車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月13日 イイね!
おは玉。 開催100回目にいってきました。 2016年11月先週のRoadster Classic Meetingのときに、
おは玉が次週で、100回目ということを知りました。

ならば、
お世話になっている主催者のマイルドライダーさんへ『お礼』を言わねばと、
参加いたしました。


すこし送れて10:30に到着。
いつものRSに、初めて見る車両が。


超ネオグリーンな車


さらにご自分好みの仕様に。 いい味です。


すると、NDRFのカタログを、Hide Soさんが持参、
食い入ってみてしまいました。

マリナーブルーを完成?させたら、
RFのブルー、いいな。 
いやそれよりも妻(財務省じゃなく大蔵卿)を説得することができないだろう。


ん、テラスターと同じ流派(オリジナル派)のクラシックレッドのNAが。

この位置からのNA、かわいいですね。

このRS、なんとワンオーナーで、元北海道在住、冬の間は、基本あまり走らず、
全走行距離も7万キロ程度でした。
すいません、オーナー様のお名前お聞きするのを忘れてしまいました。
どなたか、教えてください。



テラスター号と同じ○○のロールバーがついていました。
まるで兄弟?のようでした。 当たり前か。

最後は、マイルドライダーさんが100回記念を写真機に納めました。
いつも開催、ありがとうございます。 
これからもよろしく参加しますのでよろしくお願いいたします。

終了後、シニアライダーとともに、ご近所(といっても8kmくらい離れているが)のそばやへ

いい感じです、

反対側は、新たにスーパーが立ってしまい、雰囲気はありませんが、1名乗車/台の駐車には最適。

隣の敷地は、結婚パーディー会場が。
当日は、若い二人とお友達の華やかなガーデンパーティが行なわれていました。 
天気が良くてよかったですね。 末永くお幸せに。

外で待つこと 1時間半。 ロードスター以外の話に花が咲きました。

ありつきました。新そばでの掻き揚げそば、 到着後2時間。

いただきまーす。 10分間
腹がへりすぎていましたので、  評価:?

気の短い私には、蕎麦は、向かないようでした。 
次回は、うどん(太く短くですか?)といきましょう。  ~本日だけのコメントです。


おまけ、
帰りの関越道は順調で、
川越ウエスタでの開催のサッカー審判講習会に間に合ってよかった。 
スーパームーンの前日でしたが、大きな月がきれいでした。

充実した一日を過ごせました。





Posted at 2016/11/23 13:37:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月05日 イイね!
松代藩~真田丸 へいってきました。 その2 + Roadster Classic Meetingさて、11月になると日の落ちるのも早いですね。

まずは、観光館内所へ
最小時間で、最大の観光をと。 いえいえ観光案内書の方とお話がしたいだけです。
結果、パンフをいっぱいもらってしまいました。 また来ないといけなくなりました。


いざ、松代城へ





どんどんと城の中心の天守閣跡へ


突っ切っていくと裏門へ


しまった、(*_*; こちらが大手門(=正門)でした。   
人間、順番を間違えると、物事の印象も変わってしまうものです。 


気持ちを取り直して、 城下町散策を。

情緒のある塀が続きます。どちらのご家老の屋敷でしょうか?

あれ、 小学校でないですか! 『また、真田にだまされた。』  ~NHK真田丸 家康のセリフより引用

いい感じの校舎です。 本当は、校舎の中を見てみたい?

まずは、文武学校  藩校あとですね。

信幸の甲冑、 毎年、10月第2土、日に行われる 松代藩真田10万石まつりで
真田藩の藩主の末裔の方がこの甲冑を着て盛り上げるそうです。 
残念ながら、大泉 洋(真田丸の信之役)の騎馬姿は今後も見られそうには
ありません。

本物の信幸の甲冑は、真田宝物館にあります。
さて、4時を過ぎました。 観光場所は、入館時間が、4:30までとなっています。
あと1か所なので、 真田邸としました。 
ただ、見るのでは、理解できないので、
ボランティアの解説員にお願いして解説いただきました。

