• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

りんご(*´Д`)ハァハァのブログ一覧

2018年04月15日 イイね!

あめふってぢかたまる

あめふってぢかたまる無事にア◯ルカスタムが終わったりんごでつ(´・ω・`)ノシ
排泄時にもんどりうってございますが元気です(`・ω・´)ゞ
オフ走るとびびくのでしばらくは、おとなしゅうしとります(笑)

雨が激しいは車いぢれないはケツ痛いはで暇なので読書してますねぇ。

1996発刊 ジム天

カタログ本じゃなかったのね。

なんとΣ(・ω・ノ)ノ ジムニーがコイルサスに!
22/12新発売!!



32もね♪


そして、インプレッション
  ∧_∧
 (*´∀`)
  ( O┬O
≡◎-ヽJ┴◎.






新車で変えたんだなぁと、
僕はこの頃ROCKERSもどきだったなぁ(笑)

タイヤもリーフも種類が少ないし、ダウンギアもIMPS位しかないのんねん。
ハイギアードしてたりするし、トツゲキ系なんだねぇ。
色々苦労されたんだと思いました(`・ω・´)ゞ
Posted at 2018/04/15 10:21:10 | コメント(3) | トラックバック(0)
2018年04月07日 イイね!

思い出話を 4最終

フィクションとして読んでください。
ベッドの上で暇を持て余して書いてますんで。

当時よく聞いてた曲をそれぞれに貼付しました。流行り廃り関係なく洋楽ばっかり聞いていたんだけど、ショップやガレージのラジオから流れていた曲。
デートした時にも流れてたかも。

https://m.youtube.com/watch?v=zOVxZP7ba8Y


どこでエンジンの調整とか覚えたのか聞いた。

「モーターサイクルズ◯ンて川口の前はこっちにあったんだよ。今は亡くなってるし、伝説みたいな人だからこんなこと言うのもなんだけど、最初は客いないから近所のママチャリのパンク修理とかやってた。
いろんな遊びも一緒にしたよ。
そこでメカニックしてたんだ。ショップとしてやるには分からないこと多すぎるから
修行に行かせてくれって言ってさ。」

「高橋国光がBSAでレース出てた頃のチームライダーでメカニックのおいたさん(通称はうろ覚え)に教えてもらったんだ。
その頃は外車いぢれるのおいたさんしかいなかったんだよ。」

「スパナで頭小突かれるんだよ。イテェからさ、帽子の下に新聞紙入れてたらバレてさ帽子をスパナではらわれて直にコンッて(笑)痛えのなんの。」

「3年掛かって覚えることをお前は半年で覚えたなぁ。」そう言ってもらえたことが嬉しかったと。

彼はよく
「本とか書いてるやつに本物はいない。だってさ書く暇ないもん。」
と言ってた。
言い過ぎだとは思うが必死で覚えてたこのときの経験だったんだろうと思う。

彼はとにかく資料を持っていた。何十年の間に自分が使用したカスタムパーツの取説は全部ファイルしてあった。
中学も満足に行ってないと言ってた彼は、ヘインズの英字マニュアルとか米国のカスタムエンジンのハウツー本とか使ってた。

「りんごちゃん、これ上げるよ。」

それは、ロクナナの配線図だった。
ヘインズの日本語マニュアルにもついてたから持ってますよと答えたんだ。

「よく見ろよカラーだぞ。配線そのものだろ、それ。」

港北ヤナセのメカニックに分けてもらった貴重な資料のコピーだった。今でも実家にあると思う。

話を戻して
「俺、こんな性格だろ。一応カスタム会のパーティーに呼ばれるんだけどさ、ヤなこと言うから嫌われてるんだよ。」

「◯◯◯◯◯グの誰それはよく知らない。会ったことはあるけど当時は一緒に働いてない。」

「フサフサのしっぽ見てえなアクセサリー着けてたからダセえなぁと思ってたんだけど彼が一番受け継いでいると思う。」
お店の名前は失念したが北関東のそのお店のチョッパーはとにかく綺麗だった。

確かにメカニックとして教えてくれた兄弟子なんだけど、憧れたチョッパーをデザインして塗ってたのは伝説の人。

彼はもうハーレーのカスタム業界にいないし、チョッパーデザインを努力して磨いたのは自分たちだから、兄弟子として振舞われても迷惑だったんだろうと、この年になって分かるようになった。

「シートに《》な縫い目模様とクルミボタン付けてさ、プッシー何とかってクルマ(バイク)作ってさぁ。」

「コブラシートあるだろ、あれデザインしたの俺だよ。」

ホントかどうか分からないそんな話をしてたんだ。


一度だけ、何で好きだったハーレーから離れたのか尋ねたことがある。
彼はぼそっと言った。

「一番年下だったんだよ。段々とクルマが有名になってショップに何人も弟弟子ができて、二十歳そこそこでさ。看板背負うんだよプレッシャーから逃げたのかな。」

話を変えたんだろうと今は思う。
その人はどこでカスタムペイントを覚えたのか聞いた。

「アメリカだよ。現地で勉強したんだよ。」

ここからは雑誌とか伝説とかと違う話なのでフィクションです。

「チタンを使ってカスタムバイクを作りたい。アメリカで勝負したい。」ずーっと構想してたんだろうな。俺も聞いたことあるから。すごかったよ。今まで見たことない。一番取れたと今でも思ってる。エンジンかからなかったんだ。エンジンに火が入らないとダメなんだよ。悔しかったと思う。お前がいてくれたらな。そう言ってたよ。」


バイクはもう作らない。自分が乗る分にはいぢるけど人のはもうね。
そう言ってこの話は終わった。

彼には、空冷VWの弟子がいた。腕が悪いから弟子を名乗るなと言われてた(笑)
その自称お弟子さんは僕より少し年上だった。

「師匠、バイア◯ラすげぇっすね。あんなに硬くて、でかい自分の見たことないっすわ。」
で、自分で処理したと(笑)
「馬鹿だろ(笑)」
そっくりだと思った。オネーチャン好きの車好き。

「師匠に見てもらったバイク調子いいですわ」

そう言って乗ってきたバイクはXLCRだった。

「やっぱ、ミルウォーキーまで送って本社で整備してもらうと違うな。カムなんかピカピカだったけど違うなぁ。」

「こいつ、そこの神社のカーブでつっとしてやんの。」

「違いますよぉ。師匠がそこのカーブ◯◯kmで突っ込んで、シフトダウンのクラッチポンでテールスライドできるって言ったからでしょ。」

「俺できるもん。」

何でそんなハーレーを持っているのかミルウォーキーの本社で見てもらえるのか聞いた。

「ハワイのチョッパーショップが兄弟で繋がりあるから本土に依頼できるんだよ。」

その店は本土に本店があって暖簾分けをした店だと聞いた。多分そこのショップでカスタムペイントを勉強したと思う。


その腕の悪いお弟子さんの空冷VWはストラットでケーファーカップ仕様のエンジンのを積んであった。


おしまい♪
Posted at 2018/04/07 20:04:16 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年04月07日 イイね!

思い出話を 3

彼はバイクいぢりから始めたらしい。

https://m.youtube.com/watch?v=yxYRJEeN6Gg

バンバン?多分シャリーだと思う。
とにかく回したくて、HRCに電話してカムを作ってもらった。回転わかるようにタコ用のギア付きで。
「まぁ、回せるんだけも最後は何してもロッカーアーム折れるんだよ。電話して聞いたら、ノーマルロッカーはその回転までですだってさ。中坊が電話して質問するから面白かったんだろうな(笑)いろいろ教えてくれた。」
「後ろリジットにしたら跳ねてまともに乗れなくなった(笑)」
「矢沢のジャケ写に載ったバイク、あれ俺の作ったやつだよ。」



ここからはホントかどうかはわかりません。フィクションとして読んでください。



ずっと原付チョッパーのことだと思ってた。調べたら91年ライブで流した映像のパパサンのことだと思う、多分。
フレアータンクのやつ。

ずっとパパサン乗ってた。
事故って障害残って当時は降りてたけれども、違うバイク手に入れて家の物干し場占有して置いてあった。

学校も行かずにブラブラしてたので、親に好きなことなら続くだろうと、近所のバイク屋に叩き込まれたらしい。
そこで、独学に近いことして覚えたと言ってた。

当時の国産車をカスタムして乗っていたが、ハーレーに出会いパパサンノリになったのも10代の頃だそうだ。その当時、

「若造にハーレーを売ってくれたのはサム◯イの◯◯さんしかいなかったんだよね」

その◯◯さんに僕もあった頃の彼は
「◯◯◯、いつバイク引き取るんだよ、フレームだけになって置いてあって邪魔だぞ(笑)」と言われてたと。
多分、事故ったバイクだと思う。

フレアージーンズに茶色のベスト羽織ったロン毛の若かりし頃の◯◯さんとそのショップで一緒に写った写真を見せてもらったこともある。

当時のハーレー乗りでカスタム仲間内でメカいぢれたのは、彼だけだった。
若いし先輩にかわいがってもらったと。
チーム名はジージーライダース。

「じじいばっかりいたから(笑)」と笑ってた。

峠をパパサンで攻めてた。
雑誌に撮影された彼はリーンウィズでトラクションがしっかりかかったきれいなフォームだった。
他の人のなんちゃってハングオンと明らかにトラクションが違うのが分かった。だからその雑誌で一番大きく載ってた。
Posted at 2018/04/07 08:22:23 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年04月07日 イイね!

思い出話を

今から20年近く前、神奈川で空冷VWをカスタムして乗ってた頃。
当時20代後半だった僕より一回り年上だった僕の車をいぢってくれてたTYさんのこと。思い出した。

https://www.youtube.com/watch?v=Ek3T9lTItcg


彼の思いで話を聞いた、思いで話なのでフィクションと思ってください。

彼と僕が知り合ったのは空冷VWのメンテがきっかけだった。腕の良いフリーのメカニックだった。
あの当時、神奈川の空冷VWショップのオーナーはみんなサーファーでナンパ目的に車買って(笑)そのままハマった人たちだった。

彼も空冷VWに乗り始めたきっかけはモテるからだったらしい。
彼は板金塗装、エンジン、足回り、セッティング何でもできて腕が良かった。
ナローまでのポルシェと古いベンツと空冷VWにはとにかく詳しかった。
千葉に越してからもよく彼の家にあそびに行ってた。

ガレージも塗装ブースもない雨ざらしの庭に右ハンドルの356SCがウマに乗って整備されてた。
「オーナーが塗装が気に入らないとか、直し方がだめとか言って、店から引き上げて俺のとこに持ってきたけど、道具ネーしできないよな(笑)」
「サイドブレーキがダッシュ下だよ。
このソレックスのダンドラはオリジナルだね♪少し黄色いだろ。これ、強い薬品つけると取れちゃうから珍しいんだぜ。」
「りんごちゃんのホイールこのおじさんが気に入らねーとか言ってたヤツなんだよ(笑)クリアー勝手に吹いちゃうから曇ったのにさ(笑)駒沢のポルシェ屋まで行って買ってきたのにさ。。」
「ポルシェは注文が貯まると当時の部品を再生産してくれんだよ。ホイールキャップ注文しとこうか?」


僕の空冷VWは356SCのメッキホイールを履かせてあった。PCD130の5穴になった最初のホイール。
キャップは縁がなく僕の車にはつかなかった。
僕のベージュ高年式車は雑誌に載った。その車の部品すべて、カスタムすべて、調整まで彼の技と知識だった。

ナロー純正色Bamboo
アルカンターラに張り替えたポルシェシート
梁瀬GTステアリング
NPR製ピストンシリンダー
そして、メッキホイール
67ナショナルラジオ
68メーター

塗装色はベンツとポルシェの純正色色見本から選んで、色見本どおりのレシピで作った。
シートはオネーチャンがいる店の内装やってる業者に当時としては珍しいアルカンターラ。しかも赤でお願いした(笑)
純正オプションは売ってた当時に彼がヤナセで購入した部品
ピストンシリンダーは東京の志村けんが広告に乗ってたショップが日本ピストンリングに別注して作製した残りを
デッドストックとして○○○ちゃんのお客に使うならいいよと安く譲ってくれたそうだ。

その前に乗ってた67はこのみんカラでも
愛車に載ってる。ポンコツだった車をきちんとそれなりに走るように直してくれた彼を信頼した。
「こんな車に乗ってたら死じまうぞ。ぶつかったらぺしゃんこだ。ビートルはそんな車じゃない。俺が直してやるからもってこい。」

そんな車と○○○さんに、ひどい別れをした後悔もあって、ベッドの上から
少し書いてみる。
Posted at 2018/04/07 01:15:55 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年04月06日 イイね!

思い出話を 2

相部屋は寝れない(笑)
傷も疼くし。こんな時間だけど(笑)

https://m.youtube.com/watch?v=gsU9uzq49Xg

彼との付き合いは10年足らず続いた。
もう、昔の話だし季節も年も忘れた。

僕は20代後半から30代半ば
彼は30代後半から40代半ば
要するにアラサとアラフォの与太話

彼は川べりの平屋に住んでいた。小さい庭にベンチが置いてあり、タバコを吸いながらよくそこでクルマの話をした。
サンゴロとか貴重な車はその庭先でいぢっていた。
隣の駐車場は大家が使いたい放題にしてくれてあった。
その駐車場にあるコンテナが彼のパーツ保管兼事務所だった。雨ざらしの駐車場が仕事場だった。
その駐車場には戦中に使われたキューベルとその部品が無造作においてあった。
雑誌や資料でしか見たことない、てか後から知ってビビった。
「じーさんドイツから買ってくるんだよ。めんどくせーからほっといてあるんだ。」
「ほら、タンクがエンジンルームにあるだろ。これ、ロシアがすげぇ寒くてガソリン凍るからその対策。」
「ここ、銃をつけるとこな。木製だけどあっちの木は硬えんだわ。」
「自分の車にはうるせぇくせにペーパー持ったまま、ヒトの車触ったりすんだよな。」
結局、その人の車はType82eしか触らなかった。その車も彼が作ったものだった。

身長は僕と同じくらいだったので175かそこら、体重は70キロ位
白髪混じりの短髪に丸眼鏡、無精髭か鼻下に髭を蓄えてた。
タバコはクールのソフトパッケージ
暑い季節は短パンにヘインズの薄いTシャツ、首周りが伸びてた。
寒い季節は青系のツナギ
靴はいつも白いバンズのスリッポンに似たやつを履いてた。

何回かちゃんとした食事と遊びに出かけた時、ビシッとアイロンがかかった木製ボタンのアロハにびっくりしたことがある(笑)

「実家がクリーニングで一山当てたお金持ちのボンボンなんだよね(笑)」
冗談だと思ってたが、子供の頃の写真はどう見てもおぼっちゃまくんでアイロンの腕も確かだった。

彼の家に遊びに行くと若い頃の写真をよく見せてもらった。
80年代神奈川中部 基地の街から湘南の風景
うろ覚えだけども、
ヨンフォアかGSだかをフレームまで赤く塗って、後ろの部分を半ヘルで作ったシングルシートのせたMVアグスタもどきのMVアヌスタ(笑)にまたがって
ジーンズにTシャツ、パーマリーゼントが崩れるので、シートに使っちゃったから大切なものは無かった(笑)

「当時はかぶらなくても良かったんだよ」

いやいや、それは原付き!



Posted at 2018/04/07 04:56:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@te2@レッドアラートさん
ԅ(//́Д/̀/ԅ)'`ァ'`ァ♡GWの楽しみです♪」
何シテル?   04/14 17:05
りんご でつ。よろしくお願いします。 筋トレとバス釣りが趣味のおっさん。 重要なのでもう一度言います。 がちむちのおっさんでつ(。`・ω・。)ノシ ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

トヨタ(純正) NCP30 NCP31 bB 純正 電波時計 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/15 06:43:18
ThreeBond スリーラスター 塩害対策用長期防錆スプレー TB6154B 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/14 16:59:09
日立製 HT07 シリーズの分解 互換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/12 02:30:14

お友達

メカ、理論、材料が好きです。
マニアックな方お友達になってください。
80 人のお友達がいます
津久茂津久茂 * BERG( ̄w ̄)ぷっ!BERG( ̄w ̄)ぷっ! *
るぅとるぅと * きーしゃきーしゃ *
髭爺ちゃん髭爺ちゃん * はたぼー爺と愉快な相棒達(元JTS)はたぼー爺と愉快な相棒達(元JTS) *

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスターRF ろどすた (マツダ ロードスターRF)
幌が欲しくて追加(*´艸`) 通勤楽しい。
スズキ ジムニー ちょい乗り しちーおふろぉだぁ♡ (スズキ ジムニー)
都会派のしちーおふろぉだぁ♪ Luxury♡には泥もガリ傷も似合いませんことよオホホ━━ ...
フォルクスワーゲン Type1 ビーちゃん (フォルクスワーゲン Type1)
直して乗るのだ 実はこれ、 ヤナセもののロクナナなのだ( ・ิω・ิ)ノシ
フォルクスワーゲン ポロ ぶーぶ (フォルクスワーゲン ポロ)
フォルクスワーゲン ポロGTIに乗っています。 (乗っていました。) まあ、専用に作ら ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.