車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月11日 イイね!
話題の“あのタイヤ”でチャレクラ修行CRR鈴鹿は、リハビリのリハビリみたいになっちゃったので、修行が必要かと思い、鈴鹿スポ走にいってきました。
暑くなってきたこの時期に、71Rにトドメを刺すのは可哀想なので、街乗り兼練習用タイヤとして冬に買った、流行りの、“Designed in Japan”の大陸製造タイヤZESTINOで鈴鹿チャレクラ、修行してきました。当たり前ですが、コンパウンドは4輪とも最廉価モデルの07Rです😄笑




何せWEB上ではRE71Rの約半額、競合価格帯のその他同じような性格のタイヤはフェデラル595RS-RRでしょうか。595RS-RRは友達が履いていた(アルファ147)のを乗ったことがありましたが、グリップレベルなどは分かりませんが(恐らく良いでしょう)、ロードノイズがちょっと我慢出来ないくらい凄かったので、07Rにした経緯があります。
07Rは国産ハイグリップタイヤ同等のロードノイズです。

前置きが長くなりましたが、結果としては、ドライバーの技量は一旦置いておき、かなり“良い”タイヤでした。







約22〜3℃程度の気温の中、もの足りない技量の中でのタイムとなりますが、2分37秒567と、(あくまで、自分比較においては)まずまずのタイムでした。

決して、性能は半額ではなく、悪くありません。気になる減りに関しても、グリップは71Rよりは低く、現状のダウンサスの低いバネレート(ノーマル相当)にグリップレベルが合ってる為か、71Rよりも綺麗に減っています^ ^




“お気に入り”の練習タイヤになりました◎
スライドしても元々ドリフトを想定してるタイヤなので、とてもコントロールし易いデス。。

ただ、前後225/40R18+ノーマルレート相当スプリングで走るなら、フロントは一段、ハイグリップの07RR(07RSは上記サイズ設定なし)が良いかもしれません。07Rだと、タレてくると、アンダーが強めに出ます
作動温度域が高く、温まりにくいらしい07RR、07RSですが、フロントは、普通に走ってれば、作動温度域にはすぐ入りそうです。07Rも温まりは早くはありません。71Rと同じくらい。(僕の記憶ではZⅡ☆は早く温まる。)
ただ価格が国産タイヤに迫るくらい、結構上昇してしまうのが、難点かな。。
タイムも71R並みらしいですけど。

後、07R以外は分かりませんが、空気圧は温間2.0〜2.2くらいの低めがはっきりと良さげで、それ以上上がると食いませんでした!

追伸。30分×2本、日本一高速コーナーが多い鈴鹿で、200km/hオーバーになること多々の状況で、先日のCobaltさんのリップスポイラーは全く、トラブルはありませんでした。ダンロップコーナーや松っちゃんコーナーなど、全開加速しながらのコーナーで、フロントの落ち着きが増した気がします😄
着けてらっしゃる方で、特にお急ぎの場合はご参考ください 笑




最後に動画を。。色んな走り方を試しているのですが、いつも似たようなタイムで進歩がありません。。。レッスンとか受けないと、これ以上は無理かもデス。。何となく、いつもよりはアグレッシブにいってはみたのですが。。。
根本的に、色々と足りないものがあるのでしょう。SDL(鈴鹿ドライビングレッスン)でも行くかな。。。。苦笑


Posted at 2017/05/12 07:03:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月05日 イイね!
外装パーツの類に全然手をつけてこなかった私。
定番色のジョンシリに、ストライプやアクセントカラーなどさえも一切入れてない、ノーマルの見た目なので、ルノー関連のイベント時などに、周りの方の個性的orオシャレorチョイ悪な見た目に比べ、かなり埋没してる感はありました。。。

嫁さんバレにビビっているのもありますが、数万円あれば、どうしてもタイヤ、ブレーキ、油脂類、走行代に回してしまう性分なのです。
しかし、noriさんのブログに載っていた“炭素製くちひげ”に惚れ、待つこと約1カ月。。。
※noriさん、本当に色々とありがとうございました!

