• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

講習担当@spicyのブログ一覧

2018年05月27日 イイね!

7/7の講習会準備中。

講習担当@spicyです(^^)

ただいま、7/7に向けて座学講習の準備をしています。


今回のテーマはとにかく「初心者ドライバーさん」です。


今回がサーキットデビューなんです!っていう本当に超初心者さんも含め、
まだサーキット走行を初めて間もないドライバーさん達を、
安全に、速く走ることが出来るようにレクチャーするのが目的になります。






当たり前ですが、僕にも「サーキットデビュー」の日や、
「サーキット走行2回目、3回目」という日がありました。

あの頃にどういうことを教えてもらっていたら嬉しかったかな??
と想像しながら初心者向けの講習を考えています。(^^)



目指すは、


とにかく初心者からトラブルのリスクを遠ざけて、
なおかつ、ラップタイム的にもちゃんと速くなるエッセンスがあって、
(この二つは最低限ですよね)

しかも、サーキット走行って奥が深い!!と感動できるもの。





難し~~~!!(笑)







しかし「思うに」ですよ?


サーキット走行って、
ただ単調に一日走り回れば楽しいかというと、
必ずしもそうではないと思うんですよ。


「今日はサーキット走行というスポーツを、
頭も体も車もフルに使って、一日満喫できた!!」



と言えれば、それがきっと最も楽しい状態。
この「頭も」っていうところがキーポイントだと思うんです。



その最も楽しい状態を味わってもらえるかどうかが、
我々オフィシャルスタッフの挑戦であり、オフィシャルとして携わる意義です。
特に講習担当分野としては。





サーキット走行はスポーツです。
スポーツにはセオリーというものがあります。




例えば、「一日走る」という過ごし方の中で、
コースイン後の「ウォームアップ走行」を各枠で拘って、
効率良く、万全にやろうとした。それが完遂できた。


たったこれだけでも一日の満足度、達成感が全然変わってくるものです。

それはウォームアップ走行という体験を、知らないでスキップしてしまう人と、
ウォームアップのセオリーを知っていて、その領域をじっくり楽しむ人とでは
体験の濃さが違うからだと思うんですよね。



セオリーは12分間の走行枠の中に山ほどあります。

コースインのセオリー、
ウォームアップのセオリー、
タイムアタックのセオリー、、、

クーリング走行にすらセオリーがあります。


それらのセオリーをしっかり勉強して、一枠の中で常に遂行する。
これが実はかなり面白い。「ただの趣味」だからこそ、ここに拘るほど面白いんです!!


だから難しいんですけど、その「奥深さ」に触れてもらって、
「初心者が」サーキット走行の楽しさをより深いものにできるような講習を、
7/7にやりたいと思ってます(^^)





というわけで、入門者・初心者の皆さん全員!ご参加をおすすめします!
今回のはターゲットを初心者向けに限定していますので、
いつもよりさらに自信を持ってオススメできます。


今回の内容は7/7以降も、クルマ遊びを続ける限り一生使えるものになるはずです。
美浜でも、作手でも西浦でも鈴鹿でも、ニュルでも使えます。(笑)

サーキット走行デビューを悩んでいる見学の方も参加OKです!お待ちしてます!




の前に教材完成させなきゃなんですけど・・・(笑)
Posted at 2018/05/27 18:53:38 | トラックバック(0) | 告知系 | 日記
2018年05月13日 イイね!

2018.5.12 講習会レポート



講習担当@spicyです!

昨日は第5回SPICY走行会でしたね(^^)


美浜走行講座も第5回を開催させて頂きました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!





