車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月24日 イイね!
実はLCVが好き pt.10 欧州ベストセラー編マニアックなネタながらも地味に続けているブログ、”LCV(Light Commercial Vehicle=いわゆる小型商用車)が好き”シリーズ。
僕がこのみんカラでブログを書きだしてから4年半、不定期ながらも地味に続けてきた”気になる商用車ネタ”も10回目になります。
そこで今回は、欧州で売れてるLCVって何なの?という視点でモデルを見てみたいと思います。
題して、わんどら風”欧州LCVベストセラー考察”。
欧州の街の活気を想像しながらお付き合いくださいませ。

そもそも、欧州で最も売れてるLCVって何なんだろう?
その観点で調べて見ると、なるほど納得、そして意外の双方が考察されます。
早速2015年の販売ランキングを元にみて見ると…。
欧州で最も売れているLCVは、フォードトランジットなんです。
日本では馴染みのない商用車ですが、確かに欧州ではよく見かけます。
商用車に関してはPSAブランド一人勝ちの感があるフランスでさえよく見かけたというのが実感値。
実際のマーケットシェアを見ても12.5%(約21万台)とダントツです。
(ちなみに乗用車市場におけるトップシェアのVWゴルフですらシェアは3.7%という数値が示す通り、このトランジットの12.5%というのはめちゃダントツのシェアなのです)
何故こんなに受け入れられているのか?
軽く調べた程度ではよくわかりません。
ただ言えるのは、趣向を問わない商用車販売において、トランジットはボディバリエーションが多彩です。
スモールからラージサイズまでセグメントを超えて多種多彩。



これはかつてのカローラのようなバリエーション商法による販売台数稼ぎのような気もしますが、このラインナップはあらゆる商売にマッチすることを示していて、まさにLCVの理想形モデルなのかもしれませんね。

次に売れているのがこちら、

メルセデスのスプリンターです。
欧州でのマーケットシェアは5.4%(約9万台)。
(この数字が示す通り、トランジットの一人勝ちが引き立ちますね)
大型商用バンとしての定番モデルは、スリーポインテッドスターのついたプレミアム感溢れるイメージですが、実はガシガシ使えるザ・商用バンなんですよね。
メルセデスのLCVは意外と古くから世界中のあちこちに浸透していて、特に70年代終盤に登場したT1モデルは、今でも東欧や新興国系では活躍が見られる古参モデルです。

そんな意外と各国の商売に根付いた実用性(プレミアムとは違った側面)が、モデルがアップデートされても支持され続けている理由なのかもしれません。

第3位はフィアットデュカート。

マーケットシェアは4.6%です。
メルセデススプリンターの対抗馬となる大型LCVは、意外にもイタリアンブランドです。
但し、車体はPSAモデルの兄弟車。
プジョーもシトロエンも同じ形のモデルを出しているのに何故売れているのはフィアットなのか?
少し調べてみたのですが、イマイチよくわからないというのが僕のリサーチスキルの低さ。(中途半端でスミマセン…)
ひとつ気になったのがファイナンシャルプランの差。
いくつかのユーロ導入国での各社サイトを見てみると、車両価格に連動しているのか、どの国もフィアットの分割払いは安いのです。
企業の車両管理者あるいは商店主にとってはこのファイナンシャルプランの魅力も商品購買の重要なファクト。
もしかしたらこんな要因も上位シェア確保の効果を担っているのかもしれません。

さて、話はややこしいのですが、欧州のLCV車種ラインナップはメーカーアライアンスが複雑に絡んで構成されています。
例えばルノーは日産とオペル、そしてスモールLCVに限りメルセデスと提携し、PSAプジョーシトロエンはユーロバンプロジェクト絡みでフィアットと、そしてTPCA絡みでトヨタと提携しています。
このルノー対PSAの2大陣営に加え、基本は独立系のVWとフォードも大型LCVのみ共通化したりと、関係性はなかなか複雑。
こんな欧州での図式の中、このフィアットが既存の勢力図を塗り替えるトリガーになるかもしれません。
それは、最近のクライスラー資本化に伴い、フィアットはこれまでのPSAとの提携を解消し、ルノー陣営へと鞍替えしたのです。
これにより最新のフィアットのミドルクラスLCVである”タレント”(PSA提携時代の同車種名はスクード)は、車体もルノートラフィックと共通化されています。
これによりマーケットシェア争いにどう変化が出るか?少し興味がありますね。
こうして、単独メーカー間の競争というよりも、アライアンス単位でのシェア争いの様相を呈しているのが、欧州LCV市場の特徴なんです。
こんな観点で欧州の自動車産業を見てみるのもなかなか興味深いですよね。

さて、売れてるLCVランキングを続けて見てみると…4位はなんと、シトロエンベルランゴなんです。

続けて5位はルノーカングー。

どちらもフルゴネットタイプのスモールLCVとして人気の車種です。
意外?なのは、2015年度に関してはカングーよりベルランゴのほうが売れてるスモールLCVだったりもします。
とは言え、実はシェアはお互い4.6%前後と僅差(欧州28ヶ国合計の台数ベースで2500台程度の差)。
実はさらにはランキング6位のプジョーパルトネールも同様の僅差にて、スモールLCVは三つ巴の戦いになっています。
しかし欧州全土で見ると、印象的にはこのフランスメイクたちよりも、同クラスのライバルであるVWキャディのほうが人気があるのでは?と感じていましたが、実はキャディはランキング9位と、意外と控え目なのです。

VWといえば往年のタイプ2に始まり、トランスポルターに至るまでの元祖かつ定番商用バンというイメージがあるのですが、欧州全域でみると意外とLCVのシェアは少ないんです。
そのトランスポルターはランキング10位。
同クラスのミドルサイズLCVであるルノートラフィック(8位)のほうが売れているのです。
トランスポルターよりもトラフィックのほうがスタイリッシュ!という要素は個人的に感じますが、それがメインの購買動機の訳ではないですよね。
ただ、LCVの購買理由にスタイリングという要素がどの程度影響するのかは、またの機会にじっくりと調べてみたいと思います。

ということで、10回記念の欧州LCVランキング、いかがでしたか?
陸路での移動が重視される欧州においては、乗用車と同じくらい商用車も活躍し、マーケットにおいても確立した存在です。
ハイエースかNV350か、はたまたNV200かのほぼ三択(大雑把ですが…)の日本よりもはるかに充実した欧州市場のラインナップは、デザイン、機能、ユーティリティなどのニーズに応じた選択肢に溢れています。
欧州を旅する度に、働くLCVの姿に思わずカメラを向けてしまう私わんどら。
やっぱり実はLCV好きとして、これからもウォッチしていきたいと思います。
2017年03月13日 イイね!
実はとってもミニマニア Pt.4 <ジョンクーパーワークス編> ミニってホントに素晴らしい!
現行型の”変わらないのが新しい”というブランドコンセプトに共感し、自らが過去に所有し熱中したクラシックミニの話題を絡めつつ書いてきたこのシリーズもようやく4弾目。
前回の第3弾にてエステートモデルの事を書いたのが2015年初夏のため、1年9ヶ月振りのアップデートとなります。

ひと月前くらいに入手したこちらの簡易版カタログ。

ミニのスポーツバージョン、”ジョンクーパーワークス”仕様を紹介したものです。
ジョンクーパー、それは”ミニクーパー”の名を生んだチューナーの名前。
僕がクラシックミニに乗っていた頃、”車は何に乗っているの?”という質問に”ミニです”と答えても軽自動車に乗っていると思われていた中、”ミニクーパーです”と言えば”あれね!”と理解してもらえるくらいの、固有名詞として浸透したあのクーパーです。
BMWのオフィシャルチューナーがアルピナであるように、ミニのチューナーとしてあまりにもオフィシャルになりすぎたジョンクーパーワークスを訴求したこのカタログがなかなか面白い。
そこには、60年代にモンテカルロラリーを制したクラシックミニクーパーの姿がオーバーラップされています。
この誌面、往年のクラシックミニをリスペクトした構成、なかなかマニア心をくすぐるじゃないですか。
マニア心くすぐる誌面構成は、ジョンクーパーの素晴らしさを伝えるのに十分な訴求力です。
あんな小さくて華奢なクルマでは完走なんて無理とされていたモンテカルロラリーに、'64,'65そして'67年と3度の優勝を遂げた伝説を誌面で称え、その古き良き時代が新型ジョンクーパーワークスモデルに宿っているというストーリーはミニマニアにはたまりません。

上が1964年優勝の52号車、下が1967年優勝の177号車(パンフレットから引用)

ミニが強かった60年代中盤はシトロエンDSやサーブ96がライバル。
そしてその後、60年代後半のポルシェ911やアルピーヌA110などのハイパワーマシンの登場にてミニクーパーの優勝は遠かったんだとか…。

そして、ミニクーパーはラリーだけでなくサーキットでも強かった。

英国サルーンカー選手権ではフォードアングリア、ロータスコーティナ、ヒルマンインプなとのライバルから勝利を掴み、ヨーロッパツーリングカー選手権ではアバルト1000TCやアルファロメオ1600GTA、BMW2002などと競い合っていたんです。

それにしても、クラシックミニのラリーやサーキットでの勇姿をアピールしても、殆どの人には伝わらないと思うのですが、それを正々堂々とやり遂げてしまうのが、”変わらないのが新しい”と言い切るミニのブランディングです。

ミニの生みの親、サー・アレックス・イシゴニスに始まる昔からのミニを知る者はそのレジェンドを今に感じ、現代のミニに触れればクラシックミニの偉業に興味を抱く。
歴史はブランドを形成する重要な資産であることを体現してくれているミニクーパー、いつだって気になるクルマです。
2017年03月09日 イイね!
European Car of the Year 2017開幕したジュネーブモーターショー。
前回のブログでは、例年にならって個人的に気になるクルマをチェックしましたが、今回はこれまた定番の話題、ジュネーブショーのオープニングと共に発表される毎年恒例のアワード、欧州COTYのニュースをピックアップしたいと思います。

欧州22カ国のジャーナリストが、2016年に発売された新型車(かつ欧州にて年間5000台以上販売される量産車)を対象に投票して決める大賞。
今年のファイナリストに選ばれた7台の顔ぶれは、アルファロメオジュリア、シトロエンC3、メルセデスEクラス、日産マイクラ、プジョー3008、トヨタC-HR、そしてボルボS90/V90です。
今年のファイナリストはバラエティ感があります。
コンパクトからプレミアムミドル、流行のSUVも2車種あります。
数年前までの傾向としては、どうしても実用性優位のコンパクトカー、あるいはエコカー志向にあったファイナリストですが、今年は高価格帯の車種が多い気がします。
これは選び手である欧州各国の志向、特にこれまでコンパクトカー志向にあった東欧圏の経済力の高まりを示しているのかも…なんてエコノミスト風の想像してしまいます(裏付けはありません…)。
それにしても、日本メイクスが2ブランドもファイナリスト入りしたのは快挙です。
マイクラもC-HRも欧州市場に本気に向き合った提案だとすると、その提案は受け入れられたと評価できるのではないでしょうか。
ということで今年のCOTY、見事受賞したのはプジョー3008、欧州のトレンドをそのまま反映した結果となりました。

ちなみに順位はこんな感じ。
1位:プジョー3008
2位:アルファロメオジュリア
3位:メルセデスEクラス
4位:ボルボS90/V90
5位:シトロエンC3
6位:トヨタC-HR
7位:日産マイクラ

フレンチSUVは妥当な大賞受賞、上位はミドルクラスセダン/ワゴンが占める結果にて、これがイマドキの欧州トレンドなんだという改めての発見があります。
大賞の3008と、2位のジュリアは得票が僅差だったようで、アルファ久々のDセグセダンへの期待は高いことが伺えます。
テクノロジーやトレンドばかりが注目されがちな中でのジュリアの存在は、クルマ好きの情熱がまだ存在しているんだと、嬉しい想像をしてしまいます。
逆にシトロエン、トヨタ、日産それぞれのコンパクトカー提案が下位にまとまってしまったのは”まあいつものクルマだし”という感じなのでしょうか。

しかしわんどら的には、そのフツーないつものクルマこそが大賞。
フランスのあの街に佇む姿、英国のあの道を走り抜ける姿などなと、欧州での暮らしをイメージしながら、個人的な今年度No.1はどのクルマだろうと考えてみるのは楽しいひととき。
という事で、本日の最後は毎年恒例の、”わんどら的欧州カーオブザイヤー”を考えてみます。
今年のファイナリストから、超個人的な見解でランキングしてみました。
すると…
1位:日産マイクラ
2位:シトロエンC3
3位:トヨタC-HR
4位:メルセデスEクラス
5位:アルファロメオジュリア
6位:ボルボS90/V90
7位:プジョー3008
となりました。
わんどら的には、なんと欧州COTYとはほぼ真逆のランキングとなってしまいました。
まあ、得票配分をするならば、マイクラがダントツなんですけどね。
さて、皆さんはいかがでしょうか…。
2017年03月08日 イイね!
from Geneva Motor Show 2017いよいよ始まった春の祭典、ジュネーブモーターショー。
個人的にはこのジュネーブからの知らせが年間いくつか開催されるモーターショーの中で最も楽しみなんです。
何故でしょう?
フランクフルトよりも、パリよりも、あるいは東京よりも初出のクルマに実用的なモデルが多い(気がする)から?
まあ単に、注目するクルマの嗜好の問題なんですけどね。
そんな今年のジュネーブも例年通りの見事なまでのラインナップを示してくれています。
僕のブログでは既にオペルインシグニア、セアトイビサ、フォードフィエスタなどのニューモデルをピックアップさせていただきましたが、モーターショーの蓋を開けば、気になるクルマが沢山!
ということで、早速駆け足で気になるクルマをピックアップしてみます。
もちろん、抽出コンセプトはいつものように”明日、乗りたいクルマ”。
それでは、スタート。

まずはタイトル写真に掲載したのが今回の注目株、ポルシェパナメーラスポーツツーリズモです。
日本では先日新型が発表されたばかりですが(道路を通行止めにしてクレーンで吊り上げて会場搬入したと言われる銀座での発表会が話題になりましたよね)、欧州では早くもワゴンモデルの登場です。
ポルシェスペック、ロー&ワイドそしてユーティリティ、あくまでもラグジュアリーの方向性ではありますが、理想形です。

次なる注目は、待望のアルピーヌA110の登場です。

ご存知往年の名車であった同名車種の21世紀版、これはかっこいい!
詳細はわからないながらも、単なるノスタルジックな雰囲気だけでなく、現代風にアレンジされたデザインを身にまとい、ポルシェケイマンサイズに徹底軽量化と高出力パワーユニット…これは見てみたい!(と言うより運転してみたい)

次はVWの新型5ドアファストバックモデル、アルテオンです。

VWの新フラッグシップとも言える存在の新型から注目すべきは、このフロントの新意匠。
今後のVWの新たなビジュアルアイデンティティを感じさせるデザインなのではと気になります。

お次は韓国メイクから、2台のワゴンモデルをピックアップ。
欧州市場(特にイタリアや東欧など)にて支持をジワジワと広げる2大メーカーですが、今回のジュネーブではHEV系モデルを大量にリリースしているようです。
そんな中から気になるモデルは…
ヒュンダイi30ツアラー

そしてキアオプティマスポーツワゴンPHV

この2台、一見はスタンダードなエステートモデルにて売れ筋路線ではありますが、なんとなく何かの模倣を感じずにはいられません。
i30にはプジョー308SWのシルエット感、オプティマからは今はなきサーブ9-3エステートあるいは旧型のアコードワゴンを感じるような…。
少し前までは前衛的なデザインでオリジナリティある先進感を提供してくれていた韓国メイクにあってこの流れはどうなんだろ…と、少しネガティヴな意味で気になります。

さて、気を取り直してシティカークラス。
まずはこちらシュコダシティゴのフェイスリフトモデル。

VWグループのシュコダが放つVW up!の兄弟車シティゴの化粧直しは、とってもまとまりがあって、セアトMiiを含めたup!3兄弟の中で最も好感が持てます。
良い意味でフツーに素敵です。

もう一つピックアップするシティカーは、もはやシティカーとは言えないモンスター、ルノーZoe e-Sportです。

見た目もゴーカート的な、ミニクーパーSもアバルト595も超えた、もはやチョロQ的なデザインのコンパクトカーには、なんて456bhpの出力を持つ電気自動車ユニットが入っているんだそう。
コンセプトは、フォーミュラEをそのままロードカーにしたんだとか。
もちろん参考出展なんでしょうけど、この発想はクレイジーで素晴らしいですね!

さて、最後はSUV系から1台。
欧州は相変わらずのSUV全盛期にて、今回のジュネーブにおいても、アウディQ8やシトロエンDS7と言ったフラグシップ級の新型が登場しています。
(シトロエンからは春に中国で発表予定のC5 Aircrossという、もはや何をもってC5を名乗るのかわからないくらいにユニークなデザインのSUVモデルの予告もありました)
そんな中わんどらが選ぶ1台は、日産キャシュカイのフェイスリフトモデル。

日本では販売されなくなってしまったキャシュカイ(初代の日本名はデュアリス)ですが、欧州では相変わらずの販売好調にて、GTRに並ぶ日産の顔です。
今回のフェイスリフトでVモーショングリルがよりハッキリして、よりカッコよくなりました。
これ、日本に再上陸しないかな。

いかがでしょうか。
まだまだ探しきれていない感もありますが、これらがわんどら直感の気になるクルマたち。
皆さんが専門メディアなどでチェックしたクルマたちと、嗜好がマッチしていると嬉しいです。

春のジュネーブが豊作だと、この1年のリリースカレンダーが楽しみになります。
今年は秋にもフランクフルト、そして東京が待ち受けていますので、年間通じて初物に触れる機会がたくさんありそうでワクワクします。
尽きることない煩悩に翻弄されるだけという気もしますが(笑)、これもモーターショーの楽しみ方ですよね。
2017年03月03日 イイね!
美しき、フツーのオールドタイマー #7 日産プリメーラちょっと古いけど、ちょっと気になっていたクルマをあえてピックアップしてみるこのシリーズも7回目を迎えます。
これまでBMW5シリーズ(E28)、アウディ100(C3)、プジョー505、ローバー800、シトロエンBX、ルノー21と、今見てもいいなぁと見とれてしまいそうな、わんどら的素敵なクルマたちをチョイスしてきましたが、今回その仲間入りをするのは、日産が生んだ誇れる欧州車、プリメーラです。

"オールドタイマー"の定義ってとても曖昧。
いわゆるヒストリックカーというのは1975年以前に製造されたクルマとも言われているし、旧車というのは25年以上前に製造されたクルマとも言われているようです。
そういう意味で、今回ピックアップするプリメーラは、ついこの間ま売ってたじゃんという感覚。
しかし初代は1990年という、既に27年も前の登場ということで、今回は晴れて”気になるオールドタイマー”として選出してみました。
(最近さすがになかなか見ない、希少な存在となっている気もしますし)

このクルマを初めて意識したのは、僕が丁度欧州車の魅力にハマり始めていたころ。
"プリメーラ・パッケージ"というキャッチコピーを用いた宣伝広告も知的な雰囲気があったし、日本車に欧州のセグメンテーション定義を持ち込んだ車格感も、好感と興味を抱いたものです。
マーチ、パルサー、プリメーラ(欧州名はマイクラ、アルメーラ、プリメーラと語尾に"ラ"の韻を踏み統一)といった欧州向けの車種にブランドアイデンティティを示す統一デザイン(CI/VI等)を施し展開するというのも、日本メーカーとしてはこの頃の日産が初めてなのではないでしょうか。
そんな至る面でこれだけにも、欧州スタンダードを意識させてもらった国産車は初めてかもしれません。

さて、まだあまり古さを感じない初代を見てみると、当時の欧州Dセグメント車のトレンドでもあったトランク部分のハイデッキ化をはじめ、欧州の街並みに馴染むデザインが織り込まれている雰囲気を感じます。
メイン市場はDセグセダンの売れる英国とドイツだったそうで、当時の欧州市場を席巻した同クラスの競合であるオペルベクトラやVWパサート、プジョー405と並べても引けのとらない存在感があります。
特に英国では5ドアハッチバックのニーズも高く、イングランド中部にあるサンダーランド工場製のモデルは日本にも"プリメーラUK"として輸入されていました。

逆輸入された5ドアeGT、実は自身の父が所有していた思い出のクルマでもあります。
その記憶をたどると、これまでの日本の乗用車にはないゴツゴツした乗り心地に確実な欧州テイストを感じ、同時に日本向けにサスペンションセッティングを変えないスタンスが素晴らしい!と感じたものでした。
(実際のところ、日本向け車両はどう化粧直しされているのかわかりませんでしたが…)
ちなみにこのハッチバックモデル、個人的にはこのプリメーラのモデル変遷を通じて大好きな存在です。
2代目はよりかつてのローバーのような、より近代の英国車風な雰囲気だし、

最終モデルとなった3代目は、とってもデザインコンシャス!

(こんなに太いCピラーにてさぞかし後方視界は悪そうです…)
このモデル以降、日産の欧州向けDセグメント乗用車の登場はなく寂しい限りですが、日産の欧州での認知は見事にキャシュカイ(初代はデュアリスとして日本でも販売)に受け継がれています。
ちなみに2代目となり早くも今年フェイスリフトが予定されているキャシュカイですが、英国では年間販売数ベスト5に入る人気振り。
トップ5 に日本ブランドが入ってるなんて、古くから地元(英国)で親しまれてきた日産ならではの功績なのかと思います。

ブランド認知の向上という意味では、このプリメーラには更なる功績がありました。
それは、レーシングカーとしての人気。
90年代前半にブームとなったツーリングカーレースにて、英国(BTCC)、日本(JTCC)その双方で活躍したことも覚えているかたが多いかと思います。

(その頃の僕は、同じBTCC/JTCCに参戦していたE36型BMW318iに夢中でしたが・・・)
2代目プリメーラは、90年代後半のBTCCにおいて、日本車初の年間総合優勝を遂げるなどの快挙を遂げています。
そういう面も、欧州でのブランドイメージ向上に寄与しているのかもしれませんね。
*BTCC、90年代初頭に最もエキサイティングだったレースのこと、いつかの機会に書いてみたいと思います。

日産プリメーラ、いまだ色あせない魅力を放つ"日本の誇る欧州車"は、27年前の欧州の人々に"ジャパンテイスト"の良さを伝えると同時に、27年前の私たちに"ヨーロッパテイスト"とは何かを教えてくれたのかもしれません。
そんな存在は、今でもとっても気になるクルマです。
プロフィール
「絵本収集はもちろん、ユトレヒトを訪ねるくらい大好きでした。
さようならブルーナさん。
そしてミッフィーよ永遠に。
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK2K7L33K2KUHBI02F.html
何シテル?   02/18 01:51
こんにちは、Suite Sweet Carlifeのわんどらです。 ここでは私のクルマと、ヨーロッパのクルマに関するお話しを、あれこれ不定期ながら書いてみよう...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
実はLCVが好き pt.9 日産NV300編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/29 04:17:45
新型アウディA5が気になる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/18 01:49:20
街でよく見るクルマたち 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/27 01:03:53
お友達
こんにちは、クルマのこと、いろいろお話しましょう!よろしくお願いします。
22 人のお友達がいます
I・DA・TENI・DA・TEN * citrocitro *
若翁若翁 かずポン#12かずポン#12
GentaGenta あるてま.あるてま.
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2012年秋にBMW 320d Blue Performance M-Sportがやって ...
トヨタ アイゴ トヨタ アイゴ
フランスのパパと日本のママが、チェコで産んだ、欧州版プチトヨタ!プジョー、シトロエンの兄 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
2010年式 E92 320i Coupe M-Sportです。
BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
2007年式 E91 320iツーリングです。 19インチ換装、KW Stage2サスキ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.