• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ナオトマンのブログ一覧

2018年01月23日 イイね!

D型レヴォーグSTISportsとWRX STI試乗!!

D型レヴォーグSTISportsとWRX STI試乗!!先日から続く試乗レポシリーズ。

最寄りのスバルのディーラーに、レヴォーグD型STISportsの2.0の試乗車があるということで、立ち寄って試乗してきました(^^)

写真等は撮っていませんので、文章だけということで、ご容赦ください(>_<)

僕の乗っているA型2.0GTとの比較になります。

まず、ハンドルの感触が違う。さすが好感触版。
実は、このハンドルを握ったせいで、ハンドルカバーを買いました(笑)

sparco ステアリングカバー
http://minkara.carview.co.jp/userid/269043/car/2314115/8912694/parts.aspx

あと、内装はどことまではわかりませんでしたが、若干質感の向上が感じられました。

しかし、個人的な好みで、やはりボルドー色の内装は×です。。
カタログほどきつい色ではないにせよ、ちょっとなぁ。
これ、ブラックとボルドーと、選べたらいいのに。

外装は断然、STISportsが好みです。
フロントバンパーをこれに変えたい。

さて、走り出すと、個体差なのか、自分のレヴォーグよりも、アクセルを踏まないと前に進みません。

しかし、最も違うのはやはり足回りで、これが一番違いを感じられました。

GTだと、KYBダンパーで、低速時、街乗りレベルで路面が悪いところだと、
突き上げが内蔵に響く感じで、きついんですよ。

でも、STISportsのビルシュタイン、ダンプマチックⅡダンパーだと、
柔らかくないのに、荒れた路面でも上質でしなやかな乗り心地。
これはいいと思いました。

アイサイトツーリングアシストも試しました!

C型までのアクティブレーンキープのボタンが、ハンドルのマークに変わっていて、
これを押すと、すぐにハンドルアシストが作動する仕組みになっています。

慣れるとそうでもないのでしょうが、勝手にハンドルが動くようになるので、ちょっと気持ち悪く感じました。

あと、D型は静粛性が向上しているとのことですが、
短時間での試乗では、そこまでの違いは感じられませんでした。

総合的に試乗した感想としては、D型に乗り換えたい!って個人的に思えるほどではなかったです。
もちろん、資金面で余裕があるのであれば、乗り換える価値は十分あるのでしょうけど(^^;)

今のA型で、アイサイトもVer3で十分だし、オートビークルホールドも便利そうだけど、信号待ちとかで、電子パーキングブレーキをオンにすれば十分だし。

D型で羨ましいのは、8インチのナビが入れられるようになって、Apple Car Play対応のナビがあるということでしょうか。

いずれにせよ、レヴォーグは元々A型から完成度の高いクルマだということなのかもしれませんね(^^)


さて、話は変わりますが、レヴォーグの試乗を終えた後に、
WRXSTIがたまたま置いてありまして、運良く試乗させていただけました!

外観、内装ともに、レヴォーグと共通する部分が多いように思いますが、
いざエンジンを掛けて乗り出すと、全く別の車ですねw

EJ20のボクサーサウンドは、ドロドロ…といい音を奏でてやはり迫力が違いますし、
ホールド感の高いレカロシートと、ゴツゴツした乗り心地。
やはりこれがWRXSTI、快適性を求めるクルマではないのだなと思いました。

MTのフィーリングも良く、低速トルクもある感じでやっぱりMTの運転は楽しいですね(^^)

短時間での試乗だったので、アクセルは踏めませんでしたが、
S#にして加速しても、体感的にはレヴォーグとあまり変わらないような気がしました。

WRXSTIは、街乗りや高速での長距離走行が中心の自分にとっては、ちょっと肩肘張る感じに思えたので、
やっぱりアイサイトも搭載されている、レヴォーグやS4の方が気楽に乗れるからいいや、と思いましたw

他社では、MTでもスイスポやシビックにクルコンや自動ブレーキが搭載されているので、
スバルでも是非MTでのアイサイト搭載を切望します!!