ようやく、時間も取れたので、cobaltさんのカーボンリップスポイラーを取り付けました◎当初は馴染みのショップさんにお願いしようとしてたのですが、何か自分でできそうな感じ( ◠‿◠ )ってことでDIYしてみました◎

ちなみに、だいたい外装系などやや繊細な箇所をDIYでやると、関連パーツを壊してしまう僕でも、失敗なしにDIYで取り付け出来ました😄 つまり、フィッティングは完璧です。
3mmのドリルさえあれば(実際は電動工具を持ってなく、手動では力が足りなかったので、1.5mmで小さい穴を開けた後、3mmで拡張する形を取りました。)、ミニ四駆が作れるレベルで、取り付け可能でした!

固定はバンパー&純正リップ双方の底面だけでなく、純正リップ(純正リップはとてもしっかりとした固定方法で取り付けられています)とバンパーの隙間の前面にも、差し込む箇所があり、前面側と底面で止まっている(底面で固定されている限り、前面も外れない)よく考えられた作りで、サーキットを走る僕にも安心な取れにくい構造となっております😏

No sense of photograph につき、雰囲気が分かる程度のものしかないですが、以下の通りです。
味気ない、駐車場ショットですが。。















高品質&低価格で大満足です😄
まだゆっくりとしか走っていないので、ドレスアップ効果の方しか堪能しておりませんが、サーキットでも変化が出そうで、楽しみです!
※ちなみに15mmほどのローダウン+純正タイヤ外径-8mm、合計約23mmほどの車高低下車両ですが、下擦りは今のところ、コンビニ・飲食店の出入り、モールの立体駐車場などではありません。😄
Posted at 2017/05/06 22:50:51 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年04月22日 イイね!
鈴鹿に行く、1週間ほど前の話となりますが、純正バッテリーがかなりくたびれ気味(ってか、バッテリー上がってたことあった。。)だったんで、純正の高価なバッテリーとの価格差も許容範囲と思い、なんとなくリチウム化しました。

選んだのは、メガーヌにおけるリチウムバッテリーの中では鉄板であろうevoltec EV-1260です。

ちなみに僕の車両は、メガーヌの中で特に相性が悪いと思われる、Phase2のアイドリングストップ付き(エナジースマートマネージメント付き)です。

Torqueアプリで電圧モニターしても、evoltecさんの記事通り、オルタネーターは、ブレーキ、エンブレ時は15V前後で充電し、その時以外は、ほぼ仕事をしてくれず、オルタによる通常の充電開始も12V近辺まで下がらないと開始してくれません。走行中に、一瞬電圧下がりすぎて、Brake faultのウォーニングが出てみたり、寒い日に電圧下がりすぎて、保護機能が働き、うんともすんとも言わなくなってみたり、と当初、これは使えたもんじゃない、失敗したかなって思ってました。

でもふと見つけたこの説明書pdfで、ESMをinhibitすれば、いけるかもって思って、やってみたらビンゴ( ◠‿◠ )

https://www.renaultsport.com/IMG/pdf/notice_batterie_li-ion_v2_5-gb.pdf
※下の関連情報URLで直接飛べます。


取りあえず、説明書を要約しますと、綺麗にハーネス類を収納したり、コネクターをダストなどから保護するためのパーツはあるようですが、要は、マイナス端子についてるコネクターを抜けばOKなようです。

エンジンスタート時に、Check stop &start のメッセージは出ますが、説明書曰く“他には何も影響がない”ことを信じてみました。電圧は常に14.1〜14.3あたりをキープして大きく上がることも下がることもなく、良い感じです。アイドリングストップキャンセルボタンも自動的ににactivateされ、アイドリングストップはnormal modeでも当然しませんし、昔ながらの非充電制御車の制御と同じになるようです。
先ほどの説明書はtrophy r のPhase3 を対象としたものではありますが、私のPhase2でも今のところ、不具合なく、100パーセント一発始動で、快調です。

肝心の走行フィールですが、オーナーであれば誰でも体感できるぐらいは鼻先は軽く感じます。(AGMバッテリーは特に重いですね。。外す時は、腰やらないように要注意デス。

※先日の鈴鹿でも、特に不具合はありませんでした。それどころか、20℃〜25℃はあったであろう当時のコンディション下においても、電圧が安定している為かいつもよりパワフルに感じていました。鼻先も当然軽く感じます。
いかんせんタイムに一切、結びついてないのが、かなり痛いところですが。。。苦笑
タイヤのせいにしとこう。。。半年ほど前のチャレクラで、オーバーランした際にフルブレーキを踏んだ際に出来た、軽めのフラットスポットが、今回の走行で上手く行かんかった原因だ! wwww

