• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ルリおのブログ一覧

2017年11月18日 イイね!

富士山と伊豆へ(午後の部)

富士山と伊豆へ(午後の部)さて、午後の部です。

相変わらず怪しい天気の中、伊豆シャボテン公園にやってまいりました。
私の今までの勝手なイメージで、サボテンがメインでカピバラがちょこっといるだけかナ~なんて思っていましたが、案外動物がいるようで。

あ、今回はほぼ動物の写真です。

まずいきなり度肝を抜かれたのが・・・



孔雀の放し飼い。
今まで孔雀なんて檻の中でじっとしているイメージしかなかったのですが、まさかの放し飼い。
警戒心も非常に薄いので、かなり近づいても逃げません。



メス。



こっち見てます。



このウサギだか何だかよくわからないやつ、マーラっていうらしいです。
一応ネズミ系。





まさかのペンギンさんまでいました。
安定のフンボルトペンギン。

続いて「カンガルーの丘」なる檻の中へ。



アヒル。
小さめのがいっぱい。



マガモ。



コクチョウ。



ワラビー。



餌をあげることができます。



カンガルー。
ココのカンガルーもあまり態度悪くありません。

カンガルーの丘を出ると、インコのたまり場が。



ミドリコンゴウインコ。



ベニコンゴウインコ。

で、有名なこの方たち。



カピバラ。



残念ながら温泉は11月18日からだったので、見れませんでした。



このあとこの孔雀はカピバラたちの中へと入ってっていきました。



保温ライトで温まるマーラ。



ガチョウがいっぱい。



クロトキもいます。

まだ半分も見てない気がしますが、ここで蛍の光が・・・



孔雀もそろそろ帰宅・・・



ホントこの人たちどこにでもいます。

そしてシャボテン公園から出て駐車場へ向かう途中に・・・



アレレ外にもいる・・・

ただし、駐車場の周りには電線付きの柵がありますので、せいぜい出ても駐車場まで。

なはず。



柵があるとはいっても、出口は門が開いてるわけで・・・その後彼がどこへ行ったかは存じません。

で、このあとは伊東駅近くのホテルで日帰り温泉に入り、帰路へ。
そのへんの写真はありませんが・・・



いきなり帰宅後、今回の走行距離は437.1km
燃費はリッター約9.6km。やはり富士山の坂道が効きましたなぁ。

さらに今後は通勤で車を使わざるをえないので、燃費はもちろん走行距離もぐっと増えそうです・・・
Posted at 2017/11/18 21:12:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月15日 イイね!

富士山と伊豆へ(午前の部)

富士山と伊豆へ(午前の部)さて、久々に旅に出ようやという事で、いつものメンバーで富士山と伊豆へ行ってきました。

前日の晩から千葉県は雨。
静岡は予報では曇り、夜は雨ですが・・・どうなる事やら。

0時半頃、自宅を出発、集合場所の海老名SAへ向かいます。
メンバーのうちレガシィ乗りの友人は前日に合流していたので、2台で出発。



海老名でみん友でもある0239さんと合流。
ゼロクラは0239さんの通勤車。セドリックとは初顔合わせです。
レガシィは何度も顔を合わせていますが、会うたびに何かしら手が加えられています。

この時点で雨はほとんど降っていませんが・・・微妙な天気のなか出発。
まずは富士山へ向かいます。



ちょっと霧が出始めました。



一般道に降りても、やっぱり霧。
この後山道へ入りましたが、カーブの多い山道で先が見えないと結構恐怖。

そんな中シカがやたら出てきて・・・さらに恐怖。

さて、富士山ですがご存知の通り車で行けるのは5合目まで。
5合目とひとことで言いましても、何か所かありますが、当初は王道のスバルラインを通る計画でした。
が、河口湖側へまわらなければいけないうえに有料道路なので、面倒。
そこで海側から登れる富士山スカイラインのルートを選択。