今回はアンダーステアについての理解を深めるための講習を
実施しました。


狙いよりも曲がらないということが、物理的にはどういうことなのかを説明し、
同じく物理的な理由に基づいて対策方法を紹介しました。



今回少し内容を詰め込みすぎたかも?という感じがあり、
「もう少しコンパクトに」と次回への反省も感じましたが、
いつも通り凝った内容をお届けしました。



個別で質問も頂き、全体講習の中で説明しきれなかった部分も
お伝えすることができました(^^)

やはり講座だけではなくて、
直接会話をすることでより踏み込んだ話や個人のレベル・ニーズに合わせた
レクチャーが出来ますのでなるべく講習担当を捕まえて頂いて、
あれこれ聞いて頂くとより満足いただけると思います。






今回はリピート受講の方が3名いらっしゃいました。
まだまだ僕自身も勉強中の美浜走行講座ですが、
また受けてみようと思って頂けることを本当に嬉しく思います。


リピート受講して頂いた方を少しだけ紹介しますと・・・。



まずはこちらのミラカスタムの方。
第1回の美浜走行講座を受けて頂いた方です。
前回は荷重移動をレクチャーしました。


今回スランプ気味だったようですが、
かなり気温も高くなってきてエンジンパワーが出ないので、
前回真冬の走行会に比べると1~2秒程度タイムは落ちてくると思います。

ご希望があれば、ラップタイム表を見ながらのアドバイスも可能ですので
次回ご要望頂ければと思います(^^)



続いてこちらの86の方。




この方はとにかく謙虚で練習熱心。
上手くなりたいという気持ちがヒシヒシと伝わってきます。

今回は車の仕様をがらっと変えての走行だったようで、
午後から「色々と繋がってきた」と感想を頂きました。

この方を見ていると、やっぱり試行錯誤を重ねながら
走りこむことって楽しいことだよな~と思います。





そして黒のWRXの方。





この方は今回で受講3回目です。
第1回と、第4回と、今回第5回。

そしてスポーツ走行も今回でわずか3回目。
なのに外から見ていると凄く上手に走るんです。

車を無理やり振り回してジタバタする感じがなくて、
車に合わせて自然に走っている感じなんですよね。


徐々に「使い込んだ感」も出てきたノーマルタイヤでタイムもこの時期で48秒台前半~中盤。
彼は興味津々の「ハイグリップタイヤ」と「バケットシート」を手に入れたら、
おそらくあっさり46秒台に乗ってクラス5あたりで走れるでしょうね。
ご注目頂きたいと思います。(笑)




なかなか全員は紹介できませんのでこの辺りにさせて頂きますが、
受講者の皆さんは一人一人、陰ながら応援しています。

しばらくはタイムの出にくい練習シーズンですが、
この時期を有効に過ごして頂いて、
次のアタックシーズンには一気に開花すると良いですね(^^)



次回は7/7、七夕です!

個人的に、初心者さんにもっと興味を持ってほしいというところがありますので
次回は入門者~中級者以下の方に特にターゲットを絞って内容を考えようかな??
なんて考えています。

サーキット走行デビューしたいという方も、
走行会へのエントリーなしでも受講可能ですので
サーキット走行を始めるにはどうしたらいいの?
始めたばかりなんだけどこれで合ってるの??という悩みをお持ちの方は
ぜひご参加ください!!


逆に、上級者の方を対象に含んだ座学開催は一回お休みになります。
恐れ入りますが、ご了承くださいm(__)m
Posted at 2018/05/13 22:30:11 | トラックバック(0) | 日記
2018年04月23日 イイね!

5/12 講習会の予告

講習担当@spicyです(^^)


4月も終盤に差し掛かり、
次回のSPICY走行会がまた近づいてきていますね!


というわけで、次回の講習会の予告をいたします。


題して・・・



「アンダーステア徹底攻略(仮)」



です(^^)

美浜サーキット攻略の大敵である「アンダーステア」を知ることで、
速く&上手くなろうという企画です。


今回はドラテク面とセッティング面の両側からアプローチしようと思います。






内容は、
まずはアンダーステアとは何かを知ること。

上級者の方にとっては当たり前かもしれませんが、
アンダーステアという言葉も知らない人も見えると思いますので
まずは「アンダーステアとは?」をしっかりと説明します。

そして、アンダーステアが出ると何がどうなるのかを説明します。
アンダーステア=必ずしも悪でもないため、慎重に言葉を選んで解説予定です。



そして次に、ドライバー要因のアンダーステアへの対策を解説します。
これは操作だけを教えるのではなくて、理屈を交えて教えます。
これだけでタイム短縮もありえます(^^)


