• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kellogの愛車 [シトロエン C4 ピカソ]

整備手帳

作業日:2012年9月26日

フォーカル170V取り付け①

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 12時間以上
1
純正スピーカーでも音はそれほど悪くはなかったがグレードアップのため交換を決意。

ピカソはフロントスピーカーのエンクロージャがドアのインナーパネルを貫通しておらず、奥行きのあるスピーカーは取り付け不可のためフォーカル170Vを選択。
※計測したところ、奥行きが約60mm、直径が約167mm~170mmだったのでスリムタイプの170Vであれば取り付けできると判断。

のちのち分かったが、写真170Vは取り付けにとても苦労した。。。
2
まずは内張りはずしから。

写真は既に内張りを外し、純正スピーカーを外している状態です。

まずはドアハンドルのプラスチックを「気合いを入れて引っ張って」外します。
器具はいりません。
ドアハンドルプラスチックを外すと、ハンドル部分にネジが3個取り付けられてますのでT20のトルクスレンチで外します。

さらに内張り全体が、ドアヒンジ側に1個、ドア後ろ側2個のネジ(トルクスT20)で取り付けられていますので外します。

次は恐怖の内張り外しですが、コツとしてはまずは写真の黄色部分を内張り外しで外していき、序々に広げて外していくとやりやすいです。

内張りをピンを完全に外したあと、内張りを上に持ち上げるようにすると内張りがインナーパネルから外れますので、内張りに付いているコネクタ2個を外します。

ちなみに私は内張りピンを何個も破損してしまいました。
3
だけど、内張りピンを破損しても大丈夫。
同じような形状で使えるものがありました。

左が量販店(オートバックス)で購入したもの、右が純正品ですね。
エーモン製のは長く、若干細いですが現状内張りのガタなどないため良しとしました。

ちなみに純正品は内張りにゴムのクッションが付いていたので、破損した際ゴムの取り付け直しをしました。
4
純正のスピーカーとフォーカル170Vのウーファーの重さを量ってみました。

純正品は約250グラム。
5
フォーカル170Vウーファー部。
約900グラム。3倍以上違う。
重けりゃいいってもんじゃないけど170Vは造りがしっかりしています。
6
170V裏面。中国製ですな。
フレームはダイキャストでしっかりしてます。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

レンズ磨きとコーティング

難易度:

ドラレコ交換

難易度:

android搭載ヘッドユニット取付

難易度: ★★★

スタッドレスに交換

難易度:

【2020年3回目】

難易度:

2020スノータイヤに交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

kellogです。 シトロエンC4ピカソの最終型を2012年9月に購入。 やっと落ち着きアップすることにしました。 ブルーキャノスのベージュのシートが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
シトロエン C4 ピカソに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.