• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ケンザウルスのブログ一覧

2018年11月18日 イイね!

92トレノ製作-006

今日は昼に愛車を洗車しました。
みんカラを始めたのが2010年8月。
その頃から今に至るまで、同じ愛車に乗り続けるとは思ってもみませんでした(笑


さて、本題ですが・・・
2011年に製作していた92トレノ、積みプラ消化のために7年ぶりに再開されました(笑

先週、リハビリのために久々に塗装。

今回は、素組みしていない足回りのみを簡単にご紹介しておきます。

ジャンクパーツとプラバンを組み合わせた自作パーツ。

シャーシ側。
このキットはシャフトを通して車輪を固定するタイプなので、ブレーキもありません。


先ほどの自作パーツを仮固定したところ。


先ほどはリヤ。
こっちはフロント側。

たしか、リヤのブレーキはアオシマFD純正、フロントはアオシマハイラックス純正だったかと思います(笑

7年前に適当にプラバンで土台を作っていたリップスポイラーには、パテを盛って削りそれっぽくしました。


パチンとはめ込むだけで組み上がる今回のキット。
内装は黒に塗って組んだだけの手抜き仕様。

しばらくはこのような内装製作が続くことになるでしょう・・・(爆

先週塗装したボディー。
私の中では、塗装後一週間(自然乾燥)したら研ぎ出しOKと判断しています。


久々にした研ぎ出し。
改めて思いました。
模型展示会に展示されている皆様、こんな大変なことしているんですね~(汗


比較的パーツ点数の少ないキットでも、やはりサクッと完成へ持っていくことは難しいようです・・・



来週には完成させたいところですが、はてどうなるやら・・・(汗
Posted at 2018/11/18 22:10:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味
2018年11月11日 イイね!

生きてました(汗

とってもお久しぶりです。

先日何か月ぶりかにキットを買いました(笑

中学生の頃、エアロ仕様のグロリアを購入し、ブルーに塗装して当時自分が出来る電飾技術をフルに活用し、前後ライト+ウインカー(裏のボタンを手動で動かしてウインカーっぽく点灯させていた)を装備していた思い出が蘇ります(笑

いや~、懐かしい♪

この思い出深いキットは、じっくり組んでいきたい・・・


ということで、かなりのブランクが空いてしまったので、放置車両をいくつか処理して、勘を取り戻しつつ、積みプラを効率よく無くしていこうと思い立ちました。

久々に塗装しました(笑
いや、簡単に終わると思いきや、やっぱり車模型は手間がかかりますね・・・


この車両は、2011年(今から7年前(滝汗 )に記事にしていた車両です。

過去記事①
過去記事②
過去記事③
過去記事④
過去記事⑤

勘を取り戻す目的で再開しますので、作品のクオリティーは二の次です(爆
電飾もLED直付けの前照灯のみの仕様で進めていきます。

当面は適当に組んだキットの完成記事をアップしていきたいと思います。

では!
Posted at 2018/11/11 19:18:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味
2018年07月31日 イイね!

とてもお久しぶりです(滝汗

大変お久しぶりです(滝汗

前回のブログ以降、一切プラモデルを触っていない管理人です(滝汗

最近は仕事が忙しく、昨日の土曜日から39度の高熱が出て・・・土曜日~月曜日までひたすら寝て過ごしていたところです(汗


毎年、8月末に模型のイベントがあり、それに向けて作業をするのが毎年の恒例行事なのですが、今年は一切手が動かないので、今年は参加できないことをお伝えしておきます(汗



今年の新作はわずか1台(汗・・・と言いますか昨年の作品を手直ししただけなので、新作では無いのですが(汗



いつしか、本格的に活動を再開したいところではありますが・・・(汗

それでは、また会う日まで・・・・
Posted at 2018/07/31 20:28:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味
2018年03月31日 イイね!

プラモの断捨離

※断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想。

会社の進級試験の勉強に嫌気がさしたため、先週の土曜日に思い切ってプラモを断捨離しました!

管理人が小学生時代より使用している収納ケース。

中身ですが・・・
一番上:工具類、塗料等
中段:プラモジャンクパーツ
一番下:過去作、ジャンクパーツ等

一番下のスペースを空けるため、今回は断捨離!


今まで何度も捨てようと思いながらもリメイクや部品流用に使えるかもと思い、数年間置いてあったのですが、数年間置いてあって使っていないということは捨てても問題ないものと言えますので、思い切って捨てましょう!

