• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ホーブのブログ一覧

2018年02月04日 イイね!

リア足回り&スピーカー交換

リア足回り&スピーカー交換年始に調達していたパーツ群(アッパーアクスルブッシュとリアアッパーコントロールアームは除く)を一気に装着しました♪
こっそり入手してたPioneer TS-D6802Rスピーカーも同時交換♪♪

行き付けの整備屋さんの設備、人員の関係で燃料タンクを降ろさないと作業出来ないアッパーアーム類は交換見送り、後日交換事例のあるアメ車屋さんに入庫予定です。





この部分は確認するとゴムがかなり劣化しているので早めにやっておきたいですね。。





Whiteline社製のロアコントロールアーム、リロケーションブラケット、ベビーデイューティスウェイバー、アジャスタブルパンハードバー、Fordperformance社製バンプラバーはこんな感じです(^^)







スウェイバーもアジャスタブルなのですが、Americanmuscleのレビューで二番目にソフトな設定だとストックの状態よりも柔らかいとのコメントを見てハードから二番目に設定してもらいましたがこれがレーシングカート並みにロールせず、凸凹の突き上げも予想以上にキツくてフロントとのバランスが取れずにハンドリングがシビアになりすぎたのですぐに一段緩めました(汗)
一段緩めるだけでかなり落ち着き、乗り心地の犠牲も最小限でロアコントロールアーム等の恩恵も相まってトラクション性が格段に上がりました(^^)/
おいおいパーツレビューにも書こうと思いますが、とにかく駆動力をロスなくダイレクトにタイヤへ伝え、前後の沈み込み等の無駄な挙動が更に少なくなりました!

今回Whiteline社を選んだ理由としてブッシュ類がウレタンでなく、合成エストラマー樹脂なるウレタンとゴムの中間のような特性のものだったからです。
そしてグリスアップも不要と言うこと、確かにどこにもニップルがありません。
長年の使用にどこまで耐えるかはわかりませんが今のところ異音も無く大満足です☆

一方、全然満足してなかった(笑)スピーカーにはリーズナブルで性能にも定評のあるPioneer TS-D6802Rを選択、メトラ製の変換アダプターを介してトレードイン。







いやー、普通に良い音がこんなに有り難いとは(^^;
いずれリアも同じものに交換してアンプの出力も上げたいなとオーディオへの希望も湧いてきました!

最後に、交換時期としては少し早めですがどうも5w-40の粘度に疑問を感じていたエンジンオイル。
試しにトヨタ純正キャッスル5w-30にWAKOS添加材、エコカープラスを入れしました。





特に冬場の吹けが重苦しい印象でしたがオイル交換後、変速時のレスポンスや吹けの軽快さを感じることが出来たので、これからは5w-30、或いは5w-20(結局推奨オイルですが)でいこうと思います♪

アッパーアクスルブッシュ&アッパーコントロールアームの交換が完了したらまたブログ更新したいと思います(^^)
Posted at 2018/02/04 22:40:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年01月12日 イイね!

新春パーツ到着

新春パーツ到着あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いしますm(__)m

私が今のBFブリットを中古で購入してからいよいよ丸三年を迎えようとしています。

この三年でいろいろなところに手を入れる事が出来てお陰さまでオリジナルの味わいを崩さずに良い状態をキープ出来ていると思います♪

しかし製造から10年を超え、10万キロに迫ろうとしている今、予兆がある部分や考えられる消耗部品等には常に目を配りたいものです。

最近リアサスペンション付近からの異音が時折聞こえて来た時、コントロールアーム等のブッシュ類をリニューアルしてみたいという欲望(笑)に駆られていろいろ調べていました。

ローダウンしている訳ですし、この際ディメンションも含めコントロールアーム類の一式を新調することにしました!!

という訳でAmericanMuscleで年末に狂ったようにポチポチ(苦笑)
本日無事到着しましたー♪

アッパーコントロールアーム、ロアコントロールアーム、リロケーションブラケット、ベビーデューティースウェイバー、パンハードロッドはオーストラリア製のWhiteline社のもので統一しました。












以前からボロボロになってて気になっていたバンプラバーはフォードパフォーマンス製。


これは交換難易度が高いであろうデフマウント部のブッシュ、フォード純正品です。圧入の為交換出来るか今のところ不明です(汗)



アイバッハ製キャンバーボルトは現状で装着されていますが、フロントのアライメント調整の際には新品にしておきたいので予備購入です♪



さーて、整備屋さんに依頼はしますが、やるなら一気!なので良いタイミングとペッタンコになった財布が少し膨らむのを待ちましょうか(^^;

Posted at 2018/01/12 20:45:28 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月17日 イイね!

PIRELLI皮むき

PIRELLI皮むきPIRELLI P-Zero Rossoが約2年10ヶ月で4分山を切って来たので同じ銘柄で履き替えました♪



製造年月日は2016年の32週と少し前のものですが全く問題ないでしょう、スタンプもクッキリ(笑)





サイドウォールの面構えもモダン過ぎず、リムガードも控えめでむっちりとして気に入ってます(*^^*)

昼前からのいつものコース約200キロ。
澄んだ青空が広がるが気温はかなり低め、絶好のツーリング日和です♪

やはり新品の弾力と静寂性は心地よく、交換時期としては少し勿体無いかな?と思ってたけど…
ん~、新鮮新鮮(^^)

新品状態のうえに気温、路面温度共に低いのでゆったりペースでワインディングまでクルーズ。
見通しの良い山間部で少しずつGを掛けて走行していきますが、ビッタビタに路面に吸い付いてどんどん調子に乗りそう(笑)

しっかりタイヤも温まり、一皮剥けたかなという頃に0発進からのフル加速。
2速途中までケツを振りながら豪快にホイールスピン、全てのセクションが調子良く機能してることを確かめて帰路に…
ん~、二皮むいちゃったかな?(^^;

この時期の高速道路は塩化カルシウム攻撃も始まっていますので、ガレージに戻りしっかりふきふき(*´ω`*)





さぁ、また数万キロを共によろしくねピレリくん♪


Posted at 2017/12/17 20:35:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月06日 イイね!

