• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ニャンコせんせいのブログ一覧

2021年12月08日 イイね!

【半分】美味いんだけどね【空気?】

【半分】美味いんだけどね【空気?】定番のソーセージ、他より美味しくておそらく20年以上昔から食べてます。

嫁と話をしていて「昔からこのソーセージって2つで束ねて売ってるよなぁ、なんでやろ?」って話題になりました。
最初、地域や売っているお店によって2つで束ねて売っているのかと思ったりしましたが、1つで売っている記憶も地域も心当たりがない…

昨今日本は貧しくなったせいか軒並みコンビニ弁当みたいに上げ底かさ増し、お値段増し増し商品が溢れているせいか、そんな色眼鏡で色々な物を見てしまいますが。


と言う事で束縛しているテープを剥がして検証してみます。
キツめに2つの袋が束ねてありましたが分けてみると一つ一つがパンパンに膨らんでいます。
金色のテープで上部を縛っているので尚更です。
この中の気体は酸化防止のガスか何かが入っているのか…?
ざっとパッケージを見たところでは何かそうした気体を充填してある様な事は見当たらない。


袋一つを手に取ってみると袋の中でソーセージが踊る感覚。
一つに分けると手のひらに収まってしまうからかも知れません。

デフォルトのキツく束ねてある状態では手に取って中の量が分かりにくい印象でした。
また2つになるとgあたりの単価が直感で分かりにくくなるマジックか?

昔から人気でお値段も若干高めに設定されている認識はありましたが、当時からの割高感をスポイルする為の企業努力?だとしたら中々どうして見上げた物ではありませんか。

美味しいので今後も食べます。
上げ底コンビニ弁当とは本質的に違うと思いますので。
Posted at 2021/12/08 15:00:36 | コメント(1) | トラックバック(0)
2021年12月07日 イイね!

【可?】ウォッシャー論争【否?】

【可?】ウォッシャー論争【否?】はい、こんばんは。
ネットの記事を見ていると某タレントのウインドウォッシャーの発言が炎上している様ですね。

話の争点となっているのはウォッシャーを使った時に後続車などに飛沫がかかる事から走行中などにウォッシャーを使う事についてですが、ウォッシャー使用の否定派では「相手のクルマを汚す行為なので走行中や付近にクルマが止まっている状況で使ってはいけない」とか「自分がウォッシャーで濡らされたら嫌なので他人にはしてはいけない」と言う様な声が上がっている様です。
炎上したタレントも同様な事を「やってはいけない事」として呟いていた事が炎上のきっかけとなったみたいですね。
確かに洗車して綺麗になった瞬間に他者から突然ウォッシャーで濡らされたりしたら気分的にいい気はしないですが。

肯定派の声としては「安全に運行する為の装備だから視界が悪くなったら使って当然」と言う声が殆どの様ですね。

個人的な事になりますが、そうした事でフロントガラスが汚れてしまった時は危険でなく緊急性のない汚れであれば下道であれば信号待ちの時にウォッシャーを使っています。
まぁこれは後続車へ飛沫云々と言うより、自分のクルマのルーフなどへ使ったウォッシャーが流れて行かない様にと言うのが理由なんですが。
そんな風に汚したくないと思う自分からしても他者からのウォッシャーの飛沫で汚れるのは「ぐぬぬ」とは思いますがマナー違反やしてはいけない事とは思わないんですよね。

またあまり高速道路は使いませんが、1度に600kmくらい走る事はあるのですが汚れてない様に見えてもウォッシャーを使ってみると視界がクリアになるので100km~ほど走ったら定期的に使っています。
短時間で長い距離を走る時の目の疲れ具合がだいぶ違うので欠かせなくなっています。

恐らく私は肯定派ですがコンビニやショッピングモールなどの駐車場で止めていて周りにクルマや人がいる時は使う事はないですし、使うにしてもガンコに視界を遮る様な汚れはウォッシャーでは落ちきれないので車外へ出てウォッシャーチョイ出しした水で濡らしたティッシュで拭き取るみたいな事をしている様に思います。

誰しも多かれ少なかれ他人から汚されていい気はしないので周囲に気をつかって使用するのは分かる話ですが、クルマは外で移動する物で安全な事が1番ですから走行中視界不良であればドシドシ使って貰ってOKです。

それとこのタレントの記事を読んでいて思ったのは「前のクルマからウォッシャーの飛沫が掛かって…」とありましたが、そんなに盛大に飛沫を貰った事がないのですが…
車間距離詰め過ぎなんじゃないですかね😅
Posted at 2021/12/07 18:38:04 | コメント(1) | トラックバック(0)
2021年11月24日 イイね!

