• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

グラグラEXのブログ一覧

2018年05月21日 イイね!

サンダーバード2号を作ろう。第31~34話合併号の救助メカ編

 サンダーバード2号を作ろう。第31~34話合併号の救助メカ編 本日のサンダーバード2号を作ろう。は、31~34号に同梱されていた。救助メカ電波発信車の制作です。
シャコタン魂さんリクエストのジェットモグラタンクはまだまだ先ですのでもうしばらくお待ちください。




31号の部品確認を済まして組み立てに入ります。


alt


シャーシと駆動転輪の完成です。


alt


次は32号の部品を確認し組み立てを開始します。


alt


車体前方の完成です。


alt


次は33号の部品確認です。
部品は荷台に乗るパラボラアンテナ部です。


alt


パラボラアンテナを荷台部分に取り付けて完成です。


alt


ラスト34号に同梱の部品確認後組み立てます。


alt


先に出来ていたキャタピラのシャーシを今までに完成した車体にドッキングして電波発信車の完成です。


alt


今回は31~34号に同梱されていた部品、救助メカ電波発信車を作る事が出来ました。
徐々では有りますが救助メカが揃い始めてきました。

それでは次回まで・・・お疲れ様でした。
Posted at 2018/05/21 19:00:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月20日 イイね!

新しい家族です。

先週職場の同僚に「猫を飼わない?」と聞かれ写真を見たらまだ生後2か月弱の子猫が4匹映った写真をグラグラに見せるのでした。


alt


産んだ親猫と同じ頭の模様を付けた子猫がとても可愛く観えました。

グラグラは先に住んでいる隼人や美夏、翼が居るのでこれ以上はと思いましたが、同僚に「じゃあ娘に聴いてみるよ。」と言いその場を離れました。

自宅に帰りグラぽんにその4匹の写真を見せたところ、「今すぐ飼おう!」と言い出したのです。

「じゃあどの子にする?」と相談した結果この子に決定しました。


alt


この子もメス猫で名前はグラぽんと考えて、桃香(ももか)と名付けました。

本日我が家に来たばかりでしたが、ご飯も食べ水も飲みグラグラの手の中でウトウトとして眠りそうな状態でしたので少しは安心しました。


alt


少し心配なのは現在の美夏で、なんだかスネているみたいでグラグラやグラぽんに抱かれようとしていません。

暫く様子を見ながら桃香と接触させようかと思っています。

グラ家の新しい家族を今後とも宜しくお願いいたします。

ではお疲れ様でした。
Posted at 2018/05/20 18:27:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月20日 イイね!

フラットマシンミニ四駆完成!

ここ最近はサンダーバード2号の制作に少々時間をとられ、以前から趣味としてやっているミニ四駆の制作が出来ていませんでした。

制作に精度が有る程度求められるので時間が掛かります。

グラグラの制作するミニ四駆はフラットマシンと言い、タミヤ公式レースとは違う三レーンコースでのスピード競技です。

スピードレースで思い浮かぶのがフェンスカーと言うジャンルですが、此方は何でもありの競技で尋常じゃないスピードで走行し、尚且つ尋常ではない程の金額も掛ります。(ビンボーグラグラには無理な競技です。)

先のフラットマシンはタミヤ製品を公式レギュレーション範囲内で改造制作しスピードを競うものです。

今回完成したマシン重量は(モーター含む)68gでした。
ベテランさんは此れよりもあと5gは軽いでしょうね。(笑)


alt

基本タミヤミニ四駆のシャーシボディキットを使いグレードアップパーツのカーボンプレートやモーターピンを加工しローラー軸に使ったり、タイヤなどはレギュレーション最大の35mmまで拡張し薄くスライスして軽量化と抵抗軽減などの処置をします。

alt

今回完成したマシンがどんな性能が有りますか判りませんが、次期フラットマシンの制作は開始しています。

此方もどの様な走りを見せてくれるか今後が楽しみです。

alt


ミニ四駆アニメと言えば思い出すのはこちら





ガヒットなミニ四駆アニメはこちら





親子二代に渡りミニ四駆を楽しんでいらっしゃる方は多いです。
久しぶりに見ると懐かしいでしょ。 


お疲れ様でした。     おしまい。
Posted at 2018/05/20 08:23:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月19日 イイね!

