• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

襟裳岬のブログ一覧

2018年05月27日 イイね!

フレックスロックアップのフェイルセーフについて

 フレックスロックアップ制御について、ATFの交換を検知すると止まるとなってましたが、高速を常時キックダウンさせるレベルで走ると帰ってきたらフェイルセーフに入ってました。ECU-Bのヒューズを抜き差しするまで80km/hまでロックアップに入りませんでした。
 おそらくスリップ量で見てますね、これ。
Posted at 2018/05/27 06:26:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年05月27日 イイね!

燃費と高速時のフレックスロックアップの挙動

 自分は定期的に燃費測定の為に深夜にあらかじめ決めておいたコースを走り、出発前と帰着時に同じスタンドの同じポンプでガチャ止め給油により、だいたいの燃費を把握するようにしています。
 ハイエースの頃は燃費が良くなる速度がだいたい80km/h巡航だったのですが、今回のフィールダーはかなり広い幅(完全にロックアップしない50~60巡航から高速90km/h巡航、さらに高速でかなり踏み込んだところまで)で一定の燃費を示しています。
 下道どうこう、フレックスがどうこうより、ODに入ってブレーキを踏まない、これだけで最高燃費が維持できる感じです。
 通勤路ではだいぶ落ちますが信号があったりロックアップが一切入らない速度での加速があったりするので仕方ないところ。

 で、少し気になったのが高速90km/h巡航にも関わらず、完全ロックアップ状態から若干スリップするロックアップに切り替わる時があるというもの。
 元々完全ロックアップはかなり狭い領域で、完全一定速度から30秒以上かけて10km/h増速ぐらいの踏み込みまでしかありません。
 が、なぜか一定速度をキープしている時にスリップを始めるのです。
 アクセルを緩めてエンジンブレーキをかけると再び完全ロックアップに戻り、そこからの加速は完全ロックアップのままです。
 ATF油温の絡みか、それとも完全ロックアップ時にわずかなスリップを検知して異常と判断して一段緩めているのかはわかりません。
 ただ、以前とは違いECUリセットの必要はないようです。

 それと、低速の下道でもまったくロックアップしない状態と緩いロックアップを行う状態が同じ速度領域、加速度で出たりします。冷間時は元々フレックス制御をしないようになっていますが、温間時にも出ています。条件の絞り込みにはいたっていない状態です。

 老いた整備士が「これだから電子制御は…」と言いたくなる気持ちがわかる気がします。
 …というかSUキャブ世代の整備士の本音です。
Posted at 2018/05/27 06:12:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年04月15日 イイね!

キャンピングから車中泊へ

キャンピングから車中泊へ迷ったらカローラというのは間違いはない
Posted at 2018/04/15 10:17:05 | コメント(0) | クルマレビュー
2018年04月15日 イイね!

ATの癖

 カローラフィールダーの4ATがずっと80km/hまでロックアップしなかったのですが、ECUをリセット(バッテリー端子を外すだけ)するとフレックスロックアップ制御がかかるようになり、体感では3段階のロックアップ制御がかかるようになりました。
 50km/hまでは割と滑り気味のロックアップ、80km/hまでは300rpm程度の滑りを許容するロックアップ、80km/hを超えると完全にロックアップします。
 ODに入るタイミングも50km/hのため、50km/hで立て続けに二回の変速ショックを感じる形になります。ほとんどわからないものですが。

 最初この車が来た時、「え?全段ロックアップじゃないの?」と思って乗っていたのですが、その後に出てきたフレックスロックアップ制御が、フェイルセーフで止まっていたようです。
 webによるとATFの交換を検知するとフレックスロックアップを制限するとあり、いくつかの記事ではECUリセットにより一時的に回復するとありました。
 現状まだリセットして2週間ですが、制限状態になる気配はないようです。

 ATFの交換を検知、とはなんなのか。AdBlueの検出器のようなものでもついているのか。いや天下のトヨタがそんなコストをかけるはずがない。
 資料を調べるとフレックスロックアップで滑りを伴うロックアップが採用されたのに伴い、ATFがT-Ⅳという新しいものになったようです。
 となると、おそらく入力トルクに対して規定のロックアップ制御を行った時の滑りの大きさや少なさで見ているのではないかと思います。滑り制御の要がATFなら滑り量は変化しますし、なにより故障に直結しますし。
 どうするか、うーむ。

 ということでDで入れてるカストロールのATFを用意してみたのですが、肝心のMeltecの電動ポンプがまだ発送されてこない。
 
Posted at 2018/04/15 10:00:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

襟裳岬です。元メカなのでいろいろ自分でやってます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

1 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

愛車一覧

トヨタ カローラフィールダー トヨタ カローラフィールダー
整備工場から譲り受けた車両 譲渡履歴がなく一貫して同一の工場で整備されていました
トヨタ ハイエースバン トヨタ ハイエースバン
平成8年式 KC-LH129V 通称100系ハイエースバンスーパーロングハイルーフ4WD ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる