• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

powercoolmanのブログ一覧

2018年01月11日 イイね!

やり切れない小神様の急逝

やり切れない小神様の急逝年明け早々、ギタリストの藤岡幹大さんが亡くなるという信じられないニュースを聞き、「誤報であってくれ~」と願ったけど間違いのない悲報でした。(T_T)(T_T)(T_T)
まだ36歳、早過ぎます。

大好きなギタリストでした。
BABYMETALの神バンドメンバーとして世界的に有名になったけど、元来派手なメタル系というわけではなく、ジャズ/フュージョン系もありのテクニカルでマニアックなプレイヤーだったと思います。

音楽学校のMI Japanで講師をしながら活動していた頃から聴いていました。
当時からセッションプレイでのアドリブなど聴きごたえあったし、同窓である大神様(大村孝佳)との共演も、もう見られないと思うと残念でなりません。

↓の動画はハーモニクス音(弦の共振音というか"倍音"です)だけで全ての主旋律を弾いている「HARMONYx」という曲、オリジナリティ溢れる作品です。初めて聴いたときは衝撃でした。それを思い出しながら偲んでいます。



亡くなってもこうした作品が、後世まで語り継がれるでしょう。そう、ランディローズのように・・・
ご冥福をお祈りいたします。
Posted at 2018/01/11 01:34:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2017年12月27日 イイね!

かくして環境は整った

かくして環境は整った今年10月19日に待望の「グランツーリスモSPORT」が発売されました。
シリーズ最新作は、物理エンジン、グラフィック、サウンドなどがさらに進化し、ついにVRにも対応と聞いていたので、これまでPS3でGT5/GT6をプレイしてきたけど迷いなくPS4proへの移行を決意したのでした。

といってもPS4proと専用ヘッドホンは会社同僚からプレゼントされたもの。これにPSVRと専用台、GTsportのソフトを揃え、さぁ設置しようと関連情報を調べていたら・・・

なんと、手持ちのステアリングコントローラー(ハンコン)G27が使えない!! という驚きの事実が。



ハンコンとしてはメジャーな方なので当然サポートされると思っていたけど、GTsportで公式対応される7モデルには入っていませんでした。6モデルが共同開発したスラストマスター製となっていて、推奨される最上位品(T-GT)に至っては価格が8-9万円!。高次元のFFB(フォースフィードバック)など高いだけのことはあるんですが手が出ません。
G27を粗大ごみにするのは惜しいし、うーん、困った。ということで設置作業が一時ストップしてしまいました。

■リアルとバーチャルのハンドル対策



先日スイスポのハンドルのコンタクトケーブルを交換し、ホーンが鳴らない対策と、オートクルーズボタンのハンドルへの移植を行い整備手帳に上げましたが、同時期にG27を何とかGTsportで使えるようにする対策も行っていたのでした。

集めた情報によると、PS4は接続されたコントローラーが公式ライセンス製品であるかを8分毎にチェックしているそうです。非公式の製品はハンコンに限らずこの認証チェックのKeyがないため応えられず接続解除となり使えません。

しかし、その認証時だけ標準コントローラー(DUALSHOCK4)に返答させることで、この8分認証問題をクリアする対策が存在します。いずれもUSBハブに使いたいコントローラーと標準コントローラーを繋いでその中間に制御用機器を介在させるというもの。変換コンバータとか変換アダプターと呼ばれているものです。

GIMXというフリーソフトと電子工作でDIYするアダプタもあり興味をそそられましたが、動作にパソコンの介在が必要そうなのでパス、海外のサイトでしっかりした成功例のあった「CronusMax Plus Cross Cover」をチョイスしました。



最近日本正規品も出てきたみたいですが、価格の安い並行輸入品を購入(\7380)。
どうせファームウエアなどは書き換える訳だし、英語をガマンし偽物でなければOKかと。
これを正常に利用できるまでの手順メモも一応載せておきます。





■CronusMax PlusによるG29としての動作

手順最後の「0」状態まで行けば、ほぼ完ぺきにGTsport上でG29としてプレイできます。
注意点として、USBハブはポート番号を選ぶので、1番にG27、2番に標準コントローラーを接続する必要があります。我が家の環境は充電専用台がUSBハブ内蔵なんでこれを利用、外部電源の供給なしでも問題なく動作しています。



また、標準コントローラーがPS4本体とBluetoothで接続されると、8分認証問題が顔を出すので、本体設定で切り離しておきます。(これ、意外と盲点です。私は自動接続もOFFにしています)

