車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月06日 イイね!
先週の日曜日に続いて、本日も「山登り・・」でしたぁ~~。。

計画は、お気楽なもので・・(一人ということもあります)、5時起床6時出発のつもりが、
7時起床8時出発に・・。。

コースはおなじみ、国道一号線→横浜新道→一号線→藤沢警察署左)→海岸通り→西湘バイパス
のさわり部分(無料)→二宮交差点(右折)→71号線→70号線・・・ヤビツ峠→護摩屋敷の奥・駐車場。。

駐車場は、びっしりと満杯、、しかし、ちょうど一台が出るところだった・・(たすかったぁ~・・)

10:20に到着・・・、二時間20分でした。やはり出発が遅いと、それだけ「ずれ込む・・」。。

ヤビツ峠にいたる峠道は、相変わらず「快調」で、ここはほんと気持ちいい・・っす。(6回目)

また、峠のこなしかたも、だいぶわかってきた・・そんな昨今です。

ザックリ、10:30分、出発です。

気持ちいいですね~。

最初は、こんな感じです


少し、「着すぎ」で、もう暑くなってます・・


暑くて、シャツを一枚脱ぐ、、=上半身はシャツ一枚です。

そして、初めての「アクシデント・・・発生・・!!」

そうなんです、「気持ち悪く・・・なりました」、、、いったいどうしたのでしょうかぁ~・・??

15分ばかり、へたり込んで、、休む・・!!
体調が完全ではない、、出発するときに「着こみすぎた」・・・。。

このまま、折り返し、もう戻ろうか??そうとう悩む。。

気持ち悪さも、収まって、再出発。。「あぁ~~よかったぁ~・・!!ホっ・・」

11:46分

かなり高度を上げてきている

厚木市方向


12:08二の塔・・にて、、ヘリコプターで運搬された、登山道修復の資材・・

ここで、10分位休憩。。

対面に、これから登る「三の塔」が、見えてる

ここまでの標高差は、(駐車場広場から)、およそ400m弱です。

しかし、ここから一旦落とされ、そこから新たに三の塔目指して、登ります。

そこは、「谷」になってますので、そこだけ「風が強い」です。


さ~~100m登れば、三の塔の頂上です。。

この階段が
意外ときびすうぃ~~いぃ・・・


おっと、見えてきましたぁ~~

12:30です。駐車場広場から、約二時間・・・・ふぅ~~!!

だいぶ整備されました~、、頂上1205mです

若干、雲がありますが、、、さすがに「気持ちいいぃ~~・・」

富士山は、見えることは見えますが、、蒸気が邪魔して、クリアーではありません。。(残念)
なにせ、時間が時間ですからね・・・、、やはり富士山は10時閉店・・・ですね。。(汗)

反対側の「大山」です


背景に・・・「塔ノ岳」「烏尾山」・・・


オイラの大好きな「風景」です、「烏尾小屋」


もうちょっとアップで・・


さらに、もう一丁アップで・・


いつも、憧れてます、、そこで「お弁当を・・!!」

さて、時刻は12:38分,
こちらもお弁当の時間です。。上記の風景を見ながらいただきました・・・。。
せっかく、持ち込んだ「棒ラーメン」とその炊飯道具は、むだになりました。
おにぎりと、ソーセージパンで、終了です。
やはり、先ほどの「具合悪さ」が、尾を引いてるのでしょうか・・。。

また、そのために「ザック」が、今日はやけに重いです。

13:10分・・・ひきあげです。

こんなものを、みてしまいました。

無線のアンテナです。4人の学生さんのグループで、げんに静岡とか福島の磐城とか・・・かなり
離れたところと、無線で会話してました。
といいますのも、「10分間位、学生さんから色々レクチャーを受けてました・・なかなか・・・面白かったです。

再び二の塔へ戻ると、、とある女性が、、「どちらのコースで、ヤビツまで戻りますかぁ~・・??」
と、質問が来たものだから、、「こっちの、、一寸マニアックなコースで、戻ります」・・・・
「あっ・・だったら、、ご一緒にまいりましょうよぅ~・・」

・・・っと、きたもんだぁ~・・!!

