• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

大型Gタイプのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

最後のシ者の「・・・」

最後のシ者の「・・・」最短距離でのゴールを目指して舵をきった当改造計画ですが、


どんなルートを選んでも
絶対に避けて通れない関門があるのです





それは


紅茶号改造計画 難関四天王 最後の使者


リアカウルのFRP造形


これだけは、やらないとどーしょーもありません。

なにしろ、外装が全部残ってるフロントと違って

リアは切り刻んで無くなってますから。








そんなわけで、リアカウルのFRP造形を始めるわけですが、現時点で

僕はエフアールピーのエの字も知らない状態です。

ガラスマットも生まれて初めて触ります。

なので、このモノタチが一体全体どのようなものなのか、まったく分かりません。


このような状態で、いきなり本番の造形を始めると、取り返しのつかない失敗をするということを、今回のマスターモデル造りの暴走でよーく解ったので、今回は型取りの本番ボディに触る前に、事前に予習をしておくことにしました。




とうわけで、人生初のガラスマットとエポキシ樹脂のご成婚に立ち会いました。


はっきりいって、FRP製品としては滅茶苦茶な事になってますが



今回の実験目的は、ガラスマットの積層方法とか、樹脂の塗り方を覚える事よりも、もっと重要なある事の確認が目的です。







・・・どうやら、実験は成功のようですね。







今回の実験目的 それは




ボディの塗装面に極力ダメージを与えずに

雌型を取る方法の実験です。


なにしろ、その生贄となる車は紅茶号とは別のT-topであるので、そのボディ外装にダメージを残したくなかったので。



この方法は、去年千葉のF先生に教えてもらっていたものでした。驚くほどに綺麗に剥離できました。

やはり先人の教えを享受できると、いきなり成功するのでその効率の良さは半端ないですね。(;´Д`)


来週からは、この実験体を使って色々予習をしていきます。
Posted at 2017/07/23 21:38:10 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月20日 イイね!

野心よ原始に戻れ

前回の更新からずいぶん日が経ってしまいました。


その間も作業はいろいろと続けて居ましたが、計画の進捗状況は芳しくありません。


また、実質的に改造作業ブログが停滞していた3か月の間に色々と思う出来事がいくつも起こりました。


そして、一つの決定をしました。


おそらく、この決定が、この改造計画で最後の大きな方針変更になるでしょう。


今回の紅茶号では



このような大幅がボディ拡幅、そしてそれに伴るオリジナルデザインのフロントフェイスは




凍結します。


ボディ造りは撤退します。

それを思い始めたのは・・・



ン十時間を注いで造っていたマスターモデル。 その仕上げに無謀なぶっつけ本番な処理をして、膨大な作業時間の末の造形を台無しにし



ふと振り返ると、昨冬からまったく制作進行がストップしている本体の姿を見た時。

こんな事していていいのか?

と思ったわけです。

冷静になって考えると、この未知の領域の取り組みを今後も続けた場合

100% 今年中のサーキットデビューは不可能

という事が、経験則から理解できてしまいました。

自分は決して、モノ造り能力が高くはありません。むしろ低いし適性も無い。
これは趣味道楽だから許されているだけであって、これを生業にしようものなら3ヶ月で首がまわらなくなるほど、モノ造りに向いてないと言えます。

その最もな原因は集中力が続かないことで、その理由も自分では気が付いていますが、それはここに書いても詮無い事なので割愛します。

まぁつまり

今は身の程をわきまえようと思ったわけです。


そもそも、この超ワイドボディを造る事が紅茶号改造計画ではなかった。

紅茶号改造計画の本丸は、ヴィヴィオT-topの水平対向の縦置きミッド化

この1点のみが、その目標だったはずです。

結果的にそうなてしまったフルパイプフレームだって、元々の計画には無かったのが、強度的な欲目をだして(というか不安)から、成り行きでフルパイプフレームになってしまった(後述しますが、ここで最大のミスを冒してもいました)

それが、何故にこんなワイドボディを造ろうとしてしまっているかというと

計画始動段階で、フロント16インチ リア17インチの大径タイヤを付けようと決めてしまって、そのホイールとタイヤまで新品で用意してしまった。



このせっかく用意した高級ホイールセットを使わないという決断がどうしても出来ず、それを収める為に結果的にボディの最低拡幅サイズが決まってしまっていました。(またフロントフレームの設計ミスもあって、余計に外にオフセットした)


ですが、いい加減この未練を断ち切る必要を感じていました。

今、この時間は無限ではない


そう思い知らされる出来事が、身近なところでいくつも起きていたのです。


この時間がいつ突然終わるかわからない。

だから、この計画を考え、その野心を原初胸に抱いた時に見据えたゴールまでは必ず辿りつく為に、望外な野心は捨て去るべきだ。

一般の社会人なら、なかなかできない膨大な時間の一点集中と、幸運な環境をもって、もとより無能力な文系素人の自分がここまでの形にもってこれた事だけでも運が良かったと思うべきで、これ以上の高望みは足元をすくわれかねない。

もう作業工程に、これ以上の不確定要素を取り込んじゃいけない。残りの半年は確実にゴールまでの工程を進められる確定要素のみでラストスパートにしなければいけない。




そして、大径タイヤと超ワイドボディは諦めました。

最終的につけるホイールはまだ決めてませんが、F16R17の軽四にあるまじき異径サイズになることはもうありません。






そして、ここにきて僕はようやく、今次改造計画の最大最悪の凡ミスに気が付いたのです。






なんでこんなミスをしてしまったのか。

それは、この最後にパイプフレーム化された部分を、どう作っていたかを思い出せば否が応でも解ってしまうのですが、それは当時であっても十分予測はついたはずで、それなのにこんなミスを遺してしまったのは、ある種の確信犯的な諦観と妥協があったといえるのでしょう。

もはや、これを直すにはフロントストラットマウントの造り直しとなりますが、この状態からのソレは計画進行に致命的な一撃となります。たぶん、それは物理的よりも精神的にでかい。

どうするか決められぬまま、この日は失意の中で帰宅しました。


そして考えること一週間。


今次改造計画の最終的な方針が決定しました。


紅茶号改造計画は、

試作実験機である前期型1台 完成機の後期型1台 

の計2台を制作するものとする。

前期型の目的は、素人が個人で水平対向ミッドのヴィヴィオを造ってサーキット走行までの経験を蓄積する事。

ここまでが改造計画 第一期。
 
そして第二期として、その前期型を制作するうえで蓄積した経験・構築した環境をもって、完成形の水平対向ミッドヴィヴィオを、自分が死ぬまでに造る。

きっと造る。

多分造る。

造るんじゃないかな。

まぁちょっとは覚悟はしてます。


前期型の致命的なフレームミスは、無理やりの帳尻合わせでいくことにしました。

やれなかったと、やり残したこと、今の自分では出来なかったこと

すべては、次の後期型で・・・




そんなわけで




今、ココ


マスターモデル造りで学習した

「未知の領域を、いきなり本番でやらないこと」

を教訓に、紅茶号の残骸使って、ある実験をしています。

この実験の詳細は次回のブログで。




しかし、なにが悲しいって






あれだけ苦心してた大径ホイール&ワイドボディより

こっちの汎用オバフェン仕様の方が周りの評判が良い事だよ!(´・ω・`)


ちなみに、まだちょっとタイヤがはみ出てるけど、それは15mmのワイトレ入ってるからで、それ外せばもっと引っ込む。
(今までの大径ホイール付けるために必須だったワイトレつけるのに、ハブボルト切っちゃってるので、それ直すまでワイトレ外せないの)



最後に一言

一連のワイドボディ造りで手助けして頂いてた皆様、せっかくのご厚意を形にできずすみません。自分にはまだそのレベルに到達できる力がありませんでした。m(_ _)m
Posted at 2017/07/20 02:12:51 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月04日 イイね!

