• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トキナの愛車 [フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン]

整備手帳

作業日:2020年10月3日

瞬断対策

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 30分以内
1
リアシートエンターテイメントシステム(自作)の続きの覚え書き。

アイドリングストップからのエンジン再始動時にシガー電源の瞬断(瞬低?)があるため、これに接続しているDVDプレーヤーが再起動してしまう。

このため、赤→青信号のたびにお子様たちからブーイングが・・・。

ということで、DVDプレーヤーの電源にコンデンサをぶら下げて電圧低下を遅らせることを試みた。
2
DVDプレーヤーDVH-570の消費電流は取説を見ると10.0Aとのこと。そんなに消費してないでしょーとイマイチ信用できんので、トライアンドエラー作戦でとりあえず適当なコンデンサをぶら下げてみた。

お守りとしてダイオードをシガー電源とDVDプレーヤーの電源の間に追加、カソード側とプレーヤー電源端子の間にコンデンサをぶら下げる。

まず3300uFをぶら下げたところ、アイドリングストップからのエンジン再始動でもDVDプレーヤーの電源が落ちなくなりました。

その代わりにエンジンを切ってからもしばらくDVDプレーヤーが再生を続けちょっと焦りましたが、約8秒後に電源が落ちるように。
3
とりあえず目的は達成しましたが、ちょっと充電しすぎなので、DVDプレーヤー電源の持続時間をコンデンサの放電時間の式から調整。

C = 3300uFの場合
t = C x R x ln(V1/V2)
8 = 0.0033 x R x ln(12 / 10.8)
R = 23088Ω

1~2秒間、DVDプレーヤーの電源電圧の下限10.8Vをキープできればよいので、
C = 1000uFに変更。
t = 0.001 x 23088 x ln(12 / 10.8)
=2.42s
4
実際もエンジンOFFから約2秒ちょいでDVDプレーヤーもOFFするようになりました。

もちろん、アイドリングストップからのエンジン再始動時もDVDプレーヤーの電源は落ちず、お子様たちからの苦情も無くなりました(笑)

イイね!0件




関連整備ピックアップ

純正リバースチャイム取付

難易度:

プラグ交換 ( ^ - ^")/

難易度: ★★

CDチェンジャーのレンズ掃除

難易度:

Androidオーディオ

難易度:

映像鑑賞環境

難易度:

カーテシ取付・スピーカー交換・デッドニングの続き

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン
クルマをいじったときの覚え書きとして・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.