• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テラスターのブログ一覧

2017年09月21日 イイね!

紫電改を見に行ってきました。 四国を巡る旅 1日目。

紫電改を見に行ってきました。 四国を巡る旅 1日目。すいません。 今回は主人公は、ロードスターではありません。
紫電改および、四国の城を巡る旅です。


9月16日(土) 全日空、羽田発9:30発に乗り込みました。


飛行機オタクなので、エンジンナセルの ロースルロイスのマークに目がいってしまいました。


松山空港からシャトルバスでまずは、JR松山駅へ、 思ったよりこじんまりした駅です。


市内を路面電車で移動、 今年は愛媛国体だったのですね。


まずは、坂の上の雲ミュージアムへ、 
あれ、メインストリートに面していないの?
横に入ります。


見つけました。


設計は、安藤忠雄、館内の写真は、取りませんでしたが、スロープ伝わっていき、展示物をみていく方法になっています。


途中に、萬翠荘(ばんすいそう) ?


松山藩主の末裔が、大正期 1922年に建設した、別邸です。(社交場)
確かに優雅です。
ミュージアムから見えます。


萬翠荘(ばんすいそう)


萬翠荘(ばんすいそう)、中の晩餐室、 シャンデリアが優雅です。


このシャンデリア、ガラスでなく、水晶でできているので、最近は、パワースポットとして人気があるそうです。


お腹がすいた。GU~。 時間がもったいないので、 大街道のスタバにて。
窓越しのテーブルから、坊ちゃん号や町並みが丸見え。 ということは、食べている私も丸見え。


腹ごしらえも終え、 いざ、松山城へ、 平山城のため、三の丸までゴンドラを使います。


まずは、最初の門、 20万石の門、思ったより大きい。


二の丸にて、 天守閣がまだ先です。 ここでも20万石のすごさを感じました。


二の丸から、 市内を。


二の丸の城郭の高さ。 すごい、ここは、上れないよう。


二の丸から、本丸へ、


地下(米蔵)から、天主閣内へ、


城内へ、 階段は、いくさの時に使うので、階段が急。


マークが2つ、左がオリジナル久松家の家紋、 右が、徳川(=松平)からもらった家紋 =>譜代大名扱いでした。
でもって、幕末は、佐幕派にならざるえなくなり、 反政府側のため、明治時期には、愛媛県出身者は政府内で重用されない状況へ?


天主閣からの眺め、流石、20万石。 立派です。


ディテール1
鉄砲狭間の数が尋常でない、 狭間と狭間の距離が、通常の城の2/3くらいの間隔。 


ディテール2
鉄砲狭間、この隙間にもあった。 始めて見ました。 まったく隙のない城構え。


帰りは、搦め手口から出てみました。


搦め手口からの天主閣、 裏側からも威風堂々。


今回、ガイドをしていただいた、岩崎さん(68歳)、お若いですね。
と話をしたら、ガイドをはじめて1年半、勉強中です。 とのこと。
楽しい解説ありがとうございました。 1時間半もお付き合いしていただきました。


三の丸を搦め手口から大手口へ移動します。


搦め手口から、大手口へ裏側を移動します。


最後は、ゆるキャラ、『よしあき』くんと、
松山城は、加藤嘉明によって1603年から建築が始まり、完成真近の 1627年、幕府の命で、会津へ転封(異動)
させられ、自分で作った城を見ることなく1631年に死去。

あと面白いのは、 この城は、1784年、元旦に落雷で焼失しましたが、
1820年から再建工事に着手し、35年の歳月を経て1854年に天主閣を再建しています。
よくも、幕末時期にさしかかるのに、いくさの時にしか使わない、天主閣を再建したものだな~と、よくその時期に藩にそのお金があったなと関心しました。 
だって黒船以降の1854年に出来上がっているのですから。
まあ、1820年には黒船はきていませんが。。。 もしかしたら、1800年くらい以降黒船などがちらつき始めたので、がんばって城をつくったのかもしれません。


今日のフィナーレは、瀬戸内の景色が美しい、予讃線下灘駅です。
この場所へ来るまでの海岸線をドライブすることのなんと愉快なこと。 


着きました。 駅付近には、正式な駐車場がなく、駅付近のじゃまにならないところへ。


さすが人気の場所、

ホームから見えるのは、 瀬戸内海 !


