• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

RS6 APR STAGE1のブログ一覧

2016年10月30日 イイね!

車検から戻り

車検から戻り
車検から戻り、久しぶりに我が車を見たもつかの間
個人の出張中にしばらくまた預けになる我が車

車検時に外したかったフロントのRSロゴもディーラーさんで外してもらい
フロントフェイスもすっきり?

すっきりしたお顔に、相変わらず「細かすぎてわからない?」テイストの
フロントリップも予定中

今月は他にもチョイチョイ預けがあるので
次乗るのはいつのことやらw
Posted at 2016/10/30 21:19:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月22日 イイね!

車検

車検
RS6が車検の為
代車でこちらがきました

キビキビ動いて
街乗りなら十分すぎるくらい
速いです!

楽しいかもw

Posted at 2016/10/22 13:21:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月18日 イイね!

デザイン原画を眺める

新車が販売される時によく登場するデザインの原画。
C6のデザインは当時、日本人のデザイナー和田智さんが担当

「日本人がデザインしたドイツ車」として当時から興味があったことを覚えています。

現行の車は、デザインとしても未来的になってきているなー
なんて感じながら、デザインについて調べていると
ドイツでは元々バウハウス的デザインという機能美と美しさを融合する工業デザインを行ってきたことがわかりました。
曲線という意味では、確かにC6を境に角のあるデザインに変わってきたのは
近未来的発想への転換だったりするのかもしれません。

RS6に乗るようになってから
なんとなく当時のデザイン画をウェブで検索しながら眺めていると
デザイナーのデッサンは、大抵が
・車高が低い
・フロントスポイラーが販売された車両のほうが抑えられている
なんてことを感じ、デザイナーが望んだかたちというか
コンセプトカーの時点でのかたちに興味が湧いてます。

曲線の延長に自然に同化させるスポイラーであったり
車高はやはり曲線を表現する上で低いのは、デザイナーも同じ意見なのかな?なんて妄想

そんな感じで、かなりの数を物色した結果
スポイラーもノーマルか知らない人では気が付かない程度のものが見つかり
車高も少々落とした状態で、ノーマルルックでどこまで表現できるか
のギリギリのラインを模索中

和田氏が表現したかったであろう「美しさ」を追求する女性的な発想の当時のアウディの社風に沿った表現をするとしっくり来た感じになるのかな。

当時RS6のコマーシャルだった映像を下記に貼りますが
かなり斬新w

デザインやコンセプトに秘められた表現方法が、精密さや力強さなんかを表現しているような感じを受けます


Posted at 2016/10/18 17:51:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月12日 イイね!

私的RS6 C6チューニング方向性

私的RS6 C6チューニング方向性個人の記録的にまとめ

購入後、家族のお出掛けワゴンとしての用途として
ワゴンというボディー形状からは想像も付かないエンジン形状としても
これ以上は私的になかなか他の車種では無いな
と思いちょくちょく弄ってきたRS6
そろそろ最終工程の方向が見えてきました。

まずは少々経過劣化してきた部分に関するリフレッシュを行い
エンジンに対して負荷が強すぎない馬力までアップ
ワンアクセントによる衣替えでノーマル形状を利用したアクセント付け
などなど

ここに来て、足回りには無理が生じはじめ
いよいよサスペンションにメスを入れることも決定
しかしながら
何せサス以外のスタビ・リンク他パーツが存在しない為
ワンオフで行くしかないという、ある意味マイナーカーのような試行錯誤を繰り返しています

CPUによる馬力UPにより、失火が生じはじめたことには
リアマフラーではなく、フロント・センターでの変更でいく方向性
再度CPUは実車合わせによるワンオフリプログラムも思考中。

統括して方向性をまとめると

方向性
移動する車として荷物も詰めて、乗車人数キャパも多く、四季に関係ない走行性能を持ち、エンジンの能力も高い車両。コーナリング性能はある程度捨て、スポーツカーとラグジュアリーの中間の位置付けでチューニング。
コーナリングである程度ロスがあっても直線で取り返せる自称大人仕様
涼しい顔してちょっとしたスポーツができる
「羊の皮を被ったスポーツカーにもなれますよ仕様」

① 外装は最小限度でアクセント(基本純正ルック)。都心で使用してもやり過ぎ感のないノーマル+ルック
☑ボディーコーティング
☑内装経過劣化補修 
☑ラッピング

② エンジンは長持ちして、ノーマル+の馬力。低~中のレスポンス重視。
☑CPU

③ 車内は家族受けのいい仕様で、清潔に保つ。コックピット周りはやり過ぎず差別化
☑内装清掃徹底 コーティング
☑リア子供用モニター他
☑運転席まわりちょい弄り

④ サスペンションは下げ過ぎず 上げ過ぎずでサス周りの剛性も考えてチューニング。
☑CPM
☑リジカラ
☑アーム類 ブッシュのリフレッシュ
☑DRC再生
★車高調化(予定)
★スタビ・リンク アンダー剛性パーツ類(予定)

⑤ タイヤは、ストリートでの使用を中心に、ドライ性能だけに偏らないように選択
☑オールシーズンハイグリップ

⑥ 排気はエンジン本来の音・性能重視(センターデュアル集合管を試してからダウンパイプ。マニはエンジンおろしをしないと無理なのでNG)
☑エアクリ
☑DV他変更(ブーストUP対応)
★センターパイプ(予定)
★ダウンパイプ(状況により)

⑦ 「止まる」車
☑フロントブレーキのサイズ変更
★リアブレーキのサイズ変更(予定)

上記でまとめる予定。

別途、購入当初よりコンセプトを立てたものをまとめているが、今のところ方向性は当初まとめた内容通り。
チューニングに関しては「これが最適」というものが事例が特に少ないRS6 C6
では見付けずらいということもあり、トライしてみないとわからんことも多々ではあったが今のところ順調。

なんやかんだで、自分の好きなことを妄想して考えて、失敗しようがやってみる、がチューニングの醍醐味でしょうから、できた、と思ってらまた追加!は今後も続くのかなw


Posted at 2016/10/12 21:02:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月07日 イイね!

富士にて RS6 C6仲間と最高の一日

富士にて RS6 C6仲間と最高の一日
ORDさんと富士に遊びに行きました

同車種とのはじめての一日中ご一緒!!

最高の時間でした!

ドローンで空撮もしたかっいたのですが生憎の風が。。。

続きは動画にてどうぞ(是非「音あり」でご視聴くださいませ)

Posted at 2016/10/07 16:48:50 | コメント(5) | トラックバック(1) | 日記

プロフィール

「[整備] #RS6アバントワゴン アッパー&ロアアームブッシュ http://minkara.carview.co.jp/userid/2485009/car/2019711/4325584/note.aspx
何シテル?   07/04 15:27
よろしくお願いします。 現在はRS6 C6に跨っております。 外車 国産問わず車好きの方 どこかでお会いすることあれば遊んでやってください
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

穴開けちゃいました(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/04 19:33:40

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ RS6アバント (ワゴン) アウディ RS6アバント (ワゴン)
アウディ RS6アバント C6に乗っています。 是非情報交換いたしましょう!
ダットサン 240Z ダットサン 240Z
北米で学生時代より所有 日本に持ち帰ってから現在まで所有 国内未登録。現在ガス検・車検・ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.