• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

PineAppleARMYのブログ一覧

2018年06月25日 イイね!

真夏の雄別探索


久しぶりに雄別の遺構を見てきました。

何気にGoo○leマップで周辺の地図を見てみると、

病院跡やら購買所、各雄鉄線の駅跡までもが紹介されていてビックリ。

便利な世の中になりました(^^


まずは雄別礦業所。虫対策で完全武装してたので暑かったw

①書庫


②地下書庫入口


③地下書庫内部

中は真っ暗でした。

④金庫

看板など遺りますが、これ以上金属盗難の被害に遭わないよう祈ります…


その後、草ぼうぼうの旧道を通り、

⑤旧道とガード下


⑥雄別通洞~選炭場トロッコ陸橋

アップで撮ってみましたw


雄別炭鉱病院へ。

⑦玄関


⑧スロープ


⑨炊事室


⑩2F病室


⑪隔離病棟の連絡通路

隔離病棟自体は解体済みですが、何故か通路だけ遺ってます。


旧道を通り抜け雄別林道に向かいます。

⑫雄別林道ゲート

施錠はされてませんがゲートが閉まってたのでやめました。


最後は選炭場付近まで戻って終了。

⑬坑木運搬トロッコ橋脚



前述のGoog○eマップに関してひとつ気になったのが、

未だに『ここはヤバイ』な~んて言われてるんですね。

心霊的なブームから相当な年月が経過してるんですが、

さすが雄別w

<参考>私のメインブログです
雄別炭鉱病院 ~ 心霊スポット?

Posted at 2018/08/31 21:19:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月21日 イイね!

來止臥(キトウシ)野営場


お盆休みは近場でソロキャンプ(車泊)!のつもりで下見にまで出かけてたのに、いざお盆休みとなると飲み会やら家族旅行が続き、ついに暴飲暴食が祟って体調を崩す始末。
やはり体調が良くなければやる気も湧かず、残された数日の休みも自宅で安静、ソロ活動なしという結果に。

そんなわけでまだソロキャンには行けてませんが、密かに目をつけてたのは近場で無料で車乗り入れ可で混んでなくてトイレもある静かな秘境キャンプ場『キトウシ野営場』。
ここがメジャーなのかマイナーなのかは、キャンプ初心者なので良くわかりません。


場所は、釧路郡釧路町昆布森村というところにあります。
https://goo.gl/maps/Cv2nKQ21Gm52


道道142号、北太平洋シーサイドライン沿いにある入り口の看板

ここから約800mの砂利ダートを走ります。普通の砂利道です。


キトウシ野営場に到着

『来止臥野営場』の看板があり。
来(き)止(と)臥(うし)、釧路町名物の難読地名です。


誰も居ない…

下見に来たのはまだ寒い5月下旬。キャンプシーズン前だからか誰も居ません。


居るときにはキャンピングカーやライダーさんが居ますがさすがにまだ早い、というか、林道ゲートが開放されただけでキャンプ場はまだオープンしてなかったのかも。

本来こういう場所では車中泊でなくテント泊したいところですが、テント持ってないのでソロバーベキューやってその場で車泊出来、ワリと自由ということで魅力はたっぷりの場所。


ここの設備はこんな感じ。

炊事場その1



電力及び水道設備が用意されています。


竈もまだキレイな状態でした。


海側に立つ看板

立地的には、ご覧の通り絶壁となってます。


絶壁を見下ろす四阿(あずまや)

確か、2箇所あったかな。


絶壁の風景

海霧があがってますが、晴れてれば眺めはよろしいかと。


炊事場その2

こちらのほうが新しい感じでした。


トイレ

キャンプで欠かせないのがトイレですが、シャッターが降りてました。やはりまだオープン前だったか。


設備は以上、
売店も何もないワイルドな野営地。野生動物も心配だし、初心者の私にはハードル高いかも。




せっかく来たのでランチして帰ります。


本日のカップ麺

札幌有名ラーメンのやつと、いつもの辛子明太子。



しばらくぼーっと過ごしました。



それはそうと、今更ながら公式サイトを調べてみたところ、

期間:7~10月

とのことでした(^^;

やはりオープン前だったか!


Posted at 2018/08/19 18:54:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月12日 イイね!