う~ん、いい感じ。
今日は、雨模様で残念。 !!
こんな感じが黄昏時を感じさせていい。


当人は喜んで見ましたが、この時間と景色には似合わない。 没。。。


陽も暮れましたので、帰りましょう。
ここから、本日の宿泊地の宇和島まで、90分


19:00すぎにホテルに到着、本日は、無事にタスクをおえることができました。
一息してから、コンビニへ買出し、本日の飲み物を手に入れました。

* 本日の歴史探索の旅にお付き合いいただきありがとうございました。
Posted at 2017/09/21 20:29:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月14日 イイね!

おは玉9月にいってきました。

おは玉9月にいってきました。今日は、朝から晴れ。 カントリーロード(=田んぼ道)を突き抜けていきたいので、
8:45発 さいたま市からR17、川越からR246へ合流し、川島町・東松山市を通って北上しました。
東松山ICから、こそっと高速に乗り、嵐山小川ICまでの1区間だけ高速を利用しました。
嵐山小川ICから農林公園ヘ向かう5~6kmの道は、正に埼玉の田舎道。 イイです。
。。。 すいません。車中からの写真がありませんで。


今日の1台、
大人の雰囲気の水色、 エドナブルーというそうです。
オリジナルは、大昔のボルシェ356、現在の911でも選択できるそうです。
私は、オトナブルーと覚えました。

ボンネット、フェンダーなどはずして塗装をしています。 
ボンネットの裏側も綺麗でした。!


赤のNA、オーナーは女性でした。 ディテールに目がいきました。
NA純正ヘッドランプ。 ランプが、コンタクトレンズのようカーブを描いています。 
小糸製
当方のランプは、平面(スタンレー製)で、 純正ではないこと。がわかりました。 涙。。。


ケンダ(台湾)製タイヤ
自転車のGiantでは、純正タイヤとして知っていたが、自動車のタイヤもつくっていたの??


おは玉は、12:00で解散、その後行ってみたいところが。


田んぼの中のロードスター。。 いえいえこの先のタワーからの眺めが目的です。


行田市の田んぼアートです。 10周年目は、 「イナダヒメノミコトとスサノオノミコト」。
2015年、ギネス世界記録TM(公式認定記録:27,195平方メートル)に認定されていました。 埼玉すごい。


今年(2017年)は、TBSドラマ日曜劇場『陸王』が放映されます、物語の背景は行田市のたびの製造工場です。
下町ロケットの雰囲気でしょうか? 現在、愛読中です。


この季節のドライブは、夏の湿度がなくなって気持ちいいですね。
もっとロードスターで秋を満喫しないと。。。
Posted at 2017/09/14 19:58:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月06日 イイね!

メディア対応ロードスター4時間耐久レースへ行ってきました。

メディア対応ロードスター4時間耐久レースへ行ってきました。当日は、深夜からの雨で、いつ出発しようか悩んでいましたが、
10:00すぎには雨がやんだので、自宅を出発し、12:15には、筑波サーキット受付に到着しました。




早速、ロードスター仲間の愛車自慢に加わりました。
きれいな色です。
斑点もあります。

雨宮 ???


ドハデなオーバーフェンダー、走るの??


フロントフェイスは可愛い顔


オーナーさんからの愛車自慢を。
エンジンが、ロータリーで。!
雨宮だもんね。




オルタネーターしか見えない。エンジンは?


可愛い瞳、 アルファMITOのライトを利用している。とのこと。
道理で。


大変名誉なことに、M1028の横に止めさせてもらいました。


オーナーさんは、年齢70歳に近い?紳士の方、13-4年前に手に入れたそうです。
私はそのころ、今のロードスターを持っていられないだろうな。 


シートが美しすぎる。 前のオーナーさん、シートにもカバーをして日焼けを防いでいたそうです。いずれにしてもガレージコンディションです。


メーターフードのビロード、新品そのもの。触らせていただきました。
こんなきれいじゃ、オープンにしていられないよ。 もったいなくて。


オプションのスポークホイールです。
ああ、確か、通常のNAロードスターのオプションカタログにもありましたね。


さて、サーキットのバレードランです。 天気がよく最高。


先頭には、地方区のゆるキャラが。。
『ブンカッキー』というそうです。 


さて、パレードしましょう。


4時間耐久のチーム紹介です。
オートモーティブカウンシルでお世話になったCGチーム。
成績は?


