• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

pb2400cのブログ一覧

2018年05月06日 イイね!

東京ミッドタウン日比谷 (part 2)!

東京ミッドタウン日比谷 (part 2)!

4月29日に、前回のブログで予告をしましたが、2回目の試乗に行ってきました。


4月は8日に試乗、14日はトークセッションへの参加、22日は家族での買い物、月末の29日は試乗と、4週連続で東京ミッドタウン日比谷を訪れてしまうことになりました。


前回と同様に、「LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」に足を運びました。

alt


LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」では前回と同様に、LC500hの特別仕様車の「Structural Blue」が鎮座していました。あいかわらず美しいブルーのボディカラーでした。

alt


前回と同様に入口のカウンターで名前を告げて予約の確認をした後、運転免許証をタブレットのカメラで撮影をしました。運転時の注意を書面で確認したのち、車の準備が済むまで待ちました。
alt

今回の試乗車は、「LS500」でした。My Dでも「LS500」の試乗はできると思いますが、1時間程自由に試乗をできるということで予約しました。また、「LS」はレクサスのフラッグシップセダンですので、一度はその運転をしてみたかったからです。


今回試乗した「LS500」です。同乗希望で予約を入れていましたが、レクサススタッフからは一人での運転を進められましたので、今回は一人での運転を楽しむことにしました。

グレード名はEXECUTIVEで、ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレークです。

今回試乗した「LS500」はオプション込の値段が1700諭吉超でした。
alt

今回試乗したコースですが、前回試乗した東京ミッドタウン日比谷から、お台場の海浜公園までの往復の下道をチョイスしようとしましたが、連休が始まっていることからお台場での混雑を避け、皇居一周のコースにしました。できれば前回と同様にコースで比較をしたかったのですが、今回はあきらめました。


今回試乗した「LS500」は、パワーユニットが一新され、初出の3.5リッターV6ツインターボでした。今回も下道で、スピードは出せませんでしたが、信号待ちからの発進での加速のエンジン音は、いい音が聞こえきました。約1時間程、運転しましたが車の大きさを感じずに運転がしやすく、快適に運転をすることができました。「LS500」のような車は、後席での乗り味も機会あれば試してみたいと思います。


今回は一人での運手でしたので、公道での写真を撮ってみました。新緑の中でツツジが咲いているのが見られました。
alt



alt


内装は1700諭吉超だけあって、豪華仕様でした。

運転席に座った感じは下の写真です。

alt


ナビはMy ISに比べ、大画面で多くの情報が表示されていました。しかし、時計が小さくて見ずらかったです。
alt


運転席から助手席をみた風景です。ドアパネルを飾る切子調のカットガラスとハンドプリーツですが、値段はなんと162万円のオプション装備です。運転には直接関係ありませんが・・・・。
alt


切子調のカットガラスを拡大した写真です。
alt


運転席側の右ドアはこんな感じで見えます。
alt


試乗後、「LS500」について調べてみますと、前席シートには指圧シートが付いていたみたいで試せなかったのが残念でした。

試乗の最後に、カート軍団に出くわしてしまいました。

このようなカートが隣の車線や、前を走るのは気分がいいものではありませんが、離れた車線でしたので、安心して眺めていました。
alt


1時間での運転では、一部を味わっただけでしたが、その印象は実際のサイズほど大きさを感じずに運転がしやすかったです。本来、このような車は後席に乗る車と思っていましたが、運転しても楽しそうな車でした。ただし、ここまで車に投資できるか・・・・。


今回は2回目の試乗ということで、アンケートはなく、レクサスのおもてなしも受けることができませんでした。


前回のブログにも書きましたが、今回の試乗もレクサスオーナーでなくても、1700諭吉以上の試乗車を1時間も自由に試乗させてくれるレクサスの太っ腹さに再度驚かされました。


今回も最後までお付き合いをしていただきありがとうございました。


Posted at 2018/05/06 22:55:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月21日 イイね!

東京ミッドタウン日比谷!

