• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MA0228のブログ一覧

2018年01月04日 イイね!

ガンベイド(1)

ガンベイド(1)ABCホビーのガンベイドを買った。所謂、Mシャーシという奴である。このシャーシ、評判どおり非常に良く走る。とにかくコケない。コーナーで粘る。サスペンションは前後ともにストラットだが、シンプルかつ軽量で、フリクションが少なくスムーズで、バネ下荷重が少ないところがよいのだと思う。

欠点をいくつか挙げておこう。ひとつは、ネジがバカになりやすい。調子にのってキャップボルトを締めていると、バカになる。このあたりは適度に締める、というのが常識ではあるのだが、このシャーシに限って言うと限界が掴みづらいというか、加減がわかりにくい。モーターマウントやサスマウントのパーツをアルミに換えることによってある程度対策できるが、それでも樹脂パーツにM3をねじ込む部分は残るので、気を付けて頂きたい。ABS用の接着剤を流し込んで復活させるとか、プラリペアを使うとか、ネジ穴を復活させる方法はいくつかあるので、困ったらググってみて欲しい。

欠点の2つめ。多くの方々は、フロントにアルミステアリングセットを組んでいることと思う。標準の樹脂パーツはガタが多く、ベアリングだけでも入れておきたいところだが、オプションのアルミステアリングセットにはベアリングも込みでキット化されていて、ステアリング周りのガタをかなり抑え込むことができる。しかしながら、このアルミステアリングセット、キャップボルトの締め込み方が難しい。

走っていると、ステアリングクランクの部分のキャップボルトがすぐに緩むのだ。常連の方に聞いたら、「思いっきり締めればいいよ」とのことだったが、思いっきり締めるとベアリングが回らなくなる。かといって、よく回るように調整すると、走行後に緩んでガタガタになってしまう。

で、このステアリングクランク部の対策だが、長めの貫通する程度の長さのボルトに交換するとよい。クランクがスムーズに回るような位置まで回したら(緩めたら)、裏側からM3のナイロンナットでロックするように締めるのである。ステアリングクランク左右のボルトは下からキャップボルトを通してナイロンナットで上部を固定。サーボからのロッドをつなぐL字状のクランクの根元のボルトは上からキャップボルトを通して下部をナイロンナットで止めるとよい。

残る2か所のステアリングホルダーにねじ込む部分も、アルミオプションを入れていると緩む。ここには、14mm長のキャップボルトを使う。最後まで締めこむと約0.5~1mmの隙間が残るので、残った隙間はワッシャーなりスペーサーなりで微調整すればよい。

そのほかにもちょこちょこっとTIPSがあるのだが、それは随時紹介させて頂くこととしよう。今日は、おやすみなさい。
Posted at 2018/01/04 00:13:19 | トラックバック(0) | ラジコン | 日記
2017年07月01日 イイね!

トドロキモデル プロジェクト ER-12

トドロキモデル プロジェクト ER-12トドロキモデルのプロジェクトER-12。中学生の頃の「マイ・トゥエルブ」である。

振り分けバッテリーを始めとして、武田訓政氏の設計によるこのマシンのレイアウトは非常に凝ったものだが、バッテリーが単二の2/3サイズを左右に3本ずつパックして積むという特殊な形の7.2Vセルで、容量が小さい上に他社のバッテリーが載らないのが大きな欠点だった。また、モーターがリア駆動軸の後ろにあるため、特に540モーターを搭載するとテールヘビーになった。巻線コントローラーは、このモデルに限らないが接触不良が多かったように記憶している。逆転サーボでないとステアリングリンケージが妙な取り回しになるので、プロポのスティックを180度ひっくりかえして使ったり、とにかく走らせるのがたいへんなマシンだった。

写真は、何を思ったか最近になって弟がオークションで競り落としたもの。それが私と息子にまわってきた。久しぶりにとても懐かしく手に取ったが、スピコンのレバーは初期型で、サーボから伸びているリンケージと干渉してうまくうごかない。一部を削り取って、とにかく動くようにしたが、やはり接触不良が多くてダメだ。ちなみにこのスピコンのレバーは、発売後のマイナーチェンジで、端子部がリーフスプリング状になったものに代わっている。