標準コントローラーは基本触らないようにするんですが、G27にはPSボタンとかOPTIONボタンがありません。
これはしょうがないのかなーと思いながら、本家のサイトを探すとちゃんとシフターのボタンに割当たっていました。



しかも画像のようなテンプレートデータもあったので、写真用紙に印刷、ボタンの穴を綺麗にカットするのに苦労したけど両面テープで貼り付けて使っています。



PSボタンはL3とR3同時押しできちんと機能しました。FFBも機能するので暫くはG27延命できそうです。

■クリスマスアップデート

ということで、めでたくGTsport環境が整いプレイ開始、まずはLevelを上げるべく一通りのメニューをこなして行きましたが、登録車種が150台程度と大幅に減ったのが少々不評の様子。GT5/6の時にあったノーマルカー(室内などの再現性の低いやつ)は割愛されていて、すべてプレミアムカーなんですが、高性能なレースカーが多くちょっと馴染めません。

車種の少なさは今後DLCで追加がアナウンスされていますが、国産のファミリーカーや旧車を改造してサーキットを走らせる醍醐味が欲しいところ。でも再現性の高い車ばかりだから、VRモードで室内に乗り込んだ際なんかは素晴らしく、インテリアにきょろきょろと見入ってしまいます。

そんなGTsport/VRの魅力は別途書くとして、つい先日Levelが20に到達、やっとロックされていたニュルブルクリンクを走れるようになりました。
と同時に12/22にクリスマスアップデート(1.09)の配信があって、車種やコースなどの追加、その他諸々あったんですが、なんと高性能車に混じってスイスポが追加されました。それも32ではなく31 (^o^)/



即購入してニュル北を走らせてみました。プレミアムカーなんで運転席から見るメーターやウィンカーの動きなどもリアルに再現されています。今回のスイスポ配信を喜んだ人は非常に多いみたいで、リバリーエディターでカスタマイズされたスイスポがサーバー上にあっという間に200台以上登録されていました。
今後痛車など色んなカスタムカーとオンラインでレースしたりという展開が楽しみでもあります。

自分はリバリーエディターまだマスターしていないのでSCAPES(車撮影の背景画像)をパソコンに取り込んで、PhotoShopでこんなの作ってみたりしています。いつかドイツ行って走ってみたいな。

Posted at 2017/12/27 03:27:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | グランツーリスモ5/6 | 日記
2017年12月16日 イイね!

FUKUOKA MOTOR SHOW 2017

FUKUOKA MOTOR SHOW 2017福岡モーターショー2017に行ってきました。
2年ぶりなので見どころ多く、時間をかけてじっくり見学しました。

今までは仕事の都合で、混み合う土日にしか行けなかったけど、今回平日に行くことができたので、混雑具合はほどほどで回りやすく、写真も撮り易かったです。



お昼近くの国際センター会場の人出はこんな感じ。

一通り見終えて、マリンメッセ会場の方に行く途中、屋外にGAZOOレーシングの展示スペースがあり、フォーミュラーカーからYARISのWRC参戦車両レプリカまで、なぜかMOTUL-AUTECHのGT-Rの展示なんかもありました。





そして人が多くないのをいいことに、初めて見たレース仕様のLEXUS LFA!のコクピットに乗り込ませてもらったり^^。

マリンメッセ2Fではいつものようにグランツーリスモのシミュレータマシンが並んでいました。
GT Sportでしたが、VRプレイはやってませんでした。こちらはいつも人気、40分の待ち行列。



自分は自宅環境があるので行列に入ることなく、展示車両を見て回りました。
4輪だけじゃなく、バイクも数多くあるので撮った写真は150超、全部は無理なんでほんの一部、高級車両だけ載せるとこんな感じ。



















各社見たことある車両が実はEV、プラグイン化されていたり、コンセプトカーでは自動運転とかIoTの将来性を訴求していましたが、ソフト面が目で見えないだけに、こういう展示会でも実感湧かないです。

MT車に乗る人と自動運転を求める人は対局にありますね。でも将来的に自分も自動運転車のお世話になるんだろうか?



