車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月14日 イイね!
無駄だけど無駄じゃなかった実は




先週の休日

今週の休日と

ガレージ行く前に

鈴鹿の某企業にお邪魔しておりまして。

(本当に、文字通り邪魔しに行っているんだよなぁ・・・)

ボディ造りの基礎的な部分を勉強をさせて頂いております。(汗


しかも、その企業がカスタムカー教室を開いていて、受講料を払って教えてもらっているとかいうわけでは全くなくて(昔、そういう受講を関東までしにいった事があります)
純粋に、社長様の100%ご厚意で、洗練され凝縮された知識・ノウハウの一端を、ご享受して頂いております。(汗汗




勘の鋭い方は、薄々お察しだったかと思いますが…


ブログのネタにしても良いと許可は頂いているので、書かさせて頂きますと・・・



フヂエンさん

正式には

フヂイ エンヂニアリング

さんです。



そこで、今SSK4プロジェクトなどの膨大な仕事量を抱え、1日が48時間あっても足りないはずの藤井社長の、その超貴重な時間の一時を頂いております。まさに、恐縮というのはこう言う事を言います。


一応、言い訳させて頂くと(;・∀・)


僕が突然にフヂエンさんの迷惑も顧みずに、会社にアポなしで突撃した・・・というわけでは無く!


僕の荒唐無稽なボディ造詣の様子をネットで見た藤井社長の方から、「基礎くらい教えてあげるから、そのフェンダー持ってうちにおいて」とお声をかけて頂いたというきっかけでして・・・

ええと・・・あの一連の僕の作業は、その道のプロから見たら、居たたまれなくて見てられなかったらしいです。(汗

実は、そういう方々、多かれ少なかれいらっしゃったんですが…

例えば、前回のプライベートブログにツッコミいれてる方。知り合いのプロの板金屋さんなんですが、あの方普段は滅多にコメントすることないんです。なのにあの時は怒涛のツッコミ3連発ですw

他にも「いい加減助けを呼んだらどうか?」という声はいくつか届いていたのですが…

まさか、まだ所在地が四日市にあってM01の制作をヤフーブログに書いてた頃からブックマークしていて、
(その時はAE86にEJ20載せはじめた所で、この記事が検索でヒットした。紅茶号のシフトチェンジ機構のヒントを探してる頃だった)

その時からM01やミッドシップ86を見学したいと思いつつも、基本的にコミュ症人見知りの自分ではなかなか飛び込めず、
(県内ならチャンスは何度でもあると高を括っていたことが結果的に見学のチャンスを永久に失ってしまった)

ある日突然SSK4プロジェクトがメディアで発表され、モーターファン誌の連載も始まり、もう完全にメディアの向こう側の人になったと思って、芸能人を見るファン目線で見ていたところだったので、突然お声をかけられた時は、青天の霹靂というか驚天動地といいますか・・・


その時は
「これは、神が与えたもうた、僕がフヂエンさんを見学できる最後のチャンスだ!」
と思ったわけです。

そうです。最初の目的はミッドシップ86やM01を造り、そして今SSK4というビッグプロジェクトが進行中の地元企業を、一度は見学したいという動機にあり、「基礎を教えてもらう」というのは、明確な用事がなければ訪問なんて出来ないコミュ症な自分が、会社見学をするための口実という側面が強かったと言ってもいいでしょう。


ですが、フヂエンさんを初訪問したその日に、僕は悟りました。


「このチャンスをここで見逃したら、紅茶号の完全完成はもう二度と無い」
と。

初めてお会いした藤井社長は、寡黙な佇まいの中にギラギラした熱い闘志が垣間見えるような、とてもスーパーな感じの方でした。
ですが、様々な経験やノウハウから包み隠さずお話してくれる一方で「その車はあくまでも君の車だから、君が造りたいように作ればいい」と、客観的な正解を持っているけどそれを押し付ける事はしないという、僕のようなペーペーの素人にはもったいないご配慮もして頂けるような方でした。


当日、フヂエンさんの社員さんが自主制作していた面白くて高度な(そして、これは絶対に日本で誰かはやると思ってた)改造車を見せてもらってる時に、カルビという会社の新井社長さんという方がたまたま来訪されて、藤井さんの紹介でいろいろお話を聞かせて頂きました(レース関係企業に疎い僕は存じ上げてなかったのですが、知る人ぞ知るカーボンコンポジットの大家だとか)