ガイド方は、 楢本さん(女性)で、マンツーマンで建物の中の作り方、材質、
そして、真田藩の家系など、詳細に教えていただきました。
ありがとうございました。


また、この真田邸には、今回のNHKの真田丸放映に際して、NHKから各種の舞台道具などの
展示品が展示され、いい雰囲気(リアルというか)をだしていました。
12月末の真田丸終了とともに、引き上げられてしまうのです。
この種のNHK大河ドラマに合わせて見学にいくのは、その年に限りますね。


京都の庭園のようです。  たしか、 〇〇寺を模しているとか。
いい感じで心が洗われました。

閉館です。


さて、今宵は、タイヤ交換で疲れたので、夕食は、コンビニで調達し、
ホテルで缶ビール・日本酒でのんびりです。 地酒を買う時間がなかった。。。


翌朝は、ロードスターとともにタイムスリップです。

人のいない朝の城下町、最高です。

さて、Roadster Classic Meeing の行われている鬼押しだしへ。


途中、 峠で、

北軽井沢の別荘を突き抜ける道路。  走って通過するにはもったいない。


Roadster Classic Meeting すでに10数台の NA,NB,NC,NDが。
主催の瓦井さん、ご苦労様でした。

親しみのあるミーティングです。ステッカーがあったんですね。

12:00に 鬼押し出し園を出て、浅間山ともお別れです。

天気がよかったので、オープンで軽井沢散策しどこか洒落たところでお昼を?
なんて余裕はありませんん。 軽井沢駅 半径2kmくらいは、どこも渋滞です。
それでは、駅から離れて、しなの鉄道を通過し、また別荘街を通過し、R18にぶつかると


美味しい場所が待っていました。

こちらで、そばを軽くいただきました。 お味は、4 (5段階で)

そして帰路へ なんか2日間の蕎麦道中となりました。
ありがとう、ロードスター。






 

Posted at 2016/11/20 11:47:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月05日 イイね!
松代藩~真田丸 へいってきました。 その1 NHK大河ドラマ、真田丸も終盤ですね。
関ケ原の戦いの前に、『犬伏の別れ』のあと
徳川側につき、徳川幕府から明治維新まで真田を守り続けた
真田信幸(徳川側についた後改名し、信之)が築いた長野市の松代藩(当然今はありませんが)
を訪ねます。


旅はこの声はいいね。 この秋リリースのユーミンの宇宙図書館
週末のドライブに合わせて(金)に購入しました。
7曲目の『月までひとっ飛び』がゆったり流すドライブに最高です。


8:00 さいたま自宅出発、 所沢ICより、途中混むのはなぜ? 紅葉見物か。
いやでも朝4:30に目が覚めたのだからもっと早く出ればよかった。 とやや後悔。


11:30 途中の佐久平PAで、下道を楽しむ前の一休み。



アニメの世界か、現実か?

やっぱり、ロードスター?  大宮ナンバー、ご近所かしら。。。

上田菅平ICで下り、街道を楽しむよ。今日は。


県道:長野真田線 上田から松代への街道

いざ、松代藩へ

昼にありつくか。 いつもの『そば』です。 『たなぼた庵』

のりが厚くで歯ごたえがありました。 判定は、3(5段階) 


さて、名前がいいので、近くのJR川中島駅へ、
すると、リア左のタイヤ付近から異音が。。。 2-3kmなので走ると


あっ、タイヤが。。。無残な形に。
さきほどのそば屋、駐車場が砂利だったので釘があったのか? やられた。


そこは落ち着き、 タイヤ交換ですね。 車歴25年で、テンパータイヤ初登場でしょうか?
空気圧は、まああった。 
いい天気で、最高のロケーション?でのタイヤ交換でした。

無事交換終了。 でも頼りない。 走れるのかしら。 

で、釘は?と探したが、釘は刺さっていません。 原因がわからずなんとも不安。

テンパータイヤで旅を続けるのは × なので、最寄りのガソリンスタンドへ。
幸い、冬タイヤへの交換をしている最中でしたが、対応してくれました。

チューブが古くなっており、ホイールとの接触部分のゴムが外れ、空気が漏れていたのです。
チューブを交換してもらい、元の純正ホイールを取り付けてもらいました。



これで安心です。 

いえいえ、残りの3本同じ症状がいつでてもおかしくありません。
まあ、先ほどのそば屋の駐車場が砂利で、スタートにスピンをして発進したのが、原因かな
とおもい、同じ状況とならないよう砂利には気を付けて走ることにしました。