次期型SGPのWRX、レヴォーグに期待!!
Posted at 2018/01/23 22:52:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月18日 イイね!

新型シビック・試乗

新型シビック・試乗先日、新型シビック(ハッチバックですが…)を試乗しましたので、その感想等を記せればと思います。

販売面では正直厳しいと思っていましたが、
なんと発売から約1カ月で1万2000台が受注、しかもMTが4割を超えているそうで、意外にも需要はあるみたいですね(^^)

見た目は個人的に好み、内装の作りは、、ちょっとちゃっちいかな…
インプレッサやレヴォーグの方が質感高いと思います。
ただし、後席にエアコンの吹き出し口があるのはいいですね。

1500ccのVTEC直噴ターボのパワーは、なかなかのものです!
街乗りでは、まず不満はありません。
これ、MTなら確かに運転が楽しいと思います。
このクラスでMTは少ないですから、売れている理由もわかります。

ボディの剛性感、乗り心地も質が高いと思います。
あと、ラゲッジスペースが思いの外広いのには驚きました。

総合的に、いい車なのは間違いないのですが、いかんせん値段が高いですね…
これならにレヴォーグの1.6のGTも射程内に入ってきます。

パワー感も、レヴォーグの1.6に近いものはありますし、
総合的なクルマのクオリティの高さは、レヴォーグにあり。

どうしてもMTを乗りたいのであれば、シビックでしょうね。

【ホンダ・シビック試乗】久しぶりにMTを楽しめる、ライバルよりも一枚上手な性能・乗り心地
https://clicccar.com/2017/12/22/541918/


さて、タイプRについては、今一番試乗したい車なのですが、なかなかディーラーに試乗車がありません。。

まさかスペック的なこともあってか、WRX STIと比べられる日が来るとは思いもしませんでした!
確かに見た目も、エアインテークや大型リアスポイラーなど、
タイプRがWRXをパクったかのような外観…w

WRX STIとシビック タイプRをサーキットでガチ対決させる
https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20171219-20103507-carview/



印象では、タイプRが電子制御バリバリの高性能スポーツカーで、
WRXが古典的なスポーツカー、といったところなのでしょうか。

値段で言うと、これもタイプRが強気の値段設定なので、
この値段ならWRX STIの方がいいのでは…と思ってしまいます。

昔の庶民でも手の届くタイプRは、どこへ行ったのでしょうか。
ユーザーが求めているのは、性能ばかりではありません。
ニュルで最速とか、どうでもいい。

この辺、僕も元々ホンダ車からスタートしているので、
ホンダには思い入れがあるのですが、やっぱりズレているんですよね。。
ホンダに戻ろうと思っても、戻れる車がない。
もはやお買い物カーとして、N-BOXを乗るしかないw

ちなみに、WRX STIは、先日ディーラーで運良く試乗できましたので、
またレポできればと思っています。

タイプR、MTでもクルコンがあるのは、いいですね~。
そろそろMTでもアイサイトがほしいところです。

ホンダ・シビックタイプR試乗【公道&サーキット】
Posted at 2018/01/18 22:48:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月16日 イイね!

新型スイフトスポーツまとめ

新型スイフトスポーツまとめ書く時間がなかなかなくて、今さら感満載ですが、
スイフトスポーツの試乗レビューを書いたので、ネット上で見つけたスイフトスポーツ関連の動画や記事をまとめてみました。

写真で見る スズキ「スイフトスポーツ」
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1080614.html

【新車】スズキ スイフトスポーツ登場! 新型スイスポはまるで牛丼。その心は「安い」「うまい」「はやい」
https://clicccar.com/2017/09/13/510525/

tvk「スズキ スイフトスポーツでいこう!」 2017/9/24放送


スズキ新型スイフトスポーツに速攻試乗!


