• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まさ☆すぱ~くりんぐのブログ一覧

2018年09月20日 イイね!

TA-F555ESGをオーバーホール!!

みなさんこんにちは!まさ☆すぱ~くりんぐです。

まず、みんカラなのにクルマネタではないことはご了承下さい。

今回はこちら。
ソニーTA-F555ESGです。

10年前に新潟に出掛けた時、新発田市内のハードオフにて捕獲しました。


その時の状態はジャンク。

ハードオフでのジャンクとは、完全動作しない故障品を意味しています。


そのジャンクの内容としては、

ボリュームガリ大

左から音が出ない。またはかすれる

インプットセレクター不調

という具合でしたが、過去に知り合いから頂いたTA-F333ESGを治したので、どこが不調かはわかっていました。

予想は的中。

写真はこれしか撮っていませんでしたが

向かって右のあたりの鉄板下に、セレクター本体が隠れています。


その中のふたを開け、中には固着したグリスがこびりついてるのでパーツクリーナーで洗浄。
その後、錆と潤滑を約束する船舶用防錆CRC 6-66をプシュッと。

次はここ。

メインボリュームのガリを直します。

ここもパーツクリーナーで洗浄後、隙間に666をプシュッと。

で、ボリュームをグリグリ回していきます。



あとは元に戻します。

そして、予防には予防で、

スピーカーリレーの接点も炭化により、正しく出力されなくなります。



ここにそのスピーカーリレーがいますが、はずすのはちょっと知恵の輪。

この円筒型の、まるでスリーマ○ル島原発(!?)の建屋のようなコンデンサーを外します。

コネクター類は慎重に外しましょう。


当時はバブル期のため、各所にコスト度外視のこだわりがちらほら。

このコンデンサーの表面にも、植毛加工なるものが施されていました。

手触りは気持ちいいです←


いきなり開けた図。


一度自分で開けているようですね、


歪な手書きでAやBとあります。




ここの小さな小さな接点が長年をかけて酸化や炭化し、うまく通電できなくなって、接触不良となります。


ハードオフやヤフオクのジャンクって大概これらの接触不良です。


アキュフェーズとかラックスマンの高級機なんかは接触不良を防止すべく密閉だったり、ガス封入なんてのを聞いたことがあります。

90年代後半あたりからは半導体制御に置き換わっていくので、一概に全部に今回の事例が当てはまるとは限りません。

これらピュアオーディオを知ったことにより、GT-Rやシルビアのカーオーディオにフィードバックされていきました。

DS-77ZとDS-97Cは非力なアンプでは本領発揮しないとよくいわれていますね。私なりにはこの当時12万クラスからのアンプでやっとかな?って気がします。

79800クラス
TA-F333ESG
マランツPM-80
オンキヨーA-917F

128000クラス
TA-F555ESG
マランツPM-90
オンキヨーA-919
などです。

オーディオの足跡さんにて、往年の名機を知ることができます。
Posted at 2018/09/21 07:56:27 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年07月07日 イイね!

ダイヤトーン DS-77Z レビュー

こんにちは!

まさ☆すぱ~くりんぐです!

先日は、私のカーオーディオに対するこだわりの大元の一角をご紹介しました。

今回は、DS-97Cの弟モデル的存在ながらも知る人ぞ知る名機、DS-77Zです。


昭和の日本のオーディオが活気づいていた80年代~90年代中期頃、各社スピーカーの売れ筋モデルを毎年のように出していました。


598戦争という、今ならフラッグシップモデルに位置付けられそうなくらいのコスト度外視したような化け物たちでした。

ざっくり申し上げますとスカイラインでいえば、

We Motor Sports.(R31)

から、

あした、スポーティーに生きる(R33)

※CMのキャッチフレーズ

な、頃です笑



もちろん、私は平成2年生まれなので、その時代背景の事は父親から聞いた話ですが^^;