いざ、松代藩へ
その前に、途中にある、八幡原史跡公園(川中島古戦場)へ

幕末の兵学者・朱子学 者・思想家、佐久間象山の像、松代藩出身だったのですね。


いい景色です。
では、河原へいけば、その雰囲気が。。。と土手へ


少年がサッカーに夢膨らましていました。

謙信と信玄の像は、次回の旅へお預けとなりました。
のんびりしていると、暗くなってしまうよ。 いざ松代藩へ











Posted at 2016/11/12 19:20:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月16日 イイね!
80's オートバイ 宮ケ瀬公園へいってきました。
10月になっても曇りの日が続き、気分ももやっとしてきましが
10月15日(土)に続き、晴天、やや曇りと、穏やかな秋晴れとなりました。

最近、オートバイにご執心の『Niiさん』からの情報で、
神奈川県宮ケ瀬公園で行われる、80'sのバイク ミーティングへ行ってきました。
当方、昔は、バイクに乗っていましたが、20代で降りてから乗っておりません。
当然、ロードスターでいきました。


初、宮ケ瀬。途中の道は、ロードスターにうってつけの道です。

開始時間の10:00に到着。こじんまりしています。

いきなり、

TZ250、レースカー?


ナンバーがない。いや。隠れているだけ。
そういえば、前にライトがなかったっけ。


アルミでなく、赤い鉄フレームが渋い。



RZ250 。。。 80'sの2スト多数派。



タイヤは、TT100。 いまでもしっかり販売しているところが、4輪と違い、いいですね。


RD250(空冷)、RZ250(水冷)のご先祖、失礼、お父さんでした。

綺麗な、RZが。

ディバイス機能のYPVSが見えるように、自作していました。 機械式時計の裏側みたい。


スズキ RG400γ 孤高のウォーターウルフ 水谷勝仕様。めちゃシックでカッコいい。
美しくて、惚れ惚れします。


ヘルメットもウォーターウルフ。  。。。 このヘルメット、私も持っていました。 今でも実家の部屋にあるはず?。 


KR250S ?
希少車ですが、この色あったのでしょうか? 初めて見ました。
オーナーさん、(40代とお見受けしました。)
以前の乗っていたこの車が、エンジンなどほぼ消耗したので、
もう1台エンジンの購入し、シリンダーをメッキコーティングして
レストア+アルファしたそうです。
タイヤは、この時代の400ccクラスのホイールに履き替え、太いものを履いていました。
超カッコいい。
オーナーさん、浜松から来られたそうです。流石に、バイク雑誌の取材を受けていました。 

この方のように、最近は、昔のバイクを自分流に手直し、いやそれ以上に美しくして乗る。
というのが粋な乗り方です。

** なぜか、2ストばかりの写真となってしまいました。。。**

それでは、
80年代のホンダの250ccの中心選手(バイク)

VT250

VT250のへんてこなホンダのディスクブレーキ(インボードディスク)。効くのかしら?
ちなみに、この時期以降、、使われなくなりました。

ちなみに私のお気に入りのSRX400(400cc単気筒)もなかったのは寂しい。


腹が減ったので、お昼は、駐車場そばのそばや『山登』でざるそばを。
5枚あるけど、1人前です。 女の人でもぺろっと食べられます。


だから、帰りは眠くならないませんでした。
12:15に、宮ケ瀬水の郷駐車場をでて、高速は使わず、R16を使って、
        自宅のさいたま市中央区へ、
15:00到着。快適なドライブでした。 


そういえば、『Niiさん』 どこにいたのかしら。。。

Posted at 2016/10/16 16:59:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月25日 イイね!
全日本模型ホビーショー (2016)にいってきました。9月雨の日が多かったですね。
そんなことから、室内見学と称して、東京ビックサイトで開催されていた
 『全日本模型ホビーショー』へいってきました。

