• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ナオトマンのブログ一覧

2017年06月04日 イイね!

高い走行性能と安全性、そして積載力をも兼ね備えている。 こんな車、他にはありません。

高い走行性能と安全性、そして積載力をも兼ね備えている。 こんな車、他にはありません。納車から半年経過、約5,000km走行して、レビューを書いてみました。
乗れば乗るほど、いい車だなぁと、感動を覚える車です。

2リッターのFA20エンジンは、S#マニュアルモードにし、特にワインディングで運転していると、ステーションワゴンであることを忘れてしまうほど、加速感、コーナリングがめちゃくちゃ気持ち良く、程よいエンジンサウンドも聞こえてきて、愉しい。
ワゴンボディでユーティリティにも優れているし、スポーティーなエクステリアで人目を引くし、そして、アイサイトは運転の支援をしてくれるし。

”安心と愉しさを”のキャッチフレーズそのままに、
”スバル”という会社が、どんな想いを込めて車を創っているのか、その集大成がレヴォーグではないのか、と思えるほど、運転していると作り手の想いが伝わってきます。

運転が楽しく、実用的で、荷室が広くて、と考えると、国産車では必然的にレヴォーグ(レガシィ ツーリングワゴン)に至ります。さらにアイサイトが搭載されているとなると…もうレヴォーグしか選択肢がありません。

高い走行性能と安全性、そして積載力をも兼ね備えている。こんな車、他にはありません。大切にしていきたい車です。

ありがとう、レヴォーグ、ありがとう、スバル。
Posted at 2017/06/04 21:50:34 | コメント(0) | クルマレビュー
2017年06月01日 イイね!

最近の気になるトピックスまとめ

仕事が繁忙期で、月末を乗り切り、気がつけば、6月。
忙しくてレヴォーグに乗る時間がありませんでした(>_<)

その間、車に関して気になるトピックスが色々と。

●WRX STIがビッグマイナーチェンジ!
https://www.subaru.jp/wrx/sti/



https://dime.jp/genre/392012/

特に内装面で、今後レヴォーグ、S4のビッグマイナーチェンジのヒント、(答え?)になっていると思います。

●【ニュル24時間】スバル WRX STI、まさかの炎上でストップ
https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20170528-10265994-carview/?mode=full

これは残念でなりません。。

●インディ500を佐藤琢磨が日本人として初めて制覇!!
http://www.honda.co.jp/INDY/race2017/rd06/



これは本当にすごいニュースです!!偉業を成し遂げました!!

テニスでいうと、錦織圭が4大大会の一つを優勝するようなもの。
競馬でいうと、日本馬が凱旋門賞で勝つようなもの。

インディカーにホンダがエンジンを供給しているのは知りませんでした。

しかし、国内メディアは盛り上がらず…
これが、国内のモータースポーツが盛り上がっていない現実…
悲しいです。。

●自動車税は現金ではなく、クレジットカード→nanacoカードで支払い!
https://shokonoaruie.com/nanaco-charge/

自動車税の支払いが非常に重荷。これ、なんで住民税とか固定資産税みたいに分割にできないのでしょうか?
しかし、クレジットカードとnanacoカードを駆使して分割払いに!

●新型シビック プロトタイプ試乗会


https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170530-20103221-carview/?t=0

往年のシビックのイメージは全くありませんが、
国内のCセグメントクラスは、ほとんどがプリウスで占められているようなもの。

販売面では正直厳しいと思いますが、個人的には歓迎。

しかし、値段にもよりますが、インプレッサやレヴォーグも射程内に入り、それらと比べるとイマイチな感じが…

機会があれば試乗してみたいと思います。
Posted at 2017/06/01 23:05:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月21日 イイね!

Life×SUBARIST

これ、メチャクチャいいですね!



スバルの企業ブランドイメージにもってこい。
小田和正さんのWonderful lifeが引き立ててくれます。

歌詞も、ドライブ、前を向いて走っていくイメージを描き立たせるもので、大好きです。
これ、地上波のテレビCMで流れたらいいのに。

Life×SUBARIST
https://www.subaru.jp/tms2015/life_subarist/

”ドライブに出かけること。趣味に打ち込むこと。大切な仲間と過ごすこと。
スバルのある毎日を、自分らしく愉しむ、
そんな人こそが、スバリストです。”

スバルが掲げるメッセージ。
とてもとても共感できます。
僕もスバリストの仲間入りですね(^o^)


新しいストーリーは、“安心と愉しさ”から始まる。

クルマは、人生を乗せるものだから。


https://www.subaru.jp/tms2015/message/

クルマがあってこその、エンジョイライフ。
その通りだと思います。
そんなメッセージを提言するスバルさん、素敵です。

レヴォーグに乗るようになって、なおいっそう共感します。

スバル車との関わりをこれからも大切にしていきたいです。
Posted at 2017/05/21 21:45:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月16日 イイね!

