• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

わんどらのブログ一覧

2018年01月24日 イイね!

プジョー308を試してみたら

プジョー308を試してみたら全国的に大寒波のこの季節、ここ東京も何年に一度かの大雪で大慌ての月曜でした。
都市も交通も生活者もまるごと不慣れな状況は、様々な教訓を与えてくれますが、この慌てぶりには少し滑稽な雰囲気もあります…。(ニュースは誇張して報道する傾向にあるし)

さて、ピカソ入庫であります。
理由は、走行中に左寄りになってしまうステアリングの癖を修正し、直進安定性を取り戻してもらうこと、そしてアイドリング時に発生するようになってしまった細かな振動の要因を診て解消してもらうことです。
不意の振動はともかく、ステアリングの癖などは納車前の点検で確認してよ…と若干クレームに値するような感じでもありますが、納車2ヶ月目となる今のうちにいろいろ症状が出てくれたほうが、納車不具合として、あるいは保証活用としてクルマの健康を取り戻すことができると思い、まあよしとしましょう。

入庫したのはプジョーのDLR。
PCJのDLR網にはよくあることなんでしょうけど、私が購入した店舗は、プジョーとシトロエンのDLRが隣り合わせになっているので、サービスメンテナンスはプジョー側に共有となっているよう。
サービスアドバイザーにクルマの状態を伝え、そのまま入院させることにしました。
(…しかし、SAは"そんなことで入庫すんなよ"という雰囲気で、テスターにかけることを面倒臭がっている様子。
"道路というものは左側に傾斜していまして…"なんて、そんなの何十年もクルマと付き合っているユーザーに言うことかいな?
それにアライメントテスターが自社にないって、DLRってそんなもんなの?…ここに託して良いのか不安なり)
まあ、とりあえずメンテナンスはお任せするとして、ここはプジョーのお店だし、何か試してみようかな…と思案していたら、"駅までお送りします"と玄関白いクルマが。

プジョー308。
欧州COTYを獲得した実力派Cセグメントハッチ。
現行型にモデルチェンジし、かつ国内リリースされてから随分経つけど、まだ体験したことなかった気になるクルマです。

用意いただいたのはBlue HDiのマークがついたディーゼルモデルで、一度は体験したかった車種です。
かつて欧州デビューをした時に書いたブログにて、"プジョーのVW化"(と言うより、308のゴルフ化)をイメージさせる外観&パッケージングであることを書きましたが、今見ても何となくそんな印象は拭えません。

駅まで送ってもらうためにリア席に通され、クルマは動き出します。
まず最初に感じたのは、"シート硬てっ(失礼)"ということ。
リア席のみならず、その後試した前席も硬い。
そりゃピカソより…という"何をもって硬いと言うのか?"というのはありますが、比較対象がピカソでなくとも硬く感じます。
(現行型ピカソも硬めではありますが)
シンプルで好感の持てるデザインのインパネやメーター周りには程よい未来感と使い勝手の良さを感じるけど、素材感、質感が硬い。

さらには乗り味もどことなく硬い。
うまく表現できないけど、しなやかな硬さという意味で、個人的には悪くないフィーリングです。
(ただ、シートの硬さとの組み合わせをどう取るかは好みですね)

そう、同乗含め感じた印象は、好印象or悪印象いずれにも通じる"硬いなぁ"のひとことに尽きます。
これは、"プジョーなのに"というバイアスのかかった印象なのかも知れません。
だけど、外観の印象と共に、乗車から感じた印象までドイツ化しているような気がしてならないのです。
うーむ、気のせいでしょうか。

しかし、ハンドルを握り走り出してみると…やはりBlue HDiのもたらす余裕のトルク感はなかなか良いではないですか。
今所有しているピカソのエンジン(1.6Lターボ)も低速からなかなか良いトルクを発揮してくれて、力強さに不満はないのですが、このエンジン(現行型ピカソディーゼルと同じかな?)は、それよりもちょっと押し出し感があり、余裕あるドライブができます。
過去に所有したBMW2Lディーゼルをベンチマークにしてしまうと、やはり同条件比較とならないのですが、今やピカソで満足中の自身にとっては、この308のディーゼルエンジンは十分に楽しめそうです。
ピカソより車体も軽いしね。
ちょっとアイドリング時のカラカラ音が室内に響くなぁとは思いましたが、それもまた欧州の普段使いを醸し出す雰囲気のひとつと思えば味がありますよね。