物事の方法論とか、考え方とか、新井社長からお聞きした話した様々ですが、グサリと胸を貫いた言葉は
「時間は有限」
「やるなら早く」

という在り来たりな言葉でした。在り来たりですが、至言でした。

ちなみに、その時目の前に有った改造車は、紅茶号に近いコンセプトだったんですが、車体にエンジンは既に載っていて製作者本人に「ここまでするのに時間はどれくらい?」と聞くと帰ってきたのは「3か月くらい・・・」と。僕より小学校一回り以上年下の若いメカニックな方の自主制作です。


振りかえって自分。

23歳くらいでスタートした、この改造計画。

当初は3年くらいで完成させるつもりが、どんどん改造箇所が大規模になっていって

なんとか三十路までには造ると決めていたのに

気がつけば先月33歳の誕生日を迎えていました。

昨夏には、ガレージ環境維持の要である伯父が緊急入院をするアクシデントもありました。






正直、そろそろ限界は感じていたんです。

この改造計画には、対外的な意味や意義は何もありません。
FFのミッドシップ化も、パイプフレームも、実際にやる人やれる人は1万人に1人くらいかもしれませんが、日本には人口が1億いるんです。ってことは、1万人に1人クラスでも1万台は存在するわけです。(笑)

つまり、ミドシップ化もパイプフレーム化も、なにも目新しいものでも何でもないわけです。

では、この10年もかけた改造計画のどこに、第三者が着目できるような目新しさがあったのかといえば、それは

かけらも専門教育を受けていない文系卒素人が、たった独りでパイプフレームとミッドシップの車を造ろうとしたら出来るのか?

そして、それはどんな形が生まれるのか?

というトリビアの種の実証実験だったんじゃないかと。

そして実験結果は

とりあえず10年間、モチベーションの波は訪れるけど、やり続ければ

素人でも

ミッドシップ化と、パイプフレーム化誰でも独りで出来る

だけど

ボディメイクは無理


という事が分かりましたね。(^^
それが解っただけでも、この10年の無駄な時間は無駄じゃなかった。
そしてその情報を全世界が共有できる場所に発信した。

その事が、対外的な紅茶号改造計画の意義であったのだと思います。


おそらく、あのままパイプフレームの時の同じような、完全孤立独学独歩型アプローチをとっていたら、まともに見れるようなモノができるまで、パイプフレームにかかった時間の3倍はかかっていてもおかしくはなかった。

その事を、経験者が見れば容易に想像がついたのでしょう。あのボディ造りの結末がどうなったかを。

だから、僕がやりだしたあの荒唐無稽なボディ造りに、思わず声をかけてしまったのって

『大地震が起きた直後に、海へ向かう若者を見かけてしまった』

そんな場面に出くわしたようなものだったのかもしれませんね。


審査員のタ○リさん、このトリビアの種、何分咲きでしたでしょうか?





Posted at 2017/04/15 02:43:19 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月05日 イイね!
ゲリラPVで蘇った四年前の記憶と、その時歴史が動いたかもしれない話当ブログで時々発生する突発的PV昇竜拳

今回は、前後して特に何も新しいブログを書いてすらいないのに、PVカウンターが誤作動を起こしたかと思うような回転をしていたのですが、こう何度も起きているとだいだい傾向も把握できてきます。





今回も、どこかで誰かがきっと待っていてくれてたんでしょう。風の中で待っていてくれたのでしょう。

ブログの更新を。

でも、それがなかなか更新されないから、時代を遡って過去ログをローラーしちゃったんですね。



そんな記録を眺めていたら、なんか気になるタイトルの記事があって

っていうか、気になるってあんた、自分が書いた記事だろってなもんなんですが


4年も前の事なので、すっかり忘れてたんですね。(;´Д`)


2013年03月18日 童夢が究極のロードゴーイングカーを作るという話


ああ、なんでこれを書いた事を忘れていたんだろう。

この時の話がつまりは

今、僕等の地元三重県のモータースポーツの聖地鈴鹿で動いている、夢のプロジェクトに受け継がれていったのだなぁ・・・(っていうか連載1回目にそのような事が書いてあった(;・∀・))



当ブログでも2回ほどネタにさせて頂いたモーターファン誌の連載記事

2016年06月30日 噂の雑誌を買ってきた

2016年08月30日 ピンポイント購読 2回目

毎回この連載のためだけに、この雑誌を買ってます。(笑)

連載が完結した時に、単行本化してくれたらいいのだけど、普通はそういう事はにはなかなかならないので、連載終了時に自分で切り離して纏めて単行本にしてしまおうというつもりでいます。

