• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

渡る世間はパジェロばかり(渡パジェ)のブログ一覧

2019年07月22日 イイね!

山猫さんのマイナーチェンジ

山猫さんのマイナーチェンジ今のパジェロを購入してからずっと付けていたフロントエアダム。

これはこれで格好よく、お気に入りだった。
空力効果は疑問だが、昔乗ってたパジェロに付けていたスプラッシュガードど同じ効果で水溜まりなどの走行時、フロント部への跳ね上がりを防ぐ事が出来ていて意外と重宝もしていた。

が、林道走行をする時は障害になっていて、
壊しては治し、壊しては治しを繰り返していた。しかし、修理が面倒になり次に壊したら新しいのに替える決心をしていた。


替える決心ついたら早く新しいのが欲しくなり、ほぼ確信犯的に林道走行でエアダムを壊して大義名分が出来た所で、新しいのを購入。
以前から気になっていたJAOS製のバンパーガードをネット購入した。



納期1ヶ月以上で8月下旬と言われたが、注文時トラブルがあり納期を早くすると言う条件提示を呑み購入に至った。
そのため、8月下旬の納期が、ジャスト1ヶ月の7月20日に届いた。

仕事帰りに西濃運輸盛岡支店さんに引き取りに行き、自宅にお持ち帰り。

JAOS製品は初めて購入したが、予想以上のしっかりした造り。


以前付けていた三菱純正品のフロントエアダムは、正直セルロイドで出来ているんじゃないかって位ペラッペラで両手で持ち上げても、しなって全体が歪むくらい薄い物だった。
しかし、これは倍近くの厚みがあるので、片手で持ち上げても歪む事が無い位しっかりした造り。
耐久性は充分期待が持てそうだ。


付属品は上の通り。
意外と少なかった。(笑)


このバンパーガードは、V90系パジェロの 年式11.10-14.07のマイナーチェンジ中期モデル専用品。
そもそも、前期モデルはバンパーの形状が違うので取り付けが出来ない。
分かってはいたが、これが格好よく付けたかったので、創意工夫と根性と何とかなるべ?の精神で購入を決めた。

まずは、そのまま仮止めしようとしたが、バンパー形状が似ているようで全く違うので仮付けすら出来ない。



まあ、そのままでは付かないとは承知の助。
付かなきゃ付くようにすればいいだけの事。
アッチを削り、コッチを切り取り。

車体側も、グリルを外して頭を突っ込んで外したり削ったり。

作業しながら気付いたのだが、ワンオフ品のハンドメイド製なので、左右の寸法が多少ズレていたり作業の基準線が残っていたり…
人の手で作られた暖かみを感じた(笑)



梅雨の合間の奇跡的に雨の上がった休日。
貴重な作業出来る日となったので、わんこにはお出掛けガマンしてもらって早速作業。

普段は疲れて昼過ぎまで寝腐っているのに、この日ばかりは朝から起きて作業。



まずは、JAOSの凹み文字をパテで埋める。
このバンパーガードを購入するにあたり、他の方々が付けているバンパーガードと違いを出すためにちょっと細工を。

ちょっと細工のつもりが、パテを盛りすぎて後から均す時にこの日一番の大作業になる羽目に。


パテが完全硬化するのを待つ間に、近くの三菱ディーラーに注文していた物を引き取りに行ったり、ホムセンでスプレーを買ったりと時間を有効活用。(笑)



帰宅後、完全硬化したパテをチャチャっと削る。
筈だったが、FRPパテの為簡単には削れない。 たった4文字だが、全部を均し終わる頃には指の痙攣が止まらなくなっていた。(笑)

まずは、塗装の下処理で脱脂をしてからミッチャクロンを二度塗り。 
乾燥してからまずは、シルバー部分の塗装。

アルミのアンダーガードに見えるように、ボディーカラーのシルバーでなく、ホイールシルバーのスプレーを使用した。



薄塗りを数回重ねて、何とか金属っぽい感じが出て来た。



シルバー塗装した所を養生して、本体の塗装。
こちらはボディーカラーと同じダークブルーイッシュグレーマイカに塗装。
しかし、こんなレアなカラーは当然どこにも缶スプレーは売っていない。
カー用品店で専用カラーを作ってくれるが高くて2缶も3缶も買えない。
丁度、トヨタ用で同じ名称のカラーがあったのでそいつを使用。
微妙に違うけど、微妙な事なんぞ気にしない!(笑)