マカヨ川橋梁(白糠線)


エンジンオイル交換の翌日、天気も良かったので久しぶりに林道を走って来ました。

alt

庶路から茶路に抜ける、新興松川林道。

alt

道道242側から入ります。

至って普通のダート道ですが、

alt

途中に落石。

alt

また落石。

alt

最後は路上に多数の石。

alt

と、無数の枝。あっという間に国道392に出ました。

alt

そしてすぐ近くに松川橋。

alt

松川橋の欄干が、事故か何かで多少凹んでますね。ここを流れる川はマカヨ川、橋の向こうに見えるのが、白糠線の廃線跡。

alt

眞加代川橋梁です。

alt

1959-4の刻印があります。もうすぐ60年というところですね。橋梁の竣工は1958(昭和33)年12月15日。

alt

白糠線は、1964(昭和39年)開業~1983(昭和58)年廃止。足寄まで延長する話もあったようですが、炭鉱の閉山で結局路線自体が廃止となりました。友人に付き合ってさよなら列車に乗った記憶がありますが、当時は全く鉄道に興味が無く、混んでいたことくらいしか憶えてません(^^

alt

本当は林道走るだけの予定でしたが、何となく物足りなくて。

alt

路盤はこんな感じで、キレイなコンクリになってます。

alt

眞加代川橋梁のプレートも遺ってました。


まだ時間もあったので道の駅恋問館に寄り道…滅多にやらない食レポしますw。恋問名物、タコザンギ・ツブザンギ、豚丼のタレを使った和風味のソフトクリーム「サムライソフト」を購入。税込\800オーバーで贅沢しましたw

alt

ザンギは帰ってからDAZNでF1バルセロナ予選観ながら食べるとして、さて気になるサムライソフト。

alt

え?豚丼のタレ風味なの?、、、ん~キャラメルっぽい感じで思ったより変な味じゃなく、ある意味残念でしたw

Posted at 2018/05/23 02:33:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月03日 イイね!

真冬の運炭軌道


せっかくジムニーに乗りはじめたのに道東は雪が少ないなあ、
と思ってたら久しぶりにお誘いをいただいたので、
いつもの友人と某炭鉱へ行ってきました。

ニョロニョロ(氷筍)、通称ショロニョロ(笑)を探しに…

alt

alt

某炭鉱の廃隧道。年々クラックが広がり危険度は増すばかりです。

AF補助光で嫌がらせされながら、今年の氷筍を撮影します(^^

alt

氷筍撮影の後は、いろいろ探索しました。

alt


謎の地下空間を見つけたり、

alt


崩落した廃隧道の向こう側にまわったり。

alt

alt


その後、変電所跡に立ち寄り、

alt


暗くなるまで走り回り、日頃の鬱憤を晴らしましたw

alt

Posted at 2018/03/28 22:10:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月19日 イイね!

隧道マーケット上陸作戦


家族が寝静まった深夜23時。ひっそりと道東の自宅を発ちます。

夕張を越えたあたりから雪が降りはじめ、気がついたら大雪。さすがは道央圏です。
しかしジムニーで雪道は初、FR走行も初めてだったので神経をすり減らし、
待ち合わせ場所の手前で体力の限界を感じ、CPBパーキングエリアで仮眠をとります。

2時間ほどの仮眠でGP隊長が起こしに来てくれましたが、若干寝坊。
お陰で30分遅れで待ち合わせ場所に到着し、40分も前に着いていたらしいNA捜査官を、
結局は1時間以上待たせてしまいました(^ω^)


今回のターゲットは、NT町S炭鉱にある隧道マーケット。
GP隊長とNA捜査官、三名でのアタックです。



謎の緑のチームステッカーを貼った車を並べて置きます。


出発地点のゲート。

雪は深いところで膝下くらいまで積もっており、当然除雪などはされていません。

目的の隧道マーケットは、ここから約4kmほど歩くことになりますが、
何故か勢いでスノーシューを使わずツボ足で行くことを選択してしまいました。




このように銃で威嚇されながら片道4km…




雪のない時期に同じ道を歩いた場合は片道1時間ちょっとでしたが、
今回は約2時間、雪深いせいで2倍もの時間がかかってしまいました。

時間だけでなく足腰への負担も大、歩く度に股関節には激痛。
体力的には余裕がありましたが、股間の痛みとの辛い闘いとなりましたw

スノーシュー、いや、せめてストックだけでも持って来ていれば、
これまで経験したことの無いような痛い思いをしなくても済んだのではないだろうか?
などと考え事をしているうちに炭鉱アパート群へ到着。



とりあえずは記念撮影。

重たいAMT合金の三脚を運んできた甲斐がありましたw



冬に来たのは初めてでしたが、なかなか良かったですね(^ω^)





めいめいにそれぞれ写真を撮って、



炭鉱アパート群に別れを告げ、隧道マーケットに向かいます。


今回の任務は隧道マーケットの攻略ですが、要するに、
水没のため途中から進めなくなっている隧道の最深部へ到達する、ことが目標です。




いざ、隧道マーケットへ。。。しかしここで問題発生。

以前はやや乾燥気味で埃っぽかった隧道内ですが、
今回は湿度があまりにも高く一眼のレンズが曇って使い物にならない、という事態に。



持っていった三脚が全く無意味に重たいだけのものとなってしまいました。

仕方がないので透湿性の全く無い安物の蒸れ蒸れ防寒着を干してあげますw



45リットル級の高機能ウェーダー。惜しげもなく三枚重ね、完全防水ですw



私は冗談だと思って持っていかなかったので隊長にいただきましたが、
モビルスーツのような足元になりながらやっぱり浸水したらそれはそれで面白いか。





とりあえず一歩、浸水は無いようです。今のところ。



そうこうしてるうちに隊長が上陸。我々も続きます。



任務完了。
あとはヘドロ水が浸水しない様気をつけて戻るだけです。



おっさんがモビルスーツで中腰になって進んでますw
この中腰の体勢もまたキツかったw

というわけで、浸水することもなく無事帰還。

ゴミ袋ウェーダーは各自持ち帰りましたw


帰りはひたすら歩きました。
暗くなる前に帰還するため急いでいましたが、時間の経過とともに降雪量が増し、
股関節の痛みも激しくなり、写真を撮る余裕すら無い状態でした。

ので、詳しい内容はこちら、NA捜査官の記事を参照するのが良いでしょうw


その後、体力回復のためみんなで温泉に入り、メシ食って反省会、解散したのが19時過ぎ。
疲れてはいましたが翌日の任務のため、三笠の道の駅で待機、車中泊を敢行します。
ここはコンビニも24時間トイレもあるので、外は吹雪いてましたが快適に過ごせます。
快適過ぎて、一度も起きずに睡眠時間10時間という驚異的な記録を残しましたw


翌日は、さすらいの自由な方と一緒に幌内炭鉱公園で任務にあたりましたが、
前日の天候が嘘だったかのように静かで暖かい良い天気でした。


何度か来たことはありますので、行ってない場所を探して再チェックです。


なかなか面白いものが見れました。


今回も一泊三日という行程、あまり家を空けるわけにもいかないので、
日のあるうちに帰路へつきます。不思議な達成感と共に。

途中、なんとなく寄り道した美蔓パノラマパークで星空を撮影。





また旅に出たいな。

Posted at 2018/02/05 00:23:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「真夏の雄別探索 http://cvw.jp/b/2674137/41897090/
何シテル?   08/31 21:19
友人たちの影響でジムニーに乗りはじめた初心者です(笑) 通勤メインなのであまり派手にいじることは考えてません。 主に炭鉱跡などの産業遺産や戦争遺跡・工場...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

JB23-1型 エアコンルーバーのゆるみ補修 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/08 22:13:57
JB23エアコンルーバーのユルユル調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/08 22:13:23
バックドア内側開閉フック作成 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/04 22:04:43

お友達

4 人のお友達がいます
BOMBERBOMBER freeman.freeman.
NOZyNOZy ギョピギョピ

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
遺構探索任務、兼、通勤&買物用です。 生活用メインカーなのでいじるのはちょっとだけにし ...
ホンダ フィットハイブリッドRS ホンダ フィットハイブリッドRS
ドアバイザーだけ無限です
ホンダ フィットハイブリッドRS ホンダ フィットハイブリッドRS
ホンダ フィットハイブリッドRSに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.