• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

powercoolmanのブログ一覧

2017年09月20日 イイね!

M16AエンジンO/H(その2)

M16AエンジンO/H(その2)(その1)に書いた作業ごとの画像記録です。
既にエンジンを降ろし、エンジンスタンドに乗っている状態。オイルパンを外して下のクランク側から見てる様子。
コンロッドの固定を外してピストンを押すことで、反対側からピストンが出てきます。


出てきたピストンを見てビックリ、黒い!、カーボンびっしり、スカート部分の汚れも酷い。


これは経年劣化もあるけど、恐らくEGRの影響だろうとのこと。排気再循環です。外部EGR装置はECUによって開閉を制御しており、酸素を含まない排ガスを再燃焼させることで寒い日の始動性や燃費に貢献します。反面、燃えカスをまた燃焼室に送るのだから汚れるし、パワー的にはマイナスになります。

工場長から遮閉板作ろうか?と提案がありましたが、この再循環の仕組みはバルブを両方開いて内部で循環させる方式(内部EGR)としてECUが制御するケースもあり完全には止められないし、外部EGR装置の状態はECUが監視していて流量が少なかったりバルブが動作してなかったりすれば、エラーコードを吐いて警告灯が点灯するはずです(コードの存在を確認しました)。EGR殺せば汚れずメリットありそうですがやめておくことにしました。アクセル全開時にEGRのバルブを開くような制御はしないだろうからパワーアップするとは限りませんし。

シリンダー上部にもカーボンが積層されています。


でもプロの手にかかればしっかり除去されています。


ピストンだってすべすべになりました。ちなみにこのピストンは鍛造製品で、32のピストンは鋳造とのこと。すでに31のピストンは部品として廃番になっており、純正品手配の折には32用が使われるようです。


鍛造品の方が強いでしょうが、32用は重量が軽量化されており、その分慣性的に有利です。
何せピストンの動きって上死点と下死点では速度ゼロになるのに、その中間では高回転時に時速60キロ位で上下移動しているのです。それを何千回/分も繰り返すのだから、ほんの僅かな重量の違いでも影響は出てくるでしょう。

ピストン交換した方がメリットありそうでしたが、純正部品と言えど結構な出費となるため、この綺麗にしてもらったピストンにリングだけ新品交換して使うことにしました。


上の画像、一番手前のコンロッドに比べ中央の2本は縦方向に光ってるのが判ると思いますが、重量合わせのために削っています。依頼もしていないのに別の整備士の方がやってくれたようで、この辺りに技術者魂を感じます♪

ヘッド側です。燃焼室が黒い丸に見えます。


洗浄するとヘッド側燃焼室は円形じゃなかったことが判ります。


各バルブに番号振っていますが、これはバルブシートカットを行った後なので、それぞれのバルブが入れ替わらないようにしています。シートカットって別工場に依頼し専用の機械でシート部分を削るのだそうです。昔はコンパウンドつけてバルブの擦り合わせをやったことありますが、今はそんなことしないんだそうです。ちなみにヘッドの面研加工はやっていません。

右が1型のバルブスプリング、左が2型以降の強化品です。


エキゾーストバルブですが、ちまたで言われているような径が小さくなるような削れ方はしていなかったものの、軸が曲がっていました。転がすと一目瞭然、曲がっていないのは1~2本だけ。


原因は恐らくこれ。洗浄後も残るピストン表面の傷。エキゾースト側バルブとピストンがぶつかった証拠です。

自分では認識がないんですが、恐らくサーキット走行時(減速時)にオーバーレブとなり、サージングを起こし開くはずのないタイミングで開いてしまったバルブにピストンがゴンと当たったようです。バルブスプリングが弱いとこういうことが起こります。

一本一本バルブにスプリングをかまして組み込み。


バルタイを標準調整(万が一ズレた時のためにマーカー入れて貰っています)。


シムを入れ替えタペット調整。


シリンダーブロックとヘッドの間に入れたガスケットの張り出し部分にメーカーロゴが見えます。エンジン乗せた後はまず見えない位置です(゚∀゚)。


ヘッドカバーを取り付け。


インジェクションやハーネスを復元、クーラントを通すパイプなどは脱着でクラックが入ったりするので必要に応じ新品交換です。


以上、O/Hの全容でした。LSDオーバーホールやクラッチ交換は割愛しました。
で、この間にECUデータの書き換えを依頼し、車両に乗せたエンジンで初期化→学習をさせますが、アイドリングが安定せず信号待ちでH&Tが必要な状態になりました。

この状態でインパクト走行会を走ったのでスタート時には、エンストしないことに集中していたのです。
結果としてエンジンは体感できるような変化はないものの、本来の圧縮を取り戻したことは間違いありません。32に対しても直線で負けてはいなかったし、レブリミットも8000とし1型のハンディはこれで解消されたと思います。


その後、ECUのアイドリングデータを再度書き直し、非常に長時間にわたる学習によって、何とかエンストせず乗れる車になりました。



Posted at 2017/09/20 02:41:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | スイスポ | クルマ
2017年09月20日 イイね!

