• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白iQのブログ一覧

2018年08月09日 イイね!

行くぜ、東北。パート9








いよいよこの日の1番の目的地へ向かって
黒ヴェルを走らせます
途中蔵王エコーラインから別れて!
有料道路の蔵王ハイラインへ
約10分ほど走って終点の駐車場に黒ヴェルを止めます
蔵王エコーラインと蔵王ハイラインの分岐のあたりはいいお天気だったんだけど
ハイラインの上りを一気に登って駐車場に着いたら
なんだか怪しい雲行きに
そんなことを言っていても仕方ないので
雲と霧がかからないうちに蔵王のお釜を見るために急ぎます
お釜を見下ろせる峰まで上りきった時には
まだ雲は多いけどキリは無い状態



ギリギリ馬の瀬も見れました
そして肝心のお釜は…↓




なんとかギリギリセーフで拝めました
晴れていればもっとキレイなエメラルドグリーンなんだろうけど!
それでも拝めただけ良かったです
なんでかというと…↓



10分後には濃い霧が発生
だんだんとお釜のあたりに霧が立ち込めます!
先にお釜の近くで記念撮影はしていたんだけど
もっと上の位置から記念撮影しようと坂を上っている間に



どんどん霧が濃くなって!
そして15分後には…↓




全く見えなくなっちゃった…×
せっかくだからお釜とこの案内板とみんなで記念撮影しようと思ったのに…
これじゃぁ無理です…
しばらくの時間霧が晴れることを願って待ってみたけど
一向に霧は晴れず…
おまけに霧が出たら風も強くて寒い~
真夏なのに気温は20℃なかったです!
なのでさすがにこれ以上は待てませんでした×
でも短い時間だけど見ることができて良かったのかも







Posted at 2018/08/15 21:45:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年08月08日 イイね!

行くぜ、東北。パート8







蔵王寺を後にして
黒ヴェルでさらに蔵王エコーラインを上ります
だいぶ標高が上がってきているので
道路の周囲は大きな木がなくて見晴らしがいい~
こんな感じで木陰は無いんだけど…↓



このあたりの温度は23℃くらい
メチャクチャ涼しくてすごしやすい気温でした♪
しばらく黒ヴェルで走っていると
突然車が沢山止まっている場所を発見
当然何かがあるから車が止まってるんだろうと思い
黒ヴェルを止めて降りてみました
駐車した場所から道路を渡って反対側に階段を見つけ
階段をせっせと上がると…
そこにはいい景色が





写真だとあまり見晴らしが良くなさそうだけど×
実際は遠くまで景色が望めました~
しかしここにいる人の数が止まっていた車の数よりはるかに少ない…?
なんでだろうと思っていたところこの看板を見て納得




ここ登山コースの入口なんですね~
みんな車を止めてココから登山に向かうから
車だけ止まっていたという訳でした
登山道はこのあと行く予定の御釜の先まで続いているよう
ただ所要時間がどこにも書いてなかったから×
時間がどのくらいかかるのかは不明でした
ただ白iQ一行は登山はせずに当然黒ヴェルで行きますけどね~







Posted at 2018/08/14 20:53:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年08月07日 イイね!

行くぜ、東北。パート7







滝をタップリ見て
黒ヴェルでまた蔵王エコーラインを走ります
登り坂がメインなのでだんだんと標高が上がっていくと
大きな木がなくなって見晴らしが良くなりますねぇ~
すると左カーブを抜けた先にこんな看板を発見



さいのかわらって平仮名で書かれると何のことって感じ?
やっぱりあの賽の河原でいいんですよね!
こんな看板を見たら寄って確認しないとって思い
黒ヴェルを砂利敷きの駐車場というか敷地に止めて



降りたところからもいい景色が広がってました
で…立ち寄った場所は…↓




蔵王寺という名前のお寺
ココのお寺は結構有名らしいんだけど
白iQ一行が寄った時は誰もいなかった~
ココのお寺は本堂の周りにお地蔵さんが沢山



いったいどのくらいのお地蔵さんがあるのかわからないくらい!
お地蔵さん全部にお参りすることは不可能なので正面と思われる場所でお参りして
当然本堂でもお参りしましたよ
その後本堂脇の社務所で御朱印をお願いし
受け取った御朱印は1回1回手書きで書かれているモノでした

お参りを終えた後に気になったものが一つ…↓




山の一部分が白く輝いていたんだけど!
これは山肌なのか雪渓なのか?
冬は大変な豪雪地帯だから万年雪があってもおかしくないかなぁ







Posted at 2018/08/13 19:00:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年08月06日 イイね!