絶対に良くなるだろうと思い取りつけたパーツで、その効果は信じたいところですが、所詮、パーツ変更による軽量化より、人間の劣化の影響のほうがはるかに大きいことが結果からもよく分かりました。


ESMが働かないので、回生は行われず、燃費はダウン方向にいくと思われますが、充電電圧も丁度良い感じで、過充電は無さそうで、特に問題は無さげです。しかし当然ながら試される場合は自己責任でお願いします。。。

そもそもESM inhibitすれば、他のもう少し安いバッテリーでも、良いのではって思ってしまったのは秘密です。。。

Phase2 のアイスト付き車両限定のマニアックなお話ですが、どなたかに参考になれば、幸いです。
では( ✌︎'ω')✌︎
Posted at 2017/04/22 21:24:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | メガーヌ | 日記
2017年04月17日 イイね!
CRR鈴鹿半年振りのサーキット。。リハビリも兼ね、参加してきました。

タイムアタックイベントではないのですが、タイムしか、指標がないのも事実なので、タイムのお話になりますが、個人的な感想&結果は、RE71Rなのに、イケてない感じでした。。。
混んでいる中、年々上位の方のタイムも上がり、これからのやる気も出た次第です😄
これからは、30秒台半ばくらいは最低出さないと上位は無理そうですね😱

一応、ベストラップのみ車載を。。

タイムは公式だと2'40.080だそうです。
うーむ、久しぶりすぎて探りながら、走ってます。。全体的に、終始怖かったです😱
何故かって、走ってる間ずっと、リアの接地感があまり感じられないのです。。ローテーションしたからなのか、もともとあんなもんだけど、ブランクでそう感じたのかは、分かりません。。。
車載では、一切それが感じられないのは、何も起きないように、ゆるく走ってるからです 爆
まあ見返すと、全体的にダメダメですな。。
嫌な挙動が起きないように、置きにいってる走りって感じです。


この後、早々に、ガソリンのEmptyマークがつき、変なタイミング&場所で止まると、我々が受けたみたいに、次の方に迷惑がかかってもいけないので、早々に切り上げ走行終了致しました。。


今回はparcやまもとさんちのスペシャル車高調が入ったメガーヌを昼休憩に運転させて頂きましたが、これが運転手ウハウハ仕様となってまして、楽しいおクルマになってました◎S字とかめちゃ速そうです。

また、運営各方面の皆さま、ありがとうございました。

チャレクラもそろそろ再開しますかね◎
Posted at 2017/04/18 11:34:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | メガーヌ | 日記
2016年10月14日 イイね!
数日前となりますが、13日に鈴鹿フルまた走ってきましたが、当日は走り放題デー+月末にレースがあるらしく、86/BRZ&VITZ祭りでした。

しかも、走行した枠は2枠とも50台フルで、全然走り放題ではありませんでした。走行料金が定額なだけで、よっぽど前回の方が文字通り、走り放題でした。
今度からGAZOO関連のスケジュールもチェックしとかないと、まともに走れそうにないです。まあ月末終わるとしばらくないみたいですが。。。

VITZ CUPカーは47〜48秒くらいでトップは走られるようです。86レースカーは、ベース車両がスポ車、また現代の車としては、軽量かつ圧倒的なユーザー数もあって、86レース指定のあのタイヤサイズでも速いのは、分かりますが、VITZってあんなに速いのですね。コーナー速かったっす!

しかし、僕は出くわさなかったですが、ガチすぎて、周りの脅威となっているレース車両もいたとか。。。ランキングや賞金がかかっているのも分かりますが、僕達のような、よりライトなサーキットユーザーも平等にお金は払っているワケでして。チャレンジクラブのコンセプト的にも、思うところもありました。


今回は一度たりともクリアは取れず、この日のベストは、2分38秒099でした。

一応、記録として、ブログの最後にBEST動画を載せます。

《箇条書きメモ》※ど素人の戯言につき注意

・運転は取っ散らかり気味だが、後半トラフィックに詰まるまでは、前回より気温が低く、パワーも出ており、ベストを上回るペースだった。(ロガーデータより)

