• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タジマ-K7のブログ一覧

2017年08月19日 イイね!

イラスト・ギャラリー106(レッドマン)

〜 赤いアイツ 〜


仕事の合間、ふと『何か』が降りてきて、半日で描きました。
Youtubeではお馴染み、説明不要の赤いアイツの勇姿です!

ネタにされていることが多いので、
あえて正義の味方っぽく描いてみたつもりなんですが…う〜む。
気になって、お時間のある方は検索してくださいね。

別名『赤い通り魔』とも…(¥_¥;)。
Posted at 2017/08/19 12:40:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | イラストギャラリー | 日記
2017年08月12日 イイね!

イラスト・ギャラリー105(仮面ライダー旧2号)

〜戦場に赴く鋼の馬〜




今年に入ってから、ちょっとずつ進めてきたイラストがようやく完成。制作期間が長くなると飽きてくるので、途中気分転換に別の作品に取り掛かったりして、なおさら個々の作品の完成が長引く悪循環になるのでした(笑)。

もう、仮面ライダー、特に1号、2号に関しては散々書いてきたので、とりあえず詳細は省略。しかし、これだけは書かせてくださいね…(^^)。

老害と言われようが、仮面ライダーはバイクに乗ってる姿が一番デス。サイクロン号はいつも激走しているのでそこそこのダメージを負っています…そこにライダーの、我々には目に見えない戦いの背景を想像させる要素が凝縮されているように思えるのです。

最新のキレイな仮面ライダーも結構、CGも結構…、実際楽しませてもらってますから。ですが、泥と埃をまとい、傷や凹みが絶えないサイクロンの魅力は衰えることがないどころか、個人的にはいや増して輝きを増していると感じています。
Posted at 2017/08/12 13:52:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | イラストギャラリー | 日記
2017年08月10日 イイね!

ゴルフ20年

先月でVWゴルフに乗り始めて20年が経過しました。1997年7月に我が家に来たゴルフは、当時は現役の「ゴルフ3 GLI」の認定中古車でした。この年は個人的に色々変化があった年で、長女が生まれ家族が増えた、引越しをした、業界内転職をした、そしてクルマが変わった…と、たまたま幾つかのイベントが重なり必然的に忘れられない年となりました。

エンジンは2,000cc・ハイオク仕様、115馬力で数値だけ見ると非力な感は拭えませんでしたが、これがキビキビとよく走る!トルクが下の回転域で厚かったおかげでしょう。一番驚いたのは高速の安定感で、このインパクトが、20年の長きにわたりゴルフを選択してきた、大きな原因の一つになっていることは間違いありません。

あとは少々の段差ではミシリとも言わない堅牢さ、5ナンバーサイズでありながら、家族3人が長距離旅行で必要な荷物を余裕で収める空間と、そういった機能を突き詰めた結果のデザイン、固めの足回りと全く疲れないよく出来たシート、イモビライザーとエアバッグも標準装備…といったところですかね。



当時は若かったこともあって、買い替えにあたっては日本車のハイパワーなスポーティー車も候補に上がりましたが、カミさんが運転するのも絶対条件だったので、そっち系はあえなく却下。…であれば、少々趣味性の高いクルマ…輸入車になったのでした。イタ・フラ系でも小さくてセンスのいい小型車は多くありましたが、なぜか地味とも言えるゴルフの『道具的』なカタチが好みだったんですね。



初めての輸入車で上記のような感動も多くありましたが、日本車では当たり前の『常識』みたいなものが欠落していて、『なんじゃこりゃ?』という部分があったのも確か。年式にもよりますが、ウチのはなんとグローブボックスがなかった。カップホルダーもなかった。フットレストもなかった。4枚のドアのガラスも全て落ちました。バッテリーの突然死も経験しました…他にも色々あったなぁ…(笑)。ですが、そんなネガ要素を凌駕する「何か」があったからこそ、次のクルマもゴルフ(ゴルフ4)になったのです。

                ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ゴルフ3はカミさんが運転中、エンジンブローによりあえなく廃車。その時たまたま近くのスズキのディーラーマンが色々助けてくれて、今でもあの店には感謝しています。いつか娘にアルトワークスを買わせます(笑)。

結局、ゴルフ3は3年と11ヶ月乗ったことになります。次の愛車ゴルフ4GTIは新車でした。壊れたとはいえゴルフ3の下取りが思いの外良かったのと、ゴルフ4も登場2年が経過しており、前期型の在庫処分的なバーゲン価格もあいまって、手が届くところまでの条件が出たのです。2001年6月にゴルフ3廃車、2001年7月にゴルフ4が我が家に来たのでした。



ゴルフ4は、2世代進化したかと思わせる大変身ぶりでこれまた感動。グローブボックスとカップホルダーが付いた!フットレストも標準装備!GTIの流石の加速とツルリしたフォトジェニックな外観…。ちょっと身分不相応ではないかとも思ったものです。シートは相変わらずよく出来ていて(というかゴルフのシートとは相性がいいのかも)、更に長距離ドライブが増えました。この年の5月に次女が生まれて4人家族になったのですが、これまた帰省旅行でも全く問題なし。ゴルフ4で鹿児島まで3回、家族で帰省しています。他に家族で宿泊旅行は数知れず…子供の成長と共にゴルフ4はあり、リヤシートにはチャイルドシートが常備されてました。



ゴルフ4は2009年3月に重めの故障が発覚、気に入っていただけに、高額修理をして継続させるか台替えするかかなり迷いましたが、結果的には5月に現在のゴルフ5になり8年2ヶ月が経過、ゴルフ4は7年と10ヶ月の付き合いでした。ゴルフ4のデザインはゴルフ5/6と比べても古くは感じません。クルマを全く知らない人が見たら、ゴルフ4が新しいという人もいるのではと思うくらい。ゴルフ7は流石に内外共に全てが最新鋭ですね(^^)。

                ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ゴルフ4からゴルフ5に変わりましたが、3から4の時ほどの劇的な変化は意外にも感じませんでした。特に内装の質感に関してはゴルフ4の方が優れていたのではと思うくらい。しかし「走り」に関してはゴルフ3GLi → ゴルフ4GTIの変化よりインパクトがあり、さすがVWが総力を挙げて復活させた「GTI」と思わせてくれるものでした。DSGもパドル操作が加わりこれはこれで面白い。とりあえず、壊れなければ一生これでもいいかなと思っていますが、これからは未知の領域…どうなることやら(^^)。





唯一心が動いたのは「ルノーメガーヌRS(ルノースポール)前期顔の右ハンドル」という超ピンポイントモデルだけ(笑)。それ以外に軽く気になるクルマはたくさんありますが、ゴルフより小さめのクルマがほとんどです。おそらくゴルフに乗るのは現愛車のゴルフ5が最後ですね。そのつもりで大切にしていくつもりです。





いや待てよ、ゴルフ3、ゴルフ4の掘り出し物の中古車があったら…。可能ならゴルフ2も選択肢に入るんだけど(^^)。ゴルフに関しては先祖返りもアリなんですよね。
Posted at 2017/08/10 22:17:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | ゴルフV・日常 | 日記
2017年08月06日 イイね!

埼玉ドライブ

久しぶりに単独ドライブを敢行しました。できるときにやっとかないと(^^)。
それにしても今日は暑かった。コースも関東平野内陸部ということもあり、余計にそう感じたかもしれません。

いつもは早朝とか夜中出ることが多いのですが、今回は普通に朝食を食べ、のんびりペースで出動です。

▼まず勝手に決めた隠れ処PA『第三京浜・都筑PA』にて飲み物などを調達。午後9時過ぎですでにゴルフのマルチファンクションディスプレイの温度計はは33℃を表示、歳も歳だし水分補給はマジ重要。近くに綺麗なPOLO GTIが。弟よ。


