• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

rin@NA8Cのブログ一覧

2018年07月31日 イイね!

灼熱オープンツアー

灼熱オープンツアー暑い!
とにかく暑い!!
今年は東北も暑い!!!

それなのに・・・
そんなに暑いのに・・・
チャンスがあればすかさずオープンで出かけてしまう悲しい性(さが)

しかし大丈夫。
今夏、私はスペシャルなアイテムを手に入れた。
Let's take five.さんからお借りした送風シート、名付けて"涼シート"♪
※勝手に命名
エアコンの冷気を足元のファンで吸入し、背中とオケツに送り込む仕組み。
先週試しに灼熱の福島をかすってみたのだが、効果テキメン。
30℃を超える気温でも、背中とオケツの蒸れを抑えて快適なんです。

抜群の効果を体CANした私は、お借りしたモデルの最新版をポチり、本日実戦投入したのだった。





朝から強い日差しが照りつける中、オープンで飛び出す。
いつもなら防具は「ぬののふく」と「むぎわらぼうし」くらいで、おおがらすにも苦戦しそうな貧弱装備であるが、今日は違う。
言うなればバギクロスで身を守っているようなものだ。





あれ?
なんか背中蒸れてる?
触ってみると・・・蒸れてないような。
でもなんだか風を感じない。

お借りしているのは旧モデルなのだが、そちらのほうが風を感じて快適指数が高い。
新モデルは、蒸れてはいなそうだが、風を感じない。

風を感じないから、蒸れてはいないけど、背中に違和感。
うーんなんだか微妙だ。
そもそも新モデルは図体がでかくなってフルバケには少々きつめ。
もしかしてこれが風が流れない原因か。

灼熱の福島に入ってすぐに涼しい磐梯吾妻スカイライン→桧原湖方面に抜けたので暫し涼シートは送風オフ。
いつもの東鉢山七曲りで一休み。





いつもはとても涼しいこの場所も今日は日差しが痛い。
さぁスカイバレーを越えると、次は灼熱の山形が待っている。





あー行きたくない(笑)





そして山形県は米沢に下りると・・・
メラゾーマが飛び交ってた。


暑い暑い暑い
最早完全に涼シートキャパオーバー。
汗が吹き出てくる。
だって気温35℃!!





せっかくだから上杉神社に行ってみたけど、(暑いから)当然のんびり観光している余裕はない。





私自身の放熱機能もキャパオーバー。
日陰で少し、ほんの少しだけクールダウン。





しかしこれはまだ序章に過ぎなかった。
米沢のすぐ北、高畑に着く頃にはコチラ↓





あとちょっとで37℃!?
こんな気温でオープンにしてる奴は私くらいでしょう。
三途の河がうっすら見えてきたあたりで、昼飯の目的地へ到着。
命からがら逃げ込む。





山喜の塩ラーメンで、失われた塩分を補給。
冷房の効いた店内とはいえ、熱いラーメンを食うと散々蓄熱した体から汗が吹き出る。
でもさ、食べたかったんだよ。





宮城に戻ってきたら、30℃あるもののとても涼しく感じました。
そりゃそうだよね、あの暑さをくぐり抜けてきたんだから。
で、肝心の涼シートですが、さすがに37℃近い気温の時は発汗しますが、それも体の前面だけ。
背中とお尻はそんなに汗をかいてなかったような気がします。
気温30℃くらいであれば、新モデルでも暫く走っていても発汗はなさそう。
今後も涼しくなるまで活躍してもらいましょう!
でも真夏の昼間オープンは暫くいいかな〜(;´д`)
Posted at 2018/07/31 23:11:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月29日 イイね!

たまにはのんびりメンテしてみる

たまにはのんびりメンテしてみる台風の影響で久々出撃なしとなった週末だったので細かいメンテをしました。

まずはステアリング下の配線の山の整理。
こんがらがってるんで、ギボシ端子を抜き差ししたり配線を手繰り寄せてたら、ギボシ端子から線がすっぽ抜け(笑)
原因はハンダ付け忘れ。
相変わらず詰めの甘い作業です反省。

ということで久しぶりにコードレス半田ごてを持ち出す。
ガスを補充して、ライターで着火・・・火を噴くだけで一向に熱が入らず。
車だけじゃなく道具もくたびれてきてますね。