DS-77Zはダイヤトーンから1989年にその598戦争に投入したモデルです。

ONKYO D-77シリーズ
KENWOOD LS-990シリーズ
DENON SC-R88
Victor SX-511
YAMAHA NS-500orNS-700X

などと、これだけでも一握りです^^;

ダイヤトーンは、DS-77EX→DS-77EXV→DS-77HR→DS-77HRX→DS-77Zと毎年リリースされてきました。

このあとはDS-700ZやDS-800Zと受け継がれ、やがてオーディオブームは衰退していきました。


もうこの頃のオーディオを好み、懐かしむ方も少なくなってきましたが、私にとってはDS-77Zが音に対するこだわりの始まりでした。


ちなみに今所有するオーディオはかれこれ10年は使用しています。


最近、私のDS-77Zのウーファーも、エッジが硬くなってしまい、ろくな低音が出なくなってしまいました。

しかし、手持ちで33R用に取っといてあったサミットジャパンさんのDOT5のブレーキフルードを塗り、エッジは蘇りました。

このあたりは、ダイヤトーン エッジ 硬化
などと調べればたくさんヒットします。


さて、


DS-77Zはどちらかというと派手な演出はせずに、モニタースピーカーのように素直な音が出ますし、アンプにも高い要求をしてきます。

そのあたりはDS-97Cのレビューにあります。


個人的感想として、ダイヤトーンの求める音は硬い傾向にあります。
過去には、DS-77HRもありましたが、ツイーターがチタンであることで、主に中から高音が柔らかくなったなと感じます。
さらには、親戚が持っているDS-77HRXから、ツイーターの材質がボロンになり、粗さはナリを潜めしっとりと鳴るように感じました。


中音を受け持つスコーカーは97より小さな10cmです。

曲によっては多少の得手不得手はあれど、気にならないレベルです。


今も語り継がれるDS-77Zは、デビュー当時の若者を魅了し、デジタルデバイスが台頭してきた今でも第一線で歌い続ける本当の名機と言っても過言ではないでしょう。






Posted at 2018/07/10 20:08:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年04月16日 イイね!

S14シルビアの現在。

こんにちは!まさ☆すぱ~くりんぐです!!


S14シルビアは現在、2017年の10月に我々の居住地域を通過し、爪痕をたっぷり残した台風により水没。


私は職業柄その日はお休みでした。


嫁の通勤車なので、もちろん本人が乗っていきましたが、朝は大荒れ。暴風域の真っ只中に出勤させるのは正気の沙汰とは思えませんでしたし、危ないから行くなと止めましたが、結局は出勤するつもりでした。

しばらく台風情報を見ながらのんびりしていたところ、嫁から電話が。


車んなかに水が入り込んでエンジン止まっちゃった(泣)






(-ω- ?)






( ゜∀。)は?




私は軽いジョークで




パジェロやジムニーじゃあるまいし、川を走るのは無理なのわかるっしょ?



というも、



事態は深刻そう。


助けに行くも、なんと寸断に寸断で普段は30分で行けるところが1時間以上を要することに。



到着して茫然自失の嫁。
クルマは駆けつけた警察が引き上げてくれたため、路肩に置いてありました。

まるで浅瀬に打ち上げられたクジラのように。


シルビアの車内には大量の泥水が。


シートの色が変わっているあたりを見るとどうやら着座位置のへそあたりまで飲み込まれたそうで。


嫁本人に目立った外傷はないが、水没させてしまったことが悔しいようです。



ボンネットを開けると、コアサポートやフロントまわりに漂流物の土砂や枯れ草がびっしり。さらにはフロントのサスのストラットにも信じかたいことに泥水が溜まっていたし、車内とエンジンルームを隔てる壁(バルクヘッド)にも、ここまで水が来ましたっていうような跡もあった。


セルを回してみても、カツンと止まる。

どうやらエンジンが吸気の行程で水を飲み、圧縮の行程では水も圧縮。しかし、水は圧縮できないものなので、クランクとピストンを繋ぐコンロッドが曲がった。


いわゆるウォーターハンマーを受けた。


通常、電装品のかたまりたるクルマが水没すれば全損とみなされ、解体屋の肥やしにしかならなくなる。

ましてや、今の電子を駆使した先進・先鋭化したクルマならば復活は考えない方がいい。


で、結局ヤフオクで14Q'sの同一のエンジンを安く見つけてお店に預けている。ついでにミッションマウントもニスモにする。


というのも、ウォーターハンマーを食らったエンジンは、ラッシュアジャスターがけたたましい打音を響かせてしまっていた。


気持ちとしてはヘッドのオーバーホールをしたと思えばいいと考えている。


行きつけのお店は相変わらず遅いため、もうそこには通わないことにするとともに、電装系の不具合は厄介かつ面倒。


戻ってきたらその都度近況報告を書いていきますんで、お時間ありましたら見てやってください。


Posted at 2018/04/16 20:46:28 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月15日 イイね!

同乗者を揺らさない走り。

こんにちは。まさ☆すぱ~くりんぐです!

私は特に二種免許(旅客運転業務)を持っているわけでもないですが、乗せている人の安全を担う責任を持つのが運転者と言えるのではないでしょうか。


私の心がけていることは、ゼロ発進からいきなりガバッとアクセルを踏み込まないことです。

そのぶん動き出しは鈍くなり、急ぎ足の後続が距離を積めてきてしまいますが、信号をよく見てレーススタートのように一瞬の隙も見せずに走り出せれば いいでしょう。

どんなクルマでも踏めば加速感はあり、同乗者は首が後ろに引っ張られますよね。

で、速度が上昇して行くのに伴って、じわ、じわと踏み足していくのです。単独や列の先頭では、後続の邪魔にならない速度まで踏みます。あくまで常識的な話ですよ?



では巡航中は、平地ではアクセルを一定に保ちます。
しかし、登りでは速度が落ちます。これは自然渋滞の発生原因ですので、スピードメーターを良く見て決めた速度から極力落とさないでください。
逆に下りは少しアクセルを戻しましょう。

止まるときは、ブレーキをガツンと踏むと同乗者は前につんのめります。

シートベルトが前に行くのを抑制しますが、同乗者はさぞかし不快でしょう。

じわっと踏んで、止まりたい分だけじわじわっと踏み込みますが、止まるぞってときにブレーキの踏む力をそのままだと、ガッッックン!!!!!
とぶつかったかのような止まり方します。

ここでも同乗者の頭は前に引っ張られ、酔い出すでしょう。


徒歩よりも遅い速度まで落ちてきたら指先の操作でわずかに抜きます。


いつ止まったかわからないぐらいができれば酔う人も酔いにくくなります。


あと、ハンドル操作ですね。

ぎゃんぎゃんぎゅんぎゅんくじ引きでも回す勢いでハンドル扱う人をみます。


手のひらで回すとハンドルはたしかに早く回せますが、ハンドル表面は擦りきれるし、同乗者は次の信号待ちであなたのクルマをあとにするでしょう。


片手運転カッコいいとかってのは、本人の幻想の中だけです。

私は教習所で教わるはずの10時10分が基本です。

私個人はモータースポーツが好きで、マイカーやレンタルカートでサーキットを走りますが、10時10分の位置を握り、肘をわずかに曲げるくらいは、どんな速度域でもきちんとした操作ができます。


あの10時10分は実に理にかなった持ち方だと思いますよ。

話はそれましたが、ハンドルの切り始めもゆっくり、戻すのもゆっくり。

さらには峠や海岸線などにある緩やかなカーブではハンドルは切ったまま固定。


今のミニバンなどは背も高く、ハンドルを切るとふわーんふわーんと船のように揺れ動きますね。



クルマが左右に傾くことをロールといいますが、極力ロールをしても変動させない走りをしましょう。


快適なドライブか、最悪なドライブかを決めるのは、運転者の認知・判断・操作に委ねられています。

ぜひ、楽しいドライブを。

Posted at 2018/03/15 20:59:37 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月07日 イイね!

R33スカイラインを知ろう

皆さんこんにちは。まさ☆すぱ~くりんぐです。


今回のクルマオタクの戯れ言の内容は、33だけぶっ叩かれる理由とその本質に素人の目線で、素人の解釈と偏見をもって解説しますんで、


テメーの偏見なんざブタのエサ!


って感じたら、社会人の貴重な時間を無駄にしないためにもブラウザバックしてくださーい。



89年(平成元年)にクルマの常識を変えたセンセーショナルなマシン。R32スカイラインGT-Rは登場しましたね!


ケンメリ以降16年封印されていた(GT-R)の名をカビ臭い裏の物置小屋から引っ張り出してきました←オイ



5ナンバーサイズのスカイラインに今も語り継がれ、世界では神格化されはじめてきたRB26DETTと、当時革新的な前輪の駆動配分を走行状況とアクセル開度に応じて可変させるアテーサE-TSには、度肝を抜かれた人もいたはずでしょう。


バブル崩壊後、日産の経営は傾きだしてしまいました。


その最中(さなか)の93年に、まずはR33と名乗る新たなスカイラインが出てきました。
95年のR33 GT-Rが出るまで、32Rと33が併売されていました。


33は丸くぬるっとして、ボテッとしたエクステリアとなり、さらには車体は大型化され、いきなり丸っこくもなりました。



市街地を走るだけなら車内が広くなったことはプラスになるはずでしたが、いにしえのスーパーマシンを謳い、スポーツするクルマとしては居住性は2の次。

このことには32をこよなく愛するファンからは(こうじゃない)という不満が。


さらには走りを楽しむクルマよりも、アウトドアや大勢で楽しくドライブする時代に突入していったことがR33にとって、そして日産にとっても大変な時期となったようです。



さらには、経営悪化から、コストダウンを余儀なくされ、ローレルと共用としたため、専用開発という(特別感)が薄らいだように見えるのも、33の評判が伸び悩む結果にもなってしまったのかとおもいます。


悪い評判はあとに残るもんです。


開発者はきっと焦っていたはずです。


だって、会社つぶれたらご飯食べれなくなっちゃうし、もう一度R32のようにみんなからモテたクルマを!!と当時現職だった方は思っていたかもしれませんね。


ある年のオートサロンにR33のコンセプトカーが出展。


R33に32の顔を張り付けたかのような顔つきと、33特有のゆるふわな全体に、期待したファンはどんな顔をしたでしょうか。



きっと、後がない開発者たちの焦りの表情が目に浮かびます。



事態を重く見たのか、95年にR33 GT-Rがよっこいせと出てきました。


しかし、コンセプトカーよりも迫力の増した顔や、角度調整が可能になったとんがったリアスポ。


太ったピカチュウが大迫力のライチュウになったようなイメージでしょうかね←



33を開発していた頃、満足な開発ができずに、苦難や苦渋の決断をたくさんしてこられたはずです。

むしろ、虫の息になっていた中で、それでもよく33を出したね!!って思います。


さらにきちんと細部も熟成させています。

ECUの精度向上、過給圧の上昇と、FRのように走らせるべくコーナリング中の前輪への配分を少なくしたりと、絶対的な速さに走る楽しさをさらに足した方向となりました。


ブレーキ類は32V-SPECと同じブレンボ(巷じゃスミンボ、ヤマハはヤマンボ)でした。


ボディ剛性の向上と大きくなった分だけ、走りは安定方向になりました。

しかし、それよりも同じ時期に始まった豆腐屋爆走喜劇(!?) 頭文字Dの作者による33への否定的な考えや、有名なビデオマガジン、ベストモータリングの1995年4月号で起きた広報車事件や、他社のスポーツカーがストップGT-Rを掲げてきたため、R32のような独走は許されませんでした。


