• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GTEのブログ一覧

2018年09月17日 イイね!

ミラーが・・

ミラーが・・

先日、とある立体駐車場で以下のように駐車しました。

(関係ありませんが、お隣はM3でした)

alt


用事が済んで、さてクルマを発進させようと思って、何気なくサイドミラーを見ると、こんな感じに変色していました。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、少しブルーになっています。

「だれだ、こんなフィルムを勝手に貼ったやつは~」と一瞬思いましたが、そんなはずもなく(笑)

alt



これ↓が通常の状態なので、状況により変色するということでしょうか?

最初の画像を見てもらえばわかりますが、後ろ(屋外)が明るい状態でした。

私の知識不足かと思いますが、ご存知の方がいらっしゃれば教えてください~

alt


ちなみにルームミラーも同様にブルーに変色していました。

alt










Posted at 2018/09/17 08:57:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2018年09月15日 イイね!

VW Tiguan TDI 4MOTION

VW Tiguan TDI  4MOTION

ティグアンTDI  4MOTION、ようやく試乗してきました。

まずはショールーム内に置いてあるハイラインを見せてもらいます。

alt


Rラインと違って大人しめのルックス。

alt


みん友さんのブログでもありましたが、お値段はそこそこします。

「TSI」 と 「TDI+4MOTION」では45万円の差額があります。

alt


ちなみに、一番高価なモデル、Rラインでサンルーフまで付けると600万超になります。

alt


程よい高さのシートなので、乗り込みやすい。

alt


リアシート。

alt


トランクの奥行きはありませんが、高さがあるラゲッジ容量は615L。

また、トノカバーはバックドアと連動して上がります。

alt


alt


4MOTIONのエンブレム。

alt



いざ試乗へ。

試乗車はコンフォートライン。

alt


最近は車高の高いクルマも多いので、4WDっぽい感じはあまりしないですね。

alt


インテリア

alt


alt


alt


4MOTIONだと、このモードスイッチが付きます。

alt


alt


alt


alt


フロントシートバックにはテーブルが付いています。

alt


ルーフコンソールは後ろの席まで伸びています。

alt

ここはLEDではないのね。

alt


トノカバー

alt


リアシート用のコンソール。

alt


ハイラインだと、リアシートのシートヒーターが付いています。

alt


試乗開始。

なかなかスムーズな走りです。


パサートTDIと同じ2Lディーゼルターボエンジンですが、パサートTDIの190ps/400Nmに対し、ティグアンTDIは150ps/最大トルク340Nm。

パサートTDIに比べ、パワー、トルクともに抑えられているところが心配でしたが、一般道を走る分には気になることもなく、むしろこちらの方がバランスがいいかもしれません。

パサートTDIでは発進加速時のギクシャク感を少し感じましたが、ティグアンTDIではそれほどでもありませんでした。


また、組み合わされるトランスミッションは、パサートTDIが6速DSG、ティグアンが7速DSGなので、その関係もあるかもしれません。

ちなみに、JC08モード燃費は17.2km/Lと、パサートTDIの20.6km/Lより悪いのは、4WDと車重が100kg以上重いことが原因でしょうか。

alt



前方にマセラティのSUVが。

堂々としたサイズで存在感ありますね~

alt


途中でドライバー交代。
アラウンドビューモニターも付いた、見やすいバックモニター。

alt


alt


全幅は1840(Rラインは1860)とけして小さくはありませんが、視線の高さも相まって、大きく感じさせず、乗りやすいクルマですね。

走り始めてしまえば、ディーゼルの音、振動もそれほど気になりませんでした(個人差があると思いますが)。

あとはこの価格で納得感があるかどうか、ですね。
alt






















Posted at 2018/09/17 08:36:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月26日 イイね!

夕方の洗車

夕方の洗車

相変わらず暑い日々が続いていますね。

早朝から暑かったりするので、洗車するタイミングも微妙です。。

いつもは朝派でしたが、今回は夕方から洗車しました。


以前投稿した、ルーフレールとモールの白錆の件、Dさんの協力のおかげで復活できました。

alt


alt


alt


窓ガラスもウロコが出来はじめていましたが、せり吉さんに教えていただいた「ガラコ」を使ってこちらも復活しました!

「 ガラコぬりぬりコンパウンド」で下地処理をした後、フッ素の入った「超ガラコ」を塗っています。

alt     alt


すでに2か月経過していますが、バッチリ撥水してくれています。

半年くらいもってくれれば御の字です。

alt



ただ、コーティングや撥水処理をしても、定期的に洗車(+メンテ)をしていないとダメだということがわかりました。

最近では、なるべく2週間おきに洗車+メンテをするようにしています。


洗車後はワコーズの「バリアスコート」で仕上げ処理。

alt


「バリアスコート」で仕上げると・・

2週間経過し、その間、雨が何度かありましたが、まだこれだけ効果が残っています(洗車前の状態)。


alt


ということで、なんとか真っ暗になる前に洗車+メンテ終了。

ちなみにタイヤはワコーズの「スーパータイヤコート」を使っていますが、こちらもなかなかいい仕事をしてくれます。

alt




alt

やはり愛車が艶やかだとうれしいですね。










Posted at 2018/08/26 23:05:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年07月02日 イイね!