かつては、プラモ少年であった私も、はるか大昔、書店の雑誌で、『Scale Aviaton』、『Armour Modelling』を立ち読みする程度、いつか 零戦 をとの想いから、ふらっといってきました。


東京ビックサイト、初めてでいった。 でかいです。

入るといきなり、

戦場のディオラマ(1/48サイズ)が、
しかし、このディオラマ、すべて、この戦車のプラモデルの箱とその中身、ランナーからから作られている。 『All in the box』という主義を逆手にとった超リアルな作品でした。
参った。


ワァー。 懐かしい漁港を思わせるディオラマ


昭和30年代? のレトロな雰囲気とベースの実在の箱にやられた。



とどめは、オート三輪の焼き芋屋。

どんな人が製作しておるのだろう。と興味深々となり、このディスプレーの主催者に
お聞きすると、荒木智(さとし)さんで、『情景師アラーキー』と呼ばれている方でした。
ちょうど、本人もいらっしゃり、 ご本人の本を販売していたので、
早速購入し、サインをしていただくとともに、当方お気に入りディオラマの前で
一緒に写真を撮っていただきました。

これで、今日の思い出完了? って感じです。

そらから、お目当ての

零戦、52型、 1/32 ハセガワ製


作品は、日本海軍で1、2を争うトップエース、ラバウルの岩本徹三搭乗機ではないですか。!
私がこれを作れるのは、リタイヤしてからだろうな。

次は、高校時代のバイク、CB400F

本物です。 ホンダコレクションから借りてきたもので、オドメーターが100km未満でした。



この排気管のスタイルが最高なんですよね。
当時のカフェレーサー、昔は4本マフラーのほうがカッコいいよくて、これはダサイ。
とおもっていたが、今となっては、ホンダが、当時こんな格好のいいカフェレーサーを市販していたのかとおもうと、昔のホンダは、偉大で、センスがいい。
今では、中古で中程度のものでもCB400Fでも100万円弱くらいです。 欲しいですね。
飾っておきたい。


いやー。いい日でした。
会場外のスペースで、コンビニ弁当とコーヒーの昼食でしたが、景色と気温が絶妙で、
最高の気持ちを味わえました。



ちなみに
情景師アラーキさんの展示方法や、購入した本は、自分の作品の制作を順を追って説明し、場面、場面で講釈もいれてあり、非常にわかりやすい形になっていました。
また、少しお話をさせていただきましたが、製作していることの楽しさを、会場の皆さんに
分けているような雰囲気を出していました。

履歴を拝見すると、大学では、工業デザインを専攻し、その後、家電メーカーのプロダクトデザイン
を担当し、サラリーマン作家として活躍し、2015年退社し、この道のプロになられた。
とのこと。会社で時間管理、部下管理(指導)もしっかりできて組織を展開できていたのでは?
と感じぜずにいられませんでした。




Posted at 2016/10/08 15:36:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「おは玉。 開催100回目にいってきました。 2016年11月 http://cvw.jp/b/2109043/38897341/
何シテル?   11/23 13:37
テラスターです。よろしくお願いします。 さいたま市に住んでいます。 ロードスターが発売されること知り、これこそ、私が乗る車と決め、発売とともに購入。当時結婚...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
原付2種欲しい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/21 20:03:52
危ないところ(・_・;ラジエターキャップ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/27 06:13:55
第一駐車場チケットゲット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/24 00:34:29
お友達
マリナーブルーのロードスターです。 この車で皆さんと車談話できることを楽しみにしています。
20 人のお友達がいます
あひりんあひりん * noppo.noppo. *
mizuhomizuho たあ坊!たあ坊!
bmasa (まさ)bmasa (まさ) NiiNii
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
マリナーブルーのロードスターです。 『ロードスターに恋して』がついに念願かないました。
三菱 ミラージュディンゴ なし (三菱 ミラージュディンゴ)
2001年、父が、ミラージュ1.6L 6気筒から乗り換えの際に、『この背の高い車のほうが ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.