梅雨の合間の雨上がり。
湿度が高いので、どうやっても納得のいく仕上がりにならない。
また、真っ白の下地から塗っていくから、なかなか色が濃くならない。
イライラが募って来ると、メタリック塗装が益々均一にならなくなってくる。
缶スプレー2缶を使い果たした辺りでイライラMax。
その辺に八つ当たりしかねない精神状態になったので、被害者出す前に妥協して終了。(笑)



だいたい塗らさったので、クリヤ塗装を厚塗りし艶を出して下手な塗装を誤魔化す作戦に。
しかし、のぼせた精神状態での作業なのでクリヤ塗装まで…な結果に。

まあ、自分のクルマに付ける物だからいいやぁ~的な妥協。


だいたい塗装が乾いたら、いざ取り付け。
仮止めで、ピッシリ合うように加工していたので、ボルト2本、ネジ2本で難なく取り付けが出来た。
バンパーガード下部は、金属ステーを車体側のアンダーカバーのボルトに共締めしてガッチリと固定。

問題は、車体側のバンパーを留めているクリップを外して、バンパーにスピードナットを噛ませてネジ留めをするのだが、付属品のスピードナットは当然ながら中期モデルのバンパーに合わせているので前期モデルのバンパーに付けると穴が合わない。前期と中期で、バンパーを留めているクリップの位置が数ミリ違い、穴の大きさも違っていた。

どうしようかと思ったが、たまたま偶然一回り大きなサイズのスピードナットを持っていたので、難を乗り切る事が出来た。



無事に組み付けが完了。
キチンと取り付けが出来たが、元々形状が違うバンパーに取り付けた為、隙間が目立つ。
そこで隙間を埋める為に使ったのが、コーキングに使うシリコンシーラント。
水にも強く耐久性があるので、意外とコイツが使える。

実は前に乗っていたNA4Wグランディスの最終モデルに、前期モデル用のエアロを加工して付けた時の実績があり、これを使えば仕上げも簡単でキレイに出来耐久性もあったので最終的にこれを使えば取り付け出来ると目論んでいた。


ガッツリ空いた隙間がある所に、マスキングテープで養生。


黒のシリコンシーラントを盛り付けたら、ヘラなんぞは使わずに、指で均等に慣らす。
指先で感じる微妙な感覚で加減しながら慣らす事が出来るので、自分は指でやった方が作業しやすい。



養生を剥がせばこの通り。
隙間もキレイに埋める事ができた。


最後に、パテで埋めて平らにした所に、朝ディーラーで受け取ったブツを貼り付ける。
このバンパーガードを取り付けようと構想を練っていた時からここにはJAOSではなく、MITSUBISHIと入れたいと思っていた。

立体的な文字で何か丁度いいのがないか探していた所、デリカスターワゴンのバンパーガードにMITSUBISHIのエンブレムがあった事を思い出した。
そこでデリカスターワゴンと言ったらこの人(笑)

近所に住むみん友のひーたん家さんの所に行き、実物を見せてもらい寸法計ったら丁度いい事が判明。


このエンブレム、最終モデルのスターワゴンから、スペースギアまで同じパーツと言う事も教えてもらい、ソッコーディーラーで注文。

おかげ様でバッチリでした。ひーたん家ありがとうございました。🙇



そんなこんなで取り付け完了。
近くであら探しすれば、素人作品だけど離れてみればまあまあの出来。



以前付けていたフロントエアダムは地面から25センチの高さだったが、


今回付けたバンパーガードは地面から31センチの高さ。前よりも高くなった分、林道走行する時の心配は大分軽減されるだろう。


フロントエアダム程の存在感はないが、仮止め時に心配したゴツ過ぎ感も無く自然に付いた感じがすると自己満足。



自己満足…



今度はぶっ壊さないように、気を付けないと…



久々に丸々1日掛けてクルマ弄りを楽しみ、心地よい疲れ(本当はガチ疲れ)を温泉でリフレッシュ。
薄曇りでさほど日が出ていなかったが、タンクトップで一日中作業していたら見事に日焼けしていて、温泉に浸かった瞬間にリフレッシュから拷問に変わった…
Posted at 2019/07/23 01:35:08 | コメント(1) | トラックバック(0)
2019年05月25日 イイね!

