• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やぎにゃんのブログ一覧

2018年06月18日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】

みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】Q1. ご希望のバルブ形状は?
回答:H4

Q2. ご希望の色は?(イエロー・ハロゲン色)
回答:ハロゲン

この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【 fcl. LEDヘッドライト 】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/06/18 21:27:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年06月03日 イイね!

酷道と急登 能郷白山へ

酷道と急登 能郷白山へ今回は岐阜県と福井県の県境にそびえる能郷白山に登ってきました。

能郷白山は越美山地最高峰の山(1617m)で近くには酷道で有名な国道157号が通っており日本二百名山にも選ばれた山です。

主な登山ルートは2つあり林道で能郷谷からのルートと国道157号温見峠からのルートで、温見峠からのルートは昭和63年に新設された比較的新しく最短で山頂を目指せるルートになっています。

どちらから登るか悩みましたが最短ルートで酷道走りも楽しめるということで温見峠からのルートに決定!
余った時間で157号福井側も走破してやろうとたくらみましたが現在157号福井側は災害通行止めになっており通行不可、温見峠で岐阜県側に折り返しとなっています。

この国道157号は約20年前の昔、地図帳を頼りに福井→岐阜へと走破したことがあるのですが酷道区間は昔と何も変わってませんでした。

最初走った時ビックリしたのがこの『洗い越し』、橋を造らず道を凹にして道の上に川を流す手法、林道などの一般道ならそうとも思わないのですが仮にも国道でこんなのアリ?って思いました。
あと有名なのが落ちたら死ぬ区間、ガードレールやコンクリ壁など一切なくその下は十数メートルの谷底…とにかく対向車が来ないことを願う区間です。

そんな国道の酷道区間を1時間ほど走ると登山口のある温見峠に到着です。
当日は春の登山ウィーク週末ということもあり峠周辺は既に先行登山者で満車、私は400mほど岐阜県側に下ったところに車を停めスタートです。


歩くこと数分で温見峠に到着、岐阜県側は以前に比べて拡幅されていて駐車しやすくなっていました。


では、峠にある登山口よりスタートです。


出だしは新緑が気持ちの良いブナ林の中を穏やかに登っていきます。


しかし、歩き出して20分ほどで道の雰囲気は急変、ロープを使ってよじ登ったり根っこや岩をつかんでの急登に変わります。


天気も良く涼しく気持ちよいのですがとにかく急登の連続です。


ふと振り向くとガスで霞みながらも加賀白山を見ることができます。
流石にあちらはまだ残雪で白いです。


歩き出して約1時間でようやく中間地点の1492ピークに到着、この先は急登もなく穏やかな稜線歩きになります。

こちらもまだ少し残雪がありました。
アイゼン等は不要ですが雪上を歩く区間もあります。


臥竜ダケカンバです。
この山域は冬季積雪が多く木が上に育たず横向に生えそれが登山道に覆いかぶさっています。


稜線好きの私にはお気に入りの眺め


前半の急登でかなりばてましたが約2時間で山頂に到着


そして、山頂の奥には能郷白山神社奥宮が祀られているのでそちらに向かいます。


今回の最終目的地能郷白山神社奥宮到着


コチラからは360°の展望が開けますが今日はちょっと霞気味で遠方まで見ることはできませんでした。


ちょこっと休憩し下山です。
登り以上に急登箇所の下りは注意が必要なのでカメラはザックの中へ…
ということでいきなり登山口に無事下山です。


今日は春の登山ウィーク週末ということで本巣市さんが峠の茶屋を出されており、無料で飲み物や食べ物を登山者に振舞ってくれてました。
よく冷えたお茶が最高に美味しかった!


いつかは訪れたかった能郷白山、天気も良く丁度春の登山ウィークで賑わっており急登はちょっとしんどかったけど楽しい山歩きとなりました。
Posted at 2018/06/03 21:25:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山&撮影 | 旅行/地域
2018年05月05日 イイね!

