• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

渡る世間はパジェロばかり(渡パジェ)のブログ一覧

2018年11月04日 イイね!

🍁秋の山へ急ぐ人🍂

🍁秋の山へ急ぐ人🍂

勤務終了し、自宅に帰る途中ふと見れば朝陽を浴びる山が…
「紅葉終わる前に早くおいで~」
っと正面の山に声を掛けられてしまった…



自宅に着いて空を見上げると
「今日は1日最高のお出かけ日和ですよ~
 呑んじゃったら1日寝腐って終わっちゃいますよ~」
っと青空から声掛けられてしまった。

いよいよ幻聴症状が出てきてしまった危ない奴。😱
別に薬物中毒ではない。
ただの可哀想な人…😅


家に入り一休みして、するべき事したらもう昼前。
「夜へ急ぐ人」を熱唱する「ちあきなおみ」のように山と空が
「おいで~ おいで~」
をしている。

こんなに怖くないけど😝




   ♪あたしの心の深い山(闇)の中から
      おいで おいで
    おいでする人 あんた誰。

よほど心が疲れているのか?
こんな爽やかな青空の下なのに、ちあきなおみの替え歌を口ずさみながら山へ急ぐ人。(爆)



盛岡の南側(矢巾側)からいつもの山へ。
こちら側は、もう紅葉は終わり気味。


林道途中にたたずむ、毎年真っ赤に紅葉するコイツはまだ待っていてくれた。


オレンジ、黄色が多いこの山の中でひときわ赤く紅葉するコイツを見るのが毎年の楽しみ!



終わりかけの秋を見ながら、峠を越えて行く。



一つ目の山を越えて、いつものダムの駐車場に。
紅葉はほぼ終わっていたが、岩手山もくっきり見えて気持ちいい。

この日の最終目的地の温泉は、あの向こうの山。



ミニチュアダックスのロングのオスは、元来飼い主や家族と一緒に行動するのを好む犬種な筈だが、飼い主が自由を好む性格なので、こやつまでもフリーダム野郎になってしまった。



あまりフリーダムを許すと癖になるので、いつものトレーニング。



一つ目の山を越えて、隣の山にアタック。
まだこちらの山は紅葉が終わっていなかった。

以前、雪どけ終わる前に来て最後の数百メートルが通れなくて、諦めた林道。
春がダメだったから、秋のリベンジ。



途中、流れの綺麗なせせらぎを発見したので、わんこの先導について散策。

沖縄に住む、スターワゴン乗りのずっきー*君ならタンクトップのままガンガンこの川に入って行くんだろうけど…
いい歳したジジイが入ろうもんなら、リアル年寄りの冷や水になってしまう(笑)
さわるのも躊躇してしまう位、冷たい水だった。



ペットボトルのミネラルウォーターは飲まないくせに、冷たい川の水はガブガブと飲むフリーダム野郎。



バターソテーにしたら上手そうな酒のつまみだけど…
キノコの知識全くないので、触れない。



進んでみたけど、ヤッパリ前回と同じ所で道が無くなっていた。
リベンジ失敗!



こんなのどけて進む気力無いので、悔しいけどエアダム壊す前に戻る事に。



距離はさほど長くないけど、貫通ならず。
二つ目の山を後にして、また隣の山へ。



山の入り口にある小さな社。
一旦クルマから降りて、お邪魔しますと頭を下げてからlet's go!



林道をガンガン進んで行くと突如現れたダム。
自分が生まれた時よりも10年以上前に造られた、年季の入ったダム。



以前、スノーアタックチャンスに来て以来の林道。
あの先はどこに繋がっているのか、気になっていた。




冬はこの通りだったが…


雪が無ければ泥かよ…。
でもガンガン進んで行ける。



峠は紅葉真っ只中。



日の当たらない側は泥道。



躊躇なく泥の中に入って行く快感!
いと楽し!


しばし進むと道の先が見えない。
大抵その先は…
リアル降坂チャレンジ。

画像で見ると大したことないけど、実際は結構な下り坂。


坂のキツさをリアルに画像に残すには、どう撮ったらいいんだろう。



恐る恐る坂を下るも、泥道なのでブレーキかけてもぬかるみで滑ってしまい止まらない。

怖いけど度胸一発!
タイヤは止めずに、一定速度で下って行く。



恐る恐る来るも、下ってみたらこの通り…
よほど日頃の行いが悪いようだ。

この日一番のガッカリ。
通れないガッカリ感と、この後どう戻んのよって言う絶望感はハンパない😭



ホイールベース+αの幅の所まで腰痛をガマンしながらバックし、鬼切り返しで方向転換。
そして、ぬかるみの坂道をリアル登坂チャレンジして戻る。😣



この日2度目のチャレンジ失敗。



帰り道、外桝沢地区を走っていたら羊が…
牧場でも何でもない、山の中の休耕地で普通に飼っている羊のようだ。
近づくと、警戒する様子もなく近寄って来たが…


助手席でざわつくわんこ。(笑)
指が全開に開いてる。



不完全燃焼だったので、もう一つ隣の山へ。
この日3つ目の山。



今年の春に来た時に、至近距離で熊の親子に遭遇して以来びびって来ていなかったレン滝ダム。

ダム堤頂をわんこと散歩するも、熊には遭遇しなかったがヤブ蚊が大量発生していたので、そそくさと退散。



林道チャレンジしながら、紅葉を楽しもうとしたが、どちらも不完全燃焼に終わってしまったのでせめて休日の〆の温泉だけでも楽しもうと、もう一山越えていつものお気に入りの温泉へ。

この日はいつもよりも硫黄が強く、色も匂いもバッチリの湯でようやく命の洗濯をして終える事が出来た。

寒くなって出掛けるのが嫌になる前に、あと数回は林道チャレンジしたいなぁ…っと露天風呂でぼぉっと星を眺めながら、休日は終わっていった。



Posted at 2018/11/05 01:19:48 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年10月31日 イイね!

もうこいつに乗る羽目になった

もうこいつに乗る羽目になった新型日野プロフィア
今月始めにうちの支店にも納車されたが、しばらくは乗る事ないと思っていたらもう順番が回って来てしまった。


こんなピカピカのうちは、出来れば乗りたくないんだけどなぁ…
順番とは言え、こんなに労働意欲の無い人間に当てないでほしいのだけど、しがない会社員である以上業務とならば仕方ない…

前回のギガと同じように、新車チェックをしながら乗務するとした。


まずは、ライト。
デイライト点灯で、こんな感じの今風の光り方に。

勿論、前照灯はLED。
シールドビームなんかでは無い。(笑)



フロントパネルを開くと、こんな感じ。
オイル点検棒は、ちょっと奥に入っていて探しづらい。
コイツのオイル点検棒も、プロフィアお約束の蛇みたいな長いタイプ。



後部側面にある工具箱。
今まではステンレス製が主流だったが、軽量化かコストカットかPP製になっていた。
ご丁寧に、下に「PP製工具箱」って黄色いシールが貼ってある。



新型プロフィアはこのテールランプが標準のようだ。
今までは、正方形で橙・赤・赤が全メーカー共通で付いていて、後ろからではメーカーが分からなかった。



尾灯を点灯させた状態。

格好いいかどうかは別として、リヤスタイルにもメーカー毎の個性を出すのは良いと思う。



燃料タンクも、ステンレス製になってきた。
鉄のタンクみたいに、気温変化で膨らんだり、凹んだりはあまりしないのだろうか。



フロントの日野マーク。
Hの中は、ハニカム模様が施されている。

密集恐怖症の自分は、これを見ると背筋がざわついてしまう。(笑)



ドアを開けて乗車。
新型も3段のステップなのだが、ステップまでハニカム模様というこだわり。



ステップによじ登ると現れる進化した、ドライバーズシート。
エアサスペンションシートが付いて来ているが、
エアの沈み具合を細かく調整出来るように進化している。

旧型ではエアで腰の位置を調節していたが、新型からは普通のダイヤル式になった。
確かに旧型のバックレストのスイッチは、プロフィア、セレガ、ガーラ共にもぎ取れてコードでぶら下がってるのが多かった…



運転席に座ってみてビックリ。
運転席と助手席の間に、コンソールボックスも何も無い。
何にも無い…

見かねてこの車には、滑り止めマットを敷いてあるけど、元々のカーペットのままだと、日報すら置けない。

最低限、日報と伝票を挟むファイル、モバイルアルコールチェッカー、ヘルメットはどの会社だって持って歩くんだから、これくらいはちゃんと固定して置いておけるコンソールは付けて頂きたい!


助手席側から見てもこの通り。何にもない。

しかし、インパネのこの色は…
なぜこの色?😱



インパネとコーデしたシート。
何故この色?

ダイハツの女の子仕様のオシャレ軽自動車みたい。

色はこんなだけど、トヨタアイシスみたいにシートベルトがシートに組み込まれている。

サスペンションシートと相まって座り心地はいいが、素材が滑り易いので新型ギガ同様に滑り止め座布団を敷かないと、腰が痛くなる。



新型プロフィアは、ダイヤル式オートマチックが推しだが、至って普通の7速マニュアル。
これが一番使いやすい。
2M9速マニュアルでなくて、みんな安心していた(笑)
インパネから生えてるパーキングブレーキは、慣れが必要。



運転席の真上には、至って普通にオーバーヘッドコンソールボックスが。
その両端に各種スイッチが付いている。


右側は、外装ランプスイッチ。
漢字表記なのは評価出来る。

その隣には、オートマチックハイビームのスイッチ。
自分は、このオートマチックハイビームは大嫌い!
こんな不完全な機能が世にはびこりだしてから、大型ドライバーは本当に迷惑しています。
乗用車では気付いてないのだろうけど、高速道路でオートのまま走られると、キチンと感知しないからハイビームのまま走られて、頭に来るくらいに眩しい思いを大型ドライバーはしています。

遥か後ろからハイビームで走ってきて、トラックにようやく近づいて来てロービームに切り替わるも、感知機能がまだ不十分だから、トラックを抜いてる途中でまたハイビームに切り替わる。

馬鹿デカいミラー付いてる大型車にとって、後ろからハイビームは本当に眩しい!
そこに前からもオートでハイビームのままの奴が来た日にゃぁ…

みんカラやってる方々ならば、そのままの人はいないと思いますが、高速道路ではオートマチックハイビームは切って、周りに眩しい思いをさせないようにして欲しいと思います。



オーバーヘッドコンソールの左側は、室内灯のスイッチ。



一回押しで、運転席の上だけが点灯。



2回押しで、キャビン全部点灯。
旧型の蛍光灯よりも、断然明るい!
LEDすげー!



自分は、運転席の後ろに荷物を置いている。
着替え用のバッグと仕事道具が入ったリュック、寝袋、弁当入れたクーラーボックス。

旧型では、クーラーボックスは横にしないと置けなかったが、新型は縦にして置ける。
この広さは、有り難い。



旧型プロフィアや、新型ギガよりは広い寝台。
ちゃんと寝台にもLEDの灯りがあって雰囲気はいい。



アイドリングストップしていても、室内を冷やせるiクール。
最近入ってくる新車には付いてる装備だか、バッテリーの消耗が物凄く早いって弊害も出るようになってきた。



いよいよエンジン始動。
キーONで、モニターやインジゲーターランプが点灯。
時計がアナログ時計表示ってのが、ニクい演出。

そしてエンジンかけると…

メーター中央のモニターが一旦消えて、パソコンの起動の時みたいなメロディーと共に日野マークが浮かび上がって来る。

商用車とは思えない凝り様!




次に顔認識が始まる。
どうやら、イケメンとブサメンをクルマが判断するようだ→ウソ😁




エンジンかけてからインパネを見る。
上から、AM・FMラジオ。
外部入力端子だけでなく、USBジャックまであるので、USBプレーヤーを使えるのは最高!

下が空調スイッチ。
旧型のすぐ切れるバックライトは改善されただろうか。

その下は横滑り防止スイッチや、ぶつからないブレーキなどの各種スイッチ。

いすゞよりも、すっきりしていて使い勝手は良さそう。



いざ実走。
このクルマにも、左側ウインカー連動カメラが付いていた。
左側ウインカー付けると、バックモニターに左側死角が映る。



こういう安全装備は、惜しむ事無く装着して欲しい。



ハンドルスイッチ左側。
いすゞ同様、こちらはメーター中央のモニターを操作するスイッチ。
すっきりしていて使い勝手はいい。



ハンドルスイッチ右側がクルーズコントロール用のスイッチ。
ライト点灯で絵表示も光り、シンプルで使いやすい。

走りはとにかく静かでパワフル。
7速マニュアルのギヤ比が最適なのか、とにかく高速走行での加速もスムーズ。
オートクルーズ中に坂道に差し掛かっても失速しないで登っていくパワフルさは疲労を軽減してくれる。



面白いのが、メーター中央のモニターの色の変化。
エンジンかけて、アイドリング中は青く光る。



走り出して、定速走行していると水色に変化する。



そして、急加速したりとアクセル踏み込むと紺色に変わり…


負荷を掛けない走りになると、緑色に変化する。

さすが日野。
商用車とは思えない凝った作りをしてくれている。

燃費もだいぶ向上し、比較的燃費の良かった新型ギガと同様レベルまでになった。



最新の乗用車と比べたら比較にならないが、商用車と言えどもひと昔の、何にも無い最低限の装備しかないのと比べたら、格段の進歩をしているのに大変驚いた。

自分のパジェロよりも最新デバイスが揃っているのだから、ビックリである。

環境性能、燃費性能、安全性能はどんどん進化してきている。
それに反比例するかのように、労働環境は悪化の一途を辿っている。

世の中の末端のドライバーがいくら労働環境を語っても、何一つ変わらないのが現実。
しかし、仕事道具であるトラックが進化する事によって少しでもストレスや、余計な疲労が軽減されて交通事故が少しでも減るのであれば、大変意義のある事である。

24時間動いている物流社会が、少しでも魅力のある社会になっていったら嬉しいなぁ。


立派なクルマが来た事だし、これからバリバリ働くぞぉー💨

なぁーんで気はサラサラない…🙇
Posted at 2018/11/01 01:52:29 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年10月13日 イイね!

今週も癒やしを求めて…⛺

今週も癒やしを求めて…⛺先週命の洗濯したばかりなのだが、毎日嫌々仕事しているからなのか、よほど命が汚れっぽいのか、洗濯が間に合わない…(爆)

空を見上げれば、気持ちの良い行楽日和。

じっとしていられないので、先週行こうとして行けなかった場所に命の洗濯の続きをしに行ってきた。



青い空と岩手山。



わんこもソワソワ。


スキー場もくっきり見えて、最高の景色。


お目当ての場所に到着。
もう少し紅葉が進んでたら、最高だったけど…

滝の音を聞きながら、ここで癒やしの時間を過ごします。


滝に向かってセッティング。
準備完了!



昼過ぎに思いたっての出発だったので、この日は簡単に。


ソロキャンプって程でもないので、こぢんまりと。
これくらいが、準備も片付けも楽でいい。



準備終わったあたりで、わんこと散策。
最近、山に慣れてきたのか、獣道を探して先導するようになった。

けど…
落ち葉の中に入ると、同化してしまうから姿を見失ってしまう(笑)。


先週シャンプーしたばっかりなのに、早速身体中に植物の種やら、実をいっぱい付けて来てくれた。


お湯も沸いて来たので、ちょっと遅めの昼飯準備。



思いつきの出発だったので、超簡単にホットサンドと、作りおきしてたスモークチキン。
そして、熱っい紅茶。



準備完了!
前日に貰って来た新型パジェロのカタログを読みながら、ホットサンドをむさぼり、熱い紅茶をすする。

ひと息つくと、息が白くなっていた。 




スモークチキンは、今まで「マジックソルト」で作っていたのたが、義理の妹からカルディで売ってる「マキシマム」がコスパ良くて、肉なら何にでも合うと教えてもらって以来、手放せなくなってしまった。

安い冷凍肉をウイスキーの樽のチップでスモークした、熱燻肉をかじりなからカタログやら雑誌を読み、ゆったりとした時間を過ごす…



はずだったが、肉の香りが漂いだしてから暴徒と化すわんこ。
目線が、手元の肉にロックオンしている。



喰うもの食って、読む物読んだら…
ボケーッと流れる雲を眺めたり…



ぼぉーっと滝の音を聞きながら時間を過ごす。



さすがに、日が影って来ると上着着ても寒くなってきたので、撤収して紅葉を探しに山の奥までドライブ。



山の奥まで入ると、紅葉が始まっていた。



本格的見頃は来週あたりか?



見頃になると、この山がキレイに色付く。



ボンネットに映り込んだ秋空が、なぜか寂しく感じる。



ちょっと走っては脇道探索してるから、ちっとも進まない。



山を抜けてきた頃には、すっかり日も暮れてしまった。
牧草地で山猫さんを停めたら幻想的な空が。



あの山の向こうにある街は、まだ明るいのかなぁ~



休日の〆は、やっぱり温泉。
硫黄の匂いがガッツリの、お気に入りの温泉。



温泉入ってリセットして、これで命の洗濯は出来たはずたが…
黄ばんだ根性と真っ黒に染み付いた腹の中は、簡単な洗濯じゃ落ちないようだ…


仕事は嫌だけど、次の休日を愉しむ為に、また一週間我慢するかぁ~
っと去りゆく休日を惜しみながら、じわじわと直面してくる現実に溜め息をつきながら、温泉を後にした。


Posted at 2018/10/14 22:08:52 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年10月06日 イイね!

メンタル限界来たらソロキャンプへ⛺

メンタル限界来たらソロキャンプへ⛺ 秋祭りが終わり気抜けしたのか、疲れがたまっていたのか、体調を崩してしまった。
しかし、具合が悪かろうが熱が出ようが容赦なく休日無しの連続勤務。
トドメに週末となれば台風続きで悪天候…
 
基本、仕事が嫌いで毎日でも遊んで生きていきたいクズ人間なので、もうストレスMAX💥

仕事しながら一週間ずーっと「次の休みはソロキャンプにいってやる!」「さあ、どこに行こう?」「何を食べようか?」「何をしようか…」
それだけを考えて、嫌な仕事も乗り越え、暴発を抑えてきた。


未明に仕事が終わっての明け休み。
居ても立ってもいられず、早々に出発準備。
疲れていようが、寝てなかろうが遊び事となれば楽しくて仕方がない。
こうして準備して、ウキウキしながら道具を積み込んでる時間も超楽しいひととき。


グダグダしてたら出発が遅くなってしまったんで、予定変更してまた違う山へ。
盛岡周辺の山も、いつの間にか秋模様になっていた。



ダート路に入ると山で遊べると覚えてしまったのか、クルマが揺れ出すとスイッチが入るわんこ。



少しずつ紅葉が始まってきていた。


目星をつけていた場所に到着。
落ち葉の絨毯とまではいかないけど、一面落ち葉で川のせせらぎも聞こえて、誰も居ない誰も来ないナイスポイント。



さっそくタープを貼ってベース造り開始。
しばらく使ってなかったタープを引っ張り出して使ってみたら、パジェロにピッタリサイズ!

しかし、骨組パイプ36本を組み合わせる安い面倒なタイプのタープ。組み方をすっかり忘れてしまい難儀したが、誰も頼らない、誰にも邪魔されず自分のペースで出来るのが、ソロキャンプの醍醐味。



方向を考えて、くつろぎの友をセッティング。



ん~いい感じに仕上がった。


作業に集中している時にちょっかい出すとめちゃめちゃ怒られるのも学習しているので、ベース造りしている間は、どっかに探検しに行っていたようだ。

作業が一段落した頃合いを見計らって、
「あ~終わったっすかぁ~」
って顔して現れたのだが…

こんなに色々顔中に付けまくって来て…
はぁ~これを俺が全部取るのかぁ…

んでも、今日は怒らない怒らない…



メシ抜きで来たので、さっそく腹ごしらえ。
この日のメニューは
「チーズミルクしゃぶしゃぶ」
初めて作るメニューだけど、面白そうだったのでチャレンジ。


セレブな人々は高級牛乳と、高級チーズで作るんだろうけど…
貧しき民は、安売り品で楽しみます。
高い牛乳は諦め、安売りの牛乳モドキの乳飲料。
チーズはスライスチーズをちぎってぶち込む。
(とろけるチーズは分離してしまうので、普通のチーズで)
あとは、塩コショウで味付け。
ギャバンのブラックペッパーなんかだったら最高なんだろうけど…
無いからダイショーの味塩コショウで充分に最高の味になった。

香り付けにガラムマサラを入れたけど、今思えば山椒の方が良かったのかも…



スライスチーズ5枚分ぶち込んでとけてきたら、頃合い。
庶民の味方トライアルで買ったしゃぶしゃぶ肉をくぐらせてみる。

すぐに火が通り、いい感じに牛乳で薄まったチーズが絡んできて、食欲をそそるいい香り。

まずは一口。

「やっべぇー!超うめぇ~」



風邪が治りかけだったんで、ネギも一緒に入れてみた。

「うわぁ~!超やべぇ!」
「うめぇ~!」

ネギの旨味が出て来てすげーいい感じに!



馬鹿みたいに一人山の中で叫びながら食っていたら、何事かと偵察に来たわんこ。



ちぎったバゲットを、チーズ牛乳に浸して食す。
海原雄山が出てくるんじゃないかと思ってしまうくらい至高の美味!(笑)



さすがに1品だけでは飽きてくるので、パスタを茹でる。


出発前に自宅で、パスタケースに水張って、その中に生パスタを放り込み、しっかり蓋をして持って来ると…


現地着く頃には、しんなり柔らかくなっている。
あとは軽く茹でるだけ。
調理時間の短縮と、大幅なガスの節約に。



調理に没頭している間、こやつも勝手気ままに自由行動。



いい感じに茹であがったらお湯は捨て、バターと冷凍アサリ、ツナ缶を油ごとぶち込み軽く温めながら馴染ませて、サラダドレッシングで味付けして完成!


野郎一人で食べるだけだから、フライパンのままそのまま食らう。
思いつきでテキトーに作った割には旨かった。

川のせせらぎ音と、自然の美しさも旨味成分になっているのだろう。



至福の時間を過ごす贅沢。

命の洗濯中。


時折、「カツン!」っと凄い音と共に、上から堅い物が落ちてくる。

ドングリの木の下に停めてしまったのは、ウッカリしていた。



牛乳が煮詰まってきたら、最後のご馳走。



鍋にへばりついている、チーズおこげを食べながら、煮詰まったチーズを残ったバゲットに付けて食べると、これまた美味。

ワイン飲みながらだったら最高の味。



食後は、お茶飲みながら雑誌読んだりとダラダラとした時間を愉しむ。



あんまり、ダラダラしていたら少々キレ気味でわんこが一緒に遊ぶべ!と猛アピール。

食後の運動に、わんこを連れて軽くトレッキング。



少しばかり動いたら疲れてしまったので、今度はパジェロの中でまったりドラマ鑑賞。
保存してたのを見るにはいいチャンス。

もちろん見るのは、コレ👹。


渡鬼ファンと言ったら、やはりこのシーン。
山岡久乃と赤木春江の喧嘩シーン。

この二人の大女優の凄みは、何度見ても気持ちいい!
https://youtu.be/Br9H9cGsQ-I

まだ、角野卓造も髪の毛がフサフサだった…


懐かしい渡鬼を見入っていたら、あっという間に日が暮れかけていた。


気温が下がって日が暮れてくると、風に吹かれて落ち葉が一気に落ちてくる。



狢が出てくる前に、片付けをして帰り支度。
車中泊も良かったけど、風邪をぶり返すのも困るんで今回は帰る事に。



山を出発した時は薄暗かったのだが、林道を下山しているうちに、すっかり日が暮れてしまった。



狢に出会う事なく無事に下山出来たので、最後に温泉に入って帰る事に。


久々の温泉で、この日2度目の命の洗濯!



温泉に浸かって、元気もチャージ。



自宅に戻ってから、わんこも入浴。
山で色んな物付けて来ているので、ノミダニ取りシャンプーでしっかり洗ってから、ドライヤーで乾燥。

さすがに、飼い主もわんこもリビングでひと息ついたらぐったりとお疲れ気味。



一人乾杯を愉しみながら、撮りだめしたテレビを見ているうちに、人の膝の上に顎乗せて先にこやつが寝てしまっていた。

友達と楽しく呑んでストレス解消するのもいいけど、たまには誰もいない中で大自然に囲まれながら過ごすのも最高の命の洗濯になる。

「キャンプは不便を愉しむもの」

そう考えると、何もかもが楽しくなる。
暫くはソロキャンプにはまりそうになってしまった。
Posted at 2018/10/09 01:45:15 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年09月17日 イイね!

🏮今年も祭りがやってきた2018🏮

🏮今年も祭りがやってきた2018🏮みちのくの秋の訪れを告げる恒例の「盛岡秋まつり山車」が,9月14日から16日までの3日間開催され,今年も3日間参加してきました。


この祭り3日間の為にお盆休みも返上して働き、どんなに嫌な事があっても「我慢、我慢!祭りが待ってる💢💢」っと奥歯を噛み締め乗り越えてこの日まで頑張って来た。



盛岡市の無形民俗文化財に指定されている盛岡八幡宮祭り 。
この祭りのために、お盆明けから盛岡のあちこちで山車づくりや太鼓の練習が始まります。 
山車(だし)は、歌舞伎演目のシーンなどをもとに、作られます。


今年、自分が参加した組の山車(だし)は、江戸時代の劇作文芸「南総里見八犬伝」の演目から。


犬塚信乃(いぬつかしの)と犬飼現八(いぬかいげんぱち)が、芳流閣の屋根瓦の上で組み合いをし、そのまま利根川に転落してしまう…
という場面を現した山車。


見返し(後ろ側)は、
江戸火消し「の組」
を表現したもの。


山車の運行には、沢山の人達が各々の役割を持って動いているのだが、自分は「音頭上げ」をやらせてもらっています。

音頭上げとは、山車の演題解説などを取り入れた七・七・七・五の句を「南部木遣」という独特の調子に乗せて謳い上げるというもの。

これがなかなか難しく、何年やっても匠の人達に近づけない…


3日間、街の中を山車と共にねり歩きながら扇子片手に唄いあげます。



恒例の音頭メンバーの集合写真。
ベテラン音頭の巨匠達と、新加入した若者の間に挟まれた微妙なポジション(泣)



夜になり提灯に火が灯り、ライトアップされた姿も迫力がある。


盛岡秋祭りは、9台の山車の他に神輿も街の中を練り歩くので、他団体の山車や神輿と合う事もしばしば。
その時は笛も太鼓も止め、相手団体に敬意を表し拍手で送ります。


盛岡市紺屋町「ござ九」の前を通る山車。
ビル街の間よりも、こういう場所の方がしっくり馴染んでる。



2日目の夜は大絵巻パレード。
盛岡市中心部の大通りを、参加している全9台の山車と参加者がパレードをします。


出発点の盛岡城跡公園を出ると、ライトアップされた東北電力電波塔との灯りがともる山車との光の共演。


祭り参加者と、沿道の見物客とでごった返す盛岡大通り商店街。


やっぱり、祭り好きとしては沿道から眺めるよりもこの中にいる方が断然楽しい!



連日祭り終了後は、扇子広げて反省会。
これが祭りの楽しみの大部分を占めている!🍻


最終日、夕刻と共に提灯に火が灯されると、いよいよ祭りが終わってしまう寂しさが一気に押し寄せてくる。


最終日最後は、盛岡八幡宮への宮付け。
八幡通りを上り、八幡様に祭り最後の奉納。


盛岡八幡宮の大鳥居前まで山車をつけ、組の頭が八幡宮に音頭を奉納します。


3日間動いてきた山車も、無事に戻り最後にバックで車庫に入れる瞬間。
この重く大きな山車を、手木の的確な指示で人力だけで動かす凄さ。
最後のこの時は、涙腺が崩壊しています。


今年も無事に事故や怪我も無く、終える事が出来ました。
頭取の音頭上げ、そして最後に全員で三本締めを行い3日間の幕を下ろした。

こうして、祭り大好き人間達の熱い3日間は終わってしまった。

祭には不思議な魅力があり、それに取り憑かれると、取り憑かれた者同士で不思議な結束が生まれ、老若男女を問わず全員で同じ方向を向いて成し遂げる達成感や喜びを共有できる楽しみを実感する事が出来る。

また一年後、この仲間達と出逢える事を楽しみにあと363日、頑張って生きて行かなければ。

今年の祭りロスは長引きそうだなぁ…
Posted at 2018/09/18 00:23:32 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@ずっきー* さん
おっ!本土上陸!。

夜の街で暴れまくりですね( ̄ー ̄)」
何シテル?   11/11 13:57
とにかくクルマが大好きです。 こんな自分からクルマを取ってしまうと、 いやらしい所しか残らなくなってしまうので、 一生真摯な態度でクルマ好きを通していきたいと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

🍁秋の山へ急ぐ人🍂 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/05 12:10:52
三菱 パジェロ パジェロ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/30 17:52:25
アンダーミラーの再塗装 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/15 19:21:51

お友達

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
現在の愛車。 一度パジェロに乗ってしまうと、また乗りたくなりV93パジェロを購入。 3台 ...
ヤマハ セロー カモシカ君 (ヤマハ セロー)
DT50で山走りの楽しさを教えてもらい、憧れだったセローに。 心病んだ時の、命の洗濯に ...
三菱 ギャランΣ 三菱 ギャランΣ
免許を取って、記念すべき最初の愛車。 クルマの楽しさを色々教えてくれた奴でした。 ちょ ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
2台目の愛車です。 それまでは4駆には全く興味なかったのですが、実習中の担当官が乗って ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.