環八を北上して、東京都北区あたりで国道122号線に入りさらに北上します。昔からこの122号線は好きで、日光までよくこの道で行ったものです。関東近辺はトラックが多く殺伐としていますが、足利市を過ぎて渡良瀬渓谷に入ると俄然秘境ムードが漂ってきて、極上のドライブコースが迎えてくれるのです。しかし今日は時間もないので122号線から125号線に入り熊谷方面を目指します。

▼その途中涼しげな一角を見つけたので、コースの確認がてら一休みして記念写真を。




▼このあたりの田園風景には癒されました。九州の田舎とはまた違う田園の佇まいにしばし目の保養。




▼近くに『埼玉古墳群』という国指定史跡があるのを発見、せっかくなので寄ってみました。恥ずかしながら埼玉、いや関東にこんな古墳群があるなんて知りませんでした。




古墳群周辺は「さきたま古墳公園」となっており、自由に入れ駐車場も無料です。古墳にも登れるということで日頃の運動不足解消のためにひと歩きすることにしました。

▼駐車場を出たらあまりの熱気に気絶しそうでしたが、森林の中はひんやりとしており気持ちよかったですね。木陰を抜けると容赦ない日差しとの戦いでしたが。この公園の中で一番高い古墳に登ってみました。19メートルだそうですが、昔の人が人力だけでよくもこんなものを作れたものだと感嘆します。








「忍城」の名前だけは知っていましたが、ここの近くだったとは…歴史好きなので少し感動。確かにここに登ると360度が一望できます。陣をはるのはここしかないのは私ごときでもわかる。

▼昔の日本家屋の家は、私が幼少の頃、田舎の祖母の家がまだその風情を残していたのを覚えていることもあり、強く惹かれるものがあります。大名屋敷ではなく、ごく一般的な民家にこそ興味深かったりします。




▼鹿児島の祖母宅では昭和40年代はまだ、かまどを使ってご飯を炊いていました。かまどで炊くご飯は美味しいんですよね。特におコゲが。





さらに公園内には「さきたま史跡の博物館」なるものがあったので、こちらもせっかくなので拝観してきました(ここは有料)。↓↓↓

▼埴輪たち。


▼ヒトの形をしたものを埴輪というものだと思っていたら、円柱形のこいつも埴輪。


他にも刀剣とか色々…詳しくはコチラ

▼帰りは国道17号線で都心へ。


実は次女とカミさんが都内の大学のオープンキャンパスに参加していたので、途中で二人を拾い、第三京浜を使って夕方には無事帰宅しました。本日走行距離約200キロ弱。時間に余裕があればまだまだいけそうな余力もありました。1日500キロ以上走り回っていた20代の頃に比べれば可愛いものですが、今はクルマだからこそできる寄り道をしたいとも思います。これも年相応の楽しみ方ですかね(^^)。

▼今回のコース
Posted at 2017/08/06 21:02:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | お出かけなど | クルマ
2017年07月29日 イイね!

イラスト・ギャラリー104(仮面ライダースーパー1)

『古代拳法と最新メカニックの融合』


客観的には全仮面ライダーの中でも最もカッコイイ部類に入ると思います。誰が見てもまっとうなカッコよさもあれば、ギョッとするインパクト故に魅かれてしまう…仮面ライダーは多彩なデザインの宝庫です。ウルトラマンはどんなにいじっても「ウルトラマン」とわかるけど、エグゼイドや鎧武のように単体でみればライダーのデザインフォーマットを無視した者も既に多数…。

クルマで例えるなら、ブガッティや2000年代のルノーのお尻のような、極端な異形のマニアックな味わいに対し、80〜90年代のフェラーリや最新ランボルギーニのように、4歳の女の子が見てもかっこいいと言ってくれそう…みたいな感じ(^^)。

▼ブガッティ ヴェイロン


▼ルノー アヴァンタイム


▼フェラーリF355


▼ランボルギーニ アヴェンタドール




前者が「アマゾン」「龍騎」「響鬼」「ディケイド」あとフォーゼ以降のライダー全部(苦笑)、後者が「新一号」「スーパー1」「BLACK」「クウガ」「アギト」「カブト」「W」あたりでしょうか。