M16AエンジンO/H(その1)

M16AエンジンO/H(その1)先日のインパクト走行会出走に際して、くたびれたエンジンをどうにかしたいと8月にオーバーホールを敢行しました。31は特に10万キロ20万キロと距離伸ばしている人が多いこともあり、その内容を書いておきます。

現在の車両は2台目ですが、エンジンは初代からずっと引き継いでいるもので、オイル交換などはそれなりに気を遣ってきたつもりですが、サーキットのストレートでは今一つ伸びがなく、他のスイスポと並走しても微妙に引き離されてしまいます。
特に32のエンジンはM16Aで同じ型式ながら、トルクが15.1kg-m→16.3kg-m、馬力が125PS→136PSと向上しているし、ギアの繋がりも良いので当然とも言えます。

11年目を迎え恐らくカーボン噛んだり圧縮漏れがあったりで本来のパワーが出ていないと思われることから、エンジンを開けてみて必要な処置を行うことにしたのですが、費用対効果を考えるとやりたいこと全部はとてもできません。
色々と考えた結果でざっと以下のような選択となりました。予定外の作業もドミノ的に発生です。

(1) インテーク側/エキゾースト側バルブの交換 ⇒ エキゾースト側だけ純正部品で交換することに。
(2) 31の1型はバルブスプリングのレートが低くレブリミットに制限がかかる ⇒ 2型以降の純正品に交換。
(3) バルブやスプリング交換するんだったら、やっぱりカムもついでに替えたい ⇒ 社外品に交換。
(4) ピストンリングのシール性も落ちてスカート部まで汚れている ⇒ 純正リングセットで交換。
(5) ピストンは32用純正品に替えたい ⇒ 費用が嵩むため断念。
(6) ガスケットもどうせ交換になるんだから、薄いやつで圧縮比を少しでも稼ごう ⇒ 社外品選択。
(7) クラッチが終わりそうなことが判明、この機会に交換した方が良いね。 ⇒ メタルクラッチ。
(8) せっかくの機会なんでLSDもオーバーホールしなきゃね。 ⇒ リペアキット。
(9) ミッションケース開けてバラすんだったら5速ギアをワイド化しよう。 ⇒ エリオ用純正5速ギアへ。

主な作業は以上なんですがエンジンを一旦開けて組み直すと必然的に以下のような部品交換を伴います。
・オイルシール、・タペットシム、・タイミングチェーン、・各種Oリング/ガスケット類、・各種ピン/クリップ/ロックナット/パイプ類など
その他、エンジンオイル、ミッションオイル、クーラントの交換作業も当然伴います。

自分の場合は信頼できる整備士さんと細部を相談しながら、また状態も見ながら色々と判断できたので良いのですが、そんな環境や強いこだわりがない限りは、リビルドエンジンを調達して積み替えた方が楽で確実かも知れません。
また、O/Hは本来の出力を取り戻すのがせいぜいで大幅な出力アップは望めません。ボアアップやコンプリートエンジンは別ですが、そっちに走るんだったら新型スイスポ買った方が燃費含めはるかに得策のように思います。 ・・・つづく。
Posted at 2017/09/20 02:21:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | スイスポ | クルマ
2017年09月07日 イイね!

