• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てうてう1のブログ一覧

2018年02月12日 イイね!

昔懐かしい、昭和の食べ物(^_-)-☆

昔懐かしい、昭和の食べ物(^_-)-☆皆様【○o。.こんにちゎ.。o○】>o(*・ェ・*)

今日は「昭和」の回顧録?カモ知れません。懐かしいと思われる方、そんなの歴史の授業で習ったよ・・という方、お時間があればお付き合い下さいませm(__)m

先日から体調が優れない家内であります。連日の残業で帰宅が遅くなっています。
体調管理には十分注意せよ、と言っているのですが、疲れが溜っているようです。

そりゃてうてう1みたいに会社で決済のハンコばっかり押してるのと違うわ!
という声が聞こえて来そうです(実際は違いますよ)

さて、そんな事はいいのですが、今朝9時を回り、中々起きて来ない家族の為に私が料理を担当しました。

あ!飽きたコマチ先生でした・・土鍋にお水を入れ昆布を浸しておきます。2時間位です、更に出汁を取るためにグツグツ・・出汁が取れたようなら取り出しますよ。苦くなりますからネ(^^)

少しの豚肉と白菜・しめじ・ニンジン・ニラ・モヤシを投入します。



コレで暫くグツグツ

そして、鶏ガラスープの素を投入♪ツミレも入れます・・そして、お味噌を入れます♪

最後にバターをひとかけら入れたら!そう、コーン味噌バター鍋が出来上がりました(^O^)/






〆にソバを入れるのもイイと思います(^_-)-☆

家内「わぁ~イイ匂い~♪」

私「出来たぞ、食べや~美味いで」

家内「美味しい~♪温まるわぁ!」

私「〆にソバ入れようや、コーン味噌バターラーメンよ」

家内も大喜びです・・

そこへ息子が来ました。「何の匂い?」

私「食べるか?」

息子「ソレ何?ラーメン?食べる!食べる!」

あっ!と言う間で売り切れ状態・・コマチ先生ごちそうさまでしたm(__)m


札幌のススキノで食べたラーメンには程遠いものの、遠く北海道に想いをはせる我々でした。



と!ココで終われば普通のブログ☆

ココから我が家の悪ノリが始まります(^^)v


午後に私が買い物に出掛けました、今月末に母の1周忌の法事をしますので、芳香剤を買い求めに行きました。




春らしいのがいいな♪



それと、お気に入りの「サムライ・アクアマリン」



それから帰り道にと・ある駄菓子屋さんへ寄り道です。

適当に昭和テイスト?の品物を買いました(^^)

私「ただいま~」台所に居た家内「お帰りなさい」

私「コレ、見てみ」



家内「あら!懐かしい~」

私「やるよ・・会社に持って行き」

家内「うわ~ヨーグルト!よく食べたわぁ」

私「子供の頃はソレがヨーグルトじゃ思うてたわ」



真打が来ました(^^)v

お嬢「それヨーグルトじゃね~し、父さんと母さんはソレがヨーグルトって思うてた?」

私「そ~よ!ヨーグルトいうモンはコレか思うてたよ」

家内「私は知ってたし」(なんか腹立つ~!)(ーー;)


私「コレ見て!シュワシュワするヤツじゃ!」



お嬢「出してきたわね!」

家内「味は他にもあるのよ」



私「コレじゃ!」

家内「 ♪ 」

私「でもな、子供の頃はこんなんでもメッチャ嬉しかったん」

家内「昔はね~こういうのしか売ってなかったし」

私「これだけ買って389円!子供にとっちゃ凄いオヤツじゃ!」





家内「まぁね~この人小学校の頃、脱脂粉乳だったもんねぇ~」(つω・と){チラッ・・・




私「なっ!」

家内「私が小学校の頃 最初から牛乳でした~ぁ」(○゚ε゚○)プッ!! (腹立つでしょ~?)