しかし。



冬季閉鎖。
まぁこのルートの5合目が一番標高高いですからね・・・というわけで引き返し。

そこから最も近いルートに、御殿場口というルートがあることが判明。そこへ行くことにしました。



あっけなく到着。
後に調べたところ、もっとも標高が低い(1440m)登山口だそうな。



標高が低いこともあってか、思ったより寒くありませんでした。



ダラダラしてるうちに、だんだん夜が明けてきました。
下は天気が悪いので、雲海が見れました。



上のほうは天気がいいので、富士山がよく見えます。



せっかくなんで、ちょっとお散歩。



100mほど登ったところに、大石茶屋という山小屋があります。
この時期なので当然営業してません。

ちなみにこの御殿場口は登山客の少ないルートだそうで、それゆえ山小屋も非常に少なく、この先は7合目まで山小屋がありません。
この登山口から登るのはちょっと辛そうです。



大石茶屋からの眺め。



よく晴れてます。下の天気はどうなんだか・・・



記念撮影。

で、この後ご飯を食べるべく沼津港へ。
生しらすに惹かれ、駿河丼なるものをいただき、仮眠をしつつ午後の部へと続きます。
Posted at 2017/11/15 20:36:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月07日 イイね!

トランプ大統領、去る

トランプ大統領、去る自由にできる時間もあと一週間ほどなので、出来ることは今のうちに。

ということで、懲りもなく行ってきました。横田基地。
5日から日本に滞在していたトランプ氏は、7日の午前に次の訪問地である韓国へ向け出発します。
タイムスケジュールは正午に韓国着というのがわかっているのみ。
韓国で米軍基地であるハンフリーズ基地に寄るそうなので、そこから一番近い民間空港、仁川を目安にすると、羽田~仁川間はおおむね2時間40分ほど。つまり横田発でもそう大差ないだろうと予測し、やや余裕をみて9時すぎの出発と見込んでいました。

前回は私自身横田に初訪問ということもあり電車で行きましたが、今回はRWY36/18共に車を止められる場所を事前に確認。
風向きの急な変更などにも備えられるように、車で行きました。

事前の天気予報では9時頃の横田基地周辺は無風。さらにその無風を境に南北が入れ替わっており、風が吹いたとしても弱いので、滑走路の予測は困難でした。

こういう時は車載の受信機が大活躍。基地から10km以上離れた場所からATIS(空港情報)を受信でき、北風でRWY36使用を確認。
転がりは空港沿道の規制で絶望的なので、RWY18エンドのクランド脇に陣取りました。

で、予想外だったのが撮影地まであと500mもないところで、B737-700ベースのC-40が離陸・・・私B737にはとことんツイてないんですよ・・・今まで何度737のビズ機とか目の前で逃したことやら。

あくまでも目的はVC-25「エアフォースワン」なわけで、気を取り直していきましょう。

最初の写真のヘリは、おなじみUH-1。
時間は9時40分ごろ、唐突に表れたかと思えば、強烈なバンクターンをしてどっか行ってしまいました。

んで、10時10分過ぎ。



まず1機目が離陸。
韓国行きなのでさっさと上がるかと思えば、妙に上りが遅い・・・おかげで真横ショットには電線がかぶってしまい、即場所変更。

わずか数分で2機目。



まぁアングルはボチボチ、ただ、カラスが2羽も護衛してくれる始末・・・
この後のカットは・・・



木が派手に入っている&護衛1羽。
そのあとのカットは1機目と同じアングル・・・

なので。



消えてもらいました。
が、よく見ると報道ヘリまで写ってるんだよなぁ・・・

着陸よりはマシに撮れた気がするので、良しとします。

この後しばらく輸送機でも離陸しないかと張っていましたが、動きなしだったので近くの温泉へ。
温泉に入っている途中、見事に輸送機の離着陸がわんさか。
別に輸送機はいつでも撮れるんでいいですけど・・・

というわけで、トランプ大統領お見送りでした。
Posted at 2017/11/07 23:01:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月05日 イイね!

