車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月11日 イイね!
納車しました!
前回投稿で年度末と言ってましたが、予定より約1ヵ月早まり3月4日に納車となりました。

BEATを手放すことになった一つの理由は、昨年の熊本の大震災に遭ったことでした。

それに加え昨夏の暑さは、旧車と老体には堪えました。 普段の足として使用していましたので、エアコンが利かない内に目的地に着くなど...

そして家族環境の変化です。 (子供たちが成長し、子供二人と荷物を載せたいなど)




そう言うことで、色々な車に試乗した上で 新型スイフト RSt にたどり着きました。
試乗した車の中でもマツダのディーゼルエンジン、最新の安全装置にアダプティブクルーズコントロール(ACC)には非常に興味を持ちました。
アクセラ(スポーツ)には一日モニターで試乗し、一通りの装備を試すことが出来ました。




最近ではC-HR、CX-3、CX-5(旧)、プジョー2008等 コンパクトSUVの試乗を繰り返し、最終的には走りとコストパフォーマンスで随一のスズキ 新型スイフトが丁度昨年末発表となり、決算とも相まってこの時期の購入となりました。

最上位モデルで、最新の安全装置も付けて100万円台のプライスを付けたクルマはそうありません!
安全装置には単眼カメラ+レーザーレーダーの最新のコンチネンタル製を装備。
ACCについてはミリ波レーダーによるもので、流石に全車速域で完全自動停止・発進とはいきませんが、約40km/hから作動し、メーター読みで約30km/hになると「ポーン!」とアラームが鳴り解除となり、自分で(若しくは自動ブレーキ)ブレーキでの停止となります。 必要最低限の仕様となっています。



今回スイフトにはセンターディスプレイが配置されており、私のグレードはカラーになります。(他グレードでは白黒になるものもあります)
上の写真はACC作動時のものです。




そして、ACC作動時の車間設定3段階の内、真ん中での前車との距離を写してみました。




あと新型スイフトで気に入った点は内装ですね!
値段の割にはということではあるのでしょうが、立派な仕上がりです。
特にDシェイプハンドルの質感には驚きました。丁度良い握り太さと、Dの下の水平部のシルバーの加飾。スイッチのレイアウトも申し分ありません!



取り急ぎ内装まで。
また走り等については後日ということで失礼します。

Posted at 2017/03/11 02:35:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月14日 イイね!
突然ですが・・・ ビート売りに出しました!皆様 大変ご無沙汰しております。

熊本在住の私は、昨年4月に生まれて初めて 震度7の大地震を二度体験しました!
幸い私の住む町では、家族をはじめ自宅等の被害は殆どありませんでした。

その体験によりクルマに対する価値観も、あう前とは少なからず変わりました。

家族クルマであるプジョー308SWは、震災直後から約1週間は車中泊としての寝室の場と変わりました。
(熊本の殆どの方は、震災直後から家の中で寝ることが怖くなり、自宅を離れ車中泊する人が多かったと思います。)

4月からは子供の成長で生活環境も変わり、オープン2シーターのビートの役割がなくなり、子供2人や荷物が載せられるクルマへと変化していきました。

そう言ったことから今回、やむなくビートを手放すこととなりました。
私の従兄が中古車販売店をやっていまして、そちらへ下取り処分をいたしましたので、是非ご興味のある方、お知り合いがおられれば教えてあげてください!^^
( ↓ 下記カーセンサーのリンクです)
http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5488499634/index.html




そこで話は早いのですが、従兄が中古車販売、スズキ自販の代理店をしているということもあり、下記のモノを選択しました。(写真は試乗したデモカーです)

新型スイフトを値ごろで交渉することが出来、昨日 発注してきました。
今のところ年度内の納車ではないかと思っています。




グレードはRSt (1.0L 3気筒ターボ・6AT) 、色はピュアホワイトパールにしました。
また後日、詳しい内容を書きたいと思います。


それでは、
ビート嫁ぎ先も よろしくお願いします。^^
Posted at 2017/02/14 13:29:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年05月02日 イイね!
くぬぎの丘マルシェ in ASPECTA

皆さんの地域でも今、『マルシェ』と言った雑貨、ハンドメイド、フードの個人店舗が集まるイベントが行われていると思いますが、その中でも私の住む地域では最大級のマルシェへ行って来ました。






今年はイベント会場を熊本の南阿蘇に在る野外ステージASPECTA(アスペクタ)へ移し、5月2日~4日の3日間 開催されており、その初日に参加してきました。




週間予報で天気も良いということもありこの日に決めました。

その甲斐あり、阿蘇の雄大な景色とステージから流れる素敵なバンドの音色と相まって、ゆったりとリラックスした時間を過ごすことが出来ました。

嫁さんの趣味が手芸でして、アクセサリーや子供の服も作ったりします。
子供たちのレジャーも兼ねての参加でした。



帰り道で寄った物産館の 「あそ望の郷くぎの」 

こちらも雄大な阿蘇山が目の前に望め、ここで休憩するだけでも価値があります。

それと知らぬ間にmont・bellが出来ていました!