お嬢「私もミルメーク入れて飲んだよ~♪」



私「あのな!あの脱脂粉乳がどんだけ不味いか!」

お嬢・家内「知りませ~ん」

お嬢「進駐軍が給食を始めた・・?」



私「あのな~」|(○`ε´○)|キコエナイー

息子「父ちゃん ハリー・トルーマンと友達じゃ!」(^O^)/

私「アホか!アレを入れた熱い大きなヤカン?を給食場から教室まで運ぶのがどんだけしんどいか!」

家内「知らんし~牛乳世代~」(^^)v



お嬢「父さんって何時まで脱脂粉乳だった?」

私「小学校2年になったら牛乳に変わったかな~」

お嬢「給食はどーなの?」



私「も~なぁ・・不味いとしか思い出が無いんじゃ」

お嬢「癖が強いんじゃ」



私「ソフト麺とか出た日にゃ~これは美味いなぁ言うてな」




家内「私の実家は市が違うからねぇ」

私「そりゃ~今は昭和の何とかいうて給食を出してくれる所があるって聞いたけど、俺らはガチやど」



家内「だから父さん、駄菓子屋さんで買って来たんよ、お菓子」

私「昔はジュース言うたら・・」

家内「ミリンダ!ファンタ!」



私「見た目若いけど、オバハンやんか・・」(ーー;)




因みに、買って来た芳香剤「消臭力」ですが、こうなりました。



誰の仕業かは解ると思いますm(__)m


今回は昭和の食べ物についてでしたm(__)m


Posted at 2018/02/12 18:45:32 | コメント(16) | トラックバック(0) | 暮らし・健康 | 日記
2018年02月03日 イイね!

表 示 ?

表 示 ?皆様こんばんはm(__)m

ようこそのお運び厚く御礼申し上げます。


と・あるショッピング・モールでの事です。

バタン!!∥WC という具合にトイレを使ったんです、私m(__)m

いつもは見過ごしてしまうトイレの表示・注意喚起に目が留まりました。



なるほどね~と一人納得、その事を家族に話します。

私「トイレの表示ってなぁ、あんなのは居らんやろ~」

家内「今は色々書いてるねぇ」



私「まぁ普通常識じゃ考えられんのもあるがな・・アメリカ製品の取説も凄いけどな」

以前にアメリカで見ました、日本人の常識では考えられない説明書です、まぁ裁判の多い国ですから

(例・・電子レンジで猫を乾かさないで下さい・・は有名な話)



家内「そこまでする?ってのあるわねぇ」

私「実はな・・トレーナー買って来た!コレ見ぃ」




家内「あなた・・ゆとりじゃないし・・まぁ・・バブル寄りね~」

そこへ真打登場♪


ただいま~と勝手口から帰宅のお嬢

お嬢「何それ?・・」(私が持ってるトレーナーに目が釘付け)

私「新しいトレーナー買うた♪」


お嬢「私!ゆとり世代・・それ頂戴」(^_-)-☆

私が師匠と崇拝する、みん友さんの予想通りにお嬢に行きました(^_^;)


家内「なんてこった!」

「パンナコッタ!」

お嬢「呼んだ?」(^O^)/


次の日


お嬢「父さん昨日トレーナーありがと~コレ代わりに着てよ」

私「おぉ!なんていい子じゃ!」


袋を開けて見ました。




私「な・・?」Σ(゚Д゚;o)

それを見た家内「 爆  」


私「笑うな!俺は年寄りじゃねぇよ!」

お嬢「ウチでは?」

私「一番年寄りです・・はい・・」(T_T)

家内「そうそう・・コレ・・サプリ飲んでよ」



私「何の効果があるん?」

家内「ボケ防止・・」(^^)v


私「み~んなして俺を年寄り扱いしやがって・・」


お嬢「認知症は困るんよ・・家族の負担も介護も大変よ」

私「若い頃はウイングから僚艦の・・」

家内「はい・・はい・・」



お嬢「認知症は食事の時とか介助が要るでしょ?」




家内「お風呂も困るでしょ?」





私「あの~誠に申し訳ないですけど!トレーナー私が着ないといけません?」


家内・お嬢「うん!」(^_-)-☆



なんか悔しいてうてう1でした(ーー;)



Posted at 2018/02/03 18:27:19 | コメント(7) | トラックバック(0) | 暮らし・健康 | 日記
2018年01月27日 イイね!

