• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

R.J.のブログ一覧

2018年09月19日 イイね!

近況報告とキャブ調整

一ヶ月の時を経て、タイヤが付いたMyマグナ。
バイクとして一般人が認識できる形になったものの、私の実力不足と今まで居た環境が残念すぎる故に、『動く』とはいえ『走れる』とは言えない状況です。

例えば、メーターが故障してハッピーメーターで正確な速度がわからないとか、ブレーキケーブルが腐っているので恐怖すら覚える制動距離。
不安を覚える謎のメカノイズに、ありとあらゆる振動を拾う錆びたサスペンションと、時折ガタつく朽ちたシート。
また、メインジェットが腐ってボコ付き多発に加え、ほぼ直感ぬけぬけ爆音マフラー(ゴミ)のおかげで、家の前の坂を登れないという有様。

スクラップにしたほうがいいのでは?とすら思うほど問題が山積みですが、手始めにある程度の速度で走れる様にするべく、今回はキャブ調整を行いました。

というのも、現在キタコのパワフィルとヌケヌケマフラーの為にキャブが狂っており4速まで使い切ってようやく30から40Km出るか出ないか……という問題点が。
さらにすぐにボコついてしまい1速2速が思うように使えず、3速運用という問題もあり、スクリューで解決するのを諦めてメインジェットを用意しました。

購入したのはこちら。
デイトナのPC20用のメインジェット。

本当はポッシュの1,000円ぐらいのものが欲しかったのですが、エンジンがボコついて頭打ちが早いということは#70では濃すぎる可能性があります。
手始めに番手を下げる事を視野に入れていた為、メインジェットセットで唯一標準より番手が低い#65が入っている製品を購入。
お値段はモノタロウなら1300円ほど。
最安のポッシュと比べ、300円程度の差額ですが、この程度ならHUBのキューバリブレ一杯分なので問題ないでしょう。

当のメインジェットですが腐っている……とまで行かなくても歪んでいるという問題があり、お世辞にもいい状態とは言えません。

これを変更すればいい感じになるのでは?という可能性を考慮し、初めは#70の新しいメインジェットに変更、しかしやっぱり頭打ちが早く諦めて#65に番手を下げます。
しかし、#65に変更もアイドリングが不安定で苦労。
再度戻すか考えていた所、原付板というちょうドマイナーサイトで、『CDI交換は最後にしておけ!』というアドバイスが掲載されていたことを思い出し、ポッシュのレーシングCDIからノーマルのCDIに戻した所、爆音が緩和されアイドリングが安定。

やっぱり純正すげー。



原付板管理人に感謝を捧げつつ、試走に出た結果は概ね良好。
平地での速度が安定して2速が使えるようになりました。
ハッピーメーター曰く直線では40ちょいちょいぐらい。完璧なコンディションのCD50と比べればまだ改善の余地はありますが、出だしもまぁまぁで速度は出るようになったので番手は#65で決定。
ただし、テストランで急坂がトルク不足で登れない事が判明。
メインジェット類で対処できないということはマフラーの変更が必要でしょう。
またエンジンからメカノイズがするのものの、CDI変更後のアイドリング音は概ね良好と見て問題がなさそうです。

次回以降はケーブル類の一掃、及びマフラーと外装を整えていきます。


追記
マグナの整備の後、CD50もキャブ調整してやった所、秋の気候で乾燥しているせいかキャブがビシッと決まりました。
ドンと来る加速と回るエンジン。
楽しくなってオワKm/hぐらいでぷち峠道を走っていたら事故りかけました。(アブネー

秋の交通安全ってちょうどいい気温になってテンションが上っちゃう私みたいな奴を戒めるために有るんですね。(白目
Posted at 2018/09/19 20:10:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月31日 イイね!

