ホーン片鳴り修理

整備手帳 トヨタ ラクティス [P120系]

  • 難易度

    かんたんふつうむずかしい

  • 作業時間

    6時間以内

2017年2月15日

  1. 1/6

    次の作業
    ホーン片鳴り修理

    以前から雨の日や寒い日の朝はホーンが片方、低音側しか鳴らない時がありました。
    結局は高音側ホーン端子の接点不良!
    端子を真鍮ブラシで磨いて接点復活スプレーを吹いたら見事直りました(^^)

    ここからはいろいろと対策を講じた記録をごちゃごちゃと書いてます。

    ●ミツバのホーンハーネスキットを取り付けた➡︎効果なし、音量、音質UP




  2. 2/6

    前の作業次の作業
    ホーン片鳴り修理

    ●以前取り付けした時の写真。ホーンの出口を横にして取り付けている。そこから水が侵入したのではないか➡︎水が侵入していたのは鳴る方の低音側。鳴らない高音側に水の侵入なし。

    ●配線はちゃんと繋がってるか?➡︎鳴る方のホーンで試したらどちらも鳴る

    ●本体の故障を疑う。でもホーンが簡単に壊れるものなのか?

    ●原因が分からず疲れ果てみんカラの何してるに悩みを投稿するとみん友さんから接点不良の疑いはないかとのアドバイス➡︎真鍮ブラシで接点を磨いてクレコンタクトスプレーを塗ると高音側も鳴りました!

    11万キロ走ってるので端子の表面が劣化か汚れていたのかな?

    みんカラやっててよかった☆
    本体を買い替えなくて済みました。

  3. 3/6

    前の作業次の作業
    ホーン片鳴り修理

    修理に関係ない私のこだわりコーナー(^^)
    ただ修理するのもつまらないので、マイナス配線をバッ直にしてレスポンスUP!

  4. 4/6

    前の作業次の作業
    ホーン片鳴り修理

    ホーンの向きは水が抜けるように下向きに変更、配線はフレーム空洞内を這わせてエンジンルームから極力見せないこだわり(^^)
    ミツバスリムスパイラルの音がお気に入り☆

  5. 5/6

    前の作業次の作業
    ホーン片鳴り修理

    全体図。絶縁テープで防水対策してます。
    バンパーを戻すのが面倒臭い(>_<)きっちりはめ込まないとバンパーのチリが合わなくなります。
    カースロープに乗り上げさせて作業すると少しは楽です。どのみち寝転がってビス留めしなければなりませんが‥

  6. 6/6

    前の作業
    ホーン片鳴り修理

    グリルから本体が少し出てますが、端子部分はバンパーに隠れているので濡れないでしょう。

    追記
    作業を終えて洗車後ホーンがなるか試したら片方しか鳴りませんでした(^^;;
    乾けば両方鳴りました。って直ってないじゃないかー!

    次回はホーンの設置場所変更です。
    濡れる心配のない場所にお引っ越しします。
    またバンパー外さないといけないのか、めんどくさー(>_<)

作業データ

車種 トヨタ ラクティス
作業カテゴリ
  1. 電装系
  2. 電装パーツ
  3. 調整・点検・清掃
目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
ユーザー 地獄極楽丸

おすすめアイテム

    この記事を見た人におすすめ

    この整備が難しいと思ったら、プロに相談!

    パーツ取り付け相談
    Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする

    注目のオークション

      ヤフオク!出品商品  

      ページの先頭へ ▲

      みんカラ 人気のカテゴリ

      もっと見る

      表示:スマートフォン|PC

      ログイン

      ヘルプ|利用規約|プライバシー

      © 2019 Carview Corporation All rights reserved.