車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月17日 イイね!
さてこれはある友人と数年における思い出の日々を綴ったものであります。

              山田たつや

その名を耳にする前に、本人に出会ったのは、おいらが二十歳の夏だったと思う。その頃は宅配ピザ屋と、天職と感じたガソリンスタンドのバイト掛け持ち。おまけに学生であったのと、ミニバイクレースをしていたことからかなり多忙な毎日。

二十歳ではあったが、副店長に相当するシフト勤務であった為、新人の教育も任されていたのであった。当時はアルバイトとは言え、バブル真っ只中。今ほど長時間勤務も問題ではなく、月合わせて35万も稼いでいた、古き良き時代である。

そんな話はさておき

おいら『初めまして!○○です、新人の山田さんですね?』
山田さん『あっ、はぁ、そうです…、よろしくお願いします。』

小声で返す山田さんは、そうボソリと喋る独特の影のあるイメージの語口。

この時は、この山田さんと意気投合し合い、今後数年においてつるんでいく仲になろうとは思いもしなかったのである。

そんな山田さんは、おいらのバイト先である、宅配ピザ屋の近所に住む大学生であった。公務員を父に持っていたが、機械に興味があったせいか、工学院大学へ通っていた。口癖は、安定した高収入と休み。そんなことをよく語っていたのを覚えている。

バイトのシフトが重なるにつれ、会話もはずむ様になり山田さんの持論がちらほら出てくる。
なんと愛車はミニカトッポ、聞くと大学でサークル活動の一環から、ミニバイクもやっていると言う。それでこの車種選択である。丁度YSRやNSRが載るのだ。

ミッションはこだわりのマニュアル。節度ある感触でコクコクと入りこれがキャブレターと相まって実に気持ちの良い加速をするのだ。決して速さは無いが実に爽快!三菱の車のイメージがさらに良くなるきっかけでもあった。おいらの親父も三菱ふそうの4tクレーンのロングに乗っていたので。

一緒に参加したミニバイクレースでは準優勝もすることが出来た。場所はもううろ覚えだが2人でよく活動した津久井湖周辺にあったミニサーキットであったと記憶している。地元のグループが強かったが、当時のおいらは怖いものなしのイケイケ状態。無難に走り切れれば優勝であったが、自己ベストを更新したいがために、ストイックに攻め込む。一番の無減速での下り右高速コーナーで、まさかのハイサイド転倒。山田さんは苦笑いしつつも、2人でガムテ補修したマシンでおいらは震える体で再度コースインなんとか2位をゲット。懐かしい思い出である。

時々はおいらのチームのハイエースでも出かけた。
通称ベーカリー号(パン屋っぽい外観であったから)での寒い冬は、道志道のトンネルを抜けると雪であった。もちろんベーカリー号にはABS等無い。前車に続いてブレーキを踏むと特に下り坂ではツーっっと止まらない!冷や汗タラーである。いやいやこれも良い思い出ならぬ良い経験?であった。あ、もちろんお金は無いので夏タイヤである。

初代のおいらのマシンMRII(AW-11)での初日雨天環八スピンや180SXでの目の前真っ暗事件なども、同乗者は山田さんであった。山田さんとは彼の在学中の数年間、本当にあちこち色んな所へ行き、色んな話をした。外観は色白でギョロっとした目つき。話し方はもちろん
物腰の低さから、上目遣いで会話する。そんな自分に彼女が出来て、その付き合いの中での悩みもよく話していた。おいらは異性よりも趣の向く方向へまっしぐらであった為、その時はピンと来なかったが、今ではよくわかる。

当時二十歳であったおいらと会話していて、怒ったことは一度もなかった。おいらにはとても温厚な人に見えていたが、そう言えば周りの皆は、あいつは変わったやつだ。おまえとしか会話しない。等と聞いたことがあった。何故だろう、うまが合ったのかはわからない。変わっていると感じはしたが、それを補って余る博識と本来の温厚な部分を、無意識に感じていたのかもしれない。