東京ミッドタウン日比谷!

4月8日と14日に、東京ミッドタウン日比谷に2週連続で行ってきました。


目的は買い物ではなく、「LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」での試乗とトークセッションへの参加でした。





東京ミッドタウン日比谷に行きますと、LEXUSの文字が目に飛び込んできました。

alt


LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」には、LC500hの特別仕様車の「Structural Blue」が展示されていました。非常に美しいブルーのボディカラーでした。

alt


LC500hのボンネット内部です。「LEXUS HYBRID DRIVE」が目につきました。
alt


運転席ドアを開けると室内カラーは「ブルーモーメント」で、「オフホワイト」が使用されていました。展示されていたLC500hのセミアニリンレーザーシートの座面がホワイトのために、汚れが目につきました。やはり、使用には気を遣いそうです。

alt


カーボンがいろいろな場所に多用されていました。
alt


LC500hの他には、ガソリンターボのNX300が展示されていました。ブルー系でしたがLC500hに比べるとくすんで見えました。

alt


LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」には、スピンドグリルの造形があちこちにちりばめられていました。

alt



alt


いよいよ、試乗です。入口のカウンターで名前を告げて予約の確認をしたら、運転免許証をタブレットのカメラで撮影をしていました。運転時の注意を書面で確認したのち、車の準備が済むまで待ちました。
alt


今回の試乗車は、「GS F」でした。My Dでは「GS」の試乗はできますが、「GS F」の試乗はできないので「GS F」を予約しました。また、「GS F」はV8気筒5.0リッターエンジン搭載ということで、そのフィーリングを一度味わってみたかったからです。


今回試乗した「GS F」です。同乗希望で予約を入れていましたが、レクサススタッフからは一人での運転を進められました。今回の車は1000諭吉超ですので、同乗での試乗をしました。今回試乗したコースは、東京ミッドタウン日比谷から、お台場の海浜公園までの往復の下道をチョイスしました。高速ではなかったので、スピードは出せませんでしたが、信号待ちからの発進での加速、エンジン音には、力強さを感じることができました。約1時間程、V8気筒5.0リッターエンジンのフィーリングを楽しむことができました。


試乗を終えて、パネルに表示されている給油後平均燃費を見ますと6km/Lを表示していました。ハイブリッドのMy ISの給油後平均燃費は16.2 km/Lですので、V8気筒5.0リッターエンジンは魅力的ですが、いろいろと考えさせられてしまいました。

alt

試乗後はレクサスのおもてなしを受けながら、タブレットでのアンケートに答えて試乗を終えました。
alt


今回の試乗ですが、レクサスオーナーでなくても、1000諭吉以上の試乗車を1時間も自由に試乗させてくれるレクサスの太っ腹さには驚かされました。


[GQ JAPAN]×LEXUS 1日限りのプレミアムトークセッションにも参加をしてきました。

alt



alt


GQ JAPAN』編集長の鈴木正文さん(左から二人目)をゲストに迎え、LEXUS LCチーフエンジニアとの最先端の技術に裏付けられる“ものづくり”とライフスタイルに関してのトークセッションでした。LEXUSからは、LCチーフエンジニアの佐藤恒治さん(右から二人目)とレクサスデザインプロジェクトチーフデザイナーの森忠雄さん(一番右)が参加をしました。
alt

トークセッションでは、「Structural Blue」の開発の話に時間が費やされ、青い顔料を用いていないのに青く見えるという話には驚かされました。トークセッション後には補修に関して質問をしたところ、通常の塗装と同じように修理可能とのことでした。
alt


ークセッション後にはドリンクを飲みながら、LCチーフエンジニアの佐藤恒治さんとレクサスデザインプロジェクトチーフデザイナーの森忠雄さんを囲みながらの質問タイムになり、楽しい時間を過ごすことができました。


4月末には、試乗のために東京ミッドタウン日比谷を再度訪れる予定です。


最後までお付き合いをしていただきありがとうございました。




Posted at 2018/04/21 22:41:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月09日 イイね!