キーレスリモコンリペア

キーレスリモコンリペア車両購入時にスペアとして付けて貰ったキー&リモコンを三年近く使っているうちに(元々のキー&リモコンは保管)フックの片方(表側)が割れてしまってそのままだったので国内の通販サイトでリペア用のリモコンシェルを買いました♪



内部の基盤をそのまま使うタイプなのでリーズナブル、もう片方が割れて無くす前に買えてホッとしました(^^;

今回のものは社外品です。
今まで使ってたものも社外品だと思いますが、どちらにもFord Motor Companyの刻印が入ります。





でも今までのFoMoCoタイプのほうが好きなので表半分とラバーボタン部のみの新調としました(笑)






左から、元々の純正品→スペアとして付けて貰ったもの→今回購入したもの。
やはり純正品が一番しっかりしています。



さて、4分山ほどになったPIRELLI P-Zero Rosso
245/50ZR18
まだまだ使えはしますが、グリップも多少甘くなってきた事ですし早めに替えようと思い全く同じものを注文しました(^^)

ライフ短めがたまに傷ですが、それ以外は最高に信頼出来るタイヤです♪
年内に交換出来るかなー。。

来年はいよいよリア コントロールアーム類一式に着手しようと目論んでます(*^^*)
Posted at 2017/12/06 18:58:01 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年11月11日 イイね!

BullittとBullitt

BullittとBullitt少し前ですが、中古車サイトにて低走行の2008 US Bullittが掲載されていて気になっていました。

今となってはUS Bullittを実際に目にする事自体かなり難しい事ですし、オプティマバッテリー装着後のツーリングも兼ねて(ホントは2台並べてみたかった(笑))販売店へ行ってみました♪

屋外展示ブースの一番目立つところに妖しく鎮座する緑の物体(笑)
あまりに見馴れたシルエットと色合いに錯覚を起こしそう(^^;

販売店の営業さんも私のBullittを見つけ、困惑の表情(^^;(^^;

お店としても自信を持っておすすめされてることが「是非試乗してみてください!」という言葉に表れている。
それを裏付けるように各部の気合いの入ったモディファイと仕上がりの端正さにしばし見とれる♪

とにかく目玉はSALEEN製S/Cの装着で、お言葉に甘え準備を整えテストラン!

私のBullittと同じく、Ford Racing GTAマフラーに換装されたエキゾーストノートは明らかにNAとは異なり只者でない空気を放つ。
シフトフィーリングやクラッチのタッチはとてもスムーズで、ファクトリーチューンの完成度を感じる。

しばらく挙動を確認したのち、徐々にアクセル開度を強めていく。
少し控えめなS/C音と共に過吸が掛かった加速Gとワイルドに変化したGTAサウンド!

足回りはBullitt専用ダンパーにアイバッハスポーツラインのコイル。
結構なローダウンなので挙動が心配でしたが、幾分ハードではあるけど専用ダンパーがしなやかに受け止め、乗り心地は至って良好。
ワインディング等の更にスポーティーな走りにはスタビ関係の強化をした方が安全かもしれません。

一通り試乗させて頂きお店に戻ったところ、私のBullittの横にスペースがあったので確信犯的にそこへ停める(笑)

そうなるとやはりカメラに収めたくなり数枚♪
いつもへたっぴなスナップですが…







どっちがどっち?(笑)

細かなディテールの違いを思いっきり堪能してしまいました(笑)

中でも非常に興味のあったペイントの違いですが、色目は本当によく似ていて、BF BullittよりもUS Bullittのほうが若干メタリックの粒が荒く、光に当たった時は存在感を際立たせていました♪

そしてそして憧れのウロコインパネ!



生で見るアルミ削り出しの質感は圧巻!!
もう頬擦りしたくなるほどの重厚な手触りで感動しまくりでしたー(^-^)v

お店の方、営業担当の方、ありがとうございました♪
でもやっぱり自分のBullittが更にかわいく思えてしまう結果になってしまいましたー(^^;

※現在も販売中のようで、本当に希少で素晴らしい個体でしたので、興味のある方は是非見に行ってみてはいかがでしょうか(^^)/

さて、バッテリー交換後に往復400キロ強の走行となった訳ですが、我がBullittは調子バツグンとなり、渋滞等も含めてのほぼ高速走行でリッター10キロなんていう見たこともない燃費を捻り出しました(笑)



更に帰宅前の一瞬(笑)



あー、おりこうさんです♪

今年もいろいろと手を入れましたが、そろそろ打ち止め。
来年はリア足回りコントロールアーム類を見直して行こうかなぁと思っています(^^)
Posted at 2017/11/11 11:18:42 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

ずっとホープ吸ってるからホープです
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

どなたさまもよろしくお願いします。
8 人のお友達がいます
stang08-72stang08-72 ロボ部長ロボ部長
秋水改秋水改 s281兄妹s281兄妹
KewpieKewpie フランクブリットフランクブリット

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

フォード マスタング クーペ フォード マスタング クーペ
S197 2007 Ford Mustang GT BF Bullitt

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.