心の迷図を彷徨い続けるなう

心の迷図を彷徨い続けるなう最近作業ブログが滞ってるのは


まぁひとえに迷走してるからです






いやぁ難しいですね。



紅茶号改造計画ってのは、やっぱりあくまで僕の自主企画なわけで、ゴールにへは自分の足で辿り着かねばならないし、そうでなければ意味もないのですが






まぁ難しいです。


自分で何やってんのか、よくわからなくなってきます。



いろんな意味で真っ白です










ちなみに












ビストロ止めてみました。


あのデザインでの大幅の拡幅が上手くイメージできませんでしてん。


実は、改造計画の構想を始めた時はビストロではなく、このバンパーを使う予定で、10年以上前に入手してずっと倉庫にしまってあったものを、ようやく出してきたというわけです。


まぁ、その当時はまさか真ん中でぶった切るとは夢にも思ってませんでしたが…


なんのバンパーなのかは、この界隈の人には正答率が非常に高い簡単な問題ですね。



まぁそんなわけで、今年サーキットデビューを目指していましたが、なんだか怪しくなってきた今日この頃です。





余談
僕は今のこの状態を、心の中でブラックサレナと呼称してますが、僕より一回り世代が上だとチョバムアーマーになるのでしょうね。となると、一回り世代が下の若い子たちは何になるのだろう・・・
Posted at 2017/06/04 23:38:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月21日 イイね!

それは良いインターネットでした 島根やっとかめ来訪記 完結編

それは良いインターネットでした 島根やっとかめ来訪記 完結編
まずいきなり






伝説のセンターシートに搭乗させて頂き、エンジン始動までしていただきました。


もう最初からクライマックスです。



懐かしのHKS CAMPです!

そろそろナウいヤング世代には知らない人も出てきていそうですが、後継のCAMP2のようにOBD2接続ではなく、この時代のデジタルメーターでは常識のECUや各部センサーから直接信号を取ってくるタイプのもの。

僕もCAMPは持っていて、紅茶号のデジタルメーター化計画で使おうと思っていたんですが、画面デザインで同ジャンルの商品であったEPSON EJ-1の方を気に行って、紅茶号にはそちらを付けていました。(後述する理由もあって)

こういうデジタルメーターって、いかにも競技車両って感じで憧れましたね。

ちなみに、大谷さんはこれ(CAMPでデジタルメーター)はもっと流行るかと思ったが、思ったより流行らなかったとの事。

そういえば、僕がまだ学生時代に見てたWEBサイトで、トヨタSERAをCAMPを使ってデジタルメーター化してる方がいたんですが、サイトに掲載されていた室内画像を見ると、メーター画面に SERA っていうオリジナル起動画面が映ってたんですよね。(SERAは僕が一番最初に買おうとした車 結局T-topになったけど)

あれにめちゃくちゃ憧れて、なんとか真似できないかとCAMPを手にいれて、方法を考えたものですが、電子工学まったく無知の自分ではどうにも出来ずに、今もCAMPは仕舞いこまれたまま。


作者のWEBサイトは既に消失しているようですが、該当ページだけ残っていました。
(今にして思えば、これSERAの起動画面とCAMPの起動画面は、多分別個の存在ですね。当時の僕はCAMPを改造して起動画面を造ったのだと思ってました。よくよく考えたらそんなわけがない)


・・・話が脱線しました






センターシートから見える前方視界は何とも不思議なものでした。

多分、慣れてない人が乗ると車幅感覚がつかめないと思います。



自作のシフトリンケージ。

なんとワイヤーじゃないんです。

でも、このミッションのベースはエボのミッションでシフトワイヤーのはず・・・

聞いてみたら、なんと途中からリンケージがワイヤーになるというハイブリッド構造でした。
何故そんな複雑な仕組みなったのかは・・・聞きそびれました(笑)










そして、次に解説していただいたのが、

このミッドシップ4WDのメカニズム

どうやって成立しているのか?

