• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みょ~じんの愛車 [トヨタ スプリンタートレノ]

整備手帳

作業日:0001年1月1日

AE86前期APEXデジタルメーターをアナログに(その1)

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

1
初期型GT-APEX標準だったデジタルメーターを、アナログメーターに交換した手順を残しておきます。
私自身、既にハチロクオーナーでは無いのですが、せっかく作ってあった記録なので、誰かのお役に立てば。
(言うまでもないことですが、作業も何もすべて自己責任でお願いします。メーター載せ替えで走行距離が変わってしまう等の問題はご自身で解決してください)

7年以上前の記録が元なので、当時のデジカメは性能もイマイチ、私の腕も今ほど良くなかったので、ボケたままの画像もありますがご勘弁を。

アナログメーターはグレードや年式によって数種類存在しますし、後期型のメーターのほうがモノが新しく、見やすくする為に縦縞が入るなど改良されているのですが、とうふ屋のハチロクが前期型のようなので、あえて前期型に替えることにしました(笑)

まぁ、警告ランプが増えたり減ったりする程度で、前期型も後期型も基本的に変わらないみたいですが。
エンジンが4A-Gでなく3A-Uの車(2ドアSE、3ドアSR)用のは、見た目は似てるけど油圧計が無いので注意。(油圧ゲージ交換しなくていいので、ある意味こっちのが楽かも)
2
メーター以外にも、デジ/アナで共通でない部品を入手する必要があります。

レオスタット(ライトコントロールスイッチNo.2)
品番:84110-12120  ¥8,100

フューエルセンダゲージ
品番:83320-19715 フューエルタンクユニット ¥6,400

油圧センサー(オイルプレッシャーセンダゲージ)
品番:83520-55011 オイルプレッシャーSW \2,660

水温ゲージも、修理書の点検方法を見ると抵抗値などが違ってるので、本当は交換が必要かも知れませんが、デジタル用のままでもそれっぽく動いてるので交換してません。
3
みんカラ見てる人に、いまさらハチロクのメーター周りの外し方の説明はいらないかも知れませんが、一応。
(写真中央の白いのがレオスタットです)

まずは忘れずにバッテリーのマイナス端子を外してください。
ハンドル周りの内装を外していきます。右のスピーカーパネル、ステアリング下のロワーパネル、クラスタパネル(メーターの周囲)の順です。

ロワーパネルは、クラスタパネルを外すだけの隙間が出来れば良いので、完全に外さなくても大丈夫です。足元のエアコン吹き出し口周辺のネジを全て外すことはありません。文章にすると分かり辛いですが、とにかく一度外してみれば、どこまで外せば作業できるか分かると思います。あと、邪魔なのでハンドルは外したほうが良いでしょう。

クラスタパネルを外すには、ネジの他にライトスイッチノブとその外側のレオスタットノブ、ワイパースイッチノブと外側のワイパーボリュームノブを手で手前に引っ張って外し、中のナットを外す必要があります。(ソケットが届かないのでナットはペンチで挟んで外しました)

これらのノブは表面の文字が擦れたりしてカッコ悪くなっていたので、新品に交換しました。ナットはダイキャスト製からナイロン製に替わっていました。

ライトコントロールスイッチナット
品番:90179-14010 ¥240

レオスタットノブ
品番:84118-12050 ¥680

スイッチノブ
品番:84111-12060 ¥690

クラスタパネルを少し浮かせたら、デフォッガ、リアワイパーなどのスイッチ類を裏から手前に押して外します。スイッチ裏のコネクターも外しましょう。

これでメータAssyが取り外せるようになります。
4
デジタルもアナログも外枠の形は同じなので、元の位置に綺麗に収まるし、スピードメーターケーブルも問題なく繋がります。

問題は電気配線です。配線の番号や名前は図を参考にしてください。
5
せめてハーネスの形を同じにしてくれればまだマシなのですが、残念ながら違っています。向かって左がアナログ、右がデジタルです。
(デジ/アナ共に写真の右側が切れちゃってますが、ハーネスのA側はアナログのBと同じ端子数と大きさです)
6
ハーネスAがそのまま繋げられるように見えますが、実は出っ張りがあって干渉します。しかし干渉個所をちょいと削るか、ペンチなどでもぎ取れば利用可能です。
削る個所は・・実物を見ればすぐ判ります。

(まぁ、挿せるというだけで配線は殆ど繋ぎ直しなんですけどね)
7
配線がデジ・アナで共通だと楽なのですが、配線図を見ると分かるように殆ど全て繋ぎ替えです。

ハーネスB(サブハーネス)は、一見して分かるように形が異なり使えませんので、アナログメーターの接点部分に直接リード線をハンダ付けして取り出し、ギボシ端子で接続しました。
車体側の線が短くて届かなかったりするので、現物合わせで延長してやる箇所もでてくると思います。

市販のコネクター等で繋ぐことも考えましたが、メーター周りは狭くて押し込みづらいのでやめました。
8
まぁ、最近の緻密な機器とは違い、結構大雑把な作りなので、ハンダ付けはそう難しいことはありません。

わたしの場合は、リード線に直接テンションがかからないよう、ピンバイスで穴を開けて一度ケース内に入れ、線を留めてから取り出しています。
リード線の長さは、図の番号で10,11,13,14は20cm程度、2,6,8,10は10cm程度必要です。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

ブロアモーター 流用失敗編

難易度:

困った時はこれ⁉︎

難易度:

備忘録21.06.21セルモーター交換

難易度:

AE86・コンビネーションスイッチAss'y交換

難易度:

添加剤投下

難易度:

フューエルセンサーゲージ交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #コペン エンブレムをカッティングシートでお手軽補修 https://minkara.carview.co.jp/userid/337069/car/237113/5937717/note.aspx
何シテル?   08/01 02:10
AE86トレノからコペンに乗り換えたのを契機に、みんカラ登録ました。 ドライブやDIYなど、ゆるいカーライフを楽しみたいと思います(´―`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
本当は他社コンパクトカーのスポーツモデルを検討してましたが、何故かこれにw まるでコンセ ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
ボロボロなGTVから乗り換えたGT-APEX。パンダトレノにワタナベエイトスポークという ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.