• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kurosukeのブログ一覧

2018年04月08日 イイね!

桃源郷へ

桃源郷へティグアンが納車になってそろそろ1ヶ月となり、ようやく高速道路を走る機会ができました。

本日は、お花見デイ🌸
河口湖の新倉山浅間神社で桜を、その後勝沼・笛吹市で桃の花を見てきました!
桃はまばらな咲き加減でしたが、菜の花とのコントラストでとても綺麗でしたよー♫
たくさん美味しい実をつけて欲しいですね🌟

さてさて、ティグアンの高速走行ですが、
車高の高さを感じさせない安定感でした。
ただ、ランフラットタイヤだからか扁平率55%にしてはばたつく乗り味が気になります。
あと、こちらも当然ですが、車重からくる加速感の鈍さと燃費の悪さ(これはDSGが湿式6速になった影響の方が大きいかもしれませんが…)が気になります。
往復200km弱の道のりで高速が7割ほどでしたが、コンピューター計算値で13.4km/lでした。
来週は名古屋までの往復なので、どのくらい伸びるかが気になります…
Posted at 2018/04/08 18:13:57 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年04月01日 イイね!

エイプリールフールまとめ

本日は4月1日です。
毎年各社面白いので、輸入車メーカーだけ分かる範囲でまとめました♫

①Volkswagen
https://twitter.com/i/moments/980102210955575298
ナイテオン発売!599円(税込)で。

②Audi
https://www.audi.jp/q5_photogenic/
Q5の特別仕様車が発売!!これで写真もバッチリ!

③bmw
https://twitter.com/bmwjapan/status/980097392606199811?s=21
ロボット発売?!どんな地形でも走破します。

④citroen
https://twitter.com/citroen_jp/status/980233288303501312?s=21
new C3C3発売!これでバックは不要。

⑤volvo
https://twitter.com/volvojapan2012/status/980097722219823105?s=21
10歳未満の方限定でご所有のお車を新しい車に無料交換を発表。

いずれも手がこんでます…笑
でも、なんか年々減ってきてる感じもします。

*URLがハイパーリンクになってくれないんですね。
ご覧になりたい方はお手数ですが、コピーして貼り付けて活用ください。
Posted at 2018/04/01 09:35:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月21日 イイね!

標準装備と車両本体価格の比較

今回の買い替えで車両本体価格がジリジリと上がっているなぁ…と感じたので、装備などと比較して釣り合いが取れているのかを振り返りたいと思います。

①TOYOTA AURIS 180G S package(2008/03/13〜2009/09/19)
車両本体価格:2,090,000円(2,150,000円(消費税8%に変換))
ヘッドライト:HID
安全装置:TCS、ESC、サイドエアバッグはオプション
カーナビ:オプション
運転補助:クルーズコントロール設定なし
その他:CVT、プッシュボタンスタート

*当時、国産車のほとんどは安全装備がオプション扱いだったように思います。例に漏れず、このオーリス も横滑り防止装置やトラクションコントロール、サイドエアバッグもオプションでした。それぞれ、10万弱のオプションで、なかなか手が届かないものでした。

②VW GOLF6 HIGHLINE (2009/9/19〜2015/3/14)
車両本体価格: 3,120,000円(3,210,000円(消費税8%に変換))
ヘッドライト:ハロゲン
安全装置:TSC、ESC、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグ標準装備
安全補助:クルーズコントロール標準装備
その他:7速乾式DSG、パドルシフト、サイドミラーヒーター、自動防眩ルームミラー、リアフォグランプ

*安全装置はすべて標準装備でした。もちろんその分本体価格が高いのですが、ヨーロッパの基準の厳しさを感じました。とにかく、安全には妥協しないという装備でした。
その分、プッシュエンジンスタートがなかったですが…。

③VW GOLF7 VARIANT R-LINE(2015/3/14〜2018/3/11)
車両本体価格:3,671,000円
ヘッドライト:キセノンヘッドランプ(LEDポジションランプ付)
安全装置:TSC、ESC、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグ標準装備
安全補助:アダプティブクルーズコントロールACC(全速度域対応)標準装備
その他:7速乾式DSG、パドルシフト、サイドミラーヒーター、自動防眩ルームミラー、リアフォグランプ、プッシュボタンスタート、アイドリングストップ

*安全装備はそのままに、国産車同様の便利機能が付いて来ました。
一番のトピックスは、ACCが標準装備で付いて来たことです。最初は要らないなー。と思っていたのですが、これが便利…。いまや無くてはならない装備になりました。