今回、もっとも時間をかけてご説明して頂いたポイントなんですが


大型Gタイプ、理解できず(´・ω・`)


いや、結果的に機械同士が合わさって起きている現象は理解できてるんですよ?


でもね ここで問題なのは

大型Gタイプ その33年の人生で

ギアBOX系の中身は一度も触ったこと無し


という経験不足。

つまり、僕ってのはトランスミッションやトランスファーやデフといった機構は、書籍に記載された文字情報でしか理解できていないのです。

ということは、頭の中に実際の構成パーツをイメージできません。

そういう理解レベルでは、この手の応用・流用ネタってなかなか理解が伝わりません。

そんなわけで、このミッドシップ4WDを真似したい、造りたいという人がいたら、




島根までレッツゴーです。(笑)

なお、渡洋自動車さんはここよりさらに西になります。(´・ω・`)



他にも色々な話をしましたが、それを全部書いていくと膨大な量になってしまうので、とてもよく理解できて興味深かったお話を3つほど。


(引用元:竜三君のD車製作記) 

その1 リアサスペンションについてのお話

この車のリアサスはオリジナルのロアアームを用いたストラットなんですが、目から鱗が落ちまくったのがその設計方法。

話題がロールステアをどうしたかという話になった時、大谷さんが語った驚愕な設計手法

基本的にロールステアが大嫌いだという大谷さん。

なので、ロールステアのトー変化が起きないようなジオメトリになるようにトーコンリンクを造るわけなんですが、そのやり方がとんでもない。

店の業務が終わってから、夜な夜なピットで電気代がやばいくらいにひたすら2柱リフトを上下させて
トー変化がほぼ起きない配置実測で導き出したそうです。

CADで設計することも考えたそうなんですが… 確かに設計図どおりに造ったものが設計通りに動かないなんてよくある話で・・・

まさに論より証拠。 とんでもない体育会系実践主義です。(;´Д`)スゲェ


(引用元 勝利の方程式)

そして、そんな風に造られた車の動きがコレ。

確かに、このお方にバンプステアなんていらないw



ちなみに、紅茶号のリアサスのトーコンリンクは、大衆車のセオリー通りなバンプトーインに「なれば良いな♪ なったら嬉しい♪」という希望的観測の元に神様に祈りながら適当に決めました。てへぺろ☆(・ω<)






(引用元:勝利の方程式)

その2 ストラットマウントの話


当改造計画開始当初、大谷さんの車の写真を参考にしまくって造り始めたのが、この自作1号フレーム。


僕が大失敗して廃棄したこの初期フレームは、ロールステアの理解がないまま、リアサスに必要なロールステアの動きを得ようとして、「何だかよくわからんが、フロントと逆のトー変化がいるなら、前後をひっくり返せばいいじゃないか」とフロントサスの前後を正反対にして取り付けたら、当然の如くキャスターも逆になって、後からその重大性に気が付き泣く泣く作り直したというのは前にも書きましたが。


この1号フレームで一番お金も手間もかかったのが、ストラットマウントでした。

とにかく、大谷さんのフレームをパク・・・じゃなくて参考にしようとして造ったのですが、このストラットがおさまるサイズの適切なパイプが見つからない。

結局、鉄骨屋さんに無理言ってインプのストラットが収まるギリギリのサイズの機械構造用鋼管を取り寄せてもらったのですが

その厚み なんと8mm

結局、外注で旋盤加工してもらって薄くしたんですが、材料費も加工費もとんでもなくて、この1号フレームの製作費のうち9割がこのストラットマウントだったという逸話なんですが・・・


今、10年越しの疑問の答えを知っている人が目の前にいる。

これはもう訊かずにおれぬ。(`・ω・´)シャキーン




大谷さん、このストラットマウントに使ってる鋼管は何ですか?



「ああ、それ? 消火器」












・・・ (ω・ )ゝ パードゥン?