マグナ50のタイヤを大きく・太くする方法

マグナ50をカスタム及び所持するユーザーの多くがぶち当たる『マグナ小さい問題』

スペック的に見れば全長は1900mm、ホイールベースは1400mmと、小さな400や250クラスの大きさはあるにも関わらず、クルーザー・アメリカンバイクとして見るとすごく小さく見える事から発生する問題。

それ故「小さなマグナを如何にして大きく見せるか?」をマグナ50のカスタムテーマとして追求していく人も居ると思います。

それじゃなくてもマグナ乗りなら一度は考えるでしょう?
どうしたら大きく出来るだろう?って。

実は私も昔そう考えた挙げ句、ドラッグスター流用でリアを16インチ化!なんて考えたこともあります。

いまでこそ小ささはあまり気にならなくなりつつありますが、やはり気になる部分ってあるんですよね。

例えばタイヤの細さとか、ステップ位置とか、車高とか。

勿論、マグナ50はエンジンぶち壊しても治すぐらいには気に入っているけど、ちょい不満という点を上げればキリがないのも事実なので手始めにタイヤの細さを何とかすることにします!

前置きが長くなりましたが、今回の内容はタイトル通り『マグナのタイヤを大きく、太くする方法』です。

※今回長いです。なので長々読みたくねぇよ、さっさと結論を言え!って人は下まで一気にスクロールしてくださいな。結論は一番下にあるんで。


久しぶりの真面目な内容(そして久しぶり)の投稿ですね。
おそらくJazz足とレーシングボーイというメーカーのリムを使用した方法マグナの太足化は私が初めてなのでは?って気がするので、後に続く人の為に詳しく書いておこうと思います。

まぁやり方と言っても。
『JAZZのフロント一式持ってきてハブにカブ系のスポークとリムをぶっこむだけ。』
という極めて単純な話なので、注意点がメインになりますが……

さて。
数あるマグナの太足化の中でも最も簡単な『JAZZのフロント一式持ってきてハブにカブ系のスポークとリムをぶっこむだけ』ですが、コレは

・マグナとJazzのフロントの互換がある。
・Jazzのタイヤがスポークで、かつカブ系のドラムハブを利用している。
・実はJazzとカブのハブは同じサイズ

という故に出来るミラクルC技です。
その証拠に実際家に転がっているJAZZハブとカブハブを比べると



同じサイズでしょ?


近くで見ると


こっちがJAZZで



こっちがカブです。





いや、分からねぇよ!ってご意見。
おっしゃるとおりです。



なんで測る場所間違えたんだろうね?と、これを書いている今。頭を悩ませています。

でも、ご安心ください。
先程計測したところカブもJazzも基本的に両方共ドラム径は110mmです。
(まぁどっちがどっちだか分からんような画像を見れば私が行けると判断したのもわかるかと思います。)


唯一ネックになるのはスポークの振れ取りですが、腰下をバラすよりは簡単でしょう。専用工具もニップルレンチぐらいですし。
(ホントは振れ取り台あったほうがいいけど、許容範囲が大きいからバイクのフォークに付けて調整出来るし、いざとなりゃスポークの振れ取りができそうな自転車屋に頭を下げれば良いでしょう……あまりオススメはしませんが)



というわけで、ソレに気がついてしまったJAZZ乗りの多くの方がこの方法を取るのですが、実はここに罠があります。
基本的に!とでっかく書いたのもそのためです。

というのも、実はカブ90は年式が新しくなるとドラム経が110mmから130mmに大型化してデカドラムと言われるタイプに移行しています。
当然のハブが変わればスポークの大きさが変わるから、スポークの長さも変わる訳で、買ってから後悔することになります。
もちろんドラム経が未だ110mm(だったはず。今回参考に買った上のスポークはAA01型です)のカブ50で流用をすればこの様な問題を注意する必要はないのですが……
こんな事をやる人の大半はボアアップ済み、若しくはボアアップを視野に入れてカスタムをしている人でしょう。
なのでカブ50で出来ると言われても、カブ90で出来ればっ!!と考えるかと思われます。