チーム紹介も長いの、ひとまず、BSさん提供の。。。


カフェコーナーで、キャラメルマキアートをいただき、ゆったりと
した気分を味わいます。


メディアチームコースイン後の一幕、
自動車評論家の竹岡圭さんの女性ドライバーで構成されているピンクパンサーチーム。


スタート前では、関係者の旦那と息子がキャッチボールをするというのどかさ。


キャンペーンガールでなく、浴衣ガールに『和傘』を使い、粋で洒落てます。


スタート、レースは白熱していますが、季節はすっかり秋、筑波山がよく見えます。


レストアロードスター2号車へ、軽井沢依頼のご対面。
今回は、乗ることもできました。 満足、満足。


他では見れない、アテンザのパレードカー、紅白2台。


可愛らしい形のキッチンカー


後ろは、いいデザインです。


午後5時30分、空もすっかり秋めいてきました。
レースの結果はさておき、オープンにて気持ちよくにて帰路についたのでした。

この季節の(レース)観戦、ドライブ、いいですね。 夏の湿気はどこでいったのやら。
また、来年も来てしまうのでしょうか?
Posted at 2017/09/06 18:53:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月25日 イイね!

オートモビルカウンシル2017へいって来ました。

オートモビルカウンシル2017へいって来ました。昨年に続き、オートモーティブカウンシルへいって来ました。
会場の雰囲気がレトロでいい。 


エントランスからまずは、目に飛び込んできたのは、初代スカイライン、
このカラー、ターコイズブルーでいいのでしょうか?
最高にゴージャスじゃないですか?


少し古くていい車。 VOLVO850 T 速いんですよ。
昔、当方、ファミリアオーナーのときに家族で大磯プリンスへ向かう途中、西湘バイパスで+30kmできれいに抜かれた記憶が蘇りました。 庶民と金持ちの差を感じました。


やっぱり、マツダへ


なんですか? この目は、
まぶた付近から、わかりますよね。


787B、栄光の55号車




ジョニーハーバート、
当時、ロータスでは、車の出来がよくなく、入賞もできなかった。
ですね。
この車の塗装も近くで見ると、結構はげていて、歴戦の勇士といった感じです。



4ローター。


コスモスポーツ、市街地走行実験用プロトタイプ
広島のマツダ倉庫?には残っているのですね。


エンブレムの厚みが、プロトタイプを物語ります。


疲れたので、コーヒーで一息。。。 昨年は、このコーヒーブースなかった。
この形、レトロでいいですね。
以前、丸の内・大手町でビルスペースで見たことあったような。。。


Airstream製、  Land Yachtとは名前が素敵、でもかわいいスタイル。


気分新たに、ロードスターへ回帰。


リフレッシュプラン試験車、1号車は、グリーンで、 走行距離:13万km超えでした。が新品です。


個別にも再販される、ナルディのステアリングホイールとシフトノブ
Sスペシャル専用のナルディのレザーは再販されないようです。
残念。 


最後は、山本主査改めアンバサダーと、2ショットを。 
偶然?お会いできたnoppo さんに写真を撮っていただき、今年最高の記念になりました。


おまけ、
ブリジストンブースにて、 
初代の復刻版タイヤ、 特徴的なトレッド。
当方、初代の新車ののっていたのですが、どうもこのトレッドに記憶がありません。
そう、私のNAマリナーブルーには、DUNLOP製がついたいたんだ。
と合点しました。


ほんとうに、昔の高校時代の友達に会えたようで、自分も若返った気分になりました。

Posted at 2017/08/25 21:01:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月14日 イイね!

軽井沢ミーティング その2  ~マリナーブルーを探して

軽井沢ミーティング その2  ~マリナーブルーを探して
昨晩の楽しさを引きづったまま、この朝の静寂は。。。
おいしい空気だけでなく、おいしい朝食もいただきました。


今年の当方の目玉は。。。
ロードスターを再所有する前に『夢を再び』と製作したタミヤのロードスター
一時期、息子の部屋に飾っておきましたが、破壊を恐れ、箱の中へ非難させて置きました。


どうですか?
ストレート組みです。  もっと窓ガラス薄いだろ~。透明板で自作しろよ。 と罵声が。。。


今年のポジションは、こんな感じ
左右にマリナーがいない。

というわけで、2017年のテーマは、『マリナーを探せ。』 という趣向にになりました。



山梨ナンバー、珍しく、ブーメランスポイラーをつけていました。
まあ、高校生がルーズソックスをはいている感じでしょうか。 
私のテラスター号には、好むと好まざるとにかかわらず、中古で購入した際に漏れなく、ついていました。