④VW TIGUAN HIGHLINE(2018/3/11〜)
車両本体価格:4,399,000円
ヘッドライト:LEDヘッドライト
安全装置:TSC、ESC、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグ標準装備
安全補助:アダプティブクルーズコントロールACC、レーンチェンジアシスト、アラウンドビューモニター標準装備
その他:SDDナビゲーション、デジタルメーター、7速乾式DSG、パドルシフト、サイドミラーヒーター、自動防眩ルームミラー、アイドリングストップ、シートヒーター

*何もかもが標準装備で、つけるものはありませんでした。安全装備も、レーンチェンジアシストも追加され、どんどん自動運転に近づいているような感じです。
アラウンドビューモニターやデジタルメーターなど最先端の装備も追加になりました。

装備は自分で思い出深いものを中心に抽出していますが、値段に反映されていそうなものばかりですね。
値段がジリジリと上がって行っているのもこういった背景がありそうです。
もちろん、生産コストや輸送コストが上がっていることもあるとは思いますが…。

安全性機能が良くなるのはいいですが、自動運転など人の手を完全に離れる方向になるのは不安を感じます。
また、欧州も含めEV化の流れも寂しいものを感じます。
なんとか内燃機関を継続できる道を…と思うのはわがままなんでしょうか…。
Posted at 2018/03/21 16:41:59 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月13日 イイね!

排気量とパワーの変遷

なんとなく車を変えるタイミングは振り返りのタイミングでもあるなぁ…と思い、今回は排気量とパワーの話です。

前回と同様に、歴代の所有車の排気量とパワーについて振り返りたいと思います。
数字ばかり並びますが、もしご興味があれば…

①TOYOTA AURIS 180G S package(2008/03/13〜2009/09/19)
ミッション CVT
排気量 1797cc
(直列4気筒DOHCm)
最高出力 136ps(100kW)/6000rpm
最大トルク 17.8kg・m(175N・m)/4400rpm
車両重量 1270kg
Power-to-Weight Ratio 0.0787kW/kg

②VW GOLF6 HIGHLINE (2009/9/19〜2015/3/14)
ミッション 乾式7速DCT
排気量 1389cc
(直列4気筒DOHC16バルブIC turbo Super charger)
最高出力 160ps(118kW)/5800rpm
最大トルク 24.5kg・m(240N・m)/1500~4500rpm
車両重量 1370kg
Power-to-Weight Ratio 0.0861kW/kg

(参考)VW GOLF6 COMFORTLINE
ミッション 乾式7速DCT
排気量 1389cc
(直列4気筒DOHC16バルブIC turbo)
最高出力 122ps(90kw)/5000rpm
最大トルク 20.4kg・m(200N・m)/4000rpm
車両重量 1290kg
Power-to-Weight Ratio 0.0698kW/kg

③VW GOLF7 VARIANT R-LINE(2015/3/14〜2018/3/11)
ミッション 乾式7速DCT
排気量 1394cc
(直列4気筒DOHC16バルブIC turbo m)
最高出力 140ps(103kW)/4500~6000rpm
最大トルク 25.5kg・m(250N・m)/1500~3500rpm
車両重量 1380kg
Power-to-Weight Ratio 0.0746kW/kg

④VW TIGUAN HIGHLINE(2018/3/11〜)
ミッション 湿式6速DCT
排気量 1394cc
(直列4気筒DOHC16バルブIC turbo m)
最高出力 150ps(110kW)/5000~6000rpm
最大トルク 25.5kg・m(250N・m)/1500~3500rpm
車両重量 1540kg
Power-to-Weight Ratio 0.0714kW/kg

こちらも前回の色と同様、全てエンジン特性が違います。
①を除きますが、VWは全てダウンサイジングターボと言われるエンジンです。
全て1400ccですが、

②ターボとスーパーチャージャーで低速域から恐ろしく早かったです。確か、0-100km/hが8秒ちょうどだったはずです。今でも所有したいと思える最高のエンジンです。
部品点数が多いためか、現VW車はシングルチャージャーにシフトしていきました…。
上のPower-to-Weight Ratioを比較してもやはり一番のスペックですね。

③シングルターボのモデルです。ゴルフ7からシングルターボでもハッチバックモデルでは気筒休止の機構を採用しているのですが、ヴァリアントはなぜかその機構が搭載されず、140psのモデルでした。
それでも、過不足なく走りますし、高速での追い抜き加速も十分なものでした。ただ、②と比べると少し出発時の加速はトロいかなと思う場面もありました。