なんでも、今日は旦那さんとは別行動で、自分だけ山登りをして、ヤビツからバスで帰るとのこと
・・・
そう、、年のころなら・・40歳すぎ・・で、けっこう明るい性格・・、、中肉中背で、けっこう健脚であった。

写真をお見せできないのが、誠に残念である、、結局、ご婦人がおっしゃる通り、ずぅ~~とご一緒に
そこからペアーで、下山となる。
道中、話も弾み、、それなりに、楽しかったぁ~・・。。

13:47分
そんなご婦人が、撮ってくれた一枚・・


りんどう・・・を林道でみっけ・・!


このマニアックな道だからこそ、かような風景も撮れる





日本武尊(やまとたけるのみこと)
日本書紀、古事記

そのご婦人が、案内してくれた・・・


これが、日本武尊(やまとたけるのみこと)の、「足跡(あしあと)」・・・


ま~~、信じる信じないは、あなた次第・・!!

テンポよく、、下山していく・・確かに健脚であった・・

14:30・・・スカブまで戻る・・


彼女は、14:51分発のバスに、間に合うか間に合わないか・・・ぎりぎり・・の状態で、
下山して、急いで行ってしまった。。「私、走っていきます・・・」。。大丈夫だろうか・・??

オイラは、着替えをして、14:40分にスカブ出発・・・、、「たしか2kmはあったなぁ~・・
坂道である20分は、かかるだろうなぁ~・・」などと、それなりに心配している。
もし、間に合わなくても、次のバスはある、、但し、一時間後になってしまう。

ヤビツ峠バス停手前、600mぐらいだったと、思う。
彼女の後姿が、、
スカブを停車させて、、「あららら。。間に合わないかもね・・」
弱った風の表情の彼女・・・。。
「乗ってちゃう・・??」
「そうします」
「彼女を後ろに乗せて・・・」ぶぅ~~ん・・」・・・なんとオイラ初めてのタンデムである。
まさか、こんなところで、女性を初めて乗せる羽目になろうとは・・・。。

そっと、オイラの上半身に手を回す彼女・・・。。
ロマンチックな、3分間でしたぁ~・・!!
なんと、バス出発2分前に峠に到着・・・
「ありがとうぅ~~・・」
「よかったよかった・・」
「じゃぁ~~、、・・・」
「きっと、また会うわね~~、、じゃぁ~・・」
っと、手を振り、、バスのほうへ、歩いて行くのでしたぁ~。。
Posted at 2016/11/06 23:14:10 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月01日 イイね!
zrxさんから、かなりの写真をいただいた・・・感謝感謝・・です。
そこで、多少時間軸が前後してしまいますが、zrxさんからの写真も交えて、、後編をお届けします。

時間を戻します・・・頂上直前でしょうかぁ^・・
手前からライトバンさん、続いてオイラ、オイラの陰にぺんたさん、、左のご婦人は無関係です

(zrxさん提供)

おぉぅ~~・・・ついたぁ~・・!!さすがに「笑顔」です・・、えへへへhhh・・・。。12:00頃

(zrxさん提供)
スタートして2時間40分もかかってます・・オイラが引っ張っちゃったぁ~・・(´Д⊂グスン。。

4人そろっての記念写真

(zrxさん提供)

すぐに、打ち解けてしまいます・・・おせんべいをいただきました。。ありがとうぅ~・・!

(zrxさん提供)

頂上は畳12畳ほどでしょうか・・・

(zrxさん提供)