私も、ラジオベッドを自作して汎用バッテリーがつくようにしたり、KOのアンプを載せたりしていろいろ悪戦苦闘したものである。そのときのキットは残念ながら実家の立て直しの時にごみに出してしまった(らしい)。2台分のパーツがあったので、いまとなってはちょっと残念である。

さて、今回のマシンであるが、基本はオリジナルで、モーターも380無印のまま。プロポも懐かしのフタバFP-2GSである。わたしは三和ダッシュ2にピストルグリップをつけて使っていたので、スティックはちょっと不慣れだが、まぁちょっと遊ぶのならこれでもだいじょうぶ。バッテリーは単2型のNi-MHを4本で4.8V仕様。巻線式のスピコンはあきらめて、アンプ(ESC) KO VFS-FRを用いることにした。このアンプは4.8Vから使える上にバックも可能なブラシモーター用ESCなので都合がよい。オークションで格安で落札し他中古品を、本来は受信機用電池が収まる位置に収めた。写真は2サーボ仕様で、スピコンもそのまま載っているが、スピコンとスピコン用のサーボはダミーである。

駐車場での走行動画を撮ろうと思ったが、ぶつけまくって、恐ろしく恥ずかしい映像なのでやめておくことにした(笑).現状のシャーシは驚くほどアンダーが強く、低速でないと曲がり切れない。4.8Vでもこうなのだから、7.2Vに540だとちょっと手に負えないかもしれない。単にこの旧車を走らせるだけのために、バッテリーやESCなど、少し出費したが、まぁ、非常に懐かしい走行音と操作感覚が味わえたので、よかったと思う。

実は2.4GHzの最新プロポを先週買ってきた。そちらのプロポをつかって、MシャーシかGT500をやろうかとひそかに思っているところである。
Posted at 2017/07/29 13:58:20 | トラックバック(0) | ラジコン | 日記
2017年06月23日 イイね!

カーオーディオ(現状の構成)

現状の構成をここにまとめておきます。

HU: carrozzeria DEH-P01

フロント2ch:
 ミッドウーハー: carrozzeria TS-V171A 17cmミッド
 ワイドレンジツイーター: carrozzeria TS-STX99(5.7cm, サテライト用)
 スーパーツイーター: Kicker RS65.2用ツイーター

リア2ch:
 ミッドウーハー:carrozzeria TS-V07A 17cmミッド
 ツイーター:Kicker RS65.2用ツイーター

サブウーハー
 ALPINE SWE-2200 (付属アンプ未使用)

アンプ
 フロント2ch: ALPINE PDX-4.100 (定格100W×4)
 リア2ch: ALPINE MRV-F300 (定格50W×4 新しいデジタルアンプの機種)
 サブウーハー: Rockford Fosgate Prime R500X1D (定格250W/4Ω, 500W/2Ω)]

クロスオーバー:(DEH-P01のデジタルネットワーク)
 SW/フロントMID:63kHz, -24dB/Oct
 フロントMID/ワイドレンジツイーター:800Hz, -24dB/Oct
 フロントスーパーツイーターHigh Pass: 1.0μF コンデンサー(-6dB/Oct)
 SW/リアMID:63kHz, -24dB/Oct

クロスオーバー:(Audiocontrol 2XS)
 リアMID/リアツイーター:3.6kHz, -18dB/Oct

フロントのワイドレンジツイーターは、DEH-P01の"High" に接続しているため、High Passの周波数は800Hzまでしか下げられない。この周波数でクロスさせているが、今のところ特に不満は無い。ちなみに、リアの2chはDEH-P01の "Low" 出力に接続し、P01側では63HzのHigh Pass しか設定していない。リアのMID/ツイーター間は、Audiocontrol 2XSで分割、レベル調整も2XSで行っている。非対称クロスや上下のクロスをずらすようなやり方は一切していない。すべて-24dB/Oct。

サブウーハーはSWE-2200の2つのユニットを並列接続(2Ω)して、Rockford R500X1Dで駆動。ゲインは9~10時程度である。R500X1Dは-12dB/Octのクロスオーバー内蔵だが、これはバイパス不可なので、周波数をもっとも大きい側(250Hz?)にして、DEH-P01のクロスオーバーを使用して鳴らしている。特に問題は無いようである。

フロントおよびリアの4chアンプはどちらもゲイン最小。この状態がいちばんS/Nが良い。かつてはAudiocontrolのMATRIXも使用していたが、PDX-4.100が高出力かつS/Nもよいため、ラインドライバーは外してしまった。パワー感を出すには、ゲインを少し上げるか、再びラインドライバーを導入してもよいかもしれない。

スーパーツイーターは -6dB/Oct,コンデンサ一発で繋ぐ。容量は何度か変更して1.0μFに落ち着いた。FOSTEX製を使っているがSHIDZUKIでもどこでも気に入ったものであればよいと思う。いまのところは正相で接続。おそらく12~15kHzあたりでツイーターと自然につながっていると思う。

かつてはRTAを測定できるソフトウェアを使い、ベリンガーのマイクできちっと周波数特性を測定していた。ソフトウェアがWindows XPでしか動作しなかったのだが、WinXPを入れた古いノートPCが故障してしまったので、今は測定環境が手元に無い。サイン波のスポットを使って聴感でEQを調整しているが、実はこれが結構うまくいくのである。

曲を使った調整にはこの10年来、何曲か定番の曲を用いている。宇多田ヒカルやMISHAなど。特にウーハーとMIDのEQ調整に関しては、ベースラインで肥大化した音や妙な響きが出ないよう、自然な音として聴けるよう調整している。それでも、ミッドの中低域はまだ不快な振動が耳に入り不満だ。デッドニングをもっとしっかりやったほうがいいのか、それともドアに補強を入れるべきか、大いに悩んでいる。極論を言えば、フロントだけでもエンクロ化したいところではあるのだが、さすがに17cmユニットでは無理だろう。

サブウーハーはまだまだ課題だらけ。ただ、荷物がつめて邪魔にならないサイズということだと、現状のALPINE SWE-2200か、carrozzeriaのTS-WX77Aなどのバックロード型ということになりそうである。かつてはBOSEのサブウーハーも使っていたので、場合によっては再びBOSEを復活させることも考えたい。

もちろん、まだやりたいことはいろいろ。でも、考えているときが楽しいのである。。すべて満足のいく組み合わせになってしまったら、楽しみが無くなってしまうから。さて、次の休みにはどこを弄ろうか・・・

Posted at 2017/06/23 00:35:04 | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2017年06月03日 イイね!

アンプのゲイン調整

アンプのゲイン調整について書くとしよう。ゲインの話は2chでも価格.comでもいつも荒れる(笑)。ここでは、私なりに考えるゲイン調整法について、基本的な考え方をまとめておきたい。

スピーカーの能率にもよるのだが、カーオーディオ用の標準的なスピーカーユニット(4Ω,能率85~90dB/W/m)の場合、せいぜいアンプの出力は10~20Wもあればじゅうぶんな音量が出るのである。まずはこのことを覚えておいて頂きたい。

さて、例えばアルパイン製のアンプの場合、入力感度(ゲインボリューム)は4V~200mV程度の範囲で調整できる。アンプへの入力電圧、すなわちデッキのプリ出力が高い(4V)場合は入力感度を低くする。対してプリ出力が低い場合は入力感度を上げる、すなわちゲインを高く設定することになる。

定格50Wのアンプで、ゲインボリューム最小位置[4V]位置において、4Vを入力すれば定格出力が出ると考える。50[W] = E^2 / R, ここで、R=4[Ω]とすると、E=14.1[V] つまり、利得は20log(14.1/4)=11dBとなる。同様に計算すると、

<ゲインボリューム最低位置でのアンプの利得>
定格 25W ⇒ 利得 8dB
定格 50W ⇒ 利得 11dB
定格 100W ⇒ 利得 14dB
定格 150W ⇒ 利得 15.7dB

アンプの利得はメーカーによってけっこう異なるので、上記の値はあくまで "目安" にすぎないが、国産のアンプならだいたいこのぐらいの値になっているはずである。先に述べたように、アンプの出力としては15W程度で十分な音量が得られるから、これをアンプの利得に換算すると、6dB程度の利得があればじゅうぶんということになる。ただ実際は、ボリュームをやや下げた位置で聞くことが多いから、デッキのプリアウト最大電圧が出るなんてことはほとんど「まれ」で、その半分(-6dB)ないしは1/4(-12dB)程度のプリアウト出力しかでていないとみるべきである。

