• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

griffon_GTEのブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

地図情報を更新2017/2018





毎度、ディーラーやフォルクスワーゲンジャパンからの地図情報の更新の連絡はなく、自分で調べるという始末

少なくとも、オーナーズパスの登録メールには配信すべきである。

それで、Webサイトより、ダウンロード30分~40分、解凍が結構かかって1時間以上
SDカードに移動して、車へ





そこでも時間がかかって結局2週間かかった。

幸いアップデート中は、昨日までの地図は使えるので支障はない。

最近思うのが、車がIT化する中、ナビのバージョンアップはなぜ取り残されているのだろうかと、普通に考えると車が自動ダウンロード、アップデートしてもおかしくないのだ。

ゴルフ8からは多分そうなるのかも。

3年間無償バージョンアップにらしいが、短すぎるので改善してもらいたい。
Posted at 2017/06/25 08:04:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月11日 イイね!

ACCを使い倒す

先日のイベントでACCを学んできたのですが、自分の車とは表示が違うので、実際に市街地でACCを使ってみた。

他の車のことはわからないが、ゴルフGTEはスピードが一定になるものと、前車との車間距離を管理する複合となっている。


■各ボタンの意味



右下のMODEボタンでACCを選択、左下のセットボタンを押す。(2回目は不要)
メーター内にアイコンが点灯すれば作動。


真ん中のボタンは車間距離である。押すたびに距離が変化する。

真ん中のボタンの両隣はスピードの設定で30キロから10キロ単位で設定可能。

右上のボタンは解除ボタン。ブレーキを踏むことでも解除できる。

1番下のマイナス・プラスはACCには関係なく、オーディオボリュームである。



■実際の使用

スタートは、左上ボタンのレジュームボタンを押す、アイコンが点灯し、作動。

速度をボタンで、調整。最初は30キロからスタート。

赤信号の際、
前車がいない場合ば、信号手前でオフ、ブレーキ。
前車がいる場合は、そのまま止まってくれる。ブレーキは不要。

信号が青になったら、レジュームボタンでスタート。

オフした後は、アクセルでスタート。


■注意点
カーブでは速度ダウンを
カーブでは前車をきちんと捉えることができず、スピードをあげてしまうこととなるので、カーブに入る前に速度ダウンするといい感じで曲がれます。

停車している車には無反応
前方で赤信号で車が完全に止まっている場合は、ACCは不得意らしい。
前方がふさがっているにもかかわらず、突っ込んでいくくせがある。
この場合は、ACCオフにして普通にブレーキで止まるとかなかろう。
この点は今後の課題かといえよう。
Posted at 2017/06/11 13:19:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月28日 イイね!

フォルクスワーゲン・デイ2017 ゴルフ7.5編



試乗の待ち時間で新しいゴルフを見学。

外観が違って見えたのが、デジテルメーター、ディスカバープロ、マフラーである。
他にもあるけど割愛。

デジタルメーターは好みが分かれるところ、平面的なのが嫌だ。



ディスカバープロのモニターは大きくなり、スイッチと拡大縮小ボタンがなくなった。
まぁ、見やすそう。



そして、マフラーが見えなくなり、ダミーの出口がかざりとしてつけられている。
これは流行りなんでしょう。パサートもそうなっていたし、昔のトゥーランもダミー出口はなかったがそうなっていました。
マフラーをいじる人にはつらいかも。VWは時々退化と思える仕様変更をする会社だ。



Posted at 2017/05/28 07:59:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月27日 イイね!

フォルクスワーゲンのイベントに参加




目的は2点
ACCの使い方の実技講習とティグアンの試乗。

今回から、受付と会場が離れており、やや要領を得ない。試乗もチケット制に変更された。

午前中だけで、なんとか二つのプログラムに参加はできた。

まず、オールセーフティ(ACC)の方



車はパサート、最初は係りの人が運転し、途中で、運転を交代。

ACC
モードボタンは、ACCとスピードリミッターの切り替え。
ACCの方を選択。
セットボタンを押すと多分デジタルスピードメーター内のインジゲーターが緑のアイコンが点灯すれば準備が済み。これはモデルよって仕様が異なる。

アクセルかRESボタンを押すことで作動する。
RESは、レジュームという意味で、再始動とでも訳すかな。
リセットやリスタートではない。

プラスマイナスボタンで一定速度を変更できる。(下のマイナスプラスはオーディオ)
車間も調整できるが、決められた時間内のため、説明は割愛された。

次に
ブラインドスポットディテクション
これは自分のゴルフGTEにはない機能。
車線変更の際、死角に車がいた場合にドアミラーの付け根が点滅する。
場合によっては、ハンドルを制御するらしい。
これは欲しい機能かも。



次に、ティグアンの試乗
確か、去年はティグアンとゴルフGTIを試乗したのですが、その際ティグアンのモデルとしての古さを感じた。
今回は、アクセルを少し踏めば前に出るというどちらかといえば、国産車のような感じだった。
ハンドルは、軽め。サスペンションは、だいぶしまってきたが、まだ緩い。(自分は、固めが好き)

後半、フルアクセル、フルブレーキの場面があり、フルアクセルだとスピンしました。フルブレーキはまっすぐすぐにとまりました。このあたりはさすがドイツ車なんでしょう。
ティグアン、もう少し車重が軽くなると魅力的になるかも。


待ち時間はゴルフ7.5を見学はまた後日。
Posted at 2017/05/27 23:11:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月14日 イイね!

「新型ゴルフRや e-ゴルフなど、両極をいくゴルフ4台に公道&サーキットで試乗」の記事を見て思うこと




carviewの記事のリンク
https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170421-20103184-carview/


5ページの記事の引用-------------------------------

なぜEV走行の航続距離を増やす改良をしなかったのか? 
これに対してエンジニアは、現状でバッテリー容量を上げるには重量増もしくはそのコストがユーザーに跳ね返ってしまう、ドイツ人の一日あたり平均走行距離は十分に補えている、
と述べていた。

引用ここまで-------------------------------


ドイツでは航続距離を伸ばしてほしいというニーズは低いらしく、技術革新が進まない限り航続距離の延長はないようてすね。残念です。


さて、e-GolfとGolf GTEのどちらが魅力的かというのは大変難しく、航続距離を望む人はGTEになるかと思います。50キロが少し短いと思う人は200キロは走れるe-Golfでしょう。

重量は同じらしいのですが、バッテリーが増えた分とエンジンやDSGが同じというのは解せないですが、不思議ですね。

e-Golfに買い換えるのは物理的に不利なのでしませんが、試乗にはいきたいと思います。
Posted at 2017/05/14 09:04:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「地図情報を更新2017/2018 http://cvw.jp/b/299416/39989292/
何シテル?   06/25 08:04
トゥーランGLi に乗っていましたが、ゴルフGTE に箱替え。 多分、車いじりはほんの少しかな。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ GTE フォルクスワーゲン ゴルフ GTE
トゥーランからゴルフGTEの乗り換えました。 前車ほどはいじらないと思うのですが、どう ...
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン
2005年モデルGLi 約10年所有

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.