• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CLUB 3.8のブログ一覧

2018年06月16日 イイね!

GR

GR会社ちかくのトヨタのお店で「GR」なイベントが開催されていることをノボリで知っていたのでお昼過ぎからお邪魔してみました。
スペシャルな「ヴィッツ」なんかが見れることを期待しながらお店へ入店。
来店理由を告げると担当の方が登場。

彼女の話によると店先に置かれていた、「プリウス」、「プリウスα」、「アクア」が“GR”なんだと。
正直「燃費重視の車に必要?」とも思いましたが、メーカー謹製の品ならバランスも取れているだろうし、下手に手を出すより失敗は無いのかも?と説明を聞いて考え直す。
それから色々話をするうちに「86」の試乗車に乗れるとの事なので、お言葉に甘えて試乗に出かける。

2000CCで200馬力オーバーの車、1500CCで130馬力の相棒との違いはどれ位かと期待しながら一般道へ。

結論、「軽さは武器である!」

250キログラム近くある体重差はパワー、剛性、静粛性などの優位性をアッサリ覆してくれました。
とは言えあくまで一般国道での話!クローズドコースや峠、高速道路では力溢れるパワーや静かな室内は魅力的に感じるはず。

ま、いつもの道を流して楽しいのは「相棒」の方かな?www

手前味噌な結果に安堵しながら、お礼を言って帰りました。

そうそう、次代「クラウン」がコソッと配備されていました。顔はともかく、窓の数、リアへ流れるルーフラインは今までのクラウンとは別物。
これが「ゼロ・クラ」以来のヒットモデルになるのだろうか?



Posted at 2018/06/16 21:35:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 徒然なるままに | 日記
2018年06月03日 イイね!

祝・みんカラ歴6年!

祝・みんカラ歴6年!6月4日でみんカラを始めて6年が経ちます!
開始理由が最近ほとんど態をなしていませんが、これからも、よろしくお願いします
Posted at 2018/06/03 22:01:22 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年06月03日 イイね!

MAZDA OPEN DAY 2018

MAZDA OPEN DAY 2018昨年台風で流れた「MIYOSHI」の代替で招待された「MAZDA OPEN DAY 2018」に朝からお出かけ。
このイベントはあくまで地域還元イベントの要素が強いため、いくらMAZDA乗りと言えとも本来は門外漢。
会場内で行われる各イベントは基本事前予約が必要。それとて受付開始数分で定員に達してしまう盛況ぶり。
そんな中3.8は朝一のオーディオ音響環境室の見学と午後からのMAZDAブランドマーク板金体験NIエントリー。
軽く一億円くらいする音響室で、うまい棒八十万本(?)と同じくらいの価格のスピーカーで聴く音楽は凄い迫力。まるですぐ目の前でライブが行われているような臨場感。音一つ一つが生き生きしている感じと言えばイイのかな?

音響室見学後はバスに乗って本社会場から少し離れたMAZDAミュージアムへ。基本平日しか開館していないので休みの日に行けるのは貴重なタイミング。
  alt
ここでは懐かしい歴代の車たちと出会えます。
ユーノス500の姿がなかったのが残念でした。それとも見落としたのかな?

ミュージアム見学後、バスに乗って本社会場へ。
少し早い昼食をすませて物作り歴史館へ。ここでは車を「造る」工程を各部署毎に細かく紹介していました。
ここの会場入り口には
  alt
85年のアクロポリスラリーに参戦した車両が佇んでいました。
ミニカーでは見たことあるけど実写がマツダに残っていたとは・・・

会場内では色々な表面的にしか知らないような素人にも丁寧に説明していただきました。
  alt

ここでのスタンプラリーの景品である缶バッジを手に入れた後はお向かいにあるデザインセンターへ。
  alt
今のMAZDAデザインの生み出される所。“秘密の香り”がプンプンしますww
ここでは昨年のTMSで発表されたコンセプトカー『魁-KAI-』と前々回のTMSの主役であった『RX-ビジョン』が展示されておりました。
  alt
この車の近くにおられたスタッフの方と色々話し込み盛り上がってしまったのですが、どうもその方はチーフデザイナーの土田氏だったようです(汗)