商品、企業イメージが場所、ロケーションと相まって感心させられました。






この日は阿蘇山の活動も大人しく、澄み渡る青空と新緑の山肌とのコントラストがすごく美しかったです。。

Posted at 2015/05/03 23:31:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2015年04月05日 イイね!
Enjoy Honda 2015

2015年4月4日(土) 地元 熊本で本田技研工業・熊本製作所内にあるHSR九州で行われた『Enjoy Honda 2015』に行って来ました。

初参加でして当初の目的はS660の展示、試乗でした。
しかし、先日の報告の通り各ディーラーにて色々と調べることが出来たので、今回は純粋にイベントに参加し楽しもうという趣旨になりました。

先ず会場はHSR九州のサーキットコースを中心に2会場の設定でした。

第1会場(パドック)では『いろんなHONDAがもりだくさん』ということで、文字通り市販車からF1、スーパーフォーミュラ、GTカー、MotoGPマシンまで様々なカテゴリーのクルマ、バイクを見ることが出来ました。

その中でも私はS660の展示はもうお腹いっぱい見てましたのでチョッと眺めるだけに留め先に進むと、何か配色が珍しい『S660 Concept Modulo』が展示されていました。



バンパー類の形状はこれまで実車、カタログ等で見ていたものだったが、赤色のアクセント配色が目新しかった!





一番の製品版との違いはエキパイフィニッシャーではないでしょうか。。

アクティブスポイラーは製品版と同形状、機構かと思われますが、プログラムにより何秒かごとに上下していました。

S660の試乗は抽選でしたので乗ることが出来ませんでしたが、試乗によりサーキット走行が出来るとあり抽選ではないN/に乗って楽しんできました。(スピーカー配置、本数で音良いですね!)

今回S660の試乗車はカーニバルイエローⅡの6MTが1台と他CVT車2台、計3台体制でした。






それとモーターショーでしか見ることの出来なかった『CTBER CONCEPT N/ code89』を初めて間近で見ることが出来ました。





こういうのを見るとBEATやS660とは対照的で、大きな室内スペースで多人数でゆったりと乗ることが出来るクルマも欲しくなりますね。










GTカーとMotoGPとの共演も見応えがありました! 中々見られない光景でした。






それと今回の目玉が、イベント等では実車国内初お披露目になるのでしょうか? マクラーレン・ホンダF1(MP4-30)がトークセッションと共に目の前(手の届くところ)で見ることが出来ました。











写真でもわかるように、リアカウルの絞り込みがわかると思いますが、そのトークセッションの中で話されていたのが、実際今週末も行われますが(中国GP)F1参戦マシンはもっと絞り込みがなされているそうです。

私は、今年の2015年のF1参戦はテストと思って、熱害を恐れずチャレンジして行って欲しいなと 応援しています!




そして会場をもう一つの第2会場(バリアブルコース)へと移ります。

こちらは『キッズ向けプログラムがたくさん』と言うことで、技研が主催する子供向け会場プログラムとなっていました。

子供達が旧ステップワゴン実車への落書きみたいな書き込みや、スケッチブックでの色塗りコーナー等 和やかな雰囲気でしたよ。

そんな中『Honda Design』と称してホンダアクセスの担当者が、子供たちにS660のフロントバンパー・クレーモデルの正面半分を使って張ったり削ったりして遊んでいました。






ここで貴重なS660の縮小モデルや開発スケッチを見ることが出来ました。










こういったプログラムは、子供たちが将来のホンダイズムを受け継ぐファーストステップとなるよう活動されているのでしょうね。

まさかこんな身近にクレーモデルを見られるとは思いもしませんでした!
まっ贅沢を言うと、S660の開発模型とがあったら尚良かったですが、、、


以上、他にもご当地グルメもあり、見て、乗って、触って、食べてと充実した時間を過ごすことが出来ました!

来年も何か目玉があれば参加したいなと思い家路につきました。。

Posted at 2015/04/06 00:41:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2015年04月03日 イイね!
S660 モデューロ装着車今日はS660 モデューロ・エアロ装着 デモカーを観に行ってきました。

タイプα プレミアムビーチブルー・パール 6MT車 センターディスプレイ付

そして何と言ってもアクティブスポイラーが装着されていました!









細かな室内装備としては、ドリンクホルダー、ドアライニングパネル(グレー)が装着。









Modulo フロントフェイスキット + LEDフォグライト

バンパー・グリル一体型となり、ノーマルとは異なる精悍な印象になりますね。
私はノーマルのスッキリした印象が好きです。







現物を見て気付きましたが、LEDフォグの見た目は円形ではなく半円形なのですね!

最後に6MTのエンジン音。
今回はMT車でしたので4000回転でのカットオフはなく、7000辺りまで回して頂きました。





Modulo アクティブスポイラー動作状況です。
停車時に任意でUP、DOWN出来ました!

Posted at 2015/04/03 18:44:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
現在メインは スイフト(ZC13型) と 308SW SPORTIUM(最終型)に乗っています。 今までは外車、特にラテン系を色々乗り継いできました。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
ぺっぺ310さんのプジョー 308SW (ワゴン) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/14 14:16:41
ぺっぺ310さんのホンダ ビート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/30 15:13:57
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
プジョー 308SW (ワゴン) プジョー 308SW (ワゴン)
結婚し子供が出来、家族車は国産に替えたはずが・・・ 人生二度目のプジョーに返り咲きまし ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
BEATからの入れ替えで、スズキは新車購入初めてです。 世界戦略車モデル(先々代)となっ ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このビートは2台目で、色はいつも銀ビーです。 1台目は以前イタ車を買う時に下取りに出し ...
ホンダ インサイト ホンダ インサイト
国産車に回帰した1台目です。 現在家族用でメインに使っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.