• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白板四郎のブログ一覧

2018年02月17日 イイね!

2018/2/17の昼の風景

平昌で、羽生結弦が映画陰陽師のテーマである、SEIMEIに合わせて演技を始めた頃、水元のアトリエダーシャでは、陰陽師のラストシーンで都の空を覆ったような黒雲が突然現れて、大粒の雨が一粒二粒と落ちてきた。
おそるべし羽生結弦!
(笑)

で、せっかくお会いできた、河っちさんと充分お話しする事もできず、家族分のパンをサドルバッグに押し込んで家へと急いだのであった。
河っちさん、慌ただしくてすいませんでした。次回お会いできたらよろしくお願いします。



流山では、青空だった。




河っちさんの愛車。ピカピカです。



Posted at 2018/02/17 22:29:21 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年01月01日 イイね!

2018犬巡り

明けましておめでとうございます。
毎年恒例の干支にちなんだ小ネタ巡りです。
東京東部で犬の銅像を巡ってきました。
犬のつく地名、峠はいろいろある中、皆さまの予想を裏切るかなりのお手軽さであります。

じゃ、まあご覧ください!




↑落語ファンならご存知の「元犬」です。







↑犬は安産なんだそうです。





↑こちらは、読書感想文の課題図書になったことがあるという名犬。






↑人の役に立つ犬の代表格でしょうか。







↑こちらはなんというか…


この他にも、いろいろありそうですね。

今年もよろしくお願いします!




Posted at 2018/01/01 06:39:35 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年11月05日 イイね!

2017/11/5の朝の風景

行こう行こうと思っていながらなかなか機会がなかった益子の陶器市にかみさんとドライブで行ってきた。


収穫はこれ。
アルファさんことオオタカ・マサキ氏のテントを訪れ、小一時間もお話をさせていただきました。






アルファさん、ありがとうございました。
Posted at 2017/11/06 21:41:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 出会い | 日記
2017年11月04日 イイね!

2017/11/4の朝の風景

筑波山麓秋祭り。
お誘いは毎年受けていましたけど、この時期いろいろ予定が重なりご一緒できなかったんです。
筑波山にはいつでも行けると思っていた、のも事実なんですよ。
でも今年はtaboom氏の呼びかけに乗らせていただいて、堪能してきましたよ。


出発していきなりの朝日峠の登りは、8~9%ある。最近4か月ほどさぼっていた体にこれはきつかった。
久しぶりに、ハアハア、ゼイゼイと登り、休憩するとセキが止まらなくなるのはどうしてなんだろう。
途中、雲海っぽい風景を見ることができた。





朝日峠から風返峠まで登り下りの連続は、普段ほとんどギアチェンジをしない私にイヤというほどギアチェンジの練習をさせてくれた。
足が回らなくなってようやく風返峠着。ここまでが、第一部とのことだ。







続いて第二部の限定公開へ。

まずは、旧筑波郵便局。







落ち葉を貼ったガラス窓が季節感たっぷり。






こんな急坂を下ると







古民家、大越邸だ。150年前の明治時代には旅籠として使われていた建物だ。







中へお邪魔すると、オリーブのお茶でおもてなしを受けた。



今回の参加者は、プランナーのtaboom氏、taboom氏のお知り合いのrikoパパ氏に、いつもご一緒していただける、4Cats氏、I氏と私の5人である。(写真の並びとは無関係です)




二階へ上がると、ここも窓ガラスが綺麗。







屋根に足を投げ出してみた。あ~気持ち良いね~~






急坂をフルブレーキングで下り続け、鳥居をくぐったら第三部開始。
まずは酒蔵へ向かうのだ。









私はアルコールを嗜まないので酒蔵の写真は無し。
外へ出てくると、TAのバッグにカマキリがとまっていた。
キミは連れていけないのだよ。





そして地元農家の方の出店でお買い物。





フィナーレは、つくばみちの彼女に会うことだった。





taboomさん、皆さん、ありがとうございました。
おかげさまで、筑波山麓秋祭りを満喫することができました。
ただ、走るだけではない、第二部、第三部がイイですね!





おまけ1。
前日のtaboom氏の書き込みに触発され、出発間際に詰め込んできた、ファイヤーガードと固形燃料(旅館の一人鍋で使うやつ)を使ってお湯を沸かした。






おまけ2。
大榎。立派である。





おまけ3。
今回の収穫。








きっとどこかで見てましたよね、ティオさん。

Posted at 2017/11/06 21:33:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 出会い | 日記
2017年04月22日 イイね!

2017/4/22の朝の風景

4Catsさん(以下4氏)のクルスルートが完成したというのでお披露目をお願いした。
早朝の水元公園に集まったのは、4氏、Iさん、そして私。
特に申し合わせはなかったが、クルスルートに敬意を表し、Iさんはシマザキのレーサー、私はVitusで自走してきた。
水元公園からモンシュシュ往復のいつものコースをたどり、水元公園で解散したのは昼頃だった。


クルスルートといえば、故新田真志氏著の「美しき自転車 魔物たち」の巻頭を飾った、ルネエルスのそれが強烈な印象を残しているが、それはRDにサンプレのレコード60をおごられていることに象徴されるようにまさにスペシャル中のスペシャルであり、到底手の届かないものと思ってしまう。

そこで、魔物たちのページを少しめくると、メルシェとリロイの2台のルートが現れる。メルシェはフランス車らしい線引きモデル、リロイはプロ仕様のルートモデルとのことだが、どちらも馴染みのあるパーツが使われており、これならいつかは、と思う白板青年であった。



それでは、4氏のクルスルートを見てみよう。



フレームを手掛けたアトリエ不詳のクルスルートである。
魔物たちの新田氏の解説にもあるように、プロフェッショナル供給のフレームといえども手掛けたのが有名アトリエとは限らないのがこの世界であるから、アトリエ不詳だからといって油断はできないのである。

フレンチブルーとフォーク先のメッキが生まれ故郷をを主張している。4氏は塗り替えをされていないとのことでオリジナルの塗装なのではないだろうか。
チューブラーを履きポンプ、ボトル、サドルバッグを装備し走りへの備えも万全だ。

ステムが若干前上がりに見えるが、これについては後ほど思うところを書くことにしたい。



では、細部を見ていくことにしよう。





ヘッド部である。素敵なヘッドバッジに目が行く。赤文字で「MIGNON」と書かれている。フランスの自転車店なのだろうが詳細は不明とのことだった。この自転車に非常に似合っている。

脱線するが、「MIGNON」というと中学の英語の教科書で目隠しをしたまま床におかれた卵を踏まないようにダンスをしたというミニヨンという女性の物語を勉強した気がするのは私だけだろうか?

ラグの金線引きがこれまた時代とフレンチを象徴している。新田氏の解説をまつまでもなくこれは手作業でしかできないことなので非常に人間味を感じる仕上げである。

ヘッド小物は、EDCOの軽合ヘッドパーツだ。フォークコラムの長さがピッタリでこのヘッド小物を装着するとアウター受けを挟み込むことができずセンタープルブレーキが使用できるかどうかが最後の1ピースとなったことは、4氏のブログに詳しい。

結局、無事センタープルブレーキとして、ワイマンバンカー999 610が装着されて安全走行が確保されていた。

チドリとしてTOEIの滑車チドリを使うなど細かいところにも気を抜かない4氏である。

奥にはユーレーのWレバーが見えている。これは丸穴が2つあけられたジュビリー、サクセスの共用だった頃のWレバーで確実なシフトを狙っている。





駆動系は、フレンチの定番中の定番である49DのクランクにTAのリング(プロフェッショナル?)、FD、RDともにジュビリーである。この写真では判別は難しいがフリーは4氏お気に入りのウイナープロと思われる。チェーンはシマノHG71とのことだ。
フレンチの雰囲気を大切にしながらも走りは追求する4氏の姿勢が表れている。
フレンチのフレームなのでシートチューブ外径は28mmであり、それに対応するジュビリーのFDは新品は高価だし、程度の良いユーズドはタマが少ないのでこれも最後の1ピースに近かったのではないだろうか。