伊豆へドライブ

伊豆へドライブ

パサートGTEで伊豆までドライブしてきました。

天気は上々~

修善寺道路を走っていると右手に城山が見えてきました。

alt


最近は行ってませんが、ロッククライミングのゲレンデがあります。

alt


城山南壁から見るとこんな感じ。なかなかの絶景です。

alt


最初の目的地に着く手前、前車を見ると、リアガラスにこのような文字が・・

あおり運転トラブルの予防措置なんだと思われます。

そうですよね、いまだにちょくちょくあおり運転トラブルがニュースになっていますし。

まあ、「普通のヒト」ならこのステッカーを見れば、その意味は通じると思います。

alt


さて、最初の目的地は、伊豆修善寺にある「カルノ造舟」。

TVで見て気になった、伊豆出身の紙切り作家、水口千令(ちはる)さんの作品を見るためです。


〔カルノ造舟〕
住所:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺697-1
電話番号:0558−99−9006
営業時間:11時~15時
定休日:毎週水曜日、第1第3木曜日


alt


切り絵で表現しているとは思えない作品ばかり。

alt


alt


一筆書きのような感じでさらさらっと作ってしまうところがスゴい!

alt


ありえない細かさ。

ちなみに手前のセミは中羽も作られていて立体構造になっています。

alt


似顔絵シルエットも作ってもらえます。

alt

お忙しい方なので、不在が多いとのことでしたが、ラッキーなことにご本人がいらっしゃったので、似顔絵シルエットをお願いしました~
その前にクワガタや動物をささっと作ってくれましたが、その早さとクオリティにビックリ!


しかも黙々と作るのではなく、会話しながら、こちらを楽しませてくれます。
単なる切り絵の似顔絵ではなく、ある意味エンターテイメントですね。


「話をしながら一枚の紙で繋がるようにつくる」という信条のもと、作っているそうです。

とても楽しい時間が過ごせました。家族も大喜びでした~


つづいて、次の目的地、西伊豆へ向かいます。

ここからは快適なワインディングロードの連続。

alt


だるま山高原からの眺め。雲に阻まれ富士山が頭しか見えない。。

でも、駿河湾越しに見る富士山、絶景ですね~

alt


現在地

alt


気が付けば、もうすっかり夏の風景ですね。

alt


alt


先へ急ぎますが、気持ちよくワインディングを流していたら、後席から気持ち悪いとの声が・・

alt


こんな感じのくねくね道ですからね~、無理もありませんが。。

alt


ペースを落として走っていると、海が見えました!








alt


戸田の漁港に到着。


alt


御浜岬の内海にある御浜海水浴場へ向かいます。

alt


満開のアジサイが咲く階段を登ると・・・

alt


砂浜へ出ました。

alt


シーズン前なので、人もまばらで貸切状態です(^-^

alt


海水の透明度も高く、キレイ。

魚、カニ、貝等、生物も多く、子どもは大はしゃぎ。

alt



照りつける太陽に、海に浮かぶヨット。

alt


素晴らしいロケーション!

alt


名残惜しいですが、シーサイドを走って帰ります。

alt


alt


だいぶ陽が落ちてきました。

サンセットを見たい欲求を抑え、帰路に着きます。。

alt


ちょっとズレているけど、ダイヤモンド淡島~

alt


こちらは本家、ダイヤモンド富士(山中湖)。alt


帰り道で珍しいクルマに遭遇。

初めて実車を見ましたが、後ろから見るかぎり、軽自動車とは思えない存在感でした。alt


天気にも恵まれ、充実した一日を過ごせました。

伊豆、いいところですね~、また行きたいと思います。

alt







Posted at 2018/07/02 23:58:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年06月20日 イイね!

MAZDA ROADSTER (ND)

MAZDA ROADSTER (ND)

ワールドワイドで評価が高い、ご存じMAZDAのロードスター4代目を借りてドライブしてきました。

行き先は前回投稿した富士スピードウェイ。

alt


お借りしたのは、精悍なブラックのロードスター。

たぶんグレードは「S Special Package」

MAZDAお得意の赤もいいけど、黒の方がカッコイイ。

こうやって見ると、なかなか迫力がありますね。

全幅は1,735mmですが、数値以上に大きく見える。

alt


alt


その他のスペックは、全長:3,915mm、全高:1,235mm、ホイールベース:2,310mmとコンパクト。

ちなみに車重は約1t。

alt


トランクを開けるには、ナンバーの上あたりにある隠しボタン?を押す。

(キーにあるトランクボタンでも開けられる)