風薫る岩手山麓&まだ早春の八幡平🚙

風薫る岩手山麓&まだ早春の八幡平🚙仕事柄、勤務日は一切楽しみのプハァー🍻が出来ない為、勤務終了した休日前に我慢していた分を発散するかのように嗜んでいる😁
しかし、加齢と共に肝機能が弱りはじめ、華麗にテキーラ空けようものなら翌朝は(昼過ぎだけど)辛い持病を発症してしまう。

たまには、休日を有効に過ごす為に強い酒でなく、面白い酒を楽しむのもいいかな?と思うようになってきた。

先日つい買ってしまったチャレンジ物🍸


いつも、キレートレモンを焼酎で割って呑んでいるが、まさか商品化されたとは(笑)
「キレートレモンboost」
キレートレモンを名乗るのに恥じないレモン感と、ローヤルゼリーの甘さ。
不健康な中年は、ローヤルゼリーと言う単語に釣られてつい手が出てしまった。
コイツはホームラン!旨かった!



続いてコイツ。
お肌のケアを手遅れながら頑張ってる中年。
資生堂のキャラではないので、小林製薬を愛用しているのだが、絶対にお世話になることはないと思ってたまさかの「FANCL」!
人生初のファンケルは、まさかの酒になるとは。
なんと、青汁のケールを使った酎ハイ。

書いてある通り、「クセがあるのに、クセになる味」だった。
不味くはないけど…デッドボールで塁に出たって感じ?



明けた休日の翌朝、持病も軽く爽やかな目覚め。
…を打ち砕くように、海の方から天敵プリ○スに乗った愛人…いや変人が来訪。
せっかく来たんで出掛けるべとなり…

まずは岩手山麓のいつものお気に入りの場所に行き、マイナスイオンを浴びて心の洗濯。


奥に入ると、原生林の間に朽ちて倒れた大木が。


朽ちて倒れてからどれ位経ったのだろうか?
大人一人入れるくらいの穴が空いていた。

岩手山麓はすっかり春は終わり、初夏に向けて自然の息吹が活発になり始めていた。


こんな所に寄ってみた。
画像にしても迫力がある。


岩手山麓から北へ移動し、八幡平へ。
まず、八幡平に来たらここ!
同じ県内だが、沿岸南部に住んでる変人は八幡平のここは初めてらしく、廃墟となった50年前の地上の楽園を見て絶句していた。


八幡平へ上がる前に、山の神様にご挨拶と安全祈願。


一気に八幡平アスピーテラインを駆け上がり玄太岩へ。
盛岡はめちゃめちゃ暑かったが、標高が上がるに連れて肌寒くなっていき、十和田八幡平国立公園エリアに入ると寒いくらい。


頂上付近まで行くと、雪の回廊が辛うじて残っていた。
半分くらい溶けてしまっていた…


溶けかけの雪の回廊を過ぎていくと、思わず「うわぁー!!」っと声が出てしまった所。
山の斜面に沿って残った雪が光と影のコントラストで独特の模様を出していた。
画像にすると大したことないけど、実際に肉眼で見ると恐怖を感じるくらいの迫力。


画面に映しきれない程あたり一面真っ白い雪に描かれた自然模様の芸術。
枯山水の庭園のようにも見えてしまう。



八幡平アスピーテラインの頂上付近の見返し峠駐車場はまだ雪が残って冬景色。
正面の岩手山もくっきり見える。

青い空に白い雪、息吹きはじめの大地。
この場所はよくきているが、早春の八幡平の景色は初めて見たかもしれない。


ちょっと雲あるけど、岩手山の稜線が青空に映えていた。


標高差1000メートル近くを一気に駆け下りて来ると、景色は初夏に。
冬~春~初夏の景色を堪能して、また盛岡市内へ急いで帰る。


急いだ理由はこれ(笑)🍻
内陸部の景色を堪能した後は、喉を潤してお約束の反省をしない反省会。
劣化している肝機能にトドメを刺しながら、休日を〆ていった。

っと言う過ぎ去った休みの日の日記を、何日もかけて仕事途中にチビチビ書いて気を紛らわせている自分がいた。😅
早く休みが来ないかなぁ~
Posted at 2019/05/26 19:45:15 | コメント(2) | トラックバック(0)
2019年05月07日 イイね!