消火器の筒w 丁度いいサイズだったからww それ切って補強したの」







「それを、切断機で何回も切り込み入れていって・・・」










その発想は無かった orz


そして、あのカッコイイ 楕円形のカット口は

ありふれた工具を使って

とんでもない労力の元に出来てました。




そりゃ、どんだけ鋼管の規格表見たって見つからないわけですだよ・・・








その3  そのアイデア プライスレス



アルミのルーバーの端っこのRをどのように造ったかとか


凡百のパイプベンダーを魔改造して、JDベンダーレベルの性能になってる改造ベンダーとか


なんというか、創意工夫の玉手箱かってくらいに、アイデアのオンパレードでした。


ベンダーもφ40の治具が無いから削ったとか・・・
(そう、40mmて無いんですよ。インチ基準サイズじゃないから)

 もう消費エネルギー量が本当に半端ない。




 結局、もう色々と話は尽きなくて

朝九時の訪問から、会社の昼休みまで、ずーーーーっとお話に付き合って頂きました。

 もう感無量です。


 まだまだお話を聞いていたい気持ちに後ろ髪をひかれながらも、ここらでおひらきに。

 「もう撮りたい所ない? 大丈夫?」

とのお心遣いに

大丈夫です! もう大満足です!! と120%笑顔で。


・・・まぁ、本当に他に見たいとこないのかと言われたら、そんな事は無いのでありますが


(引用元 勝利の方程式) この画像今までに50回くらい見返してる


フレームとモノコックの接合部分
を間近で見たかったけど



その為にはリフトアップしてアンダカバーを外さねばならず

そして、このサービス精神の塊のような人にそんな事をお願いしたら、多忙な身を省みず本当にリフトアップし始めかねないので、さすがに大人の理性が仕事しました。(笑)








謝辞






大谷さん、今回は本当にありがとうございました。

渡洋自動車のみなさん、何時間も社長様を占有してしまいご迷惑をおかけしました。(^^;

大変刺激的な1日でした。


もし、またいつか何かの機会があれば、是非もう一度楽しいお話聞かせてください。



終わりに



そして、十数年前に大谷さんのWEBサイトに影響されて、この無謀なチャレンジを始めたこの僕が見て聞いて感じた事を書き連ねたこの発信が、また別の誰かに届いて、こういう世界がある事を知るきっかけになったなら、それは良いインターネットでございます。


この国の未来に、自作系モータースポーツの火が灯りつづける事を祈って・・・




fin
Posted at 2017/05/21 03:10:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月08日 イイね!

それは良いインターネットでした 島根やっとかめ来訪記 中編

それは良いインターネットでした  島根やっとかめ来訪記 中編



「遠路遥々ようこそ♪」

絶賛超繁盛中なPITからひょっこり現れ、そういって僕をがっつり握手で出迎えてくれた方こそ

今から十数年前、国内自動車競技として隆盛を誇ったのダートトライアルDクラスの活況が衰退し、じわりじわりと冬の時代へと突入していった頃、たった一人で独自機構のミッドシップ4WDを造りあげて参戦し、西日本ダートラDクラス業界に局地的な春風・・・いや、もっと熱いシャマルのような局地的灼熱風を巻き起こしていた伝説の人物。

渡洋自動車整備工場の大谷竜三氏その人であった。


いや、本当にすごいんですってば。 ミッドシップ4WDですよ!?

ただの流用ミッドシップ化とはわけがちがう。

何かの車種のミッドシップ4WD機構をそのまま持ってきたわけでもない。
(っていうか、競技ができるミッドシップ4WD機構の市販車なんぞ、それこそグループBの市販モデル買ってこん限り存在しねぇ)

既存の部品を元にワンオフ加工しまくりで作り上げた完全オリジナルの4WD機構。

そして、400PS超のパワーで競技水準の走行負荷を繰り返しても一度も破損しなかった完成度。

はっきりって

FFのMR化は、個人でもやろうと思えば誰でも出来るが(ただひたすら面倒なだけ)