最後に、ホンダのブースでモンキーとスーパーカブを見かけたんですが、「うん?このカブ、小さくねぇ?」
「・・・」
「いや、モンキーがデカいんだー」ということに気づきました。
これ、知りませんでしたが東京モーターショーにも出てたみたいで125CC化されたモンキーです。
デカくなった分、ブレーキやサスペンションがしっかりしてる感じで、ブレーキにはABSの文字も見えます。



グロム(MSX)をベースに作ったコンセプトモデルでまだ市販されていないようですが、今回のモーターショーでこいつが一番気になったかも知れません。
高校生の時、モンキー/ダックス/シャリーの単気筒ながら4サイクルなエンジンを、バラシては再度組み上げたりして、内燃機関の基本を覚えたので思い入れがあります。
モンキーのフォルムを上手く再現できており好感がもてます。市販化すればヒットの予感・・・。
Posted at 2017/12/16 03:18:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月07日 イイね!

サーキット走行、楽しくもあり怖くもある・・・

サーキット走行、楽しくもあり怖くもある・・・12/3(日)の巌流塾インパクト走行会に参加しました。
それなりに準備して楽しみにしていたイベント、天気にも恵まれ気温は予選時に13~14℃あり、ヒートテック着込んで行ったら上着を脱いでも暑かったー。

現地では受付、準備、ドラミを済ませ顔見知りの面々ととりとめのない会話、また、午前同時に開催されていたニュルヴェアケ走行会を見てました。このヨーロッパ車中心の走行会、よく日程が同じになるんですよね。実はこの主催ショップ、自分と同じ校区内にあるので興味津々です。



この日、BMW M2/3/6やAudi TT/R8、そしてマクラーレンP1なんかも走っており、ホームストレートを走り去る姿は大きな余裕を感じさせるものでした。

さて、インパクト走行会の方ですが午後になってNA早得の一本目が始まり、先着に漏れた自分は他車がコースインしていくのを見てるだけ(´Д`)ハァー。



14時を回ってようやくNA予選が始まり初出走、15分という限られた時間でグリッドが決まってしまいます。予選の様子は計らずも、いわとしさん追っかけ動画となりました。



その結果は、2'21.310で準決勝/決勝は27番グリッドでした。3LAPとも他車接近時に緩めたところがあり、ガソリンは最後まで走れるだけ入っていたのでほぼ納得のタイム。気温も下がるし緩めるところなければ、20秒付近で走れる実感があったんです。・・・その時までは。

そしてすぐに準決勝のグリッドへ。スタートダッシュではどうせ他車にやられるだろうから、走り易そうなポジション見つけてクリアに走ろう。そう考えていました。
いざスタートすると、タイヤ温度低いにもかかわらず皆さんリスクテークした走り。できるだけリスク排除の走りでは抜かれてゆきます。

そしてかすめるように自分を抜いて行った車がジェットコースター下の連続右カーブでスピン(エンジンブロー?)、白煙で前が見えませんでした。何とか接触せずに通り過ぎると、ブリッジ下では3台が絡む接触があり、一周もしないまま赤旗中断となってしまいました。



パドックに戻り、複数の傷ついた車を見てると、やはり代償が大きいなぁと感じ、外すつもりのビビリミッターが全開となってしまったのでした。実はこの日APに着いて入場する際、クラッシュした32が停めてあり、かつての自分のクラッシュがフラッシュバックしていました。

その後、フリークラスなどのセッションが行われてゆきますが、コース上に今度はオイルが出たということで処理時間が必要となり、ターボクラスの決勝はキャンセルとなっていまいました。
開催関係者の努力で準決勝まともに走れていないNAクラスの決勝は何とか実施されることに。

グリッドにつく前のフォーメーションラップでは、全周にわたってコース上にオイル処理の痕跡が残っていて、その粉が風で舞っていました。日も落ち始めていてモチベーション上がらないままスタート。

そんな中でも皆さん積極的な走り。自分は無難に行こうとして下位に沈み、前を抜く速さもなく前を開けようとしてもすぐに詰まり、全くペースの上がらない走り。イエローが出てるのにインを差されたりで、モチベーションダウンのままチェッカー(´Д`)ハァー。



結局は自分の実力不足なんですが、11月のRevSpeedParty以来、ただの一度も納得のいく周回ができませんでした。色んな出来事で逆にリスクを考えすぎてしまいます。インパクトのレースクラスは草レースといえどレースなので、「隙あらば抜く」とか「抜かれそうならブロックする」は当たり前。それとよく言う「家に自分の車で帰るまでが走行会」ってどこか矛盾しているような気もします。

上手い人のドライビングを見てるとリスクをきちんとコントロールしてますね。でも自分も含めその技量に届いていない人も多く、リスクテークすると必然的に破綻するケースが多くなります。技量を上げるべく経験を積んでゆくことは何ら否定しないけど、自分はフリーで走るのがせいぜいかなー?