・グリップレベルはF1の後ということもあり、全体的に高い。

・ブレーキングオーバーステアがステア入ったブレーキングで出ている。(2コーナーなど。前回は出ませんでした。)→リアの内圧が上がりすぎたか?でも走行後チェックでは、2.2くらいだったんだよな。タイヤカス(別名う○こ 爆)が、71Rはめちゃつきやすいのですが、リアはかかる荷重も小さく、駆動トルクもかからないので、前回のpick upに、今回のが加わりカス取れきらないままでグリップが低いのかな?←しっかりタイヤ外して、取った方が良い。ついたままだと、振動(シミー)も出る。次回以降気をつける。

・ヘアピン前110Rは上記ブレーキングオーバーにビビり、ゆっくりいきすぎ。

・ブレーキ、ジャダーの症状少しあり。

・前回のBESTより、最高速は5km以上も高く出ている。←気温、湿度の低下以外は要因はなさげ。

・スプーンはツッコミすぎ且つブレーキ不足で、縁石にものっちゃってるし、後半立ち上がりで踏めていない。。

・上記の通り、BESTLAPでは失敗しているが、今回、スプーン1からスプーン2まで、4速で走りました。こちらの方が、アンダー出さなければ速そう。

・西ストレート後半〜130R〜ホームストレートまでで、引っかかってない周回より1秒以上ロスしている。(ロガーデータより)

・羽根が前後についていれば、怖くなく高速セクションいけて、タイムも安定するかも。→個人的な好みとしては、メガーヌのフォルムはそのままが好きなので、微妙なのですが。そもそも、そんな金はないし 爆

・ロールが大きく、高速セクションが恐い。上記空力系パーツに加え、車高調が欲しい気もするが、2歳の娘が、引き続きよく眠れる、現状の乗り心地も維持したいので、RSMコイルは良いところをついてる。←こちらも、なによりも金がないのでそのように言い聞かせている 爆



うーむ、現在の仕様は気を使うところが全くなく、ブレーキを酷使しなければ、内圧見てれば良いくらいの、お手軽仕様で僕にはピッタリなのですが。。(carolローダウンスプリング+リアピースのみcarolマフラーあとは、タイヤ、ブレーキ交換のみの、国産スポ車で言えばただのノーマル車両)

それでも、BESTを繋げると、僕の運転レベルでさえ、まだまだ行けるようです。。


しかし、71R鬼の様に減ります。例の如く、キャンバーもついていないので、フロントはとんでもないことに。。。


なんかスリップサインまで、センターブロックいってません?爆
まだ鈴鹿3.5枠(約1時間半)しかまともに走ってないのですが。。街乗りはそれに500kmほどプラス程度かと。。。



←サイド  →内側  なんですが、斜めに削れてます。

なんか緑のがついてますが、2枠目のアウトラップでタイヤ冷えてて、オーバーランして、S字の緑舗装部分及び植物を拝借したものです。 苦笑


フロント軸重900キロ+スプリングレート不足(Z2☆ではそこまで感じませんでしたが、71Rは、下手なSタイヤ以上のポテンシャルな為)+アンダー出しまくり運転手+キャンバー不足でしょう。
これは対策しないとまずい。。。
とりあえず、ネガティヴな意見もよく聞きますが、ガチ勢ではないので、裏組しようと思います。

裏組したら、接地が安定するまで、大人しく走らなくては。。

RSJは71R or PSSどちらでいくか絶賛悩み中です。ってかPSSで走ると、こちらはさらにサイド柔らかめなので、フロントがやばいことになりそうな気がしますが。。でもグリップレベルは71Rより低いので、何ともない可能性もありますし。。
PSSってそもそもターゲットの温間のエアとかが、分からないんですよね。。







Posted at 2016/10/18 19:26:37 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「話題の“あのタイヤ”でチャレクラ修行 http://cvw.jp/b/2246513/39758749/
何シテル?   05/12 07:03
ぐぅ@megane3rsです。よろしくお願いします。“所有する”クルマ好きは周りにおれど、“運転する”クルマ好きが周りにおらず、寂しい思いをしてたので登録しまし...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
アイドラーズ最終戦 Rd.もてぎ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/21 05:41:39
危険ドラッグ運転!?号無視で横断歩道を渡っている歩行者に襲いかかる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/19 07:56:07
鈴鹿チャレクラ2回目(すごいぞ71R) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/28 21:33:04
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
人生最後の“手漕ぎ”のクルマになりそうな予感! 2017.05月 現在の仕様 ・RSM ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.