しかし、カブ90のリムを手に入れるとなると今度はお財布事情に問題が発生しますね。
ホンダから新品を取り寄せるのはえげつない値段がしますし、ヤフオクで出ている奴は年式が本当に使えるのか?とか不安。あとサビとかもゼロじゃないということもネックです。
もし家に転がっているなら流用も考えないことはないですが、普通の人はそんな他車種のリムが転がっているわけ無いと思います。

そこで
「錆びた古いの買うならさ、リム変えてスポークも新品用意すれば良いよネ」
というわけで、前回のブログでちらっと乗せたこのカブ用のアルミリムの出番です。



レーシングボーイ社製
アルミリム。
リム幅のサイズは1.85。色はブラック。

このレーシングボーイというメーカー。聞いたことない人が多いと思いますが、タイだったかマレーシアだったかにあるアルミリムとかのカスタムパーツを生産している隠れた優良メーカーです。
日本で買うとバカ高のアルミリムを1万とちょっとぐらいで購入できる上、1.60から3.50といった幅広いサイズのリムを揃えています。
会社も95年創業なのでもう20年近く販売している老舗です。
ピザ屋の箱の様な怪しげな箱に書かれたタイ語を見て不安に思うかもしれませんが、品質もそこそこ良いです。(といっても日本製のそれを想像すると肩透かしを喰らいますが)

そして何より素晴らしく、そして頭を抱える問題点が東南アジア系カブ仕様ということです!


というのも、あちらの国々では一台のカブに一家全員乗っかるアレが横行しているわけで、それを可能にするべく実はリムとかスポークが日本向けと比べ頑丈にできています。
しかも物価の関係で安い。(大切なことなので二度言いました)

一万しないで買える上品質はそこそこ良い?
サビサビの90純正を買うなら頑丈なこっちを買ったほうが断然お得やん!

と良い点ばかりに目が向きがちですが、問題点は

実は強度問題でサイズが違う事。
あっちのほうがでかくて、日本ホンダ純正が使えない。
だからちゃんとこのリムにあったスポークセット買わないといかん


おそらく入手先はヤフオク一択だし、スポークごときに5,000円近くなんて……(以外に高い)と思うかもしれませんが、必要です。
上でも言いましたがタイカブとかアジア系ベースなので強度の関係から当然ニップルサイズが違います。
どのくらい違うかと言うとこんぐらい。



右がJazzから取り外した物、左のでかい奴がレーシングボーイ用のやつ。
決してフォトショとかでいじったのではありません、画面が暗いのは夜中に車庫でスポークを組んでる最中に撮ったからです。
調べたところ2サイズ違うそうですから、こんだけの差が出ても当然でしょう。
そして家族乗りをも可能にするタイカブ仕様となれば当然リムの穴もでかくなるわけです。

(組んでいる様子とか、作業している様子は整備手帳に乗せるような事をすっ飛ばし)

数々の問題点を乗り越え、組み上がるとこんな感じになります。



お気づきかと思われますが、スポークは黒くしました。
せっかく黒リム買ったし、スポークも黒くしよう!と錆止め兼ねて塗装したわけですね。
とはいえ、意気揚々塗装したのですがハブの穴が小さいという点に気が付かずハブ穴を通していく際に塗装が剥がれました。
まぁあんなバカでかいニップルに対応するスポークなのでスポークも径が大きいんですよね……

※実はこれ、今回カスタムで盲点だったところです。普通ハブの穴の問題なんて考えないよ!


ちなみに同じ様なカスタムに手を出す方、はまらんからといって諦めないでください。
オイルでヌルヌルにした後、ギチギチの穴に頭だけ突っ込めば後はネジを差し込むかの様に回して嵌める事が出来ます。塗装は剥げますが。

私より大きいサイズ(1,85や2.15用サイズより大きいサイズのニップル・スポーク)を買う方はお気をつけください。
あと、当然こんなサイズ普通には売ってないのでなくさないように。
なくすと大変だよ?(私は一回なくしかけて家中探し回った)

組む際の技術的ポイントなどは近く整備手帳に記しておきます。





というわけで結論と注意点まとめです。


結論
・この方法で太足化は出来る、私は出来た。貴方が出来るかは知らん。
・純正仕様がいい人はカブ90(旧型選ぼう)、太足もしたい人はレーシングボーイオススメ


注意点
・レーシングボーイのアルミリムを使う場合はタイカブであることを考慮する必要がある(専用スポーク買おう)
・焦らない、組んでる最中ニップルをなくさないようにする事
・調整を疎かにしない、不安なら自転車屋に持っていけばいいと思うよ?