捨てたもの
①ボンネットバス
小学生の頃、組む。 大学生の頃、一度リメイク。 現在ボディ塗装にヒビ割れ多数。
②R32スカイラインGT-R 顔面のみ
ニコイチで不要となった部品。
③タミヤZ33
3度のリメイクの末、現在顔面とサイドドアが行方不明状態(爆
④RX-8
一度リメイクしたものの、ボディが傷だらけ・・・金型改修前の初期型です(汗
⑤タミヤR34GT-Rボディ一部
これもニコイチの残骸。隣のレクサスHSのボディ一部はドアノブ等が使えそうだったので、屋根を切断してサイド部分と別部品化し、場所を取らない状態にして保管。
⑥マッハ号
大学時代に友人に貰ったものですが、大学時代の友人が小学生の頃組んだものだった覚えが・・・
メッキボディですが、細かい傷が多数あります。

結局、上写真の右下の6台は残留決定しましたが、別の場所に保管することとしました。
また、捨てた車両も使える部品と電飾パーツは取り外し、残りをゴミとして捨てております。



最終的に他の過去作も含めて、こちらの箱(黄色枠で囲まれた計6箱)にまとめて収納されました。


さて、過去作は何台あったのでしょうか?

数えてみましょう。






こちらは主に他の方に頂いたり、足回りのみを自分が改造した合同作品になります。


(19)のアオシマR33スカイラインも、友人に頂いたものでしたね・・・(キットは自分が買ったものですが・・・)




一部入りきらないものは、製作中の車両スペースにお邪魔したりもしました(汗




製作中車両を出来る限り多く同じ箱に入れることで、今回の収納は実現しております。

コルトベース オリジナル車両×3


今回、一番時間がかかったのが製作中(正確にはリメイク中)のケーニッヒポルシェです。


製作中車両を出来る限り多く同じ箱に入れるため、バラバラだった部品を組み立てましたが、当時行っていた足回りの改造がガタガタであり、直ぐに崩壊&組付かない状態でした(汗

リトラクタブルヘッドライトを可動化したり、リヤウイングが可動するというギミックまで組み込んだ意欲作ですが、今見るとかなり雑な仕上がりですね・・・
再開するにはそれなりの時間が必要な車両ですが、ベースキットは管理人が中学生の頃に静岡旅行時、現地の小さな模型店で買ってもらった覚えのある思い出のものなので、気長にやっていきたいですね・・・


無駄なものを捨てたことで、空いたスペースにはフィギュアブログの方で改造しているタートルワゴンを収納しておきました。


これもいつ改造が完了するのか、まったくわかりません(汗





さらに、別の場所にも模型があるので、過去作のカウントを再開します。


(24)のハコスカは、大学の友人が無塗装で小学生の頃?に組んだものを頂き、私がバラして再塗装して組んだ大学生時代の思い出の作品。






こちらは最近の作品と過去作。

一部製作中車両やミニカーが混じっているので、それらはカウントから除外しました。


一部フィギュアスペースに置いてあるキットも4台有。今回の整理整頓前はもっと多く置いてありましたがミニフィギュア置き場確保のため、数台を冒頭の過去作収納箱に移動しました。



さらに、今回登場しなかった作品が別の場所に数台残っています。
※(52)のミニは、冒頭の断捨離で登場しています。

(52)のミニはボロボロでゴミ同然なのですが、自分が小学生の頃に組んだものがベースになっており、現存するキットの中ではもっとも古く愛着もあるため、今回の断捨離時も捨てずに残すこととしました。

ということで、現存する過去作は合計52台あることがわかりました。

さて、S2000の再開はいつになるやら・・・
Posted at 2018/03/31 22:37:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味
2018年03月23日 イイね!

S2000 製作記 その4

前回の製作記の続編です。

今回よりボディー加工に入りますが、今回は主に電飾を仕込むこと前提の必須工作であるため、電飾を仕込む予定の無い方は不要な作業内容となります。
非常に面倒なのでおすすめはしませんが、参考程度にご覧頂ければと思います。


(5)ボディー加工 その1 ~ボディーとシャシのねじ固定化~
電飾を仕込むとボディー内に配線や電池が収まるため、ボディーとシャシが外れやすくなります。
また、タミヤのように絶妙に軽く嵌る設計のキットの場合、必ずボディーとシャシが外れます(汗

ボディーとシャシのはずれ防止及び車高に悪影響が出ないことを目的に、ボディーとシャシをねじ固定化します。

(5-1)まずは、ボディーとシャシをバラします。



内装とフェンダーの間に隙間があることを確認し、このすきまを利用してねじ固定化していきたいと思います。


(5-2)まずは、内装を外した状態でシャシとボディーを仮組みします。



(5-3)板厚1㎜のプラバンを下の写真のような形状に切り出し、穴をあけます。
そして、フェンダー手前の位置に両面テープで仮固定します。


(5-4)パテの削り粉をまぶして、瞬間接着剤の塗布で先ほどのプラバンをボディー側に固定します。


同じ作業を反対側も行います。


(5-5)ボディーとシャシを外して、パテの粉を盛れなかった部分を補強します。

この作業で、ボディー側に固定座面が出来ました。



(5-6)再びボディーとシャシを組んで、ボディー側の固定座面の穴位置に合うよう、シャシ側に印をつけます。



(5-7)印に合わせてシャシに穴をあけます。


(5-8)M2のねじを用意します。



(5-9)再びボディーとシャシを組んで、先ほどのねじとナットで固定します。(内側にナットがくるように!)
そして、内側のナットにパテの粉をまぶして、瞬間接着剤塗布でナットを固定します。