比叡の○○にあってきた

比叡の○○にあってきた地元京都洛北地域を走る叡山電鉄が昨年、出町柳-八瀬比叡山口(叡山本線)に新たな観光列車を導入すると発表されたんですが、その完成予想イラストが…コレ
正直度肝を抜かれました!
なんか狙ってんのか?真面目なんか??正直分かりませんでしたが実車の完成発表の写真を見て良い意味で裏切られました。
『結構ええやん、乗ってみたいな~』ってことで行ってきました。


先ずは叡電の玄関口となる出町柳駅にやってきました。
ここからは木船・鞍馬口方面の鞍馬線と八瀬比叡山口方面の叡山本線が発着しています。


しばらくするとお目当ての『ひえい』号がやってきました。



実物見るの初めてですがやっぱりカッコええやんと感じました。

折角なので乗車して八瀬比叡山口まで乗ってみることにします。
流石人気があるのか夕方4時の電車でしたが満席で立ち席となりました。
車内は一般的なロングシートですが車体のデザインと同じ〇を多用したモダンな車内でした。


約15分の短い時間ですが車窓を満喫していると終点の八瀬比叡山口です。

折り返し乗車待ちのお客さんがホームに列をなし、乗り切れない方用に直後に臨時便を出すぐらいの盛況ぶりです。


八瀬比叡山口を出発するひえい号

時間もあるのでちょっと駅を下りて周辺で写真を撮りたいと思います。

この八瀬比叡山口は確か昔は遊園地とプールがあって駅の名前も八瀬遊園駅だったと思うのですが今は会員制高級ホテルになっています。


八瀬比叡山口-三宅八幡にて


比叡山をバックに走るひえい号①


比叡山をバックに走るひえい号②

ボチボチ撮れたので八瀬比叡山口駅に戻ってきました。

緑に囲まれたレトロな駅です。


駅に到着するひえい号①


駅に到着するひえい号②


出発を待つひえい号


駅を後にするひえい号


サヨナラです。

実はこの撮っていたひえい号が本日の最終便だったみたいで、帰りは普通の電車で帰ることになってしまいました…

おしまい
Posted at 2018/05/05 23:43:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山&撮影 | 旅行/地域
2018年05月02日 イイね!

アルプスは登れないけど…

アルプスは登れないけど…北アルプスを見ながらまったり稜線歩きのできる長野/群馬県の県境にそびえる四阿山(百名山)と根子岳(花の百名山)に登ってきました。

京都からは登山口となる菅平高原は片道約400km、高速代節約で半分は下道を使ったので前日夕方出発して途中仮眠含めて翌日の朝7時に到着


先ずは四阿山を目指します。

牧場脇から笹原・白樺の森を抜けると視界は広がり正面にはこれから登る四阿山


振り向けば槍をはじめとする北アルプスが一望できます。
隣に目を向ければあとで登る根子岳が見えます。

登り出して約四時間、四阿山山頂到着です。

コチラからは浅間山をはじめとして360°のパノラマが楽しめます。

次は一旦下って緑の草原が印象的な根子岳を目指します。

途中残雪に難儀しましたが笹原の草原までやってきました。

先ほどまでとはまた違い開放的で雄大な景色が広がります。

途中岩場や崖があるので慎重に進みます。


そこを過ぎれば根子岳山頂です。


あとは登山口の駐車場まで一気に下山です。

下山後は今日のご褒美として売店でソフトクリームをいただきました。
疲れた体には濃厚で美味しかったです。


Posted at 2018/05/02 19:18:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山&撮影 | 趣味
2018年03月18日 イイね!

ラピュタ感漂う?『友ヶ島』へ

ラピュタ感漂う?『友ヶ島』へ3月17日家族でラピュタ感が味わえるという和歌山の友ヶ島へ行ってきました。

友ヶ島は、和歌山県和歌山市加太に属し紀淡海峡に浮かぶ無人島群。
瀬戸内海国立公園の一部で和歌山県加太港から友ヶ島汽船で渡ることができます。

島内には明治時代から第二次世界大戦まで使われた砲台や軍事要塞施設が残っており、また一時期南海グループによりリゾート開発が行われその廃墟感で人気の無人島です。

京都から名神・近畿・阪和道で加太港に10:30頃到着、本日第2便の11:00発の船に乗る予定でしたがこの時点で満員、次の臨時便の11:30の整理券を確保


《加太港の様子、奥に見えるのがこれからわたる友ヶ島(沖ノ島)です》

少し時間ができたので近くの淡島神社へ寄ることにしました。


境内を本殿に進むとなんだか様子がおかしい…

《左のおねーさんのスリットじゃありませんよ(笑)》

うわっ!人形だらけ!!


