車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月17日 イイね!
ヴィヴィオさん、その存在を歴史上から抹殺されるの事本屋で立ち読みして、ボディ造形の参考資料に買ったこの雑誌









しばらく、流し読みをしていて











我らの愛したヴィヴィオさんが歴史上から抹殺されてて、全俺が泣いた。゚(゚´Д`゚)゚。

しかも、そのエンジン DOHCの方じゃねぇ。そのスペックそっちじゃねぇ。

っていうか、ミッションがCVTのみで軽スポーツファンから反応が鈍いって、いったいどこの国の話の事を書いてんだこの記者・・・っていうか編集仕事しろ。車雑誌の編集やってて、誰もつっこめなかったのかよ、どんだけマイナーなんだよスバルの軽って(;´Д`)

某ツールショーで出会ったEN07Xの開発者が見たら首吊りたくなりそうな記事だわ・・・(´・ω・`)
Posted at 2017/02/17 23:48:00 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月08日 イイね!
人は誰でも 幸せ探す旅人のやうなものせっかく樹脂でフェンダーを作る為の方法を調べ、先人の方々に貴重なご教授を賜り、伝え聞く様々な材料を用意したにもかかわらず

















なんか鉄で作ろうとしている

鉄で作ろうとしている

鉄で作ろう


鉄ろう


テツロー



メーテルーーーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。



あかん、一酸化中毒で頭がおかしくなってきたか











永遠の命がある機械の体があれば、鉄一枚モノからの叩き出しフェンダー造りにチャレンジするのもありだけど・・・

やっぱここからは樹脂だな。(´・ω・`)

Posted at 2017/02/08 21:36:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月29日 イイね!
フレームよりも ハーネスよりも先週のお休み










気分転換と、実利を兼ねて制作を始めてみた廃油ストーブ(自然吸気式)に一定の結論が出る


結局、完成には至れなかったのだけども


よしんば完全燃焼機構に成功したとしても





邪魔(´・ω・`)


結局、安全を考えるとストーブの周囲にも一定の広さがいるし、それでも常に危険が付きまとう代物であることには変わりないし、いろいろと手狭なガレージとは相性が良くないと結論



でも、基本夜行性の習性をもつ大型Gタイプにとって、水道の凍る外気温(手洗おうと思ったら凍ってやんの!)とたいして変わらないガレージ室内で夜通し作業は正直きつい(でも昼にはあんまりやりたくない)



そこで






物量で正面突破します(´・ω・`)ノ


木造9畳の暖房能力を持つ石油ファンヒーターのダブル駆動!






でっきるかな! (設定温度まで)でっきるかな! はてさてふふ~~ん♪



1時間後 室温が2倍以上まで上昇!


ガレージの中 あったかいなり~ (●´ω`●)


ここから先、何時間たっても10度と9度をいったりきたりで、設定温度まであがるには、多分あと4か月くらいかかりそうってなもんで

多分、9度あたりで熱源の放熱量とガレージ全体から外に放出される熱量が釣り合ってるんでしょうね。これ以上は、壁に断熱材でもいれないと温度は上がらないでしょう。

でもいいんです、十分です。9度もあれば十分体は動くし寒くない。 息も白くない。

氷点下の外に比べれば、9度のガレージは南国ですよ!



そんなテンションアゲアゲで車両づくりに戻ってきて












暗中模索ゾーン突入なう (´・ω・`)


とりあえず、右の鉄板フェンダー造り直した。


サイズが左右でずれたので、それもやり直した。


そのあと、手が止まった。



ああ、この感覚。


とても懐かしい。


この改造計画を始めたころ


とりあえず、鉄工の練習を始めたころの味わった感覚だ


何が分からないのかワカラナイ


ボディ造形にかかわる色んな情報は沢山脳内に映像や文章というイメージでインプットされてるんだけど、どれもこれも未知な情報なもんだから、手足を使ってアウトプットしようにも自分の手足耳鼻触覚の五感が理解できる情報にコンパイルできない感じ。


粘土、パテ、発泡ウレタンにスタイロフォーム 材料は色々揃えてみたのだけど…





うーん、10年前はそれでもどんどん手は動いていったんだけど

あれが若さか。

そして

これが老いか。(´・ω・`)


再来月で33歳を迎える今の自分には


パイプフレームを作るよりも

エンジンハーネス作るよりも


ただフェンダー造るのが難しい(´・ω・`)
Posted at 2017/01/29 22:12:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月13日 イイね!
初めてのオーバーフェンダーとりあえず、オーバーフェンダーのイメージはこんな感じで




