車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月10日 イイね!
It’s a Sony展銀座ソニービルの建て替えを前に、これまでのSONYの製品を年代順に展示する催しが開催されていますのでSONY勤務の友人と仕事帰りに連れ立って行ってきました。

現在のSONYの事業や製品に対してはいろいろ意見はあると思いますが、その時代を象徴するエポックメイキングな製品をいくつも世に送り出してきた革新的なメーカーであった事に異論はないでしょう。

様々な製品が一堂に会するだけでもガジェット好きには堪りませんが、普段はなかなか目にする事のない東京通信工業株式会社の設立趣意書やSONYロゴの原器など貴重な品も展示されていました。




展示は各階ごと年代順になっています。












こうして並べてみると、ソニーは早くからポータブルテレビに取り組んでいた事が分かります。

テレビを持ち出したい、という要求は現代に通じるものがありますが、テレビと言うと座敷に据え置きという時代ですから殆ど売れなかったようです。

珍しい試作モックアップなどもいくつかありました。


ほぼ総ての展示品の写真を撮りましたが膨大な枚数なので合割愛します。
2017年3月31日(金)(今の展示品は2017年2月12日(日))まで開催されていますので、ご興味のおある方は足を運ばれてはいかがでしょうか。


http://www.sonybuilding.jp/ginzasonypark/event/

そしてその後は同郷の友人とプチ忘年会になりました。
Posted at 2016/12/10 19:17:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月05日 イイね!
先週は母親の転院準備で平日に休みを取って気仙沼に行っておりました。

今の病院が入院からほぼ8か月経っているので退院してほしいと行く度に言われているので特養や老健を待っていてもいつ決まるかも分からないので、気仙沼近隣で長期入院できる病院があるという事で申し込みのため医師と時間を調整していたのですが、直前になって面談の日を変えてほしいと言われてしまいました。

まぁそんな事もあろうかと木金に休みを取って土曜まで気仙沼滞在の予定でしたが、面談予定日を別の施設の申し込みのために休みを取得していた金曜に変更してのかなりタイトなものになりました。

おかげで出発は水曜の仕事上がり予定だったのが木曜午後からに変更できたので、出るまではゆっくりできました。

しかし通いなれた東北道を北進すると北関東は濃霧とまではいかなくても、すごい霧です。


イエローバルブのおかげで自分は幻惑されませんが、他の純白ライトの車は大変でしょう。
元々急ぎではないのでこっちも追突や接触事故に巻き込まれないように注意です。

普段は燃費トライアルをやっていますが、今回は時間優先で行くことにしました。
高速道路料金が3割引きだか30%割引になる午前零時に若柳金成ICを降りれるようにすれば気仙沼への時間到達も最短で済みます。

とりあえず燃費は気にせずにカーナビの通過ポイントまでの時間を見ながら速度を調節しました。

若柳金成IC通過は0時9分。もう少しギリギリを攻められたのですが、頑張っても意味がないので最後は流した感じです。

平均90~100km/hでの燃費は23.0km/L。


気仙沼の仮設住宅には1時半頃到着。

とりあえず買い置きのカップラーメンを食して就寝です。

翌日は、まず老健申込みへ。
ところが所在地の本吉は午後に行く陸前高田とは真逆の方向になります。

しかも、気仙沼市内と言っても、市町村合併する前は本吉郡という別の自治体だった訳ですから住所的には市内でも距離的には別の市町村に行くのと変わりありません。

そういう事もあって元々別の日になるように調整したのですが、まぁ相手は医者なのでこちらのわがままをいう訳にもゆかず。

こっちの申し込みの話が長引いて間に合わないようなら電話すればいいや、という事で出発します。

この日は強風で車でもときより煽られるくらいなのでハンドルをしっかり保持して飛来物や落下物に注意しました。



こういう施設の面談ではだいたいどこも1時間くらい掛かるのですが、ココはあっさり30分で終了。
これは見込みがないかもしれませんが症状や状態だけではなく本人がどういう人だったのか聞かれた事は無かったので逆にイケるような気もします。

荒ぶる太平洋。


外に出て写真を撮るのも1分が限界です。岩井岬とか風光明媚なポイントもあるのですが、無理!