実際、今まで4回の美浜走行講座を開催してきましたが、
各回必ず、1秒近いタイム短縮をされている方が見えます。

例えば十何万円もする国産ハイグリップタイヤを買っても1秒そこそこの効果
(しかもタイヤは劣化するので、効果は徐々に減少)なのに対し、
講習(つまり学ぶこと)での1秒短縮は、お金もかからないですし、次の楽しみに繋がりますからオススメですよ~




さらに、セッティングですね。
操作の鍛錬だけでは解消できない領域を、
どうセッティングすると良くすることが出来るのかを解説します。

ここは、よく目にする領域よりも一歩踏み込んだ内容として
上級者の方にも楽しめる内容とする予定です。



セッティングは得意分野ですから、信用して頂いて大丈夫だと思います。
この間、某有名GTドライバーからお墨付きも得ていますので。(笑)





セッティングが分かると、自分の車のステア特性をある程度振ることが
出来るようになりますから、「もう少し曲がるようにしたい」とか、
「曲がりすぎだから曲がらないようにしたい」を調整できるようになります。

そうなってくると自分で自分の車のベストセッティングを探し出せるようになりますよね。

ニュートラルステアだと思って満足していた自分の車が
実はドアンダーだったなんてことも実はザラだと思います。(^^;

なんたって、アンダーステアが原因でオーバーステアが出ることもあるので
正しく理解していないと見誤るんですよね。。。




というわけで、詳細は今から組み立てますが、
ざっくりこんな内容でお届けします!


美浜を走っている方はアンダーステアに悩んでいる方が多いはず!
是非参加をご検討ください!!(^^)
Posted at 2018/04/23 20:54:59 | トラックバック(0) | 告知系 | 日記
2018年04月15日 イイね!

ブレーキを甘く見てはいけない。

講習担当@spicyです(^^)

今日はコーヒーブレイクでブログを書きます。




先日の走行会で、講座を受講して下さった方の車両を一緒にチェックすると、
ブレーキパッドの残量が減ってきていました。


ブレーキの容量が十分でない状態で走ってしまうと思わぬトラブルになりがち。
当日までに万全な状態を整えるのが基本ですが、
パッドがある程度使っているものだとしたら走行前に点検して、
「きついかな?」と思ったらそこで走行を打ち切るのが基本です。


その方は初心者の方でしたので、
おそらく最後まで思い切り走りたかったのではないかと思いましたが、
今日はもう、この辺にしておいた方が良いですよ
、とお勧めしました。

まだサーキットの門を叩いたばかりの初心者だからこそ、
楽しい気持ちで一日を終えてほしいという思いからのお節介でした。


===========================


ブレーキが消耗して来ると効かなくなるというのは良く聞く話というか、
言ってみれば当たり前なのですが、
初心者さんからしてみればどのくらい慎重になれば良いのか、加減が分かりにくいものですね。

中級者以上の方でも、「まだ行ける」「もうちょい行ける・・・」と、
消耗してきたパッドを様子を見ながら使ってしまいがちです。


しかしそうなると何が起こるかというと、、、

ブレーキトラブルですね。




パッドが減ってくるとこんなトラブルが起こります。



①ブレーキフェードによって、ブレーキがきかなくなる。

これはパッドが熱容量の限界を超えてしまうことによるものです。
これは何となく前兆があるので分かりやすいですね。


しかし・・・


②ベーパーロックによって、ブレーキ踏力が逃げてしまい、
ローターを挟みこむ力がかからなくなる。


こっちは突如起こります。

ブレーキパッドはキャリパーに伝わろうとする熱を遮断する機能も持っています。
ですから、「摩材が残っているかどうか」の悩みではなくて、パッドにの厚みが大幅に減っていることがダメなんです。

目安は摩材だけで見て、新品パッドの半分の厚み。それを下回ったら交換です。

パッドの厚みが十分なら、基本的にはベーパーロックよりも先にフェードが起こり、
そこで「やべっ!!」と気づきます。
しかし、ベーパーロックはペダルが奥まで行ってしまって
それ以上何も対処のしようがないため、
基本的に発生させてはいけないブレーキトラブルだと思います。