▼仮面ライダーアマゾン

©石森プロ・東映

▼仮面ライダー龍騎

©石森プロ・東映

▼仮面ライダー響鬼

©石森プロ・東映

▼仮面ライダーディケイド

©石森プロ・東映

▼仮面ライダーエグゼイド

©石森プロ・東映

↑と↓…生物分類学上、同じカテゴリーとは思えない(笑)

▼仮面ライダー新1号
©石森プロ・東映

▼仮面ライダースーパー1

©石森プロ・東映

▼仮面ライダーBLACK

©石森プロ・東映

▼仮面ライダークウガ

©石森プロ・東映

▼仮面ライダーアギト

©石森プロ・東映

▼仮面ライダーカブト
©石森プロ・東映

▼仮面ライダーW(ダブル)
©石森プロ・東映


スーパー1のマスクは昭和のライダー(一応『J』まで)の中で唯一楕円でない「つり目」なんですね(ストロンガーは突然変異^^)。よく見ると他のライダーに比べ目の面積が狭いのですが、このつり目のおかげで個性が際立っています。デザインもカッコよくバイクも2台を使い分け、アクションも拳法を取り入れて迫力もある。実際、当時の子供ウケはすこぶる良かったようです。

しかしいわゆる『大人の事情』により放送枠の変更を余儀なくされ(途中で放送時間を変えるなんてホント舐めてますよね!)、人気だったにもかかわらず負の影響は避けられなかったようです。一部地域では打ち切りもあったとのことで…当時の責任者をつかまえて膝詰めで小一時間説教してやりたい。

さて前置きが長くなりましたが、イラストのバイク「ブルーバージョン」はスーパー1のオフロード用マシン。高速移動用には「Vジェット」がありこの2大マシンもスーパー1の大きな特徴です。「ブルーバージョン」を振り回して敵を蹴散らす姿が、本来の仮面ライダーの戦闘スタイルではありますね。

ベースは「スズキ・ハスラー250」だそうです。映像を見るとわかるのですが、かなり高度なアクションをこなしており、ジャンプなんて3〜4mくらいの高さに達しているようにも見えます。撮影中に壊れて別のベース車両で2台目が作成された模様。

仕事で2点ほど続けざまに担当していて、個人的にも描いてみたくなりました。やっぱりライダーとバイクの組み合わせは敵なしのカッコよさです。

前に描いた分もとりあえず…『イラスト・ギャラリー79(仮面ライダースーパー1)』
オタク成分全開でスミマセン、勘弁してください(汗)。
Posted at 2017/07/29 10:26:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | イラストギャラリー | 日記

プロフィール

「イラスト・ギャラリー106(レッドマン) http://cvw.jp/b/527822/40269252/
何シテル?   08/19 12:40
こんにちは。 淡白なカーライフ&日常を思うままに綴っていきます。 運転/ドライブが好きで、愛車はノーマル志向/メンテ重視、 お気に入りのクルマとできる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

タジマ-K7・オンラインショップ 
カテゴリ:クリエーター
2014/09/05 21:43:31
 
デザイン批評 
カテゴリ:クリエーター
2012/08/01 13:03:40
 
pixiv 
カテゴリ:クリエーター
2011/10/31 23:27:31
 

お友達

どうぞお気軽に。
これも何かの縁、どこかでお会い出来るといいですね。
61 人のお友達がいます
wata-pluswata-plus * TADASHI 287TADASHI 287 *
V-テッ君♂V-テッ君♂ * take☆take☆ *
f2000f2000 * エムラインエムライン *みんカラ公認

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
何も足さない、何も引かない。それで全て足るクルマです。
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフIIIからの進化ぶりに驚かせてくれましたが、 クルマとしてはやはり紛う事無き「ゴル ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ドイツの実用車に衝撃を受けました。 サイズからは想像できない堅牢さと空間デザインの秀逸さ ...
フォード フェスティバ フォード フェスティバ
これまで乗ってきたパワフル軽とは全く正反対の性格でしたが、 素直な操縦性、キャンパストッ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.