alt


ホンダの軽ミッドシップオープンのS660は、収納がほぼなしでしたが、コイツは普通車だし、

FRなので、それなりにある(^^

コンパクトなスポーツカーですから、これだけあれば十分だと思います。

alt


エンジンは、SKYACTIV-G 1.5L。

前後バランスのためか、かなり奥に積まれている。

alt


オープンにするには、バックミラー上にある、このレバーを解除する。

alt


alt


幌をえいやって後ろへ持っていくと折りたたまれてこんな感じに。

alt


あとは押しこめばロックされて、作業完了。

オープンからクローズドにする場合は、下のレバーでロックを解除し、逆の手順で行う。

慣れれば、信号待ちでサクッとできます(^^

電動の方がカッコイイけど、速さはこちらの圧勝でしょう。

alt


alt


ステアリングは少し細めの革巻き。そして、シンプルなメーター周り。

alt


夜になるとこんな感じ。シンプルで見やすいです。

alt



ステアリング・スイッチ

左側がハンズフリー通話。

右側の「INFO」でメーター内の情報を切り替える。

alt


ホントは6MTがよかったんですが、6ATです。

まあ、その方がラクなんですけど。

ちなみにシフトレバー手前のスイッチで、スポーツモードへ切り替えできる。

alt


ドアのショルダー部分は光沢素材が使われています。

キズ、埃、指紋がつきそうだけど大丈夫なのかな。

alt


センターディスプレイ

ナビはもちろんのこと、MAZDA CONNECTによりマルチな情報が表示される。

alt


MAZDA CONNECTのコマンドスイッチ。

慣れると使いやすい。

alt


MAZDA CONNECTは、ソフトウェアをアップデートでき、つねに最新のサービスを利用できるらしい。

alt


alt



不便だな~と思ったのが、ETCカードの入れる場所。

助手席の後ろにあるので、取り外しする際は座席を倒したりと大変です。。



alt




ムダな渋滞を避けるため、富士まで東名高速に乗ります。

レーンアシスト機能は付いていませんが、高速でのスタビリティは十分。

このフェンダーの盛り上がりがいいですね~(^^

alt


バックミラーの視認性も問題なし。

幌についているリアウインドゥは、ガラス製なので、視界もクッキリ。

alt


富士からは一般道に下りて、ワインディングロードを楽しみました。

こういう道では、水を得た魚のように走れます。

ただ、やはり、気持ちよく走るっていう意味では、ATよりMTでしょう。

エンジンの高回転域が気持ちよく回るので多用したいけど、ATだとそれがなかなか難しい。

alt


陸上自衛隊の東富士演習場。

alt


天気が良くなってきたので、田園風景で記念撮影

alt


オープンにしたときは特別感があるんですが、慣れてくるとそれが普通になって、違和感が無くなってきます(^^;

alt


ということで、富士スピードウェイへ到着し、前回報告の内容を楽しみました。

前回、書き忘れましたが、実はちょっとした事件がありまして・・


ヘアピンコーナー(以下の画像)で買ってきたパンを食べてら、パンを袋ごと持っていかれました(^^;

座った状態で、パンの袋を左手に持っていたら、死角になる角度からスパッと。

それは見事なものでした。袋が忽然と消えたように見えましたから(笑)

alt


犯人はコイツです。

みなさまお気を付けください。

alt


帰りはホンダS660のときと同じく、富士山麓を巡るコースをチョイス。

alt


まずは富士山を目指して走ります。

alt


外気温は20度前後。

このくらいがオープンエアで走るときに快適な気がします。

R32GT-Rが後ろに付かれ、少々ハイペースのワインディングになりましたが、すごくコントローラブルで、終始安定していました。

ホント、気持ちよく走れるクルマです。

alt


今回、高速はクローズドにして走りましたが、オープン状態でも、窓を閉めれば風の巻き込みはかなり抑えられるので、法廷速度内であればオープンでいけると思います。

alt



MAZDA ROADSTER、想像どおりのいいクルマでした。

この車には自動運転やレーンアシスト等、ドライバーを支援してくれる電子的ギミックは搭載されていませんでしたが、クルマを運転を純粋に楽しむことができたと思います。

また、意外に疲れなかったというのも、このクルマの素性の良さなんでしょうね、きっと。











Posted at 2018/06/20 23:12:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「@あるるに
こんにちは。
LaQ、子どもに大人気ですよね。
レゴとはまた違う魅力があるようです。」
何シテル?   08/06 15:16
GTEです。ベタなネーミングですが、静岡でパサートGTEに乗ってます。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

テスラ 次のV10で米国内では完全自動運転カーに 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/19 09:43:20
ダイナSからダイナ2000iへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 10:31:08
第57回 静岡ホビーショー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/03 14:06:29

お友達

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント
フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアントに乗っています。
ハーレーダビッドソン FLH ハーレーダビッドソン FLH
1982年式のFLH 悪名高きショベルヘッドです。 パサートは電子制御の塊ですが、ある意 ...
ハーレーダビッドソン エレクトラグライド クラシックツーリング ハーレーダビッドソン エレクトラグライド クラシックツーリング
フル装備のツーリングモデルとツインカムエンジンに乗ってみたくて中古で購入。クルーズコント ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.