ミッドシップ4WD化を個人でってのは、
車両改造・整備の心技体の全てを極めている人しか無理。


前に、個人でMR化をする作業の難易度を

小学校の夏休みの宿題を10年分くらいやるようなもの

と例えたことがあったけど、同じようにお勉強で例えるならば

受験で東大・京大に合格するようなもの

それがミッドシップ4WD化です。 


そんな、プライベートビルダーとしては黄金聖闘士の一人に数えられても決しておかしくはない大谷氏を前に、十把一絡げの青銅聖闘士の聖衣にすら選ばれないだろう自分がD車を見学したいなどと来たはいいけど、よりにもよってまたなんて忙しそうな頃合に来ちまったんだとオロオロしておりました。ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ


すると、各スタッフにテキパキと業務指示を出していた大谷さんが、おもむろに外に展示してあった(おそらく試乗車の)軽自動車のドアを開けると、エンジンキーを中に放り投げ



「G君(仮名)! ちょっと仕事手伝って(笑)」



・・・へ!? (;・∀・)





気が付いたら

大谷さんがお客さんの所に納車しに行く時の、随伴役を任されておりました。(笑)


考えてみると、この時の僕の服装は




ツナギと安全靴だったので、お客さんから見たら違和感無かったのかもしれません(笑)


正直、大谷さんのこの計らいはとても有難いものでした。



自分は、この手の100%先方の厚意の上に成り立っている会社訪問の時は「先方の業務の邪魔をしに行っている」という思いが強く抱いてしまう為、「1秒でも長く見学していたい」という欲求と「可及的速やかに、1秒でも早く帰らないといけない」という義務感のパラドクスで頭が沸騰してしまい、結局落ち着いて話が聞けないという事態に陥ったりするのです。

今回もまたそのような失敗をしかねなった矢先、大谷さんが僕に必要な仕事を任せてくれたおかげで、自分の客観的立場が『100%仕事の邪魔者』から『99%の邪魔と1%の貢献』くらいに変化した事で、とても気が楽になったのです。その1%の藁に縋って99%の邪魔な自分という認識を一時だけ頭の片隅に追いやるのです。(笑)

納車からの帰り道、大谷さんからブログや旧WEBサイトでは知りえなかった自身のお話を聞いたり、自分の話をしたりして、緊張していた自分がとてもリラックスしていったのを覚えています。

そして、先ほどの本工場に帰って来て・・・




今度は、今から板金工場に持っていくという要修理車両に乗り換えた大谷さんが


「また着いてきてくれるかな?(笑)」



いいともー!(・∀・)


もう、どんどん使ってくださいという感じでした。1%から2%へ(笑)



そして、大谷さんの後を着いていった先、本工場から数百mほど離れた場所にある板金工場の建屋の奥深くに・・・






伝説は

鎮座ましましておられました。




(今度こそ)後編へ続く
Posted at 2017/05/08 01:01:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ああそうか。今気がついたけど、型取りベースマシンの、トランクとバンパーはストック部品と交換できるんじゃん。 これでダメージの心配はリアフェンダー周りだけになる」
何シテル?   07/24 00:51
人生とは前向きに生きていくしかないが、後ろ向きにしか理解できないものである。 そんな人生送ってます。 名前が微妙にころころ変わりますが、基本的な名前は”...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

まずは対話から始めましょう。

ブログ上で何の絡みもなく、初対面で突然のお誘いは基本的にお断りします。

例外として、以前別IDで活動していて、その時に絡みがあった方や、他SNSやローカルでのお知り合いの方は、お誘いメッセージにそう解るように書いてもらえればOKです。
83 人のお友達がいます
モリ☆マッコリモリ☆マッコリ * チャッピィ@諦める事を諦めよう!チャッピィ@諦める事を諦めよう! *
ぺそ太郎ぺそ太郎 * のうてんき。のうてんき。 *
まっぴ@まっぴ@ なべ管理人っす!なべ管理人っす!

ファン

90 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ 紅茶号 (スバル ヴィヴィオ)
人生で初めて買った自分の車です。 学生時代、常に共にあった車です。 この車で北海道に ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.