行くぜ、東北。パート6







滝見台で二つの滝を見てリフレッシュした後
黒ヴェルでまた蔵王エコーラインへ
駐車場から戻る道路からは…↓



絶景が目に入ります
またしばらく黒ヴェルを走らせると
10分掛からないでこんな場所を発見
ソコは…↓



蔵王不動尊
とっさに発見したので
エコーライン脇のスペースに黒ヴェルを止めたんだけど
エコーラインの反対側に砂利敷きの駐車場がありました
不動尊の入口には蔵王エコーラインの方を向いてる不動明王の像が↓



すぐ脇には不動滝展望台があるので
ここはどうやら不動の滝と関係があるようです
不動尊では不動明王に手を合わせて
よく見るとこの不動明王目力がスゴクあります!
お参りした後は不動滝展望台へ



ここはもしかして歩くのか…と思いきや?
ココもスグに到着でした♪
所要時間2分
ここにも先ほどと同じ案内看板が↓



そして看板の脇にある展望台からは…↓




壮大な不動滝が
まだまだ滝までの距離はあるけれど!
先ほどの滝見台よりもよく見える~
ここも素敵な場所でした~







Posted at 2018/08/13 07:33:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年08月05日 イイね!

行くぜ、東北。パート5







ちょっと残念だった白石城を朝9時前に出発
黒ヴェルで次の目的地へ向かって走ります
そして写真ではちょっとわかりずらいけど…↓



有名な蔵王エコーラインに入って
次の目的地蔵王へ向かいます
住宅がある地域を走っているときは
朝なのに29℃もあって暑かったんだけど
こんな感じの道になると涼しい~♪



木陰の道がしばらく続いて
この辺りの気温は25℃でした
避暑には最高の場所でしたね~♪
黒ヴェルのエアコンを止めて窓を開けようと思ったんだけど
意外に虫が多くてやめました


そして1時間かからないくらいで到着したのは…↓





滝見台というスポット
ここからは宮城県で有名な三階の滝と不動滝が見れます
黒ヴェルを駐車場に止めて早速滝見物へ
駐車場から結構歩くのかと思ったら
あっという間に滝が見える場所に到着
所要時間1分でした

そしてココから見えた滝は…↓




水量の多い不動滝と




落差の大きい三階の滝
最初なんで三階の滝って言うんだろうと疑問でしたが?
滝壺が三つあるからなんですね~
この案内板を読んでわかりました↓



さすがに展望台から滝までは遠いので!
マイナスイオンは浴びれないし…
写真を撮ろうとすると望遠レンズじゃないと無理×
400mmの望遠を使ってなんとか撮影
なので滝をバックに記念撮影は厳しかったですね~
それでもいい景色なのは間違いない
今度は紅葉の時期に来てみたいです








Posted at 2018/08/12 20:02:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「@めがねもちのうお
高い~(・・;)」
何シテル?   08/04 10:24
白iQです。 よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

トヨタ ヴォクシーG's  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/28 11:17:29
バージョンアップ3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/02 12:29:44
PIONEER / carrozzeria 楽ナビ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/12 18:05:39

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ iQ 白iQ (トヨタ iQ)
最近超少ないMT車…。 少ない候補の中からコイツに決めました! このボディはまさにチョロ ...
トヨタ ヴェルファイアハイブリッド 黒ヴェル (トヨタ ヴェルファイアハイブリッド)
エルグランドの後継車として10月に購入して 12月25日に無事納車されました!! 色は ...
日産 エルグランド 金エル (日産 エルグランド)
昔からキャラバン&ホーミーが欲しくて、乗用タイプがエルグランドになってからはいつかは絶対 ...
日産 パルサー 3色パル (日産 パルサー)
約19年もの長い間楽しく乗らせてもらいました。 諸般の事情でアジャパーさんにお譲りするこ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.