デッキのボリュームをやや下げた位置、プリアウト電圧が1Vの状態について考えてみる。アンプの利得が11dBであるとすれば、アンプの出力電圧、つまりスピーカーの端子電圧は3.548Vとなる。とすると、この場合の出力値[W]は、

 E^2/R = 3.548*3.548/4 = 3.15[W]

これだと、聴感上はかなり音量不足に感じるはずである(オーディオファイルなら・・・)。

ここから先は私の個人的な意見だが、アンプに対して1V程度の入力で、15W程度の出力が得られるようにゲインを調整すべきだと思う。この場合の利得をスピーカーインピーダンス4Ωとして計算すると、利得は約17.8dBとなる。つまり、定格50Wのアンプなら最小ゲイン位置から7dB程度ゲインを増やすべきである、という結論になる。ゲインボリュームの位置で言うと、9時とか10時程度であろうか。定格100Wや150Wのアンプでも利得は少しばかり足りない。この「1V理論」でいくと、ゲイン最小で問題がなさそうなのは,定格150W以上のアンプということになる。ALPINEならPDX-4.150という感じか。

ちょっと議論が発散しかかっているのでまとめよう。定格50W/chのアンプを使い、デッキのプリ出力が4V,能率85~90dB程度のスピーカーを用いる場合について・・・

1. デッキのボリュームを全開近くまで回すことに "ためらい" が無いのなら、アンプのゲインは最低でもよい。

2. デッキのボリュームをやや下げた状態(7割程度、プリアウト1V程度)で使いたいのなら、アンプのゲインは若干上げ目(9~10時位置)で使うこと。

3. とにかくゲイン最低で使いたい、しかも平均録音レベルが低い古いCDでもじゅうぶんな音量を確保したいと考えるなら、定格出力150W以上のアンプが必要。

こんな感じだろうか。ちなみに出力の高いアンプはフロアノイズが高くなる傾向があるので注意すべきであるが、高価格・高性能のアンプは、定格出力が高くなってもS/Nが低下しないように配慮がなされていることが多い(カタログのS/N値でも確認することができる)。もちろん、ケースバイケースではあるけれど。

なお、以前にも書いたが、音量を2倍にするためにはアンプの出力は4倍必要なので、定格出力の多少の違いに拘っても仕方がない。定格50~100Wぐらいのアンプから評判の良いものを選んで、あとは使いこなしで対応してみてはいかがだろうか。

ざっくりいえば、
「音量不足だと感じたらゲインを上げる。ただし、せいぜい10時まで。それ以上は決して上げない」

が私流のゲインボリューム調整の鉄則である。ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

Posted at 2017/06/03 03:02:39 | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2017年06月01日 イイね!

リアのシステムを考える

リアのシステムを考える今日は「リア」のシステムの話である。

RAオデッセイはリアドアにもスピーカーが入っている。この場所にはしばらくのあいだ、KickerのミッドローユニットRMB6が入っていた。サブウーハーの代わりにしていたのである。しかしながら、このRMB6, あまり音がよくない上に故障しやすい。2度目の故障と相成って、持っていた2セット4個のうち残ったユニットをヤフオクで処分してしまった。満足のいく音が出ていなかったのは、デッドニングをマトモに行っていなかったというのもあるが、このRMB6, 本来は3Way/4Wayのローレンジ用なのだろう。なので、RMB6を外してからはドアにはぽっかり「穴」が空いていた。もちろん穴はアルミテープでふさいであったのだが。

 カーオーディオは一般にフロント信仰が根強く、リアのユニットは不要と言う声が根強い。ミニバンの2列目、3列目でさえも、フロントユニットの音を聞ければそれで十分と言う意見が大勢だ。だが、どうだろうか。やはり2列目以降にもユニットはあったほうがドライブを楽しむ家族は幸せなのではなかろうか。

 で、やっとのこと重い腰をあげてリアドアへのユニットインストールを開始した。ミッドウーハーは以前にフロントで使っていたTS-V07Aのミッドである。いまフロントで使っているTS-V171Aほどではないものの、このミッドも非常に優秀なユニットだ。音にスピードがあり、高解像度、細かな音が良く出る。低音はやさしく、パンチはあまりないが、決してゆるいわけではない。音の立下りがきれいなので、余韻がきれいに出る。カロのVシリーズはいいユニットである。ツイーターはKickerRS65.2のツイーターを選んだ。高解像度でニュートラル。ハイエンドまで無理なく伸びている。音のキャラクターが強くないので、TS-V07Aミッドとの音色のマッチングも良好だ。

 当初、これをKicerR6用のパッシブクロスオーバーで鳴らしていた。-18dB/-12dBOctの非対称クロス、ツイーター用の可変式アッテネータとミッドのインピーダンス補償回路も備えた良質なクロスオーバーなのだが、どうしてもマルチアンプで鳴らしたくなってしまい、いまはAudiocontrol 2XSを介して3.6kHzの-18dB/Oct、ALPINE MRV-F300 4chアンプで鳴らしている。アクティブクロスオーバーでミッド・ツイーターのレベル調整が可能だ。これらのレベルはテストトーンとテスターを使ってしっかり追い込んでいる。

 写真には写っていないが、ツイーターの位置はミッドの右下45°のあたり。ドア内張りの空いているスペースを選んだ。どちらかというと位置的にはキックインストールに近い。ドアの上部にツイーターを装着するのなら、ミッドに対してのアッテネートは-6dBぐらいでよいのだが、下部につけることになったため、-3dBに。好みでもう少し絞ってもよいかもしれない。

 ツイーターの設置位置は、いろいろ悩んだ結果であるが、あとで考えてみれば、Bピラーの下部でもよかったかもしれない。ピラーカバーを外してチェックすればよかったのだが、カバー裏のクリアランスが十分かどうかわからなかったので、今回はドアに入れてしまった。ちなみにインナーバッフルのためか、音の抜けはもうひとつ。何れ純正グリルの音抜け改善対策が必要になるだろう。

 デッドニングは写真のようにレアルシルト。完璧は求めてなくて、サービスホール他、穴をふさいで、ユニットのまわりを固めた程度。まぁ、このぐらいやっとけばいいかな?という感じ。ちなみに、アウターパネル側も同様にレアルシルトで必要十分な程度に制震処理を施した。

 現状でも、デットニング後の音はなかなかのもの。制震処理前と比べると歴然。フロントの音を絞ってリアだけで聞いてもそれなりのクオリティで鳴る。通常は1列目と2列目に人が乗るときにはTAは左右均等セッティング(F,R)で、フロントに対してリアユニットが-4~5dB程度のレベルで鳴らすと良さそう。リアの乗員の耳元にもじゅうぶんに良質な音が届く。フロントとリアのユニットを同時に鳴らすと、前後の奥行き感が演出されるのでおもしろい。ちなみにその際、フロントの乗員にはリアの音がわずかに聞こえる程度で、車全体の間接音が少し増えるといった程度だ。リアのユニットを入れたことによる悪影響はほとんどない。

 ちなみに、2列の3~5名乗車時は、サブウーハーのレベルを-3dB程度下げている。2列目の乗員にはどうしてもリアラゲッジに置いたウーハーのレベルが過剰に感じられてしまうから。現状では63Hzクロスでサブウーハーをつなげているので、もう少しウーハーの出力レベルを下げても極端な違和感はないようだ。

 以上、今回はリアドアへのシステムインストールについて書かせて頂いた。リアドアにスピーカーを入れているなんて言ったら、価格.comや2chの住人に思いっきり笑われそうだが、自分ひとりで聞くときはリアのレベルを下げてTAをONにすればいいだけの話で、まったくの無問題。むしろ気分によっては、前後複数のユニットで鳴らすコンサート的な音も楽しめるので一粒で二度おいしい感じだ。リアのユニットはサブシステムとしても楽しめるので、ミニバンやワゴンに乗っている方々はチャレンジなさってみてはいかがだろうか。

追伸 フロントだけでなくリアも含めた複数のユニットで音作るという考え方は、横浜のKKM, 金成さんの流儀に相通じる。フロントの運転席だけがスイートスポットになるのでなく、乗員全体が楽しめる音を目指すこと自体は、カーオーディオが目指すひとつの方向性として間違ってはいないと思う。
Posted at 2017/06/01 22:22:16 | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ

プロフィール

「ガンベイド(1) http://cvw.jp/b/714213/40939012/
何シテル?   01/04 00:13
MA0228です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
CDアコードに引き続き、2台目のホンダ車です。本革仕様のRA8アブソルート・・・ 大枚を ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.