FA20のMTに乗ってみたい欲求が…

FA20のMTに乗ってみたい欲求が…レヴォーグに乗り始めて5か月が経ち、5,000km走りました。

車にだいぶ慣れてきて、何か雑に扱うようになりつつありますが、
ボディにはかなり気を遣っています。

前車では、鳥のフンを放置し過ぎたあまり、塗装に浸食してしまいましたので…(^^;)
鳥のフンや虫の死骸はすぐに除去するようにしています。


さて、タイトルにあるように、SIモードについての話です。

普段は、Iモードで出来る限り燃費を気にして走るようにしているのですが、

たまには走りを楽しみたいときもあるものです。

見通しの良い直線道路、山道、高速道路での追越など…

そんな時、Iモードでは、アクセルを踏んで自分が思うようなレスポンスが得られなくて、加速がもたつくんですよね。

で、これをSモードにしても、あんまり変わらないんですよ。

高速走行時に若干回転数が高めになるだけで、パワーの出方とかはIモードとあまり変わらないような感じがします。

なので、それがわかってからは、追い越し時など、素早い加速が必要なときは、専らS#を使うようになりました。

やはりS#だと、パワーの出方が2つのモードと全然違いますし、これぞ2リッターターボのボクサーエンジンだと
言わんばかりの、エンジンサウンドとレスポンスを見せてくれます。

これがめちゃくちゃ楽しいです!

S#に切り替えてこそ、FA20エンジンの真骨頂を発揮できるのでしょうね。

IモードやSモードだと、電子制御でエンジンパワーを抑えて、燃費を重視したモードだと感じます。

実際、低回転域で走行しますし、それでいてトルクが足りないというわけでもなく、街乗りでは問題ありません。

燃費も長距離を走ると、カタログ燃費は悠々超えますし、これはこれで素晴らしいです。

しかし、本来のFA20エンジンを堪能するには、S#にして制御を開放してやるのです。

さらにマニュアルモードで走ると、なお楽しいのですが、これがMTだとどうなのか、知りたい欲求が出てきました。

エンジン的には、EJ20を搭載したWRXstiがもっとスポーティーなのですが、燃費面ではFA20よりも劣ります。

MTだと、現状アイサイトの恩恵も受けられないですし、燃費面とのバランスを考えると、FA20が最高にいいのですが、、

FA20のMT車があれば、是非乗ってみたいものですね(^○^)
Posted at 2017/05/16 20:32:22 | コメント(0) | クルマ
2017年05月08日 イイね!

日産 ノート e-POWER

エンジンは発電のためだけ、モーターで駆動するという新しい発想で話題の、日産 ノート e-POWER。試乗しました。

結論から申し上げますと、コンパクトカーの購入を検討されている方にとっては、断然お薦めです!



日産「ノート e-POWER メダリスト&NISMO」(公道試乗)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1054625.html

モーターの加速は圧巻です。とてもスムーズで、静かに加速していく。
これはハイブリッドのガソリン車では味わえない加速感。これはこれでありです!
試乗して、売れている理由がよくわかりました。

ハイブリッド車って、電気自動車への繋ぎの状態だと思うのですよ。
にもかかわらず、世の中の主流は燃費のためのハイブリッド。
排ガス等々で温暖化の影響をいうのであれば、本来はEVであるべき。
けれど、ガソリン車と比べて航続距離が短い、充電に時間がかかるなど、まだまだ課題は多い。

しかし、この日産 ノート e-POWERは、充電する必要がなく、今までのガソリンエンジンと同じ感覚で、
電気自動車を乗ることが可能になったと言えます。これが売れている理由でしょう。僕も欲しくなりました。

前車がコルトのターボで、加速感もこれなら違和感なく十分。
同じコンパクトカークラスで乗るのであれば、ノートのニスモや
オーテックバージョンならありかも、と思いました。

ただ、やはり車格がコンパクトカークラスで安っぽさがあり、所詮はノート。
もう少し上質感が欲しいのと、新車で買おうとすると、
納期が2~3か月以上かかることや、総支払額が250万円くらいになり、割高感が否めません。
そう考えると、Cセグクラスの車も視野に入って来るので、悩みどころです。

アクアやフィットを買うくらいなら、断然ノート e-POWERでしょう。
今後、e-POWERのシステムは、セレナ等にも搭載されていくそうで、要注目です。
Posted at 2017/05/08 22:51:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「だいぶ情報が出てきましたね。
スバル・レヴォーグ、3年目の大型変更でアイサイトがググッと進化 bestcarweb.jp/archives/25847」
何シテル?   06/08 18:45
仕事で徳島に来ていますが、月1ペースで地元の滋賀に帰省しています。 趣味は ・ドライブ 「どこかに行くために車に乗る」のではなく、 「車を運転するため...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

5月1日(月)豊郷登校&マキノ メタセコ並木、弾丸撮影オフ会!(\*´∀`*)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/03 07:43:25
スーパーオートバックス東雲 DELTA 0W-30 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/02 04:11:00
スバル(純正) elf LES PLEIADES ZERO 0W-30 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/02 04:09:57

お友達

車好きな方、共通の趣味がある方、同世代の方、スバリストの方々、お手柔らかによろしくお願いします
6 人のお友達がいます
タビトムタビトム * mario0470mario0470 *
pika-Qpika-Q *みんカラ公認 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム H@ruH@ru

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
前車のコルトラリーアートを横転事故してしまい、単独事故扱いで車両保険が使えず修理代も高額 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
平成20年に中古にて購入。(平成19年式) MTで4ドア5ナンバーサイズ、燃費が10k ...
ホンダ CR-X ホンダ CR-X
どうせ車に乗るなら、面白い車を。 と言っていて格安で譲ってもらったのが、ホンダ・CR-X ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.