令和初の小型連休 三陸沿岸紀行と🍻

令和初の小型連休 三陸沿岸紀行と🍻5月1日をもって、無事に令和の新時代を迎える事となった。
マスコミはこぞって新元号を予想したり、落選した候補を発表していたが。
何の意味があるのか、女子高生にまで新元号を予想させる始末。
そして、期待を裏切らず候補に上がったのが…

「タピオカ」
漢字二文字どころか、カタカナ4文字だし…

もう字じゃねーし…
記号だし…

しかし、何かの間違いで新元号が「タピオカ」や「卍」なんかになったら…(笑)
(絶対あるわけないが…)

あの厳粛な雰囲気の中、官房長官がこんなの出したら日本中がずっこけただろうなぁ…(笑)



そんなどうでもいい事を考えながら仕事した黄金週間。
上級国民になっていたら10連休になっただろうけど、末端国民の自分は10日も休めば給料が大変な事になってしまうので、普通に仕事。
のつもりだったが、支店長がよほど哀れに思ってくれたのか、最後の3日を連休にしてくれた。
(普通の土日休みに月曜日が休みになっただけの事だが…)

と言う事で、たった3日だが貴重な小型連休を手に入れる事が出来たので、バイクの春支度を済ませた次は、わんこを連れて山猫さんでお出かけ。


お出かけ前に、ちょこっとみん友さんのお宅に寄ったのだが…
ちょこっとのつもりが、話に花が咲きちょこっとで済まなくなってしまった…

みん友さんからも「マジで今から沿岸行くんですか?」と心配されながらも、時間制限も予定もない休みなので午後を過ぎてから盛岡市を出発。


一つ目の山越をした所で。
パジェロを納車されたその日に来た所に、また来てみた。
いつの間にか風力発電が出来ていた。
盛岡市内から見える風力発電はこれであった。


天気も良く、空気も澄んでいたので正面には岩手山、眼下に盛岡の街を望む事が出来た。

しかし、以前からこの場所はあまり人の来ない知る人ぞ知る場所で、カー○。○○の若者か、人目を忍ぶ不倫カップルくらいしかいなかったのだが、いつの間にか広く知れ渡ってこの場所も観光客だらけになってしまっていた。

お気に入りの絶景ポイントだったのに…



更に奥に進み、秘密のお気に入りポイントへ。


だぁーれもいない広々とした秘密のお気に入りポイントでわんこを放し、寛ぎセットを出してちょっと遅めのランチタイム。


飯喰って、お茶飲んで、空を見て、ぼぉーっとして…
しばしの心の洗濯。
わんこも広い野原で、自由行動。

画像撮りながら「あれ?アイツいねぇ」っと思ったら、ちゃっかり椅子の上で休んでいやがる(笑)


その後幾つか山を越え、数時間掛けてようやく田野畑村の海岸に到着。


わんこ、生まれて初めての海!


こんな大量に押し寄せてくる海水も、轟く波の音も全て生まれて初めて。
まだ海が何なのか理解していないので、最大限の警戒状態。(笑)


とりあえず海に近づき海水を舐めようとした途端、大きな波が来て波をかぶる。(爆)
何が起こったのか訳がわからず、ギャンギャンとわめきながら逃げるわんこ。
あまりに爆笑してしまい、決定的瞬間を撮れなかった。


雪の上の足跡も可愛いけど、砂に残った足跡も可愛い!


今回は、まだ行った事のない沿岸北部地方を北上していく事にした。
現地に着いてから、次の行き先を決める無計画さ。


三陸のリアス式海岸を北上していきます。


社会の地理で勉強した?
ハイペ海岸。

ギザギザのリアス式海岸。
初めて来た。


海水舐めてよほどしょっぱかったのか、今度は恐る恐る味見してから、流れる清流の水をがぶ飲み。


絶景の海岸を独り占め?一匹占め?
それでも海には近付こうとしないわんこ(笑)