第47回インパクト走行会

第47回インパクト走行会9月3日の第47回インパクト走行会に行ってきました。
まだまだ気温が高くベストタイム更新を狙うのは先だと思いつつ、サーキットの感覚を忘れないためと、車を弄った結果がどうなのか把握するための参加です。その結果をまた冬場に活かせればいいかなと。(車をどう弄ったかについては整備手帳への登録が滞っていますが・・・)

今回は周りからの圧力もあり^^レースクラスにエントリー、RNAというカテゴリにスイフトが5台集まりました。
いつものように前日までに後部座席撤去、撮影用三脚立て、タイヤ交換、持っていくもののチェックリスト確認など準備をしていざオートポリスへ。

やはりAPは標高が高い分、気温は上がっても23℃~24℃位でした。
受付をすませ、走行までにゼッケンやトランスポンダー貼ったり、車から降ろせるものは全て降ろして、空気圧や減衰の調整をし、昼過ぎから予選1回目(早得)に臨みました。

前回5月に走った時の動画を前の晩に見てイメージを作ってたんだけど、走っても何かタイムが出ない・・・
ホームストレートで32のりゅうじ君があっさり抜き去っていきます、???、あ˝っ、エアコン入ってる・・・気づいた時には15分の走行は終了。どうりで室内快適だったわけだ。タイムは 2"24.523。



予選15分がもう一本あるのでいいんだけど、エアコンのコンプレッサーを高回転で回したことが心配。その後エアコンの効きに変化はないけど・・・
そうこうしている内に、予選スタート。前の方に並んだので3周アタックでき、その3周目で 2"21.077。
(コンプレッサー負荷で3秒以上遅くなるのね・・・新しい発見)



予選の結果、スイフト上位4台の決勝グリッドは、
 16.しもさん(2"20.595)、17.ころころさん(2"20.887)、19.私(2"21.077)、22.りゅうじ君(2"22.632)

そしていよいよ決勝7周のレース。初めてのグリッドスタート。
やはりレースとなるとスタートは重要ですね。ギア比が一番ワイドな31の1型とファイナル交換でクロス化した6速の32との違いを実感しました。
レース結果としてはやはりしもさんが頭一つ抜けていたかなという感じです。


↓決勝動画ですが、三脚のカメラ撮りは何故かオートパワーオフで撮れてなかったので、ドラレコ映像を編集しました(逆光補正がイマイチ)。




何故パワーオフとなったか、またドラレコ映像には何故スタートの瞬間が映っていないのか全く不明です。もしかしてスタートのズルを隠蔽したい人でもいるんでしょうか?Ψ( ̄▽ ̄)Ψ

表彰式も終わり、恒例じゃんけん大会では、まぁ勝てないなぁと思っていたら、オーブントースター争奪戦で3回位連続して勝ち、残ったのが私ところころさん、このじゃんけんバトルを征して商品ゲット。


まぁ楽しい走行会でした。今回準備不足としてはフロントの車高高過ぎ(ロックナット緩まず)、タイヤ終わり(スリップサイン出てます)。なのでアンダーがきつかったのは当たり前か。


さらに失敗としてエアコンきり忘れはともかく、リアの減衰調整も忘れてた(゜o゜)。フロントばかり気にしていて、帰りの山道に出て乗り心地が案外良く、あーリアのダイヤル回した記憶がないって気づいたのでした。

冒頭の通り次に活かすため、チェックリスト作り変えよう。
応援の方、写真提供の方有難うございました。


Posted at 2017/09/07 03:24:05 | コメント(6) | トラックバック(0) | スイスポ | クルマ
2017年08月20日 イイね!

P☆Leagueの試合に感動

P☆Leagueの試合に感動ボウリングのお話です(興味のない方はスルーしましょう)。

昨年5月に岩見彩乃プロとのチャレンジマッチに関するブログを書いていました。
自分と同じバックアップ投法としては唯一のプロなので、その後もP☆Leagueの放送は毎週録画予約して応援しています。

1勝するのは時間の問題と書いていたんだけど、その後もなかなか勝てず「そのうち出場しなくなるのでは」と心配していたところで、第9シーズン第3戦・1回戦Dグループの戦いを見ました。

対戦相手は現在絶好調の小池沙紀プロ、長崎出身なので応援したい気持ちはあります。

もう一人は田町の女王と呼ばれた大石奈緒プロ、2014年にチャレンジマッチでご一緒させていただいたのでいつもは応援しますが、やはりここは岩見プロ応援なんです。



強豪との対戦なんだけど、一人別世界のコスチュームで現れたのいちゃん、解説者にはクラゲとしか伝わっていなかったけど、海月姫イメージとのこと。その前登場の際は確か、隻眼の喰種(グール)だったが、これがサマになるところが凄い。