感じの良い小ぶりの異形ステアリングを握ってのハンドリングやスポーティさなどの走り面については、街中での体験にてほぼ感じることができなかったけど、そのあたりはゴルフ7よりも"柔らかな"印象を持ちました。
まあ、何かを言及するにはもうちょっとちゃんと乗らないとですけどね。

そんなことで、ずっと気になっていた308。
自身が選ぶなら、リア席の足元が広く、ユーティリティ性の高いSW、そして見た目重視のGTを選ぶかなーなんて想像しちゃいます。

(SWのほうがスタイリングもドイツ化してないし)
パワートレインはもちろんBlue HDiですね。

ピカソ暮らしが始まったばかりで、もう目移りしてしまうのは、如何ともしがたいところはありますが、まあ"気になる"んですから、仕方ないですよね。
2018年01月20日 イイね!

都心生活にだってクルマは必要だ

都心生活にだってクルマは必要だピカソ大活躍、であります。

みんカラを始めた5年前以来、首都圏郊外の私鉄沿線暮らしから都内に転居し、さらに都心に引っ越したのを機に一旦はクルマを手放した私わんどら。
過去にはクルマを所有しながらも"都市生活にクルマは必要?"(2013年アップ)というブログを書いてみたりと、公共交通機関やレンタカーなどのサービスが充実する中でのクルマ所有について考えてみたりもしました。
結果、プライベート利用しかない私にとっては、クルマ所有の理由の大部分は情緒的価値しかないという意思のもと、クルマ好きにとっては多少コストバリューに無駄があっても、所有する喜びは諦められないと自身納得したものでした。
しかし、都心に暮らし始めると、高い駐車場維持費用、狭くて一方通行路の多い道、出掛け先でもまた駐車料金と、コストバリューと利便性が全くマッチせずに、さらには行きたい方面への電車&バス路線も多数入り組んでいる場所に住むことによる充実の移動手段のおかげて、あれ、これってやっぱりクルマいらないかも?と大好きだったBMWを手放したのです。
実際、クルマのない日々は、そもそもの情緒的な所有欲以外は何にも困ることがなく、あれ、このままクルマなしの生活もいけるかもなんて感じていました。
そしてこの現象がまさにイマドキの自動車を取り巻く課題である、"所有からシェアへの変化"や"若者のクルマ離れ"といったものを表しているんだと実感しています。

と、前置きは長くなりましたが、そんな我が家に新たにピカソを迎えた今、言えることは…都心生活だってクルマは有効だ!ということ。
これが、なかなか使えるのですよ、クルマって。
そもそもの所有欲が満たされることはさながら、実用面をとってもかなり有効です。

今まで徒歩で通っていた中規模スーパーマーケットでも、遠慮なく箱買いができちゃいます。
それに、ショッピングのバリエーションが広がります。
少しクルマを走らせれば、都心にはないショッピングモールやアウトレットモール、コストコ、IKEAなどにも気軽に行けます。
さらには雨の日の家族の送迎、羽田や成田へのスーツケースを持った移動など、コミューターとしても有効です。
また、遠出をしてみようという気になります。
電車やバスという決められたルートを選ばずに自由に行きたい方向を目指せるのが良いですよね。
それから副次的ですが、車内という固定空間を共有することで、家族の会話が増えたりもします。
また、小さなプライベート空間だから、周囲への遠慮はいりません。
お昼寝したって、お菓子を食べたって、音楽をイヤホンなしで聴いてもお咎めなしです。

もちろん、運転する行為そのものの楽しさだってあります。
ピカソへの対応という意味では、前回ブログに書いたEGSへの違和感はだいぶ薄れ、ATモード時のシフトチェンジタイミングや、マニュアルモード時のシフトダウンによるエンジンブレーキ活用などが徐々にストレスなく対応できるようになったと感じています。
(その他の継続インプレッションはまた後日)

確かに駐車場維持においては、高いコストを支払わねばならない都心居住の欠点はあります。
ただ、活用や行動範囲の広がりは、コストとは対等に計ることができない価値を与えてくれると感じています。
やはりなんと言っても、ハンドルを握れば、自分本位にまだ見ぬ景色にだって会いに行ける。
これは都市に住もうが、何処に住もうが関係のない、クルマとの付き合いが導いてくれる喜びなんだと思います。

ということで今週末も、ピカソと何処かに出掛けてみましょうか。
いつものスーパーマーケットも、"モノプリ"に仕立ててみたりしながらね。
2018年01月05日 イイね!

憂うMPVの未来⁈

憂うMPVの未来⁈世界的にブームの続くSUV/クロスオーバーカテゴリー。
近年は新興国に対応したBセグモデルもかなり台頭し始め、すでにそれらが一巡した感のある欧米日等では中大型のモデルチェンジが続いていますね。
さらには3列シートを有したモデルが流行りはじめていることもあり、SUVの多様性がますます増している様子です。
(先日早速レクサスRXの3列シート版に触れる機会があったのですが、うーん、3列目は狭くて使えないと思うのですが…)
そう、いまやSUVがMPVの機能を備え始めている状況となっています。
また併せて、プジョー5008やシトロエンC3ピカソに見る、そもそもMPVだったのにSUVへのボディ鞍替えというトレンドもあり、おやおや、このままではMPVって絶滅していくカテゴリーなの?と感じてしまいます。
実際に欧州市場のボディタイプ別シェアの推移を見ると、全体的にはSUVのシェア拡大の一方、MPVのシェアは縮小していっています。
いまやマーケットシェアはMPVが9%(前年比1%ダウン)に対してSUVは26%(同2%アップ)!
SUVの台頭はMPVの衰退を以って成立しているのです。

考えてみると、日本においてもいわゆる"ミニバン"と言われるスライド式のドアを持つ箱型ワンボックスワゴンこそ変わらぬ勢いがあるものの、ヒンジドア型のMPVは、あのヒット作トヨタウィッシュでさえディスコンになってしまいました。
ということは、世界的にも箱型スライドドア式モデル以外のMPVは淘汰されてしまう運命にあるのでしょうか…?

C4ピカソをパートナーとして以来、今更ながらも、それまでさほど詳しくはなかったMPVのあれこれが知りたくなっている私。
そこで今回は、欧州のMPV事情を見てみたいと思います。
題して、欧州MPV売れ筋ベスト10!
2017年の1~9月の合計販売台数順に、欧州でウケているMPVモデルを探ってみちゃいます。

まず1位は、VWトゥーラン!

日本でもお馴染みの非スライドドア式MPVのスタンダードとも言えるモデル。
欧州でもずーっと売れている定番です。
私自身、R-Lineというスポーティグレードには興味津々でしたが、この全体感が示す、何となく手堅い感じに面白さを見出せずに選択肢とならなかったモデルなんです。

次に2位は、我らがシトロエンC4ピカソ(グランピカソ含む)です。

2年連続で1位のトゥーランに僅差での販売台数を得ています。
データを国別には見ていないのですが、トゥーランかピカソか、選択の傾向はありそうですね。

続いて3位は、ルノーセニック(グランセニック含む)。

2016年後半にモデルチェンジを遂げ、いま販売上昇中の旬なクルマです。
これホントにスタイルがカッコいい!
日本でぜひ販売して欲しい1台です。

4位は、BMW2シリーズアクティブ/グランツアラー。

プレミアムセグメントのファミリーカーとして、BMWの中では異色の存在ですが、欧州でも受容度は高いようです。
元BMW乗りの私わんどらも、好意的に受け入れていました。

5位は、またまたVWから、ゴルフスポーツバン。

ネーミングは耳慣れませんが、Cセグハッチ定番のゴルフをトールワゴンに仕立てたモデル。
実はC4ピカソの直接のライバルとされている存在。
この秋モデルチェンジを遂げ、今後はランキングを上げそうな予感です。

以下は続けて…
6位:フォードC-Max(フォーカスベースのスタイリッシュなMPV)


7位:メルセデスBクラス(間もなくモデルチェンジと言われていますね)


8位:フィアット500L(スモールMPVで一番売れてる存在、でもこれってMPV?)


9位:オペルザフィーラ(旧モデルはかつて日本でも人気だった!)


10位:フォードB-Max(スモールかつスライドドアで日本ウケ間違いなしかと…)

いかがでしょうか。
ちなみにこのラインナップで理解いただけるのは、欧州市民は"ヒンジ式ドア"が好きということ。
聞けば、どうやらスライドドアはLCVの特徴から"荷物を運ぶクルマ"というイメージを抱くようで、選択肢として好まれないということなんです。
こうして販売ベスト10を見ると、1~9位までがすべて乗用車タイプのヒンジ開閉ドア。
そう、まさにこのボディタイプこそ"欧州式MPV"の基本形。
実は私、この欧州ユーザーの志向を真似して、ピカソを選んだ経緯もあるのです。

以上、市場全体で見るとSUVに押され気味という流れではあるものの、統計上のMPVカテゴリーにある車種を数えてみると、欧州では30車種以上のラインナップが今だ販売されている、まだまだ活気ある市場だったりもします。
ということで、3列シートのSUVが台頭したとしても、"欧州式MPV"はまだ憂うことなく未来に続いてくれそうという僅かな希望を持って、次のクルマを楽しみにしたいと思います。
(これならきっとまだ見ぬ次期C4ピカソはSUV化しないはず!)

