• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

1Q81のブログ一覧

2018年06月10日 イイね!

初ヤビツはアウター縛りで

StravaのJune Cycling Climbing Challengeの参加を表明する際に”Facebookで共有する”というボタンをクリックすると自身のFacebookのページに以下のように「誰か一緒にどうですか?」なんてコメントが勝手に投稿されてしまった。
alt

すると野沢雑技団のパイセンの小Deluxe先輩が「ヤビツ峠はどう?」とリプライしてくれたので、ヤビツに行くことになり、そんなこんなで昨日行ってきました。
ヤビツ峠にはヤバい人たちがいっぱいいる、という先入観から恐ろしくて近づきにくかったので実は行ったことがなく、これが自身初のヤビツ峠である。
秦野市カルチャーパークの駐車場に車を停めて、10時前にスタート。
有名な名古木のセブンイレブン
alt
自転車乗りがうじゃうじゃいる…
しかも女子率が高かった。
この光景は結構カルチャーショックでした。
で、名古木のセブンイレブン出発してのんびり行くも小Deluxe先輩は遅れをとってしまう。
そして、かの有名な蓑毛のバス停付近にさしかかった所で私の携帯に野暮用で電話が入ったのでここで止まってしばし通話。ここから小Deluxe先輩にペースを合わすためにアウター縛りで行ってみた。
すると意外にも問題なく行けたのでそのまま行った。
そんなこんなでヤビツ峠に到着。
alt
ここもやはり人がたくさんいて、そして女子率が高い!
小Deluxe先輩をしばらく待つもなかなか来ないので下って様子を見に行った。
そして合流して頂上まで一緒に登った。
その間女子大生みたいなのに何人も抜いて行かれた。
どうも大学のサークルか何かのグループで走りにきているみたいだ。
で、再びヤビツ峠に到着して割高なガリガリ君を買って食べた。
ここから裏ヤビツを下って宮ケ瀬湖まで行った。
alt
宮ケ瀬湖でお昼を食べて、来た道を引き返して裏ヤビツを登った。
alt
裏ヤビツは雰囲気も良く斜度も緩いので気分良く走れた。
蓑毛から全行程アウター縛りでリアも上2枚残しの25Tまでの制約で行ってみたが、特に問題なく行けた。
ゴール後は温泉探しに1時間ぐらいかかってしまったが、温泉に入って晩御飯を食べて帰った。
天気も良くサイクリング&温泉を満喫した。
alt
距離:73km
時間:6時間8分
獲得標高:1279m

小Deluxe先輩お疲れ様でした!
June Cycling Climbing Challengeは既に6800mぐらいいったのであと1回走りに行ければ8000m達成できるが、その1回が行けるかどうかが問題だ(笑)
Posted at 2018/06/10 15:51:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | Touring | 日記
2018年06月04日 イイね!

Fuji 3 Peaks 2018 (右回り)

先週の土曜日は富士3Peaksを走ってきました。
2年前に初めて左回りをやって、去年は右回り、左回り両方やる!なんて宣言しておきながら結局どちらもやらなかった体たらくぶりでした(汗)
なので今年は絶対にやる!という気持ちでいたものの冬場はろくにトレーニングもしないといったこれまた体たらくぶり(笑)
それゆえ4月の雪壁ツアーはあきれるほどのダメっぷり…
そんなこんなでゴールデンウィークが終わった時点では3Peaksなんて走れる気が全然しなかった。なので、まずは富士山1周して具合を見ようと思ってました。
しかし1週間前に美ヶ原の激坂を登ってなんだかずいぶん自信が出てきたw
で、立てたプランが富士山右回りに1周して余力が残ってればスバルラインも登っちゃえ!というもの。
あざみ~スカイラインは過去に何度も走っているので問題ないのはわかっているし、そこから1周して余力があればスバルラインを登って、無理なら下って帰ればいいだけ、と考えれば気分的にずいぶん楽です。
とは言うものの気持ちは3Peaks絶対達成する!としか思ってませんでしたが…(笑)