大宮ナンバー、『Hide So』 さんのマリナー、
軽井沢ミーディングは、初参加。 天国みたいと感想していました。
おっしゃるとおりです。


??ナンバー、ナンバーを最初から隠していただいて、ありがとうございます。
ご出身がわかりませんでした。


ただ、レトロで美しくきれいなホイール 『テクノマグネシオ Type109』を履いていました。


?? ナンバー、こちらもブーメランスポイラー


練馬ナンバー、M1001系フィラーキャップがカッコいいですね。
自分のにもつけたい。 いや似合わない。


ご存知、 レストアNA、注文するかわかないので、顔を隠しておきます。


エンジンルームまで、きれいです。
当たり前だろ~。
でもきれい。 新車ですので。


発見。  代替フロン利用のエアコン !!
価値ある~。
取り替えたら、あと20年乗れる。!?


メーカーがここまでやってくれるなんて、涙が出てきた。

ブリジストンさん。ありがとう。


品川ナンバーと練馬ナンバー のツインマリナー 
昨年もこのペアー見たような。。。


湘南ナンバー、メッキドアミラー 
メッキドアミラー私と同じだ。 親近感大。


鑑賞も疲れましたので、軽井沢ショピングセンターへ逃げ込み、コーヒータイム
となりは、 『オットー・カリウス』のティーガーIのミニチュアモデル、今年のお宝です。
『にゃむこ』さんからいただきました。ありがとうございます。


軽井沢ショピングセンター、大変気持ちのいい景色でした。
さて気分新たに、鑑賞会です。


袖ヶ浦ナンバー
ロードスターではありませんでした。=> ミアータですね。



新潟ナンバー、世にも珍しき、4眼リトラクタブル
2016年、オーナーよりお話聞きました。 ワンオーナーだったと記憶しています。


横浜ナンバー、ブライドのシート、スタンダードな雰囲気。


所沢ナンバー
ナンバープレートがいい年月感をかもし出しています。
これって、ワンオーナーですよね。


熊谷ナンバー、オーナーの人柄の良さを感じました。


品川ナンバーとご夫婦
いいなー、夫婦でロードスターで軽井沢。羨ましい限りです。

わたしゃ、夫婦で軽井沢ミーティングにでられたら、降りてもいい。 今だけの気持ち。
追伸、 マルハ製パワーウィンドウを購入されていました。 交換はお済でしょうか?


熊谷ナンバー、 サベルトのシートベルトが印象的です。

以上、2017年軽井沢ミーティングでの マリナーブルー会場の写真 15台+シーチキンさん号 
合計16台の参加でした。



気になるコーナー。 といえば、『 Motoshi 』 マット店さん でしょうか?
失礼、お店でなく、博物館でした。


パステルカラーの 2台
こういうのって 『 キ レ イ 』 で 『ス テ キ』 と表現するのでしょうか?

ステアリングホイールまで。




それでは、ロードスターオーナーの皆さん。楽しい2日間をありがとうございました。
また来年もお会いしたいです。
Posted at 2017/08/14 17:21:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「紫電改を見に行ってきました。 四国を巡る旅 1日目。 http://cvw.jp/b/2109043/40448835/
何シテル?   09/21 20:29
テラスターです。よろしくお願いします。 さいたま市に住んでいます。 ロードスターが発売されること知り、これこそ、私が乗る車と決め、発売とともに購入。当時結婚...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

原付2種欲しい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/21 20:03:52
危ないところ(・_・;ラジエターキャップ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/27 06:13:55
第一駐車場チケットゲット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/24 00:34:29

お友達

マリナーブルーのロードスターです。 この車で皆さんと車談話できることを楽しみにしています。
25 人のお友達がいます
bmasa (まさ)bmasa (まさ) * mizuhomizuho *
ハ リ ーハ リ ー * noppo.noppo. *
ohkawa@Vspohkawa@Vsp NiiNii

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
マリナーブルーのロードスターです。 『ロードスターに恋して』がついに念願かないました。
三菱 ミラージュディンゴ なし (三菱 ミラージュディンゴ)
2001年、父が、ミラージュ1.6L 6気筒から乗り換えの際に、『この背の高い車のほうが ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.