そう言えば180SXの事件直後も、なぜか腹をかかえて笑っていた。ひとつ間違えば自分も大変な事になっていたかも知れないのに。

素晴らしい思い出たちと、素晴らしい思い出のヒーローたち。実はヒーローとは間近にいる存在なのかも知れない。山田さんとは彼の就職後、疎遠になってしまったが、きっと今でも持ち前のしつこさと博識で独特の存在感を放ち、自分のポジションを確立している事だろう。

そんな思いでのヒーローたちを思い出すたびに自答する。自分もそんな誰かのヒーローになれているのか。自分の人生を貫いているのか。まだまだ先は長いようである。
Posted at 2017/05/17 16:28:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | よもやま話 | 日記
2017年04月14日 イイね!
新年度、新年。何がどう違うの?そう感じた時から、意識したそれぞれの人生が始まっているのでしょう。さて、そんなつまらない話はさておき、寒暖の差が激しい日々もそろそろ終わりを告げ、この国にはとてもキレイな桜たちが咲き誇っています。

一陣の風が吹き抜け、桜吹雪が舞い散り、春の訪れを実感する瞬間です。


そんな穏やかな午後、ゴルフ君を丹念に洗車。ドアを全部開け、空気も入れ替えリフレッシュ。はや4年近くになる付き合いの間に、あちこちエイジングの傷跡がさらに愛着を湧かせます。
いつの時も、気持ちを落ち着かせてくれる、その走りとタフさ。きっとこの先も、共に走り続けるパートナー。物言わぬも、違う形で語り掛けてくる、そんな思いにふけりながら、洗い上げます。

さてこの春、我が娘りーちゃんも新一年生になることが出来ました。
時のたつのは本当に早いもので、その成長に驚きながらも、同時に関心することもあります。

そんな一年生たちは、そのまだ小さな手を一生懸命に空に向かってあげながら、横断歩道を渡っていきます。私たち大人は、それをあたたかく見守ると同時に、自動車を運転する運転手さんたちは君たちを守る。そんなマナーを感じさせてあげる事が出来るような、運転をしていきたいものです。
Posted at 2017/04/14 11:20:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | よもやま話 | 日記
2017年03月09日 イイね!
先日、VWビートルの一日試乗を終えてきました。だが、ビートルとは言っても
初代タイプ1ではなく、ニュービートルでもなく、現行型のザ・ビートルである。
さて、試乗を終えて実はもう半月程経が、何から書けば良いのかわからない。
何故なら、このビートル。1938年に誕生し、単一車種で2100万台が生産販売
されたと言うとてつもないクルマだからである。我らがプリウスでも初代からの
累計で、グローバル約400万台と考えると、当時の時代背景を差し引いても
偉大と言えずには居られない。しかもついこの間とさえ言えなくはない2003年
まで生産されていたのだ。


さてこのタイプ1。4輪にそれぞれ被せたフェンダー。大人2人と子供3人が快適に
長距離を走行する為のキャビン。そのボディ形状はアウトバーンを100kmで
巡行出来る性能を追求した結果なのだろうか。当時の人々にはどのような印象
であったかはわからないが、実に愛くるしいカタチは、機能美の先に完成したの
かも知れない。
さて、次にモデルチェンジして登場したのがこのニュービートル。
外観は現代風にリニューアルしたものの、ビートルのそれと呼べるものと思える。
駆動方式はFFとなり、カラーバリエーションの豊富さからも、従来からのファン
は勿論、多くの人に受け入れられたのではないだろうか。