試合が始まりそんなんで大丈夫かー?と見ていたら、早くも前半でバックアッパーにとって鬼門の7番ピンスペアに2度失敗し、オープンフレームを作ってしまった(>_<)。

対する両プロは前半でダブルがあり、あっという間に3マーク差・・・。
「あー今回もダメだぁ」見ている人誰もがそう思ったことでしょう。

しかし・・・



いやぁ感動して涙が出ました。
最後の一投まで「ファールするなよ」「ガターだけはやめてくれ」とハラハラドキドキ。でもこの試合の反響はすごく大きかったようです。人と違う投げ方をするだけで、素人の私でさえ周りから色々と言われたことがあるので、プロならなおさらで相当苦労したと思いますが、のいちゃんワールド全開で、良かったよかった。
Posted at 2017/08/21 00:39:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | ボウリング | スポーツ
2017年06月10日 イイね!

ダーツ環境のメンテナンス

ダーツ環境のメンテナンス自宅にあるダーツ環境です。
ボードはエポック社のPCダーツ。パソコンと接続しUSB周辺機器として動作します。
ソフトウエアも必要にして十分な機能を持っており、ダーツバーなどに置いてある業務用のものと同様にプレイすることができます。質的には劣りますができないのはネット対戦くらいかな。
2008年に購入したので10年目を迎えますが、メンテすればまだまだ使えそうです。



パソコン側のメニューです。沢山の遊び方があるけど、ほとんどカウントアップと501/クリケのMEDLEYしかやりません。効果音とアワードムービーは特定のフォルダー下のファイルを置き換えることによって、別物に改変することができるので、NET上から調達した業務用フェニックスのものにしています。



先ずはダーツボードを壁から降ろします。
ボードの裏には防音のために油粘土を詰め込んでいます。これでかなり静かになります(改造好きです^^;)。



メンテ作業の内容ですが、メーカーから部品が提供されているので、分解しての単純交換作業となります。
裏のネジを外すと、矢の刺さる盤面部分とそれに反応する回路部分とに分離できます。
盤面の傷んだセグメントを外してゆきます。



以前にも一度セグメント交換しましたがその時は部分的交換でした。
今回は全セグメントとメンブレンシート(接点回路部品)をフル交換します。



新品(上)と消耗した旧品(下)、ソフトダーツの柔らかいティップ(矢先)でも何度も繰り返すうちにセグメントはこんなに傷んでしまいます。



センターのブルなんかは前回も交換しているんだけど、やはり集中するのでこんなに見た目でも変化していました。
所詮プラスチック製なんで消耗品なんだと納得するしかないですね。



知らない人が見たらLEGOブロックで遊んでいるようにしか見えないと思いますが、真剣な顔で新品セグメントを詰め込んでゆきます。



もう一方の回路側も2枚のシートを新旧交換します。どうしても接点が劣化し反応しないケースが増えてくるのです。まぁこれも「ドータイト」というギターの電磁波シールドで用いられる導電材を接点に塗ることで何年ももたせることに成功していますが、ここいらで一旦新品にしておくことにしました。



難しい作業ではないので元通りに組み立てて壁に掛ければ完了です。
画像では判りませんが、見た目綺麗になっているし、ダーツの矢が刺さらず跳ね返されるケースもぐっと減りました。
これで以前のように頻繁にプレイするようになれば、落ちたレイティング(腕前)も少しは戻るかな。
いや、戻さなきゃ、いつもL君にはボコボコにされているから・・・

Posted at 2017/06/10 02:45:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | ダーツ | 日記

プロフィール

「[整備] #スイフトスポーツ フロントパッド交換とクーリングパネル導入 http://minkara.carview.co.jp/userid/858803/car/759874/4441125/note.aspx
何シテル?   09/24 13:59
2006年の暮れにゲタ代わりのセカンドカーをと物色中スイスポの存在に気付く。MT車試乗しバランスの良さから即決。 昔の悪い虫が騒ぎ出しあちこち手を入れ、いい年...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

フォグランプベゼルを完成させて・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/05 13:24:37

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ ツイプト君 (スズキ スイフトスポーツ)
早いもので我がツイプト君をセカンドカーとして乗り出してから10年が経ちます。途中ブログの ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ということで新たなメインカーです。 ダウンサイジングターボの低回転からの太いトルク+7速 ...
カワサキ ZZR400 カワサキ ZZR400
バイクも乗っていますが今や絶版となったZZRのフルカウルのツアラーフォルムが大好きです。
その他 その他諸々 その他 その他諸々
車輪は付いていないけど、リビングのTV前に鎮座する第三の車。もちろんGT5(グランツーリ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.