さぁ~・・・いよいよ下山です、、ちゅぅ~か、尾根伝いに縦走が始まります。
12:45分・・・先陣はzrxさん、、続いてオイラ・・

(zrxさん提供)、、

zrxさんいわく・・・、「ここの降り初めが一番怖かった・・・」っと。。

前編と重なりますが、このシーンです


ライトバンさんと、ぺんたさん


これは、後続のグループ


zrxさん、、、余裕です・・


何を撮影してるのかな~・・・、、


もう一丁・・

上記の写真は、きっとzrxさんが、自らのブログでアップするものと、思います。おいらの写真より
きっと、素敵だと思いますよぅ~・・。。

余裕のポーズを決めるzrxさん・・


もう一丁・・アップで・・


遠くに、セメント工場でしょうか・・・、白く見えます。


どの辺の岩稜だか、、わからなくなりましたぁ~・・


これは、西岳と東岳・・ですね。。


なにもてっぺんばかりを、歩いているわけではございません・・、一旦下に降りて、そして、また登り返す・・

(zrxさん提供)、、、この写真を、今あらためてみると、ここ「やばい・・!」ところですね~。自分は
この時は、目線は「上」で、下を見なくて、ほんとよかったです。(ホっ・・!)

『どっひゃぁ~・・・!!・・・わぁ~おぅ~・・!』


一つ、向こうの岩稜に、ぺんたさんとライトバンさん


ぺんたさん、、何やら考え事~・・??

(zrxさん提供)

ぺんたさんの身長から予測すると、、、4mくらいかな・・(難所ベスト3のうちです)

(zrxさん提供)

脱力・放心状態・・の、きんや君・・

(zrxさん提供)

ここで、一旦全員集合・・・・あまり差がついてしまうと、、4人の意味がなくなる。。

(zrxさん提供)

少しの休憩で、、まだまだ、、下ります。

(zrxさん提供)

ひと山、遅れている、ぺんたさんグループに向かって、、『がんばれぇ~~・・・がんばれぇ~~・・!!』

(zrxさん提供)

最後の岩稜から、真下をみつめます・・・、、あそこまでいけば・・あとは普通の登山道・・です

写真にカーソルを当てて左クリックで拡大してみてください・・・崖の真下にほそ~~い縦筋の
登山道が、見えてます。



最後の難所・・・鎖場です・・鎖の太さは半端ない・・、、長さは4mプラスもう一本2mの、二本の組み合わせになっている。

落差は4mくらいか・・・。。

・・・っで、下から撮影してくれたのが、ぺんたさん・・

この写真は、ぺんたさん提供、、ありがとうございましたぁ~・・!!

ぺんたさん、スズメバチの巣を発見・・!

よくぞ、こんな時に発見なさいますね~、、おそらく直径1m位はありました。



下りてきましたぁ~・・、、っていっても、、これからまだまだ標高差250mは、下ります。。

おっと、晴れてきましたぁ~・・


そういえば、今回尾根歩きの時に、ほぼ無風・・・でした。風が強かったら、本当に危険でした。

ライトバンさんも、振り返って・・・撮影してます


早く到着隊は?、二人で記念撮影・・


やっぱり、、、4人でも・・・

(zrxさん提供)

この時点で、午後3:00・・・急がねば・・まだ、道のりで2km、標高差250m・・・残ってます。



ゆるやかな下山道、、zrxさん・・かっこいい


16:03分、、、ライトバンさんが降りてきました、、やれやれ・・・お疲れ様でした


このあと、299号線を1kmばかり、バイクがおいてあるところまで、戻ります。

皆さんの顔に、、安堵の表情が、、、見えます。。


出発は、、


家に着いたのは、、20:05分でした・・・

ひゃぁ~~

…疲れたぁ~~…。。みなさま、、大変充実した楽しい山登りでした。。ありがとうございました。

ばんきんや


編集後記・・

午後、中腹まで降りてから、太陽が二子山山容を照らしてくれたのは、何かのプレゼントだったのか
・・・・、素晴らしい記念になりました。

また、天候条件もよく、無風は大ラッキーだったかも・・。もしも、強風ならば危険度は増す。
が故、、頂上でのお弁当も楽しくおいしく食べられたのです・・・。。

64歳で軽登山を始め、やっと二年と二か月が経過、初めての緊張の連続で、すごい思い出深いものとなりました。やり遂げた感は、たっぷりでした~。

岩場でのバランス、鎖場でのバランス・・・、、その事に思いを寄せていると、子供のころを思い出した
・・・小学校時代である・・、よく人のうちの塀によじ登り、その塀のてっぺんを、スタスタスタ・・と、
平気で歩き回ったり、近所に、捨てられた岩が40個位、山づみになっていて、その岩を、次から次に渡り歩いて遊んでいた。。ほぼ毎日である。。(水神様という池が今でもありますが、そこです)

こんなことも、今日の岩歩きに、役立っているとすれば、、三つ子の魂百までも・・・なのか・・???


