• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TB55のブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

質実剛健で満足感を感じることができる車

質実剛健で満足感を感じることができる車本当に乗っていて楽しい車です。仮に致命的な故障で買換えすると想定しても候補がありません。100歩譲ってパジェロのディーゼル位かな?
Posted at 2017/06/22 23:20:08 | コメント(0) | クルマレビュー
2016年11月23日 イイね!

CVT 素アルト(タイプL)の必要十分な走行性能!

CVT 素アルト(タイプL)の必要十分な走行性能!先週ターボRSが信号渋滞中に追突され、代車として乗っているのがアルトL(CVT)です。
ノンターボでCVTではどんな感じなのか興味はありましたが、実際に使ってみて意外なほどの走りに驚きです。

街中ではラフにアクセル操作をしてもスルスルとスピードに乗りますので、信号スタートではあっという間に時速70㎞(メーター読み)くらいに到達します。白バイに注意しないといけない位の加速性能です。(CVTなので決して爽快感は無く、いつの間にか速度が出ているって感じ)

高速でも驚くほどよく走ります。100~130キロ(メーター表示)辺りでも楽に巡行できます。4度の登り勾配でも楽々110㎞前後をキープして走れますのであまり疲れません。直進性能もターボRSと変わらない位に感じます。

Lタイプは最も安いグレードだと思いますが、ノンターボの軽自動車がここまでの走行性能を持っていることに感動しました。ターボRSよりも40~50万円も安いグレードでこの走行性能が買えるというのは新アルトの基本性能の高さを証明していると思います。

だたし、実用面での話ですので商用車然とした外観やCVTによる頻繁な変速音&エンジンの唸り音など決してスポーティor爽快感はありません。自家用車として買うには魅力を感じませんが実用車としては十分満足できる性能でした。
Posted at 2016/11/23 14:30:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月02日 イイね!

スペアタイヤの無い最近の傾向に疑問!

スペアタイヤの無い最近の傾向に疑問!約30年ぶりにパンクを経験(自転車のパンクは10年前に1度)10月5日に台風が通過した翌日だったので普段とは違った路面状況だったのでしょう。

しかし、アルトターボRSにはスペアタイヤがありません。対策として装備されている修理薬剤は使用するとその後タイヤ自体の修理ができなくなってしまうとの事なので、その判断ができない素人としてはなかなか使えるものではありませんよね?結局、なんとか空気を補充しながらパンク修理ができるスタンドに到着するも「修理できませんね」との結末でした。

応急タイヤもないので自宅に乗って帰る気にもなれず、ガソリンスタンドなので高いとは分かっていてもタイヤの注文&交換をお願いしてタクシーで帰宅しました。

アルトの前に乗っていたライフの応急用タイヤを保管しとけばよかったかなーって後悔しました。

純正ポテンザはなかなか無いサイズのようですぐに手に入るエコピアEX20Cを2本注文、パンクしたポテンザもまだ3500キロ位しか走ってない状態だったのでもったいない感が尾を引きました。

1輪だけエコピアにするのも気持ち悪いので左右で2本、エコタイヤで持ちがイイようなのでエコピアを前にポテンザを後輪にローテしました。そして余ったポテンザ1本をヤフオクで落とした純正ホイールに組んでスペアタイヤとして積載しました。ラゲッジの下にある発泡スチロールをくり貫いて置いてみましたがしっかりと安定しています。

作業状況はフォトアルバムに掲載しました。
(整備手帳に載せようとしましたがナゼか画像がアップできなかった為)

ラゲッジの発泡スチロールはダメ元でチャレンジして失敗したとしても新品は税込8000円で購入できます。(高価ですが形状がアルトのスペースにピッタリ密着して固定できますので安定感があります。多少の切り欠きをしても大丈夫です。)もともとこの発泡スチロールはかなりの空間を占領しており、中には使えないパンク修理薬剤とジャッキ&レンチ&ミニコンプレッサーしか入っていないのはもったいないと思っていました。
Posted at 2016/11/02 23:12:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年08月29日 イイね!

長所と短所(2か月経過)

長所と短所(2か月経過)購入後2か月経過、色々と思うこと。

まず誤解のないよう言いますが、軽自動車を購入するうえで最良のチョイスができたと思っている点は申し上げておきます。

個人的な満足度は十分ですが、例えば家族に運転させるようなケースではやはり気を遣う場面も多々あります。まず、AGSに慣れていない人が運転する場合には必ずアイドリングストップは解除させておかないと危険に感じます。

右折時(アイドルストップによる更なるワンテンポ遅れ)や立体駐車場の急こう配でのAGSの息継ぎ(駆動の抜け)は運転者に軽い焦りを誘発させてしまいます。
アイドリングストップ機能をキャンセルするパーツを取り付けしようか迷っている最近です。

あと、軽自動車だからでしょうか?スピーカーはオプション品に変えていますがとてもイイ音とは言えません。1か月間は純正品、1か月点検時にオプション品のコアキシャルに変えましたがあまり変わり映えはしないようです。ロードノイズが相当に入ってきますのでこれはしょうがないのでしょう。

この車は運転する楽しさは抜群ですが、それを除いた実用面では一歩何かが足りていないようにも感じています。でもコスト的に考えたら走りの部分が突出しているんですよね。今時この値段で登場したRSは将来、時代を代表したエポックメイキング車として記憶に残る車だと思います。

まだまだ奥の深さを感じるAGS車ですので大切に長く乗りたいと思います。
Posted at 2016/08/30 00:05:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月10日 イイね!

AGS やっぱり楽しい!

AGS やっぱり楽しい!ターボRS納車から約2か月、1500キロ程走行しました。

ますますAGSは楽しくなってきました。
不思議なもので右足は無意識にアクセルを抜く動作をするようになってきています。

仕事用に購入したので電話会話中(もちろんイヤホン装着)などは特にアクセル操作に気を使ったりはできません。しかし、AGSが変速する場合には無意識にアクセルを抜く操作をするようになりました。

自分的には両手が塞がってしまうMTは最初からNGでした。よってワークスMTは候補にもしませんでしたが、他人に説明する場合、ワークスですかって聞かれます。めんどうなのでエンジンは一緒でセミオートマバージョンですって答えている最近です。

ワークスとは迷いもしなかった自分にとっては常にワークスと比較される事に違和感を覚えますが、RSは明らかに違う立ち位置を確立していると思います。

通常はラクチン運転で時にはダイレクトな加速も可能ってだけではダメなんでしょうかね?

同じ軽のターボ車でもCVTとは全く次元が違うダイレクトフィーリングを味わえるのですが、聞いてくる人はATやCVTしか経験されていないせいか、なかなかAGSの良さをお伝えすることが難しいようです。

まあ、自分が満足できることが第一で、それは十分です。

平均燃費は12キロ前後とアイドルストップキャンセル(ほぼ毎回)と高速120キロ巡行を併用していると伸びないようです。
Posted at 2016/08/10 21:49:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「質実剛健で満足感を感じることができる車 http://cvw.jp/b/2654722/39977130/
何シテル?   06/22 23:20
TB55です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

2 人のお友達がいます
ねこまたえんねこまたえん みっきーnpdzみっきーnpdz

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ アルト ターボRS スズキ アルト ターボRS
スズキ アルト ターボRSに乗っています。 クロカンSUVがメインですが通勤&仕事用に購 ...
マツダ プロシードマービー マツダ プロシードマービー
H8年式なので今年で20歳、オイルの漏れも年々多くなってきており気になっています。青空駐 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.