帰りにイオン気仙沼店に寄って書類整理のためのものを買い、仮設住宅に戻って昼食を食べたら陸前高田の長期療養入院を受け入れているという病院へ向かいます。

ここは特養の代わりに終の棲家にする人も多いようですが、一応気仙沼の施設を考えているのでそこが見つかるまでの仮り住まいのつもりですが、現状では転院先の最有力候補。

気仙沼-陸戦高田を結ぶ東浜街道は絶賛工事中で工事車両が多く、距離的には20キロくらいですが、時間はけっこうかかるのが難点です。


しかも道路も工事車両の往来で傷んでいてホコリも凄く、晴れれば粉塵、雨が降れば泥まみれ。


病院は医師らとの面談で受け入れ即決となりました。
これまで何か月もあちこちの施設に申し込みに奔走して未だに受け入れの打診が来ないのがなんだったのかという呆気なさ。


転院日は翌々日に決めて帰ってきました。

ザ・気仙沼という感じの夜景。


翌土曜は役所と親戚を回って転院になる話をします。

翌日曜は午後には東京で用事を済ませたかったので午前中に出発します。

道中、自衛隊のこんな車や


こんなスーパーカー軍団に遭遇。
フェラーリ&ランボ。


フェラーリ512BB。


ランボ5000QV。


更には、珍しい?覆面のタンデムに遭遇。


最初、覆面が赤色灯を点けて追い越していったので誰か捕まえたのかと思ったのですが、近づくと二台とも赤色灯を点けていました。

シルバーのセダンにリアスモーク、車種やグレードのプレートが無いという近年の覆面パトカーのお手本のような二台でした。

まぁ法定速度以内で走ってる自分にはあまり関係ありませんが今日の猟果を話しているのか、取り締まりの打ち合わせなのかゼブラゾーンに堂々と停めています。

ちなみに一般車両ではアウトですが、警察車両はゼブラゾーンに停めても問題ないというめちゃくちゃな解釈なようです。

走行時間6時間10分で到着。


翌月曜は仕事をして翌日の転院付き添いの為の休みを申請。今月休み過ぎ。

仕事上がりで東京を出発します。

今回は到着時刻優先で急ぎましたが、川口JCTから70キロ付近までの平坦路はペースを上げ、白河の最高標高までは速度をセーブ、そこから先はまた急ぐという方法で時間と燃費の両立を図ります。


ところが金成若柳を降りると濃霧。


こういう事もあろうかと交換したイエローバルブが大活躍するとは。

翌朝、遅く起きて保険会社の営業所に入院期間の給付金請求に行きます。ココは母親の元職場でもあるのでついつい話が長くなります。

で、手続きをしていると通常の日額入院給付金に加え、高度後遺障害に該当するかもという事で申請書類を受け取り病院に向かいます。

手配した介護タクシーが迎えに来る時間の1時間前には付いて私物の片づけを済ませておく予定でしたが保険の方で思いの外時間を取られたのですが、予約の時間までは30分あるので病院スタッフに挨拶できると思ったのですが、病室に行ってみると送迎業者さんと親族や母親の友人など、自分が転院を告知していた人が全員集まっていました。

