• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ねぎ盛りのブログ一覧

2018年06月29日 イイね!

佐賀に行ってきた3


唐津城へは市営駐車場から歩いてすぐです。

alt

唐津城があるところは舞鶴公園というらしい。





エレベーターもあるらしいけどここはひとつ階段で。

alt

ひとつひとつの段差が揃ってなくてすっごい登りにくい





唐津城どーん!

alt

一部の石垣がはらんできてるので修復工事中です。





alt

コンピューターでシミュレーションするんだとさ




唐津城ばーん!

alt


なんか城の見学がメインみたいになってきたぞ?





ここの広場からさっき行った宝当神社のある高島が見えます。

alt


島に向かって行ってる船が定期船ですかね。





一通り見終わったところで正午過ぎ。

で適当に昼飯食ったりネットで情報収集したりして時間を潰して午後3時に今回宿泊する
「Hotel & Resorts SAGA-KARATSU」(旧名称:唐津ロイヤルホテル)に到着。

alt

こんだけ無駄に時間潰したんなら泊まらずに現地0泊でもよかったかも?





今回宿泊プランはシングルルームで予約してたんですが、なぜか部屋が倍の広さの2〜4人
用の部屋にアップグレードされてました!

alt 

広い!
これでシングルの料金とかすっごい得したけどこれで宝くじの運を使ったとかないよね?

しかもフェリーの時と違ってwifiも実用的な速さですよ。まあ当たり前かもだけど。




ホテル自体に古さはあるようだけど掃除は行き届いていて清潔でした。安ホテルに
ありがちなヘンなカビ臭さも無いし、そのへんはやっぱりブランド力のおかげか。

ただ難があるとすれば窓のレールに変形したところがあり微妙な隙間があるのか、
なんだか窓が閉まりきってないような外部の音が少し入ってくるような感じがした
ことでしょうか。




窓からは川が見えます。

alt

海側の部屋だったら虹の松原が見えるらしい





このホテルは1階の外側にコンビニがあるという、素泊まり客に優しい設計となっております。

alt

はい晩飯。





まあ普通だったら地元の食材使った料理とかご当地メシ的なもの食べるんだろうけどね。

自分は食べ物に関してはまったく頓着ないもんで。昼飯もすき家でおろしポン酢牛皿定食だったし。

宿泊プランに夕食バイキング付きのプランがあれば選んだかもしれないけどここのホテルには
それは無いんですよね。会席とかフランス料理とかはなんだか敷居が高い感じだし。





ということでサクッと晩飯(というかパンだけど)食ってニコ生見て就寝。





そして8:30くらいに起床。




チェックアウトは11:00なのでゆっくりしていこうと思ったけど何もすること無いんで9:30
くらいに新門司港へ出発。




ホテルの近くに虹の松原という名勝地があって、何キロも続く松林の中を道路が通ってる
んですが、草が茂ってるあたりはまるでどこか山奥の原生林のようでした。

天気が良ければ散策してみるのもいいかもですがこの日は雨なので車から降りる気にはなり
ませんでした。




そして高速を乗り継ぎフェリー降り場へ

alt


帰りのフェリーは「ひびき」ですが船の造りは往路で乗った「いずみ」と同じようです。




15:00から受付開始、16:30から乗船開始です。
またもや時間がすごく余ってますがもう慣れたものです。車の中で寝て待ちます。




そして時間になり乗船。
部屋は「デラックス和洋3〜4人用」です。

alt

ソファーベッドを広げて4人用らしいですがかなり無理があるような?

洗面はありますがバス・トイレは無しです。これでデラックスとかちょっとねえ。





夕食は船内レストランでステーキ丼とサラダと豚汁、そのあと売店で買ったチョコパフェ
みたいなやつも食って大浴場に行った後就寝。




翌朝6:00に泉大津に到着。
自分は到着後すぐに下船せず7:30まで船内にいられる「ゆっくりステイ」というのを
申し込んでいたのでそれまで船内で寛いでいられます。




しかし7:30に下船してみればちょうど世間の通勤時間と被ってしまい渋滞に巻き込まれ
てしまったので普通に6:00の下船にすればよかったかも。





自分は極端に乗り物酔いするんですが今回のフェリーは往復ともまったく酔いませんでした。
大型フェリーでしかも外海に面していない瀬戸内海でほとんど揺れないからでしょうか。

酔わなければやっぱりフェリーは楽なのでいいですね。あとはトイレ付きの個室があって
レストランはバイキング形式だったら言うこと無しです。




次回のフェリー旅は未定ですがそのうちまた行くと思います。

Posted at 2018/06/30 01:12:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月29日 イイね!

佐賀に行ってきた2


さてさて、前回の記事を読まれた方なら感じていたかもしれません。




あれ?レストランでの写真とかないの?的な疑問を。




無いです。撮ってませんし、今後もこういうパターンが続きます。




よく撮り忘れるというか、撮っててもなんかビミョーで謎なアングルとか構図
とかで「こりゃ使えないな」ってのが多くて自分の写真スキルに嫌気が差すと
いうかなんというか。



なのでどういう所か気になる方はググって他の方達の記事を参考になさると
幸せになれるかもしれません。


或いは目を閉じて集中して想像力を働かせれば新しい能力が引き出されて
風景が見えてくるかもしれないのでこの方法もオススメです。




では自虐ネタとかヘンな能力の話はこれくらいにして続きいきます。




フェリーは朝6:00に新門司に到着です。



ここから目的地の唐津までは高速を使えば2時間かからないのですが、あまり
早く着きすぎてもホテルのチェックインまで時間が余ってしまうので3時間以上
かかるかもしれないけど一般道で行こうと思ってました。


しかし思いのほか交通量が多い上に、分岐点とかで案内が欲しいという所に限って
何のアナウンスもしないというナビのポンコツぶりに耐えられなくなって途中から
高速に乗っちゃいました。




で、予定より若干早めに無事唐津に到着し、唐津城の前にある市営駐車場に入ります。




駐車場の奥に今回のターゲットである宝当神社がある高島への定期船の案内看板があります。

alt





こんな橋を渡って

alt





この船で渡ります。

alt

ニューたかしまっていうらしい。




桟橋の入り口に立ってる集金人に210円払って乗り込みます。




平日だしあんまり人も多くないなって思ってたけど最終的には40人くらい乗ったかも。




10分くらいで高島に到着。




降りると目の前に漁協があって、その横で地元の土産物屋の人が呼び込みを始める。




漁協の横の奥にあるこの建物にみんな吸い込まれていくので自分も吸い込まれてみる。

alt

まあいわゆる金運グッズの類ですかね。オリジナルのものもあればどこかで見たようなモノも。



とりあえずここで購入した宝くじを入れるための宝当袋というのを買う。





そしてそこから歩いて1〜2分くらいにある宝当神社へ。

alt

島の規模に合った小さい神社です。





そして宝くじ売り場がある宝当乃館

alt

この適当な写真の撮り方よ(´・ω・`)




ここでこの日が発売初日の「幸運の女神くじ」っていうのを買う。
前後賞合わせて5,000万円。もうそろそろマジで当てないと色々ヤバいんでお願いします。




予定ではこの島で数時間くらい時間を潰すつもりだったんですが無理でした。
15分でミッション完了です。この時点でまだ午前10:30なんですけど。




もうこれ以上島にいてもすること無いんで次の定期船で唐津に戻ります。
他の人たちもみんな残らないで戻るみたいだし。




そしてしょうがないんで唐津城でも見に行くかーってなる。

alt

桟橋から見える唐津城。ここが撮影スポットになってるらしい。


続く
Posted at 2018/06/29 22:26:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月29日 イイね!

佐賀に行ってきた1


気がつけば前回の更新から4ヶ月経ってました。

最近は仕事の合間にガレージ内の整理とかしてたんですが、一段落付いたので以前から
計画していた、



「宝くじを買いに佐賀県まで行く」



というミッションを敢行します。





なぜ佐賀県なのかというと、唐津というところに宝当神社というのがあり「そこで祈願する
と宝くじの高額当選が云々」というやつをテレビで見たからです。





これはもう行くしかない!





というわけでココ↓です。
alt




今回は阪九フェリーを使い、大阪の泉大津から新門司へ向かいます。

alt

駐車場から撮った今回乗船するフェリー「いずみ」
煙突のマークが郵政マークにしか見えない




通常は一人だと貸切料が発生する部屋が今は貸切料が不要というキヤンペーン中だったので、
ちょっとリッチにスイートとか予約してみました。

alt

バストイレ付きです。

スイートといっても部屋の広さ・設備はさんふらわあで言うトコロのデラックスツインと
同レベルでしょうか。




壁掛けの大型テレビもあります。

alt


現在地もリアルタイムで見られます。




そしてこのフェリー、なんと部屋内でwifiが使えます!!



が!!



遅すぎて使い物になりませんでした・・・



まあ予想はしてたけど船上で無料サービスだと仕方ないのかも。



4Gなら航行中でもほぼ受信可能のようだったのでネットを寸断されると死ぬっていう方達も
たぶん大丈夫でしょう。





このフェリーは最近造られたものらしく、全体的に綺麗で船内各所のデザインもオシャレな感じです。





船内レストランはさんふらわあのバイキング形式とは違いカフェテリア形式です。




よくある大衆食堂のように各料理に決まった値段が付いており、トレーに自分の食べたい
モノをピックアップしていき、最後にレジで会計する方式です。




これは食べたいモノを片っ端から取っていくと金額がもの凄いことになってしまうので要注意です。




自分は3,000円くらいになりました。予算オーバーなので翌日の食事はコンビニに決定です・・




皆さんは同じ轍を踏まないように気をつけて下さい。



続く
Posted at 2018/06/29 20:24:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月23日 イイね!

冬キャンプに行ってきた


さて、数ヶ月ぶりのブログ更新です。

別に何もネタが無かったわけではなく、月1くらいで和歌山と奈良の温泉に小旅行に
行ったりはしていたのですが、写真をほぼ撮っていないのでブログには書きませんでした。


なので今回はちゃんと写真を撮っていこう!と思い出発したものの、なんか面倒くさく
なってしまい今回も撮るべきモノを撮らずにどうでもいいモノを撮ったりしています。


では最初に言い訳をしておいたところで本題に入ります。




今回のネタはソロで冬キャンプです。


なんか最近またキャンプが流行ってきてるという噂を聞いて、そういえば随分前から
ソロキャンプを画策していたけどずっと放置だったので寒さが和らいだタイミングを
狙って実行に移します。



今回選んだキャンプ場は、本州最南端という和歌山県串本町の「リゾート大島」という
キャンプ場です。



大阪から高速道路を使うと3.5時間くらいでしょうか。
自分は十津川経由の一般道を南下していったので6時間くらいかかりましたが・・



串本の国道42号から紀伊大島へ向かう道沿いのAコープで食料を買い込んでくしもと大橋を
渡って目的地のリゾート大島に到着です。






・・・・・・・・







キャンプ場入り口の写真撮ってなかったわ(´・ω・`)



まあ興味がある人は各自ググってもらうとして、まずは受付棟でチェックイン手続きです。



その後キャンプサイトに向かいます。
自分が予約したのは車の乗り入れ可能な場所の電源付きサイトです。



噂通りだだっ広い。閑散期なのでガラ空き。冬の平日キャンプ最高。

alt





広すぎてどこからどこまでが1区画なのかわからないのでとりあえず電源ボックスの
近くに停める。

alt

地面から生えてる箱が電源ボックスで家庭用100Vの電源がとれます。





テントを張ってテーブルと椅子とBBQグリルとランタンポールを設置して日没に備える。

alt






テント内はこんな感じ

alt

結構快適。充分すぎる広さ。




テント内から外の景色

alt

ソロキャンなのに荷物が多い。使わないモノも無駄に持って来てる。





そうこうしているうちに日も落ちてきたので晩飯タイムに突入。





炭火のBBQグリルにAコープで買った鯵の開きを乗せて焼く。

alt





あとはレモンペッパーで味付けされた豚バラ肉

alt 







家だと床がヌルヌルになって掃除が大変な脂身こってりの肉だってここなら気にせず焼ける

alt

そもそもソロキャンに行きたいと思っていた理由が焼肉食いたさだった気がする。




日中は少し風が吹いていたのだが、夜は風がほとんどなかったので快適な晩飯タイムだった。





この日は夜も天候が良いと聞いていたので星空でも撮ってみようと思いカメラと三脚も持って
来ていたので広角レンズを付けてシャッター開放で撮ってみる。

alt


この星のなかのどれかが北極星





この日は偶然にもニコニコ生放送で「ゆるキャン第8話」があったのでそれを見た後就寝。



 

このキャンプ場は露天風呂の施設もあり、前日に予約しておくと朝風呂が使えます。

alt

alt

alt 


alt

閑散期は貸し切りみたいです。

夜だと星空しか見えませんが昼間は海が見えます。





キャンプサイトのチェックアウトは12時なのでそれまでにテントを撤収して荷物を
車に積み込みます。



自分の他にはキャンピングカーとバイクの2組だけでしたが手際よく片付けて10時頃
には出発してました。



ゴミは受付時にもらったゴミ袋に指定通り分別して、キャンプ場入り口のゴミステーション
の中の分別指定場所に置いておけば処分してもらえます。





今回は天候の良い日を選んで来れたのと、閑散期なので広々と使えて開放感MAXだった
ので非常によかったです。



次のソロキャンもなるべく閑散期を選んで来よう。

Posted at 2018/02/26 21:02:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年10月22日 イイね!

ガレージ内照明LED化


以前購入したLED蛍光灯を取り付けです。


その前にこのLED蛍光灯の中身が気になるのでちょっとだけバラしてみます。



チップLEDが一列に並んでいるという構造。



直管LED蛍光灯には既存の蛍光灯と入れ替えるだけのものと、既存の器具内の安定器を
バイパスさせて取り付けるものがあります。


前者はお手軽に交換できますが、安定器が電力を消費するためにそれほど省電力化に
ならないうえ、古くなった安定器を使い続けると発火の危険があると言われています。

後者はその安定器を使わずに配線をバイパスさせてLED蛍光灯に直結する方法ですが、
これには電気工事士の資格が必要とされています。

僕は今年取ったばかりの第二種電気工事士の資格がありますので迷わず後者を選びます。



天井に付けたまま作業するのは腕が疲れるので器具を外します。



安定器とグロー球は使わないので外せるモノは撤去します。







かなり年季の入った安定器。変色しているのか元からこんな色なのかは知らない。





ついでに分解清掃。








LED蛍光灯に付いている説明書通りに安定器をバイパスして直結に配線を変更します。








完成。



すごくスッキリしました。




点灯試験。





2本で342.7mAです。




これをあと3台分作業します。





そして







交換終了。





明るさは元の40W蛍光灯の時とほぼ変わらない気がします。

思ったより良い感じなので他の蛍光灯も全部交換しようと思います。


Posted at 2017/10/22 21:23:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

プロフィール

ねぎ盛りです。 便利に使えるように、ちょっとしたカスタマイズをするのが趣味です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

愛車一覧

日産 NV200バネット 日産 NV200バネット
仕事・普段乗り兼用で日産 NV200バネットに乗っています。 見た目はプレミアムGXっぽ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.