毎日寒い日が続いていますネ 焼酎美味しいですよ~(^^)v

毎日寒い日が続いていますネ 焼酎美味しいですよ~(^^)v皆様( *゜_)ノぉはよ━━ぅ!ございます。

日本列島東も西も寒い日が続いております。

先日、家内と買い物に行きました。と・あるスーパーに行ったのですがそこでの会話

一通り食材を買って店内を回ります。


最初に申し上げますが、焼酎の銘柄については個人の好みもありますので、一部の銘柄をダメだとか、決してそういう意味ではございませんので、悪しからずm(__)m



家内「お酒はあった?」

私「焼酎買おうかな?ビールは腐る程あるから要らんぞ」(お歳暮等で頂いてますからかなりの量)

お酒のコーナーを歩いているとふと目に留まります。

「おおっ!買おう!」



家内「見るだけ、見るだけ」(値段も2万5千円以上)ヾ(・_・;)チョット‥

私「美味しいんで~そりゃ~美味い♪」

家内「私は飲んだ事が無いもん、何処で飲んだの?」

私「仕事関係でな、1杯2千円位するかな?」

家内「キレイな尾根遺産の居るお店ですか!」<(`^´)>



私「美味いぞ~でも高いぞ~もりいぞ~」(^^)v

家内「他のもあるでしょ~」




私「何で明るい農村なんじゃ?」(友人宅で飲んだ事があります)♪美味しいですよ(^^♪


家内「あーこれこれ」





結局、甕壺焼酎 「森伊蔵」はゲット出来ませんでした(T_T)


帰宅すると息子が居て「何処行ってたん?」

私「買い物よ、聞いてくれ!母さんがな・・森伊蔵を買ってくれんのよ」

息子「モリゾー?キッコロは居らんの?」




私「森伊蔵!飲んだ事ある?」

息子「無い」

私「でな、明るい農村にせぇ言うんよ・・NHKの番組みたいな・・」(昔放送してたと)



息子「他はダメなん?」

私「明るい農村、名前的にはエエけどな、なんかローカル過ぎて、ワシの村に電気がついたみたい なイメージが・・ツレの家で飲んだし、美味しいよ」




(決して見下している訳ではございませんので)アセアセ...A=´、`=)ゞ

私「森伊蔵・村尾・魔王どれも有名、でも森伊蔵」





家内「伊佐美とかじゃダメなの?」(伊佐美!コレも美味しいです♪)



息子「芋焼酎なら癖があるんやろ?」



私「無い!美味い」

ピンポーンとインターフォンが鳴りました。

家内「はーい」インターフォンのカメラの画像を確認します。

私「宅配じゃな?オレか♪」




家内「あなた・・まさか?」





私「 ♪~ 」



と・・



勝手口から家に入ります。

ハシビロコウのような目で見つめる家内・・(^_^;)




家内「あれ?お酒じゃ・・ない・・?」

私「アホか?平さんのステップボードじゃ」

家内「てっきり森伊蔵かと・・」(さっき話したのに、そんなに早くは来ません)

私「早速、取り付けよぉ~っと♪」

(最後はみんカラらしくバイクを弄りますヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ・・)







 森伊蔵・・は夢と消えましたとさ・・おしまいm(__)m





Posted at 2018/01/27 10:15:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | 嗜好品 | 日記
2018年01月20日 イイね!

眼鏡のツルと救命?