また、ベーパーロックが起こらなかったとしてもこんなこともありえます。


③摩擦材が割れて剥離し、バックプレートがブレーキローターを削る

ここまで行く前に変えたほうが・・・と思うのですが、
実際にそこまで使ってしまうとローターまで巻き込んで壊れる可能性があります。





これ、耐熱800℃くらいを謳っているサーキット対応パッドです(^^;)
変色していますが、皆さんがよく使っていると思われる有名メーカーのもの。

有名メーカー品でも、限度を超えて使用するととても持たないんですよね。




自分は社外キャリパーに換装して、
純正よりもかなり厚みのあるパッドを使用していますが、
それでも新品の厚みの半分を下回ったらすぐに交換しています。


トラブルのリスクを作らないことが最大の節約だからです。







また、パッド以外で言うと、ブレーキフルードも要管理ですよね。

これは純正はDOT3という規格が入っていることが多いのですが、
サーキットを走るのでしたら「DOT4」か「DOT5.1」を入れて、
年1回以上のスパンで交換されることをお勧めします。

何が違うかというと、沸点(つまりベーパーロックの起こりにくさ)が違うんです。
純正のDOT3は、スポーツ走行を想定するDOT4やDOT5.1よりも速く沸騰し、
ベーパーロックを引き起こしてしまいやすいんですね。


さらに、ブレーキフルードは吸湿して性能が徐々に落ちていきますので、
定期的に入れ替えて性能をリセットすることも必要ですね~


ブレーキフルードをネットで調べると、
純正から変えるとメンテナンス頻度が上がってどうだとか、
面倒くさそうに見える一文が書かれていますが、
サーキットを趣味で走る以上は定期的なメンテナンスは当たり前。

年に1度レベルの油脂交換は最低限のメンテナンスです。
それを躊躇して、じゃあDOT3のままで・・・っていうのは違いますよ(苦笑)




さらに言うと、ブレーキローターは・・・
って、コーヒーブレイクにしてはクドいのでこの辺にしておきましょうか。(笑)




最後に一言だけ、、、

実はこれが言いたかったのですが、



ブレーキについては、きっちりとメンテしてあっても
それだけで万全ではないということを知っておいてください。




車によっては、そもそもブレーキの容量が根本的に不足していることもあるんです。
軽自動車でもスポーツカーでもそれは同じで、足りないものは足りないんです。

純正でbremboがついてたって、だから大丈夫ということにはなりません。
世の中には、ブレンボキャリパーがついていても
富士スピードウェイでノーマルのクラウンよりもブレーキが効かない車が存在するんですから・・・(^^;)


これから徐々に気温が上がり、ブレーキの冷却は厳しくなっていきます。
走行中は連続でひたすらアタックするのではなく、
車を走行枠の中できっちりと休ませてくださいね(^^)

そして、「何かおかしい」「無理かも」と思ったらもう走らないという割り切りをお願いします。


事前のメンテナンスでトラブルの芽を事前に摘み取る、
走行中も冷静にコンディションを確認し、予兆を察知する、
予兆を察知したらピットに戻る。 愛車を壊さず、守る。


これが良いドライバーの条件だと、僕は思います。



というわけで、次回走行会にご参加の皆さん、
ブレーキの管理はしっかりとお願いします!!(^^)


もし不安になったら、予備のパッドを今すぐ買っておきましょう。
ギリギリに注文してもなかなか来ませんから・・・(笑)
Posted at 2018/04/16 00:28:38 | トラックバック(0) | チラシの裏 | 日記
2018年04月07日 イイね!

2018.4.7 講習会レポート




講習担当@spicyです!