しばらく松明状態。
駐車場で火を灯す不審者になること約10分、ようやく着火しなんとか作業終了。
続いて、先日ダイヤルが緩んでエンジンがかからない原因となったキルスイッチ。
結構無理やりつけてる感もあるので、この際退役していただきます。
ここでようやく昨年秋にネプロスキャンペーンに当選して頂いたT型レンチ初登場。
奥まったところのボルトナットの締緩には非常に便利。
もっと早く使っておけば良かった。
※ 本当は使うのがもったいなかった^^;それにしても輝きハンパないです。






摘出したバッテリーカットターミナル。
接点の摩耗や汚れはありませんでしたが、少しでもトラブルの元になる可能性のあるものは排除です。
取り付けしてからまともに使ったことなかったしね〜





さぁ、次の週末は晴れますように。
Posted at 2018/07/29 10:23:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 部品 | クルマ
2018年06月30日 イイね!

私の半分は蔵王でできてます

私の半分は蔵王でできてます今朝の蔵王は穏やかな天候で最高のコンディションでした。
下界は早朝から暑さを感じましたが、ぐんぐん標高を上げて行くと、涼しい風に吹かれ視界に飛び込んで来る周辺の山々。





この時間を過ごせることに感謝せねばなるまい。
早朝の蔵王に上がらないと人生半分損しますよ(笑)





いつものようにあーでもないこーでもないと山談義に興じたのち、御釜へGo!!
おぉ、今日も美しい。
約一ヶ月ぶりの御釜。





あまりに清々しいので、みんなでてっぺんを目指す。
太平洋まで一望〜たまらんね〜





いつまでもいたくなる、本当に素晴らしい朝でした。
Posted at 2018/06/30 20:48:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | 遠足会 | クルマ
2018年06月24日 イイね!

姉さん、事件です!

姉さん、事件です!楽しかった鳥海山ソロツーリング。





しかし、道中再発した再始動時のエンジンかからない病。
その後も休憩する先々で頻発する始末。

休憩後にキーを捻って虚しく響くカチンって音。
周囲に悟られないように何食わぬ顔で何回もキーを捻るのも限界だ´д` ;
エンジンかからないのにこんな静かな水面のように穏やかな気持ちではいられません。





昨日は気温も高かったので、やはり熱が原因なんだろうか。
するとエンジンルームのメインリレー?
とりあえず日曜日は福島遠征を企てていたので、できることからと、イグニッションスイッチのグリス塗り直しをしてみようと久しぶりにバラしてみた。




以前誤って施工したシリコングリスを片っ端から取り除き、先日仕入れたカーボングリスをこれでもかと塗りまくり、いざ組み直し・・・
おかしい、はまらない。
何回やってもゆるい。





つ、ツメが折れてる!
いや、粉砕しているッッ( ̄◇ ̄;)

おかしいと思ったんですよ、バラす時に妙に勢いよく部品が吹っ飛びましたから。
プラスチックが硬化して、遂に限界を迎えて少しの衝撃で吹き飛んだ模様。
プラリペアで修復を図ろうとするも、粉にかけるリキッドがほぼ揮発してスッカラカン。
福島遠征どころか朝練にも行けなくなってしまった。
せっかくのフリー2日目は、車を動かすこともできずに家で悶々とすることになってしまいました(´-`)
Posted at 2018/06/24 18:40:23 | コメント(6) | トラックバック(0) | 部品 | クルマ
2018年06月23日 イイね!

鳥海山に行ってきた

鳥海山に行ってきた妻と子が一泊旅行に出掛けた。
取り残されたお父さんがすることといえば・・・
ロングツーリングだよね♫

という訳で、以前から行きたかったものの時間的な制約があり実現できなかった鳥海山ツーリングに遂に行ってきた。

なお、今回のツーリングルートはケンジPP1さんのブログを参考にさせていただきました、ありがとうございますm(_ _)m

事前の所要時間をGoogleマップで調べると約10時間。
こりゃ普通だったら行けないわ、フフフ。

それじゃー出発!
初っ端からR48関山峠に至るまでにさくらんぼ狩り渋滞に巻き込まれ、かなり時間をロス。
でも大丈夫、今日は時間たっぷりあるからねーホホホ(^O^)

ウキウ気分で東根温泉のコンビニで休憩してた時に事件は起きた。
キー捻る、カチン♪
再び捻る、カチン♪

・・・

( ;´Д`)

再発したーっ!!