ちょっと怖いよw


境内には2万を超す奉納された人形が所狭しと置かれています。

この神社、全国の淡島神社(粟島)の総本山で3月3日には雛流しが行われる有名な神社だそうです。
また数年前USJのお化け屋敷に奉納された人形を貸し出したことで炎上してしまった神社でもあります。

脱線してしまいましたがいよいよ友ヶ島へ向けて出発です。

《写真中央の船、その名も『ラピュタ号』で出発です》

定員は100名ほどの小型船なので直ぐに満席になります(臨時便は当日の混み具合により対応有)

《しばし本土とはサヨナラです》

約20分ほどで友ヶ島です(下船間際、当日帰りの便の案内がありますのでよく聞いてくださいね)


本日の予定は見所の多い島西部を中心に約4㎞のハイキングです(所要時間約3時間)


それでは『野奈浦桟橋』を後に出発です。

《以前は自家発電の島でしたが現在は関空の無線施設が建てられた影響で本土から24時間電力供給されており自販機もあります》

海岸沿いの道を歩くこと約15分最初の見所『第二砲台跡』が見えてきました。


対岸には淡路島が見えておりここを通ろうとする他国の船を見張っていたんでしょうね


この第二砲台は戦後爆破処理されておりその破壊っぷりが良い感じですが、危険なため施設内は立ち入り禁止です。


そこから少し登ると白亜の灯台が現れます『友ヶ島灯台』です。
日本で8番目にできた東洋式灯台だそうです。

近くには子午線が走っています。

灯台の近くに第一砲台跡があります。

《写真は弾薬庫跡と思われます》

続いて少し足を延ばし『旧海軍聴音所跡』へやってきました。
ここでは敵の潜水艦の侵入を監視していたそうでかなり小高い場所にあります。

《かなり荒廃が進んでいますが中に入ることができます》

中の様子


続いてこの島の最高峰『タカノス山展望台』にやってきました。

《ここには一等三角点119.9mがあります》

ここからの眺望はよく、対岸の淡路島や明石大橋、遠くにあべのハルカスが見ることができます。


そしてこの島メインの第三砲台跡にやってきました。
ここには2基の砲座からなる砲台が4つ連なってり、、各砲座は地下通路で繋がっておりさらにその地下には弾薬庫がありちょっとした地下迷路になっています。


砲台下の弾薬庫、まったく光が入らず真っ暗で懐中電灯(スマホライト)がないと入れません。


地下通路を通って次の砲台へ


各砲台跡とも比較的きれいな状態で残っており見学することができます。


砲台跡を抜け一旦地上に上がりスロープを下っていくとよく写真で見かける弾薬支庫が現れます。


こちらも中に入ることができます。

この辺りは比較的保存状態がよく時間が止まったような雰囲気が味わえます。

15時前メインの見所の見物を終え野奈浦桟橋に戻ってくると丁度加太港への臨時の臨時便が出るとのことだったので待ち時間ロスすることなく島を後に、、、

なかなか楽しい島散策でした。

友ヶ島の情報はコチラ
→友ヶ島へのアクセス・現地情報 『友ヶ島汽船』
→友ヶ島の観光情報 『和歌山市観光協会』
Posted at 2018/03/18 22:30:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域

プロフィール

「息子達よありがとう!」
何シテル?   06/17 19:11
ハスラー:主に自分が運転 フリード:家族共用(主に妻と息子が使用)

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

824mと814mの頂きへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/14 16:34:36
上越紅葉めぐり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/14 16:33:31
霧氷咲く男体山 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/14 16:32:35

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ハスラー スズキ ハスラー
希少な?グレード『A』4WD・MTに乗っています。 今後の弄り予定  特になし・ ...
ホンダ フリード ホンダ フリード
ガソリンGホンダセンシングFF6人乗 ボディカラー:モダンスティール・メタリック インテ ...
その他 ペンタックス PENTAX K-S2 18-135WR (その他 ペンタックス)
防塵・防滴イチガン 主に山登りで活躍
その他 MTB その他 MTB
ママチャリ通勤を楽しく!ってことでMTBを導入、もちろん格安なんちゃってルック車 山歩 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.