慌ただしく荷物を纏め、大船渡から来たという送迎業者さんの介護タクシーにストレッチャーごと乗り込み自分が付き添いに付きます。

調べてみると気仙沼の介護タクシーは車イスまでで、寝台で乗り込めるとなると大船渡か一関などになるようです。

陸前高田に向かいます。
道中、リアス式海岸が開けると太平洋が見えてきます。


病院に到着する頃には、風が強い上に雪もかなり降り始めます。

搬送口を間違えたりしながら何とか院内に上がって、自分は入院手続きへ。

途中、前の病院から申し送り状や使っている薬などを渡しそびれたという連絡があり、また受け取りに気仙沼に戻ります。

夕刻、再び陸前高田の病院へ。
イエローバルブヘッドライトもスタッドレスタイヤもこんなに役に立ってくれて泣けてきます。

母親の方はたくさんの人が一辺に見舞いに来てくれて喜んでいましたが、これからは親戚に洗濯を頼むこともなくなりましたので見舞いの頻度は減ると思います。

次の施設を早く見つけないと。そんな事を考えながら、まるで姥捨て山から帰って来たような気持ちで帰路につきます。

近所に挨拶で配るお歳暮を買っていたのでこの時、既に夜8時近くです。

明日は仕事があるので帰路も時間優先です。
時より暴風雪の中、GPSで時速100km/hで東京を目指します。

夜9時、10時と言うと乗用車は数えるほどしか走っておらず、殆どが長距離トラックで、それもSAからはみ出すくらいに休憩中の時間なので追い越し車線を100km/h巡行しても誰の迷惑にもなりません。

結局、5時間45分というこれまでの最短記録で、しかし夜1時40分に到着、荷物を降ろして車を駐車場に入れて2時過ぎに就寝しました。

高速での燃費はさすがに悪く19.0km/L。


硬めのオイル、スタッドレスタイヤ、外気温は1~2℃、時より暴風雪と燃費が伸びる要素は皆無ですが数百円で睡眠時間を買ったと思えば納得でしょうか。

今回は母親の重要な局面という事もあって強行軍でしたが、これから何かあった時は週中の平日でも1日だけ休みを取って気仙沼で日帰りで用事を済ませる事が可能だと分かりました。

ただ前後の仕事がハードモードだといろいろミスしそうなので無理は禁物といったところ。

何はともかく、母親の入院生活に一区切りつけてくることが出来ました。
Posted at 2016/12/08 01:52:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月28日 イイね!
これで先日EV開発宣言をしたトヨタ、スバルに続き、電気自動車では一日の長があるニッサン追撃態勢に移行といったところでしょうか。

今後北米では一定の割合いで二酸化炭素排出がゼロの車を販売する必要があるので北米対策なのですが、将来はEVしか無いと、今のハイブリッドで培われた技術がEVでも活かされると思っておりますが、今の性能はまだまだですね。

自分の用途では無充電で帰省できる、つまり500km走破できる事が最低条件になります。

エンジンを発電専用でレンジエクステンションして航続距離1000kmというのが普及の一つの要件でしょうか。

あとは出先のどこにも充電器がある事。

高速道路のSAや道の駅はもちろん、ファミレスなんかの駐車場にもあるのが理想です。

客の回転率やスペースの問題からコンビニは難しいかもしれませんが、それくらい充実するといいですね。

その時、既存のガソリンスタンドはどうなるでしょうか。
充電スタンドを併設して、充電以外のサービスで儲けを狙うか、いっそ廃業でしょうか。

そういえば公官庁へのリース専用でフィットEVなんていうのもありましたね。

いずれにしてもパラダイムシフトはすぐそこに来ているようです。
Posted at 2016/11/28 22:23:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
東日本大震災で被災した友人の一人が、この年末ようやく自宅を再建する事が出来そうです。

結婚後、新築して間もない自宅は津波で流されて実家は流出こそしませんでしたが、その晩の大火災によって愛車としてガレージ保管していたシーマ諸共焼失してしまいました。

これまではウチの母親の仮設住宅のもう少し下った小学校跡地の仮設住宅に住んでいましたが、子供二人も居て大変だろうな、と思っていました。

震災直後に被災地で連絡がつく友人の一人として現地の情報をもらったりと頼りにしていました。

元々気仙沼は平地が少なく、というか平地のことごとくが津波被害の危険地域になってしまいあまり良い土地が残っていなかったのですが地盤改良が済んでようやく住宅建築が始まっています。

友人として当然、新居のお祝いをしたいと思っています。

そこで何か贈り物でもしようかという事で仲間内で話が出ているのですが、壁掛け時計やカーテン、白物家電なんかの実用的な物は彼の身内が贈るだろうと思われますし好みもありますので、友人としてはわざわざ買いはしないけど貰えたらうれしい物、という事になります。