さらに細かいところになるが、写真はリアエンドである。
ユーレーのリアエンドが使われている。中央に見える黒い樹脂パーツがこのエンドのキモである。樹脂パーツ内にはメネジが切られており調整ボルトのナットの役目をしていると思われる。カンパエンドなどではエンドにメネジが切られているがユーレーエンドはエンドにはただの穴があいているだけなのだそうだ。
4氏はこの樹脂パーツがない状態で入手され、どうもおかしいと相談を受けた私とて4氏より詳しいわけもなく、このあたりの事情に詳しい友人に連絡するとユーレーのカタログのイラストが送られてきた。
それによりこの樹脂パーツの存在が明らかになったというわけだ。そこから先は、4氏の熱意とご苦労によりこのパーツの入手に至るわけだが、4氏は多くを語る方ではないので想像の域を出ないが、睡眠不足の数か月を過ごされたのではないかと思う。

また、泥除け用のアイが装備されておりそこの塗装が剥げていることからこの時代のこのフレームの使われ方がわかる。
チェーンステー、シートステーとエンドのロウ付けはパイプの内部で行われているらしく、おっと思わせる小粋な仕掛けになっていた。





写真はハンドル部である。ベルリのステムのエクステンション部に惜しげもなく穴があけられ、フロントのブレーキワイヤーが貫通している。先にも書いた、最後の1ピースの解決方法がこれだ。
当然のことながら、穴は上部と下部で穴径が違い上部の太いところでアウターを、下部の細いところでインナーをリードしていると思われる。
太いところと細いところの段差部分にバリなどの引っ掛かりがあると、見えないところでインナーを傷つけることになるのではとの私の素人考えは、機械加工のプロであるI氏によれば、加工機の刃物の先端にテーパーがついているので段差もテーパーがつくことになるので杞憂に過ぎないとのことだった。
ベルリのステムは、中堀剛氏著の「私が愛した自転車パーツ」によれば「かなりヘッドアングルの立った自転車でないとエクステンションが地面と平行にならない。攻撃的なレーサー用か」と書かれている。その書の写真と4氏使用のものではエクステンション部横の刻印の有無の違いがあり同一の議論になるかどうか詳細はわからないがそんな気がするのである。
そのような微妙な角度を持つステムにブレーキワイヤーがスムーズに通るような穴をあけるというのも口で言うのは簡単だがなかなか技術と経験が必要なことと思われ、作業されたというショップの玄さんの技術の高さが感じられる。また、玄さんに持ちこまれたとき、穴をあけて欲しいとだけのオーダーだったとのことだが完成品はピカピカに磨きこまれ、失われていたベルリのシールも貼ってあったとのことで玄さんと4氏の関係が彷彿とされるエピソードであった。


ホイールを見ていこう。



ハブは、カンパレコードのラージフランジを使用して、クラシックな雰囲気と回転のスムーズさとその持続を両立していた。





リムは、4氏や我々の友人である、じーてぃーすりー氏が提供されたという、スーパーチャンピオンのレコードである。
ホイール組は、芝のショップであるシミズさんにお願いされたとのことで、後々までくるいの出ないホイールであることが期待される。



サドル部はこうだ。




サドルは珍しいイデアルの88を使っておられた。4氏によると90番よりは少しサドル自体の高さが低くおさえられている製品とのことだった。
シートピラーは、これも珍しい2本締め方式を採用している製品で私にはわからなかったが帰ってからパーツ本を見るとユーレーのピラーが同じような機構を持っているのでその流れをくむものかもしれない。





ポンプはADHOCで、ポンプ傘はどうやらゼファールのものではないかと思われ、これも私には珍しいものだった。
こういう細部へのこだわりが積み重なって全体のバランスとなってくるので、4氏の愛車は皆、全くスキのない仕上がりになっており見るものにため息をつかせるのだった。

以上、4Cats氏には今まで私の自転車を素晴らしい筆致で紹介していただいたので、今度は自分の番であるとがんばって書いてみたが、いかんせん知識が乏しくおそらくは間違いが多いのではないかと思う。

4Catsさん、間違いがあったらすいません。

今後私もVitusをフレンチ、軽量をテーマに着せ替えを行おうともくろんでいるのでお力添えをお願いいたします!!


Posted at 2017/04/30 12:20:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 出会い | 日記

プロフィール

「おやおやタチアオイがてっぺんまで咲いちゃったよ。」
何シテル?   06/10 09:39
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

8 人のお友達がいます
ひろずひろず a-watera-water
4Cats4Cats taboomtaboom
ティオティオ 雄々雄々

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリード ホンダ フリード
ホンダ フリードに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.