今回も美浜走行講座にご参加を頂き、ありがとうございました!
毎度おなじみのレポートをお送りします(^^)


今回のテーマはこんな感じでした。




「限界挙動」
がテーマですね。




話ながら改めて思いましたが、
このテーマは本当に・・・


「言うは易し」


ですね。(苦笑)


理屈は分かっても、身に着けるのは本当に難しい。
心の底からスポーツドライビングが好きでないと向かないですね。

しかし、習得できれば、クルマ遊びを一生の趣味と呼べるようになること間違いなしです!








一か八かの限界ドライビングではなく、
毎周安定して限界を引き出すにはどうすればいいのか。


今回聴いて頂いた方の中でも、すぐにトライできる人、
まだまだ下積みが必要と感じられていた人、各々あったのではないかと思いますが、
こういうのはゴールを知っていると迷走しなくなります。

ぜひ、自分のステップに合わせながら、練習に取り組んで頂ければと思います(^^)






こういうテーマって、正解は一つに限らないのではないかな?とも思います。
おそらく、色んな教え方があるような気がします。

しかし、少なくとも正解例の一つだと言えるものを、
今回自信を持ってお伝えしました。役立っていると良いなと思います(^^)


ちなみに今日のは考え方を知るだけで効果絶大ですから、
ライバルには教えずにこっそり練習しなきゃダメですよ!(笑)



************

この美浜走行講座、リピート率が良くて、
第1回の講座に参加いただいた初心者の方に今回もまたご参加いただけました!
ありがとうございます!!





前回が初のスポーツ走行、
車は殆どノーマル、タイヤもノーマルで初日のうちに一気にラップタイムを短縮し、
今回クラス3でスタート。

外から見ていても初心者さんなりに、タイヤに無理させ過ぎず、
綺麗に走ろうとしている感じが見てとれます。今後に期待ですね(^^)


走行後のタイヤやブレーキの目視点検のお手伝いもさせて頂きました。
少しブレーキが辛いようで、パッドの残量が不安かも?という摩耗具合に。
こういうところは走行後にチェックして、トラブルに至る前に予防したいですね。

座学ばかりではなく、こういった初歩的なアドバイスも随時やっていますよ~





また、クラス6のカーナンバー#1で走行されていた方にもご参加いただきました。
とても楽しそうに参加して下さり、ありがとうございました!

この方はまさに練習中の内容とピッタリだったようで、
「聞いてたら走りたくなってきた!」というコメントも頂けました(^^)


他にもメモを取ってくださったり、大きく頷いてくださるなど皆さんの反応が見えまして、
今回も準備の甲斐があったなと思っています。



まだまだ慣れないところがあり、終わるごとに自分であれこれ反省するのですが
「もっとこうして欲しいよ!!」といったご意見ご感想がありましたら、
メッセージにてご遠慮なくお寄せください(^^)


また、「こういうテーマなら参加したい」という要望も頂けましたら、
開催できるか検討させて頂きます。



また次回の開催も、よろしくお願いします!
Posted at 2018/04/07 23:38:37 | トラックバック(0) | レポート系 | 日記

プロフィール

「講習会のために、モバイルプロジェクターを導入しました。自費です。赤字です。でもこれで僕も参加者の皆さんも快適になると思います。(笑)」
何シテル?   06/20 01:44
美浜サーキットのSPICY走行会で講習会担当スタッフをやってます。 僕のこだわりは、「物理的に正しいと言える理論を教える」ということ。 初心者~...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

2/3 スパイシー走行会に参加しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/28 22:57:02
スパイシー走行会とタイヤ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/28 22:55:13
スパイシー走行会に参加!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/24 00:07:14

お友達

美浜サーキット SPICY走行会に参加された方、これから参加予定の方!
是非お友達になって下さい!

「お友達登録は顔見知りだけ」派の方は
ファン登録をどうぞ!(^^)
7 人のお友達がいます
S-riderS-rider KA24KA24
HIRO@ktd5R.comHIRO@ktd5R.com M.D A太郎M.D A太郎
百鬼夜行なダンディズム百鬼夜行なダンディズム やくも(*&#180;ω`*)やくも(*´ω`*)

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ その他 トヨタ その他
ブレーキ・足回り・LSD・アライメントをチューニングした一見普通なFRセダンに乗っていま ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.