そんなこんなで前日夜に出発して車中泊。
明けて当日、朝5時前に出発してまずはあざみライン。
alt
五合目は雲1つない快晴!
ここからの長いツアーに向けて気分も高まります!
あざみを下るとひとまず車に戻って補給して必要な装備を装着。
2年前の3Peaks挑戦時もそうだったが、今回も食べ物があまり喉を通らず。
それも想定して持ってきたドリンクゼリーを飲む。
そしてスカイラインを目指します。
途中の御殿場口新五合目
ここは下のアップダウンの図では豆粒程度の場所だが実際行くとめっちゃ苦しい激坂である。
alt
ここではガスで富士山は見えず。
そして水ケ塚公園で持ってきたおにぎりを食べたが結構寒かったのであまりゆっくりもせずすぐにスカイラインを登り始める。
alt
富士宮口五合目は濃霧のため山はまったく見えず。
下りはかなり寒かった。指切りグローブにしたことを少し後悔したが、ウィンドブレーカーを2つ持ってきたのは我ながらナイス判断だと思った。
西臼塚駐車場まで下って、そこで持ってきたもう1つのおにぎりを食べてさらに下る。
かなり寒かったので持ってきたもう1つのウィンドブレーカーも重ね着した。
長い長い下りをダウンヒルしながら前回はよくこれを最後に登ったな、と我ながら感心した。
あんなのもう2度とやりたくない気分ですねww
下まで下りきると暑かったのウィンドブレーカーを脱いだ。
ここから樹海のところを北上するのだが、事前の調査では600mちょっとの登りを20km弱の距離で登るので計算上は約3.5%となっており緩やかな登り基調の道だと思っていたら普通に6~7%ぐらいの登りで時折9~10%ぐらいの斜度もあり登りながら「スバルラインよりキツいやんけ!」と思ってしまった。
御殿場口新五合目も含めると3Peaksというよりは4.5Peaksじゃないか、と言いたくなる。
それでもなんとか展望台まで無事到着
alt
ここで大阪からサイクリングに来ているというグループとしばし談笑。
新富士かどこかからスタートして、この日は河口湖で1泊して宴会だそうです。
大阪からわざわざ富士山まで来てあざみ、スバル、スカイラインのどれも登らないのはもったいない気がしますが自転車の楽しみ方は人それぞれ。
3Peaksのような苦行を独りでやってる自分はいったい何が楽しいのか自問自答してしまった…
ここからはスバルライン目指してしばらくは下り基調。
そしてスバルライン料金所のところで持ってきたドリンクゼリーを飲んで最後の登りを登り始める。
出だしはいい感じで進めたが、10km過ぎたあたりからかなりキツくなってきた。
足はまだ残っているが肩や腰などあちこち痛い。そしてエネルギー切れ寸前なのにムカムカしてきて吐きそうな気分。
とりあえず止まって持ってきたおにぎりを半分食べた。
そしてしばらく進んでからまた止まって残りのおにぎりを食べた。
このままのペースでは日没までには五合目にたどり着けそうにない。
途中休憩がてら雲海を撮影
alt
alt
そんなこんなでなんとか7:30ぐらいに五合目に到着
alt
日が暮れると一気に寒くなる。
下りはウィンドブレーカーを2枚重ね着しても震えるぐらいに寒い。
スピードを出すとめちゃくちゃ寒いのでスピードを落として安全に下りた。それでも十分寒かったが。
なんとか料金所までおりてくると8:15ぐらだった。
料金所の下のトイレの中で暖を取りながらガーミンにモバイルバッテリーをつなぎ帰りの道をチェック。
体のあちこちの痛みとムカムカに耐えながら最後須走の駐車場まで向かった。
おかげで最後の下りも辛かった。とにかく早くゴールして寝たかった。
そしてなんとか10時前にゴール!
ゴールすると車の運転席に座ってエンジンをかけて暖房をつけた。
ヘルメットもかぶったまま、シューズも履いたままで運転席に座り込んでしばらく動けなかった。
その後とりあえず着替えて、自転車を車の中に入れて、コンタクトもつけたままで寝袋の中にもぐりこんだ。
そして気がつけば夜中の1:30だった。
そこから帰路につき、途中の海老名のサービスエリアできつねうどんを食べて帰った。
前回は何も食べれなかったので少し進歩した(笑)
alt
時間:16時間50分
距離:203km
獲得標高:5507m
この疲労感と達成感はなかなか他では得られないぐらい凄いものがある!
が、とてもじゃないがクセにはならない…(笑)
しかしロングライドの後半でのムカムカは結構致命的だな…
ライド中の補給はおにぎりとドリンクゼリー、そしてカップラーメンとまともなものも食べず、終わったあともきつねうどんなのでさぞかし体重も減っただろうと翌日の夜体重計に乗ってみるとなぜか自分史上最大体重をマーク!
しかも、体脂肪率はみごとに2桁の大台突入!!
いよいよ中年街道まっしぐらか…(笑)

Posted at 2018/06/04 21:58:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | Touring | 日記
2018年05月29日 イイね!