このニュービートルには、私が体験したこんなエピソードがある。
当時、私が出入りしていた営業先の一つに、実に雰囲気がお堅く、コミュニケーションが取りにくいものを醸し出していた会社があった。ところがある日、この会社の駐車場にこのニュービートルが停まっていたのである。そこはこの会社社長の場所であったことから、私は『しめた!』と思った。
そう、実はクルマ好きでないとこの車種は選ばないであろうと直感した私は、そこからここの社長と車の話題で盛り上がり、契約に至ったと言う経緯がある。しかもその直感を決定付けるのにこのニュービートルはコンバーチであったからだ。

そんなニュービートルであったが、2011年にザ・ビートルとしてリニューアル。
名前
の変革は賛否あるなか、デザイン的にはオリジナルを尊重したものである
ようだ。Aピラーの途中からの角度などは、それを物語っている気がする。


先述した通り、試乗を終えた感想は、外観のファニーさに加え、走行性能は実に申し分無く
長距離でも問題なく、大阪くらいまでなら休憩なしで行けそうである。

内装もそれに準じて、スッキリしたもの。ドアのサイドポケットが一部ゴムであるのは愛嬌であろうかと感じた。スイッチ類も、変に堅苦しさは無く、このクルマにあれこれ難しい装置は不要であろう。そう、このクルマに求められそうな多くは、日常を
ウキウキとした気分に盛り上げてくれるそれに他ならないという結論に達した。



いつしかこのビートルに乗る日が来るのかもしれない、来ないかも知れない。
だが、いつしか所有してみたい衝動が自分の中で、大きくなりつつあるのを感じる。
その『いつかのとき』このビートルは、どんなになっているのだろうと、そんな思いを未来に馳せながら、やっとこのブログを書くことが出来た。
Posted at 2017/03/09 15:48:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2017年01月31日 イイね!
先日、近所のVWディーラーが移転、新規オープンとのDMを頂いておりました。
ちょうど私の休みと重なっていた事から、来店プレゼントと共に、先着20名!の福袋ならぬ福缶を目指し、伺わせていただきました。

週末ではなかったせいもあり、さほど混雑していなかったのも幸いし、ニューショールームをじっくりと拝見できました。スタッフさんたちの中には、移転前と同じ顔触れもおられたのでこれには安心しました。そう、先着20名のVW20ℓお楽しみ缶!
間に合いました。
他にも、来店プレゼントを頂き、晴天にも恵まれた事から、気分もUPです。

割とすいていたことで、停めてある新型ティグアンが気になり尋ねると、すぐ試乗出来そうです。同乗での近所一回りですが、少しでも感じたことを取りまとめてみます。


さすがにガラケーのときより写真がキレイです、笑。

試乗したのはさっそくのR-lineですか、内装の特別感が気分を高揚させます。画像は取り忘れてしまいました。外観からすると、割とタイトな運転席室内で、ゴルフからの違和感はさほどありませんでした。当然、視点が高いので、視界はとても良いです。操作系はニューモデルのそれではあるものの、VWおなじみの配置で安心します。気になったのはアナログメーターをデジタルで表示するもの。これからの流行りなのでしょうか。サイドミラーもとても見やすい。

乗ってすぐ感じるのは軽さ。外観からは想像できない転がり感です。
ステアフィールは軽め。でもしっかりとステアリングからのインフォメーションを感じることができます。これは女性にもおすすめ。乗り降りを含めて、日常の使い勝手は抜群によさそう。
後部座席はゆとりの広さに見えます。実際座ってはいませんが、長距離移動でも楽そう。そう、ナビが2種メーターの間に映し出されています。これは視点移動が少ないので、慣れない道を行くときには、楽かもしれません。同乗での近所一周でしたが、
私なりに感じたのは

1、外観のワイドさからは想像出来ない、取り回しの楽さと乗り降りのしやすさ。
2、ステアフィールは軽めでも、タイヤの向きや4輪の位置が分かりやすい。
3、長距離は勿論、日常での使い勝手も抜群に思える。