SSK4プロジェクトは、フヂエンさんのみんカラでも時々紹介されますが、やはり雑誌連載を見逃しては語れません。
モーターファン誌は、(その賛否はともかく)kindleアンリミテッドで読めるので、アマゾン電子書籍ユーザーな方はかなり気軽に全部読めます。


日本全国で、面白い車のプロジェクトというのは動いているのだけど、やっぱり自分も馴染みの深い地元の街で、今まさに究極のロードゴーイングカーが生まれようとしているその時と同じ時代を生きて、そのストーリーをリアルタイムに眺める事が出来るのは、趣味をこじらせ、へんてこな車造りに人生の1/3もの時間を注ぎこんでしまった人間としては、間違いなく幸運だと思うのです。

もしかしたら50年後くらいの未来には、日本を代表する世界的に有名な高性能スポーツカーメーカーとなる会社の産声を、僕等は見ているのかもしれないのですから。

今この時、日本のスポーツカーメーカーの歴史が動いたのだと、後年の自動車ジャーナリストに書かれる事になるかもしれない瞬間が、今この瞬間なのかもしれません。



Born too late to explore the earth,

born too early to explore space,

but born just in time to watch the ”SSK4 PROJECT”

What a time to be alive!


(地球を冒険するには遅すぎ

宇宙を冒険するには早すぎる時代に生まれた我々だが、

SSK4プロジェクトという瞬間に立ち会うことができた。

生きるとはなんと素晴らしきか!


一部で有名な言い回しを使ってみた。2年前に初めてみてから、一度自分でも使ってみたかったん。(´・ω・`)
しかし、英語の成績が3から上に行った事が無い自分には、What a time to be alive!の和訳が、どうやって「生きるとは素晴らしい」になるのかがわからん。(´・ω・`)
Posted at 2017/04/06 00:17:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 四方山話 | 日記
2017年03月23日 イイね!



あまり進まないなぁ・・・

とりあえず、フロントのボディ造りはここで一時停止です。

暫定的にもフェンダーとバンパーが付いたことで、電装類が全て装着可能となったので、一時停止中だった電装ハーネス造りを再開し、そのまま完成までもっていく腹積もり。

しかし、それにしても・・・

---制作途中ものや、試作で完成形になってないもの-----
・電装ハーネス
・フロントボディ
・自作延長タイロッド改善
・ブレーキ改善
・内装パネル
・バルクヘッド
・シフトリンク
・マフラー
・リアフレームの補強

---まったくの手つかずのもの-----
・リアボデイカウル
・フレームとボディの結合
・ボディ塗装


サーキットを試走できるくらいの完成度に至るまでには、まだこれだけの作業量があるわけで…


本当に、あと9ヶ月で出来るのだろうか?(´・ω・`)
Posted at 2017/03/23 00:21:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | T-top | 日記
2017年03月10日 イイね!
教科書には教えられない人間学えー今回の話は、前置きから結論に辿り着くまでの経緯説明が長いので


プライベートブログをそのまま流用します(笑)




物語のスタートは、2017年3月8日の夜。

大型Gタイプこの世に生を受けて32年と11か月の人生で初めて、硬化剤を使うパテを使った時から始まる。





























ここで1日目が終了。

途中、プロのコメント入ってますが、全てやった後です(笑)


そして2日目。














今回、自分は超素人的失敗をしたわけなんですが、その失敗が自分にとってはすごく面白い発見があって。

今回の失敗は、硬化剤の2%という比率を桁で間違えてたところなんですが、なんでそんな事になったのかという事を考えた時の心理学というか行動学というか、つまりは人間の錯覚や思い込みや、思慮の浅さみたいなものを体験できたのが興味深かった。


文中で言っている、「目じゃー」っていうのは僕等のような人たちの一部の界隈でよく使われる造語で、つまりは目測の事なんですが、二次元的な大きさにたいしての「目じゃー」が、桁間違えるって絶対ありえないんですよ。

例えば、長さ1mの棒を用意して、目分量で端から2cmの部分に印をつけてくださいと言われて、1cmや2cmずれることはあっても、10cmや20cmずれることはありえないでしょ? もしいたとしたら、それは人の話を聞いてない人です。

なのに、僕は今回の硬化剤の比率を「目ジャー」っでやって、そのレベルのズレを起こしたんです。

何故そんなめちゃくちゃなズレになったかというと、2%という比率を二次元的に捉えてしまったからなんです。

つまり、トレイに広げたパテと硬化剤の比率を、まるでオセロの盤面みたいな感覚で98:2を考えてしまったんですね。




体積という概念をまったく考慮にいれずに、平面的な対比で2%を目ジャった結果、文字通りケタ違いに比率を間違ってしまったわけです。


翌日、秤ではかったときのパテ量の少なさに愕然としました。(笑)