トランプ米大統領来日

トランプ米大統領来日残念ながら車ネタではありません・・・

連日このニュースばかりでしたのでご存知の方がほとんどかと思います。
トランプ米大統領が、11月5日就任後初来日しました。

米大統領といえば、もちろん「エアフォースワン」、大統領専用機です。
B747-200をベースに様々な改造を施し、VC-25の名で2基存在します。
基本的に2機ペアで運用され、1機は本務機、もう1機は予備機とされています。

今回のトランプ氏の滞在予定は3日間。
5日に来日→安倍首相らとゴルフ、6日は天皇陛下と会見および日米首脳会談、7日に次の訪問先である韓国へと出発します。

さて、以前のサウジアラビア国王の時もそうでしたが、まず外国の要人となると、羽田に来るイメージがあります。
米国以外では羽田に本務機、成田などに随行機という事が多いですが、米国に関しては日本国内に多くの米軍基地があります。

今回初日の日程に組み込まれていた「安倍首相らとゴルフ」のゴルフ場が、埼玉県川越市。
そしてそこからほど近いところに、米軍横田基地なるものが存在します。
つまり、米軍基地なら身内。わざわざ羽田に降りて、大規模な規制をかけて川越まで移動するより、近い身内のところに降りたほうが向こうもこっちも楽。
さらに聞くところによると、ゴルフ場までは米国から持ち込んだヘリで移動するそうな。

というわけで、米軍横田基地へ降りるはずなので、横田へ出撃してきました。

横田基地へ行くのは初めてのため、撮影地探しも兼ねてちょっと散策。



RWY36脇から基地内を覗いてみると、格納庫にC130Jと巨大星条旗が。
どうやら、到着直後のトランプ氏の演説はこの格納庫で行われるようです。



アメリカンなバス。



この人たちも大忙し。
RWY36脇の道路は、10時ごろより規制で通行止めとなるそうで、この道では撮れないことが確定。

なので、滑走路手前で航空機が横~斜めがちに撮れそうなところを模索。
ただ、電線が尋常じゃないくらいに多く、電線がないかと思えば、木が被る・・・意外と横田周辺は難しい・・・

最終的に、西武拝島線の踏切の脇に小道を発見。
何とかそこなら電線も木も抜けそうだったので、とりあえずそこでやってみることに。



第12海上戦闘ヘリコプター飛行隊のMH-60S。
報道や警察ヘリも含め、ヘリがうじゃうじゃ。



暇つぶしに西武2000・・・

そしてUH-1がちょろちょろしてるなーと思ったら、しばらくして・・・



Wow!先に予備機が到着の模様。
絞りミス&激しくトリミングしてます・・・練習無しだったので、機体の距離感がさっぱりわからず撃沈。
ただ、先述の通り2基来ることはわかっていたので、気楽に。

とは言いつつも、かなり光線状態が微妙。
滑走路の東西どちらへ行っても、後ろから日が当たる感じ。
反対側へ移動するならさっさとしなければいけませんが・・・地面に木の棒を突き刺し、影の方位をコンパスではかると、ギリギリこちら側寄りのことが判明したため、場所は変更なしで本務機を狙うことにしました。



そして今度はこっち側でちょろちょろ。



ハイ来た。
もう少し絞ったほうがよかった・・・



もうワンカット。木が被るすれすれ・・・

満足にはいきませんでしたが、とりあえず捕獲。
その後だらりと近くの公園へ。

しばらくすると・・・



マリーンワン御一行様(大統領専用ヘリ)
こちらも本務機と予備の2基体制の他、随行機も来ました。
ゴルフ場と逆の方向なのにな・・・なぜかっこっちに来ました。



VH-3D。置き換えが検討されているとのこと。



MH-60Sが随行。

基地周辺の規制も解除されたので、ブラブラしてると、またもヘリが。



陸軍のUH-60。



相変わらずUH-1がちょろちょろ。

この時点でだいたい13時ごろ。ちょっと帰るには早すぎるので寄り道。



青梅鉄道公園へ行きました。

というわけで、トランプ米大統領来日でした。
Posted at 2017/11/05 20:26:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月01日 イイね!