と、言ったところでしょうか。つたない試乗記で申し訳ありませんが、取りまとめてみました。
さて、ゲットしたものをゴルフ君に持ち帰り、給油へ向かいます。まだ時間も早めであったのと、晴天で暖かかったこともあり、勢い余って箱根へツーリングに向かう事にしました!
行きは第三横横、帰りは東名小田厚のルート。

ところが、神奈川エリアに進むにつれ、風が強くなってきました。前車からのウォッシャーを何回か浴び(あるある)椿ラインへ向かいます。風のせいで、落ち葉はもちろん、落木も激しい。小石ですが落石も・・・。まぁ、ものともせずに!とはいかず、サっと避けながら山頂を目指します。やはり実に気持ちのいい道です。いつまでも走れると良いなぁ。
様々な速度域が詰まっているのがここの特徴。山頂近くなると、まだ先日の雪が道路脇に残っています。そこから溶け出した水が緩やかに流れているのを横目に、ペースを落とし大観山の山頂に到着。

外に出ようとするも、風圧が凄すぎて、出れないくらい!でしたがパシャリと撮影。
見えるでしょうか富士山がキレイ。

じっくり見ようとした福缶を、暖かな車内で・・・。期待していたVWキャップは無いものの気分アップしそうなグッズにご満悦。

帰りはマツダターンパイクで一気に下ります。

が、やたらあおられまくっている車を発見。と、思いきや、新型車C-HR?の撮影でした。どうなんでしょうか、話題のクルマですよね。アグレッシブな外観でした。

後半、街の風景が山間からよく見える、吸い込まれそうな景色に気を付けながら
帰ってまいりました。相変わらず小田厚では、2台くらい覆面に遭遇します・・・。
ここは速度上限が場所により変わるので、気を付けたいですねー!

ではそんな感じで、ティグアン(タイガー+イグアナ)試乗と、箱根ツーリングでした('◇')ゞ
Posted at 2017/01/31 15:20:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2017年01月26日 イイね!
あまり気に留めてはいなかったのですが、どうも100近くになると気になり始めて
いました。そんな訳でゴルフ君への100イイね(=゚ω゚)ノありがとうございました!

ここまでやってこれたのは、皆さんのお陰としか言いようがありません。

どうぞこれからも愛車ならびに、ブログ。そして、私ともども、お付き合いのほど
よろしくお願い致します。m(__)m
Posted at 2017/01/26 22:35:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | ゴルフ | 日記
プロフィール
「近所のVWディーラーが新規オープンだそう。先着20名の福袋ならぬ福缶?!間に合うかな~(=゚ω゚)」
何シテル?   01/27 11:06
16歳で高校在学中に原付免許を取得。禁止であったバイク通学を始めたのと同時に、近所のバイク屋さんを通じ当時加熱していたミニバイクレースにのめり込む。秋ヶ瀬、桶川...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
時代は移り行き歳は取っても2輪4輪問わずやはりモータースポーツ及び運転や整備が好きです。知識不足な事も多々ありますが、このブログ等を通じ交友頂ければ幸いです、宜しくお願い致します!
7 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 terra20terra20
Tetsu@Tetsu@ ゼロアールゼロアール
クラーク73クラーク73 えいチキンえいチキン
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
これ一台で何役もこなすスグレモノ TSI(ECO)&DSG(FUN)を両立する 派手さは ...
トヨタ スプリンタートレノ ミサイル号 (トヨタ スプリンタートレノ)
とある事から知り合ったかたから譲って欲しいとの 話に。何でも部品によっては入手困難だそう ...
ホンダ スペイシー100 目立たず捕まらない号 (ホンダ スペイシー100)
衝撃の30km</L+4ストはかつて2ストNSRに乗っていた私にはビックリ!通勤での使用 ...
BMW 5シリーズ セダン 快適移動号 (BMW 5シリーズ セダン)
絹のような滑らかなエンジンと謳われるシルキー6恐るべし!バイエルンのエンジン屋はさすが
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.