右見て 左見て もう一度右見て










右側を0発進で創りながらデザインの方向性が決まり
左側は右側のコピーを再現可能な手法で作り
そうすると手探り製作の右側とは微妙に形がかわるので、
今度は右側を左側と同じやり方で作り直すと

そうすれば左右の形はだいたい合うと思う

もうオリジナルの右側の形は、製作工程が複雑すぎて、まったく同じ形を左に再現するより、多分左側のコピーを作った方が早い(笑)


それにしても、結局片側200mmのオーバーフェンダーになったなぁ(´・ω・`)

学生時代に、5J+38のホイールいれて、フロントはみ出たから、手で引っ張って、ゴムのモールつけて10mmくらい拡幅したことはあったけど、フェンダーに手を出したのはそれっきり

20倍か

思えば遠くへ来たもんだ(´・ω・`)
Posted at 2017/01/13 00:32:24 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年01月09日 イイね!
この紅茶号改造計画のスタート年をいつとするかは悩ましいところですが、その改造の為だけの工房としてガレージ建設の始まったのが2007年の事です。

ということは、今年2017年はまさに計画始動から10年目。

紅茶号の為だけに建設したこのガレージも築10年。

この10年間、ひたすら素人作業で車を造っておりました。


10年間ひたすら、完成のその日を夢見て


未だかつて見たことの無い、

ミッドシップのヴィヴィオが誕生するその日を

ずっと夢見て、10年こっそりコツコツやってきたのです。


だから、あの日は衝撃的でしたよ。


今から4年半前の、あの夏の日。


2012年の夏。


ここでピンと来た人は、そうとうヴィヴィオ情報に目ざとい人ですね。


そう、2012年夏。

そのニュースはあまりにも突然に、電子の海をわたってやってきました。


アレですよ、アレ



(勝手に画像DLしちゃいけないので、画像URLに直リン張ってます)


国内最大級の草レース K4GP

そのレースシーンに突如現れた


ミッドシップヴィヴィオ!




もうね、このニュースを見た時の僕の心境たるや!(笑)


しかも、僕のは完全なネタ車ですが、これは本気のレーシングカー。 実際にクラス優勝とかしちゃってて、まじ速いんでしょう。
エンジンもちゃんとクローバー4ですし、こちらこそ正真正銘のミッドシップヴィヴィオなんですよね。
僕のはオールスバルではあっても、オールヴィヴィオではないですからね。(^^;


K4GPとか、基本サンデーイベントに縁の無い仕事をしている自分は、一度も生で拝んだことはないんですけど、自動車デイーラーの有志により僅か9ヶ月で作成されたという、そのミッドシップヴィヴィオと、当時フレームの造り直しを始めたばかりだった紅茶号を見比べて、素人プライベーターの無力さを思い知らされたりしたものです。


そんな青天の霹靂があった年からも、また何年も歳月が経って・・・







インターネット界隈で史上(多分)2台目のミッドシップヴィヴィオが、今年ようやく誕生しそうです。

もう、これだけ長い事やってると、だいたいの感情は乗り越えました。(・∀・)





ああ、でも良かった。


あのヴィヴィオがKK#の方で。(爆)




T-top(KY3)でやられてたら、もう全て投げ出してたかもしれない(笑)
Posted at 2017/01/09 23:17:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 四方山話 | 日記
プロフィール
「総評

ガーリックとニンニクのハーモニーが凄いラーメン」
何シテル?   02/16 21:33
人生とは前向きに生きていくしかないが、後ろ向きにしか理解できないものである。 そんな人生送ってます。 名前が微妙にころころ変わりますが、基本的な名前は”...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
まずは対話から始めましょう。

ブログ上で何の絡みもなく、初対面で突然のお誘いは基本的にお断りします。

例外として、以前別IDで活動していて、その時に絡みがあった方や、他SNSやローカルでのお知り合いの方は、お誘いメッセージにそう解るように書いてもらえればOKです。
81 人のお友達がいます
まっぴ@ysrfまっぴ@ysrf * イノウエイノウエ *
モリ☆マッコリモリ☆マッコリ * ぺそ太郎ぺそ太郎 *
えびてるえびてる * VAMVAM *
ファン
81 人のファンがいます
愛車一覧
スバル ヴィヴィオ 紅茶号 (スバル ヴィヴィオ)
人生で初めて買った自分の車です。 学生時代、常に共にあった車です。 この車で北海道に ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.