や文部科学省が指針を示すことなどできるはずがない。自然に任せて「収まるところに収まる」としか言いようがないという。

一方永井氏は、嫌いだが自分もついつい使ってしまう。ら抜き言葉よりも「させていただく」等の過剰敬語に、より嫌悪感を覚えるし、「強行採決など考えたこともない」などという言葉を聞くたびに、言葉の存在を侮辱されていると思うという。

また梶原氏は、ら抜き言葉は教養や知性を表す絶対的な尺度ではなくなり、「その場に応じてうまく言葉を使えるかどうか」の限定的な指標になりつつあると指摘する。

ところで、永井・梶原両氏の主張には同意できる点もいくつかあるが、金田一氏の意見については率直にいって唖然とした

古い話で恐縮だが、小生が中学生の時、可能動詞は五段活用からしか作れないと国語教師に教えてもらった。

すなわち、「見る」は上一段活用だから「見れる」という表現は使えず、また「食べる」は下一段活用だから「食べれる」とは言えないという決まりがあったはずである。

さらにいえば、「れる」は五段活用とサ行変格活用にのみ用いられ、上一段活用・下一段活用・カ行変格活用は「られる」が必ず用いられることに決まっている。

金田一氏は、
「ら抜き言葉を語る時は五段活用の動詞にも『ら抜き』があった歴史や方言の存在に対する認識が必要だろう」
と主張していたが、そのことをもって「ら抜き言葉を擁護」するのは、さすがに無理があると思う。

もっと気になるのが、
「正しい日本語について学者や文部科学省が指針を示すことなどできるはずがない・・・」
というくだり。

確かに、国語学者が「正しい日本語なんて決められるはずがない」という前提には、言葉そのものに内在する本質として「正しさ」を見出すことや、比較検討することの困難さという意味での方法論的な限界があるのだろう。

また、金田一氏ほどの有識者の発言は、時にお上に利用され、権威としての規範の維持・形成に多大に寄与する・・・なんてことにもなりかねず、ゆえに価値判断の表明については極めて慎重でなければならない・・・という考え方もわかる。

しかし百歩譲って、正しい日本語を決めるのがそんなに難しいなら、せめて耳障りの良い日本語(★追記をご覧ください)を大切にしましょうと、国語学者なら言ってほしいのだ。
耳障りの良い日本語(★)を守ることは、とりもなおさず日本の文化を守ることだからである。

心が形を決めるのか、それとも形が心を決めるのか・・・。
勿論一概に言えないのは百も承知の上で、7:3の割合で後者の立場を採る小生は、やはりどうしても「ら抜き言葉」が使えないのだ。

さて、世迷言の書き散らかしはこのくらいにして、6日の金曜日に野暮用で横浜に行ったついでに、珍しいものを見学してきたのでご報告。

途中、大黒でひと休み




野暮用は思いのほか早く済んだ


Audiみなとみらい店に急ぐ


トウチャコである。身障者用駐車場に止めさせて頂く(永井愛氏の嫌いな過剰敬語?)


試乗車だと思う


みなとみらい店は久しぶり。そういえば前回も野暮用の帰りだった


























相変わらず下手な写真を撮っていると、営業の男性の方が
「2階に珍しいクルマがあるので、是非ご覧ください」という。

何でもファイナルファンタジーXVの主人公であるノクティス王子の愛車が、Audi R8をベースにした特別仕様車らしく、ゲームの中のいわば想像の産物を、全世界1台限定で実車化したとのこと。それが置いてあるというのだ。
その名も「The Audi R8 Star of Lucis」。

早速エレベーターで2階に上がる。
あった、あった・・・


小生、ゲームには全く縁がないのでチンプンカンプンだが、
ボディには、ノクティス王子の王家を守護する唐草模様があしらわれているらしい。
またホイールには、ルシス国章と王家に伝わる能力の象徴としての剣がモチーフとしてデザインされているとのこと












貴方もオーナーになられてはいかが・・・


★1月29日追記
先ほどテレビの「フルタチさん」を観ていたら、「耳障り」という言葉は、悪い意味に使い、良い意味では使用しないということを知りました。
「耳障りの良い日本語」という表現を、本ブログで2回ほど使用した小生の国語力をお笑い下さい。
なお、「耳触りの良い日本語」に訂正すれば通用するような気もしますが、自信はありません。

Posted at 2017/01/16 23:09:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月31日 イイね!
2016年総集編色々なことがあった2016年ももうすぐ暮れる。小生、下宿のオバサンとタロウ、そして何よりみんカラの皆様の励ましのお蔭で、今年も何とか糊口を凌いで生きてこられたようである。