震災の復旧事業で、高いコンクリートの防潮堤がずっとつづいていた。
水門の上の管理舎が三陸鉄道の車両を模したデザインになっていた。


田野畑村
震災遺構 明戸海岸防潮堤
に寄ってみた。


津波の勢いで、引きちぎられてぐちゃぐちゃになった防潮堤の跡。
遠目で見ると何だか解らないけど、近づいて見るとクルマよりもデカいコンクリートの塊がぐちゃぐちゃになっているのを見ると…



静かな海をに向かって黄昏る?わんこと山猫さん。(笑)


令和の時代は、災害もなく、人も動物も平和に暮らしていけますように…


夕暮れのリアス式海岸をさらに北上。


この日の目的てあった、普代村の黒崎灯台から見える沈む夕日にギリギリセーフで間に合った。


ミーハーなので、パジェロに乗ったらCMのこれをやってみたかった。
「凄い朝日を見ていたら、凄い夕日も見たくなった」
ってヤツ(笑)


黒崎灯台にたどり着いた時は、丁度日が沈みかけて灯台の灯りがキレイに見え始めた頃だった。



灯台周辺には、国民宿舎や、感じのいいキャンプ場がありキャンプ道具も積みっ放しだし車中泊も選択肢にはあったけど…


年がら年中車中泊してるのに、休日まで車中泊する気にならなかった…


ので、国民宿舎くろさき荘のラドン温泉にだけ入って来た。
丁度キャンペーン中で、ガラガラを回したら何と「ラッキー7」を引き当て、無料で入浴する事が出来た。 


海に面した浴場は一面ガラスばりで、漆黒の海を照らす灯台の灯りと、漁り火を眺めながらのんびり浸かる事が出来た。
ちなみに、朝一番だと海から上がる朝日を風呂から眺める事が出来るようだ。


温泉に入りサッパリした後、またリアス式海岸に沿って北上。
連続ドラマ「あまちゃん」のロケ地の海岸まで行き、久慈市で腹ごしらえをしてから、盛岡市へ戻った。


未明に帰宅。
お疲れ様の乾杯が、いつもの深酒に…
貴重な休みの午前中はいつもの、持病が発病。(笑)

前日の労いに山猫さんを洗っていると、18時から飲み会の筈なのに、なぜか勝手に人の家を集合場所にされて、結局明るいうちから0次会。🍻
飲みに行った店はレトロ調の店で、壁にはこんなチラシが貼ってあった。


休日最終日。
案の定午前中は、また持病が発病。
活動し出した辺りから怪しい雲行き。
山の静かな所で、読書でもしようと出掛けたが…



着いた頃には、本降りに。


この場所は、桜はすっかり終わってしまっていた。


せっかく来たが、外はゲリラ雷雨のような天気になってしまったので、山猫さんの中でお茶を飲みながら読書。
読書と言っても、雑誌とカタログだが…

acid black cherryのPVをかけながら、パジェロファイナルのカタログを眺める至福の時間。

大好きなパジェロは国内販売終了になってしまうわ、acid black cherryは体調不良で活動休止、Janne Da Arcはメンバー不祥事もあって解散…
大好きな音楽も、車もファイナルとなってしまったのは本当に残念!


空も暗くなってきたので、休日の〆の温泉に。


いつも来ている馴染みの温泉。
安定のガラ空きで、のんびり命の洗濯。


そして帰ってから、また反省をしない反省会。
ストロング系は、匂いも嗅がずに逃げるが4~5%の缶酎ハイには興味を示すヤバい奴。


たった3日だけの貴重な小型連休で、もっと実のある休みにしようと意気込んでみたものの…
どんな休みになったかは、この空き缶が全てを物語ってしまう結果となってしまった。

次の休みこそは、健康的な休日にしなければ…
Posted at 2019/05/07 23:08:15 | コメント(3) | トラックバック(0)
2019年03月25日 イイね!

🚙今年初の林道探索🚙

🚙今年初の林道探索🚙今年の冬は、何とも有り難い事に雪が少なかった。
その割には、仕事で疲れ切ってしまい休日までクルマに乗る気力も無く出掛ける事も少なかった。


結局、今シーズンはこの
「スノーアタックチャンス」
の神にお会いする事も無く終わってしまった。



相変わらず休日前夜は、こういったチャレンジ物を有り得ない量を呑み、いつもの自業自得な重病の休日の朝を迎える羽目になる。


そこそこ調子こいて酒が進むと、最近こういう目で人の事を見るようになった(笑)

子犬の頃は、とにかくかまってちゃんだったのだが、成犬となり年齢換算すると自分と同い年くらいになってきた為なのか、声を発さずに目で訴えてくる事が多くなった。


そして想定通りだったが、いつもの病は思ったよりも軽かったのでアルコールチェッカーで残酒確認をした後、買い物ついでに林道へ。



東北のこの地にも、少しずつ春が近付いてきていた。



春が近付いている証拠に、この画像を撮っていたら後ろの藪からしきりにガサガサと何かが近づいて来る音がしていた。💦



一抹の不安を抱えながら、さらに奥へ。



暫く誰も通っていないであろう橋の上の雪は、溶けてはまた凍りを繰り返し、すっかり氷になっていた。
クルマが乗ってもビクともしない。



久々のダート走行の振動を堪能するのも束の間。
土砂崩れで、道が塞がっていた。



買い物ついでのサンダル履きだし、ソロなので無理せずここで諦め。


腰痛と頸椎ヘルニアの痛みをこらえての鬼バック。



とにかくバック。
やっと転回出来る場所まで来てホッと一息。

遠くを見つめる山猫さん。


二日酔いの腰痛患者は、マイナスイオンを浴びながら命の洗濯。


諦めの早い人の画。(爆)



山の夕暮れは早い。
空は明るくても、林の中は真っ暗。 
さっさと出ないと貉が出てきそう…


貉に会う事無く出て来れたので、温泉入って帰宅。


待っていたわんこ。



般若湯(笑)を呑むと、またこういう目で見る…
「もしかしてお前も呑みたいの?」っと顔に近づけると、「何しやがんだ💢」って顔して逃げていく。



明けて翌日、春の陽気に浮かれて山猫さんで北へ向かうも、安比高原はまだ普通に冬だった。
雪舞ってるし…



スノーアタックチャンスの神が降りて来なかったので、早々にこの日の目的地の温泉へ。

安比高原リゾート近くにある、綿帽子温泉あずみの湯。


初めて来る温泉の、暖簾をくぐる時のワクワク感はたまらない♨


(さすがに中では撮れないので拾い画像)
泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉とあったのでしょっぱいお湯かと思いきや、無色透明、無味無臭の湯だった。
柔らかくサラッとして肌に優しそうな湯だった。
電気風呂、サウナ、露天風呂もありずっと電気風呂で腰と肩を癒やしてた。



町場は雪も無くなって、春になりつつあるが山はまだまだ冬。

防寒具無しでキャンプするのはまだまだ先だなぁ。





Posted at 2019/03/25 23:50:32 | コメント(1) | トラックバック(0)
2019年01月09日 イイね!

楽しい時間はあっという間に

楽しい時間はあっという間に今年も残す所あと356日となり、夢のような楽しい休みはあっという間に過ぎ去ってしまった。

昨年末のラスト運行は盛岡↔新潟往復便で近距離でラッキーと思いながら阿賀野川で余裕こいて寄り道したりするも…


帰り道は吹雪

結局、関東往復便とさしも変わらない疲労を負いながらも無事に勤務終了。



帰宅途中て、ホムセンに寄って年末の買い出し。

クリスマスも過ぎているのに、イルミネーション。盛岡は旧暦で遅れてクリスマスが来る訳ではない。
ホムセンの隣に派手な結婚式場のチャペルがあるだけです。


大晦日は、鬼の形相で完璧に大掃除を行い、シャンプーしてキレイになったわんこと穏やかに静かな年越しをしようとするも…
酒持参でやって来る悪魔共の誘惑に負け、自宅が酒場と化し、またもや落ち着きのない年越しとなってしまった。

明けて激しい二日酔いと筋肉痛から始まった正月。🎍

二日酔いは解るが、何故右手と左足が筋肉痛?

その後、賀正メールに添付された動画fileにて理由が判明。


動画fileには、泥酔したお馬鹿さんがUSAを全力で踊ってる恥ずかしい姿があった…


ダラダラ過ごしていると貴重な休みがあっという間に終わってしまうので、とにかく出掛けよう!って事でノープランでとりあえず南へ走らせる。
「こういう所がB型男」と揶揄されるも、走りながら行き先決めりゃあいいじゃん的思想。
綿密に計画しても、計画とは違う事してしまうし…

途中の道の駅で蔵王に行く事に決定。



運転手は食事も忘れて運転を楽しんいるが、助手席の人間は運転もしてないのに疲れただのお腹すいただの言い出し不機嫌になる始末。

ログハウスのおしゃんてぃな店を発見したので、いざ突撃。 
「ZAO BOO」
蔵王豚を使ったハンバーグ料理がメインで、なかなか雰囲気のいいお店でした。


時間が少し遅かったので、ライスの付いたプレート類は売り切れでした。

結局、オススメの蔵王豚バーガーとポテト。そしてB型男はオススメを振り切って蔵王豚うどん。
オーダーすると、ピンクの可愛いバケツを渡され呼ばれるとバケツにポテトを入れてくれる。

インスタ映えか、店内の女の子達がしきりにこれを頼んでは撮っていた。

そんな中で、うどんを撮るオッサン。



蔵王大権現の大鳥居をくぐり抜け、いざ蔵王へ。


天気も良く、降雪もなかった為絶景を堪能出来た。
空気が澄んでいるので、遠くまでスカッと見えるが、クルマから降りるととにかく寒い。


寒い寒いと言いながらも、遊歩道を見つけつい行ってしまう。
すると、「三階の滝」なる看板が。
寒風にさらされながら、どこに滝があるのかと必死で足下を探すと…


足下ではなく、正面の山の中ほどに凍りついた滝があった。
流れ落ちる滝もいいが、流れるままに凍りついた滝は迫力があるものであった。


冬季道路閉鎖のギリギリまで行くと、ツボにはまってしまうくらい笑わせてくれた看板が。
こんな所まで山崎製パンが資本出しているのかと思いきやよく見たら…

ありがとうございましたって位に笑いました。


蔵王を後にして、遠刈田温泉郷へ。
あまりパヤパヤした所でなく、地元民が行くような渋い所に行きたくて、
「遠刈田温泉 壽の湯」へ。
昭和感漂う温泉で、シャワーなんぞ勿論無く熱湯が出てくる蛇口と、冷水の蛇口を両方出して調節して身体を洗う。

無色透明無臭の湯だが、泉質がわからないくらいとにかく熱い。
熱湯コマーシャルが出来そうな位熱い湯だが、何度か入っていくうちに慣れてきた。


その後仙台市内に行き、フラフラと買い物。
仙台にある万代書店(全国にあるお宝倉庫的なリサイクル店)で、思わず衝動買いしたりして財布の紐を緩ませて来てしまった。
その後食事をするも、何故に仙台まで来て「台湾ラーメン」?
単に飯くらいは空いてる所で食いたかっただけなのだが…


国道を北上中ビックリして、嫌がる人を説得してノリと勢いと好奇心で入ってしまった店。
とにかく田舎者はビックリした。
こういう商品が、もう堂々と看板を出し国道沿いに店を出せている事に感心と驚きで「へぇ~」としか声が出なかった。
これを見ているみん友さんは、大概の方は何の店かお分かりだろう。
それくらい浸透した認知度。 ビジネスとしては大成功なんだなぁって、この店に入って考えさせられてしまった。

最初はドン引きしてた助手席の人も結局は、喜んで?見てるし…
何よりも嫌らしさが全くなく、オシャレさえ漂う雰囲気の店内。
色々ビックリしたが一番ビックリしたのは、若い綺麗な女の子二人組みが普通に買い物してたのには驚いてしまった…
時代って変わったんだなぁ~



古川市で一泊し、翌日は沿岸方面に出て北上する事にした。
気仙沼の漁港で。
海の無い街に住んでいると、海を見ただけで無条件にテンションが上がってしまう。


陸前高田市。
震災からあと2ヵ月で丸8年だが、まだまだ復興途中。



海を見ながら北上し、この日の目的地「釜石大観音」で初詣。


おみくじひいたら…
「大吉」
今年の運をここで遣い果たしてしまったか…


ボケーッと海を見ているだけで、命の洗濯になる。


「がんばろう釜石」
釜石に来たらこの港に立ち寄り、手を合わせて来る。


釜石港を後にして、思いつきで釜石イオンとイオンの向かいに新しく出来たサンデー(ホムセン)に寄ってみた。
「イオンもサンデーも盛岡にあるじゃん!」と言われたが結果は「はい、仰る通りでした」