追加写真・・・あくまでも「ザックリしたイメージ地図」・・・です。




以上です。
Posted at 2016/11/01 15:04:12 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月31日 イイね!
前々から、10月30日は、山に行きましょうねぇ~・・(^_-)-☆っと、お誘いが来ていた。
ぺんたさんからである。スキューバダイビングはやるし、山にも上る。。ナイスミドルのかたである。

目指すは、「二子山なるところへ、行きましょうぅ~・・っ・・!!」
その山のことを全然知らないオイラは、早速ネットで調べると、、「危険・滑落・・・中級者向け・・」とかの情報が書かれていた。

不安になったオイラは、「ちょっと、無理なんじゃないですかぁ~??」と疑問を投げかけると、
「あぁ~・・あれ、、チョット・・オーバーなんですよぅ~・・大丈夫・・・だいじょうぶ・・!」

半信半疑のまま、当日を迎える。

ザックリ5時・・・出発・・!


品川区内→環七→練馬インター→所沢IC→ひたすら299号線志賀坂峠手前を目指して・・・

練馬料金所・・5:40分

やはり、冷えてきた・・・雨合羽を着込む・・。。

秩父駅近くを通り抜け、、8:20分・・・299号線沿い、待ち合わせ場所(小鹿野町セーブオン)

右に写っている赤い車は、zrxさんご所有。。

ここから、先導はzrxさん・・。。マイカーでの登場。。。ぺんたさんは同乗。。あははhhh・・。。

峠道にもかかわらず、、、zrxさん俺について来いとばかり、、飛ばす都バス。。
負けじと、ばんきんや「必死の形相で、食らいついていく・・・。。われ関せずのライトバンさん。。

「zrxさん・・・面白かったです。。懸命についていきました。。ぎりぎりだったです・・!!」

9:04分、、、現場に到着しましたぁ~・・。。




やる気満々です・・(笑)


早速、着替えをして・・・、しゅっぱぁ~~っつ・・!9:15分。
出ましたぁ~・・
「とってよ良いのは写真だけ
     残して良いのは足跡だけ」


な・な・あ・・・なんと・・、、「カウンター」がありました。(どれだけの人数が、本日登ったのか・・?)
「いけねぇ~・・レバーを押し忘れたぁ~・・」


沢沿いに、登り始めます・・


最初は、ご覧の通り、、なだらかです。


写真を通して、かなり急坂になってきたのが、お分かりいただけますかぁ~・・??

この三か月間ばかり、「楽ちん・・コース」ばっかり、登ってましたので、この段階ですでに「きつい」

10:30分、股峠に到着。。しばし休憩です・・
北海道の級友からもらった「ホワイトチョコレート」をいただきました・・「うまい・・!!」




ギャァ~~び~~ん・・!!


もちろん「一般者向けコースで・・。。

さ^~、、この後、zrxさんが一人元気で先頭をいくも、獣道に入って行ってしまいます。。
あぁ~・・・たいへ~~ん・・!!

ぺんたさんが途中で気が付きます・・!!「おぅ~~い・・なんか変だぞぅ~・・これって、登山道じゃ~ないよね・・・・」。。
さすが、ベテランさん・・・本能的に気づきました。。

100mばかり先を行ってしまってる、zrxさんを呼び戻しに、走ります・・・「マジで危なかった・!」




確かに、これは登山道ではないですね・・

大きな声で、、zrxさんを呼んでます・・、、そう7回~8回位は、呼んだしょうかぁ~・・。。

オイラとライトバンさんは、、離れ離れながらも、静止状態・・!!
只々、、状況を見守ります。

zrxさんに声が届きました・・・「こっちこっち~~、、もどってぇ^・・!!」

こうして、四人は、獣道を250mばかり戻り、本来の登山道を見つけ、再び二子山西岳頂上を目指します。「あぁ~・・よかったぁ~・・」

これが、本来の「登山道」・・・・「ぎゃぁ~・・!!」


われらより、遅れて登ってくるペアーが、下のほうに見えます

ますます・・・「ぎゃぁ~~!!」

道なんてぇ~、、ものじゃない!!