*ここでは"欧州式MPV"を、所有するC4ピカソ同様のボディタイプと勝手に定義させていただきました(=エンジンフードがあり、ヒンジ開閉ドアである5人あるいは7人乗りのトールワゴン)。
*本文中の調査データ出展:JATO Dynamics
2018年01月01日 イイね!

Happy New Year 2018 from Tokyo

Happy New Year 2018 from Tokyoあけましておめでとうございます。

今年は東京、自宅で新年を迎えました。
都心には静かで暖かな、普段には決して感じる事ができない緩やかな時間が流れています。

そんな、穏やかな空気を深呼吸しようと外に出ると、駐車場には濃紺のパートナー、C4ピカソが佇んでいます。
2018年はこのクルマにまつわるあれこれや、気になるクルマの事をいろいろ書き綴っていきたいと思います。

今年もよろしくお願いしますね。
Posted at 2018/01/01 14:22:03 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月20日 イイね!

マイピカソに500km乗ってみて(Dynamic編)

マイピカソに500km乗ってみて(Dynamic編)数週間前からパートナーとなったC4ピカソ。
まずは初給油までの500km程度を体験した印象を書き留めておこうと思います。
前回はStatic面からの考察を書きましたので、今回はドライブした感覚を書いてみようと思います。

まずピカソの特徴的なポイントであるシフトレバーの位置への不慣れな感覚が、自分でも笑っちゃうくらいまだギクシャクしています。
往年の名車DSをオマージュしたと言われるコラム上にあるシフトレバーはシンプルで素敵。
ただ、長年乗っていたBMWをはじめとするセンターフロアのシフトレバー位置の癖が完全に染み付いていて、例えばバックする時などは思わずセンターフロアに手を出してシフトレバーを探してしまいます。
特に混んだショッピングモール駐車場での車庫入れ時など、比較的素早く行動しなければならない時に限って、センター位置に手を伸ばし、何もないのに手で空を掴みながら前後に振り"エアーシフトチェンジ"をしてしまいます。
さらに"あ、いけね"とコラムに触れようとしますが、間違えてウインカーレバーを押し引きしてしまうことも未だしばし。
まあこれはメルセデスAクラスの時もよくやってしまった現象なのですが、全ては慣れの問題ですよね。

さて、そのシフトチェンジと言えばEGSの走りに言及しない訳にはいきません。
この手の"マニュアルミッションの2ペダル化"におけるオートマティック走行時の変速タイムラグについては、既にトヨタアイゴのMMTを体験していただけに理解をしていました。
しかしアイゴの時は2ペダルマニュアル走行をしていたので、その変速時のタイムラグに違和感はなかったのですが、この新たなパートナー、ピカソはその心構えを上回る変速の鈍感さ。
それに直面したまず最初の走行時は閉口してしまいました。
10年くらい前に運転したシトロエンC2のセンソドライブにも、数年前に体験したプジョー208のETGにも似た変速ショックは、"フレンチロボタイズ"の特徴なのでしょうか。
(試したことはないのですが、同じフレンチでもルノーのEDCはVWのDSG同様の仕組みで少しはシームレスな感じなのかなーと想像しますが…)
そんなことで、このEGSの変速タイムラグ、あるいは変速ショックには慣れるまでもうしばらく時間がかかりそう。
まあ変速タイミングはだいぶ理解できてきているので、呼吸を合わせたアクセレーションはできるようになってきました。
(EGSと上手に付き合うのはまさにこの"呼吸"をシンクロさせることがポイントなんだと理解)
しかし、"減速→車線変更→加速"なんていう急な加減速の変化などにギアセレクトが追いついていない時の"ガクッ"とした挙動などは未だ少し閉口してしまいます。
さらには、その走りをストレスなく俊敏にしてくれるはずのパドルシフトがまたイマイチ。
まずスイッチの感覚がカチッとしてなく、"ムニッ"っていう曖昧な感じ。
あまり入力している感じがしません。
スポーツカーではないのは承知済みですが、もうちょっと手応えがあっても良いんですけどね。

EGSの印象はまだまだあります。
それは、シフトダウンした際のエンジンブレーキの手応えのなさ。
6速を活用しながら走行中、ちょっとした減速にエンジンブレーキのみでコントロールしたい時などにシフトダウンをしてみますが、感覚的には6→5→4までは殆ど減速の手応えはありません。
設定されたギア比の問題とは知りつつも、ピカソというクルマはこんなものなんだと感覚をアジャスト中です。
…ということで、EGSの感覚にはまだ不慣れな面がたくさんあり、使いこなすにはもうしばらく時間がかかりそうです。

次にエンジンについても少し印象を。
トランスミッションとの組み合わせでドライブの楽しさを発揮してくれるのがこのエンジン性能かと思いますが、こちらはなかなか良いレスポンスかと思っています。
前車BMW2Lディーゼルエンジンがベンチマークとしてしまうと、どうしても瞬発力に物足りなさは当たり前ですが、実は現行型ピカソのディーゼルと比べて雲泥の差があるとまでは言い難いトルク感は、こちらの1.6ターボでも感じることができると感じています。
絶対感覚ではありつつも、特に低中速時は不満ない引っ張り感は得られるし(それよりもEGSの鈍感さに気を取られてしまう状況)、中速からの加速もファミリーカーとしては十分かと思います。
まあ、BMW製のエンジンという烙印に信頼を込めているというイメージ上の印象が強いとも言えますが(笑)

ハンドリングの印象も書いておきましょう。
予想外だったのは、低速でのハンドリングのクイックさ。
意外とキビキビと曲がるではないですか。
まだ左折時の内輪差感覚がシビアに掴めていないのですが、回頭性の良さは気に入りました。
但しまだポテンシャルが見えないのが、中速でのカーブ時の挙動にアンダーステアを感じること。
低速時にはクイックな気がするのに、スピードが出ると曲がらない気がしてしまうのは、単にまだこのクルマのハンドリング特性を理解していないだけでしょうか。

さて、走らせてみてのファーストインプ最後は、乗り心地。
シトロエンの乗り心地への追求はホントに素晴らしいと感じられる体験を与えてくれます。
特に高速道路など安定走行中の乗り心地はとても良く、これは欧州大陸をロングドライブするに相応しいはずだ、と感心しきりです。
しかし一方、街中での急加減速時などは前後へのダイブが大きく、こちらもEGSのレスポンスと組み合わさり嫌な挙動になります。
前はショックアブソーバー、後ろはエアサスという組み合わせのサスペンション構造は、プラスに捉えるとロングドライブに最適、でも個人的にはもう少し硬めでもいいかも。
まあ、長いことBMWのMスポーツサスペンションや、ビルシュタインやK&Wなどの非純正品に慣れていただけに、このピカソの感覚には慣れが必要なのかもしれません。

ということで、Dynamic編については、不慣れな面を含めて、まだまだ体験半ばの印象を長々と書き綴ってしまいました。
思い起こせば、このブログを始めたきっかけであったF30型320dを購入した直後も、それまで体験したことないディーゼルエンジンやボディタイプ(セダン初所有でした)にあれこれ違和感を書いたのを記憶します。
今回は20年ぶりのシトロエンにて人生初のMPVだけに、まだまだ知らないことだらけ。
これからこのピカソとマイレージを共にする中で、様々な特徴を味わっていきたいと思います。
Posted at 2017/12/20 09:34:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | シトロエン

プロフィール

「ピカソ最初のドレスアップ?! キーカバーとレイモン・サヴィニャックのキーホルダー」
何シテル?   12/11 22:55
こんにちは、Suite Sweet Carlifeのわんどらです。 ここでは私のクルマと、ヨーロッパのクルマに関するお話しを、あれこれ不定期ながら書いてみよう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

実はLCVが好き pt.9 日産NV300編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/29 04:17:45
新型アウディA5が気になる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/18 01:49:20
街でよく見るクルマたち 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/27 01:03:53

お友達

こんにちは、クルマのこと、いろいろお話しましょう!よろしくお願いします。
22 人のお友達がいます
GentaGenta * C4-nontaC4-nonta
I・DA・TENI・DA・TEN かずポン#12かずポン#12
タザ@F36GCタザ@F36GC 若翁若翁

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
Bienvenue dans le monde du Visiospace! 初めてのM ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2012年秋にBMW 320d Blue Performance M-Sportがやって ...
トヨタ アイゴ トヨタ アイゴ
フランスのパパと日本のママが、チェコで産んだ、欧州版プチトヨタ!プジョー、シトロエンの兄 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
2010年式 E92 320i Coupe M-Sportです。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.