眼鏡のツルと救命?皆様こんにちわm(__)m

先日、いつも使っている眼鏡(くやしいけど!老眼鏡)のツルが折れてしまいました。

小さい文字を読む時とか、細かい作業の時には必要なのです(^_^;)

仕方が無いので他のメガネをと・・思ったのですが会社の引き出しに忘れてます(T_T)


私「メガネ屋さんに行って来る」

他愛のない普通のメガネを買いました。\4700でした。帰宅後に尋ねられます。

家内「どんなメガネにしたの?」



私「普通のメガネ」

お嬢「笑いの取れるヤツ?」



普通の+1.0の老眼鏡です!ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ(なんか悔しい)


次の日!私が帰宅したのは19時 30分 家は暗いままです。(誰も帰って無いのかな?)

ガレージにはパンナコッタ(ミラ・ココア)もアントワネット(ムーヴ)も有りません

そこで一計を案じちゃったの・・私 (^^)v

勝手口から入ります、誰も居ない事を確認しました。次に寝室に向かいます。

そこで倒れたフリをしよう・・誰が第一発見者になるでしょう?

ガレージにクルマの停まる音がしました。

ガチャ・・勝手口の鍵が開く音・・続いてスリッパを履く気配・・♪

「ただいまぁ~」どうやら家内のようです。

暫くゴソゴソしているようです。やがて寝室に・・「あなた~?」照明が点きます

家内「ちょ!あなた・・お父さん!・・お父さん!」\(◎o◎)/!

私「・・・・・・・・」

家内「ちょっと~困るよぉ~」

私「・・・」(コイツダメやな・・)ヾ(°∇°*) オイオイ




私「あ~寝とったぁ~」(^^)v

家内「も~倒れたかと・・心配したわ!」(ーー;)



暫くしてお嬢が帰って来ました。

家内「もー聞いてよ!お父さんって・・」(中略)

私「シュミレーションじゃ」

家内「慌てたよ~」(T_T)

お嬢「私がやってみるよ」(おお!頼もしい)

私はリビングのソファに倒れ込みます。

お嬢「ただいま~あれ?電気・・電気・・」

私を見つけたお嬢

お嬢「父さん?父さん?」





私「・・・・」


お嬢はすかさず顔色を見ます。併せて脈を取ります。呼吸を見て
「よし!」



流石、事務職とは言え医療関係に勤務しているだけの事はあります。

私「お嬢が第一発見者なら生き延びれるかもな」

お嬢「母さん、慌てないで呼吸とか脈とかを診て」

家内「そうね・・」(この人ダメなんです・・)

お嬢「顔色は赤いか青ざめてるか?」



お嬢「呼び掛けに反応するか?」



家内「はい・・」

私「外傷があるか?とか」



家内「嘔吐してたら解るよ、気道の確保」




お嬢「緊急性があるのかどうかを直ぐに判断するのよ」




私「流石!小学生の時に救急車の誘導しただけはあるな!」

家内「私・・無理かな」(T_T)

私「ダメやな・・時々、練習せんとな」

お嬢「誰も信用しなくなるよ・・狼が来た~!って・・」




私「メガネのツルが折れて・・老眼鏡だの・・年寄りだの言うから仕返しじゃ!」

お嬢「ダメやわ・・」









Posted at 2018/01/20 13:34:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月11日 イイね!

秘密の練習・・最終章・・5

秘密の練習・・最終章・・5皆様こんばんは。

ようこそのお運び厚く御礼申し上げます
m(__)m

秘密の練習のお時間がやって参りました。最初に申し上げておきます、もしこれを読んで不快と感じた方申し訳御座いませんm(__)m

さて、引っ張るのは台車だけにしておけ!というお叱りが聞こえてきそうな5回目でございます。


Aくんと彼女さんが何とか和解?仲直り出来ましたフキフキ(o´-,_っ-)ロゞ ツカレタ

次に進むには彼女さんの父親を説得し、誤解を解かなければなりません。

その役目はどうやら私にあるようです(ーー;)

私「作戦を立てましょう」とは言ったものの、こんな穴だらけの絵空事が成功するか?と思います、足取りが重いな・・・(ーー;)



彼女さんは私(てうてう1)の事を両親の前で何度と無く話していると言います。これだけが武器?