CP+(シーピープラス)2018!

CP+(シーピープラス)2018!


今年も昨年に引き続き、3月2日に、パシフィコ横浜で開催されていました「CP+(シーピープラス)2018」に行ってきました。





昨年も説明をしましたが、CP+と聞いても、わからない方がいると思いますので、CP+はカメラおよび関連機器のコンシューマ向けの展示会で、主催はカメラ映像機器工業会です。2010年から年1回のペースで開催されています。


パシフィコ横浜へは、最寄駅の桜木町駅で下車をしますと、CP+2018の横断幕が目に飛び込んできました。

alt


さらに進むと、雲一つない青空のもとに、大観覧車の「コスモクロック21」と帆船の「日本丸」が見えてきて、それらの姿は青空に映えていました。

alt


CP+2018の開催場所のパシフィコ横浜です。昨年と同じ会場です。

alt


今年も平日なのですいていると思いましたが、昨年以上に混んでいました。

入口にありました今年のディスプレイです。

alt


昨年は、フィルター、一脚、雲台についてメーカーの方から話を聞くことを目的(昨年中にアドバイスを参考にしてすべて購入することができました)にしていましたが、今年は時間があまり取れなかったので、ニコンブースとFUJIFILMブースのモデル撮影にチャレンジしました。


ニコンブースです。

ニコンはCP+の会期に合わせて新製品を発表しませんでしたが、ブースでの一押しはやはり私が所有するD810の後継機種の「D850」でした。

alt


ニコンのレンズ群です。このようなものを見てしまうと、またレンズが欲しくなってしまい目の毒でした。

alt


ニコンブースでのモデル撮影では、一押しの「D850」を使用して撮影をしました。

alt



alt



alt


続いて、FUJIFILMブースです。シリーズ初のボディ内手ブレ補正機能を搭載した新製品「X-H1」をはじめ、中判ミラーレスシステム「GFX」や、利用シーンに応じて充実したラインナップをそろえた「Xシリーズ」が展示され、試すことができました。

alt


FUJIFILMブースでのモデル撮影では、中版ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」を使用して撮影をしました。

alt


シャッターを押してからSDへの書き込みへのタイムラグがあるみたいで、慣れるまで少し時間がかかりましたが、なかなかいい感じで取れました。


少し時間がありましたので、再びニコンブースで阿部秀之氏のニッコールレンズ対談として、設計者たちのホントの話〜AF-P NIKKORレンズ〜を聴講しました。レンズ設計者との対談では、設計者が何を求めて設計するかが聞けて楽しい時間でした。

alt


おまけですが、ベンキュージャパンブースのコンパニオンです。
alt


東芝メモリブースのコンパニオンです。
alt


まだまだ、いろいろなブースをゆっくり見たかったのですが、行かなければならないところがあり、CP+の会場を後にしました。


今回は車とは関係ない話題でしたが、最後までお付き合いをしていただきありがとうございました。


Posted at 2018/03/10 00:13:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月19日 イイね!

晴海線スカイウォーク!

晴海線スカイウォーク!
昨日は、何シテル?に写真を載せましたが、晴海線スカイウォークに行ってきました。
何シテル?にたくさんのイイね!をありがとうござました。

 

東京都中央区と江東区を結ぶ首都高速道路、晴海線の開通記念イベントとして、「晴海線スカイウォーク」が18日に開催されました。


晴海線は東雲(しののめ)JCTで湾岸線と接続し、晴海~豊洲1.2kmを都心方面に延伸することになります。3月の開通で晴海運河をこえて、築地・銀座方面の都道304号(通称=晴海通り)とつながるため、運河や河川に囲まれた周辺地域の渋滞緩和や東京オリンピックの選手移動の主要道路としての役割が期待されています。