④こちらはついに念願の気筒休止の機構を搭載したモデルです。パワーは上がっているはずなのですが、幾分重量が増えましたので、変化なしと行ったところです。
まだ、少ししか乗っていないので、これから色々と試していきたいと思います。

*参考のGOLF6 COMFORTLINEを見ていただけると分かりますが、1400ccのシングルチャージャーは少しずつ進化して、出力をあげていることもわかりますね。

しかし歴代の所有車をこのようにみると、
Power-to-Weight Ratioは②>①>③>④なんですね。
①はCVTの影響か、数字ほどのパワー感がありませんでした。
そういう意味では、パワーに加えてミッションのダイレクト感でDCTが非常に重要なんだと感じます。
数字だけで測れないのが車の面白さでもありますよね。

今回のティグアンは湿式6速DCTになるので、こちらの感覚も変わると思います。ダイレクト感は少し減ってしまうのかな…
こちらも距離を乗ってまたご報告したいと思います。
Posted at 2018/03/13 19:20:01 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月12日 イイね!

赤は赤でも…

今回ティグアンのRUBY REDという色が新しく設定され、一気に買い替えに傾きました。
というのも、私の車は歴代赤色なんです。

あまり人とかぶらないですし、駐車場でも分かりやすいです。もちろん第一に、赤色が好きなのですが…。

ただ、赤色と一言に言っても、全て違う種類なんです!
今回は、歴代の所有車の赤色について振り返ってみようと思います。

①TOYOTA AURIS(2008/03/13〜2009/09/19)
COLOR:RED MICA METALIC 3R3
名前通り、メタリックで深めの赤色でした。
ころんとしたボディにすごく似合っていました。
オーリスは当時このレッドマイカを推していて、
モデリスタやTRDでも後付けパーツでこの色の塗装済みのものが売られているほどでした。

②VW GOLF6 HIGHLINE (2009/9/19〜2015/3/14)
COLOR:AMARYLLIS RED METALIC LA3S
この赤色が一番好きでした。
深みがあって、艶があって。この色に惚れ込んで購入を決意したといっても過言ではないほどでした。
現在採用されている車種はありません。
今のゴルフやティグアンにも合うと思うんですけどね…

③VW GOLF7 VARIANT R-LINE(2015/3/14〜2018/3/11)
COLOR:TORNADO RED LY3D
VW GOLFの定番色。初めてのソリッドの赤でした。
まさに真っ赤!コーティングは必須だと思います。
洗車した後の輝き感は一番でした。
スポーツモデルにも似合う色だと思います。
洗車傷が悲しくほど目立つ色でもありました。

④VW TIGUAN HIGHLINE(2018/3/11〜)
COLOR:RUBY RED METALIC 7H
今回のティグアンの新色。
今までで一番濃いめの赤です。
今までの赤の中ではアマリリスレッドに近く、現車をみると本当に綺麗です。
ボディ下部の素地の黒色にもマッチしていて好みです。
まだこの色のティグアンはおそらく全国的にも納車になっていないのではないかと思います。

ということで、今回は歴代の車の色のお話でした。
同じメーカーでもバラバラっていうのはなんだか面白いですよね。

ちなみに…。
実家の車は、記憶にあるものは赤はなかったです。
(父親が最初に買った車は赤色だった様ですが…)
今は、母親と妹がそれぞれ赤の車に乗っています。笑
へんなブームを巻き起こしてしまったかもしれません…。
Posted at 2018/03/12 18:50:15 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@Kiiro えぇー!?いい季節が終わっちゃいますよ…。早く治るといいのですが…」
何シテル?   03/27 16:23
Kurosukeです。TIGUAN highlineに乗り換えました! まだまだパーツが少なそうですね…。 みなさんのパーツレビューを参考にさせていただきたいと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ゴルフ7.5をみてきた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/25 09:14:47
突然ですが・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/04 23:36:47
ベントレー フライングスパーの内装♩ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 21:22:06

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ティグアン フォルクスワーゲン ティグアン
H30.03.11に無事納車されました! 2月発表の新色RUBY REDです。 16km〜
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
GOLF6の赤は当初アマリリスレッドだけでしたが、途中から定番のトルネードレッド になっ ...
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
初めて購入した車でした。かわいい相棒でした。しかし、GOLFを試乗したことで、ボディー剛 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
H30.03.11にお別れしてきました…。 寂しいです。走行距離は41,526kmでした ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.