あそこに、、、登ります・・・「ぎゃぁ~の二乗です」・・「キャァ^×ギャァ~」・・・!!


もう一丁・・!


ライトバンさん、、、笑顔です・・!


ぺんたさんの足元50cmくらいしか、ありません。。「一寸ちょっとチョット・・・!!」、、「戻りななさ~い・・」。。


そういいながらも、オイラも、こわごわ・・・行きました。

ライトバンさんが、上から撮ってます・・
「こんにちはぁ~~!!」・・・「ハイ、、ちーズ・・!!」

この写真は、ライトバンさんのご提供です・・、、、ありがとうございました。

そして、「ハイ・・チーズ」の場面が・・・これです。

写真は、この時のカメラの持ち主、ぺんたさんからのプレゼントです。ありがとうぅ~・・!

完全に・・・「金スー」です・・!!

12:00頃、、、西岳頂上に到着です・・!!
ここで、ご飯にしました。

全員、ガスコンロ持参です。





おにぎり、、ラーメン、、みなおいしそうにほうばってましたぁ~・・!!

お決まりの記念写真


12:45分・・・下山開始です
まずは、厳しい洗礼・・・。。zrxさんの足元・・・ギリギリです。その下は、ほぼ垂直状態。。こわ~~い・!!


オイラも初めてですが、ライトバンさんも初めて・・・心配そうにぺんたさんが、後ろから見守ってます


さすがに、zrxさんもオイラも・・・悩む~・・!!「どうやって、向こうまで行くの~??」

本日のベスト3に入る、、難所。。

我々の後に続くパーティー三人組・・・頂上に三人が写ってます


上記の場面を望遠で撮りました、ライトバンさんとぺんたさん


やはり、ライトバンさんとぺんたさん



・・・・・・
この続きは、、、また明日ね。。

二部に分けます。きんや

Posted at 2016/10/31 16:48:55 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月25日 イイね!
10月23日(日)、、、、

くまなびさんから、、、お誘いが・・。。
かねてより、せめて一回は、ご一緒にツーリングと願っていたのだが、ついに実現しました~。

当初のくまなびさんご提案のコースは、関越道昭和ICで降り、片品村→照葉峡→宝川温泉→水上。

時計の反対回りコースであった。
それを、私の勝手な都合に、、なんと合わせてくださったのである・・!!

つまり、関越道水上ICで降り、時計の順周り、しかも、片品村でお別れし、私だけ日光に向かう、、
そんな「わがまま・・」を、くまなびさんは笑って承諾してくれました。
ちゅぅ~か・・・、むしろくまなびさんから「順回りを提案」してくださいました。感謝です・!

なんでかと申しますと・・・、私だけ、宇都宮の友達宅に向かう計画でした。。

さてさて・・・、、
出発は、


水上IC近くの「道の駅」にて(8:40分)

左から、ZRXさんニンジャ、オイラスカブ、くまなびさんニンジャ



・・・・ダム下で・・(9:40分)


あっれぇ~~・???


奈良俣ダム、、、上へ・・




うわぁ~~、すごい高度感・・!!


くまなびさんに撮ってもらいましたぁ~・・








この時点では、陽が差したり、陰ったり・・・


さ~~、ぐんぐん登っていきます・・




紅葉スポットでは、ご覧のように、、皆さんバイク止めて、撮影・撮影・撮影・・・でした。


一応、峠までは自由行動となり、、たまたまZRXさんと一緒・・の場面です。



さすがZRXさん、、アタックしてますね~…。。。

峠につきました・!(11:18分)しばし休憩。

「こんろく峠」です。ここから、、ずんずん下っていきます。

この電線じゃまですね~・・


自撮りしようとしたら、シャッターを押す瞬間に、割り込んできたZRXさん・・・ガハハハhhh。。


やはり、太陽が当たってくると、、ちがいますね~・・。。






この河原で、昼飯となりました。。


ほんと、この河原に降りて、、、正解でした~。。

素晴らしいです。



この笠科川の河原から、約12km位ご一緒さてもらって、、401号線と120号線の交差点にて
くまなびさん、ZRXさんとは、お別れです。

ここから、日光に一人向かう、きんやでした。。

「丸沼」を通り過ぎ、金精峠トンネルを抜けて・・・・
ぎゃびぃ~~~ん・・!!