私は2日間程迷いました!本当に迷いました!私が失敗したらAくんと彼女さんの未来はどうなる?

安請け合いをしてしまった・・悩みました。後悔したのも事実です(ーー;)

ですが!彼等の味方になってあげたいんです。愛弟子のAくんと彼女さんですからネ(^^)v


彼女さんの父親の居る病院へ向かいます。勿論一人です 
(作戦はスタートです)

グーちゃん(ラクティス)のスピーカーからはAKB48の歌が流れて来ます♪




江戸の夜風を震わせて、目指すは本所松坂町・・・ここに集いし播州赤穂の四十と七士・・
(七・五調・・浜村 淳か?)



私は12月16日に決起?

病院の玄関を入ります。出るのは溜息・・



花束にショットガンを忍ばせて(^O^)/



では無く・・ヽ(´o`;モシモシ?


病室の前まで来ました時間を確認します。突入予定時刻です。「えぇい!ままよ!」

ノックをします「○○さん、宜しいでしょうか?」

中から声が「はい、どうぞ」と彼女さんの父親  いざ!ご対面



私「こんにちは、初めてお目に掛かります。私はてうてう1と申します。  入っても宜しいでしょうか?」

父親「はい、どうぞ。あぁあなたがてうてう1さんですか?」

私は入口に立っています。(何だか初老の紳士というイメージを受けました)

私が名刺を出そうと思い・・「いえいえ、よく娘から窺っておりますから、お気遣い無く」

私「○○さん、これは私からのお見舞いです。」




父親「いや~お気遣い無く、食事制限が掛かってましてねぇ」

私「「そうでしたか、私とした事が・・申し訳ございません」

父親「で?今日お越しになられたのは・・?」(ホラ来たぁ~)(T_T)

私「実はですね、私が今日来たのは・・」

コンコン「○○さ~ん点滴交換ですよ~」とNs.さんが来られました(邪魔するなよ!)


点滴交換を終えてNs.さんが出て行きました。それを見届けてオペレーション再開です。



私「あのですね、実はAくんの事なんですが」

父親「どうかしましたか?」

私「お嬢さんから聞いたんです、勿論私がとやかく言う事では無いのは重々解っております」

父親「・・・・・」(重~い空気)(T_T)

私「Aが誰か他の女の人とホテルの近くでタクシーに乗ったとか?」

父親「そうです。あの男はウチの娘と交際していて他に女が居たんです!」<(`^´)>

私「その現場を見られたんですか?タクシーに乗り込むのを・・」



父親「タクシーに乗り込むところは見ていませんが、場所が場所だけに・・ねぇ」
ソレダヨ(σ-"-)σ

私「タクシー乗り場じゃなかったのはAも反省しております」(時計に目をやります)

父親「Aという男は!」(既に形相が変わりつつあります・・)

私「ですが、それがもし、誤解だとしたら○○さん?」(怒らせないように)

父親「てうてう1さん・・私はネ、もうこの歳まで何人も人を見てます!何人も部下も居ます!」

私「そうですか・・私も若輩ながら部下もいますし、その中には良いのもいればそうでないのも居ます。ですg・・」(言葉を遮られます)

父親「あなた、家族はいらっしゃるんですか?」

私「はい、家内と子供が2人」

父親「そうか!あなたも人の親なら解るでしょう?娘の相手に裏切られた気持ちがどんなもんか!」

私「私なら本当の事が知りたいです、そこからどうするか?考えます」(時間が・・)

父親「私はね!40年近く人を見てきたんです!失礼ですが、あなたよりも目が利きます」

こんな所で統率学の講義を受けるとは思いませんでした(ーー;)

私「落ち着いて下さい、ご経験があるのは勿論解っております。」(頼むよぉ~)(T_T)