🍁を求めて秋葉神社など

🍁を求めて秋葉神社などおはようございます。
昨日は天気も晴れて兼ねてから予定していた秋葉神社へ紅葉狩りへ出かけました。


ステージア、ハイゼットカーゴ、ミラジーノ、キャリイのどれで行こうか迷いましたが、一昨日の暴風雨で山中の道も荒れてそうなので悪路向きのキャリイをチョイスです。
途中落ち葉が積もっていたり大きな枝が落ちてたりもしている所がいくつかありましたが、小回りの効く車体とオフロードタイヤ、高めの車高で安心感があります。


土砂崩れで通行止めがあり迂回して予定より少し遅れて秋葉神社(上社)へ到着しました。
その日の予定では磐田市にある見付天神も回りたいと思っていたので、先行きがちょっと不安…




山頂にあるお社へ歩いて登って行きます(のんびり登って20分くらい)
紅葉の最盛期は少し前に終ってましたがとても整備された参道で歩きやすいです。



立派な山門ですね。
風は強かったですが良い天気で良かったです。



本殿に向かい更に階段を登ります。
存在感が半端ない金色の鳥居がありました。



標高の高い所にあるので遠州灘の海まで見渡す事が出来ます。
この日は少しガスっていたのですが、空気の澄んだ時であればもっと綺麗な景色を拝めたかも知れないです。
これはこの冬また来ようかな…



そして更に少し登って本殿に到着です。
実際にここまで登ってみて思いましたが、これだけの所にこれ程の物を建てた昔の人の力と言うのは想像を絶する物があります…


色々なお守りなどもありましたが、ひときわ目を引いたのが天狗さまのお御籤です。。。
この後見附天神にもよってシッペイくんのお御籤を求めるつもりでしたが天狗さまも連れて帰って来ました。

お食事処やお土産売り場などもありましたので椎茸の炊き込みご飯などを買って軽トラでお昼休憩です。


そしてひたすら山を下って見附天神へ到着です。
ここは磐田市街にある神社でお社のすぐ側までクルマで入って行かれます。
神社らしい朱色の鳥居が美しいですね。


そのすぐ脇に今回お目当てのシッペイ君の銅像が鎮座です。
シッペイ君の伝説は以下公式からどうぞ。
https://www.mitsuke-tenjin.com/legend/

こうした言い伝えは過去の出来事が元になった事が多いですが、果たしてどんな事を元に語られる様になったのだろうなと思いを馳せてしまう。



そして念願のシッペイ君のお御籤です。
スタンダードな物の他に裸まつり、サッカー、ラグビー、卓球(水谷/伊藤)と磐田市にまつわるバージョンも。
最初、卓球のは団扇でも持っているのかと思いました(笑)

思ったより明るいうちに回れたので最後に海でも見ようかと更に南下、遠州灘へ向かいます。



砂丘に乗り入れる事も少し考えましたが、風があまりにも強いのと日暮れも近かったのでスタック祭りをする事を避けて定番の福田港へ行きました。
同じ磐田市となるのでこちらにもシッペイくんがいます。
綺麗に整備された港で漁港もあって夕食に食べるお刺身とお魚の天丼を買って帰りました。

家路につくのは混み合う夕方となり、道路の状況が落ち着くまで荷台の幌の中でゴロゴロしていたり食事を取って時間調整していましたが、やはり幌の中は寛げますね。

東西南北と静岡県内をひた走り、概ね400kmの走行距離となりました。
この距離を下道オンリーで観光して半日で回れる道路事情の良さは静岡県の良さの一つかも。
クルマ生活に適した県なのかも知れません。

コロナも下火になって来た様なので、キャンプ道具を積んで出掛けたいですね。
Posted at 2021/11/24 07:19:25 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年11月10日 イイね!

【ハイゼット】ヘッドライトとフォグランプ【LED】

【ハイゼット】ヘッドライトとフォグランプ【LED】はい、こんにちは。
ハイゼットカーゴを乗り始めて半年ちょっと過ぎました。
今どきのクルマなのでヘッドもフォグも白色LEDとなります。
どちらもチップLEDが組まれているので任意でLEDバルブを交換する事は出来ず、ロービームはチップ2発/ハイは1発で構成されています。

いずれにしろバルブ交換が出来るタイプではありませんので1発でも切れたらアッセンブリー丸ごと交換となるので保証期間を過ぎて不具合が出たら修理にお金が掛かります(ヘッドライトは中古で3~8万円くらい)

LEDの指向性のある光の特性でカットラインの内と外で明暗の差が激しく、ハロゲン/HIDの光と比べると有効な視界範囲は狭く感じます。
30~40mくらいのロービームの照射範囲の先が真っ暗なので街灯のない暗い道路ではハロゲン/HIDと比べるとハイビームにしたくなる機会が増えました。

加えてヘッドとフォグの両方を点灯した時の路面見え方が奥(ヘッド)と手前(フォグ)で区切りがある様な見え方で違和感があって気持ちよくないですね。
同じダイハツ車のミラジーノはどちらもハロゲンバルブを入れていますが、ヘッド/フォグで照らされた路面が万遍なく自然な見え方をしていて運転していて疲れを感じにくい様に思います。