もう一丁・・!!


さらに、もう一丁・・!!

初めての風景です・・・「男体山」・・!!素晴らしいですね~・・。。

戦場ヶ原近くの、休憩所にて・・




今度は、宇都宮の友人宅に早く到着しようと、気が焦り、、戦場ヶ原散策は、、
今回無しでした(残念)・・・(涙)

時間が前後しますが、ZRXさんからのプレゼント写真・・・

すごいとこ歩いてますね~!!

同じくZRXさん撮影


下りのいろは坂は大渋滞でしたが、得意の「すり抜けで」??そこそこ早く「高速・日光宇都宮道路」に、たどり着きました。

宇都宮ICから、15分程度で、友人宅に到着。早速、記念撮影でした。(15:30分)


この前の「小学校クラス会」に、参加できなかったので、、その日の「写真」など見ながら
・・・・深夜の宴会となっていったのは、、、云うまでもありません・・・でしたぁ~・・!

翌日、のんびりと11:30すぎに、友人宅を出発、国道4号線は、高速並みにブンブンでした~。

15:20頃、上野の先輩のところに休憩がてら、寄らしてもらい、帰還は16:00分ごろ。。
合計471kmの紅葉ツーリングでした~・・!!

ながなが、ご覧いただき・・・ありがとうございましたぁ~・・!!
きんや
Posted at 2016/10/25 11:12:04 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月17日 イイね!
めったにないことですので、「記録」として残しておきたい・・・
しかし今回、「写真」の掲載で、すごく悩みました。

・・・といいますのも、例えば「山に登った・・」なんてぇ~のは、ほとんどが「山の風景」で、
掲載しても、なんら問題なし・・であります。
皆さんも、それを見て、楽しんでらっしゃる・・・。。

では、クラス会といえば、やはり「人物そのもの・・」、つまり「年輪を重ねてきた顔」が
、写らなければ、何の意味もなさない。。

・・で、なんとか「ピンぼけの写真」はこれ幸いと、それも含み、小学校のクラス会をレポートします。

10月15日(土)・・・なんと・・・快晴である。なんだよぅ~、、こんな日に限って快晴なんて。

昼12:00~会はスタート・・、三次会解散まで7時間(19時過ぎに解散)

場所は銀座6丁目の某パーティー専門店

・・・・ちょっとその前に
当時の朝礼風景を・・。。。※以下、写真はすべて、左Wクリックで拡大します。。

矢印のついているところが、6年4組の列です。一人だけクラスメートがこっちを向いてます。
名前は「ターボー」です。・・「まったくぅ~~ちゃんと前向けよぅ~・・」当時のやんちゃぶりが、
垣間見れます・・・(笑))

「木製の階段」がありますね~、、映画「蒲田行進曲」の階段落ちの場面に出てくるような、踊り場無しの、危険な階段です。

・・・で、その卒業以来、初めての参加(過去に4回開催)の、・・・54年ぶりは、ハッシーくん。。
挨拶も、、どこからしゃべっていいやら・・・54年間の歳月は、、、おも~~いぃ。。

海外駐在が勤務の半分以上・・・っで、出られなかった人です。
奥に写っている人達は、鏡に写っているのです。

壁をへだてて若干、お隣グループの声は漏れてきますが、問題なし。貸し切り空間で、プロジェクターがこの日、大活躍します。

参加者は、女子8名、男子7名・・・計15名・・・


北は北海道帯広から、、南は九州別府から、福島からの人も・・・


三時間飲み放題・・・お酒の種類はめちゃくちゃ豊富、ワイン、ウィスキー、ジン系統、ビール日本酒、
焼酎、ソフトドリンク・・・等々、、。。
料理は、イタリアンか、中華か、エスニックかの、三種類から選択、この日は、中華にしました。