体力の低下は覆うべくもないが、電動車いすをドライバーズシートにしたリフト付きのエスクァイア号を増車したことにより、行動範囲も広まった。

そんな2016年を、下手な写真で顧みることとする。

京都にあるオーダーメイド専門の車いす業者に依頼し、仮合わせをお願いする




完成


エスクァイア号の改造風景


完成


電動リフトによりバックドアから乗降する


戦闘機(Audi  S4)と輸送機(エスクァイア)の2台態勢となった


エスクァイア号の試運転先は埼玉県立近代美術館




エスクァイア号の初高速走行の行き先はAudi足立




元職場同僚3人で世田谷美術館へ




江戸東京博物館にダ・ヴィンチ展を観に行く


Audi練馬で新型A4を見学


ヤオコー川越美術館に行ってみる




今年も何とか税金を納めることができた


この行列は・・・


大盛況の毒蝮三太夫氏の講演(内容はラジオと同じ・・・笑)


大谷PAで・・・


宇都宮餃子を購入(水餃子がお薦め)


東京都美術館のボッティチェリ展は素晴らしかった




川越市立博物館に行ってみる。この屏風の中に徳川家光が何人隠れているでしょうか?


川越市内も散策


3月11日。アクアマリンふくしまに行く






24年ぶりに東京競馬場に行く


あまりに綺麗になったのでビックリである


プラス収支になったのは僥倖


いつもの日光へ


大宮にある鉄道博物館に初めて行ってみる


これも初のジャイアンツ球場


サブローのバッターボックスも観ることができた


おなじみのターンパイク(春)






こちらは実に54年ぶりの上野動物園






今シーズン2度目の埼玉県立近代美術館




最も信頼する主治医5Xさんに車検をお願いする


ドラレコの取付けと


ナビの更新はディーラーに


今シーズン2度目の江戸東京博物館は・・・


楽しい大妖怪展


菖蒲PAでは・・・


佐野ラーメンを購入


真面目に通院もしてます


地元の夏祭り


電動車いすの酔っ払い暴走を見かけたら警察に通報を!


またまた日光へ


Duke.TTさんのブログに触発され、小生も箱根ラリック美術館に行ってみる








リコール作業の待ち時間中に眼の保養


戦闘機大改造!










主治医に戦闘機を届けてもらった1時間半後には、霧のいろは坂を走っていた


こちらはターンパイク(初秋)




ときどきヤナセで眼の保養


川越市立美術館へ


1階フロアは珍しく撮影OK


小学生の時に行った「手足の不自由な子どものキャンプ」の同窓会


某保育園を会場にして行われた






車いすの品のいいお坊ちゃんが藤蔵です(★ ̄∀ ̄★)
リーダー、懐かしい写真をありがとうございました


八ヶ岳PAから


美ヶ原を目指す


てっぺんにトウチャコ




いろは坂は見頃が過ぎていたが、清滝はそこそこ






行田にある「古代蓮の里」へ


隣は田んぼアート






輸送機も11か月目にして、やっと5000キロ


本年も大変お世話になりありがとうございました。
どうぞ皆様よいお年をお迎えください。

Posted at 2016/12/31 12:47:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「[整備] #エスクァイア プラグ点検(12か月点検) http://minkara.carview.co.jp/userid/1937910/car/2113715/4029429/note.aspx
何シテル?   12/16 16:35
野分の藤蔵と申します。 還暦の偏屈オヤジです。 家族は下宿のオバサンとシーズーのタロウ。他人様に言えない稼業で、何とか糊口を凌いでおります。 趣味...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
自己紹介どおりのマイノリティな変人オヤジです。
こんな男でよければ、どうぞよろしくお願いします。
43 人のお友達がいます
たか坊 de Rたか坊 de R * 拝一刀拝一刀 *
☆ グッチ ☆☆ グッチ ☆ * 姫 神姫 神 *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 月並月並
ファン
33 人のファンがいます
愛車一覧
アウディ S4 (セダン) アウディ S4 (セダン)
レガシィに替わる新しい家族が増えました。 早いもので9台目の車になります。 手足に強いマ ...
トヨタ エスクァイア トヨタ エスクァイア
2016年1月17日付の拙ブログに購入経過を記しておきましたので、興味のある方はご参照下 ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6キロ。 約3時間の充電で20キロ程度の距離はこなし ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6・5キロ。 エスクァイア号のドライバーズシートとし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.