しかし友人が各自で送ると被ってしまいそうなので、それぞれ何を送るか打ち合わせしようとリサーチしてみました。

自分はデジタルフォトフレーム、別の友人は高圧洗浄機、あとは子供用品とかそんな感じでしょうか。

高圧洗浄機っというのはかなりいいアイデアだと思います。

復興工事只中の被災地を車で走り回っているとすぐに汚れますし、雨や雪が降れば一発で泥だらけになってしまいます。
これまでは仮設住宅という事もあってその度にコイン洗車場に行くので手間でしたが、これからは自宅の駐車場で出来るようになります。

価格も一万円~とリーズナブル。

一方、デジタルフォトフレームは実用度は低い物ですが、家族の写真なんかを見られるので個人的にはいいかな、と思ったのですが、探りをいれてみるともう持っているとの事。

品定めは振出しに戻ってしまいました。

次の候補は掃除ロボット。
新居への引っ越しを機に床を片付ける習慣づけとしても良いかと思います。

少々値が張りますがエントリーモデルなら溜まっているサービスポイントを併用すればまぁ常識的な範囲の出費で済みそうです。

そう思って調べてみると、しかしいろいろ問題があるようです。
まず、音。
掃除機ですからそこそこの音が出るようです。それが15分くらい家の中をうろつくのです。

まぁこれは出かける時に使ってもらうなどで対応できそうですが、有名メーカーの上位機種ならともかく、エントリーモデルだとマッピング機能で効率よく掃除するのではなく、ランダムに動き回るものが殆どのようです。

アルゴリズムの効率の問題はともかく、このランダムの問題点は階段や玄関で落下して動けなくなってしまう事でこうなると家人がフローリングに持って行ってやらないとどうにもなりません。

一応、各メーカーごとに赤外線やテープで結界を張ってエリアを制限できるようですが、掃除ロボが世に出て随分経つのにこの程度なのか、と思ってしまいます。

また、ごみフィルターやバッテリーなどは消耗品なのでその分、普通の掃除機よりランニングコストが
掛かる点も無視できません。

さらに韓国だかでも事故がありましたが掃除中に寝転んでいる人の髪の毛やマット類を巻き込んだりする事もあるようです。

調べれば調べるほど、まだまだ発展途上の物だなぁという印象を抱かせますし、下手したら実用的な物として身内が贈ってしまう可能性も少なからずあるかと思います。

予算を10万円とかにすれば他にもいろいろよさそうな物もあるのですが、それではお返しとか気を遣わせてしまうし、まぁ友人の高圧洗浄機が素晴らしすぎて何を送っても色あせてしまうというのが本当の所です。

こうなると少々無粋ですが商品券という事になるでしょうか。

新居に移ればいろいろ要り用ですからまとまった金額の商品券があれば便利でしょう。

気仙沼にイオンが進出してからイオンの商品券は第二の通貨と言うと大袈裟ですが、ギフトの定番としてグルグル回っています。

金券ショップで換金するにしても換金率97%前後と最高値の部類ですから他の人と被っても困るという事はありません。

まだ新居引き渡しまでには時間がありますから彼らの復興の門出祝いとして何が相応しいのかもう少しリサーチしてみようと思います。
Posted at 2016/11/27 19:11:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月26日 イイね!
職場より、朝夕
Posted at 2016/11/26 14:17:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「液晶モニター割っちゃった。
親の代わりにお歳暮ポチリまくった後だけにちょっと今月は買い替えられないなぁ。暫くはヒビの画面で過ごすか。」
何シテル?   11/24 00:19
ネコとキャブを愛でるのが趣味の低年式オッサンです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
Torque Pro 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/23 22:27:58
空気圧に対応した ドライビング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/23 00:07:14
サーキットで使えるGPSロガーあれこれ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/14 15:51:23
お友達
ファン
27 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ GT1300Junior アルファロメオ GT1300Junior
免許取得後、初めて買ったのが数えで同い年の段付きジュリア。二桁ナンバーを維持しながらサー ...
アプリリア RS250 アプリリア RS250
DUCATI996を事故で失い、以前に乗っていた2stにもう一度という事で柏のバイク屋か ...
ホンダ フィット 二号さん (ホンダ フィット)
助手席が回転するスゴいヤツ。 仙台近辺で走っていたようだけど88,290kmでウチに嫁 ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
事故により廃車 親友との排気量競争に突入するように大型免許を取得。 いきなりアガリの ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.