首都高晴海出入口から豊洲出入口そばの一部区間、約1.2キロの上下線を折り返す未開通道路を歩きました。

下の写真の赤い部分です。


晴海線スカイウォークへの入口になります。


晴海入口になります。開通後はここを歩くことはできないので貴重な体験になりました。



当日は、天候にも恵まれ、家族連れを多く見ました。


スカイスリーも雲ひとつない快晴でしたので綺麗に見えました。運転中にはわきみ運転になりますので、運転者には見ることができない風景です。昨日は歩きでしたので、この風景をゆっくり堪能しました。


これからの写真にはなるべく人を入れずに撮影をしてみました。

当然、未開通なので車はいません。


何シテル?で掲載した写真です。当日、往路はここまでで終点になりました。

Uタウンをして復路になりました。


ここからは、Uタウン後の復路の写真です。まだ、未開通なのでアスファルトもきれいです。

運転をしている場合は、バックミラーに映る風景になります。


スカイツリーはよく見えましたが、東京タワーは上の部分しか見えませんでした。

どこにあるか皆さん、わかりますか。


珍しいものが目についたので、写真に収めました。この場所で、所轄の警察署が変わるみたいです。


晴海出口が近づいてきました。スカイウォークもあと残りわずかです。


当日は、ここまでしたが、晴天にも恵まれ、気持ち良い1日を過ごすことができました。

今まで、このような経験をしたことがないので、貴重な体験になりました。


晴海線は、3月10日に開通しますので、今度は、My ISで通行をしてみたいと思っています。



最後までお付き合いをしていただきありがとうございました。


Posted at 2018/02/19 22:54:43 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月05日 イイね!

誕生日!

誕生日!

先週の月曜日は妻の誕生日でした。
当日は、娘も一緒に3人でお祝いをしました。


この写真は妻へのプレゼントの花束です。




誕生日のお祝いをした場所は、虎の門ヒルズでした
alt


お店は娘に選択してもらいました。

娘が選択したお店は、Andaz Tokyo Toranomon Hillsでしたが、ホテルとレストランへは専用のエレベータで51階まで上がります。

この写真は専用エレベータの入り口になります。

alt


お店の入り口です。

alt


今回の料理のメニューです。

alt


回は、スパークリグワインで乾杯をしました。

alt


料理はどれも美味しかったです。
alt



alt



alt



alt


料理の後の誕生日プレートですが、いつものプレートとは感じが異なり新鮮でした。

写真ですと見にくいですが、ローソクも付いていました。

alt


回の妻へのプレゼントとして、バラを選択しました。

結婚してから今まで花束を贈ったことはありませんでしたが、今回は節目の誕生日ということで思い切ってバラの花束を贈ることにしました。


自分で注文をしましたが、受け取ってみて、このような数のバラは初めて見ました。

花束を持ってみましたが、こんなに花束が重いとは知りませんでした

alt


花束から花瓶に移した状態です。まだ、バラの花びらがあまり開いていな状態でした。

長く花を楽しむための業者の配慮かと思います

alt


花瓶に移してから4日目の状態です。やっとバラらしい本来の姿になってきました。
alt


今回は妻への初めての花束のプレゼントで、喜んでくれるか心配でした。

結果は、サプライズとなり、かなり喜んでくれました。\(^▽^)/


この季節ですと、しばらくは花が開いていくことを楽しめそうです。

alt



今回は車での話題ではありませんでしたが、最後までお付き合いをしていただきありがとうございました。



Posted at 2018/02/05 22:43:59 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #ISハイブリッド 6ヶ月点検(車検後の18ケ月点検) https://minkara.carview.co.jp/userid/2661609/car/2232197/4791688/note.aspx
何シテル?   05/17 22:31
pb2400cです。よろしくお願いします。 初めてのレクサス、初めてハイブリッドです。 車遍歴ですが、セリカ⇒カムリ⇒MB W202⇒IS300h ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

LEXUS owner's meeting 2017 LAGUNA を目指して蒲郡へ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/24 18:07:32

ファン

104 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス ISハイブリッド pb2400c (レクサス ISハイブリッド)
レクサス ISハイブリッドに乗っています。 ボディカラー:レッドマイカクリスタルシャイ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.