ちょうど良い頃合いになったので事前予約しておいた板金体験へ。
ここではマツダのブランドマークを型にはめ、ゴムハンマーでひたすら打ち続ける!
この作業、多分子供では無理です。大人でもイヤになる程叩き続けます。ま、要領よく叩けばそうでもないのかもしれませんが、私は間違いなく明日は筋肉痛です。
その後タイミングよく鋳造体験も飛び込みで参加でき、工場イベントを3つクリアw

ついで本社受付ロビーに展示してある社内レストア上がりのルーチェ・ロータリー・クーペを見学。
  alt
ベルトーネがデザインしたセダンのデザインを破綻させることなく美しいクーペにリデザインした当時のマツダのデザイナーにただただ驚くばかり。

最後にスタンプラリーの記念品をいただいて本日のイベントは無事終了となりました。
  alt
本日の戦利品の数々wwww


 



Posted at 2018/06/03 21:51:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | MAZDA | 日記
2018年05月21日 イイね!

津和野路

津和野路五月二十日 秘密基地つながりで広がった方々と“津和野”へツーリング。
幹事役の下見のおかげでそれはそれは気持ちの良い五月の風の中を駆け抜けてきました。

お天気も十分以上の好天に恵まれ、まさにオープンカー日和!
一年のうちに数日しかないこの時間を満喫、満喫♪楽しく素敵な1日を過ごせました。ありがとうございました。
  alt


しかし、今回のツーリング、3.8的には少々不可解な展開が。
ツーリング中都合5台のNDと遭遇。そのうち4台が廃盤である我が「ブルーリフレックス・マイカ」(残り一台はクラシックレッド!)。
不人気色であるはずなのになぜ?・・・
しかも、最後の一台はフェンダーに「クワドリフォリオ」貼ってたし・・・


Posted at 2018/05/21 20:19:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2018年05月06日 イイね!

5月4、5日

時間を持て余していたので地元の美術館へ
  alt
猫の街と謳っている街だけに猫がらみの展示が最近増えたような。日本人と人と猫
との関係は切ってもきれない関係だということが良くわかる内容でした。

観光客の方々は向島に興味津津。  
  alt
帰り道に珍しく猫発見。
  alt

せっかくの連休なので5日は少し足を伸ばして出雲へ。
以前より見て見たかった旧大社駅舎を見学。
  alt

門前駅(?)としてのデザインが秀逸でした。
その足で今度は出雲大社へ
  alt
参道は以前よりだいぶ雰囲気が変わっていましたが境内の雰囲気は変わっていませんね。
境内の中にある資料館にてかつての大社の柱を見て、古代日本人の底時からにただただ驚かされました。(おおよそ48mもあるんだそうです。)
  alt
頃合いを見計らって本日の本命の目的地に向かうのですが、なぜか途中にふと気になり「コビウス」へ寄り道。
  alt
宍道湖に生息する水棲生物を展示しているので見た目は地味な魚たちですが、なかなかの見応えのある水族館でした。

で、やっとこ本命の目的地に到着。
  alt
いまだにこの呪縛から解き放たれないのは作品の「謎」が全く解けないからだろうか?
展示内容はそれぞれ思うところが有るでしょうが、この作品の魅力の一端はよく分かる内容だったのでは?
ちなみにこの美術館は宍道湖湖畔に面しているので夕陽の名所でも有るのですが、
  alt
本日は曇っていたので今日はこれが精一杯。

途中渋滞に巻き込まれながら予定時間より30分程遅れて無事帰宅。
これだけ走って高速料金が1600円程・・・「やまなみ街道」おそるべしw   

フォトギャラ   


Posted at 2018/05/06 09:21:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然なるままに | 日記

プロフィール

「日曜に部活」
何シテル?   07/22 17:46
たまに走ります。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

マニュアリスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 06:45:49
ゲッツようび~・・・。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/29 22:32:33
尾道へ行って来ましたよ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/05 21:32:46

お友達

一期一会を大切に。小さな“リアルな輪”を楽しんでます。
65 人のお友達がいます
慎@神戸慎@神戸 * よっちゃんよっちゃん *
万葉万葉 * どろゑびす特急どろゑびす特急
inaちゃんパパ(いなぱぱ♪)inaちゃんパパ(いなぱぱ♪) みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター 青3号 (マツダ ロードスター)
15年越しの憧れのオープン・ライフ。 倒れない程度に開け続けます。
シトロエン C2 青2号 (シトロエン C2)
シトロエン C2に乗っていました。 既に絶滅危惧種。末永く可愛がっていきたいと思いまし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.