美ヶ原美術館

先週の土曜日は家族で美ヶ原美術館に行ってきました。
10時過ぎに到着して家族は美術館に遊びに行って、自分は自転車に乗るという段取り。
準備して11時前にスタート。
alt
Stravaで入山辺という名前で出てる激坂までよもぎこば林道(アザレアライン)で下ります。
去年は山をいくつか超えて足がほとんど終わっている状態で挑んだところまったく登れずほとんど押して上がったという屈辱的な坂道。
昨年のブログはこちら
今年はフレッシュな足で挑戦。
その前に坂の入り口付近で持ってきたおにぎりを食べて腹ごしらえ。
食べてるとスズメバチが1匹飛んできたのでさっさと食べて早々に退散。
しかしまだエネルギー不足な感じだったのでもう1回別の場所で今度はバランスパワーを食べた。
そして登り始めた。
さすがにキツかったが、それでもMAX18%ぐらいで20%まではいかないのであざみラインや十三塚ほどはキツくはなかった。キツさのレベル的には風張林道レベルといったところか。
とりあえず足つきなしで昨年のリベンジ遂行!
登り切ったところで持ってきたもう1個のおにぎりを食べてゴールの美ヶ原をめざします。
美ヶ原の登りは出だしはまだ余裕があったが後半限界にきて、頂上まで足つきなしで上がるのがつらかったので山本小屋に逃げてしまった(汗)
alt
そしていつもの頂上に到着
alt
車に戻るとちょうど子供たちが美術館から出てきたところでパーフェクトタイミングだった。

今回走ったコース
alt

距離:51.3km
時間:3時間57分
獲得標高:1556m

ビーナスラインは車やバイクがたくさんドライブやツーリングに来ているが今回ロードスターを何台も見た。特にND率が高かった。20台以上見たんじゃないだろうか。
帰りはビーナスラインを白樺湖まで車で走って帰った。ビーナスラインには何度も来ているが車で走ったのは実はこれが初めて。
魚釣りに例えると、自転車で走るのが魚釣りだとしたら同じ道を車で走るのは同じ魚を魚屋さんやスーパーで買うようなもんだと思った。
Posted at 2018/05/29 12:39:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | Touring | 日記
2018年05月24日 イイね!

SDA大滝に参加してきました。

先週末は大滝村で行われたSDA大滝(セルフディスカバリーアドベンチャーという名のMTBの長距離レース)に参加してきました。
100km,42km,20kmと3つのコースがあり私は42kmで参加。
(100kmを走ってみたい気もしたが参加費が高いのと時間内に完走できる自信がなかったのと、みん友の903Rさんが42kmで参加とのことなので私も42kmにした)
前日に受付、競技説明、簡単なパーティーということで土曜の昼前に出発。
中央道を走ってると天井にMTB積んだ車が何台かいましたがおそらく目的地は同じだろう。
無事4時前に到着するも一人で不安だったので参加すると聞いていた903Rさんに電話をして合流。
一緒にパーティーに参加し、競技説明を聞くも翌朝のスタート地点がよくわからず不安…(笑)
そして天気はいいがかなり寒い。
天気予報で日曜の朝は冷え込むという情報を得ていたので寝るときの防寒対策はしてきたがライド時の防寒対策はまったく考えていなかった(汗)
スタート時間は7:30だが駐車場からスタート地点まで1時間ぐらいかかるというので6時ごろに出発ということで903Rさんと約束した。
翌朝6時前に903Rさんと合流するもトイレが長蛇の列…
それでも無事トイレを済まして903Rさんのグループと一緒にスタート地点目指して出発!
このときのサイコンの気温は3℃…
半袖ジャージと指切りグローブしか準備しておらずめちゃくちゃ寒くて長袖ジャージとロンググローブを持ってこなかったことを後悔した…(ウインドブレーカーは準備してましたが)
スタート地点までの案内が何もなく直前まで不安だったが一本道だったので問題なく行けた。
alt
途中にあった自然湖
そして無事7時ぐらいにスタート地点に到着。
まだ寒かったが日なたにいると暖かく快適だったので結果として半袖ジャージ+指切りグローブで正解だった。
スタートまで駄弁りながら他人のMTBを見たりしてのんびり過ごした。
alt
一輪車で参加する強者もいた!
これでオフロードを登って下るのである!!
スタートしてしばらくは舗装路のゆるい登りを903Rさんとのんびりいった。
そして本格的なオフロードの登りになる前にウインドブレーカーを脱いで、「ここからはお互いのペースで行きましょう」ということで903Rさんは先に行ってしまいました(汗)
私はいつもののんびりペースでレースというよりはサイクリング
alt
天気も良く景色も最高でした。
が、前半の登りはキツかった…
途中チェックポイントやエイドステーションが何か所かありトイレと水の補給はできたが、食べ物系は一切なし。
適時補給をしながら私はマイペースで無難に後半へ。
alt
途中のダム湖。
そして最後から2つ目の登りでMTBを押している903Rさんに追いついた。
登り切ったところで待っているとその後の下りでおいていかれた(汗)
最後の登りで903Rさんは足がつったようなので私はそのまま行ってしまい、ゴールまでの最後の舗装路の下りを快調に飛ばしていると道の真ん中に人影が…
女性が落車したようで道の真ん中で倒れて動かない。
1人の男性が救護していたが、後続車にひかれかねないのでとにかく道路脇に移動させるのを手伝った。
そうこうしているうちに女性の意識が戻ったようで自力でなんとか道路脇までは移動した。
既に別の人が救護隊を呼びに行っておりこれ以上自分にできることもないので私はそのままゴール目指して再出発。
そして無事12時ぐらいにゴール。
しばらく903Rさんを待っていたが一向に現れないので救護している間に抜かれたのかも、と思い駐車場まで帰った。
alt
alt
alt
駐車場まで戻ると案の定903Rさんは先に戻っていた。
903Rさんもしばらくゴール地点で待ってくれていたそうだが一向に私が現れないので先に戻ったらしい。
そしてここで解散。
alt
その後、無料の豚汁をいただいて帰宅。
途中、伊那を通るので伊那にいる友人に連絡すると家にいるというので少しお邪魔して身の上話やらバカ話やら…残念ながらアルコールは飲めませんが、来シーズンはまた野沢で会おうという約束をして帰路についた。