といったところでしょう。
まぁ、タイヤは来月つければいいや。ぐらいの気持ちで調整を行うと事故がなくて良いかもしれませんね。
事実私はのんびり一ヶ月ぐらい掛けて行ったわけですし……

また1.85サイズにしますとエリミネーター125のフロントタイヤと同じ90/90-17のタイヤが付きます。
D404のラインナップにも90/90-17はございますのでオススメであります。
だってタイヤを付けるとこんな感じでかっこいいから。



ワーオ!
自分で言うのもあれだけど惚れ惚れするぐらいかっこいいぜ。
あと渋い!(何がさ)









ここまで書いておいてアレですが、マグナ50は古くからある車両故、実はコレ以外にもアプローチがいくつか確立されています。
例えばCB50Sを流用するといった方法や、NS-1のタイヤを流用すると言った方法等が有名でしょう。

私はディスクブレーキが気に食わないというトンチキな理由と、予算や今後のカスタムの方向の都合からJazz足に変更しているので、この方法を取りましたが(しかなかったというのが正確なところですが)画像の様に結構かっこよく仕上がるのでおすすめです。


追記
私はリムを買うと同時にヤフオクでこのリムに合うやつを探して、CT110 フロント用 スポークセットなるものを見つけ、買いました。
コレならハマるので買う際はソレを購入すると良いかと思います。
Posted at 2018/08/31 23:58:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月26日 イイね!

7月ちょっと早すぎない?

冷夏だった去年の分を取り戻すつもりなの?
それとも去年の暑さを今年に持ってきたん?


というレベルの暑さで死にそうですが、私は元気です。
7月に入ってから異常な暑さでマグナを弄る気になれず、就活関連の雑事や部屋の掃除をしていたら、気がつけばもう25日を超えて、8月が目前!

先週あたりから「久々にみんカラでも更新しないとなぁ……」と、ぼんやりと考えてはいたのですが……
まさか20日以上も更新していないとは……

いやー、つい先週更新したような気がしたんだけどな?
月日が立つのが早すぎです。


それはともかく近況報告を。

私が行っているマグナのレストアですが、とある部品を買った他、進捗は殆どありません。
言い換えれば
『動きはするがブレーキとフロントまわりが怪しく、トルクがぬけぬけスカスカ』
動くが快適に乗れると言うには程遠い状態からほぼ進んでおりません。

なにせ気象庁が災害と称したレベルのファッキンホット具合。
外に出てガレージの中で活動していれば命の危険すらある状態です。

うーん。だからといっていじらないのもなぁ……
ならば室内で出来ることをしよう!と言うわけで、とある部品を買いました。

それがこちら!



レーシングボーイ、アルミリム(17インチ)ですね。
あまりやる人がいない、フロントJazz化という事をやっていることを踏まえれば私が何をしようとしているかは一発で見抜けると思います。

というか、これ駄目だったらフロントJazz化した意味が消失するから上手く行ってくれ!

うまくいく見込みなら詳細などをアップしますので、もうしばらくお待ちくださいませ。
Posted at 2018/07/26 21:07:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月01日 イイね!

マグナに乗ってみてのお話。

初めに一言。
やっぱり坂が鬼門

先日少し動かした際、クラッチが切れない。入らない。というヤバイ不具合が発覚したMyマグナ。

エンジンが動くようになったとはいえ、これで公道を走るのは危険すぎるため再び車庫の中でクラッチレバー周りで調整を試みたものの、エンジン根本のバネがサビサビ過ぎて馬鹿になっている為調整できず。

うーん。
クラッチカバー側で調整するしかねぇか……。

クランクケースに付いているクラッチレバー(アレ。なんていうんでしょうね?パーツリスト見るとクラッチCOMPとか書かれていますが)がサビサビで、精神衛生上よくないからいずれは交換しようと思っていたので良い機会でしょう。

ただ一つ愚痴るとすれば、このクソあちい時に作業か……
(まぁ、今までの不具合より直しやすい不具合だけどさ)
とはいえ、愚痴っても治らないので暑い中頑張って直した結果。
※詳しい作業内容は後ほど掲載


こんなピカピカになりました!
やっぱり新品は気持ちいですね!
まぁ直したからには、せっかくだし少し走ってみるか!

それに前回はキャブがあってなかった上に速度は10キロメートル程しか出さなかったけど、今回はクラッチ治ったしキャブも調整済み。

つまりほぼ状態は完璧。
これを乗らないのはもったいない!
というわけで跨って、セル回して(一発でつくようになりました)クラッチつないで走りだして、スロットルひねってびっくりです。


コイツはすげぇぜ……。
原付の中では最高峰の乗り心地なんじゃないか?

前回は10Kmしか出さなかったからわからなかったけど、30近くまで出した今なら分かる。
ダブルクレードルの剛性車体に4.50-12の大型タイヤの組み合わせがバッチリ決まってすごい安定感!

そしてCD50で出すと恐怖を覚える、やわKmを超えても全く怖さがない!

すげー。
なんだこれ!
すげー!


しかしその感動も坂に差し掛かるまで。
坂を登り始めた瞬間、100Kgオーバーの車体故か?

全然登らねー。

前々からマグナは坂を登らない聞いていたけど、こりゃ想像以上だ……

他のマグナはどうなのか知らないけど、自宅に向かう坂で10Kmしか出ないのは結構まずい。
急いでキャブを調整してみるけど、キャブがオカシイわけじゃないみたい。
うーん?
そうなるとマフラーか?

原因は何であれチョットこの仕様じゃ近所が坂だらけの私の近所の環境じゃ日常使いも儘ならない。
解決策はマフラーをマシなやつに変更Orボアアップか……

またお金がかかりそうだ。
マグナでツーリングの未来は遠い。
Posted at 2018/07/01 18:56:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月29日 イイね!

梅雨が開けたらしいので

関東が梅雨明けしたらしいのでちょいと出かけてきた。
今度こそ夏らしい一枚が撮れました。


なお、マグナは走れるけどクラッチ周辺がまだ怖いのと異音がしている為ちょっとまだ乗れそうにありません。
Posted at 2018/06/29 14:08:11 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「[整備] #マグナ50 スタッドボルト ステンレス化 https://minkara.carview.co.jp/userid/2886966/car/2497758/4922870/note.aspx
何シテル?   08/17 19:43
はじめまして、R.J.です。 人生でバイクにのったことはおろか、触れた事もないのに不動車を買っちゃった初心者です。 庭先のタンポポを眺めるような気持ちで見て...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ホンダ マグナ50  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/17 11:46:33
1000円貯金始めましたぁAMEMIYA風に読んでねo(^o^)o 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/23 20:26:45
他車種のフロントを買う奴を初心者とは言わない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/23 20:22:35

お友達

初めてでわからない事だらけです。
同じマグナに乗っている人と繋がれればと思います。
6 人のお友達がいます
あきの空あきの空 * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム 本庄ヒデヒコ本庄ヒデヒコ
MacProMacPro ミモリミモリ

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ マグナ50 R.J.号 (ホンダ マグナ50)
人生で初めて買ったバイク、マグナ50。 でも不動車! 当然、現在レストアしてます。 人 ...
ホンダ ベンリィ CD50 ホンダ ベンリィ CD50
友人の間接占有車 解体屋の危機に瀕した友人より避難してきたCD50。 自賠責保険付きだし ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.