これにて、ボディーとシャシの固定がねじによって行えるようになりました!
この加工で、ボディー前方の固定用ツメが最悪無くなってもボディーとシャシの固定は行える仕様となりました。







今回の改造は今に始まったことではなく、過去作でこの方式を採用した例はいくつかあります。

(例1)オリジナルスーパーカー

この場合は、ベースとしたジオットキャスピタが過去作でシャシがひん曲がっていたため、無理やりまっすぐ固定できるようにしたことが主な目的です(汗



(例2)リメイクFC

こちらもオリジナルスーパーカーと同じ理由だったかと・・・・
過去をさかのぼると、リメイク作品で最初に組んだ時に無理やり配線関係を押し込んだため、シャシがひん曲がってしまい、その対策として行っていたようです(汗







(6)ボディー加工 その2 ~ボディーと内装パーツのねじ固定化~
シャシに続き、次はボディーに内装パーツをねじ固定できるようにします。
これも電飾を仕込む上での必須改造となります。



今回の加工の必要性について、過去作を例にご説明します。
内装をシャシに固定する場合
(例1 R30スカイライン)


ボディー側に光源を固定し、シャシ側に電源や操作スイッチを取り付けるので、どうしてもボディーとシャシが配線で繋がります。 内装がシャシに固定されていると、ボディーとシャシを嵌める際に配線が内装内部に入らないように気を付けながら嵌めなければいけません。
これがかなり面倒であり、配線が内装に入り込むことも少なくありません。

また、配線にある程度のたるみが無いと、ボディーとシャシを嵌める際の自由度が無くなり、嵌められなくなりますので、ある程度長めの配線にしておく必要があり、余計に内装に配線が入りやすくなります。




内装をボディーに固定する場合
(例2)オリジナルスーパーカー


先ほどに対して、内装がボディー側に固定できるようになれば、ボディー側で配線を固定することが出来ます。
写真をご覧頂いてわかるように、内装のみならず、スイッチや電源となる電池もすべてボディーに固定できるようにしています。

これによって、ボディーとシャシを嵌める際、シャシには何も繋がっていないので楽に嵌めることが出来るのです。
この完成間際の苦労を削減するために、前段階では多くの労力が必要になるのです(汗



(6-1)内装パーツをボディーに仮固定

内装パーツをマスキングテープやセロテープで取付位置に仮固定します。

(6-2)内装パーツを固定するための台座作成

板厚1㎜のプラバンでこのような部品を製作し、ナットを固定します。


(6-3)内装パーツを固定するための台座をボディーに固定する

先ほどの部品を反転し、ボディー側に貼ります。


(6-4)内装パーツ側に、固定用のプレートを取り付ける。

先ほど接着した部品の穴に合うように、板厚1㎜のプラバンから切り出した部品を内装パーツに取り付けます。

今回のようにねじ込める高さが余り無い場合は、このような特殊なねじを使います。



今回はここまで!

引き続き、面倒な作業が続きますが、ご参考程度にご覧くださいませ。



(おまけ)道具の整理は基本中の基本?
ということで、久々に工具箱を整理整頓しました!

(整理前)



(整理後)

あまり違いがわかりませんが、個人的には随分と無駄なものが無くなり、使いやすくなったと感じています。





こちらは主にペーパー類を収納している箱です。
(整理前)



(整理後)

工具箱内であまり使わない万力やハンダをこちらに収納しました。


今後も整理整頓を進めて、無駄なスペースを無くして気持ちのいい模型製作ができる環境を作っていきたいものですね~

では!
Posted at 2018/03/23 20:48:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味

プロフィール

「92トレノ製作-006 http://cvw.jp/b/828278/42200257/
何シテル?   11/18 22:10
ケンザウルスです。よろしくお願いします。 プラモデルに電飾を仕込んで、光らせるという変なこだわりを持った者です(汗 最近では、ニコイチやら2ドア→4ドア...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

2013静岡ホビーショーメーカー編1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/20 22:30:32

お友達

プラモデルを通して、以前に交流のある方を主に募集しております。もちろん、プラモデルを趣味として楽しまれている方も歓迎します!
65 人のお友達がいます
tacobosetacobose * じぇざじぇざ *
あぶ@TNPinsideあぶ@TNPinside なっちゃん!?なっちゃん!?
2  2  22 2 2 「634」「634」

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
自分の愛車です。基本的にノーマルです(汗
その他 その他 その他 その他
プラモデルです。 最近はブログで完成品紹介しておりますので、愛車の写真、ブログ用写真に ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像置き場
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.