LEDはカットライン内の照射範囲はハロゲンより明るいですが総合的に見ると使いづらい感じがしていますね。

これから冬に向かいますが発熱しないLEDなので降雪時には着雪してしまい、白い光りなので吹雪いたらホワイトアウトしていまいそうです…

LEDチップを採用する事でライトのデザイン性の自由度は上がり、ハロゲン採用の同じハイゼットより見栄えのする顔になりましたが私の求めていたのはそこではないのでやはりちょっと微妙かなぁ。

幸いうちは雪の降る地域ではないので、濃霧用に一つ中古のヘッドライトユニットを買ってクリアイエローで塗装してみようかと思います(車検時には交換必要ですが)

イエローは暗いとかの理由で海外でNGになり、その流れで日本でも平成18年以後からのクルマのヘッドライトはイエローがダメになった様ですが、HID/LEDのイエローは特に暗いと思えませんし、キャリイで2800kのイエローハロゲンを使っていますがそれも視界不良と言うような暗さではないのですが。

安全性を考えるなら本当に視界確保の難しい悪天候を基準にして欲しいと思うこの頃。
晴天時であればどんなライトでも問題ありませんしね。

話がそれましたが路面の見え方や視界範囲の広さに不満の残るハイゼット。
純正LED搭載車は初となりましたが、他の車種でもそんな物なんでしょうかね😅

またオートライトは動いているとスモール/オフには出来ないので、夜間合流時にヘッドライト消灯してトラックなどに道を譲るコミュニケーションが取れなくなったのはデメリットしかない…
暗くなっても無灯火で走るおバカさん対策なんでしょうが、そのとばっちりを受けた感じがしてしまう。

オートライトと言っても朝夕の太陽を背にした時に点灯する訳でもないですし、見通しの悪いカーブミラー頼りの山道でも点灯はしない。
この辺りの事はドライバーの問題になるのでオートにしても解決出来る問題ではないですね。

ネガティブな所ばかりが目立ってしまうヘッド/フォグですが更なる改良を期待したい所ですね。
Posted at 2021/11/10 15:45:46 | コメント(1) | トラックバック(0)
2021年11月05日 イイね!

「多様性」と言う力

「多様性」と言う力「多様性のある社会をつくろう」「多様性を尊重しよう」と言う言葉をよく見聞きしますが、今ひとつストンと心に落ちて来ないと言うか…

「人との違いを尊重しよう」と言う考え方は考えとしては理解出来ない物ではないですが、人によっては感じる事も譲れない事もひとつふたつはあるだろうと思いますが、そうした気持ちまでけしからんとして変えていかないと言うのであれば、それはそれで「多様性」を認めていないようにも思う。

少し喩えは違いますが私は愛煙家でも嫌煙家でもありませんが、吸わない立場にいるので基本的に他者からの煙りは嫌だなぁと思いますが、あからさまにそれを態度にする事はしないし、タバコを吸う相手が親しい人であれば、そんなに気にもしなかったりしています。
逆に好かない人の煙は何倍も嫌に感じます…(身勝手な価値観ですね)

しかし人それぞれ譲れる事/譲れない事は違うだろうし、同じ事でも状況によって感じ方も違うのが人だと思います。

新しい価値観として「多様性」と言う言葉が出てきましたが、人の歴史の中で出来てきたこれまでの価値観を否定するのは果たして「多様性」と呼べるのだろうか?

あからさまに差別をしたり批難をする事は問題と思いますが、その人との違いを感じて消極的な関係になる事はそれほど批難される事なんですかね。

どうしても合わない人はいると思うので、逆に私を毛嫌いする人がいても仕方ないよな〜と思うし。
だからと言ってその人を攻撃しようとも思いませんし、合わせる為に自分を変えようとも思いません。

「多様性」っていったい何なんでしょうね…分からん🤯


Posted at 2021/11/05 03:58:37 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

「愛車グランプリにエントリーしました! https://minkara.carview.co.jp/userid/2478067/car/
何シテル?   12/08 19:56
ハイゼットカーゴをメインカーにしました。 カスタムベースで色々と手を加えて行こうと思います。 悪路はキャリイトラック、舗装路はハイゼットカーゴとの使い分けになり...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
56 7 891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

RAYS VOLK RACING TE37 KCR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/13 07:59:10
クラッチスタート機能キャンセル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/08/15 08:43:11
不明 ハイゼットカーゴ リアバンパープロテクター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/08/07 12:28:57

愛車一覧

ダイハツ ハイゼットカーゴ 吾輩はカーゴである。名前はまだない (ダイハツ ハイゼットカーゴ)
ハイゼットカーゴ始めました☺️ カスタムベースで色々と手を加えて行こうと思っています。 ...
スズキ キャリイトラック 元金太郎ダンプ (スズキ キャリイトラック)
初所有の軽トラ、弄り倒します(笑) 四駆でデフロック付きを探していましたが見つけるのに苦 ...
ダイハツ ミラジーノ その名も【青瓢箪号】 (ダイハツ ミラジーノ)
エッセが退役となりミラジーノと相成りました。 実はミラジーノは2台目で前回はグリーン、そ ...
CAT その他 CAT その他
2010年8月から保護団体から譲渡され里親になりました。 サバトラ柄の女の子です。 ご飯 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.