大型二種、とりました。

大型二種、とりました。さてさて、題名の通りでございます。

実は8月ごろより大型二種を取得すべく教習所に通っていまして、10月末に卒検に合格し、免許センターでも無事合格し、ありがたく免許を頂戴してきたのであります。

今までさんざん「二種の学科は難しい」と脅されていましたが、いざ授業を受けてみると結構一種の復習が中心なんですネ。
法令関係が多少あるとはいえ、ほとんど一種に毛が生えたようなもの・・・とナメてかかったら効果測定で一回落とし。
一日二回まで受けられたので、その日のうちにもう一度受けてクリアしましたが、やはり一応勉強せねば。

二種の実技といえば、やはり鋭角。
第一段階で練習しますが、仮免前の修了検定ではやらず、卒検で行う項目です。
まぁ一段階で教官にそこでハンドル切れとか言われながらだったらできますが、一人でやれと言われてもまーできないこと。
よく卒検前のみきわめ一回で通ったと思いますよ・・・MAXの3回切り返しでやっと。
卒検では2回でクリアしましたが・・・ヒヤヒヤもんです。

私の通っていた教習所、バスが3台あり、路線落ちの日野ブルーリボンワンステ(角4灯)、路線落ちのいすゞエルガワンステ(KL-LV280N1?)、新造車の日野ブルーリボンⅡ(PJ-KV234N1改?)の3台。
路線落ちはやたらクラッチがつながらず、新造車はやたらつながります。
最初は路線落ちのほうが好みでしたが、次第に新造車が乗りやすくなりました。



改造ではなく教習車で導入された車両。走行はまだ22万kmほど。
この新造車が検定で使用される検定車。

で、卒業検定の時も当然この車。
最初に場内検定項目(鋭角と方向変換or縦列と後方感覚)を行い、その後路上だったのですが、場内で私が方向変換をしている最中に、何やら警告音が。
メーターを見ると、冷却水のランプが点灯・・・教官に伝えましたが、とりあえずそのまま続行。

場内項目終了後休憩をはさみ、休憩から戻ってみると検定車の他にもう一台バスが。
ハイ、まさかの車両交換・・・路上の検定は路線落ちのやたら古いブルーリボンでやることになりました・・・。
第二段階の多くの時間を検定車で走ったので、すっかりそれで馴れていたのに・・・こんな事もあるもんなんですね。

車の問題もありましたが、とりあえず一発合格。

んで、免許センターでの学科試験。
落ちれば落ちるほどお金もかかりますからネ・・・さすがに勉強しましたよ。

して、受験番号は



5番。

試験問題はやはりほぼ一種の問題。
二種関係の問題も大したのが出ず、こんなもんでいいのか・・・?という感じでした。
効果測定のほうが難しかったかも?

そんでしばし待つこと十数分。



すずむし、合格!といったところですかね(水曜どうでしょう好きのみ)

まさかの最若番なので、視力検査の列の先頭。
深視力も難なくパスし、書類提出→写真撮影→10分くらいダラダラで・・・



免許証をいただきました。
前回の更新が準中型制定前だったので、今回から準中型と大型二種になりました。

乗れる車が多い割に、種類の枠が寂しいですな・・・

これでつまり。



こいつをホンモノにすることも可能なわけだ(ダメです)

大型二種をとった時点で、どんな業界に行くかはお分かりですね。
安全運転に努めます。
Posted at 2017/11/01 20:01:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

古いモノ、古い音楽が大好きな20代です。 車の他、昔の音楽関係(特に80年代)や、航空機撮影等も趣味としています。 名前の由来は、80年代中頃に一世...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セドリックセダン 日産 セドリックセダン
GF-Y31・セドリックセダン・クラシックです。 FD-3シビックハイブリッドからの乗 ...
ホンダ シビックハイブリッド 秀美号 (ホンダ シビックハイブリッド)
二十歳の誕生日に新車購入。 この頃、すでにシビックは生産終了した後で、在庫車を購入しま ...
ホンダ フィット 青タヌキ (ホンダ フィット)
GD-1後期です。 18歳で免許取得後、家族共用で使用しておりました。 父親がどうして ...
ホンダ インサイト ホンダ インサイト
GD-1からの乗り換え、現在親が使用するZE-3インサイト。 後退時の後ろの見にくさは ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる