• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぼんちっち。の"Sol(ソル君 2号機)" [フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)]

整備手帳

作業日:2024年2月26日

カジュアルスポーツタイヤ一覧(JPN・EU・US)

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 30分以内
1
GTIには、色々なハイグリップタイヤを装着しましたが、一番のお気に入りは、現装着の「ADVAN NEOVA AD08R」です。装着から5年経過し、ショルダーのひび割れが急に進行したので交換することにしました。

S660とGolf GTIの2台体制になって以降、街乗り実用車と化したGolf GTIには、ハイグリップスポーツタイヤ(https://minkara.carview.co.jp/userid/135377/car/654077/5367145/note.aspx)は、どれもオーバースペックですし、近年の値上がり続きで予算的にも厳しい。

そこで、使用用途とコスパを鑑み、今回はカジュアルスポーツタイヤ(なんちゃってスポーツタイヤ?)を選択することにしました。
以下に、候補に挙げたタイヤ一覧を示します。
2
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004

BS信者ならコレ。トレッドパターンが好みです。
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/
3
DUNLOP DIREZZA DZ102

国内メーカーではコスパ最強。
https://tyre.dunlop.co.jp/item/item-detail/direzza-dz102/

JATMA基準(転がり抵抗係数 RRC/ウェットグリップ性能 G)=C/b
ハイグリップスポーツタイヤのZIIIがC/cなので、意外にドライグリップも良いのかも。
4
YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701

昔のS.Driveの後継。
https://www.y-yokohama.com/product/tire/advan_fleva_v701/
5
TOYO PROXES SPORT 2

プレミアムスポーツ
PROXES TR1よりもウェット性能に優れる。DIREZZA DZ102に次いでリーズナブル。
https://www.toyotires.jp/product/pxsp2/
6
TOYO PROXES TR1

昔のT1Rの後継。
https://www.toyotires.jp/product/pxtr1/

Lupoで使用実績あり。ドライ・ウェット共に街乗りで不満なし。4年前はアジアンタイヤと勝負できる流通価格でしたが、値上がりでコスパ優位性が無くなったのが残念。
https://minkara.carview.co.jp/userid/135377/car/1100114/10663685/parts.aspx
7
MICHELIN Pilot Sport 5

ミシュラン信者ならコレ。
製品説明ではハイグリップスポーツタイヤを謳っているので、他の製品よりもドライ性能が格上かも。
https://www.michelin.co.jp/auto/tyres/michelin-pilot-sport-5
8
Continental Conti Sport Contact 5

プレミアムスポーツ
https://www.continental-tires.com/jp/ja/b2c/car/tires/contisportcontact-5/

純正タイヤはSport Contact 2でしたが、全く不満なしでした。
https://minkara.carview.co.jp/userid/135377/car/654077/3029265/parts.aspx
9
Pirelli P ZERO (PZ4)

昔のP ZERO NEROの後継?
https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/catalogue/product/new-p-zero

NEROは使用実績ありますが、全く気に入らなかった。
https://minkara.carview.co.jp/userid/135377/car/654077/3744104/parts.aspx
10
GOOD YEAR EAGLE F1 SPORT

エントリースポーツ
https://www.goodyear.co.jp/products/tires/eaglef1sport/eaglef1sport.html
11
使用経験からYOKOHAMAとTOYOのタイヤが好きなので、ラベリング比較してみます。

①YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701
②TOYO PROXES TR1
③TOYO PROXES SPORT 2
12
JATMA基準(転がり抵抗係数 RRC/ウェットグリップ性能 G)

①A/a
②B/b(POTENZA Adrenalin RE004と同一)
③B/a
13
EUラベリング(転がり抵抗/ウェットグリップ/ノイズ)

①C/A/A
②D/B/B(NEOVA AD08Rと同一)
③D/A/B
14
ベンチマークとして、
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
JATMA基準:B/b
EUラベリング : D/C/B

結果、今回はYOKOHAMA ADVAN FLEVA V701を選択することにしました。
ラベリング比較から、他製品より燃費が優れる反面、ドライグリップが劣ると見込まれますが、街乗りにはピッタリでしょうvv

次回は、更にコスパを追求し、TOYO PROXES SPORT 2を試そうかな。

関連パーツレビュー

イイね!0件




関連コンテンツ

関連整備ピックアップ

スタッドレス交換&ホイールハブ塗装

難易度:

2024夏タイヤ交換 69,318km

難易度:

タイヤ交換

難易度:

タイヤホイール交換 シバタイヤ TW280 アウディ 8JTT 純正17インチ ...

難易度:

2024年サマータイヤへ交換

難易度:

ヨコハマ A052

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@コロたん さん、お大事に」
何シテル?   04/23 09:52
Golf6 GTIはモリモリパワーと実用性を備えたスポーティーカー。S660はハンドリングを追求したピュアスポーツカー。 庶民が選べる究極の2台に辿り着いたと自...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

幌の張り調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2023/06/26 08:14:39
シートベルト諸々 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2023/03/16 13:06:19
またまたまたまたステアリング交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/10 13:40:07

愛車一覧

ホンダ S660 Sulley (サリー) (ホンダ S660)
全方位で優等生なGolf GTIの次は、GRヤリス、GR86、Supra、M2等を候補に ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) Sol(ソル君 2号機) (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
初めての輸入車。 初めての200psオーバー。 初めてのツーペダルMT(DSG/DCT) ...
フォルクスワーゲン ルポ ルポちゃん (フォルクスワーゲン ルポ)
嫁の運転練習車に購入したはずなのに、気が付けばドライバーはいつも僕(笑)。 MY200 ...
トヨタ ウィッシュ Sol(ソル君 初号機) (トヨタ ウィッシュ)
『Cool&Smartなスポコン仕様』 をコンセプトに自分なりに手を掛け尽して、最高のス ...
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation