• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
あっし流掲示板、『サインボード!!』です。 不定期更新ですが、書き込まれたらお返事致します。
スバルサンバー故障内容

平成22年11月20日


1 水温計が走行中急に上昇する ⇒整備工場で調べた結果ラジエター内に大量の錆が蓄っていた。

2 走行中に突然エンストして暫く始動不能となる⇒インジェクターの不良

3 エンジンオイル漏れ及び1の錆はラジエターから管を通してエンジン内部にまで充満していた。

※ 錆の発生は1年以上前から数年間に渡り蓄積されたもの。


Re:平成22年1月に30万で中古購入してまだ1年もたたないのにこのありさま! [ EG-SAMBAR ] 2010/11/21 23:09:25
あっし流の回答で良ければ、お答えいたしますけど。

車齢(年式)が不明なので、明らかに出来ない部分もあります。

まず、考えられる事。
基本的な部分なのですが、サンバーと言う特殊なエンジン搭載方法を用いている以上、
以前のオーナーがオーバーヒートか、オーバーレブさせてしまった可能性があります。

一度のオーバーヒートやオーバーレブならともかく、
長期的に上記2点が行われていた可能性は否定出来ません。

それと、怪しい点がもう1つ。
年式や走行距離と関係しますので、貴殿の車体状況が判りませんので詳しくは書けませんが、
点火系に異常があったのでは?と推測します。
単純に、オーバーヒートやオーバーレブをさせるほど無理な運転をしなければならない状況があるとすれば、
元々プラグか高圧コードが壊れていた可能性があります。
ただ、サンバーの場合、
シリンダー1個分のプラグや高圧コードがきちんと動作していなくてもエンジンはかかりますし、
街乗りには不都合の無いレベルで走行出来てしまいますから。

考え方としては次のようになります。
リザーバータンクだけで冷却水チェックを行うと、ラジエーターキャップが痛んでいても冷却水の位置は変わりません。
但し、
オーバーヒートを起こし易い時はラジエーターキャップを開けるとオイルが混入していたり、錆びてカラッポの時があります。
これにより、オーバーヒートを起こし易くなる状況で過負荷な走行を強いると、
シリンダー熱変形や圧力異常でインジェクターの変形不良、メタルガスケット吹き抜けが起こります。
メタルガスケット(普通ガスケットと呼ばれる物。)は、
シリンダーとシリンダーヘッドの隙間にある2ミリ程の金属板に隙間が発生し、水やガス、オイルが行き来してしまう状況となり、
ラジエーターの錆、オイルに冷却水の混合、シリンダー内部に冷却水やオイルの混入・・・

簡単に説明すれば、
密閉容器を水に沈めても水は入りませんよね。
密閉容器のパッキンが熱変形や亀裂が入ったら、水に静めた時、水が入ってしまう現象と同じ事です。

つまり、
熱変形したシリンダーやガスケットからガスが漏れ、その気体がラジエーターの錆として発生。
温度差や圧力の違いでシリンダー内部に冷却水やオイルの混合。
変形部分は徐々に広がり、オイルに冷却水、冷却水にオイルの混合が発生。
と言う感じです。

エンジンの構造上、シリンダーヘッド周囲からのオイル漏れは原因と関係なく漏れ易いですから。
但し、
クランクパッキン(クランクとオイルパンの継ぎ目にあるパッキン)周囲からのオイル漏れは上記症状の時に発生しやすいです。

普通なら、
ピストン棚落ちやウォーターハンマーになり、エンジンそのものが破壊されるのが通常です。
インジェクター不良で破壊に繋がらなかったのかもしれません。
Re2:平成22年1月に30万で中古購入してまだ1年もたたないのにこのありさま! [ me601230 ] 2010/11/22 18:05:56
コメントありがとうございます。とても詳しいアドバイス心より感謝します。サンバーの知識にシロートな私にはとても勉強になりました。しかしながら不本意な書き込みだったようで、申し訳けありませんでした。書き込みはた直ちに削除します。
Re3:平成22年1月に30万で中古購入してまだ1年もたたないのにこのありさま! [ EG-SAMBAR ] 2010/11/22 23:01:43
削除する必要はありませんよ。
あっしの経験や知識で良ければ、大いに大歓迎します。

他の方々にもこのような症状がある方が沢山おられますので。


追記ですが、
サンバーに乗られている方々によくあるマメ知識的問題で良ければ。


基本的に故障は少ない車種なのですが・・・致命傷と言う部分を。

ヘッドカバー周囲のオイル漏れはエンジン横倒しの構造上、エンジンに異常が無くてもオイル漏れはします。

冷却水はリザーバータンクのゲージに頼らず、ラジエーターキャップを開けて点検を。
(水にオイル混入や冷却水不足の原因はこの時に発見できます。)

オイル交換は早め、3000キロ手前を目安で。(エンジンの搭載位置の問題で。)

耐久性は基本的にあるエンジンですが、タイミングベルトは10万キロ、又は年式相応(10年目安)で交換。
同時にウォーターポンプも交換されると良いと思います。(構造上の問題で。)

10年定期交換に上げるなら、プラグコード(高圧コード)も高熱に晒されるため、リークし易い。
点火系のパワー不足を感じたら、高圧コード、プラグ、デスビの順で疑う。

MTミッションの故障は少ないですが、流行のCVT(一番最初に市販化されたのがサンバーのCVTなので。)は、
故障すると費用がかさみます。

電装系、特にコネクター接続部の接点が全体的に甘め。


ざっとですが、こんな所です。
とうとう、車体下の腐食が補修限界。
よく頑張ってくれた!!表彰状ものです。

これにて、
基本装備は零号機と全く変わりが無い状態で、
壱号機へ進化します。
細部はかなり手が入る予定。

筑波のガレージに9月27日朝、入庫予定。
Re:Today Para Bellum 零号機 ⇒ 壱号機 への進化 [ EG-SAMBAR ] 2010/11/11 21:19:13
つい、先ほど連絡あり。
零号機の全パーツ移植、
見かけは全く一緒の強化フレーム壱号機に搭載完了との事。

問題は2箇所。
例の燃料計の件とレブリミッタ-の件。
これだけが未解決。
現時点で、補修作業は終了。
随時軽量化作業に入ります。

各方面で得た情報を纏めると、次の様な計画になります。

その1.徹底軽量化。(5面のガラスをアクリル等に。車体不要構造の撤去。)
現時点では、アクリルの個人製作が困難。
エンジンを載せ換えない条件では理論値車重500キロまで落とす必要あり。
FF化についての目処はハブ部分以外は可能な情報を見つけました。

その2.エンジンリフレッシュ。(オーバーホール)&ハイコンプ化。
エンジンリフレッシュについては、アラとカーボン除去、メタルとピストンリング交換。その他はしない方向。
面研やボーリングなどはコストがかかりすぎるので。
ハイコンプ化については純正パーツ入手困難で未定。
(ビートのピストンで圧縮比が1.0上がる。但し、オーバーレブすればバルブが折れる)

ハーネス込みリペアエンジンの件は、交渉済みで、取り外し待ちの状態。
Re:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2009/10/04 22:43:04
ゆっくりですが、作業開始しました。
プチFF化と軽量化の手始めにプロペラシャフト取り外し。重量11キロの軽減。
この先、リアデフとリアドライブシャフト抜きします。

問題のハブ部分は検討中。分解できるなら、可能な所までばらす予定。
Re2:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2009/10/20 22:16:43
FF化ほぼ終了です。

前述したプロペラシャフト11キロ。
今回外した
リアデフギアボックス(オイル込み)とリアドライブシャフト2本で27キロ。
動力関連で38キロ軽量化です。

ドライブシャフト先端だけ切り離し、ハブ押さえとして活用。
(詳しい事は記事を見て下され。)

ついでに、搭乗者保護用に残しておいた内装とドアウインドウシールの撤去。
フロントシールド横ピラーカバー
足下カバー
ハンドル足下のブーツ
車体側、ドア接合部のモール
ドア下の配管上部カバー
左右サンバイザー
助手席アシストグリップ
ミラー目隠しカバー
これの合計が2キロ。

今の所、40キロの軽量化です。
2次改装後推定車両重量が660キロですから、約620キロと言った所。
1次改装前からでしたら、130キロの軽量化です。

計算上、現状パワーのままでのパワーウエイトレシオは14.7キロ/PSほどで、
2次改装後の値より1キロ減です。
Re3:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2009/11/04 23:34:56
上方の重さを解消する為に
ダッシュボード3分割し、メーターカウル部分だけになりました。
これで4キロの軽量化。

ついでにヒューズボックスの作業性の悪さを改善。
右手ダッシュボード付近に見える形で位置を変更。

追加作業で、
アイドルアップコントローラーなしでオートチョーク制御可能なので、
アイドルアップコントローラーとその周辺ハーネス、制御バルブ撤去。
(2次改装時にコネクターが外れている状態だったので、思い切って外します。)
ライト点灯時にアイドリングが下がってしまう欠点があるので、
ライト消灯時のアイドリングを上げて対応します。
Re4:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2009/12/04 23:43:21
そろそろ、個人での軽量化の限界来ています。
現在の所、推定車両重量613キロ。
あと33キロは軽くしたい所ですが。

案件その1.干渉部分の件
案件その2.負圧配管の件
案件その3.ドアとリアゲートと窓の件
案件その4.動力系の軽量化の件

が、未解決の状態です。
Re5:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2010/02/06 23:26:05
現状作業の限界。

干渉部分は未解決。バネを強化だが、どのくらいまでなのか判断がつかず。
負圧配管は、動作に支障のない程度まで切り取り。
ドアは開放制限を付ければ終了。軽量化は窓ガラス開閉の関係で見合わせ。
動力系軽量化は知識不足で見合わせの状態です。

並行して組み上げ、
走行可能なレベルまで組み上がっています。

やりたい作業があるのだが、
予算不足で出来ず。
(オーバーホールとファイナルギア)
Re6:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2010/03/01 23:47:56
中古エンジン(Sトレック仕様ハーネス込み)の外し待ちの状態です。
AT車体なので、ミッションが使えませんが。
馬力で6馬力UP、トルクで0.2UP。
このエンジンに換装できれば、走り易くなると思います。


ミッションはドナー車体が見つからない為、保留中。

メンバーの運転を見ていて、燃費対策の個人的見解で、
ファイナルギアを現状の5.6からトゥデイ流用で4.8に変更したいと考えてはいるのですが。
計算上、同じ速度で約1000回転低く出来るので。
その分、加速は渋くなってしまうのが難点。
この場合、
加速優先にするべきか、高速優先にするべきか。
Re7:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 [ EG-SAMBAR ] 2010/04/07 22:19:12
ドナーエンジン取り外し中。
ついでに4速ミッションが某所より出てきた。

5月8日に筑波のガレージに搬入。
同時に、3時間耐久第2戦の車両展示と見学に。
Re8:Today Para Bellum 零号機 第3次改装 エントリー開始 [ EG-SAMBAR ] 2010/06/01 22:01:33
本日から15日迄がエントリー期間ですよ。
昨日、ガレージに確認を入れた所、エンジンのピストンリング交換作業が開始になった所です。
Re9:Today Para Bellum 零号機 第3次改装中。 [ EG-SAMBAR ] 2010/06/20 23:34:33
ドナーエンジン、オーバーホール中。
オーバーホール終了後に、ミッション追加装備をされるとの事。
140キロ/hが4速ピークで出る計算。(ネオバのサイズにて。)

速度リミッター解除装置 接続配線を残して製作終了。
トランスポンダプレート 取り付け穴を残して切り出し終了。

現在はこんな所です。
Re10:Today Para Bellum 零号機 第3次改装中。 [ EG-SAMBAR ] 2010/07/30 22:07:41
エンジン間もなく完成との事。
- ナビの暴走 [ KV4九〇式VV ] 2010/03/30 06:56:22
ご無沙汰しています。

タッチパネルの復活に結構効果がある方法がありますyo
額縁(プラスチックの枠)と液晶のガラス面の隅というか角の部分の清掃です。
無水アルコール(無ければ消毒用や燃料用でも可)を綿棒又は、より細いものに浸けて
額縁とガラスの境界面を丁寧に掃除すると、結構復活します。

理由は、境界面の角に微細な汚れ(糊や洗浄剤の成分)がマトリックスの動きを
阻害しているからですので、お試し有れ…
Re:ナビの暴走 [ EG-SAMBAR ] 2010/03/30 21:54:28
こちらこそご無沙汰しております。

一度その方法をチャレンジしてみます。

隅(縁)とは、意外な盲点ですよね。
今年も無事?完走出来ました。
この場を借りて、携わった方々、メンバー各位、厚く御礼申し上げます。

課題も多々残りましたが、順次出来る所から始めていきたいと思います。
Re:K4-GP お疲れ様でした。 [ さる☆32 ] 2009/09/03 19:19:32
おつかれさんでした。
欲しい水温センサーって何処の部品?
ラジエーター2個もいらないんで1個捨てるんだけど付いてるヤツかな??

センサー系一つも要らない車両なんで動作確認は出来ないけど。
Re2:K4-GP お疲れ様でした。 [ EG-SAMBAR ] 2009/09/03 20:17:51
その通りで、
ラジエーター下側に付いているそのパーツです。
このメッセージは削除されています
 
 
1 - 5 / 23 次へ >>
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.