街乗りメインだと、やっぱりこれくらいのサイズとパワーがちょうどいいですね!
アクセル踏めるし、ワインディングでは特に運転が楽しめそう(^^)

タイトル写真は、ちょうど試乗車と自分のレヴォーグ。
試乗車の色も青だったし、買うならやっぱり青かなぁ。

お金があるなら、レヴォーグと2台持ちしたい(笑)
Posted at 2018/01/16 21:58:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月16日 イイね!

スイフトスポーツ、素晴らしいホットハッチ!!

スイフトスポーツ、素晴らしいホットハッチ!!先々代のスイフトスポーツのレビューを書いていたのですが、先日、新型のスイフトスポーツを試乗してきたので、今回も書いてみることにしました。

前に乗っていたコルトラリーアートを彷彿とし、正常進化バージョンに仕上がった新型のスイフト・スポーツ。
先々代で一番の懸念材料としていた、エンジンパワーは完全に払拭されていました。
公道で十分使い切れるパワーで、不足は感じられません。

内装の質感も高く、このクラスでは十分。
乗り心地もそんなに硬くなく、同乗者からも不満は出ないレベルだと思います。

MTなのに全車追従クルコンがついていること。
そして200万円を切る車両価格。

Bセグクラスの車を買うなら、今はこれが一押しの車でしょう。

今はスバルのレヴォーグに乗り換えましたが、発売のタイミングが合っていれば、このスイフトスポーツを買っていたかもしれません。
Posted at 2018/01/16 21:17:19 | コメント(0) | クルマレビュー
2018年01月08日 イイね!

レヴォーグの新CM。

ちょうど年越しのタイミングで、レヴォーグの新CMが公開されました。

このCMが僕にとって、ど真ん中過ぎて、めちゃくちゃいいです(^^)
(曲のチョイスは、なぜコブクロ?小田和正の方が僕は好きなのですが…)

LEVORG:TVCM 「人生を走ろう。」 篇 30秒


LEVORG 「レヴォーグと新しい旅に出かけよう」 ツーリングアシスト篇


LEVORG 「レヴォーグと新しい旅に出かけよう」 ドライビング篇


レヴォーグに乗り換えてから、本当に新しい旅に出かけるようになりましたし、助手席に人を乗せていて、忘れてしまうほどの運転の楽しさが確かにある(笑)

ツーリングアシスト編とか、これ絶対アイサイトと愛妻とを掛けてるだろ(笑)
でもそれがいい!スバルさん、わかってるなぁ(^^)


あと僕に足りないのは、助手席に座る人w

大切な人と一緒に、どこまでも、いつまでも。
人生を走るクルマ、レヴォーグ。

今年はこのCMのように、「走りが好きなのか、旅が好きなのか、その両方でしょ」と言ってもらえるような妻を見つけられるよう、
頑張りたいと思います(笑)

Posted at 2018/01/08 18:19:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「D型レヴォーグSTIsportsとWRX STI試乗!! http://cvw.jp/b/269043/41008072/
何シテル?   01/23 23:05
仕事で徳島に来ていますが、月1ペースで地元の滋賀に帰省しています。 「どこかに行くために車に乗る」のではなく、 「車を運転するためにどこかへ行く」のがポ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

SUBARU 純正 D型レヴォーグ FITTNG BRKT NAVI(H0017VA930) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/04 17:48:59
KENWOOD 8インチナビキット KIT8-14MP 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/04 17:47:42
HKS HIPERMAX Ⅳ GT Spec-A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/18 23:29:20

お友達

車好きな方、共通の趣味がある方、同世代の方、スバリストの方々、よろしくお願いします
7 人のお友達がいます
タビトムタビトム * mario0470mario0470 *
FJ CRAFTFJ CRAFTみんカラ公認 pika-Qpika-Qみんカラ公認
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
前車のコルトラリーアートを横転事故してしまい、単独事故扱いで車両保険が使えず修理代も高額 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
平成20年に中古にて購入。(平成19年式) MTで4ドア5ナンバーサイズ、燃費が10k ...
ホンダ CR-X ホンダ CR-X
どうせ車に乗るなら、面白い車を。 と言っていて格安で譲ってもらったのが、ホンダ・CR-X ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.