この辺りからエキサイトして、内容がハッキリしませんが、凡そこうです・・ヾ(´゚Д゚`




父親「私は子供の頃、飛行機に憧れたんですよ、飛行機乗りに成りたくてね・・」

私「・・・・・」

父親「大きな空を飛んで、外国に行けるじゃないですか・・何処までも飛んでね」

私「そうですね、飛行機ですが、それを人に例えるとどう飛んだか?何処を飛んだか?でしょう?それで人の人生や価値が現れて来る、そうですね?」

こんなところで「365日の紙飛行機」(グーちゃんで流れていた曲)の歌詞が出てこようとは・・(汗)




父親「と・・そうですな、人の道と同じですな」

その時でした!コンコン!「失礼しますっ!」

ドアをノックして入って来たのはAくん!(バカ!未だ早い!)

驚いたのは父親「君!」

「さがっとれ!A!」(なんてことしてくれた!)(T_T)

Aくん「失礼します!」

「ばか!下がれ!」

Aくん「教官!自分は自分の言葉でお父さんに言いたいんですっ!」

父親「無礼だろう!君!」

Aくん「下がりません!話を聞いて下さい!」(修羅場・・)



私「A、解ったから、キチンとせぇ!○○さん聞いてやって下さい、私からもお願いします」m(__)m

父親「言いなさい」



Aくん「今度の事は誤解なんです・・」先日私に話した事を父親に伝えます。

父親「・・・・・」

Aくん「自分・・20の頃この前、タクシーに乗せた女と付き合ってました、それで・・結婚を考えて」

(Aくん・・私が墓場まで持って行けと言ったのに・・)(ーー;)





Aくん「でも、ダメになったんです。あの綾っていう娘はそれっきり会ってません!本当です」

                すご~く長い沈黙

父親「Aくん・・本当だな?信じてエエんじゃな?」

私「○○さん、お願いします!Aを信じてやって下さい!私からもお願いします」m(__)m

父親「てうてう1さん・・ありがとう・・娘の言う通りの教官ですな」(照れますからこれ以上は割愛)


Aくん「ありがとうございます~」(T_T)

父親「Aくん・・悪かったな・・娘と仲良くしてくれ・・てうてう1さん・・これで宜しいかな?」

(この人・・伊達に歳喰ってないですね・・何枚も役者が上でした・・)彡(´∀`


彼女さん「教官♪ありがとうございます~ぅ♪」




私「Aが入って来た時は、\(◎o◎)/!しましたけど、結果オーライです」


今回の私の作戦はAくんが予定より早く来たので、ぶち壊しになるところでしたが、
何とか!成功しました(^^)v

ヤキモキした皆様、溜飲が下がったでしょうか?



最後までお付き合い頂いた方ありがとうございました。m(__)m







Posted at 2018/01/11 21:20:53 | コメント(12) | トラックバック(0) | 秘密の練習 | 日記

プロフィール

「連合町内の総会の日、家族は皆寝てるし・・寒いし・・でも支度しなければ!その前にまず!みんカラしなくては(T_T)」
何シテル?   02/18 09:33
てうてう1です。120系ラクティスです。よろしくお願いします。 仲良くしてください。 とてもシャイです 一方通行の方は無理です!ゴメンナサイ・・ ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ファン

116 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ラクティス グーちゃん (トヨタ ラクティス)
トヨタ ラクティスに乗っています。
ヤマハ シグナスX SR 平さん(タイラさん) (ヤマハ シグナスX SR)
YAMAHA スクーター「式部ちゃん」から乗り換えました。 愛称は「平さん」(タイラ) ...
ヤンマー ポチ オスプレイ1号機 (ヤンマー ポチ)
3輪動力運搬車です。 ウサギのぐーちゃんのケージを載せていました。春と秋の農繁期に出動 ...
ヤマハ アクシス トリート 式部ちゃん (ヤマハ アクシス トリート)
通勤・買物に活躍中 愛称は「式部」ちゃん♪ 理由は・・紫色です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.