色も全然違うって言うね。


この一連のミス。


”作業”としては大失敗もいいところで、”物造り”のカリキュラムとしては愚かさこのうえないんですが、自分という一人の人間がその時は「これが正解だ!」という判断をし、決断をし、そして自分が正解だと思った扉をつきやぶったら、目の前に泥のプールがあった。



自分の判断力を曇らせたのは、体積を目分量で計る感覚を錯覚していたこと。

長さを目ジャーで計る事は誰でも出来ても、質量や体積はそうはいかないこと。

今までの自分が無理解であったことを理解した瞬間。 無知の知。

正しく2%の硬化剤を含んだパテを生成した時、僕の脳はアハ体験による満ち足りた幸福感を感じておりました。

これは、最初から答を教えられていたら、この幸福感は得られなかったんじゃないかなとも思う。

D・I・Yの楽しさの根源は、ここにあるんじゃなかろうかと思ってます。



また、自分は接客業という職業柄、『自分にとっては超がつくほど普遍的で常識的で息を吸うのと変わらないくらいに自然に理解している事を、1ミリたりとも理解していない相手に、理解してもらえるように説明する事』が職務であるので、こういう「素人の失敗のメカニズム」を追体験しその構造を理解することは、ビジネス的にも有意義だったりすると思ったりしたりなんかして。




まぁ、こんな非合理的な事をしてるので、三十路までには完成させるとかいってた車が、33歳になった今日に至っても完成してないんですけどね。(´・ω・`)

みんカラのブログ始めて最初の3月10日は22歳だった自分。

あの時はケーキを作って食べたけど





33歳の今日はカレーとケーキを食べました。


誕生日にカレーを食べて、華麗に加齢。


なんつって(´・ω・`)
Posted at 2017/03/10 23:47:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | T-top | 日記
2017年03月05日 イイね!
http://tver.jp/episode/27004698



噂で知った時には既に地上波放送は手遅れだったけど、2017年未来都市 夢は全て叶う時代の日本では、ネットで再放送が見れるんだぜ。

で、見たんだぜ。



超、おもしろかったよ(・∀・)

さすがの老舗番組だけあって、万人が見ても面白いように作ってあるし、それでいて車好きは多かれ少なかれどこかに感情移入ができる要素がつまっていると思う。

そして、見ていてとても不思議に思ってくるのが、最初は番組の笑効果音と一緒に笑えるんだけど、途中から効果音は笑かしにきてるんだけど、こっちは笑えなくなってるんだよねぇ。

具体的には、まさかのシルバニアファミリーのくだりは僕もげらげら笑ってたんだけど(あれは確かに不気味(笑))、ヴィヴィオとの会話シーンではTVは笑ってるんだけど、俺真顔状態っていう。







あのくだり、本当に純粋に車愛な人たちには、あそこで笑い声が入るのが不快かもしれないんだけど、自分はそうは思わず、ただただ「車好き」っていう価値観について考えてた。

数年前、別のSNSであげてた内容で、ローカルの車好き仲間から苦言を言われたことがあって、つくづく思ったのが「車に興味がある」っていうことと、「車が好き」っていうのは=ではないってこと。

自分は、自分の感性に(それが他人に迷惑をかけない範囲であれば)あれこれ言われたくないので、他人の感性に直接あれこれ言わないようにしている。すくなくとも否定的な事は。

で、自分が「車が好き」ではない事は昔から自分自身がよくわかってたんだけど、そのトラブルがきっかけで、「車好き」とは距離を置くようになった。

あの時のトラブルを見ていた、普段からよく顔を合わす第三者(そこそこの車好きで会社の後輩)からは「Gさんは車が好きなんじゃなくて、メカニズムとかが好きなんだもんね」と言われ「おまえは俺の事よくわかってんなぁ・・・(´・ω・`)」と苦笑したもんです。だから自分は、自分の車を愛車とは言わんのだ。

そんな、いろいろと心に闇のある自分にとって、あの100%純真無垢な車愛を見せつけられたシーンは、自分には絶対に手に入らないものを見る羨望と、でも、ああいう感性を持ってしまったら、自分のこの人生の楽しさは決してなかったであろうという達観があって、なんとも複雑な気分になって笑えなかったのです。

嗚呼、そうだろう。 あそこまで純真に車を愛している人間に



これはできまい(´・ω・`)















まぁ、とにかくいい番組でした。

思い出の車の次に、思い出の臭いダチョウの卵という流れも最高だった。

まだ見てない方は、配信が終了してしまう前に是非ともご覧くださいな。



おまけ:(ここからは毒吐くよ)