やはり海鮮は釜石地元スーパーに限る!
盛岡ではあまり目にしない海鮮を買い込み、帰宅の途についた。


風来坊の主人を待ち構えていたわんこ。
油断してる時はいつも舌が出てる。


仙台で無駄遣いしてしまったブツや、戴いて来たものを広げながら、買ってきた海鮮を並べて🍻プハァーしながら、反省をしない反省会。


いい歳をしてコイツをショーケースから出してもらって買うのは、些か恥ずかしいものがあったが
2台の並んだギャランを見てついほくそ笑んでる自分がいた。


ギャランΣも売っていたが、わざわざギャランΣエテルナをチョイスする菱ヲタ(笑)
これで、E10系のFFギャランΣが発売してくれたらパーフェクトなんだが…

明けて正月休み最終日。 
自宅を出発して、今度は西へ向かい秋田県へ。


自宅近くにあるバス会社の営業所入り口に、見慣れない目つき悪い路線バスが停まっていて、思わず二度見して画像撮ってしまった。

BYDのエンブレム。男物のパンツかと思いきや中華製の電気バスだった。


ちやーんと充電中。
聞けばこの電気バス、国土交通省の地域グリーン化事業とやらで国の補助を得て導入されたモノだと。
色も色だから、出川哲朗にスイカヘルメットを被って乗ってもらいたい(笑)



この日の目的地は、秋田県田沢湖にある水沢温泉郷。
実は前から気になっていて行ってみたかった温泉。
水沢温泉って言うからてっきり岩手県水沢市にあると思い込んでいて、地図で水沢市の中を探しても無い。
ネットで「水沢温泉 岩手県水沢市」と検索しても無い。
最後に「水沢温泉」で検索したら秋田県だったというお粗末さ。知らないって恥ずかしい…


雪の中、「露天風呂 水沢温泉」に到着。
正月だからなのか、混んでいてごった返しでした。


洗い場待ちになるくらい混んでいたが、白く濁った色に強くはないが硫黄の匂いのお湯は、自分好みの温泉。
雪降る外の露天風呂も最高であった。
お気に入り温泉が、また一つ増えた。


タレントで海洋学者のさかな君が、クニマスを見つけたのがこの田沢湖であった為、さかな君のサイン入りギョ拓?(笑)があった。


毎年「来年の正月休みこそ、休暇取ってエーゲ海に行ってクルージングをし、ブルーラグーンで塩の湯に浸かり、DutyFreeショッパーズで買い物三昧してやる!」と思いながら生きて居るのだが…

結局蓋を開けてみたら、
エーゲ海は釜石港になり
クルーズ船は気仙沼湾の漁船に、
ブルーラグーンは、遠刈田温泉と水沢温泉になり
DutyFreeショッパーズはTE○GAショップになってしまった…


長くてくだらない正月日記となってしまいましたが、みん友の皆さん、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。






Posted at 2019/01/09 02:17:50 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「[整備] #パジェロ JAOSフロントバンパーガード加工取付 https://minkara.carview.co.jp/userid/2684409/car/2257432/5409844/note.aspx
何シテル?   07/23 02:23
とにかくクルマが大好きです。 こんな自分からクルマを取ってしまうと、 いやらしい所しか残らなくなってしまうので、 一生真摯な態度でクルマ好きを通していきたいと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ホンダ シビックタイプR  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/04 20:22:41
三菱自動車(純正) パジェロ用フェンダーアーチモール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/24 22:16:59
JAOSバンパーガード 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/24 22:13:31

愛車一覧

三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
現在の愛車。 一度パジェロに乗ってしまうと、また乗りたくなりV93パジェロを購入。 3台 ...
ヤマハ セロー カモシカ君 (ヤマハ セロー)
DT50で山走りの楽しさを教えてもらい、憧れだったセローに。 心病んだ時の、命の洗濯に ...
三菱 ギャランΣ 三菱 ギャランΣ
免許を取って、記念すべき最初の愛車。 クルマの楽しさを色々教えてくれた奴でした。 ちょ ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
2台目の愛車です。 それまでは4駆には全く興味なかったのですが、実習中の担当官が乗って ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.