ゴール後はまだまだ体力が残っているような感じだったが翌日の月曜は上半身筋肉痛で全身だるかった。
まだまだ鍛え方が足りないようです…
alt


Posted at 2018/05/24 17:07:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | MTB | 日記
2018年05月08日 イイね!

険道218号 真壁側

連休最終日の5月6日は筑波山にMTBに乗りに行ってきました。
一本杉峠の交差点から県道218号の東側の石岡側へは一度下って登り返したことはあっが、真壁側はまだ行ったことがなかったので行ってみた。
連休疲れのせいか、スペアチューブとタイヤレバーを入れた緊急道具を忘れてしまった。
パンクすると押して帰るしかないが、とりあえず出発した。
しばらく行くとジムニー軍団が現れた。
alt
冷蔵庫か洗濯機ぐらいある岩がゴロゴロした上り坂をタイヤをズルズル滑らしながら登ってた。
そして更に進んで行くと…
alt
こんな道
alt
↑↓これは小川にしか見えなかった…
alt
これは道なのか??
alt
さきほど出会ったジムニー軍団はこれらの道も上がっていったようだ。
ここも小川にしか見えない…
alt
写真の難所はほとんど押すか担いで歩いた。
途中70ccのスーパーカブをオフロード仕様に改造したようなバイクで上がっていく人もいた。
なんとか下りきって自転車を漕いでいるときに、ふとガラスに映った自分の姿を見てびっくりした。
なんとヘルメットをかぶっていない!
ヘルメットを持ってきてはいたがヘルメットインナーをかぶってヘルメットをかぶるのを忘れて出発してしまったようだ。
険道218の岩場でコケなくて良かった(笑)
そしてその後はきのこ山までのオフロードを登って登り切ったところでもってきたパンを食べようとリュックをおろすと…
リュックのジッパーが全開だった(汗)
出発する際にリュックに荷物を入れてジッパーを閉めずに出発したようだ。
もうこの日はボケボケだった。
いずれにせよパンクやケガのトラブルなく無事に帰れてよかった。
Posted at 2018/05/08 13:22:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | MTB | 日記

プロフィール

「志賀草津道路4/20開通!当面の間、殺生河原~万座三叉路間は7:00~18:00のみ通行可とのこと。とりあえず雪壁ツアーは問題なく行けそうですね!!近々コースをアップします。」
何シテル?   03/23 17:33
自転車ネタをメインにたまにジムカーナのことなどをアップしていくつもりなので宜しくお願いします。自転車は埼玉、群馬によく行ってます。ジムカーナはICCをメインにぼ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

ジムカーナやロードバイクに興味のある方と仲良くなれるとうれしいです。
53 人のお友達がいます
紫エッセ紫エッセ * 夕焼け・いっちー@埋蔵チタン夕焼け・いっちー@埋蔵チタン *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 d_e_p_ad_e_p_a
903R903R あおいろデミオあおいろデミオ

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

スバル エクシーガ スバル エクシーガ
ステップワゴンの次の車として3列シートで4WDで中古車相場の安い車を探して、この車にいき ...
輸入車その他 ジャイアントTCR2 輸入車その他 ジャイアントTCR2
ジャイアントTCR Advanced Pro Team 2018
その他 RFX8 その他 RFX8
TCR購入にともなって一度はバラして天井裏にしまいこまれたものの、再度復活。 ICC練習 ...
輸入車その他 FUJI Absolute LX Absolute LX (輸入車その他 FUJI Absolute LX)
FUJI Absolute LX 基本的には普段乗り用ですが、タイヤをシクロクロス化して ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.