ワクワク鳥海山ツーリングは始まったばかりというのに、少し暗い気持ちになる。

まぁ最終的にエンジンはかかるんだし、今日のツーリングに影響はなし!
気を取り直してリスタート。
村山から新庄までは東北中央道無料区間でスイスーイのスイッと。
新庄からは最上川沿いをR47(鶴岡街道)で酒田方面へ抜けます。

そしてやって来ました日本海!
ロードスターで日本海を眺めるのは初めてなんで感慨ひとしお。





せっかく時間があるので、少し観光でも。
いたるところに看板が出ており、気になったので十六羅漢というところに行ってみた。
江戸後期〜明治初期の和尚さんが岩を削って作り上げたそうな。




それにしても暑い。
これはヤバいと、涼を求めて本日の目的地鳥海山へ上がる。
ちょうど十六羅漢が鳥海ブルーラインの山形側スタート地点です。
鳥海山では、まだハルゼミが鳴いてました。
蔵王は5月中旬くらいに鳴いてるから、季節の流れが1か月くらい遅いですね。





緩やかなコーナーの連続でとても走りやすい道でした。
週末の割に交通量も多くなく快適!
途中で秋田県に入ります。
県境を越えるって、いつも思いますがワクワクしますよね。





鉾立展望台に到着。
山から海を一望できるって、そんな場所なかなかないですよね?
ここの眺めは見応えあり。






あっちをウロウロ、こっちをウロウロ、完全にただの観光客だ(笑)




あれは飛島だな、あれは佐渡島?

あれは男鹿半島だろうか、青森まで見えんのかな?

いつまで見てても飽きないどーしよこれ(´∀`)




これはヤバい、いい加減帰りが遅くなるので下山する。
すると、鳥海グリーンラインなるものを発見。
なんとかラインって道は行かねばなりますまい。

グリーンライン、なかなかやりますよ!
適度なコーナーとアップダウンあり、高原を駆け抜ける良い道でした。

途中、高原の駅花立クリーンハイツで休憩。




奥山放牧地を目指して進むも、途中通行止あり。
通行止めは事前に確認済みだったけど、Googleマップが最短で行ける迂回路を案内するから行ってみたら、とんでもない藪の中の道を案内され、挙句行き止まり。
Google先生、あんたの実力はそんなもんだったのか・・・

だいぶ迂回して奥山放牧場に到着。
残雪の鳥海山、美しいですね〜




天気予報を見ると、宮城に雨雲が近づいてるんで濡れる前に帰りましょう。
でも、最後に一箇所だけ!
法体の滝に立ち寄る。
駐車場からすぐ近くのはずが、案内されるがまま長い階段を上がる上がる




延々と続く階段を上りきり、法体の滝を上から見下ろす。
汗だくでのんびり滝を眺めてる場合じゃあない(笑)
途中落ちたら死ぬポイントありますので注意です。





実は階段上がらなくても普通に見れたりする。





さぁ後は帰るだけ。
R47を通るんですが、途中で県道249に入って花山方面へ抜ける。
事前情報で途中道が狭くなるとは知っていたんですが、予想以上に狭い区間が長いわ暗くなってくるわで、少々ビビりながら突破。

のんびり観光しながら約12時間の旅でした。
観光してた時間を含めれば事前調査の時間とほぼぴったり。
予想時間だけは正確だなGoogleマップ(´・Д・)」
次は道案内もっと頑張ってくれ。
Posted at 2018/06/24 14:14:41 | コメント(7) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイドラエラーにイライラしたけど桧原湖畔の塩ラーメンに癒される🍜

ハイタッチ!drive
2018年08月20日09:19 - 17:04、
281.79km 6時間8分、
3ハイタッチ、コレクション1個を獲得、バッジ18個を獲得、テリトリーポイント130ptを獲得」
何シテル?   08/21 18:49
NAロードスターに出会い早10年、購入時約29,000kmだった走行距離は今や170,000kmに迫る勢い。最近は専ら修理にお金掛けてます(._.) 何でもお...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ヨド物置 タイヤ保管物置/エスモ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/05 19:04:03
みんカラにサイズの大きい写真をアップする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/23 12:14:27
八宝屋 カーボンフィルターインテークボックス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/13 20:54:10

お友達

みんカラを通して、色々情報交換や交流ができればと思います。
73 人のお友達がいます
緑2&amp;4緑2&4 * ケンジPP1ケンジPP1 *
むろっちむろっち * 七郷七郷 *
真こっちゃん真こっちゃん * シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
ユーノスロードスター、なんとか維持してます。
ホンダ フリード ホンダ フリード
ファミリーカー兼妻の通勤車です。 2014年8月に新車購入。 納車時にどさくさに紛れ ...
ボルボ V50 ボルボ V50
ハイドラ用
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.