32の頃はメーカーもバブルで元気で思う存分理想通りに作れたかと思いますし、他社に敵らしい敵もいなかった。

なおかつGr.A制覇という使命を与えられて世に出てきました。

しかし、R33が出た頃は280馬力のクルマが各社勢揃いし、メーカーも虫の息でした。
Gr.Aより車両規則の厳しい全日本GT選手権では、苦戦を強いられながらも総合優勝していましたが、まわりも力をつけ、更には伝統としてきた直6が重量やバランスの面で徐々に足を引っ張る結果に。

2002年はGT選手権のシリーズの中で唯一GT-Rは優勝していません。

このころはもうR34も生産終了の頃でした。


2004年まであったメーカー自主規制もまた、GT-Rのみならず国産スポーツのヨーロッパのハイパフォーマンスカーへの挑戦を阻んでしまったのでは?と思います。


つまり、私はこう考えています。R33がカスだなんだっての未だに言われてしまうのは、世の中の動きや出来事が悪く作用してしまい、 R33の優秀さをまともに評価できない中での登場であったのだと思いました。
ここで一度、R33 GT-Rの長さと幅を見てみましょう。さぁみんな!
車検証を見てみよう!


全長は4675mm。
これは多少のグレードによりますが、W11アベニールサリューと同じ長さです。
R34 GT-Rは4600mm。
こちらはC24セレナと同じ。
長さだけみたら5ナンバーですよ!

幅は1780mm
日本車の3ナンバーと5ナンバーの基準のひとつで、ベースの非GT-R以外のR33スカイラインは1720mmです。
余談ですが、S14シルビアは1730mmです。
5ナンバー車は1695mm以下となっているはずです。

経営難やまわりの情勢、ライバルマシンの台頭によりR33は苦境に立たされた状態であったことは想像に容易いことです。



でもね。33はカスだって言い張る頭硬い人じゃぁなきゃ、まだそんなこと言ってんの?ってまわりが驚きますし、32に比べりゃでかいですが、現代(2018年現在)にはこれよりでっかいクルマなんざいっぱいありますよ!


もう33も名車なんですよ。わかってあげてください。



33も中古相場上がって来ましたし、不幸にも各地でGT-Rを狙った盗難も起きてしまっています。


どうかみなさんのカーライフが無事であると共に、大切なマイカーと楽しい時間を過ごして行って欲しいです。


ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
















Posted at 2018/03/08 01:10:10 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「[整備] #スカイラインGTR RB26の吸気側を観察してみよう(1) https://minkara.carview.co.jp/userid/1581525/car/1174033/4927891/note.aspx
何シテル?   08/20 08:34
☆welcome☆ みなさん、はじめまして 車とバイクをこよなく愛する平成2年生まれです。 大型自動二輪も持ってますが、乗ってるの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

交通戦争 現代版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/12 17:39:13
SONY XES-M3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/04 16:55:32

お友達

GT-Rやシルビア仲間よろしくですー。
5 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 Dちゃん&amp;33Dちゃん&33
おつぽんおつぽん R33GTST2R33GTST2
Lycoris@CL-FOURLycoris@CL-FOUR

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 鈍色(にびいろ)の鉄屑 (日産 スカイラインGT‐R)
ニスモフロントバンパー(ブタ鼻なし) 後期純正リップ(ボディ同色塗装) ニスモ フードト ...
ヤマハ シグナスX FI シグ (ヤマハ シグナスX FI)
SE46J スポーティー2012です。 機関系ノーマル 駆動系 KOSO パワーキッ ...
ヤマハ スーパージョグZR 通勤用リトルミサイル (ヤマハ スーパージョグZR)
初代(3YK7白)が盗難にあったため、2代目(3YK6黒)についてのプロフィールとします ...
日産 シルビア 純白のガラクタ (日産 シルビア)
33R入院中の代車として借りていた時に、嫁の目に留まり一目惚れしてそのまま購入したクルマ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.