実は、今うちのガレージには



こんなのがある。 

V型2気筒のリッターエンジン。

これは前回も登場した知人から2年前に買いとったもの。

その当時、知人との話している時に
「ヴィヴィオの次は、ビートにバイクのエンジン載せたいなぁ。世界的にはそういう時のエンジンって決まってスズキかカワサキなんだけど、ビートに載せるならホンダエンジンじゃないとストーリー性が無いよなぁ でも、ホンダのスーパーバイクのドナーって全然見ないんだよなぁ」
って言ってたら
「あるよ! いいのが!」
って、見せてきたのが彼が持ってたこのバイクだったんです。
家庭環境の都合で、手放したかったみたいで。

自分としては、いつになるかも分からない遠い将来の事だったんで、そんなすぐ手に入れようとは思ってなかったんですが、まぁせっかくの機会だったので買い取ることにしたんです。

ただ、ちょっと気が引けたのが、彼が根っからの「バイク・車好き」な人だったこと。

僕はもう過去の経験からも、見知った車好きから愛車を買いとるのはあまり乗り気になれなかったんですが、まぁ流れたなら流れたでいい話だったんで、交渉成立する前にはっきり言ったんです

君がそのバイクにどれだけ愛情を注いできて、どれだけ思い出が沢山つまっていようとも、君がそのバイクをお金に換えて手放したのなら、その瞬間このバイクの所有権は100%僕になるよ?
僕のモノになったら、何をしようが僕の自由であって、当初の予定通りならドナーにするわけだからバラバラに切り刻むし、しかもまともに完成するかも保証は無い。もしかしたら、結局乗らずにまた売るかもしれない。

それでも良いなら買うけど、どうする?

そしたら彼は「それでも良い」といったので、今コイツはうちのガレージの第二倉庫の中で、動体保管されています。



僕はよく聞くフレーズである

大事に乗ってくれる人に売ります

っていう売り文句が嫌い

そんなに大事なもんだったんなら、一生添い遂げろよと思う。

それか本当に大事に乗ってほしいと思うなら、自分が手放してからも手放した車が大事に乗られなくちゃいけないなんて呪いのような情念を次のオーナーにかけんなら、金に換えんなと。

自分では維持できなくなったけど、自分の代わりに末永く維持してくれるなら、対価はいらない。大切に、大事に乗ってもらう事が対価だ。
そんくらいの事をして初めて、手放した後の車のことに干渉する権利を持つと、僕は思ってる。


そういう意味では、愛が深すぎたゆえに、自らの手でスクラップにした、あのヴィヴィオオーナーに対して、僕は心底尊敬するし、その愛は本物だったと思う。

本当に、羨ましいと思うくらいに本物の愛情だったと思う。





さて、今年紅茶号がめでたく完成したら、ようやくこいつの出番がやってくるんだよな。

床に穴が開いて、もう自分では維持する事が出来ないからと、溺愛してた前オーナーから譲り受けたこの車。

今は検切れ動体保管状態だけど、こいつはいつか再び公道を走らせるよ。

紅茶号の材料に使った、機械構造用炭素鋼管は、まだ結構残ってるからね。(笑)
Posted at 2017/03/05 22:49:13 | コメント(5) | トラックバック(0) | 四方山話 | 日記
プロフィール
「フフフ
まさか 全国どこでもある丸亀で
朝飯食べてるスーツ姿のオッサンが、600km遠方から来たレジャー客だとは思うまい…」
何シテル?   04/23 11:19
人生とは前向きに生きていくしかないが、後ろ向きにしか理解できないものである。 そんな人生送ってます。 名前が微妙にころころ変わりますが、基本的な名前は”...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
まずは対話から始めましょう。

ブログ上で何の絡みもなく、初対面で突然のお誘いは基本的にお断りします。

例外として、以前別IDで活動していて、その時に絡みがあった方や、他SNSやローカルでのお知り合いの方は、お誘いメッセージにそう解るように書いてもらえればOKです。
83 人のお友達がいます
しんちゃん!改めsin爺しんちゃん!改めsin爺 * 黒鉄黒鉄 *
のうてんき。のうてんき。 * mnetmnet *
なべ管理人っす!なべ管理人っす! * まっちーpapaまっちーpapa *
ファン
88 人のファンがいます
愛車一覧
スバル ヴィヴィオ 紅茶号 (スバル ヴィヴィオ)
人生で初めて買った自分の車です。 学生時代、常に共にあった車です。 この車で北海道に ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.