Posted at 2017/12/07 03:37:15 | コメント(7) | トラックバック(0) | スイスポ | 日記
2017年11月27日 イイね!

RevSpeed Partyときゅうすい周年オフに参加

RevSpeed Partyときゅうすい周年オフに参加23日(木)オートポリスで開催された RevSpeed Party に参加しました。
200台を超える多数のエントリーをクラス分けして各々走る走行会です。

自分はキャンセル待ちで何とか中級B-2に入れてもらいました。
このグループはあるショップ関係の車でほぼ占められており、新旧エボやGT-Rが多く過給機装備車は、なんと28台/37台中(75.7%)! パワー的に格上の車が多かったです。

ショップ/上級クラスというのもあってこちらのエントリー車は、改造レベルが桁違いなので、車両を見ているだけでも興味深かったです。7時の受け付け後バタバタと準備してドライバーミーティング、出番を待ちます。



自分の走行枠は午前中(10:00~)と午後(14:30)の2本ですが、1本目は前日降った雨で路面はまだ所々濡れている状況。
ピットを確保していない自分はパドックレーンの前方に並ぶしかなく、必然的に逃げる戦略を想定。そしていよいよ1本目へ。



いやぁーもう「ハーフウエット」とも言えない位乾き始めていたので、ほぼ全開で行けるのかなと思っていましたが、周りも自分もグリップを失いヒヤッとする場面が多かったです。

中級B-1の別枠で走ったりゅうじ君もスピンしたと言っていましたので、水分が路面に残っている状況はタイヤにもよるんだろうけどグリップがこんなに低下することを知りました。

午後になると路面は完全にドライ。気温は上がらず4-6℃位。いいコンディションです。
2本目も前でスタート。3周目くらいでクリアにアタックをかける想定でしたが・・・



タイム全然ダメでした(>_<)。1本目でブレーキタイミングを早目にし、ボトムスピードも落とした感覚が残っていて、乗れていないんです。
特にかつてのトラウマコーナーではビビリミッターが復活して怖くて踏めない。ストレートスピードも去年と比較して遅いし・・・ せめてクリアに数周走れたら感覚を戻せた気もするけど、インパクト前に練習のつもりがビビリミッター復活となってしまいました。

一方りゅうじ君は18秒台に入れベストを更新、こりゃインパクトでは勢いが違い過ぎて今度はとても着いて行けそうにありません。まぁ、タイムがすべてじゃないと自分に言い聞かせながら、撮った動画を見てるとそれはそれで色んな発見がありまして、参加してホント良かったと思っています。



そして昨日26日(日)は台風で順延となっていたきゅうすい周年オフに参加してきました。
リアシート外して三脚立てたままですが、前日洗車だけして10時前に会場へ。
天気も心配されましたが降られることなく、ゆるい話からマニアックな話まで楽しく過ごさせていただきました。
場所をご提供いただいたSWKさんでは、愛車無料点検や新型スイスポ、アルトワークスの試乗など忙しく対応されていました。開催関係者の皆さんも毎回有難うございます。お疲れさまでした。

Posted at 2017/11/27 17:48:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | スイスポ | 日記

プロフィール

「やり切れない小神様の急逝 http://cvw.jp/b/858803/40968668/
何シテル?   01/11 01:34
2006年の暮れにゲタ代わりのセカンドカーをと物色中スイスポの存在に気付く。MT車試乗しバランスの良さから即決。 昔の悪い虫が騒ぎ出しあちこち手を入れ、いい年...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

フォグランプベゼルを完成させて・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/05 13:24:37

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ ツイプト君 (スズキ スイフトスポーツ)
早いもので我がツイプト君をセカンドカーとして乗り出してから10年が経ちます。途中ブログの ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ということで新たなメインカーです。 ダウンサイジングターボの低回転からの太いトルク+7速 ...
カワサキ ZZR400 カワサキ ZZR400
バイクも乗っていますが今や絶版となったZZRのフルカウルのツアラーフォルムが大好きです。
その他 その他諸々 その他 その他諸々
車輪は付いていないけど、リビングのTV前に鎮座する第三の車。もちろんGT5(グランツーリ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.