三時間もう目いっぱい・・・プロジェクタに映し出された当時の写真で、尽きることなく・・・
大盛り上がり・・・


この子たちの顔をお見せできないのが、、、残念です。

ゆりちゃぁ~ん・・北海道から、ありがとね~。貴女の人生たっぷりと聞かせていただきました~

この写真は、二次会場への移動中です。

芸者さんにも、挑戦したバイタリティーあふれる・・・「ふじ奴」さん、と、オイラ。。右が当時学級委員だった「コヤンちゃん」。。めちゃくちゃ優秀でした。


・・・・で、二次会場へ・・

御多分に漏れず・・・カラオケ店に行きますが、、3時間ソフトドリンク飲み放題。。

「誰もカラオケは歌わず・・!!」
ぎゃび~~ん・・・、、話で埋め尽くされます・・・(笑))

左が福島から来てくれた、あだ名が「ハム子」、、お二人ともナイスレディーになりました~。
カラオケ店での唯一の写真です。

もう夕方6時、、、始まってから6時間経過してます。
ピントが合ってないことを、逆に幸いとして・・

はい、、、ちばちゃぁ~~ん・・・お元気でね~~!!

15名→13名→4名・・が、三次会までの参加人数です。

よぅ~~し、もういっちょう行きますかぁ~・・!!
不良中年?組は、三軒目へと邁進します・・!!


・・・・・・・
っとま~・・、これが一応の流れです・・・

ちょっと、オーバーな表現ではありますが、「夢ごこちの時間」でした。
人生の機微を語り合える素晴らしい仲間だと思いました。充実してました。
そして、、こんな時間がもうちょっと続いてほしいと・・・一人欲張る自分でした。

ここからは、わたしのひとり言ですので、スルーしてくださいませ・・!!

クラス会後記として・・・
参加希望ながら、「横槍・!」(失礼)が入り、これなくなった人が三人いる。もし、その横槍がなければ、、18名になっていた。。残念である。
今回54年ぶりの人と、23年ぶりの人が、やっぱり「目玉」になってしまいますね~。。その二人のおかげでの、「吸引力」・・は、おかげさまであったかと・・・思いました。

ま~~それにしても、「仲が良かった・・・」クラスである。その理由として、
4年間クラス替えがなかったことが、あげられる。。半分以上は「フルネーム」で、憶えている。
二番目、当時の小学生がゆえ、人生の後先の事なんか、考えてない・・天真爛漫であった。
三番目、放課後、みなで遊んだ思い出が、たくさんある人は、結構積極的に参加している傾向大。

みなさん、いい風に年齢を重ねられて、充実感ただよう、素敵な顔をしてると感じました。

最後にひと言・・女性陣のほうが、「わかい・・!!」そして「パワフル・・」・・・まいった・・!!きんや
Posted at 2016/10/17 15:59:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「丹沢ヤビツ峠→三の塔登頂。。 http://cvw.jp/b/2054800/38815607/
何シテル?   11/06 23:14
ばんきんや(スカブ250)です。よろしくお願いします。 35ヶ月経過の初心者です。2013/6/18にAT免許取得とスカブ250sを購入。。 実は、...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
二日目の午前中・・。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/01 14:46:52
ツーリング用メットが届いた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/22 18:10:36
スカブスカブ250さんのスズキ スカイウェイブ250 タイプS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/14 01:24:30
お友達
2年と11ヶ月になりました。どうぞよろしくお願いします。
(2016/05現在・・・)走行距離24300kmです。

2014/9から、スカブでふもとまで行き、そこから「軽登山」を楽しんでおります。
既に、25ヶ所ほどこなしました。

32 人のお友達がいます
たけあき190たけあき190 * 銀河遼銀河遼 *
zrx164zrx164 * CatDogCatDog *
彰さん彰さん * くまなびくまなび
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スカイウェイブ250 タイプS スズキ スカイウェイブ250 タイプS
スズキ スカイウェイブ250 タイプSに乗っています。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.