サンダーバード2号を作ろう。第31~34話合併号

 サンダーバード2号を作ろう。第31~34話合併号本日のサンダーバード2号を作ろう。は、2号のメインギミックである機体昇降機制作です。






先ずは31号に付属の部品である昇降機スプリングと1段目主脚の接合部品です。


alt


それぞれの部品を各パートごとに接続します。


alt


次に2段目昇降主脚とスプリング内に入る芯を先ほどの部品に取り付けます。


alt


次に3段、4段の昇降主脚を順番にスプリングに通します。


alt


alt


4本の昇降主脚が完成しました。

構造は車の電動コーナーポールの原理で主脚が伸縮して救助メカ搭載コンテナを下します。


alt


次回は同じく31~34号に同梱された救助メカ、宇宙で救助活動をしたサンダーバード3号を救った電波発信車を作りたいと思います。

それでは次号まで・・・お疲れ様でした。
Posted at 2018/05/19 19:02:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月18日 イイね!

ご飯のおこげが食べたくて!

昔、グラグラの家では母親がお釜でご飯を炊いてくれていました。

それが普通の光景であり、その他の家も同じ様にご飯を炊いていました。

そんな家庭で炊くご飯はオコゲが有りお釜の底に張り付いた香ばしいオコゲをしゃもじで剥がし食べるのが好きで、良く御茶漬けにして食べてもいました。

それが、今では電気製品技術の発達で誰でも簡単にご飯が炊けてしかも失敗が無くオコゲすらできない白ご飯が出来ます。

更に機械の力で強制的にオコゲを作る事や様々な調理法のご飯が出来て驚きです。

そんな炊飯器ですが、多機能な機械はお値段も6万~11万位と可也のお値段です。

グラグラは別に多機能で様々な料理法は要らないのでご飯を炊く事のみで構わないのでご飯炊き専用鍋を買う事にしました。


今回買ったお鍋がこちらで、2200円での購入でした。


alt


この鍋はリンナイから発売されている鍋で同社のガスコンロでご飯を炊く様に出来たものです。

鍋は厚手のアルミ材でテフロン加工がされており、ご飯が張り付く事が有りません。

また、ガスでご飯が炊けるので我が家の電気炊飯器と違うオコゲも出来ると思いましたが、それは全然違いました。

我が家のガスコンロはご飯炊き用の専用ボタンが有りコンロが自動で火力調節をしながらご飯を炊いてくれる代物です。


alt


だから、グラグラが期待したオコゲが出来なかったのでした。(笑)

強制的に自分で火力を弄りながら炊けば出来るのかも知れませんが、失敗するのも嫌なのでなんとも難しいですね。

しかし、普段使う電気炊飯器とは違う美味しさが有り、シッカリとカニの巣穴も出来、此れは此れで良かったと思いました。


alt



また、炊飯器が壊れたら代用品で失敗も無くご飯が炊ける安心感も有ります。

本来は薪と藁で炊くのが良いのですが、現在の家庭事情では中々難しいのでガスによる炊飯も偶には良いんでは無いでしょうか。?

もし、ご興味が有れば如何でしょうか。(笑)


それでは皆様お疲れ様でした。
Posted at 2018/05/18 20:25:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@もと部長(初代部長) さん、お疲れ様です。( ・∇・)

今日はお天気良すぎて仕事が手に付かないです。^_^

そんな時は早退してドライブに行きたいですが、出来ない現実。(爆)

本日もよろしくお願い致します。( ^ω^ )」
何シテル?   05/22 08:45
以前みんカラでお世話になりましたグラグラEXと申します。 この度、新たにみんカラへ復活することが出来ました。 今後ともよろしくお願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット3 ハイブリッド グラグラE X (ホンダ フィット3 ハイブリッド)
ホンダ フィット3 ハイブリッドに乗っています。 以前乗っていたS204の燃費を考えると ...
スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX
過去の愛車で最高の車で有り、車の楽しさを存分に教えてくれた唯一の車でした。
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
グラグラ最後のマニュアル車 最高のパフォーマンスを発揮してくれる良い車でした。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.